閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ドコモ光のIPv6って何?通信速度に不満な方はぜひ!

「IPv6にしたら速くて快適だよー」なんて話を小耳に挟んだことがある方もいるかもしれませんが、そもそもIPv6ってなに?ドコモ光で使えるの?

今回は、そんなみなさんの疑問を一気に解決!

IPv6でネットが速くなると言われている理由や、ドコモ光でIPv6が利用できるおすすめプロバイダをまとめてご紹介していきますので、今の回線速度に不満のある方はもちろん、IPv6の仕組みが知りたい方もぜひ参考にしてくださいね。

IPv6とは?

そもそもIPv6とは、インターネットに接続するための方法のひとつで、これまでの接続方法=IPv4がバージョンアップしたものです。

そんなIPv6の最大のメリットはズバリ「速さ!」。

従来のIPv4だと回線が混雑してしまっていた時間帯でも、IPv6ならサクサク快適にネットを楽しむことができます。

IPv6が速い理由

IPv4に比べて、IPv6のほうが速いのは一体どうしてなのでしょうか。

その理由は、IPv6になってから新しく登場した「IPoE」方式にあります。ここまでひと口にIPv6と言ってきましたが、実はIPv6には「PPPoE」「IPoE」という2つの種類があって、「速くて快適だよ!」と言われているのは「IPoE」のほうなんです。

また、従来のIPv4にも正確には「PPPoE」という方式が使われていて、まとめると次のようになります。

  • IPv4 PPPoE
  • IPv6 PPPoE
  • IPv6 IPoE(←速い!)

要するに、PPPoE方式からIPoE方式に変わったことで速くなった!というわけですね。

IPoE方式だと何がスゴイの?

ここで気になるのが「なんでIPoE方式だと速いの?」という疑問ですが、その理由はPPPoE方式との違いに注目するとよく分かります。

2つの方式を私たちが普段乗っている車に例えると、車の出せる最高速度が時速100kmだとしても、PPPoE方式という道では20kmまでしか出しちゃいけませんよ、という速度制限があります。

一方、IPoE方式という道には特にそういった制限はないので、最高速度でブーンと飛ばすことができるんです。

これを光回線の話に置き換えると、PPPoE方式では回線速度が最大1Gbpsでも実際に出せるのは大体200Mbpsまで、IPoE方式では回線が最大1Gbpsなら実際に出せるのも最大1Gbpsまで。

IPoE方式のほうが回線の実力をフルに発揮できるので、実際に出るスピードも段違いに速くなるんですね!

IPoE方式なら混雑を避けられる

速度制限がないことに加えて、IPoE方式は抜け道のスペシャリストです。車が渋滞に巻き込まれそうになっても、「あっちの抜け道を通りましょう!」とスイスイ走り抜けることができます。

そのため、休日や夜間など多くの人がネットを利用する時間帯でも、回線の混雑を避けてサクサク接続することができるんですね。

口コミでも感激の声が続々と寄せられています。

IPv6 IPoEが利用できるプロバイダ

いざドコモ光に乗り換えよう!と思ったとき、ドコモショップでは混雑してなかなかスムーズに申し込むことができません。

そもそも営業時間内にお店に行くのが難しい…という人も多いと思いますので、時間を有効に使いたい!というみなさんはWeb代理店から申し込みを行いましょう。

ここからは、そんな速くて快適なIPv6 IPoEを利用できるドコモ光のプロバイダをご紹介します。

So-net

So-net×ドコモ光の月額利用料が、戸建て5,200円・マンション4,000円です。
無料でIPv6を利用することができ、他のプロバイダでは有料オプションになっていることが多いメールのウイルスチェックサービスが無料なところも嬉しいポイントです。

ドコモ光の利用者なら、Windows・Mac・Androidに対応したセキュリティソフト(月額500円)が2年間無料、接続設定などのサポートが1回無料と、ほかにも特典のオンパレード!

ドコモ光でIPv6を使うなら、おすすめのプロバイダですよ。

最大93,400円割引でおトク!
スマホと光をセットでまとめて節約!

ドコモ光がおトクなポイント

  • 新規申込みでdポイントが20,000ポイントもらえる!
  • 窓口限定で最大5,000円キャッシュバック!

こちらの代理店では、ドコモ光の申し込みを24時間いつでも受け付けてくれます。
IPv6さながらの対応の早さで、スピーディーに乗り換えが完了すること間違いなしですよ!

ドコモ光のIPv6についてのまとめ

IPv6には「PPPoE方式」と「IPoE方式」の2種類があり、「IPoE方式」では速度制限がかからないので、回線のスピードをフルに実感できることが分かりました。

その上IPv6 IPoEなら、アクセスが集中する時間帯でも混雑を避けられ、1日中サクサク快適。
これまで通信速度が遅くてイライラしていた人は、ドコモ光のIPv6に乗り換えるだけでそのストレスともおさらばできるでしょう。

ただ、IPv6 IPoEにはまだ対応していないプロバイダもあります。
今回ご紹介したおすすめプロバイダを参考に、ぜひみなさんもIPv6 IPoEが使えるプロバイダでドコモ光を利用してみてくださいね!