閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

光コラボレーションの転用まとめ!メリット・デメリットを調査

光コラボレーションを申し込む際には、光回線を転用することもできると知っていますか?
そもそも転用自体が分からない方も多いかもしれませんね。

転用をうまく利用すると、お得に乗り換えることが可能です。
今回は転用の意味・メリット・デメリットを解説し、おすすめの転用先もご紹介します。

光コラボレーションの転用とはフレッツ光の設備を利用すること

光コラボレーションの転用とは、フレッツ光を利用中の方が、契約先をNTT東日本やNTT西日本から光コラボレーションの運用会社に変更することです。
一度設置したフレッツ光回線の設備はそのまま残して利用することになるため、新たな工事は行いません。
お客様ID・ひかり電話番号もそのままです。

転用のメリットは大きく分けて4つ

フレッツ光よりも料金が安くなる

光コラボレーションの料金は、全体的にフレッツ光の料金よりも安いです。
スマホとのセット割など、光コラボならではの割引オプションがあり、家計を節約するのにも効果的です。

料金の支払い・手続きが一本化されるのでわかりやすい

光コラボレーションでは、プロバイダ料金と回線料金が一体になっています。
別々に支払う必要がないので、フレッツ光よりもわかりやすいです。
さらに問い合わせや手続きも光コラボの事業者に一本化され、フレッツ光・プロバイダで別々に行わなくて済むので便利です。

原則として新たな工事はいらない

転用では、一度設置したフレッツ光回線の設備をそのまま利用します。
いくつか例外があるものの、原則的には新たに工事をする必要はありません。

お得なキャンペーンが多い

ほとんどの事業者は乗り換えキャンペーンを実施していて、キャッシュバック・月額料金割引サービスなどの魅力的な特典が受け取れます。
プロバイダーの解約金をカバーしてくれる特典のある事業者を選べば、途中解約でも安心です。
なおフレッツ光回線の解約手数料は、転用の場合はかかりません。

転用のデメリットに注意して対策を取ろう

メリットが多い転用ですが、いくつか注意しなければならないデメリットも!
ただしできるだけデメリットをカバーする対策方法もありますよ!

フレッツ光のポイントはなくなる

転用するとフレッツ光で貯まったポイントはゼロになり、光コラボで引き継ぐこともできません…
もったいないので、転用する前にその時点で交換できる特典に変えてしまいましょう!

通信速度が変化する可能性がある

フレッツ光から光コラボに変更することで、速度が遅くなった・速くなったという口コミがネットで見られます。
光コラボ事業者の設備・会員数・時間ごとのユーザー利用状況が影響するのですが、こればかりは実際に使ってみないと分かりません。

できる限り多くの口コミを参照して判断することになりますが、地域・使用時間帯が自分と似ている方の口コミを探すと良いでしょう。

速度変化を極力押さえたい場合はNURO光かauひかりがおすすめ

どうしても速度を重視したい方は、まず他社サービスより最大通信速度の理論値が2倍であるNURO光がおすすめです。
NURO光は独自の回線を使用しているため、転用できないので工事が必要です。

しかしネットの様々な口コミでも速度についてかなり好評!
NURO光の速度について興味が湧いた方は以下のリンクからチェックしてみてください。

【関連記事】NURO光の速度がヤバい!申し込む前に本当に確認すべきことまとめ

NURO光は関東限定なので、それ以外にお住まいの地域の方にはauひかりがおすすめです。
NURO光ほどの速度はありませんが、auひかりも独自の回線を使用していて、NTT回線の混雑に巻き込まれないので速度が出やすいと評判です。

こちらもフレッツ光回線ではないため、転用とはならず工事が発生することに注意しましょう。
auひかりの詳細情報を知りたい方は以下のリンクからどうぞ。

auひかりなら違約金を30,000円まで負担!最大70,000円キャッシュバックも!

プロバイダの解約金が発生することがある

転用の場合、フレッツ光の解約手数料はかかりませんが、プロバイダの解約金が必要な場合があります。
しかしソフトバンク光などの事業者では、解約金を負担するキャンペーンを行っていますので、利用することで負担を避けることが可能です。

工事費用が必要になることも

転用の場合、原則として工事費用は掛かりませんが、例外として工事費用が必要なケースが2つあります。
まず配線方式を変えるパターンで、ホームタイプからマンションタイプに変えるなどの場合は工事費が必要です。

引っ越しをして、現住所とは違う場所に転用する場合も工事をしなければなりません。
次に、品目変更をする場合も工事費がかかります。
品目変更とは回線の種類を変更することで、例えば100MbpsのBフレッツを1Gbpsの光コラボに変更する際などです。
回線自体を変えなくてはならないため、新たな工事が発生します。

割引やキャンペーンの多いおすすめ転用先

フレッツ光から光コラボにお得に転用したいなら、特典を多くもらえる転用先がおすすめ!
数年前と比べて光コラボの乗換えキャンペーンもかなり減ってきた印象です。
どこが一番多くキャンペーンを実施しているのでしょうか?

ソフトバンク光

転用先としてイチオシなのが『ソフトバンク光』
スマホのセット割引を始め、多くのキャンペーンが行われているので、費用面から見て非常にお得です。

ソフトバンク光のスマホのセット割は?

ソフトバンク光には「おうち割 光セット」というスマホセット割引があります。
ソフトバンク光とソフトバンクスマホを併用することで、毎月スマホ料金が割引になります。

割引額
50GBプラン毎月1,080円
20GB・5GBプラン毎月1,522円(3年目以降は1,008円)
3Gケータイプラン毎月500円

大容量プランでも、中容量プランでも割引になることがわかりますね!
家族で登録するのはもちろん、一人で契約しても毎月お得です。
さらに、この割引はスマホの契約台数分増えることがポイントで、例えば5GBプランを2台契約すれば、2年目までは毎月3,044円が割引されます。

家族でSoftBankを使っている方にはイチオシですね!

ソフトバンク光の販売窓口ペーンが充実!

ソフトバンク光の販売窓口では、様々なキャンペーンが実施されています。
転用では、以下のキャンペーンの適用を受けることが可能です。

<ソフトバンク光のキャンペーン一覧>

  • 最大60,000円キャッシュバック
  • 解約違約金をソフトバンクが負担してくれるので0円に
  • 12か月間に渡り、月額実質2,000円割引(24,000円キャッシュバック)
  • スマホ割引の「おうち割 光セット」ももちろん適用可能
  • 秋の2万円キャンペーン:申込月を含む5ヶ月以内に「おうち割光セット」が適用されると20,000円をキャッシュバック
  • 1か月間オプション利用が無料に

キャンペーンの詳細情報は、以下のリンクからどうぞ!

おすすめ窓口光コラボ人気1位!ソフトバンク光おすすめNo.1窓口
https://softbank-hikari.jp/
おうち割で毎月最大2年間2,000円割引

月額実質2,800円~スタートでき、はじめて光回線を使う方でも安心!光と携帯のセットで割引となる「おうち割」や他社から乗換えの場合は、違約金負担も!この人気窓口は、最大60,000円キャッシュバックも!

最大60,000円キャッシュバック!

光コラボレーションの転用はお得に賢く行おう!

フレッツ光から光コラボへの転用は、低料金・原則工事不要・支払いや手続きの一本化など、大きなメリットがいくつもあります。
デメリットもありますが、その一部はキャンペーンなどを利用することで回避できます。
お得にインターネットを使用したいなら、光コラボへの転用は見逃せません。

転用するならキャンペーンが充実しているソフトバンク光が一押しで、販売窓口を通した申し込みがお得です!
速度にこだわるなら、開通工事が必要ですがNURO光・auひかりも検討してみてくださいね。

月額がおトク!ソフトバンク光おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口LifeBank

ネットや携帯の割引特典が満載
キャンペーンが豊富なソフトバンク光は「光コラボ」でも一番人気がある。携帯とセットで割引となる「おうち割」や他社の乗換えの場合は違約金負担キャンペーンも!安心してはじめられる光回線!さらに人気窓口は、申し込みで最大60,000円キャッシュバック中!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン!

お申込みサイトを見る