わたしのネット ロゴ

検索

わたしのネット ロゴ

【2020年版】MugenWiFiを選ぶポイント!料金・速度・評判をすべて解説!

MugenWiFi

MugenWiFiは、3日や1か月といった期間での通信量制限がない「無制限通信」ができるモバイルルーターサービスです。

2019年にサービスを開始してから安価でわかりやすい料金設定が好評になり、2020年現在も申し込みが殺到しています。

MugenWiFiを契約する8つのメリット
  • 外出先でもネット環境を作れる
  • 通信制限がない、無制限通信
  • ドコモ・au・ソフトバンク回線対応でエリアが広い
  • 他社より月額料金が安い
  • お試し期間がある
  • 端末代が無料
  • 2年使えば解約金0円&端末がもらえる
  • 海外でも利用できる
那比光太(なびこうた)
こうた
無制限通信ができるモバイルルーターは多いけど、Mugen WiFiはその中でも料金が安いし、お試し期間まであるおすすめのサービスだよ!

この記事では、MugenWiFiのメリットやデメリット、利用者からの評判といった情報をもとに、MugenWiFiはどんなモバイルルーターでどんな人におすすめなのか、徹底解説します!

これからモバイルルーターの契約を検討している方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

<MugenWiFiの基本情報>
月額料金 3,280円
通信制限 なし
(大容量通信時のみ384Kbpsに制限)
契約期間 2年間のみ
初期費用 3,000円
端末代金 無料
支払い方法 クレジットカード
利用する電波 ドコモ、au、ソフトバンク
解約金 1年未満9,000円(税抜)
1~2年未満5,000円(税抜)
2年目以降0円

\完全使い放題&無制限のモバイルWi-Fi/
MugenWiFiの公式サイトをみる
※こちらから料金をチェック

ここが便利!MugenWiFiを契約する5つのメリット

MugenWiFiのメリット

数あるモバイルルーターの中でも、MugenWiFiを選ぶメリットは、次の5つです。

那比光太(なびこうた)
こうた
それぞれメリットともに、MugenWiFiがどんなモバイルルーターか解説していくよ!

①月額料金・3年間の実質料金が他社より安い

MugenWiFiは、他社と比べて月額料金や3年間の実質料金が安いことが特徴です。

それでは、人気のモバイルルーター7社と月額料金・3年間利用した時の料金を比較してみましょう。

<モバイルルーター8社の料金比較表>
月額料金 3年間の
実質料金
初期費用 端末代
MugenWiFi 3,280円 118,080円 3,000円 無料
(レンタル)
よくばりWiFi 3,450円 124,200‬円 3,800円 無料
(レンタル)
どんなときもWiFi 1-24か月目:3,480円
25か月目以降:3,980円
131,280円 3,000円 無料
(レンタル)
限界突破WiFi 3,500円 126,000円 無料 無料
めっちゃWiFi 3,480円 125,280‬円 3,000円 無料
(レンタル)
GMOとくとくBB WiMAX 1-2か月目:3,609円
3か月目以降:4,263円
117,360円 3,000円 無料
Broad WiMAX 1-2か月目:2,726円
3-24か月目:3,411円
25か月目以降:4,011円
128,626円 契約事務手数料3,000円
+初期費用18,857円
無料
JPWiMAX 1~3か月目:2,800円
4~24か月目:3,500円
25~36か月目:4,100円
121,100円 3,000円 無料

※2020年3月現在のデータです。

3年間の実質料金を見ると、GMOとくとくWiMAXがお得です。

しかし、契約期間・対応する回線・長期的な利用を考えると、MugenWiFiの方がお得だといえます。

那比得子(なびとくこ)
とくこ
GMOとくとくWiMAXは、キャッシュバックがお得だけど、毎月の料金は高いし通信制限もあるのよね。

また、MugenWiFiは、月額料金の変動がなくてわかりやすい点もメリットだといえます。

那比光太(なびこうた)
こうた
3年間、ずっと月額3,280円で利用できるよ!

口コミを調べてみても、全体的に好評の声が見受けられました。


https://twitter.com/chino_tsuki/status/1227727219780251648
https://twitter.com/216_78ya/status/1222501299876319233

(2020年3月 わたしのネット調べ)

以上のとおり、他社と比べて安くてわかりやすく、快適に使えるのがMugenWiFiの魅力だといえます。

長期間お得にポケットWi-Fiを利用したい人
→MugenWiFiがおすすめ!
公式サイト
キャッシュバック重視で選びたい人
→GMOとくとくWiMAXがおすすめ!
WiMAX)(関連記事

MugenWiFiは「格安プラン(U2s)」「MUGENアドバンスプラン(g4)」どっちがお得?

MugenWiFiでは、「格安プラン」「MUGENアドバンスプラン」のいずれかを契約できます。

格安プラン MUGENアドバンスプラン
契約できる機種
U2s

端末 U2s
g4

端末 G4
翻訳機能
モバイルバッテリー機能
月額料金
3,280円
3,880円

いずれも通信速度に変わりはないため、ポケットWi-Fiとしての機能のみを求めるなら、料金が安い「格安プラン」がおすすめです。

初月のみ初期費用として3,000円必要

MugenWiFiは初月に、初期費用として3,000円(税抜)の費用がかかります。

那比光太(なびこうた)
こうた
ほとんどのモバイルルーターやスマートフォン、光回線などのサービスが3,000円程度の初期費用を設定しているよ
那比得子(なびとくこ)
とくこ
MugenWiFiが他社と比べて、特に条件が悪いというわけでないのね。

限界突破WiFiなら初期費用は無料ですが、代わりに月額料金はMugenWiFiより220円高額。

14か月ほど使えば、支払額はMugenWiFiより限界突破WiFiの方が高額になります。

※これまで、MugenWiFiは「初期費用」のほかに「初期設定費用」として別途3,000円が必要でしたが、初期設定費用は2019年11月8日に廃止となりました。

②30日間のお試し期間がある

MugenWiFiには30日間のお試し期間があります。

サービスに満足できなかった場合、30日以内なら違約金の支払い無しで解約できますよ。
初期費用と利用料金は返金されます。)

那比光太(なびこうた)
こうた
自宅はしっかり電波を受信できるか、お試しできるのはありがたい!

ただし、30日間のお試し期間中の解約は、以下の5点にご注意くださいね。

  1. 返却処理手数料1,000円(税抜)は必ず発生する
  2. 50GB以上通信していると9,000円の解約費用がかかり、
    さらに端末未返却時は翌月~24か月分×1,600円の費用も別途請求される
  3. 返却した箱が破損していたり、説明書が欠品だったりした場合は20,000円(税抜)の追加費用がかかる
  4. 送料は契約者負担
  5. 海外利用料は別途発生する
那比光太(なびこうた)
こうた
特に、MugenWiFiのお試し中に50GB以上通信すると、9,000円~の費用がかかってしまうことに気を付けたいね…!
那比得子(なびとくこ)
とくこ
お試し期間中の30日間は、通信量が50GBに達する前に、MugenWiFiの契約を続けるか決めたほうがいいってことね。

③トリプルキャリアで繋がりやすい

MugenWiFiは「ドコモ」「au」「Softbank」の3つの回線を利用できる「トリプルキャリア」です。

日本国内の大手携帯会社3社の電波に対応しているので、日本全国広い範囲で通信できるのが魅力ですよ。

那比光太(なびこうた)
こうた
端末が自動で「この場所で一番通信に適した電波」を選んでくれる仕組みだよ
那比得子(なびとくこ)
とくこ
自分で切り替える必要がないのは便利だわね

MugenWiFiは2年契約のサービスですが、契約期間は自動更新されないため、25か月目以降はいつ解約しても解約費用がかかりません!

さらにMugenWiFiは、25か月目以降なら提供されたルーターの返却が不要です。

那比得子(なびとくこ)
とくこ
長期間使えば、ルーターがもらえちゃうの!?
那比光太(なびこうた)
こうた
これは嬉しい!

他社サービスでは、契約期間を満了しても、ほとんどが解約時にルーターの返却が必要です。

2年間しっかり使えばルーター返却の手間がかからないのは大きなメリットですね。

また、提供されるルーター・U2sはSIMカードを入れればMugenWiFiの契約がなくても通信できるので、格安SIM等で活用できますよ!

⑤海外でも端末はそのまま利用できる

MugenWiFiは国内だけでなく、海外でも同じルーターをそのまま使えます。

那比得子(なびとくこ)
とくこ
海外旅行先でインターネットを使うなら、普通は空港などでレンタルルーターを借りたり、プリペイドSIMを購入しなきゃいけないけど…
那比光太(なびこうた)
こうた
MugenWiFiがあれば、その手間も省ける!

ただし、海外でMugenWiFiを利用する場合は、使い放題ではありません。

高速通信ができるのは1日1GBまでで、超過時は翌日まで384Kbpsに制限されますよ。

那比光太(なびこうた)
こうた
このへんは「どんなときもWiFi」のような、海外対応のモバイルルーターと同じ仕様だね。

また、海外での利用料金は1日定額で、次のとおりです。

<MugenWiFi 海外での利用料金>
アメリカ、アジア、ヨーロッパ、オーストラリア 1,200円(税抜)
アフリカ、中東、南米 1,600円(税抜)

\完全使い放題&無制限のモバイルWi-Fi/
MugenWiFiの公式サイトをみる
※こちらから料金をチェック

知っておきたい!MugenWiFi契約前の注意点

MugenWiFiのデメリット

「料金の安さ」「通信制限がない」などメリットの多いMugenWiFiですが、実はいくつか注意しておきたいポイントもあります。

那比光太(なびこうた)
こうた
契約後に困らないためにも、必ず目を通しておいてね!

①通信速度は「中速」レベル

MugenWiFiの通信速度は「中速」程度です。

モバイルルーター全体にいえることですが、光回線ほどの通信速度は望むことができません。

那比光太(なびこうた)
こうた
MugenWiFiの仕様上の速度と、2020年3月の平均速度を比較してみたよ!
<MugenWiFiの最大速度・平均速度>
最大速度 平均速度
上り 50Mbps 11.53Mbps
下り 150Mbps 17.61Mbps

※2020年3月3日時点のデータです。
※データ参考:みんなのネット回線速度

平均速度を次の「インターネットの利用に必要な通信速度」と照らし合わせてみましょう。

<インターネットの利用に必要な通信速度(目安)>
目安の速度
LINE 128kbps〜1Mbps
メールの送受信
標準画質の動画再生
5Mbps以下
画像が少ないサイトの閲覧
ブログの更新
HD画質の動画再生
5~10Mbps
ソフトウェアのダウンロード
音・映像を流すサイトの閲覧
4K画質の動画再生
25Mbps以上
オンラインゲーム
PS4の利用
ビデオチャット
大容量ダウンロード
100Mbps以上

ネットサーフィン・YouTube等の動画再生・音楽のストリーミング再生といった、一般的な用途であれば、MugenWiFiの平均速度でも問題なく行えるといえます。

一方で、ゲームソフトなどの大容量ファイル(1GB以上など)ダウンロードなどには時間がかかる速度だともいえます。

オンラインゲームはラグが起きる可能性も

オンラインゲームは、常時安定した接続やデータダウンロードのための通信速度が求められます。

そのため、MugenWiFiのようなモバイルルーターサービスだと、ラグが発生することがあります。

ラグとは?
自分の操作と画面の動きがズレてしまう現象。
那比光太(なびこうた)
こうた
モバイルルーターは基本的に、通信の安定性が低いからオンラインゲームには向かないんだよね…。
オンラインゲームをしたいなら、固定回線かホームルーター。
オンラインゲームをしないなら、このままMugenWiFiの契約がおすすめだよ!

ホームルーターについて
詳しい解説はこちら

②口座振替での契約ができない

MugenWiFiは支払い方法がクレジットカードに設定されているので、口座振替での契約はできません。

クレジットカードを持っていない場合、残念ながらMugenWiFiを申し込みできません。

那比得子(なびとくこ)
とくこ
中には「口座振替プラン」があるポケットWi-Fiもあるから安心してね。
詳しくは次の記事をどうぞ!

口座振替できるポケットWi-Fiについて
詳しい解説はこちら

③端末を紛失・破損したら20,000円が必要

MugenWiFiで提供されるルーターを端末を紛失・破損した場合、端末代金として20,000円の費用がかかってしまいます。

ただし「お客様の故意による不調ではない」と判断された場合は例外で、1年間の無償交換補償をしてもらえますよ。

MugenWiFiの契約時は「補償プラン」の加入がオススメ!

万が一MugenWiFiを紛失・破損した場合に備えて、契約時に「補償プラン」への加入がおすすめです。

MugenWiFiの補償プラン「MUGEN 補償オプション(月額500円)」は、、以下のケースでルーターを交換してもらえます。

  1. 取扱説明書や、その他注意事項に従った正常な使用で機器が故障した
  2. 水濡れでの故障
  3. 破損・全損
那比光太(なびこうた)
こうた
自然な故障、水濡れ、落下等による故障といった、トラブル全般に対応しているのがうれしいね

また、一方で補償プランの契約には次の注意点もあります。

  1. 盗難・紛失・バッテリー交換は補償対象外
  2. MugenWiFi契約後に補償プランの途中加入と途中解約ができない
  3. 1度補償を受けてから12か月以内に補償を受ける場合、3,800円の費用がかかる
那比得子(なびとくこ)
とくこ
補償プランに加入していても、ルーターの取り扱いは慎重にしなきゃね…!

④申し込みが多くて在庫切れの場合もある

MugenWiFiは申込みが多く、タイミングによっては在庫切れになっているケースもあります。

また、2020年3月3日時点では、新型肺炎の影響で端末が欠品となってしまい、次月配送が設定されていました。

MugenWiFi キャプチャ
(引用:MugenWiFi公式サイト

口コミを調査してみると、在庫切れにより申込みからルーター発送までに時間がかかっているケースがいくつか見受けられました。

(2020年3月 わたしのネット調べ)

在庫切れで申し込みが進められない場合は、MugenWiFiの次にお得な「よくばりWiFi」も合わせて検討してみてくださいね。

ポケットWi-Fiの比較について
詳しい解説はこちら

MugenWiFiの評判悪い?利用者のレビューを調査!

それでは、MugenWiFiの実際の評判は良いのでしょうか、悪いのでしょうか?

今回Twitterで利用者の口コミを調査した結果、賛否両論の口コミを確認しました。

(2020年3月 わたしのネット調べ)

那比得子(なびとくこ)
とくこ
口コミから、MugenWiFiが好評な点・不評な点をまとめてみたわ。
MugenWiFiの好評な点
  • 1Mbps未満などの極端な低速は出ていない
  • ルーター・G4は動作がサクサクと好評
  • 大分などの都会から離れた地域でも使えている
MugenWiFiの不評な点
  • 速度には賛否あり、100Mbpsなどの高速は基本的に出ない

「下り速度が6Mbps台」というレビューもありましたが、6MbpsあればネットサーフィンやフルHD程度までの動画再生は快適にこなせます。

しかし、大容量データのダウンロードやオンラインゲームをプレイしようと思うと、心もとない通信速度であることは確かです。

那比光太(なびこうた)
こうた
注意点の項目でも紹介したけど、MugenWiFiの通信速度は中速程度なんだ。
大容量データをダウンロードしたり、オンラインゲームを楽しみたいなら、ホームルーターや光回線の契約がおすすめだよ!

また、通信速度は全体的に概ね好評で、基本的に20~30Mbps程度、少し下がっても10Mbps台くらいのスピードが出ている傾向にありました。

MugenWiFiの契約方法|申し込みから開通までの流れ

MugenWiFiの契約の流れ

MugenWiFiは工事不要でネット環境を作れるため、設定をすればすぐに利用を開始できます。

それでは、MugenWiFiの申し込みから開通までの流れをチェックしていきましょう!

①公式サイトから申し込み手続きをする
まずは公式サイトへアクセスして、申し込み手続きを進めましょう。
次に、「30日間お試しで体験してみる」をクリックして申し込みを開始します。
MugenWiFi申込窓口
画面の指示に従ってプランや氏名、支払い方法などを入力していけば申し込み完了です。
②最短即日でルーターが発送される
MugenWiFiは、最短即日でルーターを発送してもらえます。
ただし在庫がない場合は翌月以降などに伸びること、土日祝日の申し込みでは最短翌営業日発送になることにご注意ください。
③初期設定をして利用開始
ルーターが届いたら、次の初期設定を行います。

  1. 電源を入れる
  2. 言語を設定する
  3. 「データ通信量」の画面をタップする
  4. 表示されたSSID・パスワードを、WiFiに接続したい端末に入力
  5. 設定完了!

【Q&A】MugenWiFiでよくある質問

Q&A
最後に、MugenWiFiにおける「よくある質問」と回答をまとめました!

那比光太(なびこうた)
こうた
契約前に疑問はすっきり解決しておこう!

①MugenWiFiの料金は安い?高い?

結論からいうと、MugenWiFiは他社と比較した中でも安い部類に入ります。

以下の表に、各社の利用料金をまとめました。

<モバイルルーター8社の料金比較表>
月額料金 3年間の
実質料金
初期費用 端末代
Mugen WiFi 3,280円 118,080円 3,000円 無料
(レンタル)
よくばりWiFi 3,450円 124,200‬円 3,800円 無料
(レンタル)
どんなときもWiFi 1-24か月目:3,480円
25か月目以降:3,980円
131,280円 3,000円 無料
(レンタル)
限界突破WiFi 3,500円 126,000円 無料 無料
めっちゃWiFi 3,480円 125,280‬円 3,000円 無料
(レンタル)
WiMAX 1-2か月目:3,609円
3か月目以降:4,263円
117,360円 3,000円 無料
Broad WiMAX 1-2か月目:2,726円
3-24か月目:3,411円
25か月目以降:4,011円
128,626円 契約事務手数料3,000円
+初期費用18,857円
無料
JPWiMAX 1~3か月目:2,800円
4~24か月目:3,500円
25~36か月目:4,100円
121,100円 3,000円 無料

※2020年3月現在のデータです。
※1)アドバンスモード利用時の料金を表示しています。

表からわかる通り、3年間の実質料金は3番目に安い選択肢となっています。

また、料金が3,280円で固定となっていることから、長期間ポケットWi-Fiを契約するなら最もお得な選択肢ともいえますよ。

那比光太(なびこうた)
こうた
MugenWiFiは長期的にポケットWi-Fiを契約したい人におすすめってことだね!

NEXT mobileについて
詳しい解説はこちら

②MugenWiFiに通信制限はある?

MugenWiFiは3日間や1か月などの通信量上限がないモバイルルーターサービスです。

ただし一切制限がないわけではなく、「大容量の通信を行う利用者」は384Kbpsに制限されるケースがあります。

Twitterの口コミを分析すると、月間300GBを利用すると速度制限にかかる人が多いようです。

(2020年3月 わたしのネット調べ)

公式サイトでは、以下の6つの使い方はなるべく控えるようにお願いされていました。

  • 長時間の動画視聴
  • 長時間のオンラインゲーム利用
  • 大容量ダウンロード
  • 長時間のネット通話
  • 高解像度動画視聴
  • 複数機器の常時接続

常時・どんな用途でも快適に使い続けたい方は、注意が必要ですね。

③MugenWiFiのエリアは?

MugenWiFiはドコモ・au・ソフトバンクの3回線(トリプルキャリア)に対応しているため、広範囲のエリアで利用できます。

<モバイルルーター12社のエリア比較>
エリアの広さ
利用する回線
MugenWiFi
Softbank
au
docomo
よくばりWiFi
Softbank
どんなときもWiFi
Softbank
au
docomo
限界突破WiFi
Softbank
au
docomo
めっちゃWiFi
Softbank
au
docomo
GMOとくとくBB WiMAX
au
WiMAX2+
Broad WiMAX
JPWiMAX
カシモWiMAX
NEXT mobile
Softbank
PocketWiFi
Softbank

3回線の提供エリアは以下のURLから確認できます。

契約前に自宅で使えるか調べたい方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

那比得子(なびとくこ)
とくこ
契約してからエリア外が発覚しても、30日のお試し期間中に解約すれば、違約金はかからないわよ!

④MugenWiFiの端末「G4」「U2s」の違いや特徴は?

MugenWiFiで提供されるルーターは「G4」と「U2s」の2種類です。

月額3,280円(税抜)の格安プランではU2s、3,880円(税抜)のアドバンスプランではG4が提供されます。

<MugenWiFiの端末一覧>
G4
(MUGENアドバンスプラン)
U2s
(格安プラン)
端末画像 端末 G4 端末 U2s
端末名 G4 U2s
発売日 2019年5月 2018年8月
サイズ 136×72.2×12mm 127×65.7×14.2mm
重さ 188g 149g
最大ダウンロード速度 150Mbps 150Mbps
バッテリー容量 3,900mAh 3,500mAh
連続使用時間 12時間 12時間
同時最大接続数 5台 5台

G4はポケットWi-Fiとしての機能だけでなく、画面を利用した翻訳機能やスマホ等の充電に対応する多機能さが魅力です。

一方でU2sは画面がなく、ポケットWi-Fiとしての機能に特化した仕様です。

U2sの方が機能が少なく、バッテリー容量も少なめなこともあって軽量・小型ですが、バッテリー持ちはどちらも同じ12時間です。

海外旅行に行く機会が多いなら、翻訳やスマホ等の充電ができるG4を使える「アドバンスプラン」がおすすめです。

また、日本での利用中心で安さを求めるなら、U2sが提供される「格安プラン」がおすすめですよ!

⑤MugenWiFiが届かないって本当?キャンセル方法は?

MugenWiFiは在庫切れなどが理由で、ルーターをすぐに受け取れない場合があります。

しかし、申込後のキャンセルは、基本的にできません。

ルーターが届いてからであれば、30日間の「安心全額返金保証」があるため、返却処理手数料1,000円(税抜)+返送料のみでの解約が可能です。

①お問合せフォームで連絡をする
公式サイトにアクセスして、「ご契約後のお問い合わせ」を選びます。
そして、次の3つの情報を入力して連絡すれば、解約手続きを行えます。

  1. 「安心全額返金保証 希望」の表記
  2. 解約理由の記載
  3. 決済番号
②ルーターを返却してキャンセル完了
指示に従ってルーターを返却すれば、キャンセル完了です。

また、新型肺炎での発送遅延が原因でキャンセルしたい場合は、端末到着前に限って決済金額を全額返金してくれます。

MugenWiFiのお問い合わせフォームに、下記の情報を入力すれば、キャンセルが可能ですよ。

  1. 契約時に入力した指名
  2. 契約時に入力した電話番号
  3. 契約番号(決済番号)※不明であれば入力不要
  4. 注文をキャンセルしたいという旨の記載

MugenWiFiのお問い合わせフォームはコチラ

⑥MugenWiFiの解約方法・解約金は?

MugenWiFiの解約方法は、次の3ステップで完了です!

  1. 公式サイトの問い合わせフォームを開く
  2. 「ご契約後のお問い合わせ」から解約を希望する
  3. 指示に従って解約、2年以内の解約の場合はルーターの返却も行う
那比得子(なびとくこ)
とくこ
WEB上で解約手続きを進められるから、電話やメールでの面倒なやり取りがないのはうれしい!

MugenWiFiの解約金

MugenWiFiの解約にかかる費用は、以下のとおりです。

<MugenWiFiの解約費用>
解約費用(税抜) 1年未満:9,000円
1~2年未満:5,000円
更新月以降:0円
24か月以内の解約で
ルーター未返却時の
端末違約金(税抜)
契約残月数×1,600円
30日お試し期間中の
返却手数料(税抜)
1,000円+送料
30日お試し期間中、
50GB超過時の解約費用(税抜)
9,000円
+端末未返却時のみ
翌月~24か月分×1,600円
30日お試し期間中、
箱破損、説明書欠品時の
追加費用(税抜)
20,000円
那比得子(なびとくこ)
とくこ
24か月間使えば無料で解約できるのは、MugenWiFiを選ぶ大きなメリットね!

30日お試しキャンペーンを利用して解約する際は、50GB以上使ったり、返却ルーターが壊れている際に高額な費用がかかるため、注意してくださいね。

まとめ

MugenWiFiは、3日や1か月といった期間での通信量制限がない「無制限通信」ができるモバイルルーターサービスです。

<MugenWiFiの基本情報>
月額料金 3,280円
通信制限 なし
(大容量通信時のみ384Kbpsに制限)
契約期間 2年間のみ
初期費用 3,000円
端末代金 無料
支払い方法 クレジットカード
利用する電波 ドコモ、au、ソフトバンク
解約金 1年未満9,000円(税抜)
1~2年未満5,000円(税抜)
2年目以降0円

MugenWiFiを契約するメリット・注意点は次のとおり。

MugenWiFiを契約するメリット
  1. 月額料金や3年間の実質料金が他社よりも安い
  2. 30日間のお試し期間がある
  3. トリプルキャリア対応で繋がりやすい
  4. 2年間使えば解約金は0円、端末の返却不要
  5. 海外でも端末をそのまま使える
MugenWiFi契約の注意点
  1. 返却処理手数料1,000円(税抜)は必ず発生する
  2. 50GB以上通信していると9,000円の解約費用がかかり、
    さらに端末未返却時は翌月~24か月分×1,600円の費用も別途請求される
  3. 返却した箱が破損していたり、説明書が欠品だったりした場合は20,000円(税抜)の追加費用がかかる
  4. 送料は契約者負担
  5. 海外利用料は別途発生する
那比光太(なびこうた)
こうた
以上からMugenWiFiは、こんな人におすすめだといえるよ!
  • 長期間ポケットWi-Fiをお得に利用したい人
  • 通信制限を気にせずポケットWi-Fiを利用したい人
  • オンラインゲームや大容量データのやり取りをする機会が少ない人
    SNS・ネットサーフィン・Youtubeなどでの動画視聴を中心にインターネットを利用する人)

料金も一律3,280円と、わかりやすく安価な設定のMugenWiFi。

この機会にぜひ、検討してみてくださいね!

\完全使い放題&無制限のモバイルWi-Fi/
MugenWiFiの公式サイトはコチラ
※こちらから料金をチェック

フレッツ光のMugenWiFiに関する新しい記事一覧