閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

auひかりが繋がらない?考えられる原因と対処法を一挙紹介!

auひかり 繋がらない

auひかりでインターネットに繋がらないと困りますよね。

auひかりでインターネットに繋がらなくなったときは、まずPCやスマホ、タブレット、ホームゲートウェイなどの機器を再起動してみましょう。

それでも直らない場合は、以下のようなことが起こっている可能性があります。

  • 料金の支払いがされておらず利用停止措置がとられた
  • auひかりで障害が発生している
  • LANケーブルの規格が高速通信に対応していない
  • LANケーブルが断線している
  • 無線LANルーターの規格が高速通信に対応していない
  • auひかりの機器が故障している

単に通信が遅いのではなく、まったく繋がらないとなると、機器の不調や故障も考えられます。
ここでは、考えられる原因や対処法を詳しく解説します。

なお、auひかりの速度が「遅い」と感じている人は、通信速度の遅さに対する対処法を解説している記事をご覧ください。

まずは機器を再起動してみよう

ネットワークがつながらない場合、PCやスマホ、タブレットの不調が原因の場合も多いです。

端末を再起動しても復旧しない場合や、特定の端末だけでなく他の端末でもつながらない場合は、auひかりのネットワークに問題があると考えられます。

端末を再起動しても直らない場合は、ホームゲートウェイ(ONU)を再起動してみましょう

再起動の方法は次のとおりです。

  1. 接続しているPCやスマホ、タブレットなどの端末の電源を切る
  2. auひかりのホームゲートウェイの電源アダプタを抜く
  3. その後、20秒待ってから、電源アダプタを接続して電源をONにする
  4. 端末を起動し、ブラウザを起動してインターネットに接続してみる

ホームゲートウェイを再起動しても問題が解決しない場合は、他の対処が必要です。

ホームゲートウェイの初期化も試してみよう

ホームゲートウェイの緑のランプが点灯している場合は正常に稼働中で、赤のランプが点灯している場合はなんらかの異常が発生している状態を示します。

再起動してもランプが赤く点灯している場合は、ホームゲートウェイの取扱説明書や公式サイトの「機器の動作情報確認」を見て、必要に応じて初期化や設定のし直しを行いましょう。

ホームゲートウェイの初期化方法は次のとおりです。

  1. ホームゲートウェイの電源を落とす
  2. ホームゲートウェイの上部にある「更新」ボタンを押しながら電源を入れる

auひかりが繋がらない!考えられる原因・対処法

端末やホームゲートウェイなどの機器を再起動してもauひかりがつながらない場合は、次のようなことが起きていると考えられます。

これらの原因に対する対処法をご説明します。

auひかりの料金支払いがされておらず利用停止措置がとられた

インターネットがつながらないのは、auひかりの料金の支払いが滞っているためという場合もあります。

auひかりでは、利用料金の引き落としができなかった場合でも、支払いに1ヶ月の猶予期間があります。

しかし、1ヶ月を超えても支払いがなかった場合、引き落としできなかった月の翌月末にインターネットが停止されます

さらに1ヶ月滞納すると強制解約されてしまい、解約違約金・開通工事費の残債・撤去工事費などの解約金が発生しますので注意が必要です。

たとえば、5月末引き落とし分から滞納したとすると、6月末頃にインターネットが停止され、7月末に強制解約されます。

このように、強制解約までのスパンが短めなので注意が必要です。

支払いが滞ると支払い通知と払込用紙が届くので、強制解約される前に支払いを済ませましょう。

auひかりで障害が発生している

インターネットが繋がらない原因が、auひかり側で発生している障害の場合もあります。

障害の発生状況は、「KDDIの障害・メンテナンス情報」からauひかり(ホーム・マンション)の情報を確認してください。

スマホなどの別の手段でインターネットが使える環境で、KDDIの公式サイトの障害情報をチェックしましょう。

SNSなどで、同じようにインターネットを使えない人がいないか検索するという方法もあります。

もし障害が発生していた場合には、復旧まで待つしかありません。

LANケーブルの規格がauひかりの高速通信に対応していない

auひかりでは最大1Gbpsという高速通信が可能ですが、自宅で使っているLANケーブルが高速通信に対応していないと通信速度が出ません。

ここで重要なのが、LANケーブルの規格(カテゴリー)です。

<LANケーブルの規格一覧表>
LANケーブルの規格
最大速度
伝送帯域
CAT5(カテゴリー5) 100Mbps 100MHz
CAT5e(カテゴリー5e) 1Gbps 100MHz
CAT6(カテゴリー6) 1Gbps 250MHz
CAT6a(カテゴリー6a) 10Gbps 500MHz
CAT7(カテゴリー7) 10Gbps 600MHz
CAT8(カテゴリー8) 40Gbps 2000MHz

使用するLANケーブルが、auひかりの契約プランの最大速度に対応しているかを確認する必要があります。

auひかりで十分な通信速度を出すためには、LANケーブル規格(カテゴリー)がCAT5e以上のものが望ましいです。

さらに、高速サービスの「auひかり ホーム5ギガ・10ギガ」プランの速度を活かすには、最大速度10Gbpsまで対応するCAT6a以上のLANケーブルが必要です。

LANケーブルに「CAT5」などの文字が印字されていますので、お使いのLANケーブルの規格を確認しましょう。

求められる規格を満たしていないLANケーブルを使っていた場合は、交換しましょう。

なお参考までに、auひかりの最大速度一覧は次のとおりです。

プラン
通信速度の最大値
対応する
LANケーブル規格
ホーム
ホーム10ギガ
上り・下り 10Gbps CAT6a以上
ホーム5ギガ
上り・下り 5Gbps
ホーム1ギガ
上り・下り 1Gbps CAT5e以上
マンション
マンションギガ
マンションミニギガ
上り 1Gbps
下り 1Gbps
CAT6a以上
タイプF
上り 100Mbp
下り 100Mbps
CAT5以上
タイプE
上り 100Mbp
下り 100Mbps
タイプV
都市機構デラックス
上り 100Mbps
下り 35Mbps

それぞれのプランでの最大速度を出すためには、対応する規格以上のLANケーブルを使用してください。

LANケーブルが断線している

LANケーブルが断線していると、インターネットに繋がりません。

無線LANを使っていてLANケーブルで有線接続していなくても、ホームゲートウェイとルーターの間などにLANケーブルが使われています。

お使いのインターネット環境のLANケーブルを調べて、劣化や断線が発生していないか確認しましょう。

LANケーブルを買い替える際には、上記の「LANケーブルの規格がauひかりの高速通信に対応していない」でご説明したLANケーブルの規格を満たしているかを確認してから購入してください。

無線LANルーターの規格がauひかりの高速通信に対応していない

無線LANルーターの規格がauひかりの高速通信に対応していないため、通信速度が出ない場合もあります。

auひかりの通信速度を活かしたいなら、「IEEE802.11n」か「IEEE802.11ac」を選びましょう。

十分な通信速度を出したいのであれば、「IEEE802.11ac」がよりオススメです。

「11ac」より下の規格の無線LANルーターだった場合は、交換して利用するのが望ましいです。

以下で、無線LANルーターの規格の調べ方についてご説明します。

<無線LANルーターの規格表>
無線LANルーターの規格 最大通信速度
IEEE802.11b 11Mbps
IEEE802.11g 54Mbps
IEEE802.11a 54Mbps
IEEE802.11n 600Mbps
IEEE802.11ac 6.9Gbps
IEEE802.11ad(WiGig) 6.8Gbps
IEEE802.11ax 9.6Gbps

 
お使いの無線LANルーターの規格を調べる方法は、次のとおりです。

Windowsをお使いの場合は、次のように調べてください。

  1. WindowsキーとXキーを押して、「ファイル名を指定して実行」を選択し、「cmd」と入力する
  2. コマンドプロンプトが起動したら、「netsh wlan show interface」と入力する
  3. 表示された「無線の種類」を確認する

Macをお使いの場合は、次のように調べてください。

  1. 「option」キーを押しながら、Wi-Fiマークをクリックする
  2. 「PHYモード」を確認する

上記でご説明したとおり、auひかりの通信速度を活かしたいなら、IEEE802.11nかIEEE802.11acの無線LANルーターを選びましょう。

auひかりの機器が故障している

auひかりのホームゲートウェイやONUが故障している場合、インターネットに接続できません。

ホームゲートウェイやONUは、auひかりを使うために必要な機器です。

これらの機器が故障してしまうと、auひかりを利用できません。

再起動をしても異常を示す赤いランプが表示されたままであるなど、auひかりが繋がらない状態が続いた場合は故障も疑われます。

機器が故障した場合は、プロバイダに問い合わせると無料で交換してくれることも多いですので、問い合わせてみましょう。

問い合わせ先は「どうしても繋がらないときはサポートに問い合わせよう」をご覧ください。

プロバイダ変更での解決はできない!

auひかりが繋がらない場合、プロバイダを変更しても解決はできません。

プロバイダを変更する際にはauひかりを一度解約する必要があり解約には費用も伴うため、この方法はあまり現実的ではありません。

どうしても繋がらないときはサポートに問い合わせよう

上記でご説明した対処法を試してみても、どうしても繋がらない場合は、サポートに問い合わせてみてください。

契約しているプロバイダによって問い合わせ先が異なります。

それぞれの問い合わせ先は以下のとおりです。

【プロバイダがau one netの場合】
 <インターネットサービスの設定・故障の問い合わせ窓口>
  電話番号:0077-7084(通話料無料)
  受付時間:9:00~23:00(年中無休)
  Webサイト:こちら
【au one net以外のプロバイダの場合】
 「auひかりサポート」からMy auへログインして問い合わせ
 ※ログインする際には、au IDとパスワードが必要です。
または、各プロバイダに問い合わせ
 auひかりサポートの各プロバイダへのリンクから問い合わせられます。

通信を安定させる方法

auひかりの通信状態を安定させるための方法についてご説明します。

ただし、紹介する方法は繋がらない状態を直すのではなく、あくまで速度を安定させる・高速化するための方法なのでご注意ください。

有線接続してみる

お使いのPCやゲーム機などにLANポートがある場合は、有線接続が可能です。

無線よりも有線の方が安定した通信になるので、有線接続に切り替えてみるのも一つの方法です。

また、もしお使いのLANケーブルが規格を満たしていなかった場合は、交換することをオススメします。

上記でご説明した「無線LANルーターの規格がauひかりの高速通信に対応していない」をご覧ください。

より高速性を求めるなら「auひかり10ギガ・5ギガ」プランもオススメ

十分な通信速度が出ない場合は、「auひかり10ギガ・5ギガ」プランに変更するのもオススメです。

以下で「auひかり10ギガ・5ギガ」プランの詳細をご説明します。

<auひかりの各プランにおける通信速度の最大値>
プラン
通信速度の最大値
ホーム10ギガ 上り・下り 10Gbps
ホーム5ギガ 上り・下り 5Gbps
ホーム1ギガ 上り・下り 1Gbps

各料金プランの契約年数と解約違約金、月額基本料金は次のとおりです。

ずっとギガ得プラン
ギガ得プラン
標準プラン
契約年数
3年 2年 なし
解約違約金
15,000円 9,500円 なし
月額基本料金
1年目
5,100円 5,200円 6,300円
2年目
5,000円
3年目~
4,900円

工事費を含む初期費用は37,500円で、分割の場合は625円×60回払いです。

ただし、「auひかり10ギガ・5ギガ」の対応エリアは、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県で、一部エリアは対象外です。

お住まいの地域が対応エリアになっているかは、こちらから確認してください。

解決しない場合はauひかりからの乗り換えも検討

ここまでご説明した方法を試してもインターネット通信がうまくいかない場合は、auひかりから他のインターネット回線に乗り換えるという方法もあります。

乗り換え先としてオススメなのが、乗り換えサポートが手厚い「ソフトバンク光」と最大2Gbpsの高速性で評判の「NURO光」です。

ここでは、オススメプランとして、ソフトバンク光の「ファミリー・ハイ・スピード、2年自動更新プラン」とNURO光の「G2V」プランをご紹介します。

ソフトバンク光は乗り換えキャンペーンが手厚く、NURO光は最大2Gbpsのスペックが標準装備で通信速度が速いというメリットがあります。

ソフトバンク光
NURO光
プラン名
ファミリー・ハイ・スピード
2年自動更新プラン
NURO光G2V
最大通信速度
下り最大 200Mbps
上り最大 100~200Mbps
下り最大 2Gbps
上り最大 1Gbps
戸建てプランの料金
5,200円 4,743円
工事費
立会い工事あり:24,000円
(400円×60回分割払い)
立会い工事なし:2,000円
40,000円
(30ヶ月の分割払い)
違約金と契約期間
9,500円、2年契約 9,500円、2年契約
対象エリア
フレッツ光と同様:全国区
対象エリアはこちらで確認できます。
<関東>
東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
<東海>
愛知、静岡、岐阜、三重
<関西>
大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
<九州>
福岡、佐賀
(一部地域で利用できない場合があります。)

他のインターネット回線に乗り換えるときに確認したいのが、キャンペーン内容です。

ソフトバンク光とNURO光では、それぞれ乗り換えキャンペーンやキャッシュバックキャンペーンを実施していますから、あらかじめ調べて利用しましょう。

それぞれのキャンペーン内容についてご説明します。

ソフトバンク光の乗り換え新規でキャッシュバック/割引きキャンペーン

ソフトバンク光の「乗り換え新規でキャッシュバック/割引きキャンペーン」を利用すれば、auひかりの解約費用を最大10万円負担してくれます。

auひかりでは、解約の際に以下のような費用が発生する可能性があります。
 

  • 契約期間内の途中解約で発生する「解約違約金」
  • 工事費の分割払い期間内の途中解約で発生する「開通工事費の残債」
  • auひかりの設備撤去で発生する「撤去工事費」

しかし、上記の費用を合計しても10万円を超えることはありませんから、乗り換え新規でキャッシュバック/割引きキャンペーンで事実上、全額負担してもらえます!

また、ショップや量販店のほかに代理店でも申込みができますが、なかでも「S&Nパートナー」のキャッシュバックキャンペーンがオススメです。

「S&Nパートナー」でソフトバンク光を契約すれば、2ヶ月後に最大36,000円のキャッシュバックを受けられます。

しかも、電話で振込口座を伝えるだけなので手続きが簡単ですし、キャッシュバックの受け取り忘れの心配がありません。

詳細は「S&Nパートナー」の公式ページをご覧ください。

NURO光のキャンペーン

NURO光のキャンペーンを利用すると、オプション無しで35,000円キャッシュバックを開通から4ヶ月後に受け取ることができます。

また、特典により32ヶ月利用することで、工事費の40,000円が実質無料になります。

詳細は、以下の NURO光の公式特設ページをご覧ください。



まとめ

auひかりでインターネットが繋がらない場合、まずはPCやスマホ、タブレット、ホームゲートウェイなどの機器を再起動してみてください。

それでも繋がらなかった場合は、以下のような原因が考えられます。

  • 料金の支払いがされておらず利用停止措置がとられた
  • auひかりで障害が発生している
  • LANケーブルの規格が高速通信に対応していない
  • LANケーブルが断線している
  • 無線LANルーターの規格が高速通信に対応していない
  • auひかりの機器が故障している

上記の原因だった場合は、それぞれご説明した内容の対処を行ってください。

それでも繋がらないときは、インターネット回線を乗り換える方がいい場合もあります。

乗り換え先としてオススメなのが、ソフトバンク光とNURO光です。

乗り換えキャンペーンやキャッシュバックキャンペーンなどを利用して、お得に乗り換えることをオススメします。