閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

プロバイダってどこがいい?インターネット回線別おすすめプロバイダ

インターネットを契約するときに、必ず必要になってくるのがプロバイダ選び。
光回線をはじめ電話回線を利用するADSLやモバイルWi-Fiで人気のWi-MAXなど、インターネットといえばまず頭に浮かぶのが回線契約ですよね。

ところが回線だけではインターネットには繋がりません。
利用者とインターネットの仲介役ともいえるプロバイダが、じつは後々の快適ネットライフを左右することになるんです。

今回は回線ごとのおすすめプロバイダを紹介しましょう。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

そもそもプロバイダとは

インターネットでいうプロバイダとは「インターネットサービスプロバイダ:ISP(Internet Service Provider)」の略で「インターネット接続事業者」のことです。

出典:フレッツ光公式サイト

プロバイダの役目は、ざっくりいえば利用者とインターネットの世界の橋渡し役のようなもの。

公道をクルマで走る為には免許証が必要ですが、同じ免許証番号が2つと無いようにインターネットの世界でも接続する為のユーザー認証が利用者ごとに必要となり、プロバイダは契約者にユーザー認証を配布する役目を担います。

インターネットへの免許証ともいえるユーザー認証は、認証(接続)用IDとパスワードで構成されており、これをルータやPCなどの端末にセットしアクセスすることでIPアドレスという世界にひとつしか存在しない個別の番地が振り分けられ、インターネットが閲覧できるというわけです。

プロバイダによって回線品質や快適度が左右される

じつはこのプロバイダ、たんに利用者とインターネットをつなぐだけではありません。

回線に伝送されるインターネット信号をより快適に行き来させるため、より強固でタフなサーバーと利用者が安心して使えるサービスが求められるんです。

利用者がインターネットにアクセスする際には、ユーザー認証を通すためにプロバイダのサーバーを経由します。
たとえれば高速道路ICのゲートのようなものです。

より多くのゲートでより速い認証処理が出来れば通過するクルマもスムーズですが、ゲートが少なかったり通過処理が遅いとたちまち渋滞してしまいます。

これがインターネットの場合だとたちまち閲覧が不安定になり、動画がスムーズに再生されなかったりダウンロードに異常に時間がかかったり、はたまたリンク先の画面がなかなかでてこないなんてことになるわけです。

タフなサーバーとは、利用者のアクセスが集中しても渋滞が起こらない充分なキャパシティと処理能力の高いストレスフリーのサーバーのことなんです。

また停滞が発生した際利用者に不信感を抱かせない、スムーズで迅速な対応ができるサポート面も重要です。

サポート窓口に問い合わせても電話がなかなかつながらないプロバイダは、すでに安心して利用できるプロバイダとはいえません。

人気のプロバイダが快適とは限らない

ここでひとつ想定できる悪しき習慣が「人気のプロバイダなら多くのユーザーが利用しているのだから快適なはずだ」と、あながち知名度や窓口のオススメでプロバイダを選んでしまうことです。

たしかに人気のプロバイダは、利用者数に応じてタフなサーバーや安心できるサービスを用意しているモノと思えますよね。

ところが利用者が多いがゆえに、アクセスの集中する時間帯にはそれに準じて加速度的に渋滞が発生、たとえば人気の光コラボでシェアトップを誇るドコモ光なのに夜になるとアクセスが不安定になるのも、人気がゆえの悪しき副産物なんです。

またプロバイダ契約には、当然ランニングコストも考慮する必要があります。
さらに契約時に割引特典やキャッシュバックがある、アフター面でもメンバー特典が多いなど、ソフト面の充実も見逃せません。

プロバイダ選びは、回線が混み合わないことにくわえて料金面や割引特典がすぐれていると、総合的なコスパの良さが大事なポイントなんです。

ここまでの解説で「プロバイダは光回線のおまけのようなものだからどこでもいいのでは?」なんて認識も、少し変わってきたのではないでしょうか。

各回線別おすすめプロバイダ

さてここからは先ほどのポイントをふまえて、回線ごとにオススメのプロバイダを紹介していきます。

ご自身の利用環境にピッタリなプロバイダを選んでみて下さいね。

フレッツ光

フレッツ光といえばインターネット光回線の王道の様な存在です。

出典:NTT西日本公式サイト

ADSLから光回線への移行時期にはまだまだNTTのフレッツ光回線がほぼ独占状態だったので、利用者はフレッツ光でどのプロバイダにするのか、プロバイダ各社も光回線ではフレッツ光と提携するしかなかったわけです。

その分フレッツ光でのプロバイダ選びは「インターネットにつなぐためのおまけ的存在」だったんですね。

家電店で店員に勧められるまま、PCの値引き、ノベルティがついてくるからなど、わけのわからないままプロバイダを選んでいたのではないでしょうか。

フレッツ光も当時は光回線への移行や代理店の利用者獲得合戦で、割引特典やキャッシュバックなどが盛んに行なわれていたのですが、安定路線に入った現在そうした特典はほぼありません。

となるといかにコストをおさえるかという見地から、月額料金の安いプロバイダがオススメということになります。

フレッツ光のプロバイダを月額料金の安い順にあげてみました。

BBエキサイト

BBエキサイト(BB.excite)は、東京都港区に拠点を置くエキサイト株式会社が提供するインターネットサービスプロバイダです。

2018年3月現在フレッツ光のプロバイダとしては最安値で月額料金は500円。
しかも現在キャンペーン中で、BBエキサイトに新規加入の場合は、6ヶ月間月額料金が300円と、あり得ない低コストです。

キャンペーン適用時の最低利用期間は12カ月で中途解約の場合は4,000円の解約料が必要ですが、キャンペーン無しで契約の場合は最低利用期間での「しばりなし」つまり解約金は0円なんです。

料金の安さからいけばBBエキサイトが圧倒的ですね。

ASAHIネット

ASAHI(アサヒ)ネットは、東京都中央区銀座に拠点を置く株式会社朝日ネットが提供するインターネットサービスプロバイダです。

ASAHIネットは長年に渡って各社のインターネット回線で利用されてきた老舗のプロバイダだけに、ノウハウを活かしたサービス面が充実していることでも多くの口コミで評価されています。

フレッツ光におけるASAHIネットのプロバイダ料金は、戸建てのホームコースで月額料金780円、マンションコースでは月額料金700円となっています。

また現在プロバイダ乗換えキャンペーンも行なわれており、ホームコースでは最大12カ月無料、マンションコースでも最大6ケ月無料と超オトクに。

現在のキャンペーン期間は2018年5月31日までですが、スライド開催される可能性は十分にあるので、公式サイトでチェックしてみて下さい。

WAKWAK

WAKWAK(ワクワク)は、東京都豊島区池袋に拠点を置く株式会社NTT-ME(エヌティティ・エムイー)が提供するインターネットサービスプロバイダです。

WAKWAKは長年NTT東日本グループでネットワーク関連の業務を手掛けてきただけに、その回線品質を含む技術面では定評があり、一般ユーザー向けの安定したインターネット環境を提供しています。

先に紹介したBBエキサイトやASAHIネットは、フレッツ光のプロバイダ以外にも自社自ら光コラボを運営していますが、WAKWAKは光コラボを行なっていません。

その分さまざまなインターネット回線向けに特化した、充実のプロバイダサービスに力が注がれているんです。

WAKWAKのフレッツ光回線向け月額料金は2017年6月に改定が行われており、NTT東西ともスタンダードとライトコースで区分けしていた料金を統一、ファミリーコースで950円、マンションコースで800円になっています。

auひかり

おすすめ窓口最大77,200円大幅還元!
株式会社25
auスマートバリューでセットにするとスマホ1台につき
最大2,000円を携帯料金から割引
「速い!」「安い!」で人気のauひかり!スマホとのセットで安くなるauスマートバリューの他にも工事費が実質無料のキャンペーンや、乗換えで最大30,000円の違約金が還元!さらに、この人気窓口限定で最大77,200円の大幅還元キャンペーン地デジアンテナの設置工事費が実質無料!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

auスマホを使っているならauスマートバリューでスマホ代が割引になる「auひかり」を検討中の方もいるでしょう。

またauひかりはスマホ割引だけでなく自社回線をメインに使っていることから、フレッツ光に比べて回線が混み合い難く、回線速度の速さや比較的リーズナブルな月額料金などから人気の光回線でもあるんです。

ただauひかりは申し込み時にプロバイダを選ぶタイプになっていながら月額料金は一律のため、ついつい迷ってしまいがちです。

auひかりのプロバイダならキャッシュバックや回線品質、またサービス面や技術的ノウハウでも、次の3事業者から選んでおけばまずは間違いないでしょう。

1位:So-net

So-netはSONYグループが手掛ける老舗のプロバイダです。
どんなインターネット回線でも選ぶべきプロバイダとして必ずラインナップされているのも、長年の実績から来た信頼の証しといえるでしょう。

So-netの技術力はこの後に出てくる人気のNURO光を見ても一目瞭然、回線速度やアフター面でもイチオシです。

2位:BIGLOBE

BIGLOBEは日本製PCの代表格ともいえるNECが提供するインターネットサービスプロバイダです。

PCを購入する際に割引対象となるインターネット契約を勧められて入会してみたらプロバイダがBIGLOBEだったなんて人も多いのでは?

auひかりにおいても、So-netと肩を並べるシェアの高い人気で安心のプロバイダです。

3位:au one net

au one netはauひかりを提供するKDDIが手掛けるプロバイダです。
au one netではピンとこない人も前身の「DION」と聞けば「ああなるほど」となるでしょう。

auひかりが自社で運営するプロバイダですから理にかなったように思えますが、プロバイダ機能としてはSo-netやBIGLOBEの後追い感は拭えません。

それでもKDDI独自の一体感で、他社のコラボとは違ったきめ細かなサービスと、万が一のサポート面でのスムーズな対応が期待できるので、やはりオススメのプロバイダのひとつには変わりません。

ドコモ光

出典:ネットナビ公式サイト

ドコモ光は光コラボの中でもトップシェアを誇る、NTTグループならではの人気の光回線接続サービスです。
またドコモスマホとのセット割で固定回線にドコモ光を検討中の方もいるでしょう。

出典:ドコモ光公式サイト
https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/eizo_life/?icid=CRP_HIKARI_top_to_CRP_HIKARI_eizo_life

ドコモ光では申し込み時に、タイプAとタイプBの中からプロバイダを選ぶか、どちらにも属さないプロバイダを自分で用意する「単独タイプ」で契約することになります。

特にこだわりが無ければタイプAから選ぶ

今までのメールアドレスを変えたくない、回線品質に影響がないので気に入っているなど、プロバイダにこだわりのある人以外は、月額料金が200円安いタイプAから選ぶことをオススメします。

出典:ドコモ光公式サイト

タイプAではauひかりでもおすすめした、So-netやBIGLOBE、ドコモ光と同じNTTグループのぷららなどはプロバイダとしての回線品質やサービス面で安定感があります。

タイプBで選びなら、老舗大手の王道OCN、実績面から安心して使える@niftyやASAHIネットもいいでしょう。

出典:ドコモ光公式サイト

速度にこだわりのある方は「IPv4 over IPv6」対応のプロバイダを選ぶ

ドコモ光は前述のように人気がゆえの回線混雑が予想され、現状口コミではまだまだ完全には解決されていないようです。

この混雑を回避するのが、混雑するIPv4を回避するIPv6方式という伝送方式です。
とくに利用者の多い人口密集地などで回線の混雑を避けたい場合は、このIPv6方式のなかでも速度改善が期待できる「IPv4 over IPv6」を採用しているプロバイダを選びましょう。

現在ドコモ光のプロバイダでは、GMOとくとくBB、BIGLOBE、So-net、IC-net、@nifty、SIS、andlineが対応しています。(2018年3月現在)

SoftBank光

おすすめ窓口最大60000円キャッシュバック!
株式会社ライフバンク
おうち割で毎月最大
1,080円割引!
月額実質2,800円~スタートでき、はじめて光回線を使う方でも安心!光と携帯のセットで割引となる「おうち割」や他社から乗換えの場合は、違約金負担も!この人気窓口は、最大60,000円キャッシュバック + 24,000円分の特典も!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

TVCMでは見ない日はないくらい露出度の高いソフトバンクが提供する光コラボが、SoftBank光(ソフトバンク光)ですよね。

ソフトバンクももちろん「おうち割光セット」といったスマホ割があるので、固定回線にソフトバンク光を選ぶのもオトクな選択になります。

ソフトバンク光でのプロバイダは1社、選択で迷うこともなく必然的にYahoo!BBになります。

こちらも利用者が多いだけに回線が混み合いそうですが、じつはソフトバンク光の回線品質は以外にも? 評判がいいんです。

業界でも回線速度のバロメーターにしている参考サイト「RBB SPEED TEST」でも、ソフトバンク光の回線速度は常に上位にランク、選択するプロバイダに依存されることなく社内で一貫して技術供与できるので、常に最善の回線品質が保たれているのでしょう。

Yahoo!BB光withフレッツとソフトバンク光の関係

NURO光

NURO光

おすすめ窓口最大12万円もお得!!
株式会社Life Bank
下り最大2Gbpsの超高速光通信を実現
個人宅向け商用光ファイバーサービスの中でも、超高速となる下り最大2Gbpsという通信速度を実現。 超高速光通信で、あなたのインターネットライフをより一層楽しい世界へと導きます。 当サイト限定で最大80,000円の高額キャッシュバックに加え、初期工事費実質0円、月額基本料が開始月無料となります。

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

今や首都圏ではダントツ人気、世界最速2Gbpsの回線速度を提供しているのがNURO光です。

当初は関東圏だけでエリア拡充に期待がかかっていただけに、2017年に東海・関西エリア首都圏にまで進出した際には予想通り申し込みが殺到、未だにさらなるエリア拡充が待たれているんです。

そんなNURO光を提供しているのがSo-netです。

auひかりでもオススメ1位のSo-netですが、NURO光のプロバイダとしてはSo-net一択。
もう迷うことはありません。

コミュファ光

コミュファ光

おすすめ窓口最大110,000円キャッシュバック
フルコミット
auスマートバリューが申し込みできます!auケータイとセットで1台あたり最大2,000円も割引に
中部地方で大人気のコミュファ光!スマホとのセットで安くなるauスマートバリューの他にも初期工事費が実質無料になるキャンペーン!さらにこの人気窓口限定で最大110,000円の超高額キャッシュバックがもらえます!!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

コミュファ光は東海エリア限定の光回線サービスですが、回線速度やサポート面で優れていると高評価のローカル人気回線です。

そんなコミュファ光もプロバイダは選択型、現在10社がラインナップされている上にプロバイダは別解約になり各社で月額料金も違っているので、やはり迷ってしまうそうですね。

地域限定だけに全国展開の光回線と比べると回線の混雑はほぼ気にしなくていいでしょう。
となるとコミュファ光でのプロバイダは、やはり費用面で選ぶのがオススメです。

なかでも、ODN、エディオンネット(エンジョイ)、So-netが、戸建て向けホームプランで月額料金1,200円~1,300円とリーズナブルです。

まとめ

光回線を検討中の方に、回線別のおすすめプロバイダについて紹介してきましたがいかがでした?

プロバイダ選びはたんに知名度や料金だけでなく、実際利用する光回線との組み合わせでもっとも適当な事業者を選ぶことがポイントになってきます。

回線品質、料金、サポート面や申し込み時の特典など、最もふさわしいプロバイダを吟味して快適ネット環境を目指してくださいね。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

固定回線のお悩み解消!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAX申込み人気No.1「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクになっています!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事