閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光東日本の対応エリアで使える割引を調査

フレッツ光は、NTTが全国に拡大する地域IP網を利用した高速インターネット通信サービスです。

この地域IP網は別名「フレッツ網」とも呼ばれています。

フレッツ光の最大の特徴として、NTT西日本地域とNTT東日本地域では、NTT契約料・NTT工事費(初期費用)・提供されるサービスタイプが異なることがあげられます。

今回は、フレッツ光東日本に絞って、フレッツ光西日本おすすめの利用プランとオトクな割引きサービスをご紹介します。(フレッツ光西日本を見る)

フレッツ光はサービスエリア内であっても、設備の都合上、フレッツ光の提供を行えない地域やお住まいの形態によっては利用できない場合もあります。

さらに、利用環境によってご契約できる回線タイプや利用サービスが制限される可能性もあります。

たとえば、集合住宅にお住まいの場合は、インターネットのアクセス回線を複数のユーザで共有して利用することになるのです。

自分の住まいがフレッツ光を利用できるかどうかはフレッツ光東日本のサイト内で確認することができます。

フレッツ光東日本サービス対応エリア

北海道
北海道
東 北
青森 宮城 岩手 山形 秋田 福島
甲信越
新潟 長野 山梨
関 東
東京 茨城 神奈川 栃木 千葉 群馬 埼玉

フレッツ光東日本が実施中の割引サービス

フレッツ光東日本では、サービス対応エリア内でもっとお得にフレッツ光に加入してもらえるよう、新規の申し込みをする契約者に対しさまざまなキャンペーンを展開しています。

フレッツ光 にねん割

フレッツ光に加入するときに最初から2年間継続利用をすることを前提に申込みをすると、月額利用料が割引されるキャンペーンです。

戸建て住宅であれば2年間で最大16,800円の割引が、集合住宅であれば2年間で最大2,400円の割引が適用されます。

にねん割を適用するにはフレッツ光でにねん割プランの申し込みを行うことが必要です。

対象

対象となるのは、一戸建て向けサービスのフレッツ光ネクストのギガファミリー・スマートタイプ、ファミリー・ギガラインタイプ、ファミリー・ハイスピードタイプ、ファミリーです。

集合住宅向けサービスでは、フレッツ光ネクストのギガマンション・スマートタイプ、マンション・ギガラインタイプ、マンション・ハイスピードタイプ、マンションタイプになります。

フレッツ光ネクストは、定額料金プランです。

解約違約金

割引適用期間中に解約を行うと、にねん割プランの解約違約金(解除料)が発生してしまいます。

にねん割は一度申し込みを行うと、その後、キャンペーンを継続契約する手続きのための契約更新期間などはなく、2年単位で自動更新が行われるため注意が必要です。

そのため、フレッツ光のサービス開始の前に、契約更新月と契約回線の最低利用期間の確認は必ず行いましょう。

にねん割はフレッツ光の利用開始月の翌月1日からになります。
最低利用期間とは、利用開始月(料金起算月)から解約月(利用期間満了月)までの期間のことを指します。
利用開始月は利用開始日を含む月です。利用開始日は、フレッツ光が開通した日となります。

もっとライトに!キャンペーン

フレッツ光ライトファミリータイプを契約中の方を対象に、月額基本料金から毎月500円、最大24ヶ月(2年)間割引になるキャンペーンです。

2017年3月31日までにファミリータイプ フレッツ光ライトプランの利用を開始した契約者を対象としており、申し込み期間は、2016年6月1日から2016年9月30日です。

フレッツ光ライトは2段階定額サービスで、あまりインターネットを利用しない月は低価格な月額利用料金で、基本利用量を超えた場合は、従量料金制で超過した分の通信料が加算されていきます。

上限額が設定されているので、たくさん使ってしまった月でも上限金額以上の月額料金を請求されることがないので安心です。

フレッツ光メンバーズクラブ

フレッツ光メンバーズクラブに入会することでポイントがたまり、そのポイントを毎月の料金支払いなどに充てることができるお得なサービスです。

マンスリーポイントの毎月のポイントはフレッツ光メンバーズクラブの会員継続年数に応じて変わります。入会1年目では毎月100ポイント、2年目で毎月200ポイント、5年目以降は毎月500ポイントが提供されます。

注意事項としてはマンスリーポイントは利用している契約回線ごとの提供になり、フレッツ光メンバーズクラブに入会しているフレッツ光の利用者が対象となるものです。

会員になるための入会金や年会費は必要ありません。

単身&かぞく応援割

実家に住んでいる家族と遠くに引っ越した一人暮らしの家族を対象に、フレッツ光ネクストの2回線分の支払いを一つにまとめることで、月額利用料合計額が最大で300円割引されるプランです。

戸建て住宅と集合住宅、もしくは集合住宅と集合住宅の2回線分の料金をまとめて支払うことで割引が適用されます。戸建て住宅同士の組み合わせでは、割引対象外となるので注意が必要です。

Webビリングで割引

NTT東日本ではNTTファイナンス提供サービスの請求(インターネット利用請求、携帯電話利用請求、固定電話利用請求)を一つにまとめて行えるおまとめ請求というものを行っています。

フレッツ光の利用料金はNTTファイナンスが行うもので、ほかにNTTの回線を利用している携帯電話や固定電話(一般加入電話およびINSネットなど)があればまとめて請求を行うことができます。

サービス契約をしている3つの請求書を一つにまとめることで、今までバラバラに届いていた請求書が一つにまとまり、まとめて支払いすることができます。また、それぞれに必要だった請求書発行代金も1枚で済みます。

さらにインターネットでのweb明細に切り替えると、紙媒体での請求書自体の発行の必要がなくなるのでその分料金が割り引かれます。

紙媒体の料金案内
  発行手数料  
口座振替のお知らせ
100円(税抜)
ご利用料金のご案内
100円(税抜)
料金請求書
150円(税抜)

参考元:http://www.ntt-finance.co.jp/billing/service/omatome/

フレッツ光東日本のプロバイダ、代理店別の割引キャンペーン

フレッツ光東日本の商品を扱うさまざまなプロバイダ(プロバイダー)、代理店などから申し込みをした場合にはさまざまな割引サービスやお得なキャンペーンの対象となることがあります。

プロバイダはインターネット回線を利用する上では不可欠なもので、必ず契約しなくてはいけません。

フレッツ光がインターネット接続を利用するために必要な回線であるのなら、プロバイダはインターネット回線とユーザを結ぶ役割を果たしており、電子メールの送受信や、ホームページ閲覧、パソコンやスマホを光回線に接続して利用したりするために必要なものです。

プロバイダの料金は通常のフレッツ光の料金と別に発生するため、プロバイダごとに料金は異なります。

プロバイダごともしくは代理店ごとのキャンペーンや割引サービスを受けるには、フレッツ光の公式サイトより申し込みをしてプロバイダと契約するのではなく、必ずプロバイダ会社経由もしくは代理店経由でフレッツ光に申込みをしなくてはいけません。申し込みは各会社のサービス情報サイトから行えます。

また、代理店が行うキャンペーンや割引と、プロバイダが行うキャンペーンや割引は基本的に併用ができないので、どちらがお得なのかなどさまざまな情報を十分に検討した上で申し込みをしないといけません。

ブロードバンドナビの取り扱うキャッシュバックキャンペーン

フレッツ光を取り扱う大手代理店ブロードバンドナビが行っているキャンペーンが最大で68,000円の高額キャッシュバックが行われるものです。

新規加入者にのみ適用されるキャッシュバックキャンペーンで、契約するプロバイダやプラン内容によってキャッシュバックが行われます。最大金額68,000円は業界最高水準の金額で、最短キャッシュバックしてもらえるのもブロードバンドナビのポイントです。

キャンペーン期間は2016年7月10日から2016年7月21日で、ブロードバンドナビのHP(http://bb-navi.jp/east_cb_campaign.html)よりお申し込みを新規で行った人が対象です。

また、キャンペーンが適用されるには申し込みから開通工事まで120日で行わなければなりません。

フレッツ光を契約後、12か月未満で解約した場合には通常の解約違約金と合わせてキャッシュバック相当の額を請求されることもあります。

キャッシュバックは郵便為替で行われ、送付されてきた処理をもって最寄りの郵便局で現金に換金することができます。

新規加入条件
     キャッシュバック額     
     フレッツ光(法人、SOHO,個人事業主)
+プロバイダYahoo!BB
+ひかり電話A
+オフィスまるごとサポート
+24時間出張修理オプション
+フレッツ・あずけ~るPRO
68,000円
     フレッツ光(法人、SOHO,個人事業主)
+プロバイダYahoo!BB
+ひかり電話A
+オフィスまるごとサポート
+フレッツ・あずけ~るPRO
46,000円
     フレッツ光(法人、SOHO,個人事業主)
+プロバイダYahoo!BB
+ひかり電話A
28,000円
     フレッツ光(法人、SOHO,個人事業主)
+プロバイダYahoo!BB
20,000円
     フレッツ光(法人、SOHO,個人事業主)
+プロバイダ楽天BB
15,000円
     フレッツ光(法人、SOHO、個人事業主)
+プロバイダOCN
10,000円
     フレッツ光(個人契約)
+プロバイダYahoo!BB
8,000円
     フレッツ光(個人契約)
+プロバイダ楽天BB
5,000円
     光コラボレーション
最大20,000円

追加オプションサービスキャッシュバック

ブロードバンドナビでは上記のキャンペン以外にも、さらに追加でオプションサービスを申込むとキャッシュバックを行うキャンペーンを行っています。

追加オプション
キャッシュバック
追加オプション
キャッシュバック
 フレッツ光
(法人、SOHO、個人事業主)
10,000円
 プロバイダのみ
最大8,000円
 ひかり電話A
(法人、SOHO、個人事業主)
8,000円
 オフィスまるごとサポート
プラン・ミニライト
(法人、SOHO、個人事業主)
8,000円
 フレッツ・あずけ~るPRO10GB
(法人、SOHO、個人事業主)
3,000円
 フレッツ・あずけ~るPRO50GB
(法人、SOHO、個人事業主)
10,000円
 24時間出張修理
(法人、SOHO、個人事業主)
3,000円
 ギガらくWiFi
(法人、SOHO、個人事業主)
15,000円
 U-NEXT 30日無料お試し!
1,000円
 モバイルデータ通信
20,000円

AHIネットが行うキャンペーン

ブロバイダ会社ASAHIネットが行っているキャンペーンは、最大で12か月間プロバイダ料金が無料になるというものです。

ASAHIネットはもともとプロバイダ料金が他社よりも安いのですが、2016年7月31日までに申し込むと最大で12か月プロバイダ月額料が無料になります。

また、キャンペーン契約期間終了後は自動更新でASAHIネットとの契約が継続されます。

ASAHIネットは20年を超える技術・ノウハウを持つ会社で高速かつ安定した通信を実現できる会社で、入会するASAHIネット会員の多くが安定した回線を利用できるという理由から長年にわたりASAHIネットを利用しています。

ASAHIネットのプロバイダの回線速度はフレッツ光ネクストの場合、最大で1Gbpsです(ただし実行通信速度として保証されているわけではありません)。

ASAHIネット(http://asahi-net.jp/)からフレッツ光に申込め、そのままNTT東日本の担当者と工事などの日程を決めることができます。

フレッツ光の初期工事としてNTT東日本に工事費の支払いが発生しますが、これは通常の申し込みでも必要となるものです。工事費用は18,000円(税抜)、初月に3,000円(税抜)、2か月目以降毎月500円を30回で分割することができます。

また、NTTフレッツ光ギガ押しキャンペーンというものも7月31日まで行っていて、毎月のフレッツ光の利用料金が30か月間毎月300円引きになります。

途中でASAHIネットのプロバイダを解約する場合、1年未満だと解約違約金2,000円が発生してしまので注意が必要です。ASAHIネットは日本全国で使用することができるプロバイダです。引越しなどを行った場合でも継続して利用することができます。

光コラボレーション

光コラボレーションは、各企業がNTT東日本のフレッツ光のサービス卸を受け展開する各社独自のサービスです。高速の光回線であるフレッツ光をそのまま利用するため、最大で下り1Gbpsの接続通信速度で、快適なインターネットを楽しむことができます。

光コラボレーションを提供しているサービス提供事業者は、SoftBank光、So-net光、ぷらら光、@Tcom、OCN光、ビッグローブ光、Marubeni光、U-NEXT光などです。

コラボレーションを行っている対象商品やオプションサービスは各社により異なり、ひかり電話やテレビ電話などのIP接続サービス、ひかりTV配信サービス、ブロードバンド映像サービス、モバイル通信サービスなど多種多彩です。

また、事業者によって月額料金(BIGLOBE月額基本料金、nifty月額料金、OCN月額基本料など)は異なります。申込みはその都度行え、月額利用料がお得になるサービスなどを受けることができます。

光コラボレーションのサービスを受けるためにブロードバンド会社を変更すると、それまで利用していたフレッツ光のお客様IDと通話料がお得なひかり電話番号が使用できなくなりますが、光コラボレーション提供会社への変更であれば、光アクセスサービスのお客様ID、ひかり電話番号をIP電話としてそのまま転用利用することができます。
そのため、近年光コラボレーションの契約数は増加傾向にあります。

申し込みの流れや転用利用の問合せは各プロバイダ窓口にて申し込み相談を受け付けています。
光コラボレーションを利用する場合に必要な転用承諾番号は転用手続きのページ(https://flets.com/app4/input/index/)で確認、発行できます。

ソフトバンク光コラボレーション

NTT東日本が提供するフレッツ光ネクストとソフトバンクBBが独自に提供するブロードバンドサービスのコラボレーションパックです。

新規でのお申込みもしくは、現在利用しているフレッツ光ネクストの回線をソフトバンク光に変更する転用で申し込みを行うことができます。

基本的にはフレッツ光ネクストと品質サービスは変わりませんが、ソフトバンクが提供するプロバイダと月額の光のインターネット料金がセットになり、割引された価格で使用することが可能です。

また、ソフトバンクが提供するオプションサービスにも加入することができます。

さらに、ソフトバンクの携帯やスマホなどの端末を利用している人であれば、スマート値引きにお申込みいただくことで携帯電話及び固定通信サービスの月額合計から一定の金額が割り引かれます。

割引プラン
割引額
2年間
3年目以降
スマ放題
 データ定額パック・大容量
2,000円/月
1,008円/月
 データ定額パック・標準
1,522円/月
1,008円/月
 データ定額パック・小容量
500円/月
500円/月
 データ定額パック(3Gケータイ)
ホワイトプラン
 パケットし放題フラット for 4G
ベーシックデータ定額プラン for 4G
最大500円/月
最大500円/月

参考元:http://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2015/20150130_01/

auとのコラボレーション

フレッツ光ネクスト利用者でauスマホや携帯、タブレットなどの端末を利用している場合、So-net光コラボレーションもしくは@nifty光コラボレーション、auひかりコラボレーションに変更することでauのセット割が適用されます。

割引額は月額合計最大1,200円です。追加できるオプションコースはSo-net光か@nifty光かで若干異なりますが、利用目的に合わせたコラボレーションパックのお申し込みでお得に利用することができます。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

固定回線のお悩み解消!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAX申込み人気No.1「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクになっています!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る