わたしのネット ロゴ

検索

わたしのネット ロゴ

フレッツ光ライトからフレッツ光ネクストに変更すべき?違いとメリットを解説!

フレッツ光ライトからフレッツ光ネクストに変更する際のポイント

NTT東日本およびNTT西日本が提供する「フレッツ光ライト」は、通信量に応じた月額料金でインターネットを楽しめる通信サービスです。
頻繁ではないけれど、手軽にインターネットを利用したい人にとっては最適なプランといえますね。

一方で、生活スタイルの変化などでインターネットを利用する機会が増える場合は、通信量を気にせずインターネットを活用できる「フレッツ光ネクスト」への変更がオススメです!

そこで今回は、フレッツ光ライトからフレッツ光ネクストへ変更のポイントについてご紹介します!

フレッツ光ライトとフレッツ光ネクストの違い

フレッツ光ライトとフレッツ光ネクストは、月額利用料の方式に大きな違いがあります。
フレッツ光ライトの月額利用料金は、通信量に応じた2段階定額制ですが、フレッツ光ネクストは月々の料金が一定の定額制です。

フレッツ光ライトの月額利用料金

フレッツ光ライトの2段階定額制とは、月毎にした通信量によって月額利用料金が決定される料金方式のこと。
また、戸建が対象のファミリータイプと集合住宅が対象のマンションタイプによって、月額基本料金には違いがあります。

たとえば、一戸建てにお住まいのファミリータイプ場合、月々の通信量が200MB以下までは基本料金である2,800円で利用できます。
参考までに、200MBの目安は、動画コンテンツが月に1時間程度、ホームページの閲覧は月に約133ページです。

200MBを超えると、10MBごとに30円が加算されていきます。ただし、最大で5,800円の上限金額が設定されているので、まんがいち使いすぎた月でも安心ですね。
しかし、フレッツ光ライトを契約中の方で、毎月の月額利用料が5,800円の場合は、フレッツ光ネクストへの変更を検討してみてはいかがでしょう。

フレッツ光ネクストの月額利用料金

フレッツ光ネクストの月額利用料金は、通信量に関係なく定額制となっています。
基本月額利用料金は、戸建が対象のファミリープランと集合住宅が対象のマンションプランでは違いがあります。

NTT東日本が提供するフレッツ光ネクストファミリーハイスピードタイプの月額利用料金は5,200円に設定されています。
通信量に関係なく、定額制で利用できることが最大の魅力。時間や回数を気にすることなく、インターネットを楽しめますね。

さらには、インターネット機器に台数の制限はないので、家族それぞれが同時に利用することが可能です。また、フレッツ光ネクスト限定のお得な割引サービスも魅力のひとつ。
プランに合わせた割引特典を活用すると、リーズナブルな月額利用料金で利用できますね。

たとえば、フレッツ光ネクストギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプの「ギガ推し!割引」では、30か月間月々300円の割引特典があります。
2年割(24か月限定)と併用すると、月額利用料金が毎月1,000円もお得になる計算に。

これらの割引サービスには、エリアによって申込期間と提供条件が設定されているので、フレッツ光ライトからフレッツ光ネクストに変更する際にはチェックしてみてください。

フレッツ光ライトからフレッツ光ネクストに変更するメリット

フレッツ光ライトとフレッツ光ネクストは、回線速度に大きな違いがあります。
回線速度は、データの送受信が基本のインターネットには欠かせない要素のひとつ。
フレッツ光ライトの回線速度は、最大でおおむね100Mbpsですが、フレッツ光ネクストスピードタイプだと、下りは最大でおおむね200Mbpsです。
さらに、フレッツ光ネクストハイスピードタイプは、最大でおおむね1Gbpsの超高速回線速度が可能に。

「回線速度が1Gbpsの超高速!」といわれてもピンとこない方も多いのではないでしょうか。
回線速度とは、インターネット上で行われるデータの送受信に必要な速度のこと。
最小単位は、1bps(いちびーぴーえす)で、1秒間に1ビットのデータを送受信することを表しています。

1bps×1000=1kbp→1kbps×1000=1Mbps

と値が大きくなるほど、1秒間に送受信できるデータ容量が増え、回線速度が速くなるのです。
つまり、回線速度1Gbpsでは、1秒間に大容量のデータを一度に送受信できることです。

フレッツ光ライトの回線速度は100Mbpsですが、フレッツ光ネクストハイスピードタイプに変更すると、実に10倍もの速さの1Gbpsの回線速度で快適なインターネットを楽しめますね。

また、常時インターネットを利用するヘビーユーザーでない場合でも、フレッツ光ネクストの下り速度200Mbpsは魅力的ではないでしょうか。
ちなみに、下り速度とは、インターネットのダウンロードに要する回線速度のことです。

インターネット上のデータは、技術の進化とともにその容量が増大しています。
高画質の画像や動画、ゲーム等をストレスなく快適に楽しむためには、回線速度がより速いフレッツ光ネクストが最適ですね。

フレッツ光ライトからフレッツ光ネクストへの変更に必要な工事費用

ここでは、フレッツ光ライトからフレッツ光ネクストへ変更する場合の工事費用をタイプ別にご紹介します!

NTT東日本エリア

フレッツ光ライトファミリータイプからの変更

  • ギガファミリースマートタイプ:7,600円(税込:8,200円)
  • ファミリーギガラインタイプ:2,000円(税込:2,160円)
  • ファミリーハイスピードタイプ:2,000円(税込:2,160円)
  • ファミリータイプ:2,000円(税込2,160円)

フレッツ光ライトマンションタイプからの変更

  • ギガファミリースマートタイプ:18,000円(税込:19,440円)
  • ファミリーギガラインタイプ:18,000円(税込:19,440円)
  • ファミリーハイスピードタイプ:18,000円(税込:19,440円)
  • ファミリータイプ:18,000円(税込:19,440円)

NTT西日本エリア

フレッツ光ライトファミリータイプからの変更

  • フレッツ光ネクストファミリースーパーハイスピードタイプ隼:2,000円
  • フレッツ光ネクストファミリーハイスピードタイプ:2,000円
  • ファミリータイプ:2,000円

フレッツ光ライトマンションタイプ(光配線方式)からの変更

  • フレッツ光ネクストファミリースーパーハイスピードタイプ隼:18,000円
  • フレッツ光ネクストハイスピードタイプ:18,000円
  • ファミリータイプ:18,000円

※以上の工事は、原則として無派遣工事を実施しています。有派遣工事を希望する場合は、新規契約と同額の工事費用が発生します。

フレッツ光ライトからフレッツ光ネクストへの変更手続き

フレッツ光ライトからフレッツ光ネクストへ変更したいけれど、手続きが面倒だと思ってはいませんか?

フレッツ光ライトからフレッツ光ネクストへの変更手続きは、NTT東日本およびNTT西日本の専用窓口にて申し込みを受け付けています。

電話一本で、変更に関する手続きが開始されることに。まんがいち手続きに関して不明な点があれば、担当者が丁寧に相談にのってくれるので安心して任せられますよ。

また、NTT東日本およびNTT西日本のフレッツ光公式サイトでは、フレッツ光の最適な利用状況を診断してくれるツールが設置されています。
フレッツ光ライトからフレッツ光ネクストへの変更を検討している方は、活用してみてください。

まとめ

フレッツ光ネクストには、インターネットを快適に利用できる多彩なオプションや安心サポートが用意されています。

なかでも、フレッツ光ネクストハイスピードタイプは、スマートフォンやタブレット、ノートパソコンなどのWi-Fi機器に対応した最新規格のホームゲートウェイが最大の魅力。
専用の無線LANカードもレンタルで提供されるので、有線、無線にかかわらず快適なインターネットサービスを楽しめますね。

フレッツ光ネクストでは、最新のセキュリティ対策も万全です。最新のクラウド対応を叶えたフレッツウイルス・クリアは、コンピュータウイルスの脅威やスパイウェア対策、有害サイトの表示制限などあらゆるセキュリティ対策ツールを搭載。

初期費用は無料で月額400円の低価格も魅力のひとつです。一契約で有線接続のパソコン3台まで対応可能となっています。

さらには、500円の基本料金で利用できるひかり電話や、高画質で多彩な映像コンテンツが満載のひかりテレビなど、高速回線のフレッツ光ネクストならではのオプションサービスにも注目ですよ。

フレッツ光ネクストのお申し込みは以下からます。

フレッツ光の相談窓口