閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

更新

フレッツ光を戸建で利用する場合の知っておくべきポイント!

フレッツ光を戸建で利用する場合の知っておくべきポイント!

フレッツ光はNTTが提供するインターネット接続サービスの総称です。
フレッツ光を一戸建ての家で契約する場合は【ファミリータイプ】が適用されます。

フレッツ光は一戸建ての場合は【ファミリータイプ】、マンション、アパートなどの集合住宅の場合は【マンションタイプ】です。

このためファミリータイプかマンションタイプかのプランは契約者が任意で選ぶわけではありません。

本記事ではフレッツ光を契約の際、一戸建てだった場合のプランとなる【ファミリータイプ】の詳しい解説と、インターネット契約の際に同時に必要になるプロバイダやひかり電話、ひかりTVなどのサービスタイプについて解説します。

フレッツ光、ファミリータイプの特徴

上記で解説した通り、フレッツ光のプランは大きく分けてファミリータイプとマンションタイプにわかれます。

一戸建ての住所で契約する場合は、ほぼ無条件でファミリータイプです。ファミリータイプのなかにはファミリータイプ最低利用期間なし、ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼という接続プランも用意されています。

ちなみにマンションタイプはさらに集合住宅の規模に応じて大規模は【プラン1】、中規模は【プラン2】、小規模は【ミニ】と細分化され、それぞれ月額利用料金が異なります。月額料金が最も割高となるのは戸建てが対象のファミリータイプであり、順にマンションタイプのミニ→タイプ1→タイプ2、です。

戸建てのファミリータイプはほぼ例外なく最新の回線が使える

戸建てのファミリータイプはマンションタイプと比べて割高ですが、接続工事は電線の光ファイバーを引き込むだけの簡単な作業となり、ほぼ例外なく最新の回線が使えます。

例えば2016年7月現在であれば【ギガ回線】です。

集合住宅の場合は電線の光ファイバーを、棟内共有スペースに引き入れ、そこかから契約している各部屋に回線を回します。棟内共有スペースの設備が古いと各部屋までは旧式の電話回線を使うことになる場合もあり、光回線本来のスピードが出ない、という状況の集合住宅は現在でも多いです。

以上のことから、マンション料金比較は別として、通信速度環境はマンションタイプよりもファミリータイプの方が良好といえます。

NTT西日本より、NTT東日本がやや割高

基本料金はマンションタイプと比べてファミリータイプの方が割高であると解説しましたが、契約するエリアによってNTT東日本エリアの管轄とNTT西日本エリアの管轄があり、NTT東日本の方が月額利用料はやや割高です。

例えばファミリータイプの月額料金はNTT東日本が4,600円なのに対し、NTT西日本は3,810円です。マンションタイプのそれぞれのプランも総じてNTT東日本の方が数百円程度割高です。

フレッツ光の回線、Bフレッツと光ネクストの違い

現在、フレッツ光のファミリータイプでの主流となっているプランは光ネクストのハイスピードタイプです。
フレッツ光の回線には【光ネクスト】と【Bフレッツ】の2種類があります。Bフレッツはフレッツ網という、NTTが光回線をはじめたころに普及させたネット回線です。
そのため、NTTが光回線サービスをはじめた頃に契約した人はBフレッツで契約しているはずです。

そのまま現在まで解約していなければ現在もBフレッツのままである可能性が高いです。
光ネクストはNGN網という新しい規格の光回線であり、インターネット回線、電話回線、テレビ回線をまとめたもので、フレッツ光が光ネクストの開始とともにはじめた【ひかり電話】や【ひかりTV】を利用する時に必要です。

単純に古いか新しいか

Bフレッツと光ネクストの違いは単純に古いか新しいか、という認識でOKです。
そして旧式のBフレッツでは上記で解説した【ひかり電話】や【ひかりTV】の利用はできません。

そのため現在Bフレッツだけど、それらのサービスを利用したい場合にはBフレッツから光ネクストに契約変更する必要があります。
インターネットのみを使う分にはBフレッツでも光ネクストでも違いはなく、料金も変わりません。
【フレッツ光】とは【Bフレッツ】と【光ネクスト】の総称という意味合いです。

現在は光ネクストのエリアがどんどん拡大しており、昔からBフレッツだったエリアも光ネクストにどんどん置き換えられています。
そのため今から新規登録するならほとんどの場合、光ネクストになるでしょう。

光もっともっと割

インターネットサービスである、フレッツ光ネクスト(ビジネスタイプ除く)、フレッツ光プレミアム(エンタープライズタイプ除く)を契約中のお客様がお申し込みできる月額料金割引きサービスです。
割引は、1、2年目の料金からフレッツ光の利用期間に応じ割引額が適用され料金サービスが行われます。
最大割引額は6年目からの1590円です。実際の料金に加算料800円が別途必要となる場合があります。

光もっともっと割は3年毎に自動延伸されます。
割引適用期間内に光もっともっとサービスを解約する場合、解約金がかかるため注意が必要です。(割引適用期間の満了月、もしくは満了月の翌月に解約する場合、解約金は発生しません。)

 

初期工事費用

屋内配線の工程がある場合 18,000円 (税抜)
屋内配線の工程がない場合 7,600円 (税抜)

プラスして、1契約毎に契約料が800円(税抜)かかります。土日祝日に工事を希望する場合、上記の金額に加え3,000円(税抜)がかかります。
初期工事の内容によっては上記金額の適用対象外となる場合があります。
「にねん割」の利用期間中(更新月を除く)にフレッツ光の解約が重なった場合、「にねん割」の解約金も発生するため契約期間の確認を怠らないようにしましょう。

おすすめ窓口最大94,000円キャッシュバック
株式会社ライフバンク
携帯料金を月額最大1,080円割引
月額実質2,800円から利用できる!
スマホとのセットでお得なおうち割!

他社からの乗換えで違約金負担も!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

ひかり電話やひかりTVを利用したときの料金は?

Bフレッツはあくまでインターネット接続サービスのみの回線ですが、上記で解説したように昨今主流となっている【フレッツ光ネクスト】ならば【ひかり電話】や【ひかりTV】というオプションサービスも提供しています。
あくまでインターネット利用のみならばBフレッツも光ネクストも基本料が4,600円(NTT西日本なら3,810円)です。
これはファミリータイプの料金で、マンションタイプだともう少し割安です。
さらに別途でプロバイダ料金がかかります。光ネクストなら【ひかり電話】や【ひかりTV】のプラン追加が任意で可能です。

ひかりTV

ひかりTVとはインターネット経由で観覧ができる有料チャンネルです。
また通信カラオケの機能もあります。ひかりTVを申し込むと専用のチューナーがNTTから届き、それを自宅のテレビにルーターから繋ぐことで観覧が可能です。
ひかりTVは申し込むと、チューナーのレンタル料が必要で、月額で500円です。

アーカイブされている映画やドラマを好きな時に見ることができる【ビデオざんまい】が2,500円で、映画やドラマ、音楽のライブ中継などのあらかじめ用意された番組が配信される【テレビざんまい】も2500円です。
両方視聴可能な【お値打ちプラン】は3,500円です。
どのプランでも通信カラオケは利用が可能です。【ビデオざんまい】が家に居ながら、DVDをレンタルができ、【テレビざんまい】は専門チャンネルをいくつか見ることができる感じです。どちらも見ることができる【お値打ちプラン】なら3,500円で、チューナーレンタルを含めると4,000円です。
つまりインターネット接続料金に+4,000円で【ひかりTV】が利用できます(お値打ちプランでなければ2,500円+チューナー代500円)

ひかり電話

ひかり電話とはフレッツ光が提供するIP電話サービスです。
インターネットを契約するとそれぞれの端末にIPという一種の個人情報(番号)が割り振られます。

これを利用して固定電話として使うのがIP電話です。
インターネット契約と同時にIP電話を契約すれば月々の使用料は従来の固定電話より安くなります。
従来の電話回線から【ひかり電話】に切り替えると電話番号は前に使っていた番号をそのまま使えます。

月額料金は最安で500円、そして1,400円、1,500円、3,900円のプランがあります。
プランによって無料通話分や1分当たりの通話料が変わります。これは携帯電話の料金プラン選択と似たような感覚です。
自身の普段の電話の利用状況に合わせて選ぶと良いでしょう。

ひかり電話設置は初期費用として3,000円かかります。これは戸建てのファミリータイプも集合住宅のマンションタイプも同様です。

フレッツ光はプロバイダー料金が別途でかかる

フレッツ光を申し込んでインターネット回線を自宅に引き込んでも、それだけではインターネットは使えません。
同時にプロバイダ契約をしないとインターネットは使えず、プロバイダ契約も月額料金がかかります。

つまり、インターネットの利用料金は月々の回線使用料金+プロバイダ料金、ということです。(フレッツ光ライトの場合データ通信量(利用量)に応じた通信料金(上限額まで)+プロバイダ料金です。
1か月あたり200MBまでは通信料無料。)例えるなら、フレッツ光に申し込んでインターネット回線を引き入れるということは、線路を自分の家に繋げるということです。
そしてプロバイダとは自分の家に駅を設置するようなものです。

駅を設置することによって、線路を通じて世界中から情報が届いたり、情報を発信したりできます。
プロバイダはその中継役です。上記のひかり電話の項で解説した、個人情報としてIPを割り振られるのもプロバイダ契約をして自宅に駅を設置したからです。
IPとは駅名のようなものです。

プロパイダ事業社も選ぶ必要がある

難しい理屈はさておき、フレッツ光を契約してインターネットを利用するならプロバイダ事業社も選ぶ必要があります。
プロバイダ事業社はいくつもありますが、NTTと提携しており、フレッツ光と同時に申し込むと料金がお得になる事業者がいくつかあり、とくにこだわりがなければそちらを選ぶと良いでしょう。

プロバイダ料金はどこでもおおむね1,000円程度であり、フレッツ光、ファミリータイプの月額利用料合計は、4,600円(NTT西日本なら3,810円)+1000円程度と考えらればOKです。
最低利用期間の定めが設定されている可能性もあるため確認することをオススメします。

また、プロバイダ事業社によっては加入時にキャッシュバックキャンペーンを行っている場合もあり、キャンペーン内容や割引金額で選ぶのも賢い選択といえます。

例えばプロバイダ事業社の老舗である@Niftyなら、月額1,000円ですが、16カ月間は無料です(2016年9月末までのキャンペーン)同じくプロバイダ事業社のBIGLOBEも2016年9月末までキャンペーンを行っており、月額料金が1,200円のところ、キャンペーン中に申し込めば15カ月無料+翌月以降は月額1,000円です。

回線の品質、安定を求める方にはプロバイダ事業社、OCNをオススメします。
ネットゲームを利用している方には特にオススメです!OCN月額基本料はNTT東西ともに1,100円となっています。
以上のようにプロバイダを選ぶなら月額料金に加え、割引キャンペーンも参考にして選ぶと良いでしょう。

フレッツ光は戸建てのファミリータイプだと割高になるが、最新の回線を使用できる

フレッツ光を戸建てで契約するとほぼ自動的に対象サービスは【ファミリータイプ】というプランです。
ちなみに集合住宅の場合は【マンションタイプ】です。
ファミリータイプはマンションタイプと比べて月額インターネット料金がやや割高になり、またNTT東日本とNTT西日本だと、NTT東日本のほうが若干割高です。

集合住宅向けサービスであるマンションタイプはその建物の棟内共有スペースが旧式だと光回線の性能が十分に発揮できない可能性がありますが、野外の光ファイバーから直接回線を引き入れるファミリータイプなら常に最新の通信性能で利用できるという利点があります。

マンションタイプ最低利用期間が24か月ということも覚えておき継続利用できる期間も考えておくとよいでしょう。

フレッツ光の初期のころはBフレッツという回線でしたが、現在では新しい規格の光ネ久ストという規格に置き換わりつつあります。
NTT西日本では「フレッツ光 ネクスト スーパーハイスピードタイプ隼」というサービスがあります。

2014年7月1日からNTT東日本では新たな回線タイプとして高速インターネット「フレッツ光ネクスト ギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプ」の提供が開始されました。最大通信速度が上り下り最大おおむね1Gbpsのため、ストレス無くインターネットを楽しめます。

また、追加プランである【ひかりTV】や【ひかり電話】はBフレッツでは未対応で、光ネクストのみとなっています。
フレッツ光を契約してインターネットを利用開始するには別途、プロバイダ契約が必要なります。
どのプロバイダ事業社も月額費用はおおむね1,000円程度ですが、事業者によってはお得な料金プラン一覧や割引キャンペーンを行っている場合があるため、プロバイダを選ぶ際はそういった要素を参考にしてみるのも賢い選択です。

ご契約中の内容により月額料金、月額料金割引サービスも変わりますので各公式サイトの月額料金一覧表を確認すると良いでしょう。
専門家の比較記事や料金比較情報を読むのもオススメです!

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる?おすすめ光回線3選

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光などさまざまな光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)をさまざまな事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社さまざまなキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べばよいかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
わたしのネットであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション ホワイト光電話光テレビセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光のWeb申込・相談窓口

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

auひかり

auひかり

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

実質2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりのWeb申込・相談窓口

【注目】最大147,500円大幅還元!

ドコモ光

2位

ずっとドコモ割プラスで毎月最大2,500円割引!

月額料金

4,000円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービスひかりTVセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ドコモ光のWeb申込・相談窓口

dポイント最大10,000円相当プレゼント

その他光回線・光コラボ一覧

固定回線は工事がめんどくさい!モバイルルーターで解決

光回線とモバイルルーターで迷いませんか?

もちろんモバイルルーターが欲しくて選ぶ方もいると思いますが、利用したい光回線がエリア外であったり、住んでいるマンションでそもそも使える光回線が決められているなど、希望に沿わない理由もあると思います。

また固定回線の利用を迷う方の理由を聞くと・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

以上のことがデメリットで、光回線に申し込みができない・乗り換えできない方もいます。

そんな光回線の申込みへ不満を抱えた方の代替え案として、「家でも、外でも、高速インターネットが楽しめ、面倒なインターネット開通工事や手続きが必要がない「モバイル回線」が人気です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターはサイズも手のひらサイズのコンパクトで、持ち運びもラクラク!

さらに、通常の固定回線と違って専用の端末を持つだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!

また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないも嬉しいでよね!

おすすめはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器のサービスです。

Broad WiMAXの人気のヒミツは、魅力的なのは毎月2762円(税抜)と業界最安級の月額料金!

さらに一般的なモバイルWiFiルーターは月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できます。

無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度758Mbpsで、フレッツ光などの固定回線と速度を比較しても、ほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級の月額!

WiMAX業界でも最安級の月額料金の設定で、WiMAXを上手に活用できれば、月額のスマホ代を節約できたり、プランによっては容量を気にせずネットを使えます!

固定回線で迷っている方は、WiMAXルーターを利用するのも1つの手段ですね!

WiMAXでおすすめは「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みでおトク!
多くの方に選ばれている「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクです!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

よろしければ記事に関するご感想をお聞かせください。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)