閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

フレッツ光のフレッツ光ライトに関して

フレッツ光ライトはネット利用の少ない人にお得!サービス・手続き方法を解説

フレッツ光のさまざまなプランのうちの一つに、「フレッツ光ライト」があります。

フレッツ光ライトは、インターネット利用量が多くなるほど料金が上がる従量課金が一部で採用されており、インターネットをあまり使わない人におすすめのプランとなっています。

この記事ではフレッツ光ライトの料金やサービス内容、完全定額プランのフレッツ光ネクストとの比較などを解説します。

この記事でわかること

  • フレッツ光ライトの料金プラン
  • フレッツ光ライトのインターネット速度は最大100Mbps
  • フレッツ光ライトではアンテナ不要のフレッツ・テレビが利用可能
  • フレッツ光ライトの各種オプションサービス
  • フレッツ光ライトとフレッツ光ネクストとの比較
  • フレッツ光ライトはどんな人向けのプラン?
  • フレッツ光ライトの申し込み方法
  • プランの変更方法
  • フレッツ光ライトの解約方法
  • まとめ

フレッツ光ライトの料金プラン

まずはフレッツ光ライトの料金プランについて確認していきましょう。

月額料金は一部従量課金の2段階定額制

フレッツ光ライトの料金プランの特徴は、一部が従量課金の2段階定額制である点です。

以下は、NTT東日本のフレッツ光ライト 戸建て向けサービスにおける月額料金の推移を示したグラフです。

利用料金を縦軸に、月間のインターネット使用量を横軸にとっています。

フレッツ光ライト料金
※NTT東日本公式ホームページより

「通常基本料」と「通常上限料金」の定額部分のあいだに、従量課金部分があることがわかりますね。

1ヶ月間のデータ使用量が200MB以下であった場合には、料金は最低価格の2,700円で済みます。

反対に、1ヶ月間のデータ使用量が1,200MB以上であった場合には、どれだけインターネットを接続しても5,700円までしかかかりません

1ヶ月間のデータ使用量が200~1,200MBのときが従量料金になっており、10MB使用するごとに30円ずつ料金が加算される仕組みになっています。

なお、フレッツ光では、上記の月額料金とは別にプロバイダ料を支払う必要があります

NTT東日本と西日本とでは、若干ですが料金体系に異なることがあり、また戸建てタイプとマンションタイプとでも微妙な違いが存在します。

フレッツ光のプロバイダ料については、以下の表をご参照ください。

【NTT東日本】
1か月間のデータ使用量
プロバイダ料金
~200MB
200~1,200MB
1,200MB~
ファミリータイプ
2,200円
2,200円~
5,200円
500円~
マンションタイプ
2,000円
2,000円~
4,300円

※「もっとライトに!割引」適用時の料金

【NTT西日本】
1か月間のデータ使用量
プロバイダ料金
~320MB
320~1,320MB
1,320MB~
ファミリータイプ
2,800円
2,800円~
5,600円
500円~
マンションタイプ
2,200円
2,200円~
4,400円

※「フレッツ・あっと割引」適用時の料金

プロバイダ料金は、フレッツ光とインターネットを接続するのに必要なサービスを提供している事業者に対して支払う手数料です。

詳しくは以下の記事で、プロバイダについてご紹介していますのでぜひご覧ください。

初期費用

フレッツ光ライトの契約時には、初期費用として、工事費契約料がかかります。

NTT東日本でも西日本でも同じ金額が請求され、詳細は以下の表のようになっています。

ファミリータイプ
マンションタイプ
契約料
800円
800円
初期工事費
18,000円
15,000円

フレッツ光ライトなら電話の通話料が安い!

フレッツ光ライトに申し込むと、光回線を使った固定電話サービスである「ひかり電話」も同時契約できます。

ひかり電話はインターネットを通じた電話なので、NTTのアナログ電話よりも安い料金で利用できます。

フレッツ光のひかり電話でかかる料金について以下の表にまとめました。

月額利用料金
月額利用料金に含まれる通話料金
月額利用料に含まれる通話料金を超過後の通話料
基本プラン
500円
ひかり電話A
1,500円
480円

(最大3時間相当)
8円/3分
安心プラン
1,400円
1,280円分の通話

(最大8時間相当)
7.2円/3分
もっと安心プラン
3,900円
4,800円分の通話

(最大30時間相当)
7.2円/3分

プランごとに、月額利用料金に含まれる通話料金や通話料に違いがあります。

もっと安心プランでは、なんと1ヶ月の間に30時間まで追加料金を支払うことなくひかり電話を利用ができますので、長電話が多い方にはおすすめのプランといえそうです。

【東日本】従量課金部分が拡大した「フレッツ光ライトプラス」もある

フレッツ光ライトと同じような従量制定額料金プランとして、「フレッツ光ライトプラス」というプランもあります。

フレッツ光ライトプラスは、NTT東日本エリアの戸建て住宅限定のサービスで、「フレッツ光ライト」との大きな違いは、料金プランにあります。

フレッツ光ライトプラス
フレッツ光ライト
基本料金
3,700円

(3GBまで)
2,200円

(200MBまで)
従量課金区間
24円/100MB
30円/10MB
上限料金
5,400円

(10GB以上)
5,200円

(1.2GB以上)

※フレッツ光ライトは、「もっとライトに!割引」適用時の料金

フレッツ光ライトプラスでは、基本料金がフレッツ光ライトより少々高くなっている代わりに、3GBまでは追加料金なしで利用できます。

また、従量課金区間が大幅に拡大されているため、フレッツ光ライトよりゆっくりとしたペースで上昇していきますので、より料金を抑えることができるプランといえるでしょう。

フレッツ光ライトプラスについて、詳しくは以下の記事で紹介していますのでぜひご覧になってください。

フレッツ光ライトのインターネット速度は最大100Mbps

フレッツ光ライトのインターネット接続で利用できる最大の速度は、100Mbpsです。

しかし、100Mbpsはベストエフォート値であり、常に最大速度が出るものではありません。

回線の混雑状況な利用環境や回線の混雑状況によって低下する場合があります。

例えばお昼の休憩時間や、夜多くの人が帰宅してインターネットを利用する時間帯は回線が混み合いやすく、満足に通信速度を確保できない可能性もあります。

フレッツ光ライトではアンテナ不要のフレッツ・テレビが利用可能

フレッツ光ライトに契約すると、地デジ・BS・CSなど約35チャンネルを視聴できる「フレッツ・テレビ」も利用できます。

月750円(NHK受信料と有料BS放送の視聴料は含まず)の追加料金で契約可能となり、アンテナの設置は不要です。

フレッツ・テレビの通信量はライトの利用量として加算されないので安心!

フレッツ・テレビをフレッツ光ライトで利用するメリットとして、どれだけ使用しても月間のデータ通信量としてカウントされない点があります。

つまり、従量課金区間のデータ使用量を気にすることなく、思う存分テレビの視聴が可能になるのです。

また、フレッツ・テレビと同様に、ひかり電話も月間のデータ量としてカウントされません

フレッツ光ライトのデータ利用料金を決めるのは、インターネット使用量のみとなっています。

フレッツ光ライトの各種オプションサービス

フレッツ光ライトでは、さまざまなオプションサービスが用意されています。

以下の表にフレッツ光ライトのオプションサービスについてまとめました。

オプションサービス名
サービス内容
フレッツ・ウイルスクリア
インターネット安心して利用するための、アンチウイルスソフトを提供します。
フレッツ・テレビ
フレッツ・テレビで地上/BSデジタル放送が受信できます。
訪問サポートサービス
インターネットの利用方法について不明点があった場合に、専門スタッフが駆けつけて懇切丁寧に指導します。
リモートサポートサービス
インターネットの利用方法で不明点があった場合に、パソコンやタブレットなどを専門スタッフが遠隔で操作し疑問点を解消します。
フレッツ・スポット
日本全国に設置されたWi-Fiフリースポットを利用できます。
24時間出張修理オプション
インターネットの利用時に不具合が生じた場合に、24時間365日専門スタッフが駆けつけて対応します。
フレッツ・セッションプラス
独自のネットワークを利用するのに役に立つサポートを受けられます。
フレッツ・ミルエネ
家庭の消費電力を見える化することによって、無駄を削減し、エコな暮らしをサポートします。
ひかり電話
通常の電話よりもお得に電話をかけることができるひかり電話も、人気のオプションの一つです。
セットアップサービス
面倒なインターネット接続設定などを、専門スタッフが代行してくれます。
フレッツ・あずけ~る
撮りためた写真や動画などをフレッツ光が提供するオンラインストレージに預けることができます。
フレッツ・v6オプション
インターネットの接続を混み合っている状況でも快適なインターネット接続を実現するための、IPv6での接続が利用できます。

気になるサービスがあれば、契約を検討してみましょう。

フレッツ光ライトとフレッツ光ネクストとの比較

フレッツ光には、2段階定額制のフレッツ光ライトのほか、完全な定額料金制を採用しているフレッツ光ネクストという料金プランもあります。

それぞれどのようなプランなのか、料金と速度を比較します。

少量のデータ使用ではライト、大量のデータ使用ではネクストが安い

フレッツ光ライトとフレッツ光ネクストの料金について、先にも紹介しましたグラフを参考に比較してみましょう。


※NTT東日本公式ホームページより

こちらのグラフでは、NTT東日本でフレッツ光ライトを契約した場合と、フレッツ光ネクストを契約した場合の料金の支払いイメージが示されています。

月々のデータ使用量が少ないうちは、フレッツ光ライトを契約した方が安く利用できます。

しかし、ある程度までデータ使用量が増えると、完全定額制であるフレッツ光ネクストの月額料金5,200円を超過し逆転してしまいます

したがって、頻繁にインターネットを利用する方は、完全な定額料金プランであるフレッツ光ネクストに申し込んだ方が費用面で安心でしょう。

フレッツ光ネクストの料金に関して、詳しくは以下の記事で説明していますのでご覧ください。

最大速度はネクストが優位

フレッツ光ライトの最大速度は先にも述べたとおり、100Mbpsとなっています。

一方で、フレッツ光ネクストの最大速度は1Gbpsとなっており、フレッツ光ライトの10倍の値となっています。

フレッツ光ネクストの方が、より快適にインターネット通信を楽しむことができるでしょう。

特に、動画視聴やオンラインゲームなど重いデータ通信を行う方や、仕事などで常時インターネットに接続する方は迷いなくフレッツ光ネクストを契約されることをおすすめします。

フレッツ光ライトはどんな人向けのプラン?

フレッツ光ライトの契約がおすすめなのは、以下のようなユーザーです。

電話・テレビをたくさん楽しみたい人

フレッツ光ライトを契約すると、オプションとしてひかり電話やフレッツ・テレビを利用できます。

特にひかり電話は、通常の電話回線を使用した電話よりも安い通話料金で電話をかけることができるため、長時間の電話を頻繁にかける方には特におすすめです。

またさまざまなコンテンツを、アンテナ工事なしで視聴できる、フレッツ・テレビも見逃せないサービスです。

ひかり電話とフレッツ・テレビは、どちらも月々のデータ使用量にカウントされない点もポイントです。

インターネットをあまり使わない人

フレッツ光ライトは、ふだんインターネットをあまり使用しない人にもおすすめです。

料金プランが2段階定額制である性質上、月々のデータ使用量が少ないほど支払う月額料金を抑えることができます

逆に、インターネットをたくさん使う人はフレッツ光ライトではなく、フレッツ光ネクストがおすすめといえるでしょう。

別荘などのセカンドハウスで使いたい人

別荘などのセカンドハウスは、訪れるのは年に数回程度である場合が多いでしょう。

必然的にインターネットを使う機会が少なくなるため、フレッツ光ライトを契約しておけば、通信費の削減が見込めます。

フレッツ光ライトの申し込み方法

フレッツ光ライトの申し込み方法について、順を追って解説します。

  1. 提供エリアの確認
  2.  利用希望場所が提供エリア内かどうかを、郵便番号もしくは地図から検索し確認します。

  3. 利用希望のサービスやプロバイダの選択
  4. お客様情報の入力
  5. 入力内容の確認
  6. お申し込み完了

申し込み完了後は完了メールがNTTから届きますので、内容を確認しましょう。

お申し込み時のアクセス先は以下のとおりで、電話での問い合わせも可能です。

<NTT東日本>

 【電話から】
  0120-116-116
   受付時間:午前9時~午後5時まで 土日祝日の対応(年末年始を除く)
 【WEBから】
  こちらから

<西日本>

 【電話】
  0120-116-116
   受付時間:午前9時~午後5時まで 土日祝日の対応(年末年始を除く)
 【WEBから】
  こちらから

プランの変更方法

フレッツ光ライトからフレッツ光ネクストへ、フレッツ光ネクストからフレッツ光ライトへなど、プランを変更したい場合の手順について解説します。

  1. NTT申し込みページにアクセスする
  2.  【WEBから】
      NTT東日本はこちらから
      NTT西日本はこちらから
     【電話から】
      0120-116-116(東日本・西日本共通)
       受付時間:午前9時~午後5時まで 土日祝日の対応(年末年始を除く)

  3. 契約者の個人情報を入力する(WEBからの場合)
  4. 契約している人を確認するため、個人情報を入力します。その後、NTTのオペレーターから電話がかかってくるのを待ちましょう。

  5. 変更手続きを完了させる
  6. サイトやオペレーターの指示に従い、変更手続きを完了させましょう。

フレッツ光ライトからネクストへの変更は工事費が必ず発生する

フレッツ光ライトからフレッツ光ネクストなどの料金プランを変更する場合には、通信機器を工事する関係上、必ず工事費が発生します

プラン変更でかかる金額はNTT東日本と西日本とで同一で、以下の表のとおりです。

変更後のフレッツ光ネクストのタイプ 工事費
ギガマンション・スマートタイプ 7,600円(税込:8,208円)
ファミリー・ギガラインタイプ/ファミリー・ハイスピードタイプ 2,000円(税込:2,160円)

戸建て住宅と集合住宅でそれぞれ光ネクストに変更する場合、工事費は同じです。

ギガファミリーとギガマンションはルーターの取り付けがあるため、料金が高くなっています。

フレッツ光ネクストからフレッツ光ライトへの変更は工事費が無料

光ネクストから光ライトに変更する場合、工事費はかかりません

しかし、無料になるのは1回までなので、ご注意ください。

光コラボへ転用するにはまずライトからのプラン変更が必要

光コラボレーション(光コラボ)は、フレッツ光から工事なしで「転用」できる光回線として人気ですが、フレッツ光ライトを利用中の場合は、まずプラン変更が必要ですので注意しましょう。

つまり、フレッツ光ライトでは、光コラボに乗り換える際にも工事費が発生します。

フレッツ光から転用できる光コラボレーションは、ドコモ光、ソフトバンク光、So-net光などが代表的な事業者です。

詳細については以下の記事で解説していますので、ぜひご覧ください。

フレッツ光ライトの解約方法

フレッツ光ライトを解約する場合は、電話での手続きが必要です。

  1. 電話で手続きをする前に以下を確認する
  2. ・IDが記載されている「開通のご連絡」や「請求書」の準備
    ・「初期工事費」の分割払いは途中ではないか確認
    ・「にねん割」更新月以外の解約ではないか確認

  3. 電話にて手続きする
  4. レンタル機器を返却する
<連絡先>

 電話番号:0120-116116
 受付可能時間:午前9時~午後5時まで 土日祝日の対応(年末年始を除く)

まとめ

フレッツ光ライトは一部が従量課金の2段階定額制で、インターネット利用の少ない人におすすめのプランです。

また、インターネットはあまり使わず、電話やテレビをたくさん利用する場合にもお得なサービスになっています。

基本料金やデータ量はNTT東日本とNTT西日本ごとに、またお住いが戸建てや集合住宅かによっても変わりますので契約前に確認しましょう。

インターネットの利用機会が多い方はフレッツ光ネクストの方がお得になる場合もありますので、ご自身の利用状況に合わせた選択をしてくださいね。

フレッツ光のフレッツ光ライトに関する新しい記事一覧