閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

更新

NTT東日本のフレッツ光を大解剖!エリアや料金、割引サービスから契約・解約方法まで

フレッツ光西日本のエリアと割引キャンペーン

関東や東北、甲信越、北海道はフレッツ光東日本のエリアですが、契約プランや料金、割引サービスなどはどのようなものがあるのでしょう。

今回はNTT東日本のエリアにお住まいの方に向けて、フレッツ光東日本の契約内容や契約方法、解約方法までくわしく解説していきます。

西日本エリアから東日本エリアへ引っ越す方も、今までとフレッツ光の料金設定などが異なるので確認してみてくださいね。

フレッツ光はエリアによって契約する会社も違い、東日本にお住まいの方はNTT東日本、西日本にお住まいの方はNTT西日本に申し込みをしますよ。

フレッツ光東日本と西日本では、料金設定、月額料金や契約プランの名称、割引サービスなども異なります。

フレッツ光東日本と西日本の違いは、こちらの記事でもくわしく解説していますよ。

割引サービスの違いはこちらからチェックしましょう。

フレッツ光東日本のエリア

現在、フレッツ光東日本のエリアになっているのは、以下の1道1都14県です。

地方
都道府県
北海道
北海道
東北
青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県
甲信越
山梨県、長野県、新潟県
関東
東京都、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県

ただし、中部地方に含まれる甲信越や北陸はフレッツ光西日本と東日本の境目になっており、県によってエリアがわかれているのでお間違えなく!

NTT東日本との境目になっている富山県、岐阜県、愛知県、静岡県などはNTT西日本エリアに分類されますよ。

フレッツ光東日本の提供エリアを調べる方法

フレッツ光は数ある光回線の中でもエリアが幅広く、全国ほとんどの場所で契約できるのが特徴です。

しかし、契約の前には確実に自宅がフレッツ光の提供エリア内にあるかを確認する必要がありますよ。

フレッツ光東日本のエリア確認は、フレッツ光東日本の公式サイトから検索できます。

フレッツ光提供エリアのご確認

こちらの記事でもフレッツ光のエリア確認方法をくわしく解説していますので、あわせてご覧ください。

フレッツ光東日本の契約内容

フレッツ光東日本の契約にかかる費用や、提供しているプランなどをくわしく調べてみましょう。

フレッツ光東日本で現在開催中のキャンペーンも紹介していきますよ。

フレッツ光東日本の初期費用

フレッツ光東日本の契約時にかかる初期費用は以下の2つです。

・フレッツ光の契約料
・フレッツ光の工事費用

フレッツ光の契約料は、1契約ごとに800円です。

また、フレッツ光東日本を利用するには、自宅内に光回線のケーブルを引く開通工事が必要です。

工事費用は契約者負担で、一括か分割払いを選べます

戸建て住宅のファミリータイプと、集合住宅のマンションタイプで工事費用は異なりますよ。

フレッツ光東日本の初期費用を一覧表でチェックしてみましょう。

契約タイプ
ファミリータイプ
マンションタイプ
契約料
800円
初期工事費用
18,000円
15,000円
分割にした場合
初回月3,000円
30か月×500円
初回月3,000円
30か月×400円

なお、建物の構造や配線の方法、土曜・日曜・夜間など工事を行う日によって追加工事費が発生します。

フレッツ光の工事内容や開通までの流れをくわしく知りたい方は、こちらの記事をご確認ください。

フレッツ光東日本の契約プラン

フレッツ光東日本で契約できるプランと、月額料金をみてみましょう。

契約プランと料金はファミリータイプとマンションタイプで異なります。

また、フレッツ光の最大通信速度は申し込むプランによって変わりますよ。

まずはファミリータイプで契約できるプランと料金を確認しましょう。

契約プラン
月額料金
最大通信速度
フレッツ光ネクスト
ギガファミリースマートタイプ
5,700円
+プロバイダ料金
下り上り/最大1Gbps
フレッツ光ネクスト
ファミリーギガラインタイプ
5,400円
+プロバイダ料金
フレッツ光ネクスト
ファミリーハイスピードタイプ
5,200円
+プロバイダ料金
下り/最大200Mbps
上り/最大100Mbps
フレッツ光ライト
2,700円~5,700円
下り上り/最大100Mbps
フレッツ光ライトプラス
3,700円~5,400円

フレッツ光の戸建てタイプは大きく分けてフレッツ光ネクストとフレッツ光ライトの2種類です。

ファミリータイプのフレッツ光ネクストについては、こちらの記事をご覧ください。

フレッツ光東日本のファミリータイプのみ、フレッツ光ライトプラスが契約できます。

フレッツ光ライトとライトプラスの違いについては、こちらの記事をご覧ください。

集合住宅などにお住まいの方は、マンションタイプの契約プランをチェックしましょう。

契約プラン
月額料金
最大通信速度
フレッツ光ネクスト
ギガマンションスマートタイプ
3,350円
+プロバイダ料金
下り上り/最大1Gbps
フレッツ光ネクスト
マンションギガラインタイプ
3,050円
+プロバイダ料金
フレッツ光ネクスト
マンションハイスピードタイプ
2,850円
+プロバイダ料金
下り/最大200Mbps
上り/最大100Mbps
フレッツ光ライト
マンションタイプ
1,900円~4,200円
下り上り/最大100Mbps

マンションタイプも、契約プランはフレッツ光ネクストとフレッツ光ライトの2種類です。

フレッツ光東日本のマンションタイプについては、こちらの記事でくわしく説明していますよ。

プロバイダ料金が別途必要

フレッツ光の料金はインターネットの基本料金とは別で、プロバイダ会社にプロバイダ料金を支払う必要があります。

プロバイダ料金の相場は500円~1,200円で、実際にいくらかかるのかはどのプロバイダと契約するかによって変わりますよ。

フレッツ光で契約できるプロバイダとプロバイダ料金はこちらの記事で紹介していますので、参考にしてください。

フレッツ光東日本のキャンペーン・割引サービス

フレッツ光では、以下の割引キャンペーンが展開中です。

キャンペーン名
キャンペーン内容
にねん割
にねん割は2年契約を条件に月額料金を割り引きます。 戸建住宅なら月々700円、集合住宅なら100円(税抜)割引になります。
ギガ推し!割引
フレッツ 光ネクスト ギガファミリー/マンション・スマートタイプ契約者限定:新規契約時から30ヶ月間適用可能で、戸建住宅は300円、集合住宅は200円割引になります。
もっとライトに!キャンペーン
フレッツ光ライトファミリータイプ契約者限定:2年間月額500円割引になります。
単身&かぞく応援割
離れて暮らす家族がそれぞれフレッツ光を利用している場合に適用可能です。 戸建住宅+集合住宅なら300円、どちらも集合住宅なら最大100円割引になります。
@ビリング
@ビリングでは利用明細をウェブ確認にすることで、通常100~150円(税抜)かかっていた明細書の料金を割引します。 NTT請求をすべてまとめて管理できるので、支払い情報を確認するのに複数の書類をあさらなくて済むのも@ビリングを使う利点です。
フレッツ光メンバーズクラブ
マンスリーポイント
フレッツ光東日本のフレッツ光メンバーズクラブから、継続年数によってポイント(100ポイント~/月)を付与。 フレッツ光の月額料金をポイントで支払えます。

フレッツ光で実施されているキャンペーンは月額料金からの割引が主です。

なお、フレッツ光にスマートフォンや携帯電話と光回線のセット割引はありません。

フレッツ光とセット割については、こちらの記事でまとめていますので参考にしてくださいね。

フレッツ光東日本は公式のキャッシュバックキャンペーンなどを実施していない

光回線の契約では、高額のキャッシュバックやポイントなどをプレゼントするキャンペーンを実施している事業者も多いですね。

しかし、フレッツ光東日本では現在、キャッシュバックキャンペーンが実施されていません。

フレッツ光東日本でキャッシュバックキャンペーンを実施していない理由については、こちらの記事でまとめていますよ。

また、法人契約ならフレッツ光の申し込みでキャッシュバックを用意している代理店サイトもあります。

フレッツ光の法人契約でキャッシュバックが受け取れる申込窓口については、こちらの記事で解説しています。

フレッツ光と同じ回線を利用する光コラボも人気!

キャンペーンが充実している光回線事業者でお得に契約したい方は、光コラボレーション事業者も検討してみましょう。

光コラボはフレッツ光と同じフレッツ回線を使ってインターネットを提供するので、フレッツ光と回線の品質や通信速度は変わりませんが、プロバイダ料金が月額料金に含まれており、フレッツ光よりも支払いが安くなる場合もあります。

また、光コラボ各社では高額キャッシュバックなどのキャンペーンを積極的に実施しており、携帯電話キャリアが運営するドコモ光やソフトバンク光など、スマホとのセット割が適用される光回線もあります。

光コラボについては、こちらの記事でくわしく説明していますので、参考にしてくださいね。

フレッツ光東日本の契約方法

フレッツ光東日本を契約する手順を簡単にご紹介します。

<フレッツ光東日本の契約方法>
1.フレッツ光東日本を申し込む
2.プロバイダを申し込む
3.フレッツ光の開通工事を行う
4.プロバイダ情報を設定、接続して開通完了

フレッツ光東日本を申し込む窓口は、いくつもあります。
・フレッツ光東日本の公式サイトや電話から申し込む
代理店サイトから申し込む
・家電量販店などの店舗で申し込む

フレッツ光の申込手順や窓口については、こちらの記事でくわしく解説していますよ。

フレッツ光東日本の問い合わせ先

フレッツ光東日本の申し込みなどの問い合わせ先はこちらです。

フレッツ光サポートセンター
0120-116116
(受付時間:9時~17時、年末年始を除く)

そのほか、料金や故障などの問い合わせはこちらの記事で紹介していますので、参考にしてください。

フレッツ光東日本の解約方法

フレッツ光東日本の解約は、電話で手続きを行います。

<フレッツ光東日本の解約方法>
1.NTT東日本へ電話をし、解約手続きをする
2.契約中のプロバイダを解約する
3.フレッツ光からレンタルしている宅内機器を返却する

もし、フレッツ光から他の光回線へ乗り換える場合は、先に新たな回線への申し込みをし、開通工事が完了してからフレッツ光を解約することで、インターネットが利用できない期間が発生するのを防げます。

また、フレッツ光でも使っていたプロバイダを乗り換え先でも利用できる場合もあるので、解約前に確認しましょう。

フレッツ光やプロバイダの解約には解約金や、工事費の残金などが請求される可能性があります。

フレッツ光の解約については、こちらの記事を参考にしてくださいね。

ちなみに、フレッツ光から光コラボへの乗り換えは「転用」という手続きになり、工事費や解約金が不要になりますよ。

光コラボへの転用については、こちらの記事をご覧ください。

フレッツ光東日本と西日本、引っ越しでエリアが変わる場合

フレッツ光東日本を契約中に引っ越しがあり、引っ越し先がNTT東日本エリアでなく、NTT西日本エリアだった場合は、フレッツ光を一度解約し、フレッツ光西日本で新規契約しなくてはいけません。

エリアをまたいだ引っ越しでフレッツ光東日本を解約しなくてはいけない場合でも、解約金やフレッツ光西日本での初期工事費用が発生します。

同じフレッツ光東日本エリア内の引越しなら解約金は発生しませんが、引っ越し先での開通工事費はかかりますよ。

くわしくはこちらの記事で確認してくださいね。

まとめ

フレッツ光東日本は関東東北・甲信越・北海道の1道1都14県で契約ができます。

フレッツ光東日本の契約プランは大きく分けてフレッツ光ネクストとフレッツ光ライトの2つで、フレッツ光東日本でのみ申し込めるフレッツ光ライトプラスもあります。

現在フレッツ光東日本では月額料金からの割引キャンペーンを実施していますが、キャッシュバックなどの特典はありませんでしたね。

もしキャンペーンを重視して光回線を選びたい方は、フレッツ回線を使った光コラボも候補のひとつに入れておきましょう。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる?おすすめ光回線3選

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光などさまざまな光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)をさまざまな事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社さまざまなキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べばよいかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
わたしのネットであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション ホワイト光電話光テレビセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光のWeb申込・相談窓口

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

auひかり

auひかり

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

実質2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりのWeb申込・相談窓口

【注目】最大147,500円大幅還元!

ドコモ光

2位

ずっとドコモ割プラスで毎月最大2,500円割引!

月額料金

4,000円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービスひかりTVセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ドコモ光のWeb申込・相談窓口

dポイント最大10,000円相当プレゼント

その他光回線・光コラボ一覧

固定回線は工事がめんどくさい!モバイルルーターで解決

光回線とモバイルルーターで迷いませんか?

もちろんモバイルルーターが欲しくて選ぶ方もいると思いますが、利用したい光回線がエリア外であったり、住んでいるマンションでそもそも使える光回線が決められているなど、希望に沿わない理由もあると思います。

また固定回線の利用を迷う方の理由を聞くと・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

以上のことがデメリットで、光回線に申し込みができない・乗り換えできない方もいます。

そんな光回線の申込みへ不満を抱えた方の代替え案として、「家でも、外でも、高速インターネットが楽しめ、面倒なインターネット開通工事や手続きが必要がない「モバイル回線」が人気です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターはサイズも手のひらサイズのコンパクトで、持ち運びもラクラク!

さらに、通常の固定回線と違って専用の端末を持つだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!

また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないも嬉しいでよね!

おすすめはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器のサービスです。

Broad WiMAXの人気のヒミツは、魅力的なのは毎月2762円(税抜)と業界最安級の月額料金!

さらに一般的なモバイルWiFiルーターは月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できます。

無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度758Mbpsで、フレッツ光などの固定回線と速度を比較しても、ほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級の月額!

WiMAX業界でも最安級の月額料金の設定で、WiMAXを上手に活用できれば、月額のスマホ代を節約できたり、プランによっては容量を気にせずネットを使えます!

固定回線で迷っている方は、WiMAXルーターを利用するのも1つの手段ですね!

WiMAXでおすすめは「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みでおトク!
多くの方に選ばれている「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクです!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る