閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ぷらら光メイトwithフレッツとぷらら光お得なフレッツ光は?

大手インターネットサービスプロバイダの『ぷらら』は、NTTコミュニケーションズのグループ企業です。

NTT東日本やNTT西日本のフレッツ光のプロバイダー『ぷらら光メイトwithフレッツ』として利用することもできますし、フレッツ光の光コラボレーション(フレッツ光を利用した光回線サービス)『ぷらら光』として利用することもできます。

『ぷらら光メイトwithフレッツ』も『ぷらら光』も、いずれも光回線としてフレッツ光を活用するサービスですが、料金体系やキャンペーン、評判などは同じではありません。

『ぷらら光メイトwithフレッツ』と『ぷらら光』の共通点と差異点、どちらがよりお得に利用できるのかについて比較し、説明してまいります。

ぷらら光メイトwithフレッツとぷらら光の共通点

共通点としては、どちらもフレッツ光の光回線を用いたサービスであること、最高速度1Gbpsが利用できることなどが挙げられます。その他にも、次のような共通点があります。

ひかりTVが視聴できる

ぷららが運営する『ひかりTV』を視聴することができます。

ひかりTVとは、自宅のテレビにフレッツ光を接続するだけで、90以上の専用チャンネルや約51,000本のビデオ作品、約47,000本のカラオケを楽しむことができるサービスです。

ぷらら光メイトwithフレッツを利用している人も、ぷらら光を利用している人も、アンテナなどの設置工事不要で、ぷらら光のモデムもしくはルーターからLANケーブルを使ってパソコンやテレビに接続すればすぐに視聴することができます。

テレビによってはひかりTV専用のチューナーが必要になることがありますが、ぷららから購入もしくはレンタルすることができますので、どなたでも問題なく利用することが可能です。

ぷらら光メイトwithフレッツとぷらら光の違い

ぷらら光メイトwithフレッツとぷらら光は、回線とひかりTVに関しては大きな違いはありませんが、提供されるオプションサービスや契約・解約の方法、料金体系など、ほとんどの分野において違いが見られます。

毎月の利用料金が安いのはぷらら光

ぷらら光メイトwithフレッツは、NTT東日本を利用する場合、光回線料金とプロバイダー料金を合わせると戸建てのホームタイプは税込み6,156円、集合住宅のマンションタイプは税込み4,158円~5,022円となります。

マンションタイプは、同一建物の中の契約者数によって値段が変わります。

また、NTT西日本を利用する場合、同じく光回線料金とプロバイダー料金を合わせた基本料金は、ホームタイプは税込み5,724円、マンションタイプは税込み3,942円~4,914円になります。

一方、ぷらら光の基本料金は、ホームタイプは税込み5,184円、マンションタイプは税込み3,888円です。
NTT東日本を利用する場合でもNTT西日本を利用する場合でも、均一価格ですので違いはありません。
いずれのプランを選ぶ場合でも、ぷらら光の方が安くなります。

ぷららフォンが利用できるのはぷらら光メイトwithフレッツ

ぷらら光メイトwithフレッツを利用している場合は、自宅の電話を固定IPフォンとして利用できる『ぷららフォンforフレッツ』を使うことができます。

このぷららフォンforフレッツは初期費用が無料なだけでなく、なんと月々の基本料金も無料。通話した分の料金だけを支払えば良いオトクな固定IPサービスなのです。

もちろん、通話料金も全国どこでも3分税込み8.64円、ケータイやスマホも1分税込み17.172円と格安です。
しかもインターネットとセット割もありますので、月額料金から税込み216円も割引かれます。
電話を使わない場合でも、IP電話に登録した方が全体の料金が安くなりますのでオススメです。

契約と解約の手間がシンプルなのはぷらら光

ぷらら光メイトwithフレッツは、契約する際にも解約する際にも、光回線を利用するNTT東日本もしくはNTT西日本とぷららの両方に連絡をとって申し込みを行わなくてはなりません。
どちらとも手続きをしなくてはなりませんので、ちょっと面倒に思うかもしれませんね。

また、料金も、NTTとぷららの両方に支払いますので、どちらからも請求書(ウェブ明細に変更することは可能)が届きます。

ですが、光回線とプロバイダー一体型のぷらら光なら、契約する際にも解約する際にもぷららにだけ連絡すれば良いですから、手間も省けて簡単です。料金もぷららにだけ支払えばOKです。

ただし、ぷらら光メイトwithフレッツを利用していたお客さまで、オプションとして『ひかり電話』の契約を行っていた人が、ぷらら光に変更後も『ひかり電話』を使い続ける場合は、『ひかり電話』の料金だけはNTT東日本かNTT西日本に支払わなくてはなりません。

ぷらら光は最低利用期間も解約違約金もなし

ぷらら光は最低利用期間が決まっていませんので、いつ解約しても違約金は発生しません。

ただしひかりTVの2年コースを契約している人は、2年以内に解約するとひかりTVの違約金(税込み9,720円)がかかります。
また、フレッツ光初期工事費の分割払いを完了していない契約者も、残金を一括で、ぷららを通してNTTに清算しなくてはなりません。


ですが、ぷらら光メイトwithフレッツを解約する場合には、工事費用の残金以外にも、解約するタイミングによっては違約金が発生します。

NTT東日本とNTT西日本で解約違約金が違う

NTT東日本のフレッツ光を利用している人は、にねん割の満了月(更新する月を含む2か月)以外に解約するなら戸建て住宅のファミリータイプなら税抜き9,500円、集合住宅のマンションタイプなら税抜き1,500円を違約金として支払います。

NTT西日本を利用している場合は、さらに解約金が高くなります。

利用開始月からちょうど2年後の月か翌月に解約する場合と、その後、3年後(契約してから5年後)、6年後(契約してから8年後)、9年後(契約してから11年後)・・・のちょうどの月か翌月に解約する場合は違約金は発生しませんが、それ以外の月に解約すると、ファミリータイプなら税抜き5,000円~30,000円、マンションタイプなら税抜き3,500円~10,500円の違約金が発生します。

光回線やプロバイダについてお気軽にご相談ください。

お客様のご利用イメージに合わせて、おすすめの光回線や最適なプロバイダ選びをご提案します!

現時点で対応が早いのはぷらら光メイトwithフレッツ

ぷらら光は2015年に始まったフレッツ光回線とプロバイダーが一体型になったサービスですので、ぷらら光メイトwithフレッツと比べると営業期間が短く、オペレーターによる音声での案内やメールでの問い合わせなど、現時点ではぷらら光メイトwithフレッツの方が対応力においては優れていると言わざるを得ません。

ですが、これはぷらら光に限ったことではなく、ドコモ光やソフトバンク光などの光コラボレーションの他社においても、申し込みや問い合わせが集中しているため、

「問い合わせの電話がなかなかつながらない」

「回線速度が遅いけれども、対応してくれない」

「通信速度について尋ねても、いろんな部署に回されるだけで、
なかなか解決する方法を教えてもらえない」

などの苦情が寄せられています。


対応に不安がある人は、もう少し待ってからぷらら光を利用する方が良いかもしれませんね。

キャンペーンが充実しているのはぷらら光

ぷららの公式ホームページでは、『キャンペーン』専用のページでぷらら光メイトwithフレッツとぷらら光に関するキャンペーンやサイト限定のキャンペーンをまとめて確認することができます。

しかしながら、ぷらら光登場以来、ぷらら光メイトwithフレッツを対象とするキャンペーンはほとんど実施されておらず、お得なキャンペーンを活用したいなら、ぷらら光を選択する方が良いでしょう。

例えば、ネット経由でぷらら光に申し込み、3か月以内に利用を開始すると、クオカード5,000円分がもらえるキャンペーン(7か月以上の利用期間があることが条件)や、フレッツ光からぷらら光に移行した場合の転用手数料3,000円(税抜き)が無料になるキャンペーンなどを実施しています。

いずれも、特典を受けるための特別な手続き等は必要なく、ネット経由で申し込むだけで特典対象者として受理されます。


ただし、キャンペーンはいずれも利用期間が決まっていますので、ぷららの公式サイトの『キャンペーン』ページをこまめに確認してから申し込むようにしましょうね。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

固定回線のお悩み解消!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAX申込み人気No.1「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクになっています!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る