閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光の割引キャンペーンで携帯とセット割は効くのか?

2016年現在、かつてはパソコン利用者を主なターゲットとしていたインターネット回線事業社はパソコンよりもスマートフォン、いわゆるスマホを媒体とした経営戦略に切り替えた感があります。

スマホは携帯電話の次世代機ともいうべき存在であり、電話機能を備えた通信端末という表現の方が適切ではないでしょうか。

つまりスマホは、携帯電話の後継機という出自ですが、むしろ設計思想はモバイル型PCに近い存在であることがいえます。

パソコンとスマホの中間的に存在としての地位を確立したタブレットPCの存在がその点を裏付けています。

パソコンにしてもスマホにしても通信機能がシステムの要となっている点に変わりはありません。
以前までインターネットの通信業者はパソコン購入者を主なターゲットに事業を展開してきましたが、昨今はここまで述べたような経緯からそのターゲットをスマホ利用者にシフトした感があります。

例えば以前まではフレッツ光の営業に力を入れていたNTTも現在はスマホユーザーを意識して新しいインターネットサービスに注力しています。

90年代から始まっていたインターネット事業

インターネットの歴史を簡単に振り返ると、その元祖は90年台半ばに登場したパソコン通信、という認識で問題ないでしょう。プロバイダ事業社の老舗であるニフティはこの頃からサービスを開始していました。

しかしインターネットが爆発的に普及したのはやはり2000年以降の、いわゆる料金の定額化が落ち着いてからです。

今では信じられない話ですがかつてインターネット料金は定額制ではなく、使えば使うほど料金が加算される仕組みだったためにヘビーユーザーは月に数万円の通信料を払っていました。

それから深夜帯の格安サービスを皮切りに、定額化が進み、現在にいたります。

現在NTTがフレッツ光の後継として注力している【ドコモ光】

ドコモ光はフレッツ光と同じくインターネットの光回線です。インターネット接続が出来て、専用の固定電話が使えるという点もフレッツ光と同じです。

ドコモ光とは、2015年2月に始まった【光コラボレーション】を機に、サービス内容を一新したNTTの新しいインターネット事業サービスです。

光コラボレーションとはフレッツ光の回線を利用して、他の事業者がインターネットサービスを提供する、一種の規制緩和です。

NTTが自社の光回線を外部の事業者が使用することを解禁したのが【光コラボレーション】です。実際に現在は10を超える事業者が光コラボレーションの傘下としてインターネット回線事業を展開しています。

ドコモ光はフレッツ光と同じNTTの事業なので、NTTが光コラボレーションの登場と同時にサービス内容を一新して投入したインターネット事業、ということです。ちなみに以前から存在したフレッツ光もひっそりとサービス継続はしています。

しかしNTTが現在注力しているのは完全に【ドコモ光】です。
回線は光コラボレーションなので従来のフレッツ光の回線と同じです。そのため回線としての安定性は問題なしです。

どちらもNTTが提供する【フレッツ光】と【ドコモ光】、ここからは、フレッツ光にはない、ドコモ光の新サービスを解説します。

光回線やプロバイダ選びならフレッツ光にお任せください

お客様のご利用イメージに合わせて、最適なプラン選びやプロバイダをご案内します!

ドコモ光の最大の特徴は【本当の意味】で通信業者をNTTにまとめる事が出来る点

NTTは日本最大手の通信事業者であり、インターネット回線事業も、プロバイダ事業も、携帯電話回線事業も行っています。

携帯電話やスマホは【docomo】であり、インターネット回線は【フレッツ光】、プロバイダは【OCN】です。
docomoは【NTT docomo】、フレッツ光は【NTT東日本・西日本】、OCNは【NTTコミュニケーションズ】という事業社がそれぞれ提供してきました。

この3社はすべてNTTの傘下ですが、実際はかなり独自性が強い、実質的には別会社です。実際にサービス面での横のつながりはほとんどありませんでした。
そのためこのdocomoの携帯を使い、フレッツ光とOCNと契約していても特にメリットはありませんでした。

しかしドコモ光は、インターネット回線も携帯電話もプロバイダも一元的にNTTdocomoが提供し、契約することができます。
携帯電話もインターネットもドコモ光で契約すればそれぞれバラバラで契約するよりも割引が利いて料金は安くなるし、支払いも簡単です。

例えば従来ならば、インターネットでフレッツ光の回線とOCNのプロバイダを契約すると、月額で6,100円でした。
ドコモ光なら回線契約とプロバイダ契約で安い方のプランなら5,200円になります。なんと900円もお得です。

ちなみにプロバイダはドコモ光が提供しているのは【ドコモnet】ですが、ドコモ光で回線契約した際、それ以外でもいくつかのプロバイダの選択肢はあり、どこを選んでも料金は5,200円程度で済みます。
しかしドコモnetなら今後はスマホとの連動サービスが充実するのではないかと注目されています。

このためドコモ光でインターネットもスマホも一元的に契約したほうが何かとメリットがあり、逆にデメリットらしいデメリットは見当たりません。

現在実施されているドコモ光のスマホの割引サービス

現在実地されているドコモ光のサービス内容で最も注目を集めているのが家族でお得となるスマホのセット割引、【シェアパック】です。

家族間でデータ通信料を分け合って使うのがシェアパックです。
家族の中でもデータ通信を多く使う人もいれば、あまり使わないという人もいて、家族全員でデータ通信量をシェア出来るという仕組みです。

データ通信の許容量が超えても通信速度に制限がかかるだけで使えなくなるわけではありません。
シェアパック10、シェアパック15、のように、シェアパック30まであり、数が多い方が使えるデータ通信量が多く、料金も高くなりますが割引率も上がります。

これは家族の数台のスマホを一つの契約で使う、というようなイメージです。
従来のスマホ契約のようにデータ通信が使い放題ではありませんが、許容範囲のデータ通信料を家族複数のスマホでシェアして一台分の契約料金で使えます。

光回線やプロバイダ選びならフレッツ光にお任せください

お客様のご利用イメージに合わせて、最適なプラン選びやプロバイダをご案内します!

ドコモ光のシェアパックは実用的?

例えば最も高い料金プランのシェアパック30ならば月額22,500円で、割引は3,200円です。これはインターネット使用料も含まれます。
実質的に19,300円ですが、これを家族4人か3人で使うと考えると一人当たりは5,000円程度です。インターネット代込みなのでスマホにしてはかなり割安ですね。

しかし上記でも述べた通りデータ通信料には限りがあります。シェアパック30の場合は月額30GBまでです。
これはスマホのテザリングなどの使用経験がある人ならピンとくる数字だと思われますが、4人で使う分には結構カツカツかもしれません。4人ともスマホのヘビーユーザーだったらすぐに通信速度に制限が入るでしょう。

しかし同契約のインターネット回線のデータ通信は従来通りの無制限なので、4人とも家でスマホを使うときはインターネット回線からのWI-FIを利用するようにすれば意外とイケるような気もします。

昨今の携帯電話はスマホ人口が非常に多く、とくにこだわりはないけどスマホにしたい、という人は多いと思います。こういった人が家族に2人くらいいるような4人家族ならシェアパックで意外といけるかもしれません。

当然シェアパックを一人で契約するのは損です。

ドコモ光以外のキャリアでの割引サービスは?

例えばauひかりなら【auスマートバリュー】というドコモ光のシェアパックと類似のサービスがあります。auスマートバリューもインターネット接続とスマホを同時に契約する仕組みです。

ドコモ光のシェアパックと同様に家族複数でのスマホを一つの契約で持つことが出来て、さらに別居している50歳以上の家族がいる場合、住所は違っても家族契約が出来るという特徴があります。

登録する家族数が増えるほど割引額も増えるというのがauスマートバリューの特徴です。
これは、KDDIは家族全員にauのスマホや携帯電話を使ってもらいたい、という意図を考えれば納得のいくビジネス戦略ではないでしょうか。

同じくソフトバンク光が提供しているインターネットとスマホの同時契約プランは【おうち割】です。こちらはスマホを使う家族の人数によって料金が決まります。

例えばインターネット契約+1人でスマホなら3,522円(プロバイダ料金は別途)です。家族二人なら7,044円、三人なら10,566円です。

この料金に2年目からは割引が適用されます。例えば3人家族なら10,566円ですが、2年目からは6,000円割引となります。

ソフトバンクは長く使ってもらうために、2年目から割引を適用する、というビジネス戦略のようです。

光回線やプロバイダ選びならフレッツ光にお任せください

お客様のご利用イメージに合わせて、最適なプラン選びやプロバイダをご案内します!

【auスマートバリュー】も【おうち割】も家族であらかじめ決まっている通信データをシェアするという点ではドコモ光と同様です。シェアできる通信データを増やすとそれだけ料金が上がります。

フレッツ光からドコモ光に乗り換える場合

フレッツ光もドコモ光も同じNTTの光回線のため、フレッツ光からドコモ光に乗り換える際には工事の必要はありません。これは光コラボレーションの大きなメリットでもあります。

そしてもしフレッツ光の契約日数が残っていて、解約すると違約金が発生するような場合でもドコモ光への乗り換えは違約金が免除になります。

しかし逆にドコモ光を契約満了前に解約してフレッツ光に戻す、もしくはKDDIの回線に乗り換える、などはドコモ光解約の違約金が発生します。

ドコモ光の営業マンはこの辺りの詳しく説明しない傾向にあるため注意しましょう。

携帯電話、スマホ利用者に対してお得な割引プラン

2016年現在、NTTはインターネット事業サービスを【フレッツ光】から【ドコモ光】をメインにシフトした感があります。

ドコモ光の最大の特徴は、携帯電話、スマホの契約、インターネットの契約、プロバイダの契約をすべてNTTコミュニケーションズという一つの事業者が一元的に提供し、携帯、スマホとインターネット回線を本当の意味でNTTにまとめることが出来るようになったことです。

インターネット契約も携帯、スマホ契約も一つの事業者にまとめることによって料金は割安になるし、支払いもシンプルになります。

ドコモ光が提供する【シェアパック】は家族数人で数台のスマホを一つの契約として、インターネット接続も込めて契約するものです。
シェアパックのスマホによるデータ通信には許容量があり、従来のスマホ契約のようなデータ使い放題とは根本的に設計思想の異なる料金体系です。

これは従来のように、インターネット回線はパソコンを使うためのものだけではなく、家で家族数人がWI-FIでスマホを使うためのもの、と発想を転換し、限りのあるデータ通信量はWI-FIが繋がらない出先で使う補助的な存在と捉えるとさほど無理が無い運用方法に思えます。

もちろん自宅でパソコンは従来通り無制限に使えます。

このシェアパックは今後、一つのスタンダードなスタイルとして多くの事業者が踏襲することが予想されます。

スマホの台頭により、新時代のインターネットの活用法に合わせ、サービス体系を柔軟に変化させ、まったく新しいシェアパックというスマホがメインの料金体系を作り上げました。

携帯電話での競合相手であるKDDIやソフトバンクも後発ながら同様サービスを展開しています。

三社を見比べた場合でもやはり時代の転換期に先手を打つのはNTTといった印象です。

しかし後発だからといってサービスの質の良し悪しは関係ありません。

NTTの優位性に惑わされず、どのキャリア会社のサービス内容が自分に適しているかを理解して選ぶことが賢くお得にスマホやインターネットを使うコツです。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

固定回線のお悩み解消!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAX申込み人気No.1「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクになっています!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る