閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

更新

フレッツ光西日本とはどんな回線?料金・速度・おすすめプロバイダを紹介

フレッツ光西日本のエリアと割引キャンペーン

西日本に住んでいてフレッツ光の契約を検討している方は多いでしょう。

その際気になるのが、料金や速度などの情報についてですよね。

また現在フレッツ光を西日本エリアで使っていて、速度や料金などで悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、西日本エリアにおけるフレッツ光のメリット・デメリット、料金や速度、転用する方法について解説します。

フレッツ光西日本のメリット・デメリット

フレッツ光を西日本エリアで契約するメリットは、以下の3つです。

  • 光はじめ割があるので、料金を初年度から節約できる
  • プロバイダを自由に変更できる
  • エリアが広く、各種建物での契約に対応する

反対にフレッツ光西日本のデメリットとして挙げられるのは、以下の2点です。

  • 光回線利用料とプロバイダ料金を別々に支払うので割高、プランが複雑
  • キャンペーンの充実度が低い(お得に契約しづらい)

申し込みを検討している方は、メリットとデメリットを踏まえて、自分に合っているかどうか考えてみましょう。

フレッツ光西日本の提供エリア

フレッツ光を西日本エリアで契約する場合は、以下の都道府県に対応しています。

フレッツ光西日本の提供エリア
富山県・岐阜県・静岡県・愛知県・石川県・福井県・滋賀県・三重県・京都府・奈良県・大阪府・和歌山県・兵庫県・鳥取県・岡山県・島根県・広島県・山口県・香川県・徳島県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・熊本県・大分県・宮崎県・長崎県・鹿児島県・沖縄県

上記エリア以外に住んでいる方は、東日本向けのフレッツ光を申し込みましょう。

フレッツ光西日本のエリア検索方法

フレッツ光西日本を利用したい方は、まずエリア検索を行う必要があります。

日本全国ほとんどの地域がエリア内ですので、エリア外となる可能性は低いですが、地方の田舎に住んでいる等の場合はエリア外の場合もありますので注意してください。

フレッツ光西日本のエリア確認は簡単に行えます。

フレッツ光を西日本で利用したい場合は、以下のサイトからエリアを検索できます。
フレッツ光西日本のエリアを確認する

なお、都道府県単位ではエリア内になっていても、自宅はエリア外ということもありますのでエリア検索は必ず行うようにしてくださいね。

以下の記事では西日本向けフレッツ光の提供エリアをより詳しく解説しているので、合わせてご覧ください。

フレッツ光西日本の契約で発生する料金

フレッツ光を西日本で契約する場合は、月額料金がかかります。

オプションを申し込む場合はオプション料金もかかるので、毎月の支払額を事前にチェックしてから申し込みましょう。

なお、料金設定は東日本のフレッツ光と全く違うので、東日本と西日本を跨いだ引っ越しを行う場合などはご注意ください。

フレッツ光西日本の戸建てタイプの月額料金

フレッツ光を戸建住宅で申し込む場合は、月額料金(光はじめ割適用時)が以下のとおりです。

1、2年目
3年目~
月額料金(税抜)
4,300円+プロバイダ料金
4,110円+プロバイダ料金

3年目からは、2年目までよりも料金がお値打ちになるしくみです。

別途プロバイダ料金も毎月かかるので、支払額は+500〜1,000円程度です。

フレッツ光西日本のマンションタイプの月額料金

フレッツ光を西日本のマンションタイプ(ひかり配線方式、VDSL方式)で申し込む場合は、月額料金(光はじめ割適用時)が以下のとおりです。

プラン1(8ユーザー以上)
プラン2(16ユーザー以上)
ミニ(6ユーザー以上)
1、2年目月額料金(税抜)
3,250円+プロバイダ料金
2,850円+プロバイダ料金
3,950円+プロバイダ料金
3年目~月額料金(税抜)
3,080円+プロバイダ料金
2,680円+プロバイダ料金
3,720円+プロバイダ料金

建物の規模の大きさによって選べるプランが違うので、事前に問い合わせて確認しておきましょう。

月額料金はフレッツ光とプロバイダの2社に支払う

フレッツ光の月額料金は、フレッツ光とプロバイダへ個別に支払うしくみです。

フレッツ光のみを契約しても、インターネットは利用できません。

プロバイダを別途契約することで、インターネットを利用可能です。

光回線月額料金+プロバイダ月額料金が、フレッツ光利用時の毎月の支払い金額です。

フレッツ光のテレビオプションの料金

フレッツ光でテレビオプションを契約した場合は月額料金に含まれて背級されます。

フレッツ光のテレビオプションは2種類あり、それぞれの利用料金は、以下のとおりです。

<フレッツ・テレビ>
フレッツ・テレビは、地上波やBS、CS放送、スカパー!を光ファイバーで楽しめるサービスです。

光ファイバーを使用しているので、アンテナを自宅に設置する必要はありません。

料金(税抜)
初期費用
初期工事費3,000円
テレビ視聴サービス登録料2,800円
テレビ接続工事費6,500円
月額利用料
750円(フレッツ・テレビ伝送サービス450円+テレビ視聴サービス利用料300円)
スカパー!新基本パック
3,400円
セレクト5
1,833円

<ひかりTV>
ひかりTVは、専用チューナーを用意することで、オンデマンド配信の動画や専門チャンネルと地デジ・BSを楽しめます。

料金(税抜)
初期費用
0円
月額利用料
お値うちプラン:3,500円
テレビオススメプラン:2,500円
ビデオざんまいプラン:2,500円
基本放送プラン:1,000円
チューナーレンタル料(チューナー所有者はレンタル不要)
500円

テレビサービス2種類の比較は、以下の記事で行なっているので、参考にしてくださいね。

ひかり電話オプションの料金

フレッツ光では、月額500円(税抜)から使える電話サービス「ひかり電話」を利用できます。

光ファイバーによる安価な通話が可能、NTTの電話番号をそのまま使えるメリットがあります。

ひかり電話の料金は、以下のとおりとなっています。

料金(税抜)
基本プラン月額基本料金
500円
ひかり電話A(480円分の通話料金、繰越1ヶ月、ナンバー・ディスプレイ、ナンバー・リクエスト、迷惑電話おことわりサービス、ボイスワープ、キャッチホン、着信お知らせメール)
1,500円
もっと安心プラン(4,800円分の通話料金を含む)
3,900円
固定電話宛て通話料金
3分8円
携帯電話宛て通話料金
60秒16円
海外宛て通話料金
60秒9円

電話料金について詳しくは、以下の記事をご覧ください。

フレッツ光西日本で発生する初期費用

フレッツ光の初期費用である「契約料」は一律800円です。

ただし、別途工事費もかかります。

内訳
費用(税抜)
契約料
800円
戸建住宅工事費
18,000円(分割払いは初月3,000円+500円×30回)
集合住宅工事費
15,000円(分割払いは初月3,000円+400円×30回)

合計15,800〜18,800円(税抜)の初期費用がかかるので、しっかり確保しておきましょう。

フレッツ光西日本のキャンペーン割引はある?

フレッツ光を西日本で契約する場合、「光はじめ割」は適用できますが、他に申し込みキャンペーンなどは用意されていません。

キャッシュバックや月額割引の豪華キャンペーン、スマホとのセット割などを利用したい場合は、他社を選びましょう。

代理店の豪華特典は法人・SOHO個人事業主のみ

法人や個人事業主向けには、以下のような特典が貰える代理店もあります。

  • 高額キャッシュバック
  • PS4などの豪華特典

しかし、個人でフレッツ光の申し込みをしても、代理店の豪華特典などはもらえないのでご注意ください。

フレッツ光西日本の通信速度の評判は?

インターネットを利用する際は、速度の速さが重要です。

フレッツ光利用者からの、通信速度の評判を調べてみました。

上記では、速度が夜間に下り1Mbps台になってしまっています。

BB.exciteは月額500円(税抜)と安価なため人気があり、回線が混雑・速度が低下しやすいと考えられます。

上下最大1Gbpsの光回線なのに、16kbpsしか出ていないと不満が上がっています。

16kbpsだと、古い電話回線のインターネットと変わらないような速度なので、SNSや文字中心のホームページ閲覧なども厳しいです。

下り20.7Mbps・上り14.7Mbpsです。

マンションなのでおそらく100Mbps程度のプランであると考えられますが、上限を100Mbpsと仮定しても、速度は遅めと考えられます。

以上のとおり、西日本のフレッツ光は速度における評判がイマイチです。

フレッツ光は人気な回線なので利用者がたくさんいて、回線は混雑しやすい=速度が下がりやすいので、速度重視の方は覚えておきましょう。

しかし、IPv6という次世代の通信技術を利用することで混雑を回避し、スムーズに通信できますよ。

フレッツ光のIPv6に
ついて書いた記事
がありますので、あわせてご覧くださいね。

フレッツ光西日本で契約できるプロバイダ

フレッツ光は、プロバイダをセットで利用できます。

プロバイダ名
月額料金(税抜)
割引・キャンペーン
戸建て
マンション
Asahi Net
780円
700円
開通月0円+11ヵ月間490円
BB.excite
500円
500円
BIGLOBE
1,000円
800円
開通月0円+36ヵ月間500円
WAKWAK
950円
800円
開通月0円+23ヵ月間500円
OCN
1,100円
810円
開通月0円
plala
1,000円
800円
開通月+11ヵ月間0円
So-net
1,000円
900円
開通月0円+11ヵ月間300円割引
DTI
951円
680円
開通月0円+23ヵ月間475円
@nifty
1,000円
950円
開通月+16ヵ月間0円
hi-ho
1,200円
890円
開通月+3ヵ月間0円

オススメは、常時料金が安価なBB.exciteや評判が良いAsahi Netです。

月額料金が安いプロバイダはBB.exite

BB.exciteは、戸建住宅でも集合住宅でも月額500円(税抜)です。

安価な代わりに、「IPv6接続」の「IPoE方式」や「v6プラス」による回線混雑緩和での高速通信には対応していません。

とにかく料金の安さを重視する方には、BB.exciteがオススメです。

評判が良いのはAsahi Net

評判が良いプロバイダを選びたい方には、Asahi Netがオススメです。

1つ目の口コミでは、下り約90Mbps・上り約70Mbpsが出ています。

これだけの速度が出ていれば、フルHDの綺麗な動画を見たり、PS4の容量が大きめなゲームをダウンロードしたりする時もストレスを感じることなく、快適ですね。

2つ目の口コミでは、他社からAsahi Netに乗り換えた結果、速度が速くなったと語られています。

Asahi Netは24年も続く歴史の長い大手プロバイダなので、ユーザーの満足度もしっかり考慮して設備を整えられているのです。

フレッツ光西日本の申込方法

フレッツ光を西日本で申し込む方法は、以下の手順です。

  1. フレッツ光公式サイトから、「新規申し込みのお手続きはこちら」を選択
  2. 「かんたんお申し込み」か「通常のお申し込み」を選び、申し込み手続きをする
  3. プロバイダやNTTから申し込み関連の書類が届く
  4. 工事日の調整が行われ設定した日に立ち会いで工事が行われる
  5. ルーターなどの機器でインターネット接続設定をして、利用開始(プロバイダによっては設定を訪問でサポートしてもらえる場合あり)

申し込み方法について詳しく知りたい場合は、以下の記事をご覧ください。

個人申し込みの場合は代理店契約をする意味がない

フレッツ光には代理店窓口もありますが、個人が代理店を契約して申し込む必要はありません。

個人の場合は、代理店におけるキャッシュバックなどの特典の対象外であるためです。

個人がフレッツ光を契約するなら、普通に公式サイトから申し込みましょう。

法人・SOHO・個人事業主は代理店契約でキャッシュバックが受け取れる

法人や個人事業主(SOHO)の方は、代理店を利用してキャッシュバックを受け取るのがオススメです。

フレッツ光西日本なら、光もっと2割で月額料金最大1,790円割り引き!

フレッツ光西日本光もっと2割

サポート体制万全!オプション充実!キャンペーンの併用で月額料金大幅割引き!・・・詳しく見る

上記代理店からフレッツ光を申し込めば、最大70,000円の高額キャッシュバックか、Nintendo Switch、PS4などの特典がもらえますよ。

フレッツ光西日本の引っ越し手続きの流れ

フレッツ光は、現在契約しているなら、引越し先で引き続き使うこともできます。

引越し時の工事費用は、以下のとおりです。

工事費(税抜)
戸建住宅
9,000円
集合住宅
7,500円

安価な費用で引き続き使えるので、他社回線などに興味がない場合は引っ越し手続きを行いましょう。

CLUB NTT-West会員なら、会員ページを利用して引っ越しを申し込めば、引っ越し先での工事日の日程調整が行われます。

工事が終われば、無事引っ越し先でのインターネットが開通です。

CLUB NTT-Westを申し込んでいない場合は、以下から手続きをしましょう。

また、以下ではフレッツ光の引っ越し手続きについて詳しく解説しているので、併せて参考にしてください。

フレッツ光西日本エリアから東日本エリアに引っ越すなら解約+新規申し込みが必要

引っ越し先が東日本エリアの場合は、工事費の割引などができません。

新たに東日本の引っ越し先でフレッツ光を利用する場合は、現在の回線を解約して、新規申し込みが必要です。

エリアをまたいで引っ越しをする際は、以下の電話番号へ問い合わせれば、解約手続きや引っ越し先におけるフレッツ光の契約手続きを取り次いでもらえます。

電話番号:0120-116116
受付時間:9:00~17:00(12月29日〜1月3日は休業)

フレッツ光西日本で料金・速度に関するお悩みを抱えている方へ

フレッツ光を現在利用していて、料金や速度において悩みを抱えているという方もいるのではないでしょうか場合もあります。

料金や速度については、乗り換えを行わなくても改善できる場合もあるので、早急に解約してしまわないように注意してください。

フレッツ光西日本の料金が高い理由と安くする方法

フレッツ光の料金が割高なのには、原因があります。

  • プロバイダ料金が高額
  • 不要なオプションで割高になってしまっている
  • 光はじめ割などの割引が適用できていない

プロバイダ料金が高額な場合は、他プロバイダへ乗り換えましょう。

例えばBB.exciteなら、月額500円(税抜)で利用できるため、月々の支払額を大幅に節約できます。

不要なオプションを利用していた場合は、解約してしまいましょう。

CLUB NTT-Westへログインすれば、ネット上ですぐに契約内容を確認し、各種手続きも行えます。

各種割引が適用できていない場合は、CLUB NTT-Westから光はじめ割を適用して、対応しましょう。

フレッツ光西日本が遅い・繋がらない場合の原因と対処法

フレッツ光を西日本で使っていて、速度が遅かったり繋がりづらかったりする場合は、必ず原因と対処法があります。

  • LANケーブルが古い→CAT5e以降の、上下最大1Gbps対応ケーブルへ買い換える
  • 無線LANルーターの最大速度が遅い→1Gbps対応(無線なら11ac対応)ルーターに変更する
  • 使っているパソコンなどが古く、1Gbpsでの通信に対応していない→より対応速度が速い最新機種(1000BASE-TのLANポート搭載など)へ買い換える
  • 回線が混雑している→プロバイダを変更する、IPv6接続(IPoE方式)やv6プラス対応ならサービスを利用する
  • コンセントが抜けている→再接続
  • 機器が不調→ルーターやONU、パソコンなどの機器を再起動してみる

主に以上の6つの原因・対処法があるので、試してみてくださいね。

フレッツ光西日本が繋がらない場合は通信障害の可能性も

フレッツ光を西日本で使っていて、突然インターネットに繋がらなくなったら、通信障害かもしれません。

上記で通信障害の発生状況について確認できますのでチェックしてみてください。

フレッツ光西日本から光コラボに転用する方法

西日本のフレッツ光は、光コラボへ簡単に転用できます。

光コラボ(光コラボレーション)は、フレッツ光回線と特定のプロバイダがセットになったサービスです。

通常のフレッツ光よりも月額料金が安かったり、セット割やキャッシュバックのキャンペーンでお得に利用できたりするので、安さ重視の方は光コラボへ転用しましょう。

フレッツ光西日本から光コラボへの転用方法は、以下のとおりです。

  1. 専用サイトか電話で「転用承諾番号」を発行してもらう
  2. 乗り換えたい光コラボの公式サイトから、契約手続きを開始する
  3. 申し込み時に、転用承諾番号を入力する
  4. 契約手続きの完了後、自宅に光コラボからの書類が届く
  5. プロバイダが変更になる場合は、ルーター等のインターネット接続情報を最新のものに変更(光コラボの書類に、設定項目が記載されています)
  6. 今まで使っていたプロバイダを解約する(プロバイダが変更になる場合)

電話で転用承諾番号を発行してもらう場合は、以下の番号へ問い合わせてください。

電話番号:0120-553-104
受付時間:9:00~17:00(12月29日〜1月3日を除く)

また、インターネット上で申し込む場合は、以下より転用手続きを行ってください。

上記サイトの手続きボタンをクリックして、転用承諾番号を発行しましょう。

フレッツ光西日本の解約方法

フレッツ光を西日本で契約している場合の解約方法は、電話のみです。

電話番号:0120-116116
受付時間:9:00~17:00(12月29日~1月3日を除く)

上記番号へ問い合わせれば、フレッツ光西日本を解約できますよ。

なお、手続き後は、ONUなどの設置機器をNTTへ返送する必要がありますので注意してください。

また、光はじめ割を利用していて、割引期間内(2年契約満了月以外)に解約する場合は、戸建住宅だと10,000円(税抜)、集合住宅は7,000円(税抜)の解約金がかかることに注意しましょう。

フレッツ光西日本の問い合わせ窓口一覧

フレッツ光西日本の問い合わせ窓口は、以下のとおりです。

電話番号
受付時間
新規申し込み、引っ越しなど
0120-116116
9時~17時(12月29日~1月3日を除く)
相談・問い合わせ
0800-2002116
9時~17時(12月29日~1月3日を除く)

問い合わせの内容によって窓口が異なるので、注意しましょう。

また、速度が遅いなどのインターネット利用時における困ったことを解決したい場合は、契約しているプロバイダへの問い合わせも行ってみましょう。

まとめ

フレッツ光を西日本で契約する場合は、東日本と料金プランや割引サービスが異なることに注意しましょう。

また、西日本のフレッツ光は、プロバイダと光回線を別々に契約するしくみで支払いも別ですので併せて注意してください。

西日本のフレッツ光は、個人での申し込みする場合、代理店のお得なキャンペーンなどはないので、公式サイトから申し込み手続きを行いましょう。

法人で申し込みをする場合は、代理店でのお申し込みをオススメします。

また、現在フレッツ光西日本を契約しており、解約を検討中という方は、上記で示した内容を確認してください。

フレッツ光西日本を解約せずに問題を解約できる場合もありますよ。

どうしても解約したいという場合は、工事費不要で転用ができる光コラボがオススメです。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる?おすすめ光回線3選

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光などさまざまな光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)をさまざまな事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社さまざまなキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べばよいかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
わたしのネットであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション ホワイト光電話光テレビセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光のWeb申込・相談窓口

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

auひかり

auひかり

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

実質2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりのWeb申込・相談窓口

【注目】最大147,500円大幅還元!

ドコモ光

2位

ずっとドコモ割プラスで毎月最大2,500円割引!

月額料金

4,000円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービスひかりTVセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ドコモ光のWeb申込・相談窓口

dポイント最大10,000円相当プレゼント

その他光回線・光コラボ一覧

固定回線は工事がめんどくさい!モバイルルーターで解決

光回線とモバイルルーターで迷いませんか?

もちろんモバイルルーターが欲しくて選ぶ方もいると思いますが、利用したい光回線がエリア外であったり、住んでいるマンションでそもそも使える光回線が決められているなど、希望に沿わない理由もあると思います。

また固定回線の利用を迷う方の理由を聞くと・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

以上のことがデメリットで、光回線に申し込みができない・乗り換えできない方もいます。

そんな光回線の申込みへ不満を抱えた方の代替え案として、「家でも、外でも、高速インターネットが楽しめ、面倒なインターネット開通工事や手続きが必要がない「モバイル回線」が人気です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターはサイズも手のひらサイズのコンパクトで、持ち運びもラクラク!

さらに、通常の固定回線と違って専用の端末を持つだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!

また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないも嬉しいでよね!

おすすめはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器のサービスです。

Broad WiMAXの人気のヒミツは、魅力的なのは毎月2762円(税抜)と業界最安級の月額料金!

さらに一般的なモバイルWiFiルーターは月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できます。

無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度758Mbpsで、フレッツ光などの固定回線と速度を比較しても、ほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級の月額!

WiMAX業界でも最安級の月額料金の設定で、WiMAXを上手に活用できれば、月額のスマホ代を節約できたり、プランによっては容量を気にせずネットを使えます!

固定回線で迷っている方は、WiMAXルーターを利用するのも1つの手段ですね!

WiMAXでおすすめは「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みでおトク!
多くの方に選ばれている「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクです!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る