閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

ドコモ光に関して

ドコモ光GMOとくとくBB

おすすめ注目窓口GMOインターネット

ドコモユーザー必見!申込みで「dポイント最大20,000pt+最大15,000円キャッシュバック」のキャンペーン中!光とセットにすることで最大3,500円の月々の携帯料金の割引適用対象になります!


15,000

キャッシュバック!

詳しく見る

ドコモ光はドコモユーザーにオススメ!料金・速度・特典・契約から解約までを全解説

ドコモ光はフレッツ光と同じNTTの光回線を使った、光コラボ事業者です。

ドコモのスマホや携帯電話をお使いのドコモユーザーは、ドコモ光の契約でドコモ光セット割が適用されるのでオススメです。

また、ドコモ光は24社のプロバイダから選んで契約できるので、フレッツ光や他社光コラボからの乗りかえの方はプロバイダを引き継げる可能性が高い上に、工事も不要で乗りかえられますよ。

エリア的にケーブルテレビ回線しか契約できない方も、ドコモ光にはケーブルテレビと提携したプランがあります。

今回はドコモ光で契約できるプランやオプション、オススメのプロバイダ会社などをくわしく紹介しますよ。

また、ドコモ光を申込む際には、代理店・ネットナビからの契約がオススメです。

ネットナビから申し込みをすると、公式キャンペーンとあわせて以下のキャンペーンが受けられます。

  • 15,000円キャッシュバック
  • ドコモ光の開通までWi-Fiルーター無料レンタル

ドコモ光を新規・転用・事業者変更で申し込む窓口や手順なども解説しているので、光回線の乗りかえ先を迷っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

\15,000円キャッシュバック!/
ネットナビのキャンペーン内容をみる
※このボタンからお得な特典をチェック

この記事でわかること

  • ドコモ光はNTTの光回線を利用した光コラボ!
  • ドコモ光はセット割が適用されるドコモユーザーにオススメ!
  • ドコモ光の料金プラン
  • ドコモ光はオプションも豊富
  • ドコモ光の工事と工事費用
  • ドコモ光の速度はv6プラスで向上する
  • ドコモ光の契約は代理店経由がオススメ!申し込みから開通までの流れ
  • ドコモ光を解約する方法
  • まとめ

ドコモ光はNTTの光回線を利用した光コラボ!

ドコモ光はNTTが提供する光回線を使った、光コラボレーション事業者です。

携帯電話キャリアとして歴史のある、NTTドコモが運営していますよ。

ドコモ光の月額料金は基本的にプロバイダ料金が含まれており、戸建てタイプで5,200円~、マンションタイプで4,000円~とリーズナブルな価格帯でインターネットサービスを利用できるところが魅力です。

ドコモ光の料金については、のちほどドコモ光の料金プランの項目で紹介します。

また、ドコモの携帯電話やスマホをお持ちの方なら、ドコモ光とのセット割を適用でき、毎月の通信費をさらに抑えられます。

ドコモユーザー向けのドコモ光セット割については、ドコモ光はセット割が適用されるドコモユーザーにオススメ!の項目で解説します。

ドコモ光の回線はNTTのフレッツ光と同じものを使用しているため、通信速度もフレッツ光と同じ最大1Gbpsです。

ドコモ光の速度についてはのちほど、ドコモ光の速度はv6プラスで向上するの項目をチェックしてくださいね。

ドコモ光のエリアはフレッツ光と同じ

インターネット回線は提供エリア内でなければ、契約ができません。

ドコモ光のエリアは、同じ回線を使うフレッツ光の公式サイトで確認できますよ。

ドコモ光を契約する住所が属するのがNTT東日本かNTT西日本かによっても、提供エリアを調べられるサイトが違います。

NTT東日本エリア NTT西日本エリア
都道府県 北海道:北海道
東北:青森県、山形県、秋田県、岩手県、宮城県、福島県
甲信越:新潟県、長野県、山梨県
関東:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県
北陸:富山県、石川県、福井県
東海:愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
中国:広島県、岡山県、山口県、島根県、鳥取県
四国:香川県、愛媛県、高知県、徳島県
九州・沖縄:福岡県、大分県、佐賀県、宮崎県、長崎県、熊本県、鹿児島県、沖縄県
フレッツ光
エリア検索ページ
https://flets.com/
(フレッツ光東日本 エリア検索ページ)
https://flets-w.com/cart/index.php?etc_data_kks=kantan%3D1%40
(フレッツ光西日本 エリア検索ページ)

くわしくはドコモ光の提供エリアを調べる方法をまとめた記事をご覧ください。

ドコモ光はセット割が適用されるドコモユーザーにオススメ!

ドコモ光はドコモのスマホや携帯電話、タブレットとのセット割が組める唯一の光回線なので、毎月の通信費を安くしたいドコモユーザーにオススメです。

ドコモユーザーがドコモ光を契約すると、「ドコモ光セット割」が適用されます。

ドコモ光セット割の割引額はドコモの携帯電話契約のプランによって変わり、契約1台につき最大1,000円、もしくはパケットパックにつき最大3,500円です。

料金プラン 割引額(1台あたり)
ギガホ 1,000円
ギガライト 500円~1,000円
パケットパック 割引額(パケットパックから)
ウルトラシェアパック100 3,500円
ウルトラシェアパック50 2,900円
ウルトラシェアパック30 2,500円
ベーシックシェアパック 800円~1,800円
ウルトラデータLLパック 1,600円
ウルトラデータLパック 1,400円
ベーシックパック 100円~800円

※価格は税抜 参照:ドコモ光セット割

ドコモ光セット割の適用条件や注意点については、ドコモ光セット割についてまとめた記事もご覧ください。

また、ドコモの携帯電話契約があれば、ドコモ光の契約特典としてdポイントのプレゼントを受けられます。

ドコモ光dポイントプレゼント特典 - キャンペーン・特典 - NTTドコモ - www.nttdocomo.co.jp
引用:ドコモ光 キャンペーン

ドコモの携帯電話契約がない方は、dポイントプレゼントキャンペーンの対象外なのでお気をつけください。

auやソフトバンクのスマホや携帯電話をお使いの方は、セット割が適用されるドコモ光以外の回線を検討したほうがお得です。

くわしくは、キャリアごとに適用されるセット割について解説した記事をご覧ください。

新規・転用・事業者変更でドコモ光を契約するメリット

これからドコモ光を新規で契約しようとお考えの方や、フレッツ光から乗りかえる転用、または他社光コラボからドコモ光へ事業者変更をお考えの方に向けて、キャンペーンやメリットを一覧表で紹介していきましょう。

新規契約 転用 事業者変更
メリット
  • 初期工事費が無料
  • 24社のプロバイダから選択できる
  • 光電話や光テレビなどのオプションが豊富
  • 開通工事が不要
  • フレッツ光の違約金が不要
  • 光電話や光テレビなどのオプションが引き継げる
  • フレッツ光より料金が安くなる可能性がある
  • 開通工事が不要
  • 光電話や光テレビなどのオプションが引き継げる
  • プロバイダを解約せずにドコモ光へ乗りかえられる可能性がある
公式キャンペーン
  • 初期工事費無料キャンペーン
  • dポイント10,000ポイントプレゼント(ドコモユーザー限定)
  • ドコモ光セット割適用(ドコモユーザー限定)
  • dポイント5,000ポイントプレゼント(ドコモユーザー限定)
  • ドコモ光セット割適用(ドコモユーザー限定)
  • dポイント10,000ポイントプレゼント(ドコモユーザー限定)
  • ドコモ光セット割適用(ドコモユーザー限定)
代理店キャンペーン
(ネットナビ)
15,000円キャッシュバック

ドコモ光を新規で申し込む際には、初期工事が必要です。

2019年9月時点で、ドコモ光では新規契約者に向けて15,000円~18,000円の初期工事費を無料にするキャンペーンを実施していますよ。

ドコモ光を公式窓口ではなく、代理店サイトから申し込めば、公式特典のほかに代理店限定のキャッシュバックも受け取れるのでお得です。

くわしい契約手順については、ドコモ光の契約は代理店経由がオススメ!申し込みから開通までの流れの項目で解説します。

また、フレッツ光をご利用中の方や他社の光コラボ回線をご利用中の方であれば、開通工事をすることなく簡単にドコモ光へ切り替えができます。

転用や事業者変更でドコモ光へ乗りかえる場合、現在の光電話の番号や光テレビなどのオプションもそのまま引き継げる場合がほとんどですので安心ですよ。

光コラボでは回線事業者とプロバイダ会社がセットで契約できますが、選べるプロバイダが一社のみというケースがほとんどです。

そのため、フレッツ光からの転用や事業者変更で乗りかえる際には、プロバイダも変更しなくてはいけない場合があります。

プロバイダも乗りかえるとなると、今まで利用していたプロバイダメールのアドレスやプロバイダオプションなども解約になるため、仕事の関係上不都合を感じて乗りかえができなかった人もいるでしょう。

ドコモ光なら光コラボ事業者ではめずらしく24社ものプロバイダから選択できるので、現在のプロバイダ契約だけをそのまま引き継げるケースも多いですよ。

ドコモ光のプロバイダについては、のちほどドコモ光のプランはタイプAがオススメ!の項目で全24社を紹介します。

くわしい転用方法については、のちほどドコモ光|転用の流れの項目で説明していますよ。

事業者変更方法については、ドコモ光|事業者変更の流れの項目をご覧ください。

ドコモ光の料金プラン

ドコモ光では契約するプロバイダや利用回線によって、5つのプランを用意しています。

プラン名 特徴
タイプA 光回線・18種類のプロバイダから選べる
※プロバイダ料金込み
タイプB 光回線・6種類のプロバイダから選べる
※プロバイダ料金込み
タイプC ケーブルテレビ回線・19社のケーブルテレビから選べる
※プロバイダ料金込み
単独タイプ 自分で好きなプロバイダを選んで契約する
※プロバイダ料金が別途必要
ドコモ光ミニ 利用したデータ通信量によって2段階で料金が変わる
※戸建て限定のプラン、プロバイダ料金が別途必要

※2019年9月時点

ドコモ光でメインとなるプランは、プロバイダ料金が月額料金に含まれている光回線方式のタイプAとタイプBです。

ドコモ光のタイプCは地方ケーブルテレビと提携し、ケーブルテレビ回線でインターネットを利用できます。

現在、ケーブルテレビを利用中の方は設備を残したまま、ドコモ光を契約することも可能ですよ。

くわしくは、ドコモ光タイプCのメリットやデメリット、オススメしたい人を解説した記事をご覧ください。

また、ドコモ光対応プロバイダや提携ケーブルテレビ以外の会社とどうしても契約したい方に向けて、単独タイプも用意しています。

ただし、単独タイプはプロバイダ料金を別途プロバイダ会社に支払わなくてはいけないので、タイプA~Cと比べると料金が高くなる可能性があります。

ドコモ光で契約できるプランの月額料金もあわせてチェックしておきましょう。

契約プラン 月額料金 プロバイダ料金
戸建てタイプ マンションタイプ
タイプA 5,200円 4,000円 込み
タイプB 5,400円 4,200円 込み
タイプC 5,200円 4,000円 込み
単独タイプ 5,000円 3,800円 別途必要 (500円~2,000円)
ドコモ光ミニ 2,700円 ~5,700円
別途必要 (500円~2,000円)

※2019年9月時点

ドコモ光ミニは1か月間に利用したデータ使用量に応じて、当月の料金が変化する2段階定額プランです。

ひかり電話のみ利用したい方や、インターネットの利用回数が少ない方にオススメですよ。

ドコモ光ミニについては、ドコモ光の定額プランと比較してドコモ光ミニがお得になる人を紹介した記事を参考にしてください。

また、プロバイダ料金が月額料金に含まれるドコモ光は、プロバイダ料金が別途請求されるフレッツ光と比べて毎月の支払いが安くなる可能性があります。

ドコモ光とフレッツ光の料金差をホームタイプ・マンションタイプ別に比較してみましょう。

月額料金 (戸建て) 月額料金 (マンション) プロバイダ料金
ドコモ光 5,200円~5,400円 4,000円~4,200円 込み(24社から選択)
フレッツ光(西日本) 5,400円 3,200円 +500円~2,000円
フレッツ光(東日本) 5,200円 3,350円 +500円~2,000円

※価格は税抜

契約するプロバイダ会社にもよりますが、ドコモ光と比べてフレッツ光はプロバイダ料金分が高くなる場合が多いです。

フレッツ光はスマホとのセット割もないので、転用で通信費が節約できる可能性が高いですよ。

フレッツ光からドコモ光へ乗りかえるメリットについては、フレッツ光とドコモ光の違いや特徴をまとめた記事もあわせてチェックしてくださいね。

また、ドコモ光をシェアグループ内で2回線以上契約している場合、「光★複数割」が適用されます。

光★複数割
引用:ドコモ光 光★複数割

ドコモ光セット割とあわせて、ドコモ光1回線につき300円/月が利用料金から割引されますよ。

ちなみに、ドコモ光の料金は新規・転用・事業者変更で契約した月は日割りで計算されます。

ドコモ光の利用開始月の翌月に、事務手数料3,000円とあわせて請求されますよ。

ドコモ光を解約する月の利用料金は日割りではなく、1か月分が請求されることもあわせて覚えておきましょう。

ドコモ光のプランはタイプAがオススメ!

ドコモ光でプロバイダを選んで契約できるタイプAとタイプBは、月額料金に200円の差がありました。

タイプAとタイプBは、選択できるプロバイダ会社が違います。

タイプA タイプB
対応プロバイダ ドコモnet、plala、GMOとくとくBB、@nifty、DTI、BIGLOBE、andline、Tigers-net.com、エディオンネット、excite、hi-ho、スピーディアインターネットサービス、IC-NET、SYNAPSE、楽天ブロードバンド、ネスク、TiKiTiKi、01光コアラ OCN、@TCOM、TNC、AsahiNet、WAKWAK、@ちゃんぷるネット

※2019年9月時点

タイプAはタイプBと比べて選べるプロバイダ会社が多い上に、利用する回線はすべて同じなので回線速度やプロバイダの質などには変わりがありません。

タイプAとタイプBの料金の違いは、プロバイダ会社側の利益的な理由ですので、とくにこだわりがなければ料金の安いタイプAからプロバイダを選ぶのがオススメです。

あわせてドコモ光のタイプAを契約するメリットなどを紹介した記事もをご覧ください。

しかし、タイプAの中だけでも18社のプロバイダから選べますので、どこを選べばいいのか迷ってしまう人もいるでしょう。

ドコモ光はどのプロバイダを選んでも利用する回線や回線速度は変わらないと述べましたが、安定して通信できるかはプロバイダによって左右されます。

また、プロバイダごとに契約特典や受けられるサポートサービスが違いますよ。

ドコモ光のプロバイダを選ぶ際には、以下のポイントに注意して検討しましょう。

  • 速度を安定させるv6プラスに対応しているか
  • 無線LANルーターのレンタルなど契約者特典が充実しているか
  • サポートやセキュリティサービスが無料で利用できるか

プロバイダが提供しているv6プラスオプションについては、のちほどドコモ光の速度はv6プラスで向上するの項目で解説します。

ドコモ光のプロバイダが用意する特典などを知りたい方は、ドコモ光プロバイダ全24社を徹底リサーチした記事を参考にしてください。

速度にこだわるならGMOとくとくBBがオススメ

ドコモ光で速度にこだわってプロバイダを選ぶなら、タイプAに属する GMOとくとくBBがオススメです。

GMOとくとくBBはv6プラスに対応しており、高スペックのv6プラス対応無線LANルーターも無料でレンタルができます。


引用:GMOとくとくBB

また、速度に自信があるGMOとくとくBBは公式サイト上に速度測定した全国平均の実測値を公表しています。


引用:GMOとくとくBB

GMOとくとくBBを選ぶメリットについては、ドコモ光でGMOとくとくBBをオススメしたいポイントをまとめた記事を参考にしてください。

インターネット初心者にはぷららがオススメ

インターネット機器の操作になれていない方や接続設定などに不安を感じる方は、安心のサポートサービスが手厚いタイプAのぷららがオススメです。

ぷらら ドコモ光
引用:ぷらら

ドコモ光でぷららを契約すれば訪問サポートサービスが1回無料で利用できるので、ドコモ光への切り替え後の接続・設定なども専門のスタッフが自宅で代行してくれますよ。

また、年中無休でパソコンやスマホ、タブレットなどあらゆる通信機器の操作や設定方法を電話や遠隔操作でサポートしてくれる「ぷららサポートぷらす」も最大2か月無料で利用できます。

ドコモ光開通後すぐに設定などを契約者自身が行う必要があるため、ぷららはインターネット初心者にぴったりのプロバイダといえるでしょう。

パソコンなどを最大3台までウィルスやスパイウェアから守ってくれるマカフィーのセキュリティソフトも、最大2年間無料で利用できますよ。

もちろん、v6プラスにも対応しており、無線LANルーターも無料でレンタルできるので、速度面でもぷららはオススメできるプロバイダ会社です。

ドコモ光×ぷららの特徴やメリット、どんな人にオススメか解説した記事も参考にしてください。

ドコモ光はオプションも豊富

ドコモ光ではさまざまなオプションサービスを利用できます。

とくに人気の高いオプションは、以下のサービスです。

  • ドコモ光電話
  • ドコモ光テレビ
  • ドコモネットトータルサポート

それぞれのサービス内容や料金について、くわしく確認していきましょう。

ドコモ光電話

ドコモ光電話は、インターネット回線を利用したひかり電話サービスです。

料金プランは以下の2つが選択できます。

ドコモ光電話 ドコモ光電話バリュー
基本料金 500円/月 1,500円/月
通話料
  • ドコモあて:16円/1分
  • その他一般電話あて:8円/3分
  • アメリカなど海外あて:9円/1分
特徴 インターネット回線を利用したシンプルなひかり電話サービスプラン

下記6つの付加サービスに480円分の無料通話が付いたプラン

  • 通話中着信
  • 転送電話
  • 発信者番号表示
  • ナンバーリクエスト
  • 迷惑電話ストップサービス
  • 着信お知らせメール

※価格はすべて税抜

ドコモ光電話はドコモ光と同時に申し込むと、インターネットの開通と同時に利用ができます。

すでにドコモ光をご利用中の方は、ドコモインフォメーションセンターから、またはドコモショップより契約手続きを進めてください。

【ドコモインフォメーションセンター】
ドコモの携帯電話からの場合:(局番なし)151
ドコモ以外の携帯電話または一般電話の場合:0120-800-000
受付時間:9:00~20:00(年中無休)

申し込みが完了すると、以下の流れでドコモ光電話が利用できるようになります。

  1. 工事の有無や日程、工事内容を確認する
  2. 立ち会いのもと工事が行われる
  3. 動作確認後、利用開始

ドコモ光電話の契約を検討している方は、ドコモ光電話のメリットや料金、申し込みから解約方法までを詳しく解説している記事もあわせてご覧ください。

ドコモ光電話で光電話の番号は引き継げる?

ドコモ光電話では、フレッツ光からの転用や他社光コラボからの事業者変更なら、同じ電話番号を引き継いで利用できます。

また、逆にドコモ光で発番した光電話の番号は、事業者変更でフレッツ光や他社光コラボへ乗りかえてもそのまま利用できますよ。

ただし、ドコモ光で発番した番号はauひかりやNURO光など、NTTの光回線を使わない独立回線では引き継げません。

独立回線からドコモ光へ乗りかえる際も、独立回線で発番した電話番号は引き継げませんよ。

例外として、もともとNTTの電話加入権を持つアナログ電話回線を利用しており、同じ番号で光電話を利用している場合は、アナログ戻しという手続きをしておくことで電話番号を引き継げる場合があります。

アナログ戻しについては電話加入権がある場合の光電話番号の引継ぎ方法を解説した記事を参考にしてください。
※上記記事内ではドコモ光から他社光コラボへ乗りかえる際、アナログ戻しが必要と記載がありますが、2019年7月以降光コラボ間の乗りかえでもアナログ戻し不要で光電話番号が引き継げるようになりました。

ドコモ光テレビ

ドコモ光のテレビオプションは、ドコモ光の料金に追加料金を払うことで、さまざまな映像サービスを楽しめます。

テレビオプションのサービス内容と料金は以下のとおりです。

オプション名 ドコモ光テレビオプション ドコモ光×スカパー ひかりTV for docomo
月額料金 750円 ドコモ光テレビオプション750円
+スカパー基本料390円
+チャンネルパック料金1,833円~
2,500円~

※価格はすべて税抜

ドコモ光テレビオプションも、基本的にドコモ光と同時に申し込むサービスですが、後日申し込みたい場合はドコモショップまたはドコモインフォメーションセンターより手続きができます。

【ドコモインフォメーションセンター】
ドコモの携帯電話からの場合(局番なし):151
ドコモ以外の携帯電話または一般電話の場合:0120-800-000
受付時間:9:00~20:00(年中無休)

ひかりTV for docomoの申し込み後は手元に契約書類とチューナーが届きますので、説明書を見ながらご自身で接続を行ってください。

ドコモ光テレビオプションとドコモ光×スカパーは申込後に工事を行ってから、利用が開始できます。

工事日は申し込みをした段階で調整が行われますので、立ち会い可能な日を選択してください。

ドコモ光で契約できるテレビサービスについては、テレビオプションの詳細やチャンネル内容などを説明した記事をご覧ください。

ネットトータルサポート

ドコモ光では設定や接続方法、パソコンなどの通信機器の操作などをサポートしてくれるネットトータルサポートが利用できます。

ネットトータルサポート 月額料金 500円
サポート内容 ・電話での相談サポート
・リモートサポート(遠隔操作)による設定代行、トラブルの解決
・訪問サポート(月2回まで無料)
・データ復旧
・オンラインパソコン教室など

※価格は税抜

くわしくはネットトータルサポートのサービス内容や利用方法を解説した記事をご覧ください。

また、ドコモ光でネットトータルサポートやセキュリティサービスなどを利用するなら「あんしんパックホーム」がお得です。

あんしんパックでは以下のオプションがセットになり、割引が適用されて月額880円で利用できます。


引用:ドコモ光 あんしんパックホーム

各オプションを単体で申込むと総額1,350円の利用料が発生しますが、あんしんパックなら470円割引ですべてのサービスを受けられますよ。

ドコモ光の工事と工事費用

ドコモ光を新規で申込む場合は、物件内にNTTの光回線を引き込む開通工事が必要です。

ドコモ光の一般的な開通工事でかかる費用を、住宅タイプごとにみてみましょう。

工事費用
戸建てタイプ 18,000円
マンションタイプ 15,000円

※価格は税抜

ただし、工事費用は配線方式や契約内容、オプションの有無などによっても変化します。

くわしい工事費用はドコモ光公式サイト内の工事料金シミュレーションで確認できますよ。

工事費は一括払いのほか、12・24・36・48・60回の分割払いも選択できますが、2019年9月時点でドコモ光では初期工事費無料キャンペーンを実施中です。


引用:ドコモ光新規工事料無料特典

他社の光回線事業者が実施する工事費キャンペーンは、契約者が一旦初期工事費用を支払い、月額料金やキャッシュバックで相当額を還元する「実質無料」キャンペーンがほとんどです。

実質無料キャンペーンの場合は、工事費用の分割払い期間中に解約すると実費で請求されたり、キャッシュバックを返金しなくてはいけません。

ドコモ光の場合は新規で申し込み、申込月から7か月以内に利用開始することだけを条件に、工事費用自体が請求されませんので安心です。

ただし、ドコモ光の事務手数料3,000円は別途請求されますよ。

ドコモ光の工事については工事内容やケース別の工事料金を紹介した記事もあわせてご覧ください。

転用・事業者変更時の工事と費用

現在フレッツ光を契約中の方がドコモ光へ転用する場合や、他社光コラボ事業者から事業者変更する場合は、以前に初期工事で引き込んだNTTの光回線がそのまま利用できるので、基本的に工事や工事費用が不要です。

フレッツ光や光コラボからドコモ光に乗りかえる転用日や事業者変更日は、NTTの局内での切り替えが行われるだけなので立ち会いなどもありませんよ。

ただし、フレッツ光や他社光コラボで契約していたプランや配線方式によっては、ドコモ光で「品目変更」の工事が必要な場合もあり、立ち会い工事や工事費用が発生することがあります。

ドコモ光へ乗りかえる際にも、事前にドコモ光の工事料金シミュレーションで工事の有無を確認しておきましょう。

また、転用・事業者変更の際も工事費とは別に、事務手数料3,000円が請求されます。

ドコモ光のオプション工事と費用

ドコモ光でオプションを利用する際にも、工事が必要な場合があります。

ドコモ光で工事が必要なオプションと工事費用は、以下のとおりです。

オプション 内訳 工事費
ドコモ光電話 ドコモ光工事料 (番号ポータビリティあり) 3,000円
ドコモ光工事料 (番号ポータビリティなし) 1,000円
ドコモ光テレビオプション ドコモ光テレビオプション工事料 12,300円~
ドコモ光テレビオプション+スカパー!テレビ接続工事料・テレビ視聴サービス登録料 25,600円
(実質無料)

※価格は税抜

上記の工事費は、ドコモ光の開通工事と同時にオプション工事を行う場合の料金です。

ドコモ光を開通後にオプションを申込み、オプション工事をする場合は工事費があがりますので確認しておきましょう。

また、ドコモ光テレビオプションとスカパー!をあわせて契約する場合は、キャンペーンによりオプション工事費相当額がスカパー!の月額視聴料金から値引きされ、実質無料になります。

くわしくはドコモ光でスカパー!を利用するメリットをまとめた記事もチェックしてくださいね。

ドコモ光の速度はv6プラスで向上する

ドコモ光の回線速度は、同じ回線を使うフレッツ光と同じく最大1Gbpsです。

ただし、インターネットの最大通信速度はベストエフォート型なので、ドコモ光で必ず1Gbps近い速度が出るわけではありません。

また、フレッツ光やドコモ光などの光コラボが利用するNTTの光回線は、回線を共有するユーザー数が圧倒的に多いので、回線が混雑しやすいというデメリットがあります。

ブロードバンド回線事業者の加入件数調査(2019年3月末時点
引用:株式会社MM総研 ブロードバンド回線事業者の加入件数調査(2019年3月末時点)

とくに夜間や土日祝日などインターネット利用者が多い時間帯はアクセスが集中し、回線の処理スピードが低下してつながりにくい、速度が遅いという声があがっていますよ。


夜7時ごろから深夜にかけてゴールデンタイムと呼ばれる時間帯の速度が遅いようです。


週末も回線が混み合い、速度が低下しているようですね。

ドコモ光が遅いときはv6プラス接続で解決できる

回線の混雑が原因でドコモ光の通信速度が遅いときは、対処法としてIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続方式、通称v6プラスの利用がオススメです。

v6プラスは新しい通信規格でインターネットを接続し、従来の接続方式に比べて回線が混雑しやすい時間帯でもスムーズに通信ができますよ。

v6プラスはv6プラスに対応したプロバイダと契約することで、利用できます。

ただし、ドコモ光のプロバイダ24社はすべてがv6プラスに対応しているわけではありません。

ドコモ光のプロバイダを決める際には、必ずv6プラスに対応しているかどうかを確認して選びましょう。

また、v6プラスに対応したプロバイダを契約していても、v6プラス対応のルーターを設置していなければ効果は得られません。

プロバイダによっては、高性能のv6プラス対応無線LANルーターを無料で貸し出している会社もありますので、あわせて確認しておきましょう。

くわしくはドコモ光のv6プラス対応プロバイダや利用の注意点などを説明した記事をご覧ください。

ドコモ光の速度に関する評判

実際にドコモ光を利用している人の口コミを、Twitterからチェックしてみましょう。

他社回線からの乗りかえた人も、ドコモ光の速度には満足しているようです。

インターネット回線の速度測定ができるみんなのネット回線速度での実測値をアップしている人も、高速通信ができているようです。

みんなのネット回線速度では、ドコモ光を使っている人が測定した実測値の平均も記載されています。

ドコモ光の速度測定結果(実測値)
引用:みんなのネット回線速度ドコモ光の通信速度レポート

2019年9月18日時点のドコモ光実測値の平均は、下り速度153Mbps、上り速度137Mbpsでした。

プロバイダ別の速度では、v6プラスに対応したプロバイダが上位にランクインしていますね。

v6プラスに対応したプロバイダへ乗りかえることで、速度が向上したという人もいました。

ドコモ光ではプロバイダ変更が自由にできますので、現在利用中の方で速度の低下に悩む方はドコモ光のサポートセンターに問い合わせてみましょう。

ドコモ光のプロバイダ変更の方法や費用などを解説した記事もあわせてご覧ください。

ドコモ光の契約は代理店経由がオススメ!申し込みから開通までの流れ

ドコモ光を契約する際には、主に以下の4つの窓口で申込み手続きができます。

  • ドコモ光公式サイト・電話窓口
  • ドコモショップ
  • プロバイダ窓口
  • ドコモ光代理店窓口

ドコモ光はどこで申込み手続きを行うかによって、受け取れるキャンペーンが異なりますよ。

公式窓口 プロバイダ窓口 代理店窓口
公式キャンペーン
プロバイダ キャンペーン
代理店 キャンペーン
×
×

もっともオススメの窓口は、インターネットからドコモ光の申込みができ、公式やプロバイダのキャンペーンとあわせて代理店限定キャンペーンも受け取れる代理店サイトです。

2019年9月時点でどこよりもお得にドコモ光を申し込むなら、新規契約・転用・事業者変更の方全員に15,000円のキャッシュバックを用意しているネットナビからプロバイダはタイプAのGMOとくとくBBを選択しましょう。

ネットナビからドコモ光をGMOとくとくBBで申し込んだ場合に受けられるキャンペーンは、以下のとおりです。

  • 初期工事費無料(公式キャンペーン)
  • dポイントプレゼント 新規・事業者変更:10,000ポイント
    転用:5,000ポイント(公式キャンペーン)
  • ドコモ光セット割(公式キャンペーン)
  • v6プラス対応無線LANルーターレンタル無料(プロバイダキャンペーン)
  • セキュリティソフト利用料1年間無料(プロバイダキャンペーン)
  • 訪問サポート1回無料(プロバイダキャンペーン)
  • 15,000円キャッシュバック(代理店限定キャンペーン)

ドコモ光の窓口ごとのキャンペーンについてはドコモ光のオススメ申込み先やキャンペーンの適用条件などを紹介した記事をご覧ください。

\15,000円キャッシュバック!/
ネットナビのキャンペーンをみる
※このボタンからお得な特典をチェック

ドコモ光|新規申し込みの流れ

ドコモ光を新規で申し込む際には、以下の情報を用意しておきましょう。

  • 氏名や住所などの契約者情報
  • ドコモユーザーの場合:契約中の携帯・スマホの電話番号とネットワーク暗証番号
  • NTTの加入電話がある場合:利用中の固定電話の電話番号

ドコモ光を新規で申し込み、開通するまでの流れは以下のとおりです。

  1. ドコモ光で利用するプロバイダを決定する
  2. ドコモ光の新規申し込みをネットナビから行う
  3. ネットナビから届くキャッシュバック申請URLからキャッシュバック振込先口座を登録する
  4. ドコモ光の開通工事を行う
  5. 接続設定を行って開通完了
  6. 工事完了翌月末までにネットナビへ工事完了受領書を郵送する
  7. ネットナビで確認が完了した翌月末に15,000円が指定口座に振り込まれる

ネットナビのキャッシュバックを受け取るためには、ドコモ光の申込み後にメールで送付されるURLから振り込み用の口座を登録します。

ドコモ光の開通後は工事業者から受け取った工事完了受領書、もしくは開通を証明する書類とキャッシュバック申請書をネットナビに送付しましょう。

キャッシュバック申請書は口座登録のために送られるメールに、ダウンロードサイトが記載されていますので印刷して必要事項を記入してください。

書類を送付した月から最短で翌月末に、指定した銀行口座へ現金15,000円が振り込まれますよ。

ドコモ光|転用の流れ

フレッツ光からドコモ光へ転用で申し込む際に必要な情報は、以下のとおりです。

  • 転用承諾番号
  • ドコモユーザーの場合:契約中の携帯・スマホの電話番号とネットワーク暗証番号

ドコモ光へ転用するには、フレッツ光を契約しているエリアのNTTから転用承諾番号を取得する必要があります。

契約エリア 転用承諾番号取得窓口
NTT東日本 ・電話番号窓口:0120-140-202
(受付時間:9時~17時、年末年始以外)
インターネット窓口
(受付時間:8時30分~22時、年末年始以外)
NTT西日本 ・電話番号窓口:0120-553-104
(受付時間:9時~17時、年末年始以外)
インターネット窓口
(受付時間:7時~25時、年末年始以外)

ドコモ光を転用で申し込み、乗りかえるまでの流れは以下のとおりです。

  1. ドコモ光の転用申し込みをネットナビから行う
  2. 申し込み時に転用承諾番号を伝える
  3. ネットナビから届くキャッシュバック申請URLからキャッシュバック振込先口座を登録する
  4. 転用日にNTT局内でフレッツ光からドコモ光へ切り替えが行われる
  5. 開通完了
  6. 開通完了翌月末までにネットナビへ工事完了受領書を郵送する
  7. ネットナビで確認が完了した翌月末に15,000円が指定口座に振り込まれる

転用の場合は基本的にNTT局内での切り替え工事のみで、立会いや工事費がかからないこともメリットのひとつです。

フレッツ光の解約違約金も不要ですので、気軽に転用ができますよ。

ドコモ光への転用と同時にプロバイダを変更した場合は、切り替え後に新たなプロバイダ情報をルーターなどに設定しなくてはいけませんが、プロバイダも機器もフレッツ光で利用していたものをそのまま使う場合は設定しなくてもドコモ光でインターネットに接続できますよ。

ネットナビのキャッシュバックを受け取る方法は新規契約と同じですので、忘れずに申請をしましょう。

ドコモ光|事業者変更の流れ

2019年7月から事業者変更が始まり、他社光コラボからドコモ光へも工事費不要で簡単に乗りかえができるようになりました。

事業者変更なら他社光コラボ事業者の光電話番号やテレビサービスなどのオプションもそのまま引き継げます。

他社光コラボ事業者からドコモ光へ転用で申し込む際に必要な情報は、以下のとおりです。

  • 事業者変更承諾番号
  • ドコモユーザーの場合:契約中の携帯・スマホの電話番号とネットワーク暗証番号

ドコモ光へ事業者変更する際に必要な事業者変更承諾番号は、乗りかえ前に契約している事業者から取得できます。

事業者変更承諾番号を取得したら、ドコモ光を事業者変更で申込みましょう。

  1. ドコモ光の事業者変更をネットナビから申し込む
  2. 申し込み時に事業者変更承諾番号を伝える
  3. ネットナビから届くキャッシュバック申請URLからキャッシュバック振込先口座を登録する
  4. 事業者変更日にNTT局内でドコモ光へ切り替えが行われる
  5. 接続設定を行って開通完了
  6. 開通完了翌月末までにネットナビへ工事完了受領書を郵送する
  7. ネットナビで確認が完了した翌月末に15,000円が指定口座に振り込まれる

ドコモ光へ事業者変更をした場合、乗りかえ前の光コラボの解約手続きは不要ですが、契約上は解約されます。

事業者変更を行うタイミングによっては、契約中の光コラボ事業者の解約違約金が発生する場合もありますので、解約金がかからない契約更新月を確認しましょう。

また、回線や設備はそのままにドコモ光へ事業者変更をした場合、乗りかえ前の契約は解約されるので事業者変更日を過ぎた後は、接続設定をしないとインターネットにはつながりません。

ドコモ光の設定方法

ドコモ光を新規や事業者変更で契約した場合は、開通後に設定を行います。

また、フレッツ光からの転用の場合でも、ドコモ光へ乗りかえた際にプロバイダを変更した場合は設定が必要ですよ。

ドコモ光の初期設定を行う際には、以下のものを準備しましょう。

  • ドコモ光のONU
  • パソコンやスマートフォン、タブレットなど
  • プロバイダから送られてきたユーザーIDとパスワード
  • NTTから送られてきた設定ガイド

そのほか、ドコモ光でWi-Fi接続をしたい場合は無線LANルーターやLANケーブルなども必要です。

ドコモ光の接続設定をWindowsのパソコンで行う場合は、大まかに以下の手順で行います。

<ドコモ光の初期設定手順>

  1. ONUとパソコンをLANケーブルで接続する
  2. パソコンのスタートボタン>Windowsシステムツール>コントロールパネルの順に開く
  3. ネットワークとインターネット>ネットワークと共有センターを選択
  4. 新しい接続またはネットワークのセットアップを選択する
  5. ウィザードが開いたら、インターネットに接続>次へを選択
  6. プロバイダから送られた接続情報・ユーザー名・パスワードを入力し接続

基本的には上記の手順でインターネットを利用できるようになりますが、うまく繋がらないときやスマホなどを使った接続設定を知りたい方はドコモ光の初期設定方法をくわしく解説した記事を確認してくださいね。

接続設定に不安を感じる方はドコモ光のトータルネットサポートや、プロバイダの訪問サポートサービスをあらかじめ申込んでおきましょう。

ドコモ光でWi-Fi接続する方法

ドコモ光の初期設定後にスマホ・パソコンをWi-Fiで無線接続するためには、さらに以下の設定が必要です。

  1. スマホやパソコンの設定画面を開く
  2. メニューから「Wi-Fi」を選択し、Wi-Fiがオフになっていればオンに切り替える
  3. 表示されたネットワークID(SSID)の一覧からドコモ光に接続した無線LANルーターを選択する
  4. ルーターの本体に記載のパスワードを入力する

無線LANルーターのネットワークID(SSID)やパスワードは、ルーター本体のシールや取扱説明書で確認できます。

ドコモ光でWi-Fi接続する方法についてはドコモ光でWi-Fi接続するために必要な機器や設定方法を解説した記事をご覧ください。

ドコモ光契約中の手続きはMydocomoが便利!

ドコモ光が開通したらdアカウントを作成し、オンライン契約者ページのMydocomoへログインしましょう。

Mydocomoでは24時間いつでも、契約内容や請求料金、オプションの変更や申込みなどができますよ。

Mydocomoに必要なdアカウントについてはdアカウントの発行方法と活用術をまとめた記事も参考にしてください。

ドコモ光を解約する方法

ドコモ光の解約方法は、乗りかえ先によって2つのパターンにわかれます。

  • 独立回線に乗りかえるなら解約手続き
  • 光コラボ、フレッツ光に乗りかえなら事業者変更

フレッツ光や光コラボなど、同じNTT回線を利用する事業者に乗りかえる場合は、工事費不要でオプションも引き継げる事業者変更ができます。

auひかりやNURO光などの独立回線へ乗りかえる場合や、インターネット契約自体をやめる場合は解約手続きをしましょう。

ちなみにドコモ光を利用中に現在の住所とは違う場所へ引っ越しをする場合は、ドコモ光の引越し手続きもできますよ。

くわしくはドコモ光で住所変更をする手順や費用を解説した記事をご覧ください。

ドコモ光を解約する流れ

ドコモ光の解約申請はドコモインフォメーションセンターへの電話か、ドコモショップで受け付けています。

  1. 電話で解約する
    ドコモの携帯電話から:(局番なし)151
    その他の電話から:0120-800-000
  2. 最寄りのドコモショップを検索する

ドコモ光を解約する際の流れは、以下のとおりです。

  1. 解約窓口でドコモ光の解約を申し込む
  2. (必要な場合)ドコモ光の回線撤去工事が実施される
  3. ドコモ光からレンタルしている機器を返却する

ドコモ光の回線撤去工事は契約者が希望する場合のみ行われ、回線撤去にかかる費用は無料です。

撤去工事を行う場合は工事業者がレンタル機器も引き取りますが、工事を行わない場合はドコモ光から送られてくる返却用のキットにレンタル機器を入れ、梱包して送り返しましょう。

ドコモ光からの乗りかえはNURO光がオススメ!

ドコモ光から独立回線へ乗りかえを検討している方には、NURO光がオススメです。

独立回線を検討している方の多くは、通信速度を重視してインターネットを楽しみたいと考えているでしょう。

国内シェアNo.1のフレッツ光や、全国に500社あるといわれる光コラボ事業者と同じ回線を共有するドコモ光と、独自の回線を持ち自社のユーザーだけが利用する独立回線では、通信速度の安定度が違います。

とくにNURO光は通常プランでも最大通信速度が2Gbpsと、ドコモ光の最大通信速度1Gbpsと比べて2倍の速度を誇ります。

さらに高速通信を求める方には、最大10Gbps、6Gbpsのプランも用意していますよ。

NURO光はプロバイダ・So-netとの一体型光回線で、月額料金にプロバイダ料金のほか、セキュリティソフト利用料や無線LANルーターのレンタル料金が含まれています。

ドコモ光とNURO光の料金を、比較してみましょう。

NURO光 ドコモ光
月額料金
(戸建て)
4,743円 5,200円~
月額料金
(マンションタイプ)
1,900円~4,743円 4,000円~

※価格は税抜

NURO光の戸建てタイプはドコモ光よりも400円以上安いですが、マンションタイプは条件によってドコモ光よりも安い場合があります。

また、NURO光では新規契約で以下のキャンペーンが受けられます。

  • 初期工事費実質無料キャンペーン
  • 35,000円キャッシュバック
  • So-net設定サポートサービスが1回無料
  • ソフトバンクおうち割光セットの適用

NURO光へ乗りかえるメリットやくわしい手順については、NURO光の最新キャンペーンや乗りかえの注意点をまとめた記事もご覧ください。

\35,000円キャッシュバック実施中/
NURO光のキャンペーン内容をみる
※このボタンからお得な特典をチェック

ドコモ光から事業者変更する流れ

ドコモ光からフレッツ光や他社光コラボへ事業者変更する場合は、まずドコモインフォメーションセンターかドコモショップで事業者変更承諾番号を払い出してもらいます。

  1. 電話で事業者変更承諾番号を取得する
    ドコモの携帯電話から:(局番なし)151
    その他の電話から:0120-800-000
  2. 最寄りのドコモショップから事業者変更承諾番号を取得する

事業者変更承諾番号は発行日を含めて15日間が有効期限なので、事業者変更の手続きをする日が決まってから取得しましょう。

ドコモ光で事業者変更承諾番号の払い出しには、事業者変更事務手数料3,000円がかかります。

事業者変更の場合は、乗りかえ先の回線を申込む際に事業者変更承諾番号を伝えるだけでドコモ光の解約手続きは必要ありません。

ドコモ光からの事業者変更はぷらら光がオススメ!

ドコモ光から事業者変更をするなら、ぷらら光がオススメです。

とくにひかりTVを利用している人は、ぷらら光への事業者変更でひかりTVとのセット割が適用されますよ。

また、ぷらら光へ事業者変更すると以下のメリットが受けられます。

  • 工事が不要
  • 光電話の番号が引き継げる
  • 最大30,000円キャッシュバック
  • ドコモ光より月額料金が安い

ぷらら光では事業者変更で最大30,000円のキャッシュバックが受け取れるので、乗りかえでドコモ光の解約違約金が発生したとしても補填ができます。

さらに工事も不要でオプションも引き継げるほか、ぷらら光の事務手数料は0円なので、とことん初期費用を抑えて乗りかえができます。

ぷらら光はプロバイダ・plalaとの一体型光回線で、ドコモ光と同じくプロバイダ料金が利用料金に含まれています。

ドコモ光とぷらら光の料金を、比較してみましょう。

ぷらら光 ドコモ光
月額料金
(戸建て)
4,800円 5,200円~
月額料金
(マンションタイプ)
3,600円 4,000円~

※価格は税抜

ぷらら光はドコモ光よりも、戸建てタイプ・マンションタイプともに月額料金が400円以上安いとわかります。

ただし、ぷらら光ではドコモのスマホとのセット割が適用されませんので、乗りかえの際にはドコモ光セット割の割引額とあわせて比較しましょう。

ぷらら光以外の光コラボも比較したい方はオススメの光コラボの料金やキャンペーンを比較した記事を参考にしてくださいね。

\事業者変更でキャッシュバック!/
ぷらら光のキャンペーン内容をみる
※このボタンからお得な特典をチェック

ドコモ光の解約費用

ドコモ光の解約や事業者変更の際には、以下の解約費用が発生する可能性があります。

  • 解約違約金
  • 開通工事費の残債
  • 解約月の月額料金

ドコモ光で契約期間を2年間の自動更新で契約している場合は、契約更新月以外の解約で戸建てタイプは13,000円、マンションタイプなら8,000円の解約違約金がかかりますよ。

また、ドコモ光テレビで2ねん割を適用している場合や、プロバイダの最低利用期間によっては、別途違約金がかかる場合もあります。

ドコモ光で初期工事費を分割払いで支払っている場合は、解約時に工事費の残債を一括で清算しなくてはいけません。

ドコモ光の解約や事業者変更を検討する場合は、まずMydocomoで契約更新月を確認し、可能であれば解約費用を抑えられるタイミングで手続きしましょう。

ドコモ光の解約費用についてはドコモ光の解約でかかる金額や解約金を0円にする方法を紹介した記事もご覧ください。

ドコモ光の解約証明書の発行方法

ドコモ光から他社回線へ乗りかえた際、解約にかかった費用をキャンペーンで還元してもらえることがあります。

乗り換え先のキャンペーンなどで、直前までドコモ光を利用していた証明書が必要になったときには1通400円で発行してもらえるので、ドコモインフォメーションセンターに連絡しましょう。

ドコモの携帯電話から:(局番なし)151
その他の電話から:0120-800-000

まとめ

ドコモ光はドコモユーザーにオススメの光コラボ事業者です。

ドコモ光セット割が適用されれば、ドコモのスマホや携帯電話の料金から1台あたり最大1,000円もしくは、パケットパックから最大3,500円が割引されますよ。

また、ドコモ光ではプロバイダ料金込みのタイプA~Cなどのお得なプランが契約できます。

ドコモ光のタイプごとに契約できるプロバイダが違いますので、速度を安定させるv6プラスが利用できるかなどを確認したうえで決めましょう。

ドコモ光では現在、初期工事費実質無料キャンペーンやdポイントプレゼントなどの公式キャンペーンを実施しています。

さらにドコモ光の代理店サイトネットナビのキャンペーンで、15,000円キャッシュバックも受け取れますよ。

ドコモユーザーの方や転用・事業者変更での乗りかえ先を探している方はぜひ、ドコモ光をお得に申し込みましょう。

ドコモ光の新しい記事一覧