閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光の光ネクストに関して

フレッツ光ネクスト分類の紹介

フレッツ光ネクストは高速インターネット接続サービスで、住まいのタイプに合わせて、マンションタイプとファミリータイプに分類されることをご存知でしょうか。ただ単に名称が違うというわけではなく、マンションタイプとファミリータイプでは接続方法や、インターネットコースの変更可否などさまざまなところで違いが出てきます。


今回は、フレッツ光ネクストとはどのようなものなのか、フレッツ光のマンションタイプとファミリータイプがどのように違うのか、またコース変更はどのように行えばいいのかなどについてご紹介したいと思います。特に複雑でわかりにくいマンションタイプについて、インターネット接続速度、料金表、料金サービスも含め、詳しくご説明したいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

フレッツ光ネクストの概要

フレッツ光ネクストとは、NTT東日本エリアとNTT西日本エリアで提供される高速光回線インターネットサービスで、次世代ネットワークを利用しています。
フレッツ光ネクストは、インターネット接続通信速度が上り下りともに最大1Gbpsで、従来の光インターネットアクセスサービスの快適さをそのままに、リアルタイム性を求められる映像サービスなどの品質がさらに安定しています。

フレッツ光ネクストのサービスタイプは、NTT東日本提供サービスと、NTT西日本提供サービスで名称や料金が異なります。
NTT東日本提供のサービスは以下の通りです。

  • フレッツ光ネクスト ギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプ
  • フレッツ光ライトプラス
  • フレッツ光ライト

NTT西日本提供のサービスは以下の通りです。

  • フレッツ光ネクスト ファミリー/マンション・スーパーハイスピードタイプ隼 (FTTHアクセスサービス)
  • フレッツ光ネクスト ファミリー/マンション・スーパーハイスピードタイプ
  • フレッツ光ネクスト ファミリータイプ/マンションタイプ
  • フレッツ光ライト

各サービスの詳細は、NTT東日本NTT西日本のサービス情報サイトをご覧ください。

フレッツ光ネクストのサービス開始に伴い、NTT西日本が提供する「Bフレッツ」、「フレッツ・光プレミアム」は、新規提供終了の予定です。
また、同サービスは将来的にサービス終了予定ですので、同サービス契約者の方には、お早めのフレッツ光ネクストへの移行がおすすめです。

フレッツ光の豆知識 ~サービスエリアが東西に分かれている理由~

NTTは公営から民間事業者になるときに、NTT法という法律で県間通信が規制されました。
それにより、NTTはNTT東日本地域会社とNTT西日本地域会社に分割されることになり、サービスエリアが東西に分かれているのです。

フレッツ光の豆知識 ~WiFiサービス~

フレッツ光ではホームゲートウェイを使った無線アクセスによる家庭内ネットワークを構築することができます。
スマホやタブレットをホームゲートウェイに接続すれば、通信データ量を気にせずに使うことができます。
※携帯電話は接続できません。

フレッツ光の豆知識 ~地域IP網~

地域IP網とは、NTT東西地域会社が都道府県単位で用意した電話局と電話局をつなぐ大容量IP通信網サービスで、利用者の自宅からプロバイダまでの間の中継網として使われています。
この県単位の地域IP網により、プロバイダとのアクセスポイントの開設が県単位になったため、以前の市単位の場合よりも設備にお金がかからなくなり、インターネットの通信料金も下がったのです。

フレッツ光ネクストが提供するサービス

フレッツ光ネクストでは、インターネット通信サービスのほかにも、ひかり電話サービスやひかりテレビサービスなどのアプリケーションサービスを利用することができます。
では、アプリケーションサービスの豊富なサービスメニューから、ひかり電話サービスとテレビサービスをご紹介します。

ひかり電話サービス

ひかり電話サービスは、インターネットアクセス回線のIP接続サービスを使ったIP電話サービスです。
固定電話を一般加入電話から新規にIP電話に変更する場合、今まで使っていた電話番号を引き継げるので、お取り引き先やご友人に新しい電話番号を連絡したり、いろいろなサイトの登録情報を変更したりする手間はありません。
また、ひかり電話サービスなら映像を使ったテレビ電話にすることもできます。

ひかりテレビサービス(映像配信サービス)

ひかりテレビサービスは、インターネットアクセス回線のIP接続サービスを使ったブロードバンド映像サービスです。
ひかりテレビサービスを契約すると、地デジ・BS/CSアンテナなしで、地デジやBS放送・CS放送などを楽しむことができます。

フレッツ光ネクストのマンションタイプとファミリータイプ

インターネット接続サービスである、フレッツ光ネクストのサービスは、住まいの建物が3戸以下の一戸建て住宅向けサービス、ファミリータイプと住まいの建物が4戸以上のアパートやマンションなどの集合住宅向けサービス、マンションタイプに分けられます。
NTT西日本:https://flets-w.com/next/area/
NTT東日本:https://flets.com/app2/cao/
申し込みの前に「フレッツ 光ネクスト」サービス提供エリアの検索を行うことをおすすめします。お住まいの地域によってプラン、料金は異なりますのでご注意ください。無線LAN等の設定方法は公式サイトでご確認ください。

フレッツ光ネクストファミリータイプ

建物の中の世帯が3戸以下の場合、その建物は戸建て扱いとなりフレッツ光ネクストの戸建て向けサービスが適用されます。フレッツ光ネクストファミリータイプには、ギガファミリー・スマートタイプ、ファミリー・ギガラインタイプ、ファミリー・ハイスピードタイプ、ファミリータイプの4つのプランがあります。

フレッツ光ネクスト
データ受信速度
(下り)
データ送信速度
(上り)
通常
月額利用料
割引適用後
月額利用料金
備考
ギガファミリー・
スマートタイプ
最大概ね
1Gbps
最大概ね
1Gbps
5,700円
4,600円
ホームゲートウェイ
レンタル付き
ファミリー・
ギガラインタイプ
最大概ね
1Gbps
最大概ね
1Gbps
5,400円
4,600円
ファミリー・
ハイスピードタイプ
最大
200Mbps
最大
100Mbps
5,200円
4,400円
ファミリータイプ
最大
100Mbps
最大
100Mbps
5,200円
4,400円

※価格はすべて税抜き価格です。
※割引適用期間は申し込みキャンペーンにより異なります。
※途中解約の場合、解約金が発生します。
※回線速度は最大通信速度、実効通信速度は環境によって異なります。

フレッツ光ネクストマンションタイプ

建物の中の世帯が、4戸以上ある場合、その建物は集合住宅として扱われフレッツ光ネクストのマンションタイプが適用されます。フレッツ光ネクストマンションタイプには、ギガマンション・スマートタイプ、マンション・ギガラインタイプ、マンション・ハイスピードタイプ、マンションタイプの4つに分けられます。マンションタイプのプランはさらにお住まいの集合住宅内の設備や建物内の世帯数によって料金プランや契約できるプランが細かく分けられています。

フレッツ光
ネクスト
データ
受信速度
(下り)
データ
送信速度
(上り)
月額費用
料金
16契約以上
見込める場合
プラン2
8契約以上
見込める場合
プラン1
4契約以上
見込める場合
ミニ
ギガマンション・
スマートタイプ
最大概ね
1Gbps
最大概ね
1Gbps
通常料金
3,350円
3,750円
4,350円
割引適用後
料金
2,950円
3,350円
3,950円
マンション・
ギガラインタイプ
最大概ね
1Gbps
最大概ね
1Gbps
通常料金
3,050円
3,450円
4,050円
割引適用後
料金
2,850円
3,250円
3,850円
マンション・
ハイスピード
タイプ
(光配線方式)
最大
200Mbps
最大
100Mbps
通常料金
2,850円
3,250円
3,850円
割引適用後
料金
2,650円
3,050円
3,650円
マンションタイプ
(光配線方式)
最大100Mbps
最大100Mbps
通常料金
2,850円
3,250円
3,850円
割引適用後
料金
2,650円
3,050円
3,650円

※価格はすべて税抜き価格です。
※月額費用合計は割引適用期間など申し込みキャンペーンにより異なります。
※利用期間の定めがあり、途中解約の場合、解約金が発生します。

フレッツ光ネクストファミリーの魅力を徹底解析

フレッツ光ネクストのマンション

フレッツ光ネクスト対応のマンションでは、お客様自身がフレッツ光ネクストのプランを選べない場合があります。インターネット対応のマンションの場合、フレッツ光でケーブルなどの引き込み工事を行うのは、通常マンション内の共用部スペースまでで、共用スペースから各戸へは建物建設時に整備されている配線を使用するようになっています。つまり、この建物内部の配線方式がどういったものになっているのかによって接続方式が変わり提供できるサービスに制約ができ、プランが決まってくるというわけです。
集合住宅建物内の配線接続方式には、光ファイバーケーブルを使用した光配線方式、電話配線を利用したVDSL配線方式、LANケーブルを使用したLAN配線方式の3つがあります。

フレッツ光ネクストマンションの特徴を徹底解析

マンション内部の接続方式

フレッツ光を集合住宅で利用する工事の流れから詳しく見ていきましょう。まず、近くの電柱からフレッツ光ネクストの光ファイバーを集合住宅の共用スペースに引き込んだ後、共用部にあるPT(Premises Termination)と言われる機器に接続を行います。その後、スプリッタやパッチパネル、集合型回線終端装置などと言われるものを設置し、PTと光ファイバーで接続します。この時設置する機器は、光配線方式、VDSL配線方式、LAN配線方式によって異なります。その後、集合住宅内部の配線設備を使用し、各戸にフレッツ光のインターネット回線を送り込んでいきます。

フレッツ光ネクストのマンションタイプの料金は、これらの配線方式によって異なります。またVDSL配線方式とLAN配線方式のマンションでは、ギガマンション・スマートタイプとマンション・ギガラインタイプは使用することができません。

光配線方式/VDSL配線方式 LAN配線方式(LAN方式)
16契約以上見込める場合

プラン2

8契約以上見込める場合

プラン1

4契約以上見込める場合

ミニ

16契約以上見込める場合

プラン2

8契約以上見込める場合

プラン1

4契約以上見込める場合

ミニ

通常料金月額 2,850円 3,250円 3,850円 2,500円 2,900円 3,500円
割引適用後料金月額 2,650円 3,050円 3,650円 2,300円 2,700円 3,300円

※価格はすべて税抜き価格です。
※割引適用期間は申し込みキャンペーンにより異なります。
※途中解約の場合、解約金が発生します。

フレッツ光ネクストのマンションタイプと他のプランの違いを解説

ひかり配線方式

光配線方式は、建物内部の配線をすべて光ファイバーで行っている方法です。光配線方式で建物内部の配線が行われている場合、フレッツ光ネクストのスピードをそのまま落とすことなく超高速のインターネットを楽しむことができます。そのスピードは動画などを見ていてもストレスを感じることなく使用できるもので、有線接続であっても、無線Wi-Fi接続であっても爽快にインターネットを使用できるものです。

VDSL配線方式

VDSL配線方式は、建物内部に配線されている電話配管を利用して接続する方法です。光ファイバーほど速いスピードは出ないものの、ほとんどの集合住宅に設備されている配管なのでインターネット未対応の物件でも使用することができます。しかし、電子レンジなどの電磁波の影響を受けやすく、動画などを見るには不向きだとされています。

LAN配線方式

LAN配線方式は、他の配線方式と比べてもスピードが遅いものです。しかし、電磁波などの影響を受けにくいため安定したスピードでインターネットを利用することができます。また接続が簡単なメリットもあり、3つの配線方式の中で最も料金が安いものでもあります。

フレッツ光ネクストの契約タイプの違いと特徴

フレッツ光ライトとフレッツ光ネクストの違い

フレッツ光のプランの中に、フレッツ光ライトと言われるものがあります。フレッツ光ライトは通常のフレッツ光ネクストシリーズとは少々異なるもので、料金プランなどにその特徴があります。通常のフレッツ光ネクストが常に一定料金必要なのに対し、フレッツ光ライトは、料金が2段階で設定されています。フレッツ光ライトは通常インターネットを利用しない人向けのプランで、インターネットを使用しない月は月額料金が最低額で済み、インターネットの利用に合わせて料金が加算されるというものです。もちろん、料金上限が設定されているので、使いすぎたからと言って過剰に請求されるものではありません。これは週末にメールをチェックする人や年に数回、子供や孫などが遊びに来た時に利用するという人向けのサービスです。

データ受信速度

(下り)

データ送信速度

(上り)

基本料金月額 上限料金月額 割引適用後   基本料金月額 割引適用後   上限料金月額
フレッツ光ライト ファミリータイプ 最大100Mbps 最大100Mbps 2,800円 5,800円 2,200円 5,200円
フレッツ光ライト マンションタイプ 最大100Mbps 最大100Mbps 2,000円 4,300円 1,900円 4,200円

※価格はすべて税抜き価格です。
※割引適用期間は申し込みキャンペーンにより異なります。
※途中解約の場合、解約金が発生します。

フレッツ光ライトプラス

フレッツ光ライトには最近新しく登場した戸建て住宅向けサービス、フレッツ光ライトプラスというものがあります。これは、通常のフレッツ光ライトよりも基本料金を少し高くしたものでインターネット通信速度は変わらないものの、基本料金で利用できる基本利用通信量が3,000MBともともと多いものです。3,000MBがどれくらいの容量かというと、例えていうのなら動画を月に16時間近く見れるもので、メールチェックも毎日行うことができるものになります。利用には通常の工事費、初期費用、さらに月額のプロバイダ料金も必要ですが、あまりインターネットを利用しない戸建てに住んでいる人にはうれしいプランです。

フレッツ光ライトからネクストへの プラン区分変更

フレッツ光ライトは、通常のフレッツ光ネクストに比べ、通信速度が遅いうえ、毎月上限額まで使用してしまうようであれば、割高になってしまうプランです。利用頻度が多い場合や利用頻度が増えた場合には、フレッツ光ライトを利用し続けるよりもコース変更を行い、通常のフレッツ光ネクストを利用した方がお得になります。フレッツ光ライトからネクストへのタイプ変更申し込みは、NTTへの電話で行うことが出います。またタイプ変更には再工事が発生するため、工事費が必要です。工事費の内訳は、「基本工事費」「交換機等工事費」「屋内配線工事費」「回線終端装置工事費」となっています。工事費については下記のとおりです。

 変更後のタイプ

変更前のタイプ

フレッツ光ネクスト
戸建て 集合住宅
ギガファミリー・スマートタイプ ファミリー・ギガラインタイプ/ファミリー・ハイスピードタイプ/ファミリータイプ ギガマンション・スマートタイプ マンション・ギガラインタイプ/マンション・ハイスピードタイプ マンションタイプ
光配線方式 VDSL配線方式 LAN配線方式
フレッ

ツ光ライト

戸建て ファミリータイプ 7,600円 2,000円 15,000円 7,600円
集合住宅 マンションタイプ 18,000円 7,600円 2,000円 15,000円 7,600円

 

変更後のタイプ

変更前のタイプ

フレッツ光ネクスト
法人
ビジネスタイプ プライオ10 プライオ1
フレッツ光ライト 戸建て ファミリータイプ 7,600円 2,000円
集合住宅 マンションタイプ 18,000円

※上記料金はすべて税抜き価格です。
※土日休日に工事を実施する場合は、上記の初期工事費用に加え3,000円(税込3,240円)必要です。
※ひかり電話やセキュリティー対策ツール、オプションサービスをご利用する場合には別途工事費が発生する場合があります。
※初期費用合計料金は料金割引実施などキャンペーンによっても異なります。
※初期工事日および移転工事費の分割払いの期間中にタイプ変更(品目変更)を行う場合、工事費の残額分の分割払いはそのまま継続となります。
※利用場所、設備状況や工事内容等により利用開始までの期間は異なります。

フレッツ光ライトからフレッツ光ネクストに変更するポイント

DDNSサービスについて

DDNSとはダイナミックドメインネームシステムの略でDNSやDDNSホスト名と言われることもあります。これはインターネットを利用する際には必ず必要なもので、簡単に言えばインターネット上の住所と番地のようなものです。一般的な自宅のパソコンでインターネットを利用する際には、固定化されているホスト名にパソコンを起動するごとに切り替わるIPアドレスが合わさってできるものです。

フレッツ光ネクストで利用できるダイナミックDNSについて

普通にインターネットを利用するだけであればDNSについて知らなくても問題はありません。ある一定の事業者やこのDDNSホスト名を利用してそこを拠点にインターネットを利用する場合には知っておくべき情報ですが、一般家庭で普通にインターネットを利用している人が使用することはほとんどないかと思います。

フレッツ光ネクストを利用して自宅でwwwなどのサーバーを公開するためにインターネット接続に付帯されるIPアドレスに対して、ドメイン名を取得する必要があります。これは通常、プロバイダーから付帯されたIPアドレスなどを使用して行うもので、プロバイダー申し込み時にセットで申し込みをすると利用することができるサービスです。DDNSサービスでは、インターネットに接続した際に与えられるIPアドレスに、好きなドメイン名を自動的に割り当てることにより、自分のサーバーを確立することができます。

フレッツ光でOPEN IPv6ダイナミックDNSを使う

DDNSサービスは基本的にはプロバイダに申込みをして行う有料オプションサービスですが、フレッツ光ネクストのOPEN IPv6を利用すれば無料でフレッツの通信環境網状のIPv6対応装置間のISP不要の直接通信を可能にし、フレッツのIoTや拠点間VPN目的で利用することができます。
これはソフトイーサが開発している無償サービスを利用して行うもので、このサービスを利用すればフレッツ光ネクストを利用した監視カメラ、セキュリティー機器、センサー、電力メーター、制御装置、などのIoT機器を直接フレッツ光ネクストの回線に接続することができます。

安全性の高いフレッツ光の高速インターネット網を用いて、ISPなしでさまざまな環境に設置した管理サーバー、IPv6対応VPN機器、IoT機器などのホスト間の高速通信が可能です。またDNSサーバーはフレッツ網内から直接参照することができるので、フレッツ対応のIpv6ISP契約の必要もありません。

このサービスを利用すればDDNSホスト名はいくつでも作成することができ、一度作成したDDNSホスト名は削除するまで半永久的に利用することが可能です。DDNSホスト名には電話番道や氏名などのユーザー登録をしておく必要はありませんが、DDNSホスト作成時にメールアドレスを登録しておくと、ホストキーの再発行機能が利用できます。ホストキーは18文字の認証キーのことで、認証キーを知っていると作成したホスト名に関する管理権限を保有しているという証明になります。これを利用してさまざまなフレッツ光の応用利用が可能です。

このソフトイーサの無償サービスでは、DDNSホスト名やその親ドメインを、すべてNTT東日本のフレッツ光ネクストに設置されているデフォルトDNSリゾルバで、ホスト名からAAAAレコードへの解決、つまり名前解決が可能である特別な網構成です。そのため、安定性、技術的内容の品質の高さが保証されています。IPv6によるインターネット接続の場合、IPv4のみに対応したインターネットサイト等は利用できません。

IPv6アドレスを自動更新するためのAPI

DDNSホスト名と関連付けて使用するIPv6対応のホスト機器がある場合には、定期的にDDNSホスト名に対するIPv6アドレスを更新し続けることが必要です。

VPNルータや監視カメラ、IoT対応センサーなどの任意のスクリプトを実行するような危機では、定期的に特定のHTTP URLを呼び出すといった自由度がないため、DDNSホストごとに指定される専用更新ホスト名と呼ばれるものを書き換えることが必要です。しかし、LinuxやFreeBSD、Windowsなどを基盤にした組み込み機器を使用している場合には、自由度が非常に高いため、自由に任意のスクリプトを動作させることが可能です。公式サイトからセキュリティ対策ツールのダウンロードも可能です。

あんしんプラン

OCN 光 あんしんプランである 「フレッツ」はOCNが提供する光接続サービスです。オンラインストレージ機能(OCN マイポケット)、パソコンをウイルスやフィッシング詐欺メールから守ってくれる、メールウイルスチェック機能、迷惑メールブロックなど、セキュリティー機能が付いた名の通りの安心プランです。

※他のOCN接続プランからOCN 光あんしんプラン 「フレッツ」へのプランの変更、OCN 光あんしんプラン「フレッツ」から「OCN 光」以外のOCN接続プランへのプラン変更はできません。
※お支払いの方法として、初期費用、月額費用(OCN利用料/フレッツ光利用料)は合計して料金請求、収納業務を担うグループ会社である、NTTファイナンスから請求がきます。希望があれば、OCN利用料とフレッツ

光利用料を分けて支払う事も可能です。フレッツ光接続オプションひかり電話や、フレッツ・テレビ(映像サービス)をはじめ、さまざまなオプションサービスが利用できます。インターネットライフを便利によろ快適にすることができます。※ひかり電話には、電話番号ごとにユニバーサルサービス料3円/月が必要となります(平成28年7月現在)。

フレッツ光接続オプション

ひかり電話や、フレッツ・テレビ(映像サービス)をはじめ、さまざまなオプションサービスが利用できます。インターネットライフを便利によろ快適にすることができます。

※ひかり電話には、電話番号ごとにユニバーサルサービス料3円/月が必要となります(平成28年7月現在)。

 

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気の光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。
人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

3,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼今開催中のおすすめキャンペーン

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,967円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼今開催中のおすすめキャンペーン

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼今開催中のおすすめキャンペーン

固定回線で悩んでいる方必見!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

おすすめ窓口BroadWiMAX

https://wimax-broad.jp/
webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

▼今開催中のおすすめキャンペーン!

フレッツ光の光ネクストに関する記事一覧

たくさんあって難しい。フレッツ光ネクストのマンションタイプをわかりやすく解説

フレッツ光はNTTが提供する光回線を用いたインターネット接続サービスの総称です。フレッツとは、NTT西日本・NTT東日本の登録商標で、光回線とは光ファイバーを回 … 続きを読む

フレッツ光ライトからフレッツ光ネクストに変更するポイント

NTT東日本およびNTT西日本が提供する「フレッツ光ライト」は、通信量に応じた月額料金でインターネットを楽しめる通信サービスです。頻繁ではないけれど、手軽にイン … 続きを読む

フレッツ光とフレッツ光ネクストの契約タイプの違い

「フレッツ光ネクスト」とは、NTT東日本およびNTT西日本のフレッツ光が次世代ネットワーク(NGN)と称して提供している現在最も主流なフレッツ光のサービス名です … 続きを読む

フレッツ光ネクストファミリーの魅力を徹底解析

フレッツ光ネクストファミリーは、一戸建て住宅にお住まいの方を対象にしたインターネット通信サービスです。そのためマンションなど集合住宅にお住まいの方向けのプランで … 続きを読む

フレッツ光ネクストマンションの特徴を徹底解析

フレッツ光ネクストマンションは、NTT東日本およびNTT西日本が集合住宅にお住まいの方を対象に提供する通信サービスです。安定した通信網を誇る光ファイバーを活用す … 続きを読む