閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

更新

BroadWiMAXの解約方法!違約金を抑える4つの方法と注意点

broadwimax 解約の注意点

月額料金がリーズナブルで、キャンペーンが豊富なことで知られるBroad WiMAXは、人気のWiMAXプロバイダの1つです。

Broad WiMAXの解約違約金は税抜き9,500~19,000円と決してお値打ちではありませんので、できれば違約金なしに解約したいですよね。

この記事では、Broad WiMAXの違約金を抑える方法を4つ紹介しますので、お得に解約したい方は要チェックです!

Broad WiMAXの解約前に知りたい!解約のベストタイミング

Broad WiMAXの3年縛りプラン(月額最安ギガ放題プランと月額最安ライトプラン)に加入している場合は、解約タイミングによって最大19,000円の解約違約金が発生します。

契約月を0か月目として数えると
解約違約金
0か月目~12か月目
19,000円
13か月目~24か月目
14,000円
25か月目~36か月目、38か月目以降
9,500円
37か月目、63か月目、109か月目…
0円

※料金はいずれも税抜き表示です。

解約違約金を支払いたくない方は、できるだけ解約更新月(37か月目から3年ごとの1か月間)に解約しましょう。

注意!25日までに連絡しなければ当月解約とならない

Broad WiMAXでは、25日までに解約申請をすると当月解約が可能ですが、26日以降に解約申請をすると、翌月解約になってしまいます。

解約月が1か月遅れると、月額料金も1か月分余計に支払わなくてはいけなくなってしまいますので、解約を決めたらすぐにBroad WiMAXに連絡しましょう。

なお、Broad WiMAXでは電話で解約手続きをすることも可能ですが、解約専用ダイヤル(050-5212-7322)は日曜と年末年始を除く毎日11:00~18:00のみの受付です。

曜日や時間によっては翌日以降の受付となり、解約手続きが速やかに終わらない可能性があります。

また、2014年1月24日以前にBroad WiMAXに契約した場合は、解約申請書の受取と返送が必要です。

解約に時間がかかり、解約月が翌月にずれ込むこともありますので、解約を思い立ったら早めにBroad WiMAXに電話するようにしてください。

Broad WiMAXを解約したらいつまで使える?

Broad WiMAXは解約月の月額料金が日割り計算されませんので、解約を申し入れた月の末日まではWiMAXをそのまま利用できます。

一方、26日以降に解約を申し入れた場合は、翌月の末日が解約日ですので、翌月末日までWiMAXを利用できます。

Broad WiMAXの解約方法

Broad WiMAXの解約は、解約専用ダイヤルに電話をかけて実行します。

<BroadWiMAXの解約専用ダイヤル>

  • 050-5212-7322
  • 日曜と年末年始を除く11:00~18:00のみの受付

すぐに解約したい方はウェブ解約の利用がおすすめです。

端末の返却は基本的に不要

Broad WiMAXでは、端末機器は契約時に無料でプレゼントされます。

そのため、端末の返却は不要です。

Broad WiMAXのオプションを解約する方法

BroadWiMAXの解約時は、オプションも併せて解約する必要があります。

オプション契約の解約方法は、次のとおりです。

  1. Broad WiMAXの会員ページBroadサポートサイトにログインする
  2. 「ご契約内容の変更」タブをクリックする
  3. 「オプション解約申請フォーム」をクリックする
  4. 解約するオプションを選択し、必要事項を入力して送信する
  5. Broad WiMAXに登録したメールアドレスに、受付完了の自動メールが届いたことを確認する

注意!Broad WiMAXを解約するとauスマートバリューmineの適用がなくなる

Broad WiMAXに契約しているauユーザーは、スマホ料金が割り引かれるauスマートバリューmineが適用されている場合が多いです。
しかし、
Broad WiMAXを解約すると、auスマートバリューmineの適用はなくなりますので、翌月以降のスマホ料金が高くなります。

auユーザーがBroadWiMAXを解約する際は、GMOとくとくBBなどWiMAXとauスマホのセット割を引き続き利用できるWiMAXプロバイダへの乗り換えがおすすめです。

Broad WiMAXの解約違約金を抑える4つの方法

Broad WiMAXを解約する時は、解約する月によって最大19,000円もの解約違約金が発生します。

解約違約金を抑えるために、次の4つの方法をぜひ実践してみてください。

1:契約更新月に解約する

3年ごとの契約更新月に解約すれば、解約違約金を支払わずに解約できます。

契約月の翌月を1か月目として、37か月目、63か月目、109か月目…に解約しましょう。

2:ご満足保証を利用して解約する

Broad WiMAXではご満足保証キャンペーンを終了日未定で実施しており、Broad WiMAXに満足できなかった人は、解約違約金無料で他の回線に乗り換えられるようになっています。

Broad WiMAXが提案する回線にBroad WiMAX経由で乗り換えることが条件ですが、ソフトバンク光やビッグローブ光、auひかり、So-net光などの人気回線を紹介してくれますので、満足度の高い乗り換えが実現できます。

ご満足保証キャンペーンの適用手順は以下のとおりです。

  1. 契約書類に記載されているご満足保証キャンペーン専用の電話番号に電話をかける
  2. Broad WiMAXがすすめる回線業者の中から最適な業者を選択する
  3. 回線開通後、解約違約金不要でBroad WiMAXを解約する

3:契約から8日以内なら初期契約解除制度で契約をキャンセル

契約して8日以内なら、初期契約解除制度を活用して契約自体をキャンセルできます。

契約そのものをキャンセルしますので、解約違約金はもちろん発生しません。
以下の手順でキャンセルしましょう。

  1. 解約専用ダイヤル(050-5212-7322、日曜と年末年始を除く毎日11:00~18:00)に電話をかける
  2. 電話をかけてから7日以内に、端末配送時の箱に端末機種とUSBケーブル、保証書の4点をすべて入れて返送する
  3. 返送の確認ができたら、キャンセル完了。同梱物が不足しているときは、初期契約解除制度が適用されないだけでなく、機器損害代として税抜き20,000円を請求される

電話が繋がりにくいときは、インターネット経由でも解約できます。

ご契約解除申請フォームを開き、「端末到着が8日間以内の方」をクリックして、必要事項を記入して送信しましょう。

※初期契約解除制度を使って解約する時は解約違約金は不要ですが、事務手数料税抜き3,000円はかならず請求されます。

4:他社解約金・違約金負担制度を利用する

自由に乗り換え先を選びたい方は、解約違約金還元キャンペーンを実施しているソフトバンク光やauひかり回線への乗り換えがおすすめです。

ソフトバンク光なら最大100,000円、auひかりなら最大30,000円まで違約金を還元してくれますので、解約違約金を支払わずに乗り換えることができます。

また、ソフトバンク光とauひかりは、解約違約金還元キャンペーン以外にも高額キャッシュバックや月額料金割引キャンペーンなどを実施していますので、Broad WiMAXのご満足保証キャンペーンを利用するよりもお得に乗り換えられますよ。

Broad WiMAXで解約証明書の発行手続きを行う方法と注意点

ソフトバンク光やauひかりの解約違約金還元キャンペーンを利用するためには、Broad WiMAXから解約証明書を受け取る必要があります。

解約を申し込むときに解約証明書の発行を依頼するか、会員ページから解約違約金が請求されたことが分かる画面をプリントアウトしてください。

【番外】Broad WiMAXに解約の電話が繋がらないときの対処法

Broad WiMAXの解約専用ダイヤルは、火~土の14:00~17:00が比較的つながりやすいです。

なかなか電話がつながらないときは、ご契約解除申請フォームから解約申請するようにしてください。

まとめ

BroadWiMAXの解約は、解約窓口に電話をして行います。

また、BroadWiMAXは解約のタイミングによって解約違約金が発生する場合があります。

<BroadWiMAXの解約専用ダイヤル>

  • 050-5212-7322
  • 日曜と年末年始を除く11:00~18:00のみの受付

Broad WiMAXは、解約違約金なしに解約する方法は、次のとおりです。

  • ご満足保証を利用して解約する
  • 契約更新月に解約する
  • 契約から8日以内なら初期契約解除制度で契約をキャンセル
  • 他社解約金・違約金負担制度を利用する

不要なお金を払わないためにも、解約違約金なしに解約するようにしてください。