閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

フレッツ光ネクストのマンションタイプってどんなサービス?

このページをお気に入りに追加する

このページをお気に入りから削除する

フレッシュ光ネクスト マンションタイプ

フレッツ光ネクストマンションプランは、NTT東日本およびNTT西日本が集合住宅にお住まいの方を対象に提供する通信サービスです。

安定した通信網を誇る光ファイバーを活用することで、多人数のお客さまであっても同時に快適なインターネットを楽しることでフレッツ光ネクストマンションプランは人気です。

そこで今回は、フレッツ光ネクストマンションプランの特徴と魅力についてご紹介します!

なお、フレッツ光の契約をご検討している人には、フレッツ光よりもお得な「光コラボ」もオススメですよ!

Web窓口独自の高額キャッシュバックキャンペーンなどを実施しているため、光コラボも検討してみましょう。

  • ドコモユーザーにオススメ「ドコモ光」
     →Webフォームからの申し込みだとオプション不要!翌月末に15,000円キャッシュバック
  • auユーザーにオススメ「So-net光」
     →3年間の合計で最大72,000円割引!毎月の料金が安い
  • ソフトバンクユーザーにオススメ「ソフトバンク光」
     →オプション不要で最短2ヵ月後に33,000円キャッシュバック

光コラボはフレッツ光と同じ通信品質で通信費もお得に!

「光コラボ」がどのようなものかご存じですか?

光コラボ(光コラボレーション)とは、フレッツ光と同じ回線を使用する光回線事業者のことです。

フレッツ光と同じ最大速度・エリアで、次世代通信規格「IPv6」を利用できるため、フレッツ光よりも安定した通信速度が期待できます。

また、Web窓口独自の高額キャッシュバックキャンペーンを実施していたり、スマホのセット割が適用されるため、毎月のスマホ料金が割引されたりするなど、フレッツ光よりも格段に通信費を安くできますよ!

光コラボのメリットをまとめると、以下のようになります。

  • 次世代通信規格「IPv6」で混雑を回避し通信速度が安定する
  • スマホのセット割が適用され、端末の利用料金が毎月割引される
  • フレッツ光より料金が安くなる
  • 高額キャッシュバックなど窓口限定のキャンペーンを受けられる
  • 他の光コラボ回線やフレッツ光に工事無料で乗り換えできる

お得に光回線を利用したい人は、光コラボも検討してみましょう!

光コラボのそれぞれのWeb窓口は、以下のリンクからご確認いただけます。

  • ドコモユーザーにオススメ「ドコモ光」
     →Webフォームからの申し込みだとオプション不要!翌月末に15,000円キャッシュバック
  • auユーザーにオススメ「So-net光」
     →3年間の合計で最大72,000円割引!毎月の料金が安い
  • ソフトバンクユーザーにオススメ「ソフトバンク光」
     →オプション不要で最短2ヵ月後に33,000円キャッシュバック

フレッツ光ネクストマンションの特徴

フレッツ光ネクストマンションの最大の特徴としてあげられるのは、住居の設備状況によって契約プランや配線方式が異なることです。

一戸建て住宅と違い、マンションやビルなどの集合住宅では、基本的な構造や設備にはさまざまな種類があります。

フレッツ光ネクストマンションは、構造や設備にあわせたプランや配線方式での利用が前提となるのです。

NTT西日本

プラン別の提供条件

それぞれのプランの提供条件は、申し込み戸数によって異なります。

  • プラン1:8戸数以上の申し込みが見込まれる場合
  • プラン2:代表者からの申し込みで12戸数以上の申し込みが見込まれる場合
  • ミニ:6戸数以上の申し込みが見込まれる場合

NTT東日本

プラン別の提供条件

それぞれのプランの提供条件は、申し込み戸数によって異なります。

  • >プラン1:8契約以上の戸数が見込まれる場合
  • >プラン2:16契約以上の戸数が見込まれる場合
  • >ミニ:4契約以上の戸数が見込まれる場合

以上のプランは、自分で選択はできません。契約戸数によりNTT西日本およびNTT東日本が指定するプランを利用することです。

フレッツ光ネクストマンション共通の配線方式

お住まいのマンションやビルなどの集合住宅の設備状況により、NTT東日本およびNTT西日本から以下の配線方式が提供されます。

光配線方式

光ファイバーケーブルを集合住宅内に引き込み、共有スペースのMDF室に設置されている光回線の配電盤PT(Premises Termination)に接続します。

さらにPTから建物内の配管を利用して、各戸の回線終端装置まで光ファーバーケーブルを接続する方式です。

VDSL方式

光ファーバーケーブルを引き込んでPTに接続する過程までは、光配線方式と同じ方法です。

共有スペースのMDF室に設置されている集合型回線終端装置に光ファイバーケーブルを接続後、LANケーブルでVDSL集合装置を繋ぎます。

VDSL集合装置から、各戸には電話ケーブルを利用してVDSL宅内装置に接続する方式です。

LAN配線方式

あらかじめマンションやビル内にLANケーブルが設置されている場合にとられる方式です。

室内には、LANコネクタがあり、パソコンにLANケーブルを繋ぐだけで接続できます。

複数のパソコンを利用する場合は、ブルードバンドルーターやWi-Fi接続ができる無線ルータの設置が新たに必要です。

フレッツ光ネクストマンションの開通に必要な接続機器

フレッツ光ネクストマンションの開通には、接続機器が必要です。

通信サービスを提供するNTT東日本およびNTT西日本から提供される接続機機器は、配線方法やひかり電話サービスの契約の有無によって違いがあります。

ひかり電話とは、従来の電話線ではなく光ファイバーケーブルを利用した通信サービスのこと。

フレッツ光ネクストマンションの契約とセットになっており、500円の月額基本料金と全国一律の電話料金で利用できるお得なサービスのこと。

たとえば、フレッツ光ネクストマンションとひかり電話を同時に契約した場合は、NTT東日本エリアでは「ひかり電話対応ルータ」、NTT西日本エリアでは「OUN一体型ひかり電話対応ホームゲートウェイ」が提供されます。

ひかり電話を契約しない場合は、回線終端装置に加えてホームゲートウェイの設置が必要です。

これらの接続機器は、NTT東日本およびNTT西日本からレンタルで貸し出され、月額レンタル料金が発生します。

フレッツ光ネクストマンションの回線速度

回線速度の速さは、インターネットを快適に楽しむための必須条件ですよね。

フレッツ光ネクストマンションには、速度の異なるさまざまなサービスプランが用意されています。

通常のフレッツ光ネクストマンションの通信速度は、下り上りともに最大100Mbpsです。
配線方式の種類にかかわらず提供されているサービスプランなので、住居の設備を気にせずどなたでも利用できますね。

光配線方式による配線が整っている場合は、さらにサービスプランの選択技はひろがります。
フレッツ光ネクストマンションハイスピードタイプは、下りが最大200Mbpsです。

NTT東日本限定のフレッツ光ネクストギガマンションスマートタイプおよびNTT西日本限定のマンション・スーパーハイスピードタイプ隼は、最大でおおむね1Gbpsの超高速通信速度を誇ります。

ただし、フレッツ光ネクストはベストエフォート型サービスを提唱しているため、最大速度を確約するものではありません。利用状況や頻度、通信環境や設備によって通信速度には違いがあります。

通信サービスにおけるベストエフォートとは、「品質を保証しないものの最大限の努力を惜しまない」というサービス方式のことです。

フレッツ光ネクストマンションの種類と特徴

フレッツ光ネクストマンションには、回線速度の異なるさまざまなタイプが提供されています。

接続環境やインターネットの利用状況に合わせて、最適なプランを選びましょう。

【フレッツ光ネクストマンション】
回線速度は、最大で100Mbps。配線方式の種類にかかわらず利用できるプランです。

【フレッツ光ネクストマンション・ハイスピードタイプ】
回線速度は、下り200Mbps、上りは100Mbps。光回線のみで利用できるプランです。

【NTT東日本限定:フレッツ光ネクストギガマンションタイプ】
回線速度は最大おおむね1Gbpsの超高速が最大の特徴です。

光回線のみで利用できるプランです。スマートプランでは、レンタルで提供される最新機能が搭載されたホームゲートウェイと無線LANカードを活用すると、スマホやタブレットなどのWi-Fi端末を快適に利用できます。

【NTT西日本限定:フレッツ光ネクストマンション・ハイスピードタイプ隼】
回線速度は最大おおむね1Gbpsの超高速。光回線のみで利用できるプランです。

多彩なオプションサービスに加えて、レンタルで提供されるホームゲートウェイ無線LANカードを活用すると、スマホやタブレット、ノートパソコンなどで快適なインターネットを楽しめます。

フレッツ光ネクストマンションの初期工事費と月額利用料金

光フレッツネクストマンションの工事費を含む初期費用と月額利用料金は、プランと配線方式、個別に契約するサービスプランなどによって違いがあります。

ここではエリア別にまとめてご紹介します!

NTT東日本エリア

【初期費用】
光ネクストマンションタイプ:契約料(800円)工事費(15,000円)
※工事費は分割払いも受け付けています。

分割払い例(31回):初回3,000円、二回目以降400円×30月(合計15000円)

【月額利用料金】
光配線方式:プラン1(3,250円)プラン2(2,850円)ミニ(3,850円)

VDSL方式:プラン1(3,250円)プラン2(2,850円)ミニ(3,850円)

LAN配線方式:プラン1(2,900円)プラン2(2,500円)ミニ(3,500円)

※上記の金額は、割引適用前の通常利用料金です。

NTT西日本エリア

【マンションタイプ初期費用】
光配線方式:契約料(800円)工事費(15,000円)

VDSL方式:契約料(800円)工事費(15,000円)

LAN配線方式:契約料(800円)工事費(7600円)

※工事費は分割払いも受け付けています。

分割払い例(31回):初回3,000円、二回目以降400円×30月(合計15000円)

マンションタイププラン別月額利用料金
光配線方式:プラン1(2,930円)プラン2(2,530円)ミニ(3,420円)

VDSL方式:プラン1(2,930円)プラン2(2,530円)ミニ(3,420円)

LAN配線方式:プラン1(2,330円)プラン2(1,930円)ミニ(2,820円)

【マンションハイスピードタイプ費用】
新規契約:契約料(800円)工事費(15,000円)

品目変更契約:基本工事費(1,000円)交換機等工事費(1,000円)

月額利用料金:プラン1(2,930円)プラン2(2,530円)ミニ(3,420円)

【マンション・スーパーハイスピードタイプ隼費用】
新規契約:契約料(800円)工事費(15,000円)

品目変更契約:基本工事費(1,000円)交換機等工事費(1,000円)

月額利用料金:プラン1(2,930円)プラン2(2,530円)ミニ(3,420円)

※上記の月額利用料金は、新規のWEB申し込みで割引適用後の金額です。

フレッツ光ネクストマンションのお得キャンペーン

NTT東日本およびNTT西日本では、フレッツ光ネクストマンションの月額利用料金がお得になる期間限定のキャンペーンを実施しています。

【NTT東日本】
にねん割:2年間継続を条件に、月々の利用料金から100円×24か月を割り引くキャンペーン

ギガ推し割引:にねん割との併用で、月々の利用料金から200円×30か月割り引くキャンペーン(申込期間:平成28年6月1日~平成28年9月30日)

※新規申込でフレッツ光ネクストギガマンションタイプを契約される場合のみ

【NTT西日本】
光もっともっと割:フレッツ光ネクストマンションタイプを2年継続で契約した場合に適用される割引キャンペーン。2年目までは1,100円、3年目から1,290円が月額利用料金から割引されます。4年目以降は、100円単位で割引額が増加するお得なキャンペーンですね。

これらの割引キャンペーンは、一定の申込期限が設定されています。

フレッツ光ネクストマンションを導入される際には、あわせてチェックしてみてください。また、契約途中の解約には、解約手数料が発生しますので、事前に確認しておきましょう。

光回線をお得に利用したい人には、窓口独自の高額キャッシュバックキャンペーンなどを実施している光コラボもオススメですよ!

  • ドコモユーザーにオススメ「ドコモ光」
     →Webフォームからの申し込みだとオプション不要!翌月末に15,000円キャッシュバック
  • auユーザーにオススメ「So-net光」
     →3年間の合計で最大72,000円割引!毎月の料金が安い
  • ソフトバンクユーザーにオススメ「ソフトバンク光」
     →オプション不要で最短2ヵ月後に33,000円キャッシュバック

【最新】おすすめインターネット回線特集

インターネット回線の種類別にサービス特徴や選ぶポイントをご紹介していきます! フレッツ光だけでなく、利用シーンに合わせて月々ネット料金を安くおさえたり、回線速度を上げれたり・・と知っておいても損がない情報を集めました! また併せて各回線ごとにわたしのネット編集部が調査してわかったおすすめの窓口を紹介ていますので回線選びのご参考にしていただければと思います!

光コラボレーションでおすすめ

光コラボといえば、フレッツ光と回線を使っているのでフレッツ光と同品質で安心!さらに下記では携帯とセットでお得になる回線をピックアップ!

\ 【最新】光コラボレーションでおすすめ /
☞ 詳細記事はこちら「2019年最新版・光コラボの比較一覧表!料金・速度・キャンペーンを比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

エリアは限られているけど利用できるなら使いたい光回線

現在はフレッツ光だけではなく、独自回線を展開しているサービスがあります。キャンペーンも窓口によってさまざまです!口コミでも速度に定評のある光回線をまとめました!

\ 【最新】光回線で総合的におすすめ /
※東海エリアであればコミュファ光がおすすめ!(auユーザーは割引あり)
☞ 詳細記事はこちら「【2019年最新】オススメの光回線はどこ?人気回線10社を大比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

モバイル回線(Wi-Fi)でおすすめ

持ち運びできるWi-Fiや自宅で使うホームルーターなど利用する状況に応じて選ぶことが大事です!選ぶポイントは選びは「月額料金」「データ量」「通信速度」に注目!

\ 【最新】Wi-Fi選びで迷われている方へ /
※ソフトバンクユーザーであればネクストモバイルもおすすめ(20GB 2,760円~)!
☞ 詳細記事はこちら「2019年にオススメしたいポケットWi-Fiは?全9社の総合評価を比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

このページをお気に入りに追加する

このページをお気に入りから削除する

光回線窓口ランキング 2019年11月04日更新

※こちらのランキングは「キャッシュバック額」「受け取りやすさ」「受け取り時期」「手続き」方法で判定しています。

モバイルWiFiルーター窓口ランキング 2019年11月04日更新

ホームルーター窓口ランキング 2019年11月04日更新