閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

フレッツ光の契約・開通・光コラボレーションへの転用の流れ

フレッツ光契約から回線開通・光コラボレーション転用の流れ

フレッツ光は、一般に申し込みを行った後に内容確認や開通工事日を決定し、インターネット回線の工事が行われ、開通です。

ここでは、フレッツ光を新規に契約したい場合の申し込みから利用開始日までにどのような手続きが必要であるのか、その流れを順にご説明します。(現在、フレッツADSL接続サービスを利用の方は、フレッツ光対応のブロバイダーでご契約されてる場合、簡単にフレッツ光へのコース変更が可能です。)

なお、フレッツ光の申し込みから回線開通工事完了までは、おおむね1週間~2週間程度かかりますので時間に余裕をもった申し込みを行いましょう。

初めてフレッツ光を契約する方へ 契約から開通の流れ

フレッツ光の申し込みと事前準備

フレッツ光の申し込みは、NTT東日本or西日本のホームページからオンラインで24時間受付可能です。
家電量販店の店頭や電話でもフレッツ光を申し込むことはできますが、申し込み場所によって利用できるキャンペーン等が異なりますので注意が必要です。

フレッツ光サービス提供エリアの確認

まずはフレッツ光を導入したい場所がサービス提供エリアであるかどうかを確認します。

インターネットからの申し込みの場合は、戸建て住宅か集合住宅(マンションタイプ)かを選択し、ご自分で電話番号から、もしくは郵便番号から住所を絞り込み、番地まで入力し、提供エリアであるかどうかを確認できます。

フレッツサービス提供エリア内であることが確認できたら、画面の案内にそって申し込みを進めます。

利用希望サービスやプロバイダー会社を選択

フレッツ光には、大きく分けて定額制と2段階定額制の2つのコースがありますので、利用状況に応じて選択します。

また、新規加入時限定でNTT東日本では「ギガ推し!割引」、NTT西日本では「Web光もっともっと割」といったよりお得な割引サービスが利用が可能です。最低利用期間などの条件はNTT東西それぞれ異なりますので、あらかじめ確認しておきましょう。

また、インターネットに接続するには、フレッツ光の契約と別にプロバイダーとの契約が必要です。

現在の利用回線でご契約されているプロバイダーがフレッツ光に対応している場合は、そのまま継続して利用できます。

対応していない場合には、フレッツ光対応のプロバイダーへの乗り換えが必要です。

乗り換えが必要な方は、フレッツ光を申し込む際に、「with フレッツ」というプロバイダパックで、フレッツ対応プロバイダーを同時申し込みもできます。

プロバイダパックは、支払いを一本化できるだけでなく、プロバイダー会社ごとに割引などの申し込み特典が用意されているといったメリットがあります。

プロバイダーの状況がよくわからないといた場合には、申し込み確認時にオペレーターに相談して決定もできます。

ご自身でプロバイダーを変更される場合には、フレッツ光が開通する前に、対応プロバイダーへの変更手続きを済ませておきましょう。

新プロバイダーでフレッツ光に接続できるようになったタイミングで、旧プロバイダーを解約するとインターネットサービスに繋がらない期間を最小限にできます。

さらに、フレッツ光の申し込みと同時に、ひかり電話やフレッツTVなどのオプションサービス、また「セットアップサービス」などのサポートサービスの申し込みも行うことができます。

申し込みの内容によっては、オンライン上で開通工事日などの選択が可能な場合もあります。

申し込みの送信が終わると、連絡先として記入したメールアドレスに、完了メールが届きます。

NTTより申し込みについての確認とコンサルティング

申し込みが受け付けられると、NTTよりコンサルティングの連絡があり、申し込み内容について確認が行われます。

確認される内容は次のような内容です。

    • 申し込み内容の確認

申し込みについて、申し込み内容(契約の種類・初期費用・利用料金・NTT工事日・オプションサービスなど)、プロバイダーについて確認があります。

注意事項の確認やフレッツ光導入にあたり質問がある場合、この時間を利用しましょう。

また、インターネット回線設置にあたり、機器の設置予定場所やその環境といった設備状況の情報も必要です。

ひかり電話を利用するかどうか、Wi-Fi環境が別途必要であるかどうかによって、レンタルする宅内機器(ホームゲートウェイ、もしくはONU(回線終端装置))の種類が変わります。

    • 開通工事について

NTT工事の内容や日程、所要時間についても確認とご説明が行われます。

NTT工事日は1ヶ月前から予約ができるようになっています。
工事費に手数料が3,000円かかりますが、工事日を土日に指定もできますので、日中お仕事があり立ち会いが難しいといった方でも安心です。

インターネット接続に必要な設定書類の発送

フレッツ光の申し込みが正式に受理されると、NTT東日本・NTT西日本より、「フレッツサービスのお申し込み内容のご確認」という、設定に必要な書類が発送されます。

この書類には、フレッツ光への接続に必要なお客さまIDやアクセスキーが書かれていますので、取扱に注意しましょう。

また、宅内工事の必要がなく、無派遣型の工事となった場合は、フレッツ光への接続に必要となるホームゲートウェイ、もしくはONU(回線終端装置)などの宅内機器類も工事日より前に別途送付されます。

開通工事日までには、インターネットに接続したい機器やLANケーブルなどの接続機器、機器に使用する電源タップ、そしてフレッツ光対応プロバイダーのログイン情報を準備しておきましょう。

ご契約されたブロバイダから送付される書類(登録完了通知など)には、インターネット接続ID・パスワードなどのインターネットサービス利用時やインターネット接続時に必要な情報が記載されているので、NTTから送付された書類と一緒に大切に保管してください。

無線を利用するタブレット端末やスマートフォン(スマホ)を利用する場合には、Wi-Fiルーター等の無線LAN機器の準備も別途必要です(オプション申し込み済の場合は不要です)。

フレッツ光の工事の内容と流れ

フレッツ光の回線工事は、光回線の設置状況や建物の環境によって、NTT側のみで完了する場合と、回線業者による宅内工事が発生する場合があります。

無派遣型工事の場合は立ち会い不要で回線終端装置は自分で接続

すでに光回線が宅内に引き込みされている場合は、多くが無派遣型の工事です。

無派遣工事の場合、約1時間程度で回線が開通します。工事の際のお客様の立ち会いは必要ありません。

NTT工事完了後は、ご自身でNTTより宅配便で郵送されてきたONUなどの宅内機器を接続します。

宅内工事が発生する場合には回線終端装置の設置まで行われる

建物内に光回線が引き込まれていない場合には、宅内工事が必要です。

工事時間は2時間程度が目安です。光回線の引き込みは、既存の電話回線の配管や、エアコンの配管を利用して行われますので、多くの場合は、大掛かりな工事は必要ありません。

ONU(回線終端装置)の設置場所とインターネット機器の利用場所が大きく離れている場合などには、有料で追加の工事も担当者に相談できます。

また、宅内工事の場合は、工事担当者がONUなどの回線終端装置を当日持参します。回線工事完了後、回線終端装置を設置し、開通確認までを行います。

フレッツ光開通後の接続とインターネット設定

工事が終わると、ONUなどの回線終端装置とインターネットに接続したいパソコンやスマホ(スマートフォン)を接続し、インターネットの設定をはじめます。

有料サポートを依頼していない場合は、ご自身でパソコンなどの接続設定を行う必要があります。一部のプロバイダパックでは接続の無料サポートまでがサービスされています。

インターネット設定の方法は送付された「設定ガイド」を参考に

フレッツ光の設定書類の中の「設定ガイド」には、パソコンのインターネット設定が簡単にできる設定案内CD-ROMが付属しています。

起動し画面のインターネット設定方法の指示に従っていくだけで、簡単に接続設定を進めていくことができます。
パソコンにCD-ROMドライブがない場合でも、手動でのインターネット接続方法のご説明が記載されていますので安心です。

設定が不安な場合はサポートサービスも利用が可能

インターネットの接続設定に不安がある方は、「セットアップサービス」の利用も可能です。

「セットアップサービス」は有料ですが、インターネットの接続から周辺機器の設定まで工事とワンストップで依頼できます。

また、設定を開始しても接続がうまく行かない場合には、専用の番号で設定に関する相談も受け付けていますので活用してください。

おすすめ窓口フレッツ光から転用でお得!
フレッツ光-光コラボトップページ
スマホとのセット割引がお得!
ネット料金月額2,800円~! 携帯代金最大2,000円割引! フレッツ光からの転用なら工事費不要! さらに高額キャッシュバックも!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

光コラボレーションへの転用を検討の方へ 光コラボレーション転用の流れ

転用とは、フレッツ光を利用中の方が、フレッツ光を解約し、コラボ光を新しく契約する際に、契約の切り替えがスムーズにるように、追加工事などなしで、契約先をNTT東西から光コラボレーション事業者に変更する手続きのことを指します。

転用の事前準備と転用承諾番号の受取り

転用の手続きは、NTT東・西日本から転用承諾番号を受取り、新しく契約する光コラボに申し込むという流れです。

フレッツ光からの回線転用の場合は、大きな工事が必要でない場合がほとんどなので、早ければ申込から1週間ほどで回線が開通されます。

転用承諾番号発行に必要なもの

NTT東日本・NTT西日本から転用承諾番号を取得するために、下記のものを準備してください。

      • お客さまID、ひかり電話番号もしくは契約者の連絡先電話番号

<li契約者名

  • フレッツ光の利用場所住所
  • フレッツ光利用料金のお支払い方法

 

インターネットで手続きを行う場合は、契約者の方のメールアドレスが必要です。お支払い方法は、NTT東西からの請求書や、クレジットカード明細等で確認できます。

転用承諾番号を受け取る

NTT東日本・西日本の公式サイト、もしくは電話で転用承諾番号の発行手続きをします。

ひかり電話オフィスA(エース)を契約されている場合は、電話でのみの受付です。
受け取った転用承諾番号は、かならず控えておきましょう。

転用番号を受け取ってから、15日以内に光コラボレーション事業者での手続きを行ってください。(転用番号を受け取った日から、15日が経過してしまった場合、再度転用承諾番号の発行手続きが、必要です。)

光コラボレーション事業者での手続き

転用承諾番号を受け取ってから15日以内に、光コラボレーション事業者で転用の手続きを行いましょう。

契約したい回線業者のウェブサイトで、手順に従い名前・住所・支払い方法などの情報を入力していきます。
この時に、NTTから取得した転用承諾番号が必要です。

宅内工事が必要な場合

フレッツ光からの転用で工事が不要なのは、フレッツ光ネクスト(隼、ギガを含む)の場合のみです。

マンションタイプで、フレッツ光プレミアムを利用の方で、初期のBフレッツを利用の場合は工事が必要です。
工事が必要な場合は、電話での回線業者との打ち合わせがあります。

回線の転用完了後のインターネット設定

転用が完了して、無事回線が開通すると回線業者から連絡がきます。(登録完了通知が届きます。)
受け取った通知(インターネット接続ID・パスワードなどが記載された書類)は大切に保存してください。
各回線業者ごとにインターネット接続方法が違うので、契約事業者のウェブサイトの手順に従って、インターネットに接続してください。

おすすめ窓口フレッツ光から転用でお得!
フレッツ光-光コラボトップページ
スマホとのセット割引がお得!
ネット料金月額2,800円~! 携帯代金最大2,000円割引! フレッツ光からの転用なら工事費不要! さらに高額キャッシュバックも!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

【最新】おすすめインターネット回線特集

インターネット回線の種類別にサービス特徴や選ぶポイントをご紹介していきます! フレッツ光だけでなく、利用シーンに合わせて月々ネット料金を安くおさえたり、回線速度を上げれたり・・と知っておいても損がない情報を集めました! また併せて各回線ごとにわたしのネット編集部が調査してわかったおすすめの窓口を紹介ていますので回線選びのご参考にしていただければと思います!

光コラボレーションでおすすめ

光コラボといえば、フレッツ光と回線を使っているのでフレッツ光と同品質で安心!さらに下記では携帯とセットでお得になる回線をピックアップ!

\ 【最新】光コラボレーションでおすすめ /
☞ 詳細記事はこちら「2019年最新版・光コラボの比較一覧表!料金・速度・キャンペーンを比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

エリアは限られているけど利用できるなら使いたい光回線

現在はフレッツ光だけではなく、独自回線を展開しているサービスがあります。キャンペーンも窓口によってさまざまです!口コミでも速度に定評のある光回線をまとめました!

\ 【最新】光回線で総合的におすすめ /
※東海エリアであればコミュファ光がおすすめ!(auユーザーは割引あり)
☞ 詳細記事はこちら「【2019年最新】オススメの光回線はどこ?人気回線10社を大比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

モバイル回線(Wi-Fi)でおすすめ

持ち運びできるWi-Fiや自宅で使うホームルーターなど利用する状況に応じて選ぶことが大事です!選ぶポイントは選びは「月額料金」「データ量」「通信速度」に注目!

\ 【最新】Wi-Fi選びで迷われている方へ /
※ソフトバンクユーザーであればネクストモバイルもおすすめ(20GB 2,760円~)!
☞ 詳細記事はこちら「2019年にオススメしたいポケットWi-Fiは?全9社の総合評価を比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

よろしければ記事に関するご感想をお聞かせください。
※いつもたくさんのご意見・ご感想をお寄せいただきありがとうございます。他の方のご参考になる内容の場合、記事上に掲載させていただく場合がございますので予めご了承ください。(個人が特定されるお名前はなるべくお控えください。ニックネームでも可能です。)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)