わたしのネット ロゴ

検索

わたしのネット ロゴ

フレッツ光とフレッツ光ネクストの契約タイプの違いについて

フレッツ光とフレッツ光ネクストの契約タイプの違いについて

「フレッツ光ネクスト」とは、NTT東日本およびNTT西日本のフレッツ光が次世代ネットワーク(NGN)と称して提供している現在最も主流なフレッツ光のサービス名です。

よく聞く「通信速度最大1Gbpsのフレッツ光!」とは、この「フレッツ光ネクスト」のことを指しています。

「フレッツ光ネクスト」には、利用状況や通信環境、回線タイプにあわせていくつかの契約プランがあり、それぞれに特徴があって、どのプランを選べば良いのか迷う人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、インターネット回線の定番である、フレッツ光ネクストの契約プランの違いや特徴についてご紹介します!フレッツ光ネクストを選ぶ際の参考にしてみてはいかがでしょう。

フレッツ光ネクストの種類

フレッツ光ネクストは、光ファイバーケーブルを利用したインターネット接続サービスのことです。

以前はBフレッツというサービスタイプでした。現在は移行完了しています。

NTT東日本およびNTT西日本が提供しており、エリアによってコースやサービスプランに違いがあります。

フレッツ光ネクストの回線速度は、高速インターネットで最大通信速度100Mbpsから1Gbpsまでと幅広いものの、月額利用料は速度に比例して高額になるという従来の常識を打ち破った通信サービスとして注目を集めています。

フレッツ光ネクストには、利用になる住居の種類や接続環境、利用状況(通信料)によってさまざまなプランが用意されています。

配線設備として回線の初期工事費を割引するプランも存在しますが割引適用期間にお客様の都合で利用開始月を1ヵ月目として24ヵ月目の末日までに解約された場合は、解約金が必要です。

ここでは、フレッツ光ネクストのプランと料金体系の特徴をエリア別に料金一覧表をまとめてご紹介します!料金表で料金比較の。

月額利用料合計はプランや配線方式、キャンペーン、月額料金割引サービスによっても異なります。

NTT東日本エリア

  • フレッツ光ネクストファミリー:主に戸建て向けサービス
プラン区分 回線速度 基本工事料金 基本月額利用料金
ファミリータイプ 最大100Mbps 18,000円 5,200円
ハイスピードタイプ 下り最大200Mbps 18,000円 5,200円
ギガファミリー 最大1Gbps 18,000円 5,700円
  • フレッツ光マンション:主にマンションなどの集合住宅向けサービス
プラン区分 回線速度 基本工事料金 基本月額利用料金
マンションタイププラン1 最大100Mbps 15,000円 3,250円
マンションタイププラン2 最大100Mbps 15,000円 2,850円
マンションタイプミニ 最大100Mbps 15,000円 3,850円
ハイスピードタイププラン1 下り最大200Mbps 15,000円 3,250円
ハイスピードタイププラン2 下り最大200Mbps 15,000円 2,850円
ハイスピードタイプミニ 下り最大200Mbps 15,000円 3,850円
ギガマンションプラン1 最大1Gbps 15,000円 3,350円
ギガマンションプラン2 最大1Gbps 15,000円 3,750円
ギガマンションミニ 最大1Gbps 15,000円 4,350円

※プラン1(8戸以上の契約)プラン2(16戸以上の契約)ミニ(4戸以上の契約)
※初期費用として工事費に加え1契約ごとにNTT契約料800円が必要です。工事費は30回の分割払いまたは一括でのお支払いが選択できます。NTT東日本のマンションタイプではお住まいの条件により「3つのサービスメニュー」と「3つの配線方式」があり、サービスメニューと配線方式の組み合わせにより料金が変わります。
※表示料金は税抜価格です。

NTT西日本エリア

  • フレッツ光ネクストファミリー:主に一戸建て住宅にお住まいの方対象
プラン区分 回線速度 工事費用 基本月額利用料
ファミリータイプ 最大100Mbps 18,000円 3,810円
ハイスピードタイプ 下り最大200Mbps 18,000円 3,810円
ハイスピードタイプ隼 最大1Gbps 18,000円 >3,810円
  • フレッツ光ネクストマンション:主にマンションなどの集合住宅にお住まいの方対象
プラン区分 回線速度 工事費用 月額利用料
マンションタイププラン1 最大100Mbps 15,000円 2,930円
マンションタイププラン2 最大100Mbps 15,000円 2,530円
マンションタイプミニ 最大100Mbps 15,000円 3,420円
ハイスピードタイププラン1 下り最大200Mbps 15,000円 2,930円
ハイスピードタイププラン2 下り最大200Mbps 15,000円 2,530円
ハイスピードタイプミニ 下り最大200Mbps 15,000円 3,420円
ハイスピードタイプ隼プラン1 最大1Gbps 15,000円 2,930円
ハイスピードタイプ隼プラン2 最大1Gbps 15,000円 2,530円
ハイスピードタイプ隼ミニ 最大1Gbps 15,000円 3,420円

※プラン1(8戸以上の契約)プラン2(16戸以上の契約)ミニ(4戸以上の契約)
※初期費用として工事費に加え1契約ごとにNTT契約料800円が必要です。工事費は31回の分割払いまたは一括でのお支払いが選択できます。
※基本料金は、WEB光もっともっと割を適用後の金額です。
※ VDSL方式で宅内装置、電話回線等を合わせて利用する場合、利用いただけないサービスがあります。
※表示料金は税抜価格です。

以上はフレッツ光ネクストの各プランを新規で契約した場合の回線料金です。

なお、回線速度はあくまでも規格上の最大速度ですので、接続環境や利用状況によって違いがあります。

プラン別の料金を比較すると、初期工事費や月額料金は同額で設定されていることがわかりますね。

また、最低利用期間内(利用期間満了月の翌月と翌々月を除く)に解約した場合、初期工事費の割引額の一部金額を支払う必要があります。

ちなみにauひかりと比較すると、2年ごとに無料で解約できるチャンスがある為縛りが軽いです。

フレッツ光、月額利用料金無料特典の適用期間と「にねん割」利用期間が重複している場合、月額利用料金特典の適用が優先され、利用量に合わせた最適なプランを申し込みしてみてはいかがでしょう。

月額費用に不安がある方にオススメなのが使った分だけの支払いとなるプラン「フレッツ光ライト」です。

集合住宅で月の基本料が2,000円~4,300円。戸建てですと月の基本料は2,800円~5,800円です。
フレッツ光ライトへのサービス移行に対して違約金は発生しません。
注意点として、フレッツ光ネクストのサービスを利用するには、いくつかの接続機器が必要です。

フレッツ光ネクストビジネスタイプ

企業法人様向けのサービスとして「フレッツ光ネクスト ビジネスタイプ」の紹介です大量にデータを扱う企業様の利用に適したタイプです。通信速度、最大100Mbps、最大接続台数は50台となっています。

配線方式

方式 概要 速度
ひかり配線方式 NTT光収容ビルから集合住宅内の各部屋までを光ファイバーで接続する配線方式。 最大100Mbps
VDSL方式 NTT光収容ビルから集合住宅まで光ファイバー、集合住宅内の各部屋までを電話回線用ケーブルで接続する配線方式。 最大100Mbps
LAN方式 NTT光収容ビルから集合住宅まで光ファイバー、集合住宅内の各部屋までをLANケーブルで接続する配線方式。(LAN配線) 最大100Mbps

上記は集合住宅のフレッツ光の配線は、3種類あります。「光配線方式」「VDSL方式」「LAN配線方式」の3つの方式を表にまとめました。

※建物の構内環境調査によって決定します。
※いずれかの回線利用契約を締結する必要があります。
※屋内配線の工程の有無によって工事費は変わります。

フレッツ光史上最速の通信速度を誇るハイスピードタイプの魅力

NTT東日本が提供する「ギガファミリー/ギガマンションスマートタイプ」およびNTT西日本が提供する「スーパーハイスピードタイプ隼」は、フレッツ光史上最高のスペックと速さを誇る通信サービスです。

回線速度は、上り下りともに最大で1Gbps。高画質の映像や動画などの容量の大きなコンテンツでも、一律定額料金でストレスなく快適に楽しめます。

また、最新機能を搭載したホームゲートウェイと無線LANカードを活用すると、家中どこでもWi-Fi対応機器を接続することが可能。スマートフォンやタブレット、ノートパソコン、携帯ゲーム機など、台数を気にすることなくインターネットに繋がります。

スーパーハイスピードタイプ隼を契約したのに、インターネットの速度が遅いと感じる方は速度測定を試してみてください。
※端末、LANケーブル、その他の利用環境や状況等により、実効速度が向上しない場合があります。

フレッツ光ネクストの最大の特徴

さらに、フレッツ光ネクストの最大の特徴は、通信量にかかわらず一定の月額利用料金が設定されていることです。

毎日のようにインターネットを利用する方にとっては、最適な通信サービスではないでしょうか。通信量の上限を気にかけながら、インターネットをしていた時代は終わりを告げたのかもしれませんね。

ギガコースである、「ギガファミリー/ギガマンションスマートタイプ」および「スーパーハイスピードタイプ隼」には、月額利用料金が割引されるさまざまなお得な回線利用料金プランが用意されています。

例えば、NTT東日本では、月々の利用料金から30か月間限定で300円割引する「ギガ推し!割引」を提供中です。
「にねん割」と同時に申し込むと、24か月間に限り700円の割引も。

NTT西日本でも、WEBサイトから新規申込した場合に適用される「WEB光もっともっと割」を実施しています。

「WEB光もっともっと割」では、利用開始から6年目までの月額利用料金が5,400円から3,810円(ファミリータイプの場合)になるお得なサービスプランです。

ともに申込期間が2016年9月30日までに限定されていますので、早めにチェックしてみてください。(申込期限は、延長される場合もあります。)

フレッツ光ネクストを選ぶポイント

フレッツ光ネクストは、光ファイバーケーブルを活用した次世代通信サービスとして誕生しました。

フレッツ光ネクストが登場する以前は、BフレッツがNTT通信サービスの主流として多くの方が利用していましたよね。

つまり、フレッツ光ネクストは、Bフレッツの利便性と品質をさらに向上させた通信サービスなのです。

フレッツ光ネクストは、提供エリアの確認後、利用状況にあわせて最適なプランを選ぶとよいでしょう。

家族それぞれが毎日のようにインターネットを楽しむ方なら、超高速でWi-Fi機能も充実したスーパーハイスピードタイプがオススメです!

特に代理店であれば高額キャッシュバックキャンペーンを実施している場合も多いので確認してみるとよいでしょう。

ひかりIP電話のみを利用する方なら

パソコンでホームページの閲覧やネットショッピング、ひかり電話のみを利用する方なら、通常のスピードタイプでも十分といえますね。

充実したオプションサービスも特徴のひとつですが、それぞれに利用料金が加算されることも忘れないでおきましょう。必要のないサービスまで申し込む必要はありません。

マンションなどの集合住宅にお住まいの方なら

また、マンションなどの集合住宅にお住まいの方は、回線の種類を事前に確認しておきましょう。

フレッツ光ネクストのうち、回線速度が高速のプランの場合は、光回線のみで利用が可能な通信サービスです。

あわせて月額利用料金に違いがある契約のプランについても確認が必要ですね。

NTT東日本およびNTT西日本のフレッツ光公式サイトでは、エリア別にプランを検索するツールが提供されています。

お住まいの地域の住所や居住環境を入力すると、フレッツ光ネクストの最適なプランを見つけることができますよ。

フレッツ光ネクストを選ぶ際には、活用してみてください。

サービスの充実

フレッツ光ではサービス情報サイトが設けられており、フレッツアクセスサービス開通後、無料で利用いただけます。
設定方法や接続したいサービスのサポートも行っています。

プロバイダーとの契約も必須

インターネット利用を開始するためには、フレッツ光ネクストの新規契約と同時に、プロバイダとの契約も必須ですよね。

フレッツ光ネクストでは、セットで申し込むとプロバイダの月額利用料金が契約期間お得になる「プロバイダパック」が好評を得ています。

接続プランによりプロバイダ料金サービス、キャッシュバックサービスがある場合があります。
利用できるプロバイダは、大手も含め10社以上。プロバイダーも解約月以外で解約すると解除料が発生するため注意しましょう。

専任担当者によるサポート体制も万全ですので、アドバイスを参考にしながら最適なプロバイダを選んでみてはいかがでしょう。

コメント

  1. 大賀 より:

    参考になりました。転居先が隼だったけど速くて嬉しいです\(//∇//)\

コメントは停止中です。