閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

フレッツ光のデータ通信量無制限プランとは?他社料金と比較!

フレッツ光はデータ通信量無制限!

あなたは現在お使いのインターネット回線やスマホが、月の終わりになると動画の再生が遅くなったり、Webページの表示に時間がかかったりしてイライラしていませんか。

それはきっと一カ月のデータ通信量の上限に達し、データ通信速度が最大128Kbpsに制限されているからしょう。

データ通信量が制限がありませんので、データ通信速度が最大128Kbpsに制限されてしまうことがなく、ストレスなくインターネット回線やスマホを使えます。

今回は、データ通信量無制限のフレッツ光と他社の違いをご紹介します!

なお、フレッツ光を検討している人には、フレッツ光と同じエリア、最大速度の「光コラボ」もオススメです!

  • ドコモユーザーにオススメ「ドコモ光」
     →Webフォームからの申し込みだとオプション不要!翌月末に15,000円キャッシュバック
  • auユーザーにオススメ「So-net光」
     →3年間の合計で最大72,000円割引!毎月の料金が安い
  • ソフトバンクユーザーにオススメ「ソフトバンク光」
     →オプション不要で最短2ヵ月後に35,000円キャッシュバック

フレッツ光と同じエリア・最大速度でお得な光コラボもオススメ!

「光コラボ」をご存じでしょうか?

光コラボ(光コラボレーション)とは、フレッツ光と同じ回線を使用している光回線事業者です。

フレッツ光と同じエリアと最大速度で、さまざまなメリットがあります。

まず、光コラボは、次世代通信規格の「IPv6」を利用するため、フレッツ光よりも安定した通信速度が期待できます。

また、窓口独自の高額キャッシュバックキャンペーンを受け取れたり、スマホのセット割が適用されるため、毎月のスマホ料金が安くなったりします。

そのため、フレッツ光よりも格段に通信費を安くすることができますよ!

光コラボのメリットをまとめると、以下のようになります。

  • 次世代通信規格「IPv6」で混雑を回避し通信速度が安定する
  • スマホのセット割が適用され、端末の利用料金が毎月割引される
  • フレッツ光より料金が安くなる
  • 高額キャッシュバックなど窓口限定のキャンペーンを受けられる
  • 他の光コラボ回線やフレッツ光に工事無料で乗り換えできる

お得な光コラボのそれぞれのキャンペーン情報は、以下のリンクからご確認いただけます。

  • ドコモユーザーにオススメ「ドコモ光」
     →Webフォームからの申し込みだとオプション不要!翌月末に15,000円キャッシュバック
  • auユーザーにオススメ「So-net光」
     →3年間の合計で最大72,000円割引!毎月の料金が安い
  • ソフトバンクユーザーにオススメ「ソフトバンク光」
     →オプション不要で最短2ヵ月後に35,000円キャッシュバック

データ通信量が一定量を超えると通信速度が大幅にダウン

フレッツ光以外の多くの通信回線には、一カ月のデータ通信量に制限があることを知っていますか?。

Y!mobileやソフトバンクのWi-Fiなどでは、一カ月に高速にデータ通信できるデータ通信容量の最大値が決まっていて、最大値を超えると翌月になるまで、データ通信速度が最大128Kbpsに制限されます。

昨日までサクサク動いていた動画が、ある日突然コマ送りになってしまい、翌月にはまたサクサク動き出す。

そのような場合は、データ通信量が、契約している一カ月のデータ通信容量の最大値を超えてしまい、通信速度が最大128Kbpsに制限されていたのです。

通信会社によっては、月のデータ通信量による通信速度の制限だけではなく、三日間でのデータ通信量によるデータ通信速度の制限もあります。

サクサク動いていた動画がコマ送りになったり、Webページの表示が遅くなったり、データ転送が遅くなったりしたときには、ストレスを感じるのではないでしょうか。

フレッツ光以外の通信他社のデータ通信量制限

よくあるデータ通信量による通信速度の制限は、三日間で3GBや一カ月で7GBなどの制限です。

どのくらいでその制限量を使い切ってしまうかというと、電子書籍を1冊ダウンロードすると約50MBくらいのデータ容量で、動画になると数100MBくらいのデータ容量ですから、電子書籍の場合は60冊で3GB、動画の場合は5本くらいで3GBを使い切ってしまいます。

では、代表的な通信他社のデータ通信量による通信速度の制限を見てみましょう。

Y!mobile(スマホ)

Y!mobileのスマホの場合、高速でデータ通信ができるデータ容量は、月に7GBまででしたが、2016年8月1日からオプションサービスでデータ容量を14GBまで増やすことができるようになりました。
1本500MBの動画を28本再生すると14GBを使い切ってしまう計算です。

そして、通常のデータ通信速度は最大165Mbpsですが、データ通信速度制限が始まると、1290分の1のデータ通信速度の最大128Kbpsまで低下してしまうのです。

データ通信速度制限を解除するには、カスタマーセンターに連絡し、500円で500MBを追加してもらうのですが、その500MBを使い切ってしまうと、またカスタマーセンターに連絡し500円を支払うことです。

Y!mobile (Wi-Fi)

Y!mobileのWi-Fiの場合も、高速でデータ通信ができるデータ容量は、月に7GBまでです。

また、三日間で高速にデータ通信できるデータ容量が3GBに制限されています。

通常のデータ通信速度は最大110Mbpsから最大261Mbps程度ですが、データ通信速度制限が始まると、最大128Kbpsまで低下してしまうのです。

ですから、例えば、一日目に1GB、二日目に1GB、三日目に1GB使うと、4日目は最大128Kbpsの通信速度でがまんを強いられ、5日目にまた1GBを使ってしまうと、6日目はまた最大128Kbpsの低速になり、それを繰り返すと、月に7GBの制限を超えてしまい、500円を払って500MBを買うことです。

ソフトバンク(スマホ)

ソフトバンクのスマホは高速でデータ通信できるデータ容量は、月に200MBから30GBまでになっています。

ソフトバンクの通常のデータ通信速度は最大187Mbpsですが、データ通信速度制限が始まると、やはり1460分の1の最大128Kbpsに低下してしまうのです。

もちろんソフトバンクの場合にも、通信速度を元に戻す方法はあります。

1GBを1,000円で買うか、もしくは2GBを2,500円で買うことができるのですが、通信速度制限を解除するために、多くの費用を費やすことです。

ドコモ(スマホ)

ドコモスマホの場合も高速で通信できるデータ容量は、月に200MBから30GBまでになっています。

30GBは魅力的な数字ですが、パケット料金に20,000円も支払うことになってしまいます。
パケット料金が20,000円とは少々お高すぎますよね。

ドコモの通常のデータ通信速度は最大225Mbpsでかなり高速ですが、やはりデータ通信速度制限が始まると最大128Kbpsにダウンしてしまいます。
通信速度制限を解除するためには、2GBを2,500円で買わなければなりません。

au(スマホ)

auのスマホにも同じようなデータ通信量によるデータ通信速度の制限があります。

一カ月のデータ容量は、1GBから13GBまでを選択できますが、直近の三日間でデータ容量が3GBを超えると、残容量に関係なくデータ通信速度が最大128Kbpsに制限されてしまいます。

U-mobile(格安SIM)

格安SIMのU-mobileは、「LTE 使い放題プラン」に契約していれば一カ月の通信データ容量に制限はありません。

通信速度は最大150Mbpsで月額が2,480円とかなり高速でお得感が漂いますが、実は直近のデータ通信量による制限があります。

しかも、いったいどれだけデータを使うと制限が発生するのか、基準値が公開されていないのです。
1GBかもしれませんし、2GB、3GBかもしれません。

現時点で3GBだったとしても、ユーザーに通知されることなく、いつ2GBなり1GBに基準値が変更されるかわかりません。

UQ WiMAX(Wi-Fi)

UQ WiMAXのWi-Fiは、月のデータ容量に制限はないとうたっていますが、直近の三日間で3GBのデータ容量制限がありますから、実質的に一カ月に使えるデータ容量は、マックスで20GBでしょう。

通信各社のデータ通信量によるデータ通信速度制限のまとめ

では、ここまで紹介した通信各社のデータ通信量によるデータ通信速度制限について、制限発生条件と解除方法をまとめてみましょう。

通信会社 通信速度制限が
発生する一カ月の
データ容量
制限解除の費用 通信速度制限が
発生する直近日の
データ容量
制限の解除方法

Y!mobile

(スマホ)

7GB

または14GB

(オプション)

500MB/500円 三日間で3GB 翌朝の

6時まで待つ

Y!mobile

(Wi-Fi)

7GB 500MB/500円 三日間で3GB

翌朝の

6時まで待つ

ソフトバンク

(スマホ)

200MB~30GB 1G/1,000円

2.5GB/2,500円

三日間で3GB

翌朝の

6時まで待つ

ドコモ

(スマホ)

200MB~30GB 2GB/2,500円 制限なし

au

(スマホ)

1GB~13GB 500MB/594円

1GB/1,080円

三日間で3GB

翌朝の

6時まで待つ

U-mobile

(格安SIM)

制限なし 制限はあるが

基準非公開

制限はあるが
基準非公開
UQ WiMAX

(Wi-Fi)

制限なし 三日間で3GB

翌朝の

6時まで待つ

表するとよくわかりますが、ほとんどの通信会社が一カ月のデータ通信容量に制限を設定し、また、一カ月のデータ通信容量に制限を設定していなくても、直近の三日間のデータ通信量による通信速度制限を設定しています。

これではインターネットのヘビーユーザーは、大きなストレスを抱えてしまいますよね。

フレッツ光はデータ量無制限でストレスなし!

では、フレッツ光はどうなのでしょう?

実は、フレッツ光には一カ月のデータ通信容量による通信速度の制限と、直近の何日かによる通信速度の制限はありません。

フレッツ光はデータ量無制限なので、動画もオンラインゲームもサクサク動き、データ容量を追加するための料金も発生しないのです。

データ量無制限のフレッツ光の魅力

データ量無制限のフレッツ光には、その他にどのような魅力があるのでしょうか。

魅力① どんなにインターネットを使っても定額料金

フレッツ光の料金プランは、基本的に定額プランですので、どんなにインターネットを使っても、動画の再生が遅くなることも、追加料金が発生することがありません。

動画も見放題で、オンラインゲームもし放題ですので、安心できますよね。

魅力② 速くてお手頃なデータ受信速度最大200Mbpsの料金プラン

フレッツ光の料金プラン「完全定額プラン/フレッツ光ネクスト」は、データ通信速度も最大200Mbpsと高速で、月額料金もお得なお手頃価格です。

「完全定額プラン/フレッツ光ネクスト」は、各種割引を利用するとマンションは月々の月額使用料が2,650円から、1戸建ては4,400円からになっています。

データ受信速度が最大200Mbpsあれば、YouTubeの動画の再生の場合、通信速度が1Mbpsくらいで、滑らかに再生できますので、YouTubeの動画で音を聞きながら、インターネットで調べものをするには十分の通信速度ですよね。

魅力③ とにかく早いデータ受信&送信速度最大1Gbpsの料金プラン

DVDのデータを素早くダウンロードしたり、大容量のファイルを素早く送受信したりするなら、データ受信と送信のデータ通信速度が最大1Gbpsの料金プランがお得です。

マンションには「ギガマンション・スマートタイプ/フレッツ光ネクスト」があり、月々の月額使用料が、各種割引を利用すると2,950円から使用できます。

1戸建てには「ギガファミリー・スマートタイプ/フレッツ光ネクスト」があり、月々の月額使用料金が、各種割引を適用すると4,600円から使用できます。

1Gbpsの通信速度がどのくらい速いかというと、DVDのデータ容量がおおよそ4.7GBですから、40秒程でインターネットからDVD1枚をダウンロードすることできるという驚きの通信速度なのです。

OCNの一日の送信データ量30GB規制も撤廃!

フレッツ光とインターネットをつなぐには間にプロバイダという通信業者が入ります。

そして、プロバイダごとに独自のデータ送信量の総量規制があります。

NTTが運営するプロバイダであるOCNでは、2016年5月31まででは、使い放題プランでも一日の送信データ量が30GBを越え続けていると、個別にデータの総量規制をかけることがありましたが、2016年6月1日から規制が撤廃されました。

フレッツ光のデータ量無制限とOCNの組み合わせると、繊細な動きをするオンラインゲームも、特にデータ通信量の規制を気にしなくていいのです。

裏技!おうちでスマホもデータ量無制限のフレッツ光

最近のスマホはインターネットもオンラインゲームもサクサク動きますが、問題はデータ通信容量を消費しまうことです。

そこで、自宅ではスマホのインターネット回線にフレッツ光を使い、スマホのデータ通信容量を節約することがオススメでしょう。

フレッツ光の「ギガマンション・スマートタイプ/フレッツ光ネクスト」と「ギガファミリー・スマートタイプ/フレッツ光ネクスト」を契約すると、最新規格のWi-Fiルーターがセットで提供されますので、自宅ではそのWi-Fiルーターにスマホを接続するのです。

スマホの設定の仕方は簡単です。

スマホの設定画面でWi-Fiを開き、ルーターを選び、ルーターのパスワードを入力するだけつながります。

スマホの設定は1度すませると、外出先から自宅に帰ってくると自動的にフレッツ光につながるようになるので、とても便利でお得です。

競合他社には使ったデータ通信量による通信速度の制限があったり、使えるデータ通信量を超えると、通信速度を高速に戻すために追加料金が発生したりします。

しかし、データ量無制限のフレッツ光は、高速インターネットでストレスがなく、料金的にも定額料金なので安心してインターネットを楽しめるのです。

まとめ

ここまでデータ通信量無制限のフレッツ光と他者の違いについて見てきましたがいかがだったでしょうか。

フレッツ光はどんなにインターネットを使っても定額料金であることが何よりの魅力です。

またおうちでのスマホ利用をフレッツ光を使って行うことでスマホのデータ通信容量を節約できます。

フレッツ光よりもお得に安定した速度でインターネットを利用したい人には、光コラボもオススメですよ!

  • ドコモユーザーにオススメ「ドコモ光」
     →Webフォームからの申し込みだとオプション不要!翌月末に15,000円キャッシュバック
  • auユーザーにオススメ「So-net光」
     →3年間の合計で最大72,000円割引!毎月の料金が安い
  • ソフトバンクユーザーにオススメ「ソフトバンク光」
     →オプション不要で最短2ヵ月後に35,000円キャッシュバック

【最新】おすすめインターネット回線特集

インターネット回線の種類別にサービス特徴や選ぶポイントをご紹介していきます! フレッツ光だけでなく、利用シーンに合わせて月々ネット料金を安くおさえたり、回線速度を上げれたり・・と知っておいても損がない情報を集めました! また併せて各回線ごとにわたしのネット編集部が調査してわかったおすすめの窓口を紹介ていますので回線選びのご参考にしていただければと思います!

光コラボレーションでおすすめ

光コラボといえば、フレッツ光と回線を使っているのでフレッツ光と同品質で安心!さらに下記では携帯とセットでお得になる回線をピックアップ!

\ 【最新】光コラボレーションでおすすめ /
☞ 詳細記事はこちら「2019年最新版・光コラボの比較一覧表!料金・速度・キャンペーンを比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

エリアは限られているけど利用できるなら使いたい光回線

現在はフレッツ光だけではなく、独自回線を展開しているサービスがあります。キャンペーンも窓口によってさまざまです!口コミでも速度に定評のある光回線をまとめました!

\ 【最新】光回線で総合的におすすめ /
※東海エリアであればコミュファ光がおすすめ!(auユーザーは割引あり)
☞ 詳細記事はこちら「【2019年最新】オススメの光回線はどこ?人気回線10社を大比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

モバイル回線(Wi-Fi)でおすすめ

持ち運びできるWi-Fiや自宅で使うホームルーターなど利用する状況に応じて選ぶことが大事です!選ぶポイントは選びは「月額料金」「データ量」「通信速度」に注目!

\ 【最新】Wi-Fi選びで迷われている方へ /
※ソフトバンクユーザーであればネクストモバイルもおすすめ(おうち割適用対象)!
☞ 詳細記事はこちら「2019年にオススメしたいポケットWi-Fiは?全9社の総合評価を比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。