閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

OCN光とOCNモバイルONEのセット割でネット代を安く節約!

光回線には、auやソフトバンクなどキャリアのスマホとセットで契約することによって割引を適用できるものがあります。

さらには、光回線と「格安SIM」をセットで契約することでネット代を節約できるものもあります。

今回紹介するOCN光では、OCNモバイルONEとのセット契約によってネット代を節約することが可能です。

この記事では、OCN光とOCNモバイルONEのセット割引である「OCN光モバイル割」について詳しく解説します。

また人気の高い格安SIMであるY!mobileとセット契約することで割引を適用できる「ソフトバンク光」も併せて紹介するので、参考にしてみてくださいね。

OCNモバイルONEは格安SIM!料金が安い!

OCNモバイルONEは、ドコモ回線を使用している格安SIMです。その名前からも分かる通り、OCNがサービスを展開しています。

ドコモ回線を使用しているので、ドコモのスマホを現在所有している場合はそのスマホをOCNモバイルONEでも使い回せるため、スマホ本体の購入代金も大幅に節約できます。

OCNモバイルONEの特徴は、ドコモなどの携帯電話の大手キャリアに比べて月額料金や通話料金が非常に安く設定されていることです。

ちなみにドコモよりもOCNモバイルONEの方が月額料金が安い理由には、ドコモが所有している回線帯域の一部のみを借りて運営していることや、手続きがネット中心で人件費が削減されていることが挙げられます。

ドコモからOCNモバイルONEに乗り換えると、スマホ代はどれくらい安くなる?

ドコモで2GBプランとカケホーダイライト(5分かけ放題)を契約した場合と、OCNモバイルONEでもっとも安い「110MB/日コース」(1日に110MB高速通信できるプラン)に10分かけ放題オプションを適用した場合で料金を比較してみましょう。

まずドコモの場合は、

サービス名月額料金(税抜)
カケホーダイライト(5分かけ放題)1,700円
データSパック(2GB)3,500円
SPモード利用料(インターネット接続料金)300円

以上で月額料金は合計5,500円(税抜)になります。

一方OCNモバイルONEだと、

サービス名月額料金(税抜)
110MB/日コース(1ヶ月30日として、合計3.3GB程度)1,600円
10分かけ放題オプション850円

以上で合計2,450円です。

両者の差額は、3,050円になりました。

ドコモからOCNモバイルONEに乗り換えると、1ヶ月間で通信できる容量が増えてかけ放題の時間も倍になった上で、月額料金が半額以下にまで抑えられることがわかりますね。

この通りキャリアからOCNモバイルONEに乗り換えるだけでも、1ヶ月の携帯料金は大幅に節約できます。

ただしOCNモバイルONEに乗り換えると、ドコモで無料で利用できる「@docomo.ne.jp」のメールアドレスは利用できなくなります。

またOCNモバイルONEはドコモが所有する広い回線帯域の一部を使って運営しているので、回線が込み合う時間帯があることにも注意は必要です。

OCN光モバイル割でネットもスマホも格安!

OCNモバイルONEと「OCN光」をセットで契約すると、「OCN光モバイル割」を申し込めるようになります。

スマホをドコモなどのキャリアからOCNモバイルONEに乗り換えただけで大幅に料金を節約できますが、そこからさらに割引を適用させられるのです。

OCN光とは、フレッツ光とOCNのプロバイダがセットになった「光コラボレーション」のサービスです。こちらもOCNが展開しています。

OCN光は集合住宅なら月額3,600円(税抜)、戸建住宅なら5,100円(税抜)から利用できます。

OCN光モバイル割を申し込んで適用すると、OCNモバイルONEの利用料金が毎月200円(税抜)引きになります。

さらに割引はOCNモバイルONEの最大5回線までに適用できるので、最大1,000円(税抜)ほどの節約になります。

家族でスマホの回線をOCNモバイルONEに乗り換えた上に自宅のネット回線をOCN光にすれば、毎月のスマホ代と光回線代は数千円単位で節約できますね。

OCNのセット割と他回線の比較

OCNモバイルONEとOCN光のセット割以外にも、スマホとのセット割を適用してお得に利用できるネット回線があります。

今回は様々な候補の中から特におすすめの、ソフトバンク光について詳しく解説します。

おすすめの回線(ソフトバンク光)

ソフトバンク光はOCN光と同様に、フレッツ光の光回線とプロバイダがセットになった光コラボレーションのサービスです。

ソフトバンク光ではソフトバンクのスマートフォンやガラケーを利用している場合「おうち割」を適用し、スマホ代を毎月最大1,522円(税抜)まで節約できます。

そしてこの他に、Y!mobileを契約しているのであれば「光セット割」を適用してY!mobileの利用料金を節約することも可能です。

Y!mobileは一人での契約なら月額1,980円(税抜)、家族回線は一人1,480円(税抜)から利用できることが特徴の格安SIMです。

スマホプランを契約すれば標準で10分かけ放題が搭載されているので、通話料金を節約できることもY!mobileの魅力ですね。

ソフトバンク光の光セット割では、Y!mobileのスマホ代やタブレット、Pocket Wi-Fiの利用料金を一人あたり毎月最大1,000円(税抜)まで割り引くことが可能です。

ソフトバンクだと格安SIMではないこともあって、割引が適用されるとは言っても元々の月額料金自体がそこそこ高額です。

しかしY!mobileなら月額料金が1,980円(税抜)からと、元々の利用料金の時点でソフトバンクの半額やそれ以下にまで節約できます。光セット割も合わせれば、さらにお得です。

Y!mobileとソフトバンク光を合わせて光セット割を適用すると、大幅な割引を利用できることができますね。

さらにソフトバンク光を契約した場合見逃せないのが、最大60,000円のキャッシュバックを受け取ることができることです。

新規申し込みを行う際に各種条件を満たせば、最大60,000円のキャッシュバックを受け取ることが可能です。

詳しいキャッシュバックキャンペーン内容については、こちらをご覧ください。

ソフトバンク光への申し込みはこちら

スマホ代の割引に加えて高額なキャッシュバックも受け取れるので、OCN光+OCNモバイルONEの「OCN光モバイル割」に劣らずお得な割引サービスと言えますね。

OCN光とOCNモバイルONEのセット割についてのまとめ

フレッツ光とOCNのプロバイダがセットになったOCN光とOCNモバイルONEの両方を契約すると、OCN光モバイル割を適用してスマホ代を1回線につき200円引きにすることができます。

月々のスマホ代とネット代の両方を安く抑えたいなら、スマホはOCNモバイルONE、光回線はOCN光に乗り換えて割引を適用してみてはどうでしょうか。

またOCN光モバイル割と同様にオススメなのが、ソフトバンク光とY!mobileを組み合わせた場合の「光セット割」やソフトバンク光契約時に受け取れる最大60,000円のキャッシュバックです。

このように光回線とスマホの回線を組み合わせて割引を適用し、月々の支払額を節約してみてはどうでしょうか。

月額がおトク!ソフトバンク光おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口LifeBank

ネットや携帯の割引特典が満載
キャンペーンが豊富なソフトバンク光は「光コラボ」でも一番人気がある。携帯とセットで割引となる「おうち割」や他社の乗換えの場合は違約金負担キャンペーンも!安心してはじめられる光回線!さらに人気窓口は、申し込みで最大60,000円キャッシュバック中!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン!

お申込みサイトを見る