閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

月額もお得でキャッシュバックももらえる光回線まとめてみました!

Bフレッツはサービス終了!?フレッツ光ネクストへの移行をお早めに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【注目】月額やキャンペーンがとってもおトクな光回線をまとめました!

おトクな回線まとめ

光回線を申込むならとにかくキャンペーンは大事!乗換えの場合は違約金が負担されたり、キャッシュバックで実質月額料金を安くで利用できたり、携帯とセットで毎月の割引が受けられたり・・・続きを見る

フレッツ光はNTTが提供している光回線を用いたインターネット接続サービスのことです。
光回線とは光ファイバーを用いた回線のことです。
この光回線が登場する前は電話線がインターネット回線の主流でした。この電話回線を用いた回線タイプを光回線に対し、【アナログ回線】と呼ぶ場合が多いです。

インターネットの普及と発展とともに送信受信するデータ量はどんどん増え続け、アナログ回線タイプの通信速度では快適なインターネット通信が難しくなってきたため開発され登場したのが光回線です。
光回線は光ファイバーという電線を使うため、普及させるにはまず日本中の電線に光ファイバーを張り巡らせる必要がありました。当然膨大な量になるため全国一斉にサービス開始をすることは出来ず、人口密集地から少しずつ提供エリアを拡大するという形でサービスがスタートしました。
これが最初期のフレッツ光の状況であり、その時期にフレッツ光の主な契約コースであったのが【Bフレッツ】です。

Bフレッツは光回線サービスの先駆け

NTTは2000年の末に試験的に光ファイバーの回線を開始しました。
これを【光・IP通信網サービス】と呼び、エリア網は東京と大阪の一部のエリアに限定したものでした。この試験的な試みに満足のいく結果を得たNTTはそれからおよそ半年後の2001年8月に光回線サービスを本格的に開始します。この時の名称が【Bフレッツ】です。
Bフレッツは当初3つのコースがありました。
一つ目はベーシックタイプ、二つ目はファミリータイプ、三つ目はマンションタイプです。これは後にフレッツ光のファミリープランとマンションプランのベースとなります。
さらにNTT東日本エリアはBフレッツの新しいコースとして2004年に【ハイパーファミリータイプ】の提供、2005年にはNTT西日本エリアが【フレッツ光プレミアム】のコースサービス開始となりました。
これらのコースはインターネット接続のみを基本としたBフレッツに対して、【ひかり電話】などの光回線を利用したインターネット以外のサービスを利用する方向けのサービスでした。
あくまでインターネット利用のみで問題ないならばBフレッツのベーシックプランからのコース変更は必要ないようでした。

【転用をお考えの方必見!】おトクな特典が勢ぞろい!乗り換えるなら今!

転用をお考えの方必見!おすすめの乗り換えキャンペーンや特集をご紹介します!
工事費用無料や違約金負担までうれしい転用時の特典が盛りだくさん!さらに、光回線選びでお悩みの方に特集ページでおトクな回線をまとめています。

Bフレッツのサービスはもう少しで終了します。

現在のフレッツ光は2008年に開始された【フレッツ光ネクスト】という事実上のBフレッツの後継となる光回線に移行しています。
フレッツ光ネクストはインターネット回線に加えてIP電話専用回線と映像配信回線の3つをまとめた新しい光回線の企画であり、インターネット回線に加えてIP電話である【ひかり電話】と番組や音楽配信の専用サービスとなる【ひかりTV】を同時に、無理なく利用できることを目指して作られた新しい企画の回線です。
つまり現状ではBフレッツは旧式の回線です。
現在ではフレッツ光ネクストがBフレッツに置き換わるような形でエリアを拡大しています。

Bフレッツからフレッツ光ネクストに完全移行を目指しています

現在でもBフレッツをそのまま契約している人が存在します。
NTTは2016年7月現在、フレッツ光はBフレッツからフレッツ光ネクストに完全移行を目指しており、Bフレッツでのコースは新規契約を受けて付けていない状況です。

Bフレッツ当時に契約して現在まで解約していなければ、今でもBフレッツとして契約は続いています。
サービスが終了しますと、Bフレッツでご契約している方はインターネットの利用ができなくなりますので、お早めに移行をご検討ください。

【転用をお考えの方必見!】おトクな特典が勢ぞろい!乗り換えるなら今!

転用をお考えの方必見!おすすめの乗り換えキャンペーンや特集をご紹介します!
工事費用無料や違約金負担までうれしい転用時の特典が盛りだくさん!さらに、光回線選びでお悩みの方に特集ページでおトクな回線をまとめています。

Bフレッツからフレッツ光ネクストへの移行

旧式のBフレッツでは後に登場したサービス内容が利用できない場合もあり、NTT側からはエリアが対応しているならフレッツ光ネクストへの移行も推奨されています。

2016年9月現在、NTT西日本ではフレッツ光ネクスト隼(ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼など)、NTT東日本ではフレッツ光ネクスト(ギガファミリースマートタイプ・ハイスピードタイプなど)というサービスが提供されています。
フレッツ光ネクスト、Bフレッツでは、サービス内容がどのように変わるのでしょうか?

プラン名 フレッツ光ネクスト Bフレッツ
最大通信速度 1Gbps(1000Mbps) 100Mbps
インターネット接続
ひかり電話対応
ひかりTV
ひかりTVでの地上デジタル放送視聴
最大接続台数 制限なし 5

最大通信速度が大幅にアップしたことにより、検索もサクサクでき、スームズな動画視聴も可能になりました。
また、最大接続台数の制限がなくなるので、家族全員でスマートフォンやパソコンのインターネット接続も可能になります。
Bフレッツで契約していたアプリケーションサービスは、フレッツ光ネクストに移行後も継続利用することができます。また、移行後に光ネクストで提供しているアプリケーションサービスを新規で契約することも可能です。

ひかり電話でのセット契約で、電話回線利用料がお安くなる場合もあります。
Bフレッツ ファミリー100タイプ+加入電話からフレッツ 光ネクスト ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼+ひかり電話に光もっと2割適用で契約を移行した場合(光もっと2割とは、フレッツ光開通から最大2年間月額利用料を割り引く料金サービスです。)

プラン名 電話回線の月額基本料金
Bフレッツ 1700円(税抜)
フレッツ 光ネクスト 500円(税抜)

(通話料は別途かかります。)

この他にも、Bフレッツから光ネクストに変更することで、月々のお支払い金額がお安くなる利用サービスプランが有ります。
移行の際に必要となる配線工事などの工事費は、移行(品目変更)工事費割引(料金サービス)を適用すると、工事費0円でお得に移行することができます。
現在(2016年9月)では、Bフレッツから光ネクストへ移行されるお客様が利用できる割引キャンペーンもありますので、通常価格よりもお得に光ネクストをご利用できる可能性があります。
フレッツ光は、継続利用の契約で適用されるお得なキャンペーンが多くありますので、是非ご利用していただきたいです。(キャンペーンや料金コースは対応回線会社(NTT西日本・NTT東日本)ごとに、異なります。)
割引割引適用期間に解約する場合は、解約金がかかる可能性がかかりますので、最低利用期間は確認をしておくことをおすすめします。
(最低利用期間とは、料金起算月から解約月までの期間のことを指します。料金起算月は利用開始日を含む月とし、利用開始日は、フレッツ光が開通した日となります。)

NTTでは、フレッツ光ネクストの他にも、フレッツ光ライト(ライトマンションタイプ・ライトファミリータイプ)という、通信量によって月々の請求額が変動する(従量課金型)2段階定額サービスも提供していますが、設備環境によってはフレッツ光ライトのサービス提供ができない可能性があるため、NTTはフレッツ光ネクストへの移行を推奨しています。

(本ページ記載の価格表示は、特に記載がある場合を除き全て消費税抜き料金です。)

また、移行を機にフレッツ光からひかりコラボへの検討される方も多く、下記のおトクな記事を参考にされるのもおススメです。

【注目】月額やキャンペーンがとってもおトクな光回線をまとめました!

おトクな回線まとめ

光回線を申込むならとにかくキャンペーンは大事!乗換えの場合は違約金が負担されたり、キャッシュバックで実質月額料金を安くで利用できたり、携帯とセットで毎月の割引が受けられたり・・・続きを見る

過去にBフレッツで展開していた契約コース

Bフレッツは国内初の光回線として2001年に開始され、多くの新規ユーザーを獲得しました。現在でもNTTがインターネットの光回線事業をけん引しているのもその余波といっても過言ではありません。
当時のBフレッツには、以下のコースがありました。

ビジネスタイプ

主に法人向けを想定したコースです。
専用のメディアコンバーターを使うことで地域IP網を優先的に通過でき、通信収拾局までの速度が一般向けのコースより早くなります。
つまり優先的に回線を利用できるために混雑時でも通信速度が遅くなりにくいという特徴があります。
いわゆる業務用のプロ仕様であり、月額のコース料金は割高になります。
利用料金は月額で37,100円になります。

ベーシックタイプ

個人のヘビーユーザーと法人を意識したコースです。
上記で解説したビジネスタイプと同様に専用のメディアコンバーターを利用します。しかし通信が優遇されるのは上りの通信の身であり、下りの通信速度は他の回線と同じ条件です。
ビジネスタイプほどではないですが月額費用はやや割高に設定されており、それなりの通信速度を求めるパソコン歴の長いユーザーや法人向けのコースです。
月額利用料金は9,200円です。

ファミリータイプ

ユーザー側の端末への下り速度が10MBというコースです。今となってはかなり低速ですがBフレッツ開始当初はごく平均的な速度でした。もちろん光回線として考えると低速です。
このファミリータイプは回線の混雑を防ぐためにあえて通信速度を10MBに制限しているコースです。その分割安であり、ライトユーザー向けのコースです。
※Bフレッツは過去のサービスのため資料不足でファミリータイプの月額料金は不明でした。

ニューファミリータイプとファミリー100の契約内容

上記のファミリータイプに後発として提供されたファミリータイプに変わるベーシックプランとして位置づけられたコースで、主なターゲットは一般個人や中小企業です。
NTT東日本では【ニューファミリータイプ】と呼び、NTT西日本では【ファミリー100】という名称でした。どちらも内容や金額は同じです。
通信速度は収容局まで下りは600MB、上りは156MBが理論値でした。この数値は集合住宅なら共有スペースまでの速度であり、それを各部屋や、戸建てなら家族で共有する形です。
そうすると一端末辺りには下りで100MB程度の速度は安定して出せる見込みとなり、それが当時の宣伝文句でした。NTT西日本の名称である【ファミリー100】はそれを指したネーミングです。
料金は戸建てで4,970円、集合住宅の場合は規模が大きい場合は3,290円、中規模以下は2,840円です。(すべて月額)

ハイパーファミリータイプ

ベーシックなコースともいえる上記のニューファミリータイプ、ファミリー100より1ランク上のコースがこの【ハイパーファミリータイプ】です。
回線終端装置を内蔵したルーター(つまり部屋に置くルーター)が【ひかり電話】に対応している、というのが一番の特徴であり、Bフレッツ時代にひかり電話を利用しようと思ったらこちらのコースになりました。ルーターの基本的な性能も上です。当然料金はニューファミリータイプ、ファミリー100より割高になります。
料金は月額で5,200円です。

ワイヤレスファミリータイプ

光ファイバーの普及は人口密集地を中心に拡大していきました。そのため人口が極端に少ない地域の光回線化は遅れ、光ファイバー設置の予定が無い地域も存在しました。そんな地域を対象に提供されたのがこの【ワイレスファミリータイプ】です。
光ファイバーとはいわゆる電線であり、それが無い地域には、光回線を接続できません。そこでそういった地域の電柱などに簡易的な無線基地局を設置し、周辺の家屋の屋根や外壁に専用のアンテナを設置することでワイヤレスにインターネット接続を可能にしました。
このような形のワイヤレス通信でも既存のアナログ通信よりは通信速度が速く安定していました。
極めて限定的な地域でしか提供されなかったコースのため、存在を知らない人も多いと思われます。

まとめ

以上が、フレッツ光がBフレッツを主流に光回線サービスを行っていた時に提供されていたBフレッツのコースです。
フレッツ光は2001年に始まったNTTによる光回線のインターネットサービスです。
その時に利用されていた光ファイバーの規格が【Bフレッツ】です。
Bフレッツにはいくつかのコースがあり、高額なコースは回線を優先的に利用できる仕組みのため企業や個人のヘビーユーザー向けのコースでした。
一般向けのベーシックなコースは現在と料金はほとんど変わらない感じです。
しかしBフレッツはもはや過去の規格であり、現在は【フレッツ光ネクスト】という新しい規格に置き換わりつつあります。
そのため今からフレッツ光を新規契約するとフレッツ光ネクストになります。
Bフレッツ当時に契約して現在まで解約していなければ今でもBフレッツとして契約は続いています。
サービスが終了しますと、Bフレッツでご契約している方はインターネットの利用ができなくなりますので、お早めにフレッツ光ネクストへの移行をご検討ください。
(本ページ記載の料金・違約金は特に記載がある場合を除き全て税抜表示料金です。)

【転用をお考えの方必見!】おトクな特典が勢ぞろい!乗り換えるなら今!

転用をお考えの方必見!おすすめの乗り換えキャンペーンや特集をご紹介します!
工事費用無料や違約金負担までうれしい転用時の特典が盛りだくさん!さらに、光回線選びでお悩みの方に特集ページでおトクな回線をまとめています。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気の光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。
人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼今開催中のおすすめキャンペーン

ソフトバンク光のお申し込み・ご相談窓口

ソフトバンク光の専門スタッフにお気軽にご相談できます!Webなら24時間受付中!

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,967円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼今開催中のおすすめキャンペーン

auひかりのお申し込み・ご相談窓口

auひかりの専門スタッフにお気軽にご相談できます!Webなら24時間受付中!

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼今開催中のおすすめキャンペーン

NURO光のお申し込み・ご相談窓口

NURO光の専門スタッフにお気軽にご相談できます!Webなら24時間受付中!

固定回線で悩んでいる方必見!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

おすすめ窓口BroadWiMAX

https://wimax-broad.jp/
webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

▼今開催中のおすすめキャンペーン!

関連記事