閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

月額もお得でキャッシュバックももらえる光回線まとめてみました!

フレッツ光のプロバイダ変更や選び方のポイントまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
968_01

【話題ニュース】月額やキャンペーンがとってもおトクな光回線をまとめました!

おトクな回線まとめ

光回線を申込むならとにかくキャンペーンは大事!乗換えの場合は違約金が負担されたり、キャッシュバックで実質月額料金を安くで利用できたり、携帯とセットで毎月の割引が受けられたり・・・続きを見る

フレッツ光回線の光インターネット接続サービスを利用開始するために、必要となるのがプロバイダ契約。プロバイダ契約の際には、フレッツ光月額料金とは別にプロバイダの月額基本料金が発生します。つまりフレッツ光を利用したいと思っても、フレッツ光回線利用料とプロバイダ使用料を含めた利用額を考えなければいけません。

フレッツ光に対応しているプロバイダーは数多くありますが、なかでも料金プランやオプションサービスといったサービスプランの契約内容も異なるため、どのプロバイダと契約すればいいのか迷うこともあります。
さらに今使っているプロバイダから乗り換えをお考えても、実際どのプロバイダを選べばいいのか決まらず、そのまま継続利用している方もいるのではないでしょうか。

プロバイダは一度契約すると、ほとんどの場合、最低契約期間も設定されていることが多く、途中で変更すると解約違約金が発生してしまうケースがあるのでプロバイダを選ぶ際には注意事項などの確認することも大切です。今回はそんなフレッツ光回線でのプロバイダ選びを失敗しないために、プロバイダを選ぶポイントや接続方法、乗り換え方法などについて取り上げていきます。

プロバイダ事業者について

プロバイダサービスを提供している事業社は、OCN、@nifty、ぷらら、ASAHIネット、ODN、BIGLOBE、So-net、AOL、楽天ブロードバンドなど、日本全国だけでも相当数の事業社数が存在しております。
近年ではauやsoftbank、docomoなど携帯電話会社も光回線(フレッツ光回線対応)とセットにしたお得なサービス(auひかり、softbank光、ドコモ光)の光コラボ回線も登場したり、自分のライフスタイルに合わせたインターネット回線やプロバイダを選べるようになりました。

光回線やプロバイダについてお気軽にご相談ください。

お客様のご利用イメージに合わせて、おすすめの光回線や最適なプロバイダ選びをご提案します!

プロバイダ選びのポイント

プロバイダを選ぶ際に、サービスや月額基本料金など基準とする部分は人それぞれあるかとは思いますが、乗り換えの場合、乗り換えキャンペーンや月額料金・工事費割引キャンペーンなど、各プロバイダで行っている割引キャンペーンやキャッシュバックキャンペーンなどを利用し、新規契約を繰り返しながら上手に乗り換えをすることで、おトクに利用開始できるケースもあります。

さらにプロバイダ乗り換えをお考えの方であれば接続変更の対応方法はとっても簡単。今お使いのフレッツ光回線はそのままでプロバイダのみ乗り換えるため、プロバイダ変更後に再度インターネット接続設定するだけ。乗り換え手続き後は各プロバイダ会社の案内している乗り換え方法の手順どおりにすすめていくだけです。

プロバイダ事業社の選び方について

申し込みタイプ(利用するプロバイダ)によってインターネット接続の通信速度や通信する品質などに違いがあるのかどうかについては、現在フレッツ光回線を利用している方も、これからフレッツ光回線の利用を検討している方を含めて、皆さん気になる所だと思います。

フレッツ光回線を利用する際、プロバイダ事業社による違いは以下となります。

・月々に発生する利用料金
(1年間の単位で利用料金を支払うプロバイダ事業社もあります。)

プロバイダ事業社によって月々に発生するプロバイダ利用料金については大きく異なります。
大手と呼ばれるプロバイダ事業社ごとのプロバイダ利用料金について、いくつかピックアップ致しました。

【フレッツ光回線のプロバイダ別月額利用料金比較表】

プロバイダ名 NTT東日本エリア NTT西日本エリア
ファミリータイプ マンションタイプ ファミリータイプ マンションタイプ
OCN 1,100円 900円 1,100円 810円
BIGLOBE 1,000円 900円 1,000円 850円
Yahoo!BB 1,200円 950円 1,200円 950円
BB.excite 500円 500円 500円 500円
So-net 1,000円 900円 1,200円 900円
@nifty 1,000円 950円 1,000円 950円
plala 1,000円 800円 1,200円 950円
DTI 951円 680円 951円 680円

ピックアップさせて頂いたプロバイダ事業社ごとの月額利用料金を見て頂いたくとわかる通り、契約するするプロバイダ事業社によって月々に発生するプロバイダ利用料金も大きく異なります。
この表のようにOCNを利用する場合に他社と比較する事で、プロバイダー利用料金が高くなっている事がわかります。

この表でいうと、BB.exciteとOCNの月額利用料金の差が500円近くとなる為、1年間で6,000円近くもの料金差が発生する事がわかります。検討した結果として、現在利用しているプロバイダが良いと判断できる場合もあると思いますが、プロバイダの支払い方法やプロバイダ利用料金、プロバイダ専用サービスなどを比較したうえで、ご自身の利用環境にあったプロバイダを選択してください。

特別こだわりが無いのであれば、プロバイダ利用料金がお得なプロバイダを選択すると良いでしょう。

プロバイダの変更方法について

フレッツ光回線契約はそのままの状態で、契約するプロバイダの変更を行い、インターネットを継続利用するには、現在契約しているプロバイダの解約手続きと、変更後のプロバイダ契約が必要となります。プロバイダの契約については各プロバイダが設けているサイトや契約の代理店サイトで電話申し込みなどでも受付が可能なプロバイダなどもあります。

変更方法としては、最近ではルーターを経由して接続する方法がほとんどで、この場合ルーターに接続ID(ユーザID)や接続パスワードの設定を行います。
プロバイダからの接続ID(ユーザID)と接続パスワードを利用して接続することを、PPPoE認証接続設定といいます。PPPoE接続は、パソコン画面上で設定を行う場合と、ルーター側で行う場合があります。

またADSL回線については、ADSLプロバイダを乗換える手続き方法として、まず新サービスとの契約前に、現在利用している他社プロバイダとのADSLサービスの解約日を決める必要があります。
その際、NTTの回線撤去工事日が決めますので、忘れないように注意しましょう。

光回線やプロバイダについてお気軽にご相談ください。

お客様のご利用イメージに合わせて、おすすめの光回線や最適なプロバイダ選びをご提案します!

プロバイダ変更時の注意について

プロバイダの変更をする際に、変更後のプロバイダ契約を結ぶ前に利用しているプロバイダ契約を解除してしまうと、インターネットの利用できない期間が発生してしまいます。
インターネットの利用できない期間が発生する事に問題なければよいのですが、インターネットの利用できない期間を作りたくない方は、乗り換え後のプロバイダ接続後に利用していたプロバイダの解約を行うと良いでしょう。

一般的には、現在利用しているプロバイダの解除日と新しく利用するプロバイダの利用開始日から10営業日(土日祝除く)以上空いていれば、プロバイダの同日乗換えができます。一度現在利用しているプロバイダに手続き方法を確認しましょう。また支払方法の選択によって、接続IDと接続パスワードが使えるようになり場合があり、タイミングが異なります。例:BIGLOBE光パック Neo with フレッツ

なお、フレッツ回線についてはベストエフォート方式を採用しているサービスとなりますので、通信速度の保証がされておりません。プロバイダにおいても同様に、利用しているプロバイダによって比較出来る程の通信速度差があると言えないのが現状です。メールアドレスやホームページなどプロバイダが提供しているサービスの利用をしていないのであれば、月額利用料金の負担が少ないプロバイダを選ぶと良いでしょう。

プロバイダー契約解除時の解約金について

利用しているプロバイダと契約していた期間などによって、解約金が発生する場合があります。解約金については契約時の状況やキャンペーンなどによって異なる場合もある為、契約するプロバイダを変更する際には解約金についても、事前に確認しておくと良いでしょう。

プロバイダの乗り換え時に発生する解約金については、プロバイダの乗り換え契約時に月額利用料金の割引やキャッシュバック特典などを受けることで軽減できる場合もありますが、その分月々の利用料金が高いプロバイダを選択してしまい、プロバイダを乗り換えてもお得にならなくなってしまう場合があります。

月額利用料金のお得なプロバイダに乗り換える事で、乗り換え前のまま1年、2年と長期期間利用した場合と比較すると数万円の差が発生する事もありますので長い期間で考える事で、解約金発生する負担額については、元が取れてしまうと考えます。

プロバイダを乗り換え時は、月額利用料金とキャンペーン特典を踏まえて、長期期間継続利用した場合に負担額を抑える事が出来るプロバイダを選択すると良いです。

光回線やプロバイダについてお気軽にご相談ください。

お客様のご利用イメージに合わせて、おすすめの光回線や最適なプロバイダ選びをご提案します!

プロバイダ解約によって利用できなくなるサービスについて

契約するプロバイダによっては専用ドメインのメールアドレスやホームページを利用出来ます。
プロバイダが提供しているサービスについては、基本的に契約するプロバイダを変更する際に利用出来なくなります。

別途、利用料金を支払う事で継続利用出来る場合もある為、プロバイダの解約後に後悔する事が無い様、プロバイダの解約手続き前に確認しておくと良いでしょう。インターネットを利用するする際にメールアドレスやホームページ作成のサービスを利用する際には、契約するプロバイダに左右されずに無料で利用が可能となる、フリーメールサービスやホームページサービスなどがあります。

フリーメールアドレスについてはプロバイダ事業社を変更するたびに知人や登録先へメールアドレスの変更を伝える手間などが無くなります。特別、プロバイダ事業社から配布されるメールアドレスやホームページサービスにこだわりが無いのであれば、無料であり、利用するプロバイダ事業社に左右されずに利用が可能なフリーメールアドレスやホームページサービスを利用する事をお勧め致します。

プロバイダ変更について

インターネットをフレッツ光回線にて利用する際にはプロバイダ事業社による違いを認識したうえで、月額利用料金を抑えつつ、皆さんの利用環境に適したプロバイダと契約してお得にインターネットを楽しんで頂ければと思います。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気の光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。
人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

1,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼今開催中のおすすめキャンペーン

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,967円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼今開催中のおすすめキャンペーン

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼今開催中のおすすめキャンペーン

固定回線で悩んでいる方必見!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

おすすめ窓口BroadWiMAX

https://wimax-broad.jp/
webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

▼今開催中のおすすめキャンペーン!

関連記事