閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光のプロバイダに関して

フレッツ光のプロバイダについて

フレッツ光をはじめ、インターネットを利用するにはプロバイダとの契約が必要です。

ここではプロバイダの利用料金サービス内容からお得な契約方法プロバイダの変更方法解約方法までフレッツ光のプロバイダのすべてを大公開します!

これからフレッツ光を契約予定の方は参考にしてみてください。

すでにフレッツ光をご契約の方も、今一度プロバイダのサービス内容について知ってもらいプロバイダ契約の見直しを検討してみてはいかがでしょうか?

プロバイダって何?

プロバイダとは、フレッツ光をインターネットに接続してくれる事業者のことです。

ISP(インターネットサービスプロバイダ)とも呼ばれています。
フレッツ光はインターネット接続サービスを提供する会社で、プロバイダが実際に建物からインターネットに接続する役割を担っています。

フレッツ光とプロバイダ双方の契約をして始めてインターネットが使える状態になります。

フレッツ光とプロバイダは別々の会社になっているので、フレッツ光でインターネットを始めるには、フレッツ光とプロバイダの2つの契約を結ぶ必要があり、それぞれに月額利用料がかかります。

【関連記事】フレッツ光のお得なキャンペーンや割引情報まとめ!

各プロバイダごとに特徴があり、月額利用料やキャンペーン内容などのサービス内容が異なります。

ですので、プロバイダはサービス内容を比較して自分にあったものを選ぶことをおすすめします。

フレッツ光の主なプロバイダの種類

フレッツ光に対応しているプロバイダは全国に数百社とありますが、おすすめできるプロバイダは11社あります。

NTT東日本エリアとNTT西日本エリアともにおすすめの対応プロバイダの種類は同じです。

フレッツ光対応おすすめプロバイダ一覧

  • @nifty
  • ASAHIネット
  • BB.excite
  • BIGLOBE
  • DTI
  • hi-ho
  • OCN
  • ぷらら
  • So-net
  • WAKWAK
  • 楽天ブロードバンド

通常はフレッツ光の月額料金とプロバイダの月額料金は会社ごと別々に請求が来て支払い時に手間がかかるのですが、これからおすすめする11社のプロバイダはプロバイダパックが適用されます。

プロバイダパックには3つのメリットがあります。

  1. 月額料金が一本化できる
    フレッツ光の月額料金とプロバイダの月額料金が一緒に請求されて支払いが簡単になります。
  2. 申込み窓口が一本化できる
    通常はフレッツ光とプロバイダは別々に契約をご自身で結ばなければならないのですが、プロバイダパックはフレッツ光に申込みをするだけで同時にプロバイダにも申込みが出来ます。
  3. 月額料金が割引きになる
    プロバイダパックにすることにより、プロバイダ料金の割引きが受けられます。

ちなみにNTT東日本エリアかNTT西日本エリアどちらが対応しているかを確認するにはフレッツ光のWEBサイトより確認ができます。

それではこれからプロバイダごとのサービス内容を比較しながら見ていきましょう。

主なプロバイダの月額料金

インターネットを始めるにあたりまず気になるのは月額料金がいくらかかるのか?ですよね?

フレッツ光の月額料金は、フレッツ光の月額料金とプロバイダサービスの月額料金を合算したものになります。ですので、プロバイダの月額料金は重要になってきます。

フレッツ光 プロバイダサービス月額料金一覧表
NTT東日本エリア NTT西日本エリア
プロバイダ名
ファミリー(戸建て)プラン
マンション(集合住宅)プラン
ファミリー(戸建て)プラン
マンション(集合住宅)プラン
@nifty
1,000円
950円
1,000円
950円
ASAHIネット
780円
700円
780円
700円
BB.excite
500円
500円
500円
500円
BIGLOBE
1,200円
900円
1,000円
850円
DTI
951円
680円
951円
680円
hi-ho
1,200円
890円
1,200円
890円
OCN
1,100円
900円
1,100円
810円
ぷらら
1,000円
800円
1,000円
800円
So-net
1,000円
900円
1,000円
900円
WAKWAK
950円
800円
950円
800円
楽天ブロードバンド
950円
900円
1,100円
950円

※入会の時期により上記の月額料金が異なる場合があります。
※プロバイダパック適用時の金額です。

月額料金を比較してみるとBB.exciteが、一番安いプロバイダであることが分かります。

プロバイダ別の月額料金割引キャンペーン

プロバイダのキャンペーンの一つとして月額料金の割引きを実施しています。

どのくらい割引きになるのでしょうか?月額料金割引きキャンペーンの金額をまとめてみました。

「フレッツ光ネクスト」の最低利用期間が2年なので、プロバイダも2年利用した場合にどれだけお得になるかも合わせてご覧ください。

プロバイダ名
キャンペーン内容
割引前料金
(2年間)
割引額
(2年間)
実質支払い額
(2年間)
@nifty
1,000円/16ヶ月無料
24,000円
16,000円
8,000円
ASAHIネット
780円/11ヶ月無料
18,720円
8,580円
10,140円
BB.excite
500円/11ヶ月無料

12ヶ月間 250円/月
12,000円
8,500円
3,500円
BIGLOBE
1,200円が 23ヶ月間 500円

23ヶ月以降1,200円が1,000円/月
28,800円
16,300円
12,500円
DTI
951円が23ヶ月間 475円
22,824円
10,948円
11,876円
hi-ho
1,200円/3ヶ月間無料
28,800円
3,600円
25,200円
OCN
1,100円/開通月無料
26,400円
1,100円
25,300円
ぷらら
1,000円/1ヶ月間無料
24,000円
1,000円
23,000円
So-net
1,000円が11ヶ月間 700円
24,000円
3,300円
20,700円
WAKWAK
1,200円が23ヶ月間 700円
22,800円
11,500円
11,300円
楽天ブロードバンド
950円が23ヶ月間 500円
22,800円
11,500円
11,300円

※NTT東日本 フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプでのプロバイダ料金

厳密に言えばNTT東西や、戸建てかマンションなどによって割引額は数百円ずつ違うのですが、わかりやすくするために省略しました。

BB.exciteが破格の料金設定になっているのがわかりますね。

プロバイダのオプションサービス

プロバイダでは、インターネット接続サービスだけでなく、契約をすると便利なオプションサービスが利用できます。このオプションサービスの内容を見ていきましょう。

プロバイダの共通のオプションサービス

プロバイダ共通のオプションサービスは5つあります。

  1. ①IP電話
  2. ②メールサービス
  3. ③ホームページ/ブログサービス
  4. ④ネットセキュリティサービス
  5. ⑤インターネットトラブルサポートサービス
①IP電話

プロバイダでは、フレッツ光で利用出来るひかり電話の他にも050の番号から始まるIP電話を利用することができます

IP電話とは簡単に言えばインターネットを利用した固定電話サービスです。

月額基本料金が無料で、通話料金が安いのが特徴です。
同じIP電話会社同士の通話が無料になることや、機器によってはテレビ電話も可能です。

上手く使えば電話料金の支払いを抑えることが出来ますが、119や110、フリーダイヤル、ナビダイヤルなどの電話番号には発信出来ない点に注意しておきましょう。

各プロバイダのIP電話の料金
プロバイダ名 月額料金 固定電話への発信/3分
@nifty 無料 8.4円
ASAHIネット 200円 8円
BB.excite 290円 7.8円
BIGLOBE 525円 8.4円
DTI 無料 7.8円
hi-ho 無料 8.4円
OCN 無料~399円 8.4円
ぷらら 無料 8.64円
So-net 無料 8.4円
WAKWAK 2018年3月末にIP電話サービス終了
楽天ブロードバンド 法人向けの楽天ブロードバンド”プレミアム”でのみ提供
②メールサービス

各プロバイダで契約をするとメールアドレスが利用できるようになります。

プロバイダごとに取得できるメールアドレスの数と使えるメールボックスの容量が違います。

プロバイダ 無料で所持できる
メールアドレスの最大数
無料で使える
メールボックスの容量
利用料金
@nifty 4 5GBまで無料 無料
ASAHIネット 1 無制限 無料
BB.excite 9 1GB 280円/月
BIGLOBE 5 5GB 無料
DTI 1 有料5GB 200円
※2ヶ月間無料
hi-ho 1 1GB 無料
OCN 4 1GB 無料
ぷらら 4 2GB 無料
So-net 3 無制限 無料
WAKWAK 5 1GB 無料
楽天ブロードバンド 10 200MB 無料

1メガでおよそ2万回メールの送受信が出来るので、どのプロバイダも無制限でメールのやり取りが出来ると思っていいでしょう。

③ホームページ/ブログサービス

プロバイダにはそれぞれホームページが作成できるオプションサービスがあります。

URLを1つ支給されて、テンプレートなどを使いホームページを作ってブログの更新などが可能です。
プロバイダごとに使える容量が異なります。

プロバイダ ホームページの容量 利用料金
@nifty 1GB 無料
ASAHIネット 100MB 無料
BB.excite サービス提供無し
BIGLOBE 100MB 無料
DTI 100MB 無料
hi-ho 100MB 無料
OCN サービス提供無し
ぷらら 5MB~ 64円~/月
So-net 10MB 無料
WAKWAK 50MB 100円/月
楽天ブロードバンド 50MB 100円/月
④ネットセキュリティサービス

セキュリティサービスとは、お使いのパソコンのコンピューターウィルスからの保護、フィッシング詐欺の防止、危険なサイトの警告など、外部の攻撃から守ってくれるソフトウェアのサービスです。

安心してインターネットを楽しむために必ず付けておくことをおすすめしたいオプションです。

プロバイダ セキュリティサービス月額 キャンペーン詳細
@nifty 500円 3ヶ月無料
ASAHIネット 480円 2ヶ月無料
BB.excite 480円 2ヶ月無料
BIGLOBE 380円 2ヶ月無料
DTI 無し
hi-ho 419円
OCN 250円 1ヶ月無料
ぷらら 540円 1ヶ月無料
So-net 500円 3ヶ月無料
WAKWAK 500円 無し
楽天ブロードバンド 300円 1ヶ月無料

セキュリティオプションは月額料金はかかりますが、お使いのパソコンやタブレッツがウイルスやスパムメールなどに感染した後のことを考えると安いものです。

⑤インターネットトラブルサポートサービス

プロバイダにはインターネットに関するトラブルをサポートしてくれるオプションサービスがあります。

電話で相談に乗ってくれたり、遠隔操作でパソコンのトラブルを解決してくれるサービスをリモートサポートサービス、実際の担当者が出向いて問題を解決してくれるサービスを訪問サポートサービスといいます。

インターネット初心者には心強いサービスになります。

プロバイダ別インターネットトラブルサポート月額料金
プロバイダ
リモートサポートサービスの
月額料金
訪問サポートサービスの
月額料金
@nifty
500円/10分 8,000円~
ASAHIネット
500円/月 無し
BB.excite
500円/月 5,000円~
BIGLOBE
475円/月 7,000円~
DTI
500円/月 5,000円~
hi-ho
500円/月 無し
OCN
500円/月 無し
ぷらら
500円/月 5,500円~
So-net
300円/月 4,500円~
WAKWAK
500円/月 5,000円~
楽天ブロードバンド
500円/月 5,000円~

訪問サービスの料金は基本料金になります。ここからトラブルの内容により追加料金がかかります。

料金から見たおすすめプロバイダ

ここまで、月額料金、月額料金の割引きキャンペーン、プロバイダのオプションサービスを見てきました。

どのプロバイダもインターネットを利用する上で役に立つオプションサービスを提供しているので、オプションサービスを比較するとプロバイダごとの差はあまりなくどこも満足して利用できます。

オプションサービスにあまり差がないとすると、残りは月額料金がなるべく安いところを選びたいですね。

ですので月額料金で見た場合、ダントツで安いBB.exciteがおすすめです。

通信速度はプロバイダによって変わる?

料金の次に気になるのは通信速度ですよね。
契約するプロバイダによって速度は変わるのでしょうか。

同じプロバイダでも環境によって速度が変わる

口コミを調べていると、どのプロバイダを見てみても速いといっている人もいれば、遅いといっている人もいることがわかります。

◆BB.exciteを使っていて通信速度が遅いという意見

◆OCNを契約していて通信速度が速いという人

◆OCNを契約していた時よりBB.exciteへ変更した後の方が通信速度が出ている人

ご覧のように月額が安いBB.exciteを契約していても速度が速い人もいれば、遅い人もいます。
NTTが運営しているOCNであっても速度については同様に賛否両論です。

通信速度は周辺の接続環境であったり、時間帯などによっても大きく左右されるため、「ここのプロバイダが速いからおすすめだよ!」とはなかなか言えないのが現実です。

【関連】フレッツ光の速度が遅い!3つの主な原因の種類とそれぞれの改善策

速度からみたおすすめプロバイダ

具体的にどのプロバイダが速度が速いとはいえませんが、他のプロバイダと契約するより速くなるであろうプロバイダはあります。

IPv6というIPアドレス

通信速度にこだわりのある方におすすめしたいのが、新しい通信技術の「IPv6」に対応しているプロバイダです。

IPv6について詳しく書くととても長い説明になってしまうため、簡潔に言ってしまうとインターネットユーザーが多く混み合っている今までの通信技術(IPv4)とは違う道(ネットワーク)を通ってインターネットに接続するシステムです。

IPv6<引用:So-net > IPv6ご利用のご案内

つまり、速度が遅くなる大きな要因であるプロバイダの混雑を避けることが出来るのです。

IPv6に対応しているプロバイダ一覧

さて、これまで紹介してきた主なプロバイダの中ではどこがIPv6に対応しているのでしょうか。

プロバイダ名 フレッツ光でのIPv6対応
@nifty
ASAHIネット
BB.excite 光コラボのMEC光のみの提供
BIGLOBE
DTI
hi-ho
OCN
ぷらら
So-net
WAKWAK
楽天ブロードバンド ×

BB.excite楽天ブロードバンドはフレッツ光回線において、IPv6での接続は現在未対応です。
したがって、上記のプロバイダの中では2社以外のプロバイダなら比較的速い通信が可能でしょう。

以下の相談窓口ではプロバイダの相談も受けてくれます。
インターネットの速度に不安がある方は相談してみましょう。

フレッツ光に関するお悩み相談窓口

プロバイダの変更方法(乗り換え)

もし今契約しているプロバイダを解約してプロバイダを乗り換えたい場合の乗り換え方法を説明しましょう。

先に新しいプロバイダと契約する

まずは、乗り換え先のプロバイダに申し込みをします。
場合によっては1~3週間ほどかかるので、余裕を持って申し込みをしましょう。

新しいプロバイダの接続確認後、現在のプロバイダを解約する

①契約後新しいプロバイダから書類が届きます。

②その書類に書いてある「認証ID」、「認証パスワード」(プロバイダによって名称が違う)を使い、インターネットに接続します。

③無事に新しいプロバイダと接続確認が出来た後、現在契約しているプロバイダの解約手続きをします。

インターネットが使えない期間が発生してしまうのを防ぐために、必ず先に新しく契約するプロバイダが使えるのを確認してから、現在使っているプロバイダの解約手続きを行いましょう

以上でプロバイダの乗り換えは完了になります。

プロバイダの解約について

契約しているプロバイダに電話することで解約の手続きを行います。

プロバイダの解約自体は、電話一本で済みますが解約するときには気をつけておかなければならないことがいくつかありますので、それを理解したうえでプロバイダの解約に臨みましょう。

プロバイダ解約時の注意点

プロバイダの解約時に注意したいことは大きく分けて2つあります。

  1. プロバイダで受けているオプションが利用できなくなる
  2. 違約金が発生する場合がある

プロバイダで受けているオプションが利用できなくなる

プロバイダの解約と同時にプロバイダで受けていたオプションサービスが利用できなくなります。
IP電話やメールサービスなどです。

◆IP電話の電話番号は多くの場合、解約と同時に失くなってしまいます。
番号の引継ぎも出来ないため、覚えておきましょう。

◆プロバイダの契約にはメールアドレスのみ残すプランがある場合が多いので、メールだけ継続して利用したい場合は、解約するときに電話で「メールアドレスは残したいです。」と伝えましょう。
月額は数百円で利用できます。

プロバイダの契約年数と違約金

各プロバイダごとに契約年数(最低利用期間)を定めています。このプロバイダの定める最低利用期間以内に解約をする場合は違約金を支払う必要があります。

フレッツ光にも違約金があるので、解約のタイミングを間違えると高額の違約金を支払うことになるので、最低利用年数を知っておくことはとても重要になります。

契約満了月から自動更新になります。契約満了月は違約金がかかりません。

【関連記事】フレッツ光の更新月を確認しよう!解約金なしの乗り換えチャンス

プロバイダによって最低利用期間と違約金は異なります。

プロバイダごとの最低利用期間と違約金
プロバイダ名
最低利用期間
違約金
@nifty
2年
3,000円
ASAHIネット
1年
2,000円
BB.excite
2年
5,000円
BIGLOBE
2年
5,000円
DTI
2年
3,000円
hi-ho
2年
5,250円
OCN
2年
5,000円
ぷらら
なし
So-net
2年
3,000円
WAKWAK
2年
4,500円
楽天ブロードバンド
2年
10,000円

これ以外にも、プロバイダによっては契約を自動更新することで割引を受けられるサービスもあります。
プロバイダの2年割などに加入している場合、そちらの違約金も発生することがありますので確認しておきましょう。

まとめ

フレッツ光の契約に欠かすことが出来ないプロバイダについてご紹介しました。

フレッツ光で契約可能なプロバイダは星の数ほどあります。
自分に合ったプロバイダを選んで快適なインターネット通信を楽しみましょう。

プロバイダを迷って決められない!という方は、料金のシミュレーションをしてみるのもいいですね。

料金シミュレーションする

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

固定回線のお悩み解消!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAX申込み人気No.1「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクになっています!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

フレッツ光のプロバイダに関する新しい記事一覧