閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光を契約する際に初期費用をできるだけ抑える方法

フレッツ光を契約するにあたって注意したいのが初期費用です。
例えば最近では「光コラボなどのサービスが提供されるようになって、回線とプロバイダが一体になったサービスとなっているのでお得ですよ。」など販売員やセールスマンに説明されるようになってきました。

「月額5200円で光が使える。」
「従来よりも2000円も安いのでお得。」
「ひかり電話とセットのサービスを使えば、ADSLよりもコストパフォーマンスが良い」

といったようにここでインターネット契約するとどれくらい月額利用料がお得になるかということに注目はしていても初期費用がどれくらいかかるか注意している人は意外に少ないです。

こちらのページではフレッツ光に新規の加入した際の工事費用や契約手数料などを合せた金額がどれくらいかかるのかを解説します。
それでは具体的にフレッツ光を契約する際にどれくらいの初期費用がかかるのかを考えてみましょう。

フレッツ光の初期工事費用

光回線を利用するには、新規契約の際に自宅に光回線を引き込みために、工事業者が行う宅内工事(派遣工事)が必要になります。

ここでは、フレッツ光(FTTHアクセスサービス)の初期工事費について説明していきます。

NTT西日本では、フレッツ光ネクスト戸建て向けプランでは、「ファミリースーパーハイスピードタイプ隼」「ファミリーハイスピードタイプ」「ファミリータイプ」ともに派遣工事費は18000円です。

新規工事費の内訳は基本工事費4500円、交換機等工事費1000円、屋内配線工事費10400円、回線終端装置工事費2100円となっています。
そこに契約料が800円かかります。

集合住宅向けの工事費のプランは、フレッツ光ネクストがひかり配線方式とVDSL方式、どちらの配線方式(回線タイプ)も新規工事費は変わりません。
配線方式は、物件の配線設備によって決まります。戸建て住宅との内訳の違いは、屋内配線工事が7400円となっていることです。

集合住宅は、設備環境の違いから、工事内容が物件によって変わります。
具体的には、物件によって屋内配線の工程の有無が違います。それに伴い、工事費も変わります。

屋内配線の工程が必要な物件の場合、新規工事費15000円。
屋内配線の工程が必要ない物件の場合、新規工事費7600円。
これに契約料が800円かかります。

しかし、集合住宅の場合、物件によっては宅内工事(派遣工事)が不要なことがあります。
それは、各部屋に光コンセントが設備してある物件です。

光コンセントがあるということは、もうすでに部屋に光回線が引き込まれているので、工事業者による派遣工事が必要ありません。
集合住宅にお住まいの方で、いまからフレッツ光の契約の方はインターネット契約をする前に、不動産会社や大家に回線設備や設備状況の確認をしてみましょう。

もし、光コンセントがある場合は、回線が引き込まれているのでインターネット接続契約後、無派遣工事(局内工事)が完了次第インターネット回線が利用できるようになります。

局内工事の場合、工事費が2000円になります。

インターネット回線を利用するには、端末に光ケーブルを接続するか、無線LANで使用したい場合は、無線(Wi-Fiなど)内臓のルーターを設置します。
局内工事の場合は、工事業者が自宅に来ることがないので、これらのインターネット接続設定は利用者自らが行うことになります。

この他に、オプションサービス(ひかり電話やフレッツテレビ)の契約を同時にしてる場合は、オプション工事が発生するので、工事費が加算されます。
工事費加算額は、オプションサービスによって違うので、NTT東西の公式サイトで確認するか、申し込み時に確認しましょう。

この派遣工事費ですが、お客の支払いプランに合わせて一括だけでなく分割払いで支払うことが可能になっています。
例えば上記の戸建てプラン工事費18000円に関しては、初回に3000円を支払いその後30回にわけて500円支払う分割支払いが適用されます。

マンションタイプの15000円の回線工事費に関しては初回に3000円を支払い、30回に分けて400円を支払うことができます。
マンションタイプの7600円に関しては初回2500円、2回目以降250円を30回支払いという風に決まっています。

工事費項目戸建て住宅マンションタイプ
基本工事費4500円4500円
交換機等工事費1000円1000円
屋内配線工事費10400円7400円
回線終端装置設置工事費2100円2100円
18000円15000円

NTT東日本の場合も概ね工事費は同じです。
上記の料金は、特に断りがない限り税抜き表示価格となっています。

【SoftBank光】新規・乗換えで人気1位!他社転用は解約金負担!

人気窓口はキャンペーンで最大60,000円キャッシュバック!

フレッツ光テレビ導入にも初期工事費がかかる

上記で説明したのは基本的なインターネット接続サービスの工事費用ですが、最近では光回線を利用して地デジやBS/CS放送を受信する家庭も多くなってきました。
それがNTTが提供するフレッツテレビです。
フレッツテレビを導入するのにも、工事担当者が派遣される派遣工事(テレビ接続工事)が必要なので、工事料金(テレビ接続工事費)がかかります。

インターネット接続サービスと同時にフレッツテレビを申し込む場合の他に、すでにフレッツ光を利用中の場合でも、フレッツテレビの初期費用としてスカパーJCAST施設利用登録料が2800円かかり、フレッツテレビ伝送サービス工事費が3000円かかります。
インターネット接続サービスと同時加入とすでにフレッツ光に加入している場合で違うのはこのフレッツテレビ伝送サービスの工事費です。

すでにフレッツ光に加入している場合、この工事費が7500円と割増された価格になります。

フレッツ光契約中フレッツ光新規同時申込み
スカパーJCAST
施設利用登録料
2800円2800円
フレッツテレビ
伝送サービス
7500円3000円
10300円5800円

フレッツテレビの初期工事費用には、このスカパーJCAST施設利用登録料とフレッツテレビ伝送サービス工事費の他に、屋内同軸配線工事費が加算された金額となります。

テレビに映像用回線終端装置を接続「屋内同軸配線工事」

フレッツ光契約中・フレッツ光新規申し込み・新築の家庭などでフレッツテレビなどの映像サービスの契約をした場合に、テレビに映像用回線終端装置を接続する工事(屋内同軸配線工事)が必要になります。

この工事の費用は、フレッツテレビの初期費用内で、屋内同軸配線工事費とされています。

複数のテレビ(2~4台)のテレビを接続する工事をホーム共聴工事(共聴設備接続工事)と言います。
また、1台のテレビと映像用回線終端装置を接続する工事を、単独配線工事(標準工事)と言います。
それぞれの工事費は、ホーム共聴工事19800円、単独配線工事6500円となっています。

屋内同軸配線工事では、フレッツ光回線を引きこんでいる回線終端装置から分配器などを通して、各部屋のハードディスクレコーダーやテレビなどに回線を接続します。

ひかり電話導入にも初期費用がかかる

フレッツ光の契約と同時に、ひかり電話の契約を考える方も多くいると思います。
ひかり電話の導入にも、フレッツテレビと同様に初期費用がかかります。

ひかり電話は、フレッツ光を利用したお得に通話が楽しめるサービスです。
現在利用中の加入電話の電話番号をそのまま使うことができるため、電話番号の変更も必要ありません。

ひかり電話の初期工事費は、3000円となっています。(内訳:同番移行工事費2000円、基本機能1000円)
フレッツ光と同時契約の場合、フレッツ光初期工事費にひかり電話工事費3000円が加算されます。

過去には初期工事費用が割引になるキャンペーンも

2015年の2月1日から2015年4月30日までNTT西日本で行われていたキャンペーンで、フレッツ光ネクストのァミリースーパーハイスピードタイプ隼の24000円の初期工事費用が4000円に大幅値引きされるというものがありました。

いかに初回だけの費用だとしてもそれがあるとないとでは雲泥の差です。
1円でも費用を安くおさめたいというのが庶民の本音です。
もちろん24カ月以内に解約した場合は違約金などが発生しますが、新規でインターネット接続サービスを申し込むにあたって、見逃せないサービスではありました。

初期費用は割引くかわりにキャッシュバックが復活

他の光回線のキャッシュバックにおされ、フレッツ光の新規の申し込みキャッシュバックは減少してきたように思われていましたが、フレッツ光代理店が行うキャッシュバックが復活してきました。

新規の申し込みで68000円のキャッシュバックがもらえたり、「にねん割」を適用させて戸建て住宅の場合、月々700円の割引がもらえたりと実質工事費無料のような魅力的なキャッシュバックが登場してきました。

しかし、このようなキャンペーンや料金割引サービスは最低利用期間が設定されていることが多く、契約期間(最低契約期間)内に解約する場合、解除料・解約金が発生する場合があります。
また、NTT東日本の「にねん割」やNTT西日本の「光もっと2割」は2年毎の自動更新プランなので、契約の更新月も確認しておくと良いでしょう。

引っ越しでお得に工事!移転工事費割引サービスにも注目!

マイホームを購入したり、転勤で家を引っ越した場合などに移転先でもフレッツ光を接続したい場合、定められたキャンペーンに申し込むこととで移転工事割引が受けられます。

「引っ越し先でもフレッツ光でインターネットをしたい。」

「せっかく転勤になるのだからフレッツテレビを同時に申し込んで割安に初期工事を済ませたい。」

また今までもフレッツ光を利用してきたのに引っ越し先でもフレッツ光を継続して利用するのに、新規申し込むと同じだけの初期費用が掛かってはお客をなめているのかと疑いたくなるのもユーザー心理として無理はありません。
そういったニーズに合わせてNTTも移転工事費割引を用意しているのはとてもナイスな対応です。

これはNTT西日本が2016年6月1日から2016年9月30日まで行われるキャンペーンで岐阜県、静岡県、富山県以西の30府県で行われるキャンペーンです。

<追記> 2017/06/12
キャンペーンは延長されて、2017/06/01~2017/09/30までとなりました。

上記で説明した戸建て向けのフレッツ光ネクストの「ファミリースーパーハイスピードタイプ隼」「ファミリーハイスピードタイプ」「ファミリータイプ」であれば、移転工事割引が適用されると移転工事費割引後の金額として9000円になります。

そしてマンションタイプ向けのフレッツ光ネクストのひかり配線方式、VSDL方式の工事費15000円が半額の7500円に割引されます。
またフレッツ光のマンションタイプのLAN配線工事費は7600円と割安ですが、これは移転工事割引として6500円に減少されます。

学校向け特別料金プランでは移行工事費は無料

フレッツ光などの光回線サービスを新規に申し込むにあたってあまり知られてない事実として学校向け特別料金プランというものが用意されています。
この学校向け特別料金プランとはどういうものかというと、従来の戸建て向けのプランやマンション向けのプランに比べて月額利用料金が大幅に割引されています。

例えば、フレッツ光ネクストのファミリーハイスピードタイプの通常料金は、5200円ですが、学校向け特別料金プランでは3600円とADSL並みの安さとなっています。
また現在学校向け特別料金プランで契約していない学校もこのプランに移行する際の工事費は無料とされています。

ではこのプランの対象となる学校とはどういったものでしょうか?
NTT西日本のサイトで公開されている「学校教育法第一条に規定されているもの」という風に紹介されており、主に幼稚園、小学校、中学校、高等学校、高等専門学校、大学、短大とされており、その他にも盲学校や聾学校、養護学校なども適用の対象です。
もちろん専門学校などの専修学校や外国人学校などもその類です。

その他にも各省庁が設置するもの、すなわち防衛大学校や防衛医科大学校、海上保安大学校や水産大学校や航空大学校などが適用の対象です。
ただし警察大学校や郵政大学校、財務大学校など一部適用外のものもあるので注意が必要です。

その他にも職業能力開発促進法に基づく、職業訓練系の施設や児童福祉法に基づく児童福祉施設でも学校向け特別プランは適用されます。

初期工事費用18000円はやはり高い

初期費用が18000円という数字を見て「まあ、初回に18000円くらいはいいか・・・」と感じる人も多いかもしれませんがよく考えてください。
フレッツ光の基本的な契約期間は概ね24カ月です。月額料金5200円として初期費用18000円を24カ月で割ると750円です。
すると月額5950円もインターネット回線の利用料としてかかるということになります。

実際に初期工事費用を分割で支払うと上記に記載したとおり、頭金として初回3000円支払い、月額利用料金に500円が上乗せされます。

光コラボレーションなどの実質割引が高いサービスが増えている現在、月額料金をシビアに見る傾向が出てきました。
1か月6000円弱の支払いはさすがに高いと感じませんか?
したがって新規でフレッツ光に申し込みをしようと思うときは、この初期工事費用をいかに抑えるかということが大きなテーマとなってきます。

【SoftBank光】新規・乗換えで人気1位!他社転用は解約金負担!

人気窓口はキャンペーンで最大60,000円キャッシュバック!

土日休日に工事の場合は追加で3000円

ちなみに上記の初期工事費は通常料金であり、土日休日にの工事日を指定した場合は追加で3000円かかります。
この他にもひかり電話などのオプション工事が別途発生する場合には、工事の金額というものは変わります。

フレッツ光をこれから契約したいと思ったときに月額利用料金がどれくらいで導入できるのかを考えるのと同時に、初期費用(工事費)などがどれくらいかかるのか、割引されるのかを注意してキャンペーンを見ておくことも大切です。
またフレッツテレビを同時に契約するとフレッツテレビの導入工事費が安く抑えられるというメリットも重視しておきたいですね。

なぜならフレッツテレビを後から契約しようとすると最初から同時加入した場合と比べるとそれにかかる初期費用が高くなってしまうからです。
このように初期費用を安く抑えて、トータルで実質月額利用料金を減らすことを念頭に考えて、フレッツ光契約期間内の実質的な月額利用料金を低く見積もるケースを検討しましょう。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

固定回線のお悩み解消!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAX申込み人気No.1「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクになっています!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る