閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光の電話に関して

更新

フレッツ光のひかり電話は通話料が安い!サービス内容や手続き方法を解説

フレッツ光のひかり電話はNTT東日本、NTT西日本が提供するサービスで、フレッツ光の光回線を利用した電話機能です。

光回線が普及していない時期では固定回線(アナログ回線)の利用が一般的でしたが、光回線の利用増加に伴い、ひかり電話などのIP電話の利用が増えてきました。

本記事では、フレッツ光のひかり電話の料金やサービス内容、手続き方法などを解説します。

ひかり電話をご検討の方、利用中の方はぜひ参考にしてください。

フレッツ光のひかり電話と通常の固定電話との違い

光回線が普及する前は通常のNTT固定回線(アナログ回線)が一般的でした。

光回線が普及してきたとは言え、アナログ回線にはまだ多くの利用者がおられます。これを前提にひかり電話について解説します。

光ファイバーを利用した電話サービス

アナログ回線とは、電話機と基地局を銅線で電気的に接続し、アナログ信号で通信する回線の事です。

一方、ひかり電話などのIP電話は、音声をデジタル信号に変換し、光ファイバーを通じてデジタル信号の送受信を行うことで通信しています。

インターネットとセットで申し込む

フレッツ光のひかり電話はインターネットとセットでの申し込みが必要です。

他の光回線にはひかり電話のみで契約ができる事業者もありますが、フレッツ光ではできませんので注意しましょう。

また、インターネットを契約して後からひかり電話を契約することもできますが、セットで申し込んだ方が、手続きが一度で済むため楽になります。

フレッツ光のひかり電話の料金・初期費用

現在、通常の固定電話からひかり電話への変更を検討中の方は、まず料金や初期費用が気になるかと思います。

初期費用や月額料金、オプション料金も含めて解説します。

インターネットと合算したひかり電話の利用料金

一戸建て(ファミリータイプ)と集合住宅(マンションタイプ)の利用料金を解説します。

今回は、フレッツ光の一般的なプランで、Wi-Fiルーターの利用が可能で最大1Gbpsの通信ができる「ギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプ」の料金を取り上げています。

単純にインターネットの月額利用料金にひかり電話の月額基本料金が加算される形となっています。

NTT東日本・西日本で料金が一部異なり、下記の金額に加えプロバイダの利用料が加算されます。

プラン フレッツ光ネクスト フレッツ光ライト
契約料 800円
初期工事費 18,000円
インターネット
月額利用料
【NTT東日本】
戸建:4,600円
集合住宅:2,950円~3,950円
【NTT西日本】
戸建:4,300円(1・2年目)
→4,110円(3年目以降)
集合住宅:3,250円(1・2年目)
→3,080円(3年目以降)
【NTT東日本】
・基本2,800円~上限5,800円
(24カ月500円引きのキャンペーン適用前)
【NTT西日本】
基本2,800円~上限5,600円
ひかり電話 月額基本料金 基本プラン:500円/月
ひかり電話A:1,500円/月
安心プラン:1,400円/月
もっと安心プラン3,900円/月

※すべて税抜料金
※NTT東日本:土日工事の場合、初期工事費に3,000円が加算されます。
※インターネット利用料金は、各種割引適用後の金額

また、ひかり電話には不可サービスの内容や月額料金に含まれる通話料の金額によって4つのプランに分かれています。

ひかり電話プラン 月額基本料金 特長
基本プラン 500円/月
ひかり電話A 1,500円/月 ・480円分の通話料金を含む
・下記オプションを含む
  ナンバーディスプレイ
  ナンバーリクエスト
  迷惑電話おことわりサービス
  ボイスワープ
  キャッチホン
  着信お知らせメール
安心プラン 1,400円/月 ・1,280円分の通話料金を含む
もっと安心プラン 3,900円/月 ・4,800円分の通話料金を含む

※すべて税抜料金

ひかり電話で長時間通話をする方は、月額基本料金が高めに設定されているプランの方が割安になる可能性があります。

ご自身の固定電話の利用状況に応じて、最適なプランを選びましょう。

オプションサービス

ひかり電話には下記オプションがあります。

これらは有料となりますので、固定電話の利用にあたって必要となる場合のみ追加するようにしましょう。

オプション名 月額利用料 特長
ナンバーディスプレイ 400円/月 かけてきた相手の番号を電話機に表示
ナンバーリクエスト 200円/月 非通知の場合は自動音声で対応
キャッチホン 300円/月 通話中にかかってきた電話に対応
ボイスワープ 500円/月 かかってきた電話を指定した番号へ転送
迷惑電話おことわりサービス 200円/月 迷惑電話を自動音声で対応
着信お知らせメール 100円/月 着信があったことをメールでお知らせ
複数チャンネル 200円/月 電話とFAXを同時利用
追加番号 100円/月 1契約で複数の番号を利用
FAXお知らせメール 100円/月 FAX受信をメールでお知らせ
無線LAN対応 100円/月 ひかり電話を無線LANで利用
フリーアクセス・ひかりワイド 1,000円/月/td>

電話の通話料を着信者側が負担
特定番号通知サービス 100円/月 着信課金番号(0120等)を相手に通知

※すべて税抜料金

また、フレッツ光のひかり電話以外の主なオプションは次の通りです。

オプション名 月額料金 特長
フレッツ・テレビ 660円/月 ・地デジ、BSデジタル
・スカパーに対応(別途料金)
ひかりTV お値打ちプラン 3,500円/月 ・専門チャンネル&ビデオ
ビデオざんまいプラン 2,500円/月 ・専用チャンネル50vh以上
テレビおすすめプラン 2,500円/月 ・ビデオ約15,000以上
基本放送プラン 1,000円/月 ・低料金プラン
フレッツ・ウイルスクリア(NTT東日本) 400円/月 ・3台まで。4台以降は追加料金要。
セキュリティ対策ツール(NTT西日本) 380円/月 ・2台まで。4台以降は追加料金要。
リモートサポートサービス 500円/月

※すべて税抜料金
※ひかりTVには別途、専用チューナーをレンタルする必要があります。(500円/月)ひかりTV対応テレビ等をお持ちの方は不要

フレッツ光のひかり電話のメリット・デメリット

通常の固定電話と比較した際、ひかり電話にはメリット・デメリットの両方があります。

契約前にしっかり確認しておきましょう。

メリット①:利用料金が通常の固定電話よりも安い

ひかり電話はインターネット回線を利用しているため、通話先までの距離によって通話料は変化せず、固定電話より安くなる場合が多いです。

長距離電話が多いほど、通常の固定電話と比べてお得になります。

基本料金もひかり電話の方が安いため、金面のメリットが大きくなります。

ひかり電話 固定電話
月額基本料 500円/月
(基本プラン)
・住宅用/プッシュ回線
  1,600-1,700円/月
・住宅用/ダイヤル回線
  1,450-1,700円/月
通話料 全国8円/3分 ・市内通話料金
8.5円/3分~8.5円/4分
・同一県内市外通話
区域隣接~20kmまで: 20円/3分
20kmを超え60kmまで: 20円/3分~30円/3分
60km超え: 20円/3分~40円/3分

※すべて税抜価格。通話量は加入電話にかけた場合。
※固定電話は下記時間帯によって料金が変動します。
昼間(午前8時~午後7時)、夜間(午後7時~午後11時)、深夜 (午後11時~午前8時)

メリット②:電話番号と電話機はそのまま使える

現在、アナログ回線の固定電話を利用している人は、ひかり電話に番号を引き継ぐことができます。

この仕組みを「番号ポータビリティ(ナンバーポータビリティ)」と言います。

また、アナログ回線からひかり電話に変更に際して、電話機の変更は不要ですので、これまで使ってきた電話機をそのまま利用できます。

メリット③:電話加入権なしで契約できる

以前は、アナログ回線の固定電話を利用するために「電話加入権」という、電話を引き込む権利を得る必要がありました。

NTTは「施設設置負担金」を支払った人に対し、電話加入権を与えていました。

この負担金は電話インフラの整備に使われ、現在は37,800円(税抜)と決して安くはありません。

一方で、ひかり電話などインターネットを利用したIP電話の場合、電話加入権は必要ありません

権利を購入する必要もなく、また休止等の管理も必要ないのです。

メリット④:光コラボ回線であれば簡単に乗り換えられる

光コラボレーション(通称:光コラボ)とは、NTT東日本・西日本が提供している「フレッツ光」のインターネットを別の事業者が利用して(回線の卸売り)、独自のキャンペーンやサービスを提供する仕組みです。

「NTT→お客様」の販売ルートが、「NTT→事業者→お客様」となり、事業者がNTTの回線を利用し独自の方法でサービスを展開できるようになりました。

回線が同じであるため、フレッツ光から光コラボへの乗り換えはとても簡単です。

またこの際、基本的に違約金や工事費は発生せず、金銭面での負担もなく乗り換えることが可能なのです。

光コラボ回線は、事業者ごとにキャッシュバックなどのキャンペーンが多く、また料金面でもメリットが多いのが特徴です。

光回線・ひかり電話の利用料金を安くしたい方にとって、光コラボは大変おすすめできるものとなっています。

デメリット①:停電すると使えなくなる

光回線は停電時に利用できなくなってしまうデメリットがあります。

アナログの固定電話は停電時には別の電源を利用して最低限の動作ができたり、基地局に自家発電をもっていたりすることが多く、この場合は停電時にも電話できます。

しかし、ひかり電話はインターネット回線を利用している性質上、電源供給がなく、停電時は使えなくなってしまうのです。

デメリット②:繋がらない番号がある

固定電話で使えて、ひかり電話で使えない番号があります。具体的には下記の番号となります。

番号 接続先
0170 伝言ダイヤル
0180 テレゴング/データドーム
0910 公専接続
114 お話し中調べ
136 ナンバー・アナウンス/ナンバーお知らせ
141 でんわばん/二重番号サービス
145 キャッチホンII
146 キャッチホンII
151 メンバーズネット
152 メンバーズネット
159 空いたらお知らせ159
161 ファクシミリ通信網
162 ファクシミリ通信網
165 メール送受信

また、電気通信事業者を指定した発信(電話番号の前に 00xy を付けて発信)も使えません。

デメリット③:インターネットを使わない人には割高になる

ひかり電話はインターネット回線の契約が前提となりますので、回線使用料が別途必要になります。

確かにひかり電話の料金は安いですが、回線使用料を加算すると、固定電話より高くなることがあります。

つまり、おトクになるのはフレッツ光でインターネットを利用することが前提となります。

フレッツ光のひかり電話の申し込み手続き

ひかり電話の申し込み手順を解説します。

①エリアを確認する

フレッツ光の光回線が使えることが前提となりますので、フレッツ光が対応している地域かどうか確認する必要があります。

フレッツ光の公式サイトから確認することができます。

フレッツ光東日本の方はこちら
フレッツ光西日本の方はこちら

「無料で提供エリアをチェック」の欄がありますので、必要事項を入力して「エリアを確認する」をクリックします。

折り返しの電話がありますので、電話で確認することができます。

②フレッツ光公式サイトで申し込む

フレッツ光とひかり電話を同時に申し込む場合、既にフレッツ光を利用中でひかり電話を申し込む場合とも、下記公式サイトから手続きを進めます。

フレッツ光東日本の方はこちら
フレッツ光西日本の方はこちら

③届いた「ひかり電話対応機器」を接続する

申し込みが完了すると、ひかり電話対応機器が到着します。解説書に従い接続を行います。

電話が繋がらないときの対処法

ひかり電話対応機器を接続直後に電話ができない場合は、あわてず次の確認をしてみて下さい。

機器を再接続してみる

接続完了した直後に電話がつながらない場合、接続不良の可能性があります。

モデムONU、LANケーブルなど再接続してみて下さい。

通信障害が起きている可能性がある

ひかり電話、フレッツ光インターネット環境にて、工事、故障が発生しているかもしれません。

公式サイトで情報を確認してみましょう。

フレッツ光東日本の方はこちら
フレッツ光西日本の方はこちら

故障かな?と思った時は電話で問い合わせる

電話での問い合わせ先は以下のとおりです。

なお、問い合わせの電話をする前に、お客さまIDが記載されている「開通のご案内」「請求書」を用意しておきましょう。

フレッツ光 NTT東日本
 ・サービスに関するお問い合わせ 0120-116116
   受付時間:午前9時~午後5時
   土日・祝日も営業(年末年始を除く)
フレッツ光 NTT西日本 
 ・サービスに関するお問い合わせ 0120-116116
   受付時間:午前9時~午後5時
   土曜・日曜・祝日も受付中(年末年始12/29~1/3を除く)

フレッツ光の「ひかり電話」を解約したい場合

これまで利用開始を前に解説してきましたが、事情によりひかり電話を解約したい場合の手続き方法を解説します。

ひかり電話のみの解約が可能

フレッツ光はひかり電話のみの契約はできませんが、インターネットのみの利用は可能です。

ひかり電話を解約し、インターネットのみの契約に切り替える方法を解説します。

ひかり電話のみを解約する方法

ひかり電話の解約はWeb上ではできませんので、電話で申し込みを行います。

(1)0120-116-116へ電話する
   ※受付時間:午前9時~午後5時。土日・休日も営業(年末年始を除きます)
(2)ひかり電話だけを解約する趣旨を解説し、電話番号、名前、住所等を伝える
   特段のキャンペーンを受けてひかり電話を契約された場合を除いて、解約による違約金は発生しません。

インターネットごとフレッツ光を解約するには費用がかかる

インターネットごと解約する場合は工事等が必要になり、工事費がかかります。

また、解約にあたって違約金などの費用も発生する場合があります。

フレッツ光の解約方法

フレッツ光を解約する手順を解説します。

(1)0120-116-116へ電話する
   ※受付時間:午前9時~午後5時。土日・休日も営業(年末年始を除きます)
   ※電話する前に、お客さまIDが記載されている「開通のご案内」や「請求書」を用意しておきます
(2)ひかり電話を含め、フレッツ光まとめて解約したい趣旨を解説し、電話番号、名前、住所等を伝える
   ※解約金が発生有無、電話加入権の状況等を確認しておきましょう
   ※工事に立ち合いが必要な場合は、工事の日程を決めます
(3)工事を実施してもらう
(4)レンタル機器を返送する
(5)プロバイダの契約を行う

光コラボ回線への「転用」なら電話番号を引き継げる

「転用」とは、フレッツ光から光コラボへ変更する際、契約先を「NTT東・西日本」から「光コラボ事業者」にする手続きのことです。

この際、ひかり電話の電話番号はそのまま引き継ぐことができます。

主な光コラボの事業者は次の通りです。それぞれ独自のキャンペーン、サービスを展開しています。

・ソフトバンク光
・ビッグローブ光
・nifty光
・OCN光
・ぷらら光
・楽天コミュニケーションズ光
・ドコモ光
・So-net光
・DMM光
・Marubeni光
・SPEEDIA光
・excite光
・broad光

【注意】NTT加入電話以外で発行された番号は引き継ぎできない

ひかり電話の電話番号を引き継ぐためには条件があり、利用している電話番号がNTT加入電話を契約した時に発行されている必要があります。

なお、NTT加入電話とはNTTが提供しているアナログ電話のことです。

NTT加入電話以外で発行された番号は引き継ぎできないので注意しましょう。

まとめ

フレッツ光を検討もしくはご利用中の方は、NTTのフレッツ光回線を利用したひかり電話がおすすめです。特に県外など、遠くに電話をかける機会の多い方は、ひかり電話の導入で電話料金を下げることができます。

ひかり電話にはナンバーディスプレイ等のオプションも多く提供されており、さまざまなニーズに対応が可能で、これまでのアナログ電話とほとんど変わりなく利用できますので、大変おすすめです。

ぜひこの機会にフレッツ光の「ひかり電話」の導入を検討してみましょう。

フレッツ光の電話に関する新しい記事一覧