閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光の無線LANに関して

フレッツ光の無線LANでWi-Fiを使う!設定方法・料金・注意点

無線LANが利用できると、家の中でパソコンやタブレット、ゲーム機、Wi-Fi対応型プリンターなどさまざまなWi-Fi機器が便利に利用できます。

しかも、ケーブルで接続する必要もありませんので、見た目にもすっきりとしますよね。

また、スマートフォンを自宅で利用するときはWi-Fi接続に切り替えるなら、スマホの月額利用料金を低くすることも可能です。

良いことばかりのように思える無線LANですが、確認作業を怠るとお手持ちのWi-Fi機器が利用できないこともあります。

そこで、フレッツ光で無線LANを利用する前に知っておくべき特徴と料金、注意事項についてまとめました!

無線LANカードを利用したフレッツ光Wi-Fiの特徴

ホームゲートウェイとは、ONUとVoIPゲートウェイ、そして無線LANルーター機能(親機)を兼ね備えた通信機器です。

フレッツ光に申し込むときに「Wi-Fiを利用したい」と伝えると、「無線LANカード対応型のホームゲートウェイ」を貸し出してもらえます。

この「無線LANカード対応型のホームゲートウェイ」に無線LANカードを挿入すると、Wi-Fiが届く所ならどこでもWi-Fi対応機器を利用することができるようになります。

ただし、ホームゲートウェイも無線LANカードも基本的には有料レンタルです。

NTT東日本のフレッツ光を利用している人なら、毎月税抜き750円のレンタル料金を支払うことで、無線LANカード対応型のホームゲートウェイを利用することができます。

スマートタイプならホームゲートウェイが無料で利用可能

NTT東日本エリアにお住まいの人が無線LANカード対応型のホームゲートウェイをレンタルするときは、毎月750円のホームゲートウェイレンタル代がかかります。

しかしながら、「フレッツ光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ」もしくは「フレッツ光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ」に申し込む場合には、無線LANカード対応型のホームゲートウェイのレンタル料金も含まれていますので、別途料金を支払う必要はありません。

フレッツ光Wi-Fi×フレッツ光隼

NTT西日本エリアで無線LANを利用するときは、フレッツ光のひかり電話に契約しているなら無線LANカード対応型のホームゲートウェイを無料で利用することができます。

無線LANカードのレンタル料金はかかりますが、わずか毎月税抜き100円ですので気軽にネットワーク接続を楽しむことができるのです!

もちろん、ひかり電話の契約をしていない場合でも、無線LANカード対応型のホームゲートウェイをレンタルすることはできます。

ただしその場合は、ホームゲートウェイのレンタル料金として月額税抜き250円~450円と無線LANカードのレンタル料金月額税抜き100円が請求されます。

フレッツ光Wi-Fiにかかる月額料金

<NTT東日本の場合>
フレッツ光の契約プラン
NTT東日本
フレッツ光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ
フレッツ光ネクスト
ギガマンション・スマートタイプ
別途料金不要
上記以外のフレッツ光ネクスト
フレッツ光ライト
フレッツ光ライトプラス
月額750円
(無線LANカード1枚含む)
設置工事費
1,500円(アクセス回線工事と同時に実施するときは無料)
設定工事費
1,000円
(希望者のみ)

※料金はいずれも税抜き価格です。
※NTT西日本でホームゲートウェイを月額250円(低価格プラン)でレンタルした場合は、契約してから24ヶ月目の末日までに解約するときは解約手数料として税抜き2,000円が請求されます。
ただし、レンタル料金として月額450円(標準プラン)支払っている場合は、契約後24ヶ月以内に解約しても解約手数料は請求されません。

フレッツ光でWi-Fiを利用するときの追加費用を、NTT東西に分けてまとめてみました。

フレッツ光でWi-Fiを利用するためには、無線LANカード対応型のホームゲートウェイと無線LANカードをレンタルする必要があります。

もちろんデータ通信料金はフレッツ光の料金に含まれているので支払う必要はありませんが、レンタル機器の料金は別途支払わなくてはなりません。

ホームゲートウェイ型番の交換費用

NTT東日本のフレッツ光ではほとんどのホームゲートウェイが無線LANカード対応型ですので、無線LANカードさえ申し込めばすぐにWi-Fi接続を楽しめます。

一方、NTT西日本エリアにお住まいの人なら、現在利用中のホームゲートウェイでは無線LANカードを挿入できない可能性があります。

ご利用中のホームゲートウェイが無線LANカードに対応していないときは、ホームゲートウェイの型番を交換することでWi-Fi接続を利用することができます。

ホームゲートウェイの規格表示を確認し、認証機器名の欄に「RT-500」もしくは「PR-500」で始まる型番が記載されていないときは、NTTに連絡してホームゲートウェイの交換を依頼しましょう。
ホームゲートウェイの交換には、次の費用がかかります。

<NTT西日本の場合>
フレッツ光の契約プラン
NTT西日本
フレッツ光ネクストもしくはフレッツ光ライトを契約しているが、
ひかり電話に申し込んでいない
月額250円か450円
無線LANカード1枚につき100円加算
フレッツ光ネクストもしくはフレッツ光ライトに契約しており、
ひかり電話に申し込んでいる
無線LANカード1枚につき100円
設置工事費
回線開通工事費に含まれる
設定工事費
6,000円
(希望者のみ)

※料金はいずれも税抜き価格です。
※RT-400もしくはRT-S300からRT-500もしくはPR-500に変更するときは、自分で交換作業を行うときには交換費用は請求されません。
しかし、NTT西日本に交換作業を依頼するときは税抜き6,000円の交換費用がかかります。

フレッツ光に無線LANカードを申し込む時の注意事項

フレッツ光にWi-Fiを申し込むときは、次のことを確認するようにしてください。

ホームゲートウェイの型番があっているか

ホームゲートウェイの型番がPR-500もしくはRT-500から始まっているか確認しましょう。

もしそれ以外の型番のときは、無線LANカードを申し込むときにホームゲートウェイの変更も申し込みましょう。

ひかり電話もしくはホームゲートウェイレンタルをしているか

NTT西日本にお住まいの人は、ひかり電話に申し込んでいるなら通常以上に手軽な料金でWi-Fiを利用することができます。

気になる人は、申し込むときにオペレーターにホームゲートウェイの料金が別途発生しないことを確認して下さい。

光ポータブルLTEとの使い分けでさらにおトク!

持ち運びできるポケットWi-Fi「光ポータブルLTE」を組み合わせることで、さらに便利にWi-Fiが利用できるようになります。

例えば、家庭でスマートフォンを利用するときは「フレッツ光の無制限で利用できるWi-Fi」を、外出先でスマートフォンを利用するときは「利用した分だけ料金が発生する光ポータブルLTE」と使い分けるなら、スマートフォンの料金を抑えることも可能です!

賢くインターネットの接続方法を使い分けていくようにしてください。

【関連記事】フレッツ光のポケットWi-Fi「ポータブルLTE」とは?

フレッツ光の無線LANのまとめ

お使いのプランによっては、無料もしくは格安の料金で家庭でもWi-Fiを利用できるようになります。

もちろん、現在のプランがWi-Fi接続に合っていない場合でも、ホームゲートウェイの機種を交換すれば、いつでもWi-Fi接続を利用できるようになります。

新規にフレッツ光に申し込む人は、代理店サイトから申し込むのはいかがでしょうか。キャッシュバックキャンペーンも適用されますので、お得にフレッツ光とWi-Fi接続を開始することができますよ。

フレッツ光のお得な申し込み窓口はコチラ

フレッツ光の無線LANに関する新しい記事一覧