閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

フレッツ光を賃貸物件で利用!モバイル回線と比較してみた!

このページをお気に入りに追加する

このページをお気に入りから削除する

賃貸物件でのフレッツ光の利用方法

最近では、一人暮らしをする学生などが増え、自分の利用用途に合ったインターネット回線や、短期間でもっと気軽に利用できるインターネット回線が注目されています。

他のインターネット利用方法には、携帯電話などの端末を利用してデザイリング方法でインターネット接続をするものや、WIMAXのようなWi-Fiルーターを利用してモバイル回線でインターネット接続を行うものなどがあります。

いま光回線(固定通信回線)を利用の方は、NTT東西が提供するフレッツ光(光ネクスト、光ライト)や、auユーザーの方ですとauひかり(auスマートバリュー)を利用している方が多いのではないでしょうか?

本稿では、光回線のフレッツ光について詳しく説明していきたいと思います。

賃貸物件でインターネットを利用するには?

マンションやアパートのような賃貸物件でインターネットを利用するには、物件内にすでに引き込まれている設備を使ってインターネットを利用する方法がもっとも一般的です。

フレッツ光やケーブルテレビ、auひかりなどのインターネットを取り扱っているインターネット事業者が集合住宅にインターネット回線を引き込み、共同スペースにあるPTと言われる機器に接続した後、建物内の配線方式に接続し各部屋にインターネットの引き込みが行われます。

その場合、インターネット契約はインターネット回線を引き込んだ回線業者ですることです。

各部屋の内部にはインターネットを利用するために回線終端装置と言われるものを設置し、LANケーブルなどを使ってパソコンなどでインターネットを楽しむようです。これがもっとも一般的な賃貸住宅でのインターネット利用法です。

携帯電話のテザリングでインターネットを利用する

一人に一台はかならず持っているとされている携帯電話。携帯電話のなかでもスマートフォン(以下スマホ)と言われる機器でインターネットを送受信するアクセスポイントとして利用することで、パソコンやタブレットなどの端末でインターネットを利用できます。

テザリングを利用するには利用している携帯会社にテザリングの申し込みを行います。

会社によってはテザリング料金無料でできるところもあれば、月額500円かかるところもあります。

キャンペーンなどを行っていて初期利用からしばらくは無料というところもあります。申し込みをば工事などを行うことなくすぐにテザリング機能を利用できる手軽さがメリットです。

注意すること

しかしスマホを使ってテザリングをする場合、デメリットの部分をしっかりと考慮する必要があります。

中でも最も注意しなくてはいけないのが通信制限です。

各携帯会社はデータ通信量に上限の容量を設けており、その容量を超えて利用するとインターネットの通信スピードが極端に遅くなってしまいます。

テザリングでパソコンなどを利用する場合は、安易に許容データ通信料を超えてしまうので、その後通常のスマホの利用に支障をきたす場合があります。

月が替わればデータ容量がリセットされるのでまた問題なく利用できますが、すぐに上限を超えてしまう可能性があります。

またパケットし放題プランなどにしておかないと通信料が加算され、高額請求されてしまう可能性もあります。

月に1回インターネットでメールを送る人などが利用するのであればテザリングでも十分かもしれませんが、日常的に利用するには不便なものです。

モバイル回線でインターネットを利用する

モバイル回線を利用してWi-Fiルーターなどをアクセスポイントにし、インターネットを利用できます。

原理的にはスマホのデザイリング機能と似ていて、携帯電話会社の3G、LTE回線の電波を利用してWi-Fiルーターと手持ちのパソコンやタブレットなどで通信を行う方法です。

Wi-Fiルーターの契約を行うと、工事などを行うことなく簡単な設定のみでその日からインターネット利用できます。

携帯電話の電波を利用しているので電波が届くところであればいつでも、どこでもインターネットを利用できます。

以前はモバイル回線で有名なWiMAXを通信制限なしで利用することが可能でしたが、現在はすべてのモバイル回線で通信制限が設けられており、その多くが前日までの3日間のデータ通信量が3GB以上で通信速度制限がかかるようになっています。

フレッツ光とモバイル回線の比較

賃貸の集合住宅でインターネット利用を考える場合に、光回線などの固定回線を利用したインターネット利用か、モバイル回線を利用したインターネット利用かに大体絞られます。

モバイル回線の利用はいつでもどこでもインターネットができるというメリットがありますが、利用量が多いと通信速度制限がかかってしまい安定的に利用することが難しいデメリットもあります。

料金的には光回線(固定回線)であってもモバイル回線であってもそれほど月額利用料が変わるものではないので、使用用途に合わせてどちらがいいのかを選ぶ必要があります。

日常的にインターネットを利用する場合や動画を見る場合などは通信容量があっという間に3Gを超えてしまうので、安定的な光回線のほうがオススメです!

集合住宅(マンション)でフレッツ光を契約すると、集合住宅向け料金プランであるマンションタイプで契約することです。マンションタイプは、集合住宅内で見込める契約数(利用希望者)によってマンションプラン2、マンションプラン1、マンションミニのタイプに分けられます。

インターネット料金は3タイプでそれぞれ異なります。
後ほど詳しく説明しますが、集合住宅に住んでいても一戸建て住宅向けのファミリータイプの契約をする場合もあります。

またフレッツ光ネクスト ギガマンションタイプ スマートプランは、自宅内で使用できるWi-Fiルーターがセットになっているお得なプランになっています。

さらに、フレッツ光のインターネット回線サービスでは、高速インターネットが利用できるプランが充実しているので、安定かつ快適なインターネット環境を利用することが可能です。

集合住宅での比較例

WIMAX UQ Flatツープラスギガ放題 フレッツ光ネクスト ギガマンションタイプ スマートタイプ プラン1
基本月額料金 4,880円 3,750円
各種割引適用時の月額 4,380円 3,350円
プロバイダ料金 なし あり500円~
通信制限 3日間で3G なし
月間データ量上限 なし なし
初期費用 3,000円 800円
契約期間 2年間(自動更新) 2年間(自動更新)
契約解除違約金 あり 9,500円~ あり 1,500円
ユニバーサルサービス料 3円/月 なし
工事費 不要 必要

宅内作業のみの場合7,600円

(土日工事は別途3,000円)

回線速度 場所や時間により遅い 上り下り最大おおむね1Gbps
利用場所 持ち運び可能 自宅のみ
特典 GMOとくとくBB WiMAX2+キャンペーンにて最大31,000円のキャッシュバック BBナビ限定キャッシュバックキャンペーンで8,000円キャッシュバック

※各種割引を受けるにはいくつかの条件が必要です。

賃貸集合住宅でのフレッツ光利用

賃貸の集合住宅でフレッツ光を利用したい場合、自分の住んでいる住所をhttps://flets.com/app2/cao/index/index/”>NTT東日本のサイト内に入力することで建物がフレッツ光に対応しているかどうかの確認がます。

建物にすでにフレッツ光が導入済みの場合は、NTT東日本に電話で申し込みを行うとそのまま契約手続きを行うことができますが、建物にまだフレッツ光が導入されていない場合は建物の改修工事を行う必要が出てきます。

建物の改修工事は賃貸物件を管理している管理会社やオーナー、大家さんの許可がないと設置工事ができず、フレッツ光を利用できないこともありますので、引っ越しを決める前に確認しておきましょう。

また、新規で引越す場合は不動産屋で物件情報を探す段階でフレッツ光導入済み物件を探すことができます。

最近ではインターネット完備の建物は人気が高く、多くの建物でフレッツ光を導入しています。

物件によっては、大家指定のインターネット契約をする取次会社がある場合もあります。

申込をした当日に回線工事が行われるわけではないので、入居日からすぐにネット回線を利用したい場合は、事前に不動産会社や大家に相談するか、工事日程を調節する必要があります。

フレッツ光導入済み賃貸でフレッツ光を利用する

フレッツ光導入済み物件でフレッツ光を利用する場合は、NTT東日本に電話で、もしくはフレッツ光のホームページより新規申し込み(https://flets.com/flow/)を行います。

その後、NTT東日本から設定に必要な書類などが契約者(利用者)に送付されてきます。工事の方法は2つあり、お住まいのタイプによって派遣工事、無派遣工事(局内工事)のどちらかを行います。

派遣工事は工事担当者がお宅を訪れて作業を行うものです。

派遣工事は部屋の中への光回線の引き込み工事が必要な場合行われるものです。

無派遣工事(局内工事)は、すでに部屋の中へ光回線が引き込まれている場合にお客様自身で送付されてきた機器を使って接続設定していくものです。

フレッツ光開通工事の所要時間は1時間程度です。その後、インターネットを利用したい機器の接続設定をばフレッツ光を利用できます。

フレッツ光を新規で賃貸物件に導入する

賃貸物件の管理会社やオーナー、大家さんのフレッツ光導入の承諾をいただいた後に、工事業者によって建物内にフレッツ光を導入する回線工事を行っていきます。

集合住宅のフレッツ光の配線方式は3種類あり、建物が建設された当時、どのような配線方法がとられていたのかによって決まってきます。

導入工事(初期工事)はまず、フレッツ光の光回線を建物近くの電柱から棟内の共同スペースに引き込みます。
共同スペースにはPTと言われる機器があり、ここに光回線を接続後、スプリッタ、パッチパネルと言われる機器を設置していきます。これらの機器に光回線を接続し、棟内の配管を利用して各部屋まで光回線を分配していきます。

この時に建物内の配線方法が光回線で行われていれば、フレッツ光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ、マンションギガラインタイプを利用できますが、電話回線を利用しているVDSL方式・ADSL回線やLANケーブルを利用するLAN配線方式の場合には通信速度が若干低下してしまうため、フレッツ光ネクスト ハイスピードタイプ、マンションタイプしか契約ができなくなっています。

宅内では各部屋に引き込まれた光回線を回線終端装置を使い、パソコンなどの機器に接続できる状態にしていきます。

工事を行うのでもちろん工事費用が発生します。

導入工事費の内訳は、「基本工事費」「交換機等工事費」「屋内配線工事費」「回線終端装置工事費」です。そのため、初期工事費は屋内配線の工程の有無で値段が変わります。

屋内配線の工事が必要な場合の工事料金 15000円(税抜き)
屋内配線の工事が必要ない場合の工事料金 7600円(税抜き)
さらに、工事日を土日休日に指定する場合は、上記の初期工事費に手数料3000円が上乗せされます。

賃貸集合住宅で物件に導入せずにフレッツ光を利用する

設備の整っていない賃貸物件やどうしても引き込みがない形態の建物、戸数・入居者が少なすぎる物件の場合などでは、建物自体へのフレッツ光の引き込めないことがあります。

その場合、建物自体に光を引き込むのではなく、各部屋に個別にフレッツ光を引き込むことが可能です。

この場合、フレッツ光の契約は集合住宅向けマンションタイプではなく一戸建て住宅向けファミリータイプの契約です。

方法としてはエアコンダクトの穴を通して配線を行う方法や、建物の壁に穴をあけて配線を行う方法があります。

この場合、それぞれの部屋に引き込み工事を行っているので契約が戸建て扱いです。

しかし、個々への引き込みは建物の内外の壁に穴をあけたり、建物内の配線を工事したりすることが必要となるため、かならず物件を管理している管理会社やオーナー、大家さんの承諾をとる必要があります。

【最新】おすすめインターネット回線特集

インターネット回線の種類別にサービス特徴や選ぶポイントをご紹介していきます! フレッツ光だけでなく、利用シーンに合わせて月々ネット料金を安くおさえたり、回線速度を上げれたり・・と知っておいても損がない情報を集めました! また併せて各回線ごとにわたしのネット編集部が調査してわかったおすすめの窓口を紹介ていますので回線選びのご参考にしていただければと思います!

光コラボレーションでおすすめ

光コラボといえば、フレッツ光と回線を使っているのでフレッツ光と同品質で安心!さらに下記では携帯とセットでお得になる回線をピックアップ!

\ 【最新】光コラボレーションでおすすめ /
☞ 詳細記事はこちら「2019年最新版・光コラボの比較一覧表!料金・速度・キャンペーンを比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

エリアは限られているけど利用できるなら使いたい光回線

現在はフレッツ光だけではなく、独自回線を展開しているサービスがあります。キャンペーンも窓口によってさまざまです!口コミでも速度に定評のある光回線をまとめました!

\ 【最新】光回線で総合的におすすめ /
※東海エリアであればコミュファ光がおすすめ!(auユーザーは割引あり)
☞ 詳細記事はこちら「【2019年最新】オススメの光回線はどこ?人気回線10社を大比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

モバイル回線(Wi-Fi)でおすすめ

持ち運びできるWi-Fiや自宅で使うホームルーターなど利用する状況に応じて選ぶことが大事です!選ぶポイントは選びは「月額料金」「データ量」「通信速度」に注目!

\ 【最新】Wi-Fi選びで迷われている方へ /
※ソフトバンクユーザーであればネクストモバイルもおすすめ(20GB 2,760円~)!
☞ 詳細記事はこちら「2019年にオススメしたいポケットWi-Fiは?全9社の総合評価を比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

このページをお気に入りに追加する

このページをお気に入りから削除する

よろしければ記事に関するご感想をお聞かせください。
※いつもたくさんのご意見・ご感想をお寄せいただきありがとうございます。他の方のご参考になる内容の場合、記事上に掲載させていただく場合がございますので予めご了承ください。(個人が特定されるお名前はなるべくお控えください。ニックネームでも可能です。)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

光回線窓口ランキング 2019年11月04日更新

※こちらのランキングは「キャッシュバック額」「受け取りやすさ」「受け取り時期」「手続き」方法で判定しています。

モバイルWiFiルーター窓口ランキング 2019年11月04日更新

ホームルーター窓口ランキング 2019年11月04日更新