閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

Plalaってよく聞くけどどう?メリットとデメリットを調査

「ぷらら(plala)」と言えば、OCNと並んで有名なNTTグループの回線業者です。
知名度・安定感もあることからプロバイダ(インターネット接続サービス業者)として、また光コラボのサービスとして加入を考えている人もいるでしょう。

でもちょっと待って!あなたがインターネットでやりたいこと・求めていることを、本当にぷららはかなえてくれるのでしょうか?

ネット上、特にTwitterでの評判などを交えて一緒に考えてみましょう。

ぷらら(plala)のツイートから、あなたにぴったりなのかどうかを考えてみよう

ツイートから「ぷらら」に関する評判、さらにはぷららへの反応が見えてきますが、全体的に、ぷららユーザーのツイートは少なめですが、ツイートの内容はほぼ同じという特徴があります。
またぷららのサービスを宣伝するツイートが多かったのも印象的です。

これらのツイートから「ぷらら」があなたにとって最適なサービスなのかどうかを見てみましょう。

Twitterでよく見かけたNTTぷららのツイートは?

ユーザーの本音が反映されやすいSNS。中でもTwitterでのNTTぷららの評判をピックアップしてみました。
圧倒的多いのはやはり「あのこと」に関する声です。

これは本当に光回線なのか?「0.」が先頭に付くあたり、つながっていないのも同然のレベル?インターネットを快適に楽しむために必要最低な速度は一般的に20Mbpsとされています。
この速度ではサクサクと快適に動画やオンラインゲームを楽しむことはまず無理でしょう。

「NTTぷららがつながらない」「通信状態が悪い」という背景には、通信障害が起きていることに加えて、利用者が多すぎること、みんなが利用する時間帯にアクセスが集中することなどが関係しているのではないでしょうか?

本当にNTTなのか…という対応されてしまうとガッカリしてしまいます。
「ダブルルートオプション(月額378円~)」というのは「ぷらら」とは別のIIJというネットワーク事業者を通じて接続するというオプションサービス。

回線速度の低下・・・本来はプロバイダの責任なのでは?と思うと、追加料金を払うのも何だか納得がいきませんが・・・。
あなたはどう思いますか?

ぷららと他社とどっちがお得?

これからぷららに加入しようかどうか迷っている人は、速度や提供されているサービスなどに興味深々なようですが、肝心の月額利用料金についてはどうでしょうか?

<主なPlalaを使った回線の月額料金>

ネット回線業者戸建て向け(ホームタイプ)集合住宅向け(マンションタイプ)
ぷらら光4,800円3,600円
ドコモ光for plala5,200円4,000円
Plala(フレッツ光)5,600円※3,750円※
SoftBank光5,200円3,800円
OCN光5,100円3,600円

(全て税抜価格)
※フレッツ光月額利用料+ぷららのプロバイダサービス月額利用料の金額

ホームタイプを比較した場合、他の光コラボなどが軒並み5,000円台であることを考えれば、4,000円台のぷらら光の月額料金は目を惹きますよね。

またほとんどの光回線業者が最低利用期間や契約解除料を設定しているのに対して、ぷらら光は期間で契約を縛った違約金を設けていないのが特徴の一つです。

ズバリ!NTTぷららを利用するメリットとは?

そもそもNTTぷららを利用するには、以下の対応プランで利用することになります。

  1. NTT東日本・NTT西日本フレッツ光回線※+プロバイダが「ぷらら」
  2. 「ぷらら光」(光コラボ)での利用
  3. ドコモ光でのプロバイダが「ぷらら(ドコモ光for plala)」

といった利用になりますが、ぷらら光またはプロバイダとしての「Plala」のメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

「Plala」でキャッシュバックが貰える

コラボ光のぷらら加入でキャッシュバックが貰えますが、インターネットサービスによって還元される方法が異なります。

<Plalaで貰えるキャッシュバック>

新規転用
ぷらら光35,000円25,000円
ドコモ光for plala
(dポイントでの還元)
20,000pt10,000pt
フレッツ光なしなし

ぷらら光の新規契約35,000円のキャッシュバックはなかなか価値があるのではないでしょうか。

それに比べフレッツ光はキャッシュバックなしドコモ光はdポイントでの還元ですので使用用途は限られてしまいます。

携帯やスマホがdocomoなら「ドコモ光」で月額利用料金の割引が受けられる、dポイントが貯まる

スマホ・携帯のシェアパックとのセット割があることで、家族ぐるみでdocomoを利用している人にとっては月額料金がお得になります。
また貯まったdポイントはdocomoの利用料にも使えることも大きいです。

またぷららはNTTグループなので、docomoの利用料金とまとめることが可能です(NTTファイナンスからの請求)。

どこよりも安い月額利用料で

先ほども触れましたが、戸建て住宅に住んでいる人がインターネットの接続だけを望むのであれば、「ぷらら光」が最安の月額料金で利用できます。

これらが「ぷらら」をプロバイダに選ぶメリットにもなる訳ですが、ぷららでは他にもオプションとして、セキュリティサービスやテレビサービス「ひかりTV」が利用できることをアピールしています。
「ひかりTV」は通常だと月額2,500円するところを900円で利用可能としています。

しかしフレッツ光サービスや他社プロバイダでも「ひかりTV」が同じような価格で利用できることなどを考えれば、他社と比較した際の強みとはなっていません。

またインターネットの契約には最低利用期間や契約解除料(解約金)の縛りがありませんがTVサービスの「2ねん割」の適用がある場合には、契約解除料9,000円(税込9,720円)が発生しますので注意が必要です。

『Plala』のメリット総括

正直なところ「ドコモ光」のプロバイダとして利用する以外では、メリットとなるのは『2年契約がなくいつでも解約できる』『月額利用料金が安い』ということ、『キャッシュバック』といったことでしょうか。

またソフトバンクモバイル(携帯・スマホなどがSoftbank)を利用しているのであれば、一見月額料金が高くても、家族のスマホ・携帯回線1台1台に適用できるスマホセット割『おうち割』により最終的にはソフトバンク光の方がお得です。

またソフトバンク光では『最大60,000円の高額キャッシュバック』『24,000円分の商品券or月額割引』『12ヶ月実質月額2,000円割引』をはじめとした豊富なキャンペーンを併用して申し込みが出来ます。

ソフトバンク光への申し込みはこちら

『Plala』のデメリット

一方『Plala』のデメリットとしては、ツイートにも多く見られるように「回線速度が遅い」という点でしょうか。
通常のメールやネットの閲覧ならまだしも、動画やゲームをメインで楽しむユーザーが増加する中、速度が遅いというのは致命傷です。

せっかく魅力的な内容の動画配信を行っていてもこれでは…という訳です。

Plala以外の回線業者・プロバイダでお勧めは?

携帯・スマホがdocomoではない、またdocomoであっても、とにかく回線速度が速いプロバイダを希望!ということであれば次の3つのインターネットサービスを検討してみてはいかがでしょうか?
ここでご紹介する回線はNTTのフレッツ回線ではなくダークファイバー(利用されていないNTT回線)や自前の回線などを使ってインターネットサービスを提供しています。

そのためNTT回線のフレッツ光や光コラボよりも比較的早い回線速度が期待できるという訳です。

価格・速度も納得のauひかり

とにかく早い回線速度を!ということなら、速度に定評のある『auひかり』がおすすめ。
またau携帯・スマホを持っているのであれば、セット割などの割引が受けられます。

auひかりの場合にはさらにプロバイダを指定する必要がありますが、中でもおすすめはキャッシュバック金額の多い『So-net』か『BIGLOBE』。
ネットサービスだけを利用する場合、割引料金適用後の料金は以下のようになります。

<auひかりの月額料金>

ホームずっとギガ得プランマンションタイプ(V16の場合)
開通月0円開通月0円
2~12カ月目5,600円2カ月目以降3,800円
13~24カ月目5,500円
25~31カ月目5,400円
32カ月目以降5,400円

auひかりでは、『37,500円の工事費無料キャンペーン』などが実施されていますが、以下の窓口限定で最大70,000円のキャッシュバックが貰えるキャンペーンも実施されています。
auショップなどで申し込むより高額なキャッシュバックが欲しいなら以下のURLも併せてチェックしてみましょう。

auひかりへの申し込みはこちら

中部・東海地方なら『コミュファ光』が最速!

中部テレコミュニケーションが提供している、愛知県・岐阜県・三重県・静岡県エリアにお住いの方向けインターネットサービスです。

最大通信速度は1Gbps。またauの携帯・スマホを持っているのであれば、『auスマートバリュー』によって、1回線につき毎月最大2,000円の割引が受けられます(最大2年間)。

【関連記事】コミュファ光ならauスマートバリューを利用すべき理由

さらにこのコミュファ光のプロバイダーを『So-net』で申し込みすることでなんと最大80,000円のキャッシュバックが受け取れる窓口もあります。こちらの窓口も要チェック!↓

コミュファ光への申し込みはこちら

<コミュファ光の月額料金>

料金プラン1ギガホーム・セレクト100MマンションV・セレクト
コミュファ光月額費用2,930円
(ギガデビュー割適用)
2,680円
コミュファ光電話300円300円
So-net月額料金1,300円
(So-net長割forコミュファ適用)
1,200円
月額料金合計4,580円4,180円

とにかく早い光インターネットを熱望ならNURO光

『NURO光』関東地域限定(茨城県の一部を除く)のインターネットサービスです。
世界標準のテクノロジーによるネットサービスの提供ということもあり、ホームゲートウェイ内における通信速度は下りが最大2Gbps

これなら動画もオンラインゲームもサクサク快適にできそうですね。
またSoftbankのスマホを持っているのなら、NURO光電話とセットの利用で、月額利用料金から毎月2,000円の割引を受けることができます(最大2年間)。

Softbankスマホと、NURO光電話の「おうち割 光セット」の詳しい内容はこちら↓
【関連記事】NURO光とソフトバンクは相性が良い!そのヒミツとは?

<NURO光の月額料金>

料金プランNURO光NURO光
forマンション
契約期間2年2年
月額料金4,743円1,900~2,500円
基本工事費40,000円
(キャンペーンで実質無料)

ところでNURO光では『工事費実質無料キャンペーン』も行っており、戸建てタイプで『月額基本料が開始月無料』という特典も実施されています。
このキャンペーンの適用を受ければ、回線速度だけでなく、初期費用(開通工事)も実質費用は0円、お得な月額利用料で利用することが可能なのです。

また以下のNURO光の代理店では、さらにキャッシュバックを受けることも可能でしかもその額は最大80,000円。気になる人は以下のURLもチェックしてみましょう。

NURO光への申し込みはこちら

Plalaのメリット・デメリットまとめ

Plalaは老舗の大手プロバイダで多くの会員がいます。
また、新たに始めたぷらら光は解約金のかからない光回線として注目を集めています。
今回調査したNTT Plalaの評判から、契約のネックとなっている「回線速度の遅さ」が改めて浮き彫りになりました。

インターネット開設の目的が、動画・オンラインゲームでの利用がメイン、サクサクと使いたい!というのであれば、混雑や速度低下が避けられないNTTフレッツ回線を用いた「コラボ光」ではなく、それ以外の回線を利用しているauひかり・NURO光・コミュファ光の加入がおすすめです。

一見、月額利用料金が安いと思ってしまう「NTT Plala」ですが、家族のスマホの台数などによってはセット割を適用した光回線のほうがお得になるというポイントもぜひ押さえておきましょう。

月額料金が安い!auひかりおすすめNo.1窓口

おすすめ窓口25(トゥエンティファイブ)

月額12ヶ月間1,000円割引開催中!
この窓口の人気のヒミツは最大70,000円のキャッシュバック!申し込むなら絶対この窓口がおススメです!月額は格安なため、auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも人気!新規でもお乗換えでもおトクなauひかり!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る