閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

ドコモ光パックのしくみと割引額を解説!セット割は本当にお得なのか

ドコモ光パック

docomoのスマホや携帯を使っているみなさんにとって、ドコモ光とのセット契約で月額料金が安くなる「ドコモ光パック」は魅力的な割引サービスですよね。
でも、中には「本当にちゃんとお得なの?」と、他の光回線との比較が気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ドコモ光パックの具体的な割引額を紹介するとともに、他社サービスとの比較結果もあわせてピックアップ!
ドコモ光パックの仕組みについても詳しく解説していきますので、ご参考ください。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

ドコモ光パックの適用条件はdocomoのパケットパックとドコモ光のセット利用

ドコモ光パックは、次の2つのサービスを同時に利用することで適用できます。

  • ドコモ光のインターネット回線
  • docomoスマホ・携帯のパケットパック

携帯・スマホのペア回線から割引がかかる

割引の仕組みは、ドコモ光の回線1契約あたり1台のスマホ・携帯を「ペア回線」として組み合わせ、このペア回線で利用中のパケットパックの種類に応じて割引額が決定するというもの。

実際に料金が安くなるのもこのペア回線のスマホ・携帯の月額料金から割引がかかります。
複数のスマホ・携帯を持っていても組み合わせることができるのは1回線のみなので、このあと紹介する割引額を参考に、最も割引が大きくなる回線をペア回線に指定しましょう。

ちなみに、ペア回線に選ぶことができるのはドコモ光と同じ名義のスマホ・携帯回線のみです。

ドコモ光パックの割引額はいくら?他の回線のセット割比較!

ドコモ光パックの気になる割引額は、スマホ・携帯で利用しているパケットパックによって異なります。
そもそもパケットパックには、家族向けのシェアパックと個人向けのデータパックの2種類があり、使える容量別にさらに細かい料金プランも設定されていますので、それぞれのプランごとの割引額を表にまとめてみました。

【家族で利用する場合】
パケットパック名割引前の月額料金(参考)割引額
ウルトラシェアパック10025,000円-3,500円
ウルトラシェアパック5016,000円-2,900円
ウルトラシェアパック3013,500円-2,500円
シェアパック1512,500円-1,800円
シェアパック109,500円-1,200円
シェアパック56,500円-800円
【1人で利用する場合】
パケットパック名割引前の月額料金(参考)割引額
ウルトラデータLLパック(30GB)8,000円-1,600円
ウルトラデータLパック(20GB)6,000円-1,400円
データMパック(5GB)5,000円-800円
データSパック(2GB)3,500円-500円(※)
ケータイパック(2GB)300~4,200円-500円(※)

※ドコモ光の料金から最大1年間の割引です。

ちなみに、ドコモ光の契約プランには戸建てとマンションの2つのタイプがありますが、どちらで申し込みを行ってもセット割の割引額は同じです。

長年使うほどお得になるずっとドコモ割との併用が可能

ドコモ光パックでは、セット割引に加えてスマホ・携帯側の「ずっとドコモ割」も併用できます。
ずっとドコモ割はdocomoの契約年数に応じて割引額がアップしていくサービスで、docomoのスマホ・携帯を長く使えば使うほど月額料金がお得になるのです。

【家族で利用する場合】
パケットパック名割引前の月額料金(参考)利用年数に応じた割引額
4年8年10年15年
ウルトラシェアパック10025,000円-1,000円-1,200円-1,800円-2,500円
ウルトラシェアパック5016,000円-800円-1,000円-1,200円-1,800円
ウルトラシェアパック3013,500円-600円-800円-1,000円-1,200円
シェアパック1512,500円-600円-800円-1,000円-1,200円
シェアパック109,500円-400円-600円-800円-1,000円
シェアパック56,500円-100円-200円-600円-800円
【1人で利用する場合】
パケットパック名割引前の月額料金(参考)利用年数に応じた割引額
4年8年10年15年
ウルトラデータLLパック8,000円-200円-400円-600円-800円
ウルトラデータLパック6,000円-100円-200円-600円-800円
データMパック5,000円-100円-200円-600円-800円
データSパック3,500円-600円
ケータイパック300~4,200円最大-300円

たとえばウルトラシェアパック100でドコモ歴15年以上の場合、先ほどのセット割引と組み合わせることで毎月6,000円も支払料金が安くなります。

ドコモ光パックはシェアパックをペア回線に設定することで家族みんなお得になるしくみ

先ほどドコモ光パックの割引が適用されるのはペア回線のみというお話をしたので、「それだとペア回線以外のスマホ・携帯は割引の恩恵を受けられないの?」と思った方もいるかもしれませんが、ご安心ください!

docomoのパケットパックのなかでも、シェアパックは家族でパケットを分け合って利用することを前提にした料金プランで、使える容量が多い分割引額も大きくなっているので、このシェアパックを契約しているスマホ・携帯をペア回線に指定すれば、結果的に家族全員が割引を受けているのと同じことです。

シェアパックについてはこちらの記事でも詳しく解説していますので、あわせてください。

docomoとのセット割が効くインターネット回線はドコモ光のみ

また、docomoのスマホ・携帯と自宅のインターネットをまとめて安くしたい場合、docomoユーザーが選べるのはドコモ光一択です。
こちらのサイトからの申し込みで最大15,500円のキャッシュバックをはじめ、総額最大53,500円もお得にドコモ光を使いはじめられるチャンス!
ドコモ光の契約を検討しているみなさんは、1度チェックしてみてください。

おすすめ窓口最大15,000円キャッシュバック
ドコモ光トップページ
工事費無料キャンペーン中!
ドコモユーザーならdポイント最大10,000ptプレゼント! スマホと光がセットで毎月のスマホ料金が最大2,500円割引!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

途中でパケットパックを変更したらドコモ光パックの割引額も変更になる

先ほど紹介したように、ドコモ光パックの割引額は契約中のパケットパックに応じて変動します。
そのため、途中でパケットパックの種類を変更すれば、それに伴いセット割の割引額も更新されることを覚えておきましょう。

合計料金が実は高い?他の光回線のセット割との比較

シェアパックのスマホ・携帯をペア回線に設定することで家族全員が恩恵を受けられるとはいえ、他社サービスのなかには実はもっとお得なセット割引を提供している光回線もあります。
それがズバリ「ソフトバンク光」で、こちらはSoftBankスマホ・携帯とのセット割引(=おうち割)ですが、具体的にはインターネット回線1契約あたり、スマホ・携帯10回線までの月額料金がそれぞれ毎月1,000円引きに。
たとえば4人家族なら、1,000円×4人=最大4,000円が割り引かれるんですね。

ちなみに「auひかり」のセット割(=auスマートバリュー)も割引の条件はおうち割と同じなのに対して、ドコモ光パックの場合、最もお得な「ウルトラシェアパック100」でも割引額は3,500円。
しかも、このシェアパックを4人で使用すると1人あたりの容量は25GBになり、かなりの大容量です。
一般的には5GBもあれば十分なので、現実的には「シェアパック15」か「ウルトラシェアパック30」あたりを使用することを考えると、割引額はもっと下がります。

つまり、ドコモ光パックは大容量のシェアパックを選択しない限りあまりお得とはいえず、同じキャリアを使用している家族が多ければ多いほど、スマホ・携帯1回線ごとに1,000円の割引が受けられるソフトバンク光やauひかりのほうが、セット割引による恩恵は大きくなるでしょう。

【当サイト限定キャンペーン】携帯ごとSoftBankへ乗り換えると最大105,000円キャッシュバック中!

とはいえdocomoユーザーのみなさんは、今のままではドコモ光以外のセット割を適用できません。
「そのためにわざわざキャリアを乗り換えるのもなぁ…」と、イマイチ踏ん切りがつかない方も多いかと思いますが、実は当サイト限定で、スマホ・携帯ごとSoftBankへ乗り換えた方に最大105,000円もの高額キャッシュバックを実施中!

この機会にもっとお得なセット割引を利用したい!というみなさんは、次のページをチェックしてみてください。

ドコモ光を解約するとドコモ光パックは適用外になってしまう

ドコモ光パックはインターネット回線とスマホ・携帯のセット割なので、ドコモ光の回線を解約してしまうと、その時点で割引も解除されます。
他にもドコモ光を解約する際には気を付けておきたいポイントがいくつかありますので、解約前には次の記事にも目を通しておきましょう。

docomo携帯を解約してもドコモ光自体は継続利用できる

docomoのスマホ・携帯を解約した際にもセット割は終了しますが、ドコモ光のインターネット回線自体は引き続き利用できます。
もともとドコモ光パックの割引はスマホ・携帯の月額料金に対して適用されるものなので、ドコモ光の請求金額が変わることもありません。

ドコモ光パックのまとめ

ドコモ光パックのセット割は「ずっとドコモ割」とも併用ができ、長年のdocomoユーザーにとっては魅力的な割引サービスとなっています。
ただし、パケットパックの容量が少ないと割引額も小さくなってしまうため、個人向けのデータパックを利用している方や、ドコモ歴が短い方にとってはあまりお得感がありません。

一方ソフトバンク光やauひかりのセット割引なら、1契約あたり10回線まで、スマホ・携帯が1回線増えるごとに割引額も1,000円アップし、同じキャリアを使用している家族が多い場合はドコモ光パックよりもお得になりやすいでしょう。

また、現在すでにドコモ光を利用しているみなさんには、こちらの記事もおすすめです。
今回紹介した内容とあわせて、チェックしてみてください。

他店対抗でお得!ドコモ光おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口ネットナビ

最大15,000円キャッシュバック!
ドコモ光をお得に申し込めるおすすめ窓口!ドコモの携帯とドコモ光をセットにすると、年間の携帯料金が最大42,000円も割引に!さらにdポイントも最大10,000ptもらえます!まずは料金イメージのご相談を!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事