閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

光コラボレーションに関して

光コラボレーションとは│回線の持つ特徴とメリットデメリットを解説

インターネット回線のサービスには、様々なバリエーションがありますが、近年特に話題となっているのが『光コラボレーション』です。

光コラボレーションは、かんたんに説明するとフレッツ光の回線とインターネットに接続するために必要なプロバイダがセットになり、さらにお得なキャンペーンや割引も追加されたものです。

今回は”光コラボレーションについて”と”光コラボレーションを契約するメリットとデメリット”を合わせて解説します。
近々ネット回線を新しく契約しようと考えている方は、参考にしてみてくださいね。

光コラボレーションとは

光コラボレーションとは、

  • フレッツ光のインターネット回線
  • プロバイダ

この2つがセットになり、さらに加えて各社で独自の割引やお得なキャンペーンを追加したサービスです。

光コラボレーションは、光コラボレーション事業者がフレッツ光から回線を借りて、そこに独自サービスを付け加えて販売しているモデルの事を指します。

光コラボレーションで使われるインターネット回線は、インターネット回線の大手であるフレッツ光とまったく同じものです。

つまり光コラボレーションの通信速度や回線の安定度もまた、フレッツ光と変わりません。大手のサービスなので、信頼性は高くなっています。
回線自体はどこの光コラボレーションでも同じで、違いは諸々の料金とキャンペーン内容、そしてセットになったプロバイダの種類となります。

転用について

光コラボレーションを検討するうえで忘れてはならないワードがこちら「転用」です。

転用というのはすでに自宅でフレッツ光を契約している人が、光コラボレーションに乗り換えることをいいます。
このとき、フレッツ光で使っていた設備はそのままで契約形態のみを乗り換えるだけで利用できるようになります。開通工事をする必要が無く、簡単に光コラボレーションを利用することができるサービスが転用なのです。

フレッツ光から光コラボレーションへ転用した場合は、フレッツ光の違約金もかかりません。
工事不要なのですぐにサービスを開始できますし、至れり尽くせりですね。

次項では、光コラボレーションを選ぶメリットをもっと詳しく説明します。

光コラボレーションのメリット

光コラボレーションを契約するメリットはたくさんあります。特に料金面でお得度が高く、通常のフレッツ光とプロバイダを契約するよりも様々な料金が安上がりになるケースが多いですね。

光コラボレーションを契約するメリットについて順に見てきましょう。

料金が安くなる可能性が高い

光コラボの魅力としてまず第一に挙げられるのが、やはり料金の安さでしょう。

フレッツ光ネクストの月額利用料と各社光コラボ業者の料金を比較してみましょう。

まずフレッツ光ネクストの月額利用料は以下のようになっています。

ファミリープラン
(戸建て住宅)
マンションプラン
(集合住宅)
NTT東日本
4,600円
2,950円~3,950円
NTT西日本
4,300円
2,850円~3,950円

※表示料金はいずれも新規契約1年目の税抜き価格です。尚、別途プロバイダ料金が必要です。
※NTT東日本のプラン料金は「ギガ推し!割引」と「にねん割」、「マンスリーポイント」による割引を適用しています。
※NTT西日本のプランは、「光はじめ割」を適用した料金です。

フレッツ光ネクストは、フレッツ光の中でも最もスタンダードなプランです。
次に主要な光コラボ6社の月額料金をまとめると以下の通りです。

ファミリータイプマンションタイプ
ドコモ光5,200円4,000円
ソフトバンク光5,200円3,800円
OCN光5,100円3,600円
So-net光4,800円4,800円
@nifty光4,500円3,400円
ビッグローブ光4,980円3,980円

料金比較だけすると、フレッツ光のほうが少し安いじゃないかと思うかもしれませんね。
いいえ、フレッツ光の場合、上記の料金に別途プロバイダ利用料がかかってくるのです。

プロバイダ利用料はおおよそ1,000円前後のところが多く、それを含めるとフレッツ光よりも光コラボレーション回線の方がお得になるということが分かります。

光コラボレーション回線の場合、プロバイダ利用料は月額利用料に含まれていますので安心ですね。

通信速度

光コラボレーションの通信速度は、フレッツ光と変わりません。

フレッツ光は、最大概ね1Gbpsでサービスを展開しています。そのため最大1Gbpsのプランを契約すれば、最大1Gbpsで通信できます。
地方向けに各地で展開されているインターネット回線サービスだともっと速度が遅めになっていることもしばしばありますが、光コラボレーションならフレッツ光の高速回線を使えるのがメリットですね。

ただし通信速度は、契約する建物によって選べる内容が限られることもあります。
契約前に、自宅で契約できる光コラボレーションの通信速度を問い合わせて確認してみましょう。

スマホとのセット割が利く場合も

光コラボレーションの中には、特定のスマホ会社を契約していれば「スマホセット割」が適用されるものも多くあります。

たとえばソフトバンク光ではソフトバンクスマホとの割引であるおうち割が、ドコモ光ではドコモスマホとの割引でドコモ光パックを適用することができます。

またこれはあまり知らない人も多いかもしれませんが、So-net光ではauスマホとの割引であるauスマートバリューを適用させることができます。

スマホセット割を適用したい場合は、自分が契約しているスマホの月額料金が割引になる光コラボレーションを探してみることをおすすめします。

キャッシュバックがもらえる回線も多い

光コラボレーションには、契約することでキャッシュバックを得られるものも多いです。

以前はフレッツ光も高額キャッシュバック受け取れるキャンペーンを実施していたのですが、フレッツ光が飽和状態になった現在では、フレッツ光のキャッシュバックはほとんどもらえなくなってしまいました。

そのためキャッシュバックを受け取ってお得に契約したいといった人はぜひとも、光コラボレーションを契約すべきと言えます。

キャッシュバックは現金が口座に振り込まれるしくみを採用している会社が多く、キャッシュバック金額を得られるタイミングは契約開始の翌月だったり、数か月後だったりします。
またキャッシュバック金額も数千円程度から数万円まで、各社でバラバラです。キャッシュバックについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

光コラボレーションのデメリット

続いて光コラボレーションのデメリットについてです。
光コラボレーションのデメリットとしてまず挙げられるのが、転用で光コラボレーションを契約した場合に解約して再びフレッツ光に戻ることができないということです。

転用した場合、再びフレッツ光に戻ることはできない

フレッツ光から光コラボに転用した場合、そのままもとのフレッツ光に戻すことはできません。
要するに「光コラボからフレッツへの転用はできない」ということです。

一度光コラボレーションを解約したら、他社の光回線だけでなく他の光コラボレーションに乗り換える場合も再度開通工事からやり直さなければいけなくなります。

数年ごとに色々な光コラボレーションや他社回線に乗り換えていこうと考えている方は注意しましょう。
尚、とくに一度契約してから他社に乗り換える予定がないなら、それほど大きなデメリットではありません。

また光コラボレーションは光回線とプロバイダがセットになったサービスであるため、後からセットになっているプロバイダを他社のプロバイダに変えられないことについても注意しましょう。

窓口が混んでいることも多い

光コラボに限りませんが「サポート窓口の電話が繋がらない」といった評判も多く耳にします。

上記のツイートはソフトバンク光についてのものですが、光コラボレーションはここ数年で急激に利用者数が増加したことにより、まだまだサポート窓口がうまく機能していないといった面もあるようです。

光コラボレーションの評判に関指摘になる方は、以下の記事についてもご覧になってみてくださいね。

転用後の光コラボ解約は電話番号が消滅する可能性がある

転用をした後に光コラボを解約する場合は、NTT東日本やNTT西日本から引き継いで利用できていたオプションサービスも自動的に解約となってしまうため注意が必要です。

ひかり電話を利用している場合は、電話番号自体が消滅してしまいます。

しかし、解約をする前にNTアナログ電話(加入権)へ番号移行(ナンバーポータビリティ)することで引き続き利用することも可能ですので、その際はNTT116に相談することをおすすめします。

転用の際の注意点や転用までの流れについて気になる方は、以下の記事も参考にしてみてください。

光コラボレーションを比較

ここからは各社光コラボレーション事業者を比較してみましょう。

先ほども記載しましたが、代表的な6社の光コラボ事業者の料金は以下のようになっています。

ファミリータイプマンションタイプ
ドコモ光5,200円4,000円
ソフトバンク光5,200円3,800円
OCN光5,100円3,600円
So-net光5,200円4,100円
@nifty光5,200円3,980円
ビッグローブ光4,980円3,980円

月額料金ではどの事業者もあまり違いがないようですね。

続いてキャッシュバックなどのキャンペーンについてです。
代表的な光コラボ6社のキャンペーンをまとめると以下の通りです。

実施されているキャンペーン
ドコモ光dポイント20,000ポイントもしくは10,000ポイントプレゼント
最大25,000円キャッシュバック
ソフトバンク光商品券24,000円分または月額料金1,000円×24ヶ月割引
他社回線解約時の違約金を負担
最大6,0000円のキャッシュバック
月額料金が12ヶ月間実質2,000円割引
OCN光24ヶ月間、月額基本料1,100円割引
So-net光新規:最大10,000円キャッシュバック
@nifty光最大30,000円キャッシュバック
ビッグローブ光工事費実質無料
キャッシュバック最大35,000円もしくはauセット割
転用なら月額料金が24ヶ月200円/月(マンションは400円/月)割引

これを見ると、ソフトバンク光のキャンペーンがもっとも充実しているのが分かります。
今回比較した6社の中で唯一、他社回線を解約した際に発生する違約金や撤去工事費を負担してくれるキャンペーンを実施しており、乗り換えがしやすいです。

それ以外にも正規代理店から申し込むことで多数のキャンペーンを受けられます。
たとえば正規代理店の1つである株式会社LifeBankから申し込むと、最大60,000円という高額なキャッシュバックや、長期間の月額料金割引も受けられます。

LifeBankのサイトへはこちらからどうぞ。

おすすめ窓口最大94,000円
キャッシュバック!
株式会社ライフバンク
携帯料金を月額最大1,080円割引
月額実質2,800円から利用できる!
スマホとのセットでお得なおうち割!
他社からの乗換えで違約金負担も!
さらに最大94,000円キャッシュバック中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

また光コラボレーションについて詳しく比較したい方は、以下の記事もご覧になってください。

まとめ

今回は、フレッツ光とプロバイダがセットになったサービスである光コラボレーションのメリット・デメリットを解説しました。

通常のフレッツ光とプロバイダを契約するよりも、様々なキャンペーンを適用できる光コラボレーションの方が料金面でお得です。

また光コラボレーションの中でもソフトバンク光が断然お得です。
自宅向けの固定回線を検討している方は、ぜひ検討してみてくださいね。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

固定回線のお悩み解消!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAX申込み人気No.1「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクになっています!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

光コラボレーションの新しい記事一覧