閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光の電話に関して

フレッツ光のひかり電話をオススメする3つの理由!

フレッツ光はインターネットアクセスサービスの提供だけではなく、ひかり電話(電話サービス)やひかりTV(映像サービス)など利用パターンに合わせた各種オプションサービスがあります。

なかでも今まで電話やFAXを利用する際には、施設設置負担金を支払う「加入権電話」、支払わなくても利用できる「加入電話・ライトプラン」のどちらかに申し込む必要がありました。

もしくは、加入電話の後から登場した、1本で2回線同時に使用できるデジタル回線の「INSネット64」「INSネット64・ライト」のどちらかの契約が必要でした。

しかし現在、ひかり電話が登場し、上記の加入電話やデジタル回線にとって代わる電話サービスとして主流となりつつあります。

ひかり電話はインターネット接続サービス「フレッツ光」と合わせて利用できるIP電話サービスです。

また、ひかりパーソナルフォン(コードレス電話)もあり、ご家庭や企業様でのコミュニケーション環境も大きく変わりました。

フレッツ光が利用できれば申込み可能で、プランも豊富なので施設設置負担金もなく、気軽に始めることができます。

これからフレッツ光のひかり電話をオススメするメリットについてそれぞれお伝えしていきます。

理由1:フレッツ光のひかり電話は月額基本料金・通話料がリーズナブル

加入電話やINSネット64に比べて、月額基本料金・通話料は格段にリーズナブルになっているのが、ひかり電話。

また繰り越しサービスや、付加サービスも月額基本料金に含まれているなど、便利なサービスが充実しているのもポイントです。

ひかり電話の月額基本料金

特にNTTの加入権電話を利用しているのであれば、加入権電話の月額基本料金が1,700円に対して、ひかり電話では月々500円~利用できます。
1カ月当たりでも1,200円もお得に利用できるのです。

さらに、ひかり電話Aについては通話料の繰り越しが1カ月可能です。
次月で使いきれなかった分は消滅します。

月額基本料金月額基本料金に含まれる通話料金月額基本料金の通話料金を超過後の通話料月額基本料金に含まれるオプションサービス
フレッツ光ギガファミリー・スマートタイプで利用の場合(戸建て)フレッツ光ネクストでギガマンションスマートタイプ利用の場合(集合住宅)
基本プラン500円500円
ひかり電話A(エース)1,500円1,500円480円(最大3時間分に相当)8円/3分○※
安心プラン1,400円1,400円1,280円分の通話(最大8時間分に相当)7.2円/3分
もっと安心プラン3,900円3,900円4,800円(最大30時間分に相当)7.2円/3分

※ 税抜表示
※ 上記の料金に加えて、1番号ごとにユニバーサルサービス料が月に3円発生します。( 上図参照)
※ ナンバー・ディスプレイ、ナンバー・リクエスト、キャッチホン、ボイスワープ、迷惑電話お断りサービス、着信お知らせサービス
※ ひかり電話A(エース)の開始または廃止に伴う1か月未満の「ひかり電話」および6つの付加サービスのご利用料金1,020円は日割り計算となります。 その場合、1円未満の端数は切り捨てます。(月額基本料金×利用日数÷暦日数+通話料等)

以下は参考までに加入電話・INSネット64の月額料金になります。

【加入電話と加入電話・ライトプラン】

加入電話加入電話・ライトプラン
プッシュ回線ダイヤル回線プッシュ回線ダイヤル回線
3級局1,700円1,950円
2級局1,600円1,550円1,850円1,800円
1級局1,450円1,700円

【INSネット64と INSネット64・ライト】

INSネット64INSネット64・ライト
月額基本料金(住宅用)2,780円3,030円

※税抜表示

加入電話や加入電話・ライトプランの場合、NTT電話局または交換局の回線の契約数によって1~3級局に分かれ、月額利用料金が異なります。

ひかり電話の場合はこのような分類もないので、利用料金が異なることがありません。

ひかり電話の通話料

ひかり電話の通話料は国内の固定電話であれば距離・時間帯にかかわらず、3分8円となっています。

加入電話と比べてもこれだけお得になっています。

通話先ひかり電話の通話料

(基本プラン・ひかり電話Aの場合)

NTT加入電話の場合
市内8円/3分8.5円/3分
県内・市外2040円/3分
県外2080円/3分
ケータイNTTドコモ16円/60分20円/60分
au17.5円/60分30円/60分
ソフトバンク17.5円/60分40円/60分
国際電話アメリカ本土9円/30秒60円/60秒
中華人民共和国30円/60秒140円/60秒
大韓民国30円/60秒110円/60秒

※税抜表示

理由2:フレッツ光のひかり電話は今現在使っている電話番号・電話機もそのまま利用できる

利用中の電話番号・電話機は引き続き利用可能です。

ただし一部の電話番号・電話機は利用できません。

引き続き利用可能な電話番号とは?

現在利用しているのが加入権電話であれば、ナンバーポータビリティーを行うことで電話番号を引き続き利用できます。

現在NTT以外のひかり電話(auひかり回線など)を利用していても、NTTから発番された加入権電話の番号であれば、ナンバーポータビリティーをすることで番号継続して利用できます。

ナンバーポータビリティーについての詳細・手続きはこちらをご確認ください。

> フレッツ光の番号ポータビリティー(ナンバーポータビリティー)を知ってスムーズにひかり電話へ移行しよう

電話番号がない・引き継げない番号の時は新しい電話番号で

NTTの加入権電話がなくても、ひかり電話を利用することは可能です。

電話番号についても新しい電話番号が割り振られます。

理由3:フレッツ光のひかり電話は安心・安全・便利な付加サービスも充実

さまざまな利用シーンを想定して、便利なサービスが用意されています。

特に迷惑電話や非通知電話をシャットアウトする「ナンバー・リクエスト」「ナンバー・ディスプレイ」「迷惑電話おことわりサービス」は安心・便利なサービスです。

またバージョンアップ更新のお知らせ機能(バージョンアップ通知音)があり、IP電話対応機器の最新のファームウェアのご提供(更新)をお客さま(契約者)にタイムリーかつダイレクトにお知らせする機能があります。

お知らせ方法として、受話器をあげたときの呼出音でツーツーが通常音で、更新お知らせ音がピーピーという音の変化で識別できます。

サービス名月額基本料金単位サービスの概要
ナンバー・ディスプレイ400円1利用回線ごとかけてきた相手の電話番号が、電話機のディスプレイに表示されるサービス。さらに割り込み通話着信動作を表示する「キャッチホン・ディスプレイ」も利用可。
ナンバー・リクエスト200円1利用回線ごと非通知でかけてきた相手に対して、186発信してくださいというメッセージを流す。
キャッチホン300円1利用回線ごと通話中に第三者からの着信があった場合、それをお知らせまたは電話を受けることができるサービス。お話し中に、他からの電話がかかってくると、あなたの受話器から「ププッ」というサイン(割込音)が聞こえて、相手には普通の呼出し音(プルルル)が聞こえます
ボイスワープ500円1番号ごとかかってきた電話をあらかじめ設定した電話番号へ転送する。
迷惑電話おことわりサービス200円1利用回線ごとまたは1番号ごと迷惑電話を受けた直後に操作することで、拒否登録する。登録可能な番号は30件まで。
着信お知らせメール100円1番号ごと自宅に電話があったことを。指定しているPCや携帯電話のメール(設定メールアドレス)で確認することができる。
FAXお知らせメール100円1番号ごと自宅にFAXがあったとこを、指定したPCや携帯電話のメール(設定メールアドレス)へ通知し、PCからFAX内容を確認することができる。
複数チャネルサービス「ダブルチャネル」200円1利用回線ごとひかり電話1契約で同時に2回線分の通話ができる。
追加番号サービス「マイナンバー」100円1番号ごとひかり電話の契約+追加4番号まで利用可能。
テレビ電話チョイス定額500円1利用回線ごとあらかじめ登録した2つの電話番号に対して30分以内のテレビ電話ならどんなに使っても月々500円。
フリーアクセス・ひかりワイド基本機能1,000円1フリーアクセス・ひかりワイド番号ごと0800・0120で始まる番号に着信した電話を着信者側に課金します。
オプション機能発信地域振分機能350円1フリーアクセス・ひかりワイド番号ごと1つのフリーアクセス・ひかりワイド番号を複数の拠点、回線で共通に利用することができる。
話中時迂回機能800円1迂回グループごと1つの回線が話中であっても、指定したほかの回線に迂回して着信させる。
着信振分接続機能700円1振り分けグループごと指定した比率で複数の電話番号に振り分けて着信させる機能。
受付先変更機能1,000円1受付変更元ごと営業時間外にかかってきた番号を指定した他の番号へ着信させる機能。
時間外案内機能650円1番号ごと営業時間外にかかってきた電話に対して、ガイダンスを流す機能。
カスタマコントロール機能無料1フリーアクセス・ひかりワイド番号ごとパソコンから、利用状況の確認・着信振り分け機能の登録変更などを設定する機能。
特定番号通知機能100円1番号ごと0120・0800・0570から始まるを契約しており、着信先の電話機に0120などから始まる電話番号を表示させるサービス。
ひかり電話#ダイヤル全国利用型15,000円ひかり電話#ダイヤル番号ごと「#と4ケタの数字からなる番号」をダイヤルするだけで、指定する電話へ着信できるサービス
ブロック内利用型※10,000円
コールセレクト発信制御利用料500円制御する番号(自番号)ごと特定の電話番号・メディア種別(音声・映像・データ)からの通信を許可する。許可番号リストを登録することで、悪意のあるアクセスなどを排除できる。

発信制御利用料と許可番号リスト利用料の両方が必要。申し込み後は、ひかり電話設定サイトページで設定が必要。

許可番号リスト利用料1ブロックプラン100円最大20件
5ブロックプラン500円最大100件
25ブロックプラン1500円最大500件
50ブロックプラン2,000円最大1000件
600ブロックプラン10,000円最大12000件

(NTT東日本エリア)4ブロックのうち1ブロックから(NTT西日本エリア)6ブロックのうち1ブロックから

オプションサービス契約するなら3つ以上の利用がおトク

ナンバーディスプレイ・ナンバーリクエスト・キャッチホン・ボイスワープ・ダブルチャネルの中から3つ以上のサービスを契約するとセット割引になり、3つの契約が月額800円で利用可能となります。

4つ以上の契約の場合は月額利用料の高いものを優先してオプションサービスセット割りが受けられます。

また、ひかり電話Aを契約の場合は適用されません。

フレッツ光のひかり電話で注意しなければいけないこと

便利でお得なひかり電話ですが、固定電話と異なる点がいくつかあります。

これらの注意事項を把握してから、申込むようにしましょう。

ひかり電話対応機器に接続できる端末の台数

ひかり電話対応機器に接続できる端末の台数は下記のとおりです。

端末種類利用可能端末台数
アナログ電話機
(G3FAX機含む)
最大2台(TELポート2つ)
有線接続IP端末
(テレビ電話端末など)
最大4台(LANポート4つ)
無線接続IP端末
(無線LANカード利用端末など)
最大5台
備考RT-200シリーズの場合:上記組み合わせで最大5台接続可能RS-500シリーズ、PR-500シリーズ、RT-500シリーズ、PR-400シリーズ、RV-440シリーズ、RT-400シリーズ、PR-S300シリーズ、RV-S340シリーズ、RT-S300シリーズ、PR-A300シリーズ、RV-A340シリーズ、RT-A300シリーズ、PR-200NE、RV230シリーズの場合、上記組み合わせで最大7台接続可能 (アナログ電話機2台+IP端末5台)

停電時は利用できないので「光モバイルバッテリー」で給電

停電の際は、緊急通報(110・119・118)を含む一切の通話ができなくなります。

また災害時にはどうしても家族と連絡を取らなければいけない場合もあるでしょう。

ひかり電話停電対応機器「光モバイルバッテリー」などを利用することで、一定時間通話が可能となります。

ひかり電話対応機(ホームゲートウェイ)の機種名が「PR」で始まる機種であれば利用可能です。
またスマートフォン用の携帯用バッテリーとしても利用できます。

「光モバイルバッテリー」で停電時も通話ができるようにするには、「停電時発着信機能」がある電話機である必要があります。

今使っている電話機に「停電時発着信機能」があるかどうかについては、電話機の電源コードをコンセントから外しても通話できるかどうかで判断できます。

また「停電時発着信機能」の電話機がなくても、スマートフォンがあれば「スマホdeひかり電話」というサービスを利用することで、スマートフォンをひかり電話の子機として通話に利用することが可能となります。

ただし光モバイルバッテリーによって無線LANが利用できること、「スマホdeひかり電話対応アプリケーション」が必要となります。

ひかり電話で接続できない番号がある

加入電話と異なり、0170(伝言ダイヤル)・0180(テレゴング)、「00XY」にように電気通信事業者を指定して電話をかけることはできません。また、お話し中調べは114ではなく、ひかり電話の場合は0120-444113で確認します。

注意③:ひかり電話だけを単独で契約することはできない

ひかり電話は、インターネット接続設定(回線)を利用したサービスなので、ひかり電話だけの契約をすることはできません。

ひかり電話に対応していない機器がある

ひかり電話Aやナンバー・ディスプレイを利用する場合は、ナンバー・ディスプレイ対応機器が必要となります。

またACR機能などの搭載されている電話機についてはACR機能をオフにしてください。

ISDN回線からひかり電話にする場合、ISDN回線専用のデジタル電話機は利用できません。

またG4FAXや通信機能を備えた情報機器などは利用不可です。

利用しているサービスが引き続き利用可能かを確認する

ホームテレホン・ビジネスホン・ドアホンについては引き続き利用可能ですが、接続設定状況によっては利用できない場合があります。

また、警備会社の信号監視通信、電機・ガス・水道などの遠隔検針で利用されるノーリンギング通信は、ひかり電話サービスで利用できない可能性があります。

引き続き利用開始できるかどうか、契約しているサービス提供事業者へ申込前に確認してください。

050から始まるIP電話について

050から始まるIP電話サービスは、プロバイダーが提供しているサービス。
ひかり電話と併用も可能です。

050IP電話サービスを利用開始するには、IP電話対応機器や無線LANとセットになったIP電話対応機器が必要となります。

またご利用の際には、IP電話サービス、ひかり電話対応VoIPアダプタ(対応アダプタ)、対応VoIPルータ(対応ルータ)、無線LAN対応携帯電話端末によって、設定方法が異なる場合がございます。

さらに、ひかり電話と同時に利用開始する場合は、このIP電話対応機器の種類によって、接続構成・制約事項などが違ってきますので確認するようにしましょう。

例:最新のファームウェアの通知をお知らせする「バージョンアップ通知音」の機能(バージョンアップお知らせ機能)を動作確認することができない、ひかり電話と050IP電話通話中の着信者側・発信者側のキャッチホン動作が異なるなど。

※ひかり電話対応機器のファームウェアの更新有無は、お客さま責任のもと、定期的にパソコンより確認することとなります。

ファームウェアの更新がある場合は、最新のファームウェアを手動でダウンロードし、機器の取扱説明書にしたがってバージョンアップの流れとなります。

ファームウェアの更新作業時のみひかり電話対応機器にパソコンをつなぎ変えます。

フレッツ光のひかり電話まとめ

今までの加入電話・ひかり電話についてお伝えしました。

加入電話などで利用できていたものも引き続きひかり電話で利用可能ですが、若干異なる点もあるので注意が必要です。

しかし、料金サービス・オプションサービスにおいても、ひかり電話が圧倒的にメリットが高いのもお分かりいただけたでしょう。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

固定回線のお悩み解消!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAX申込み人気No.1「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクになっています!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

フレッツ光の電話に関する記事一覧