閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

モバイルWi-Fiルーターに関して

【初心者向け】モバイルルーターとは?比較・解説・お得に契約する裏技!

モバイルルーターとは、外出先や自宅でも簡単にネット環境を作ることができる便利な機器です!

近年よく聞く「WiMAX」「ポケットWi-Fi」はモバイルルーターの商品名です。

この記事では、様々なバリエーションがあるモバイルルーターの比較やわかりやすい解説を行います。

また、モバイルルータをお得に契約する方法も紹介中!

モバイルルーターの契約を検討している方は、参考にしてくださいね。

モバイルルーターは全部で4種類に分けられる!

モバイルルーターには、以下の4種類があります。

  • WiMAX(UQコミュニケーションズなど)
  • ポケットWi-Fi(ワイモバイル)
  • Wi-Fiステーション(docomo)
  • SIMフリーモバイルルーター

まずはそれぞれの特徴や、取り扱っている会社について解説します。

WiMAX(ワイマックス)

WiMAXは、UQコミュニケーションズが回線を手がけるモバイルルーターサービスです!

「ギガ放題」プランを契約すれば、無制限通信ができます。

WiMAXは他のモバイルルーターと違いたくさんのプロバイダから契約先を選べるのも特徴です。

例えば以下のようなプロバイダから、好きな契約先を選べます。

<人気のWiMAXプロバイダ>

  • UQコミュニケーションズ
  • @nifty
  • Broad WiMAX
  • BIGLOBE
  • GMOとくとくBB

契約先ごとにキャッシュバックや月額割引など異なる特典を受けられるので、WiMAXを契約する際はより自分に合う契約先を選びましょう。

ポケットWi-Fi

ポケットWi-Fiはワイモバイルとソフトバンクで契約でき、ワイモバイルなら「アドバンスオプション」契約で無制限通信ができます。

WiMAXとポケットWi-Fiは回線が違うため対応エリアも異なるので、どちらか選ぶ際は必ずエリアを確認して、自分の活動範囲で使えることを確かめましょう。

Wi-Fiステーション

Wi-Fiステーションはdocomoのモバイルルーターサービスです。

Wi-Fiステーションはドコモのスマートフォンで契約している容量をシェアしたり、専用にパケットパックを契約したりする仕組みです。使い放題ではありません。

通信量が明確に定められているため、WiMAXやポケットWi-Fiにくらべて用途が制限されることに注意しましょう。

特にスマホと容量をシェアする場合は、Wi-Fiステーションを使いすぎて通信量を使い切るとスマホ側でも通信速度が制限されてしまいます。

SIMフリーモバイルルーター

SIMフリーモバイルルーターは、Amazonなどの通販サイトやヨドバシカメラなどの家電量販店、格安SIMを販売しているMVNOなどで購入できます。

SIMフリーモバイルルーターは端末を購入して、別途契約したSIMカードを入れて使う仕組みが特徴です。

U-mobileの使い放題プランのSIMを入れれば、使い放題で利用できます。

ホームルーターは固定型のWi-Fiルーター

ソフトバンクエアーはホームルーターと呼ばれるタイプで、モバイルルーターではありません。

モバイル回線を使用していますが、サイズが大きいため持ち運びは基本的にできず、自宅内で固定回線代わりに使う製品です。

ソフトバンクエアーの場合は使い放題ですが、時間帯などによっては速度が制限されるケースがあります。

ホームルーターは以下の記事で詳しく解説していますので、「自宅でインターネットを使うことが多いかも」という方は、次の記事も参考にしてみてくださいね。

\ホームルーターをさらに詳しく調べるならコチラ!/

各モバイルルーターの料金・データ容量などの比較一覧!

月額料金
データ容量
速度制限
BroadWiMAX
・最大3ヶ月間:2,726円
・3~24ヶ月目:3,411円
・25ヶ月目以降:4,011円
無制限
直近3日間に10GB以上通信時、
翌日18時~翌々日2時に速度が概ね1Mbpsに制限
ポケットWi-Fi
4,380円
(アドバンスオプション契約時)
無制限
(アドバンスモード時)
直近3日間に10GB以上通信時、
当日18時~翌日1時に速度が概ね1Mbpsに制限
docomo
(Wi-Fiステーション)
6,900円
5GB
5GB以上通信すると月末まで128Kbps
SIMフリーモバイルルーター
(U-mobile・LTE使い放題プラン)
2,480円
(別途SIMカード料金などが必要)
使い放題
他のユーザーの利用に影響を与える大容量送受信時に一時的な制限あり

各モバイルルーターの料金やデータ容量、速度制限を表にまとめました!

順にチェックしていきましょう。

BroadWiMAX

BroadWiMAXは月額料金が安価に設定されているのが特徴です。

WiMAXなので、速度制限の仕様は他社のWiMAXと共通しています。

プロバイダによってはキャッシュバックキャンペーン・割引キャンペーンを実施していることも多く、契約者数が非常に多いモバイルWi-Fiルーターです。

ポケットWi-Fi

ポケットWi-Fiは、キャンペーンがないため月額料金は比較的高額になってしまいます。

代わりに速度制限の継続時間は、WiMAXより1時間ほど短く設定されています。

また、無制限通信のアドバンスオプションは別途料金が必要なほか、アドバンスオプションを利用できる地域は非常に限定されており、日本中で使えるというわけではありません。

docomo(Wi-Fiステーション)

docomoのWi-Fiステーションは単体でパケットパックを契約したり、スマートフォンの回線と容量をシェアしたりする仕組みです。

結果として通信量は使い放題ではなく、速度制限にかかると月末まで低速化が続くことに注意しましょう。

SIMフリーモバイルルーター(U-mobile・LTE使い放題プラン)

U-mobileのLTE使い放題プランは使い放題ですが、格安SIMなので混雑時に著しく速度が低下すること、使いすぎた際は一時的に速度制限がかかることに注意しましょう。

U-mobileは他社と違い、具体的な速度制限がかかる使い方(通信量)が公表されていないのが難点です。

【結論】最もおすすめのモバイルルーターは「WiMAX」

月額料金の安さ、各プロバイダごとに用意されている割引キャンペーンなどを踏まえると、最もおすすめできるモバイルルーターはWiMAXだといえます!

また、WiMAXの中でも最もお得なのがBroadWiMAX。

BroadWiMAXは月額料金が安価で、無制限通信を行えるのが大きなメリットです。

さらに他にも、以下3つの特典を得られます。

  • 初期費用18,857円割引
  • 他社解約金負担
  • 端末代金無料

WiMAXの次におすすめのモバイルルーター1:ネクストモバイル

WiMAXの次におすすめとなるのは、大容量プランを安価に使えるネクストモバイルです。

20GB(税抜)
・2年間:2,760円
・3年目以降:3,695円
30GB(税抜)
・2年間:3,490円
・3年目以降:3,695円
50GB(税抜)
・2年間:4,880円
・3年目以降:5,815円

ネクストモバイルは、豊富なギガ数の割に月額料金が非常に安価なモバイルルーターです。

通信量の上限はあるものの、1日の通信量に制限はないので、自分のペースで通信を行いたい方はネクストモバイルを検討しましょう!

ネクストモバイルの詳細はこちらをチェック!

WiMAXの次におすすめのモバイルルーター2:SIMフリーモバイルルーター

SIMフリーモバイルルーターは、自分で好きなSIMカードを契約して使えるのが魅力です。

データ通信専用SIMを契約すればほとんどの会社は契約期間がないので、いつでも不要になったら気軽に解約し、他社への乗り換えもできます。

面倒な契約に縛られたくない方は、SIMフリーモバイルルーターを選びましょう!

モバイルルーターを選ぶときにチェックしたいポイント4つ

さて、ここまでおすすめのモバイルルーターを紹介しましたが、モバイルルーターを選ぶときは実際、どこに注目すればいいのでしょうか?

どのモバイルルーターを契約するか選ぶ時にチェックしたいポイント4つをチェックしていきましょう!

チェックポイント1:利用している携帯キャリアとの相性はいいか

モバイルルーターには、スマートフォンとのセット割引が適用される場合があります。

現在スマートフォンを携帯キャリアで契約しているなら、合わせてセット割引を受けられるモバイルルーターの契約を検討しましょう!

auユーザーはWiMAXがセット割対象

auユーザーは、WiMAXを契約すれば「auスマートバリューmine」による毎月最大1,000円(税抜)の割引を受けられます。

auひかり等でネットと電話を契約しているauユーザーなら、auのWiMAX契約で「auスマートバリュー(ルーター割引)」を適用し、新規契約事務手数料を無料にしたり、月額料金を4,880円(税抜)や4,196円(税抜)の割引にできたりします。

auユーザーは、WiMAXの契約を検討しましょう!

ドコモユーザーはWi-Fiステーションがセット割対象

docomoでWi-Fiステーションを契約する際は、スマホの契約があるなら容量シェアを行い、結果としてセットでの利用料金を削減できます。

以下の表にWi-Fiステーション単体で20GBプラン+ドコモスマホ2GBを契約した場合とスマホとセットで20GBを利用する場合の料金をまとめてみました!

月額料金(税抜)
Wi-Fiステーション(20GB)+
ドコモスマホ2GB(カケホーダイライト)
12,900円
Wi-Fiステーション(20GB)+
ドコモスマホ(シンプルプラン)
9,180円

ドコモユーザーなら、Wi-Fiステーションの契約をスマートフォンとの容量シェアで行うのがおすすめです。

ただし使い放題のモバイルルーターを利用したいなら、ドコモユーザーでもWiMAXやワイモバイルのポケットWi-Fiを選んだほうが良いでしょう。

ソフトバンクユーザーはソフトバンクのポケットWi-Fiがセット割対象

ソフトバンクユーザーは、スマートフォンとWi-Fiルーターをセットで契約すれば永年月額1,008円(税抜)が割引になります。

ただしソフトバンクのポケットWi-Fiは、ワイモバイルのポケットWi-Fiと違い7GBの上限があるため使い放題ではないことに注意しましょう。

チェックポイント2:通信量無制限のプランがあるか?

せっかくモバイルルーターを購入しても、すぐに通信量に上限が来てしまっては買いt気にインターネットを楽しむことができません。

docomoやソフトバンクのモバイルルーターは通信量無制限ではありません。

無制限のプランを利用したい方は、ワイモバイルのポケットWi-FiやWiMAXを契約しましょう。

チェックポイント3:割引がしっかりついているか?

ワイモバイルのポケットWi-Fiなど、割引がないモバイルルーターもあります。

割引でお得に使いたい方は、キャンペーン等を確認してお得に契約できるモバイルルーターを選びましょう!

チェックポイント3:最新機種の端末は選べるか?

一部のWiMAXプロバイダなどの中には、最新機種の端末を選べない場合もあります。

auやソフトバンクでも、最新端末を取り扱わないケースがあります。

事前にUQ WiMAXやワイモバイルのポケットWi-Fiの公式サイトから最新機種を確認して、最新機種を選べる契約先を選びましょう!

各モバイルルーターを最もお得に申し込む裏技まとめ

実は、モバイルルーターは公式サイトや家電量販店、携帯ショップから申し込むよりもさらにお得に契約できる裏技があるんです。

続いて、モバイルルーターをお得に申し込む裏技を解説します!

WiMAX…正規代理店からの申し込みがおすすめ!

WiMAXは、UQ WiMAXの公式サイトよりも、各プロバイダの公式サイト、または代理店から申し込むのがおすすめです!

正規代理店はキャッシュバックなどの特典が充実しているので、よりお得に同じWiMAXを契約できますよ。

ポケットWi-Fi・Wi-Fiステーション…公式サイトがおすすめ

ポケットWi-FiやWi-Fiステーションは、現在代理店などがありません。

結果として、公式サイトでキャンペーンが開始された時が契約の狙い目です。

格安SIMモバイルルーター…正規代理店からの申し込みがおすすめ

格安SIMでSIMフリーモバイルルーターを使いたい場合は、専門の正規代理店から申し込みましょう。

正規代理店では多くの格安SIMモバイルルーターを比較でき、さらにセットで格安SIMを購入することもできますよ。

知っておきたい!モバイルルーターのQ&A

最後に、インターネットでよく見かけるモバイルルーターの疑問を解消します。

モバイルルーターのよくある質問を答えていくので、参考にしてくださいね。

モバイルルーターは海外で使える?

モバイルルーターは、ワイモバイルのポケットWi-Fiなら海外でも使えます。

ただし1日2,980円(税抜)の利用料金がかかってしまうので、長期の旅行の際は空港などで安価な海外用のWi-Fiルーターをレンタルしましょう。

モバイルルーターを購入せずレンタルすることはできる?

モバイルルーターはレンタルすることもできますが、基本的に代理店等を利用することになります。

利用料金は通常の契約に比べて割高になるので、注意しましょう。

例えばDMM.comでW01というWiMAXルーターを1ヶ月レンタルすると、4,400円かかります。

BroadWiMAXと較べて400~1,000円程度高額です。

UQWiMAXは無料でお試しレンタルが可能!

UQWiMAXは、例外として無料で15日間レンタルできます。

事前にWiMAXの通信環境を確認したい場合は、Try WiMAXのお試しレンタルを利用しましょう。

中古のモバイルルーターはお勧めできない!

モバイルルーターは中古で販売されていますが、おすすめできません。

ルーターは日々進化しているので、中古で買った古い端末だと性能がイマイチで使いづらくなってしまいます。

また、WiMAXはルーター持込での契約ができません。

モバイルルーターを利用するなら、新しく契約時にルーターも購入しましょう。

BroadWiMAXなどでは、新規申し込みで端末代無料のキャンペーンを実施していますので、端末大を安く済ませたい方はそちらを利用してみてくださいね。

モバイルルーターの「LTEオプション」ってなんだ?

LTEオプションは月間GBの上限がある代わりに、使い放題のモードより広いエリアで通信できるのが特徴です。旅行時などに、補助として使いましょう。

なおWiMAXのLTEオプションは、2年契約の場合1,005円(税抜)の別料金がかかります。

WiMAXはWiMAX回線とLTE通信の切り替えが可能!

WiMAXではLTEオプションを利用して、au回線での通信を行えます。

「ハイスピードモード」が使い放題のWiMAX2+回線、「ハイスピードプラスエリアモード」はauのLTE回線です。

ちなみにワイモバイルのポケットWi-Fiも、アドバンスモードをオフにすればワイモバイル回線でのLTE通信が可能です。

WiMAXの回線の違いについては以下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてください。

まとめ

モバイルルーターは、以下の4種類があります。

  • WiMAX(UQコミュニケーションズなど)
  • ポケットWi-Fi(ワイモバイル)
  • Wi-Fiステーション(docomo)
  • SIMフリーモバイルルーター

WiMAXは正規代理店を利用すればお得に利用できるので、他社に比べて金額面でのメリットが大きいのが特徴です。

自分の用途や対応エリアを確認し、最適なモバイルルーターを契約しましょう。

モバイルWi-Fiルーターの新しい記事一覧