閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

フレッツ光の申し込み方法に関して

フレッツ光の申し込みから開通までの流れ|どこで契約するのがオススメ?

  

フレッツ光では新規契約の申込み先を工夫するだけで、公式キャンペーンにはないキャッシュバックが受け取れます。

フレッツ光をお得に申し込むなら、以下の代理店窓口がオススメです。

フレッツ光を申込む代理店窓口は、キャッシュバックが確実に受け取れそうな適用条件や申請方法を設けている会社を選びましょう。

フレッツ光の申込みは、以下の流れで行います。

これからフレッツ光の申込みを検討している方に向けて、提供エリアや契約プラン、月額料金などもくわしく解説していきます。

フレッツ光のオススメプロバイダを知りたい方や、フレッツ光の申込みで必要な費用を知りたい方もぜひご覧ください。

この記事でわかること

  • フレッツ光でオススメの申込窓口
  • フレッツ光を申込みに必要な費用
  • フレッツ光を申し込む方法
  • フレッツ光の申込みに関する問い合わせ先
  • フレッツ光の申込みをキャンセルする方法
  • まとめ

フレッツ光でオススメの申込窓口

フレッツ光は公式サイトや電話窓口からでも、申込みができます。

フレッツ光の公式窓口から申し込んだ場合は、以下の公式キャンペーンが受けられます。

フレッツ光東日本 フレッツ光西日本
・にねん割
・ギガ推し!キャンペーン
・フレッツ 光ライトもっとライトに!割引
・単身&かぞく応援割
・光はじめ割
・グループ割
・フレッツ・あっと割引

しかし、フレッツ光の代理店から申し込んだ場合、上記の公式キャンペーンに加えて、代理店限定のキャンペーンが受けられる場合がありますよ。

2019年6月時点で当社が独自に調べた、フレッツ光の代理店窓口7社のキャンペーンを比較してみましょう。

代理店名 東日本 西日本 オプション 振込時期
アウンカンパニ― 個人:5,000円
法人・SOHO・個人事業主:ネット+ひかり電話A:40,000円
ネットのみ:30,000円
個人:5,000円
法人・SOHO・個人事業主:ネット+ひかり電話A:45,000円
ネットのみ:40,000円
不要 開通完了月の翌々月末を目処
シナジーパートナーズ 個人:5,000円
法人・SOHO・個人事業主:最大40,000円
個人:5,000円
法人・SOHO・個人事業主:最大25,000円
不要 開通完了月の翌々月末を目処
ネットナビ 最大70,000円
※法人・SOHO・個人事業主が対象
必要 12ヵ月目の末日まで
ラプター ネット+ひかり電話A:40,000円
ネットのみ:30,000円
※法人・SOHO・個人事業主が対象
ネット+ひかり電話A:45,000円
ネットのみ:40,000円
※法人・SOHO・個人事業主が対象
不要 最短2か月後
Wiz 最大50,000円
※法人・SOHO・個人事業主が対象
最大60,000円
※法人・SOHO・個人事業主が対象
必要 キャッシュバック申請の翌月15日以降
エフプレイン 最大80,000円
※法人・SOHO・個人事業主が対象
必要 半年後
ブロードバンドナビ 最大85,000円
※法人・SOHO・個人事業主が対象
最大73,000円
※法人・SOHO・個人事業主が対象
必要 3ヵ月目に利用状況を確認してから

※2019年6月当社独自調べ

フレッツ光ではアウンカンパニーとシナジーパートナーズの2社のみ、個人契約向けに5,000円のキャッシュバックを用意しています。

フレッツ光で高額キャッシュバックが受けられるのは、法人・SOHO・個人事業主の方が法人契約で申し込んだ場合のみです。

フレッツ光の代理店キャンペーンは、適用条件や申請方法、キャッシュバックの振込時期なども会社によって違います。

お得に申込みたいならキャッシュバック金額だけにとらわれず、受け取りやすい窓口を選ぶのがコツですよ。

フレッツ光の代理店でキャッシュバックのもらいやすさでは、以下の2社がオススメです。

上記2社ともキャッシュバックをもらうための申請手続きは、フレッツ光申込み時にオペレーターへキャッシュバック振込先の口座番号を伝えるだけで、早くて開通の2か月後に現金が振り込まれます。

多くの代理店窓口ではキャッシュバック申請方法として、必要書類を郵送したり、送られてきたメールに記載のURLにアクセスし、アンケートに回答したりしなければいけません。

高額のキャッシュバックを期待して代理店窓口を選んでも、申請手続きが面倒で忘れてしまっては、キャッシュバックが1円ももらえません。

フレッツ光のキャッシュバックについては、フレッツ光でキャッシュバックがもらえる代理店比較や注意点を解説した記事もあわせてご覧ください。

個人でもキャッシュバック!株式会社アウンカンパニー

株式会社アウンカンパニ―では、2019年6月時点でフレッツ光の新規契約に対し、以下のキャンペーンを実施中です。


引用:アウンカンパニー

個人でアウンカンパニーからフレッツ光を申し込む場合は、キャッシュバック5,000円キャンペーンしか適用されませんが、個人向けにキャッシュバックを用意している代理店窓口自体が少ないので、貴重だと言えます。

もし、法人契約で申し込むなら、フレッツ光の新規契約とひかり電話の加入でフレッツ光西日本は45,000円、フレッツ光東日本は40,000円が受け取れます。

個人契約でも法人契約でも、キャッシュの申請方法はアウンカンパニーでフレッツ光を申し込む際に、オペレーターへ電話口で口座番号を伝えるだけなので、ほぼ確実に受け取れるといってもいいでしょう。

ただし、フレッツ光を開通後8か月以内に解約したり、フレッツ光の申込みから6か月以内に開通しなかったりすると、キャッシュバックの適用外になるのでご注意ください。

また、アウンカンパニーでフレッツ光を契約してキャッシュバックを受け取るなら、選べるプロバイダはYahoo!BBのみです。

法人契約なら株式会社ラプター

法人契約でフレッツ光を申し込むなら、株式会社ラプターもオススメです。

2019年6月時点で株式会社ラプターが実施中のキャンペーンは、こちらです。

ラプター キャンペーン内容
引用:ラプター

ラプターのキャッシュバック内容は、アウンカンパニーとまったく同じで、フレッツ光西日本で最大45,000円、フレッツ光東日本で最大40,000円です。

キャッシュバックの申請方法も申込み時にオペレーターへ口座番号を伝え、開通から最短で2か月後には指定した口座へキャッシュバックが振り込まれます。

ラプターがアウンカンパニーと違うのは、プロバイダが選べるという点です。

ラプターでは以下6社のプロバイダを選べて、プロバイダによってキャッシュバック額が変わります。

プロバイダ 東日本エリアのキャッシュバック額
※法人・SOHO・個人事業主が対象
西日本エリアのキャッシュバック額
※法人・SOHO・個人事業主が対象
Yahoo!BB ネット+ひかり電話A:40,000円
ネットのみ:30,000円
ネット+ひかり電話A:45,000円
ネットのみ:40,000円
楽天ブロードバンド
@TCOM
SMART ネット+ひかり電話A:30,000円
ネットのみ:20,000円
ネット+ひかり電話A:35,000円
ネットのみ:30,000円
TiKiTiKi
OCN ネット+ひかり電話A:25,000円
ネットのみ:15,000円
ネット+ひかり電話A:30,000円
ネットのみ:25,000円

法人契約でなおかつ、プロバイダを選びたいという方は、ラプターでの契約も検討しましょう。

さらにお得に光回線を申し込むなら光コラボや他社回線もオススメ!

フレッツ光では代理店窓口からの申込みで、公式キャンペーンに加えてキャッシュバックなどが受けられますが、個人で契約する方にとっては特典が充実している回線とはいえません。

フレッツ光といえば、数年前までは毎日のようにCMをしていたり、家電量販店などでは豪華なキャッシュバックキャンペーンをおこなっていました。

しかし、フレッツ光の回線を他の事業者に貸し出して提供する光コラボレーションがはじまってからは、NTTがフレッツ光の新規契約獲得に力を入れず、キャンペーン内容が少なくなっているのが現状です。

キャンペーンの豊富さを重視して光回線を選ぶなら、個人契約でも高額キャッシュバックなどがもらえる光コラボや、独立回線がオススメですよ。

また、フレッツ光を契約する際には初期工事費がかかりますが、光コラボや独立回線では工事費無料キャンペーンを実施している会社もあり、初期費用を抑えてインターネットをはじめられます。

2019年6月時点で当社が独自に調べたフレッツ光と他社光回線のキャンペーンを、チェックしてみましょう。

回線事業者 月額料金 セット割 適用キャリア 割引
フレッツ光東日本 ・戸建て:5,400円
マンション:3,050円
+プロバイダ料:500円~2,000円
なし 月額料金割引
フレッツ光西日本 戸建て:5,400円
マンション:3,200円
+プロバイダ料:500円~2,000円
なし 月額料金割引
ドコモ光 戸建て:5,200円~5,400円
マンション:4,000円~4,200円
ドコモ ・初期工事費無料
・dポイント最大10,000ptプレゼント
・15,000円キャッシュバック(代理店限定)
ソフトバンク光 戸建て:5,200円
マンション:3,800円
・ソフトバンク
・ワイモバイル
・初期工事費実質無料
・他社解約違約金負担キャンペーン
・最大36,000円キャッシュバック(代理店限定)
NURO光 戸建て:4,743円
マンション:1,900円~4,743円
ソフトバンク ・初期工事費実質無料
・35,000円キャッシュバック
auひかり 戸建て:5,100円
(auひかり ホーム1ギガ
ずっとギガ得プラン)

マンション:3,800円
au ・月額料金大幅割引
・セキュリティソフト無料
・最大52,000円キャッシュバック(代理店限定)
So-net光 戸建て:3,980円
マンション:2,980円
au ・月額料金大幅割引
・オプション最大1年無料
・セキュリティソフト無料
ビッグローブ光 戸建て:4,980円
マンション:3,980円
・au
・BIGLOBEモバイル
・初期工事費無料
・25,000円キャッシュバック
・無線LANルーター12か月無料
コミュファ光 戸建て:5,500円
(1Gホーム
プロバイダ:コミュファ)

マンション:3,980円
(1Gマンション
プロバイダ:コミュファ)
・au ・初期工事費無料
・他社解約違約金負担キャンペーン
・月額料金割引
・最大120,000円キャッシュバック(代理店限定)

※2019年6月当サイト独自調べ
※価格は税抜

フレッツ光と他社回線の大きな違いは、スマホや携帯電話とのセット割の有無です。

フレッツ光以外の回線事業者ではキャリアによってセット割が適用されるので、お使いのキャリアに合わせて選べばインターネット料金だけでなく、通信費全体が節約できますよ。

たとえばドコモユーザーならドコモ光、ソフトバンクユーザーならソフトバンク光やNURO光、auユーザーならauひかりなど選択肢も多いです。

光回線各社のセット割については、キャリアごとのオススメ回線を紹介した記事でもくわしく紹介しています。

また、公式キャンペーンや代理店限定キャンペーンでキャッシュバックが受け取れる回線もあります。

たとえばソフトバンク光では初期工事費と同額のキャッシュバック還元に加え、他社回線からの乗りかえで発生した解約違約金や、回線の撤去工事費などを最大100,000円までキャッシュバックしてくれます。

NURO光やビッグローブ光でも公式キャンペーンとして、新規契約でキャッシュバックを行っていますよ。

キャッシュバック重視で光回線を選ぶなら、光回線のキャッシュバックを確実にもらう方法を解説した記事も参考にしてください。

光回線を契約する際には、自分にとって重視したいポイントはなにかを見極めて選びましょう。

フレッツ光を申込みに必要な費用

それでは、フレッツ光の具体的な申込み手順や費用を紐解いていきましょう。

フレッツ光を申込む際には、初期費用が必要です。

フレッツ光の申込みで必要な料金は、主に以下の2つです。

  • 契約事務手数料
  • フレッツ光の初期工事費

それぞれの料金をくわしく解説していきましょう。

フレッツ光の契約事務手数料

フレッツ光の契約事務手数料は、NTT東日本・西日本共通で800円です。

他社回線では契約事務手数料が3,000円なので、フレッツ光の初期費用は安いといえます。

フレッツ光の初期工事費

フレッツ光を申込むと、おうちにフレッツ光回線を引き込む開通工事を行わなくてはいけません。

フレッツ光の開通工事の工事費用は、契約者が負担します。

フレッツ光の初期工事費用は、NTT東日本・西日本ともに同額です。

工事内容 戸建て住宅 集合住宅
派遣工事
(屋内配線の工程あり)
18,000円 15,000円
派遣工事
(屋内配線の工程がない場合)
7,600円
無派遣工事
(NTT局内工事)
2,000円

※価格は税抜

フレッツ光の初期工事費は一括払いか、31か月間に分割して月額料金と一緒に支払いができますよ。

フレッツ光の工事費については、フレッツ光の工事費の内訳や追加工事費が発生する条件について解説した記事をご覧ください。

フレッツ光を申し込む方法

フレッツ光を申込む方法は、以下のとおりです。

フレッツ光を申込んでから開通工事を行い、フレッツ光が利用できるようになるまで、おおよその目安は2週間~1か月です。

フレッツ光を申込む際には、以下の情報を揃えておくとスムーズに契約できますよ。

  • フレッツ光を利用する住所
  • 料金支払い用の口座番号やクレジットカード情報
  • あればNTTの固定電話の番号
  • 【法人契約の場合】3か月以内に発行された登記簿謄本

1.契約先のエリアを確認する

フレッツ光は日本全国ほとんどのエリアで提供可能な光回線です。

ただし、お住まいの都道府県によって、フレッツ光の契約先がNTT東日本かNTT西日本、どちらかにわかれます。

フレッツ光東日本とフレッツ光西日本では、同じフレッツ光で基本料金や提供しているサービスが違いますよ。

まずはフレッツ光を契約するエリアがフレッツ光東日本なのか、フレッツ光西日本なのかを確認しましょう。

フレッツ光東日本 フレッツ光西日本
運営会社 NTT東日本 NTT西日本
提供エリア 【北海道】北海道
【東北】青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県
【甲信越】山梨県、長野県、新潟県
【関東】東京都、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県
【北陸】福井県、石川県、富山県
【東海】愛知県、岐阜県、三重県、静岡県
【関西】兵庫県、京都府、滋賀県、大阪府、奈良県、和歌山県
【中国】島根県、鳥取県、岡山県、山口県、広島県
【四国】愛媛県、香川県、高知県、徳島県
【九州・沖縄】福岡県、大分県、宮崎県、佐賀県、長崎県、熊本県、鹿児島県、沖縄県

ご自分が契約するのがフレッツ光東日本かフレッツ光西日本かわかったら、それぞれの公式サイトからくわしい提供エリアを調べましょう。

フレッツ光はほとんどの地域で契約できますが、一部の対応外の場所や集合住宅などの物件があります。

フレッツ光の申込み前には、必ず契約住所を入力して契約可能なエリアなのか調べることをオススメします。

フレッツ光のエリアについては、フレッツ光のエリア検索方法をくわしく紹介した記事もご覧ください。

2.契約するプランを決める

お住まいの住所でフレッツ光が契約できるとわかったら、申込むプランを決めましょう。

フレッツ光東日本とフレッツ光西日本は契約できるプランや月額料金が違います。

エリアごとにフレッツ光の契約プランを確認しましょう。

フレッツ光東日本の契約プランと料金

まずはフレッツ光東日本の戸建てタイプのプランをみてみましょう。

契約プラン 月額料金 最大通信速度
ギガファミリースマートタイプ 5,700円 +プロバイダ料金
無線LANルーターレンタル料込
最大1Gbps
ファミリーギガラインタイプ 5,400円 +プロバイダ料金
ファミリーハイスピードタイプ 5,200円 +プロバイダ料金 最大200Mbps
ファミリータイプ 最大100Mbps
フレッツ光ライト 2,800円~5,800円 +プロバイダ料金 最大100Mbps
フレッツ光ライトプラス 3,800円~5,500円 +プロバイダ料金 最大100Mbps

※価格は税抜

フレッツ光では月額料金に無線LANルーターのレンタル料金が含まれた「ギガファミリースマートタイプ」と「ギガラインタイプ」が、最大通信速度1Gbpsで通信できます。

ギガプランについては、ギガスマートとギガラインの違いをくわしく解説した記事もご覧ください。

また、インターネットをあまり使わない方やひかり電話だけを利用したい方は、2つの「フレッツ光ライト」がオススメです。

フレッツ光ライトは2段階定額制のプランで、インターネットを使った量に応じて金額が変わるので、基本料金以内でデータ通信を抑えれば月額2,800円~と戸建てタイプ最安値で契約できます。

フレッツ光ライトについては、フレッツ光ライトの特徴やフレッツ光ライトプラスとの違いを解説した記事をご覧ください。

フレッツ光東日本のマンションタイプでは、以下のプランが契約できます。

契約プラン 月額料金 最大通信速度
ギガマンションスマートタイプ 3,350円~4,350円 +プロバイダ料金
無線LANルーターレンタル料込
最大1Gbps
マンションギガラインタイプ 3,050円~4,050円 +プロバイダ料金
マンションハイスピードタイプ 2,850円~3,850円 +プロバイダ料金 最大200Mbps
マンションタイプ 最大100Mbps
フレッツ光ライトマンションタイプ 2,000円~4,300円 +プロバイダ料金 最大100Mbps

※価格は税抜

フレッツ光では集合住宅内で契約が見込める世帯数によって、料金が変わります。


引用:フレッツ光東日本 ギガラインタイプ

見込み世帯数は同じ集合住宅で何件の契約数が見込めるかを、NTTが検討し決定します。

また、フレッツ光の契約前には物件の大家さんや管理会社に工事が可能かも確認しておきましょう。

フレッツ光西日本の契約プランと料金

フレッツ光西日本の契約プランと料金を確認しておきましょう。

まずは、戸建て住宅にお住まいの方が契約できるプランです。

契約プラン 月額料金 最大通信速度
ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼 5,400円 +プロバイダ料金 最大1Gbps
ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 最大200Mbps
ファミリータイプ 最大100Mbps
フレッツ光ライト 3,200円~6,000円 +プロバイダ料金 最大100Mbps

※価格は税抜

フレッツ光東日本の「ギガラインタイプ」に相当するプランが、フレッツ光西日本の「スーパーハイスピードタイプ 隼」です。

フレッツ光西日本のフレッツ光ネクスト戸建てタイプはすべて同じ月額料金ですが、最大通信速度はプランごとに違います。

戸建てタイプにお住まいの方は、ぜひスーパーハイスピードタイプ隼を申込みましょう。

フレッツ光西日本の隼については、フレッツ光隼をより快適に利用するためのプロバイダ選びを紹介した記事もご覧ください。

ちなみに、フレッツ光西日本の「フレッツ光ライト」は、フレッツ光東日本と違い1種類のみです。

つづいて、フレッツ光西日本で集合住宅にお住まいの方が契約できるプランをみてみましょう。

契約プラン 月額料金 最大通信速度
マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼 3,200円~4,500円 +プロバイダ料金 最大1Gbps
マンション・ハイスピードタイプ 最大200Mbps
マンションハイスピードタイプ 最大100Mbps
フレッツ光ライトマンションタイプ 2,600円~5,400円 +プロバイダ料金 最大100Mbps

※価格は税抜

フレッツ光西日本もマンションタイプは物件内の契約見込み数で、料金が変わりますよ。

フレッツ光のプランへ適用される割引サービス

フレッツ光東日本・西日本では、申込み時に2年間の契約自動更新で申し込むと、月額料金からの割引きサービスが受けられます。

フレッツ光東日本とフレッツ光西日本で受けられる、長期利用割引をみてみましょう。

フレッツ光東日本 フレッツ光西日本
割引サービス にねん割 光はじめ割
適用条件 ・2年間自動更新契約
・フレッツ光ネクストを申込み
割引額 戸建て:700円/月
マンション:100円/月
戸建て:1,100円~1,290円/月
マンション:450円~600円/月
違約金 戸建て:9,500円
マンション:1,500円
戸建て:10,000円
マンション:7,000円

※価格は税抜

フレッツ光東日本では、フレッツ光ネクストを2年契約で申し込むと、にねん割が適用されます。

フレッツ光東日本にねん割
引用:フレッツ光東日本 にねん割

たとえば、フレッツ光ネクストギガラインタイプを戸建てタイプで契約した場合、5,400円の月額料金から700円が割り引かれ、4,700円で利用できます。

フレッツ光ネクストのマンションギガラインタイプなら、16契約以上見込める物件で3,050円から100円引きの2,950円です。

また、フレッツ光西日本では、フレッツ光ネクストの2年契約で光はじめ割が適用されます。

光はじめ割は、1・2年目より3年目以降のほうが割引額は大きくなります。

戸建てタイプのフレッツ光ネクストで、光はじめ割が適用後の料金は以下のとおりです。

フレッツ光西日本はじめ割 戸建て
引用:フレッツ光西日本 光はじめ割

マンションタイプのフレッツ光ネクストで、光はじめ割を適用した料金はこちらです。

フレッツ光西日本はじめ割 マンション
引用:フレッツ光西日本 光はじめ割

毎月の料金を抑えて利用したい方は、2年契約でフレッツ光を申込みましょう。

ただし、にねん割も光はじめ割も、2年以内に解約すると違約金が発生します。

フレッツ光の解約違約金については、フレッツ光の解約金の金額や発生する条件についてまとめた記事をご覧ください。

オプションも同時に申し込もう!

フレッツ光ではインターネットを使ったさまざまなオプションサービスも、提供しています。

フレッツ光の新規契約時にオプションを申し込んでおけば、開通工事時にオプション工事も行ってもらえますので、立ち会いの手間が一度で済みます。

フレッツ光でとくにオススメしたいオプションは、以下の3つです。

サービス内容 オプション料金 オプション基本工事費
ひかり電話 インターネットを使った電話サービス
NTTの固定電話と比べて基本料金や通話料が安い
基本料金500円+通話料 1,000円~4,500円
フレッツ・テレビ インターネットを使ったテレビサービス
パラボラアンテナなど不要で地デジやBSなど視聴可能
さらにオプション追加でスカパー!も視聴できる
750円~ 6,500円~
ひかりTV インターネットを使ったテレビサービス
専用の受信機を取り付けるだけで80ch以上の専門チャンネルとビデオオンデマンドが視聴可能
工事不要
1,500円~ 0円
フレッツ・v6オプション フレッツ光回線の混雑状態を回避するIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービスを利用するためのオプション 0円 2,000円

※価格は税抜

フレッツ光西日本はひかり電話の基本工事費が、フレッツ光の初期工事と同時に工事する場合は無料です。

ひかり電話についてくわしくはフレッツ光ひかり電話のプランや月額料金を紹介した記事を参考にしてください。

また、フレッツ・テレビはフレッツ光の新規契約と同時に申し込めば、開通後に申し込むよりフレッツ・テレビ伝送サービス工事費が安くなります。

フレッツ光のテレビサービスについてはフレッツ光のテレビサービスについてくわしくまとめた記事をご覧ください。

フレッツ・v6プラスオプションは、フレッツ光の速度を安定し、より快適にインターネットを利用する上でぜひ申し込んでおくべきオプションです。

フレッツ光は光コラボとも同じ回線を共有するので、夜間や週末などインターネット利用者が増える時間帯は回線が混み合い、速度が低下しやすかったりつながりにくかったりします。

フレッツ・v6オプションを申し込んでおけば、契約するプロバイダによってv6プラス接続サービスを利用して、回線の混雑状態を回避し、つながりやすい通信方式を自動的に選んでインターネットをつなげます。

フレッツ・v6オプションについてはフレッツ・v6オプションの仕組みや申込方法について説明した記事を参考にしてください。

3.プロバイダを決める

フレッツ光はNTTへの新規契約以外にも、フレッツ光対応プロバイダへの申込みをしなければ、インターネットができません。

フレッツ光は無数にあるプロバイダを、自由に選べます。

基本的には契約者自身がフレッツ光への申込みとは別に、プロバイダ会社へ申込みをします。

フレッツ光のオススメプロバイダについてはフレッツ光のプロバイダ比較や月額料金などを紹介した記事を参考にしてください。

プロバイダパックを選べば料金が割安に!

フレッツ光のプロバイダは契約者が別途申込みをしなくてはいけませんが、フレッツ光ではプロバイダとパックになったプランも用意しています。

フレッツ光プロバイダパック
引用:NTT西日本 プロバイダパック

フレッツ光東日本・西日本のプロバイダパックを選べば、フレッツ光とプロバイダの申込みを一度に行えます。

月額料金も本来はフレッツ光の料金はNTTに、プロバイダ料金はプロバイダ会社に支払いますが、プロバイダパックなら支払いをひとまとめにできますので、便利ですよ。

フレッツ光のプロバイダパックでは、プロバイダ料金の割引サービスなども受けられます。

プロバイダパックに対応したプロバイダ会社と、フレッツ光東日本・西日本ごとのプロバイダ料金は以下のとおりです。

プロバイダ名 プロバイダ料金
(フレッツ光東日本)
プロバイダ料金
(フレッツ光西日本)
特典
WAKWAK 戸建て=950円
マンション=800円
・開通月無料
・23ヵ月間プロバイダ料金500円
・長期利用割引
So-net 戸建て=1,000円
マンション=900円
・開通月無料
・11ヵ月間300円割引
・長期利用割引
・セキュリティソフト12か月間無料
・サポートサービス12か月間無料
ぷらら 戸建て=1,000円
マンション=800円
・1ヵ月間無料
・35ヵ月プロバイダ料金500円
・セキュリティサービス無料
OCN 戸建て=1,100円
マンション=900円
戸建て=1,100円
マンション=810円
・開通月無料
・長期利用割引
・格安スマホとのセット割
hi-ho 戸建て=1,200円
マンション=890円
・開通月無料
・3か月間無料
DTI 戸建て=951円
マンション=680円
・開通月無料
・23か月間プロバイダ料金
戸建て=475円
マンション=340円
・リモートサポート無料
BIGLOBE 戸建て=1,200円
マンション=900円
戸建て=1,000円
マンション=800円
・開通月無料
・開通月翌月以降
36ヵ月間プロバイダ料金500円
(戸建てタイプは37か月~
プロバイダ料金1,000円)
・セキュリティソフト3か月間無料
・リモートサポート2か月間無料
BB.excite 戸建て・マンション=500円
Asahi.net 戸建て=780円
マンション=700円
・最大12か月間無料
・13か月~24か月目
プロバイダ料金500円
・セキュリティソフト12か月間無料
@nifty 戸建て=1,000円
マンション=950円
・開通月無料
・16か月間無料

※価格は税抜

フレッツ光の申込み時にプロバイダ選びに迷ったら、プロバイダパックも検討しましょう。

v6プラス対応のプロバイダを選ぼう!

フレッツ光のプロバイダ選びは、プロバイダ料金のほかにv6プラス接続サービスが利用できるかもチェックして決めましょう。

フレッツ光の速度を安定させるv6オプションを利用するには、フレッツ光でのオプション申込みのほかに、v6プラス対応プロバイダとの契約やv6プラス対応ルーターの設置が不可欠です。

フレッツ・v6オプションを申し込んでいても、プロバイダがv6プラスに対応していなければ意味がありませんよ。

v6プラスに対応した主要プロバイダと、オプション料金やルーターレンタル料をまとめましたので参考にしてください。

プロバイダ名 オプション料金 ルーターレンタル料
So-net 0円 400円
(12か月間無料)
ぷらら 0円 0円
OCN 500円
(v6プラス対応ルーターレンタル代込み)
DTI 0円 500円、
(12か月間無料)
BIGLOBE 0円 500円、
(12か月間無料)
@nifty 0円 レンタルなし
Yahoo!BB 0円 467円
GMOとくとくBB プロバイダ料金込み991円
(v6プラス対応ルーターレンタル代込み)

フレッツ光の速度にこだわるなら、GMOとくとくBBがオススメですよ。

GMOとくとくBBではプロバイダ料金にv6プラスオプションの利用料や、v6プラス対応のルーターレンタル料が含まれており、混雑を回避して通信できます。



フレッツ光の速度についてはフレッツ光の速度向上方法やGMOとくとくBBのオススメポイントなどを紹介した記事もご覧ください。

4.フレッツ光を申し込む

お住まいの住所がフレッツ光の提供エリア内で、契約したいプランやプロバイダが決まったら、フレッツ光を申込みましょう。

フレッツ光の申込窓口は、NTT東日本ならびにNTT西日本以外を含め、いくつかあります。

申込窓口によって受けられるキャンペーン内容が変わる場合もあるので、お得に契約できる申込先を検討しましょう。

申込窓口 具体的な申込先 主なキャンペーン
公式窓口 月額料金割引
代理店サイト 公式キャンペーン
+キャッシュバック、パソコンやタブレット・ゲーム機プレゼントなど
店頭窓口 家電量販店など 公式キャンペーン
+店舗限定ポイントの進呈、商品代金からの割引き

公式窓口では公式キャンペーンだけ受けられますが、代理店窓口から申し込めば、公式キャンペーンとあわせて代理店窓口限定のキャンペーンも受けられます。

フレッツ光の申込み時はキャンペーン内容を比較して、契約先を決めてください。

5.フレッツ光の開通工事

フレッツ光を申込むと、開通工事日の打ち合わせの連絡が工事業者から入ります。

フレッツ光の新規契約には、基本的に業者が自宅へ訪問して行う派遣工事が必要ですので、立ち会いができる日でセッティングしましょう。

フレッツ光の開通工事に必要な時間は、1~2時間程度です。

ただし、フレッツ光導入済みの集合住宅などは、無派遣での開通工事が可能な場合がありますので、申込み時に確認しましょう。

また、光回線の工事は壁に穴をあけることもあるので、集合住宅や賃貸物件の場合、フレッツ光の申込み前に管理会社や大家へ工事を行ってもいいか確認しておかなくてはいけません。

フレッツ光の工事内容については、フレッツ光戸建てタイプとマンションタイプの基本的な工事内容を紹介した記事もご覧ください。

6.フレッツ光の接続・設定

フレッツ光の開通工事が完了したら、契約者自身がONUやホームゲートウェイを無線LANルーターやパソコンに接続し、設定をしなくてはいけません。

フレッツ光の基本工事に含まれているのは、おうちの壁に光コンセントを取り付け、NTTの機器を設置するまでです。

フレッツ光でインターネットがはじめられるように設定するのは契約者で、接続・設定の手順は事前にNTTから送られてくる「開通のお知らせ」などにわかりやすく記載されていますよ。

フレッツ光の接続・設定の主な手順をご紹介しますので、参考にしてください。

  1. NTTの機器にLANケーブルでパソコンか無線LANルーターを接続する
  2. パソコンやスマホからフレッツ光の設定画面へアクセス
  3. プロバイダのIDやパスワードを入力
  4. フレッツ光の設定完了

くわしい接続・設定の方法は、フレッツ光の設定方法を初心者向けに解説した記事で確認してくださいね。

また、接続・設定に自信がない、自分でするのは面倒という方は、フレッツ光のセットアップサービス(3,000円~)を新規契約と同時に申し込んでおきましょう。

セットアップサービスを利用すれば、初期工事の際にそのまま、フレッツ光の接続設定も業者が行ってくれます。

工事後はすぐにフレッツ光でインターネットができるよう整えてくれるので、メリットを感じる方は活用しましょう。

契約するプロバイダによっては、初回のみ無料で訪問サポートを実施している会社もありますよ。

フレッツ光の申込みに関する問い合わせ先

フレッツ光の申込みに関する問い合わせは、フレッツ光東日本・西日本共通で以下の電話番号に連絡しましょう。

フレッツ光東日本・西日本共通:0120-116116(受付時間=9時~17時)

フレッツ光の導入や現在の光回線からの乗りかえなどで不安や疑問がある方は、申込みの前に問い合わせて解消しておきましょう。

フレッツ光の申込みをキャンセルする方法

フレッツ光を申込み後に契約をキャンセルしたくなった場合は、すぐにフレッツ光へ連絡をしましょう。

インターネット契約には「初期契約解除制度」があり、申込みをした日、もしくは契約書類が届いた日の遅い方から8日以内であれば、フレッツ光の解約金なしで解約ができます。

ただし、8日間を過ぎてしまうと通常通りの解約となり、解約金などが発生してしまうので、キャンセルを決めたらすぐに問い合わせましょう。

また、初期契約解除制度の期限内でもフレッツ光の開通工事が完了していたときは、工事費用の支払い義務があることも覚えておいてください。

まとめ

フレッツ光では代理店窓口からの申込みで、個人契約・法人契約ともにキャッシュバックが受け取れます。

フレッツ光の個人契約・法人契約でそれぞれのオススメ代理店窓口は、以下の2社です。

フレッツ光の公式キャンペーンとしては月額料金割引しかありませんので、代理店窓口から申込んでお得に契約をしましょう。

また、フレッツ光を申込む際にはまず、ご自分のエリアがフレッツ光東日本かフレッツ光西日本か調べます。

フレッツ光東日本・西日本によって、契約できるプランや月額料金などが異なりますよ。

フレッツ光の申込み時にはプロバイダやオプションサービスなども決めておきましょう。

もし、キャッシュバックやキャンペーンが豊富な光回線を選びたいなら、フレッツ光以外にも光コラボや独立回線も視野に入れて検討してくださいね。

光回線窓口ランキング 2019年11月28日更新

※こちらのランキングは「キャッシュバック額」「受け取りやすさ」「受け取り時期」「手続き」方法で判定しています。

モバイルWiFiルーター窓口ランキング 2019年11月28日更新

ホームルーター窓口ランキング 2019年11月28日更新

フレッツ光の申し込み方法に関する新しい記事一覧