閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

更新

ぷらら光メイトwithフレッツのまとめ|ぷらら光との違いや料金・速度など

ぷらら

フレッツ光でプロバイダとしてぷららを選択することをぷらら光メイトwithフレッツといいます。

似たようなサービスとして、プロバイダ業者のぷららがフレッツ光回線を利用して提供する光回線のことをぷらら光といいます。

今回はぷらら光メイトwithフレッツについて、ぷらら光との違いから料金、設定方法、速度についての評判などをまとめて紹介します。

ぷらら光メイト with フレッツとぷらら光の違い

ぷらら光メイトwithフレッツもぷらら光も、いずれもNTTのフレッツ光回線を利用し、プロバイダとしてぷららを利用するサービスです。

ひかりTVやひかり電話が利用できるという点も同じです。

しかし、ぷらら光メイトwithフレッツはNTTのフレッツ光から申し込みますし、ぷらら光はぷららから申し込むという違いがあります。

ぷらら光メイトwithフレッツ
ぷらら光
利用する光回線
フレッツ光回線
利用するプロバイダ
ぷらら
契約の管理元(運営会社)
フレッツ光
ぷらら
料金の請求元
フレッツ光とぷらら
ぷららのみ

ぷらら光メイト with フレッツとぷらら光は月額料金・解約料金が違う

ぷらら光メイトwithフレッツとぷらら光は利用している光回線もプロバイダも同じですが、運営会社が違うことから、料金・割引サービス・解約金が変わります。

光回線
インターネット月額料金
プロバイダ月額料金
(Plalaの場合)
合計月額料金
NTT東日本
フレッツ光
戸建て:5,700円
マンション:3,250円~4,250円
戸建て:1,200円
マンション:950円
戸建て:6,900円
マンション:4,450円~5,450円
NTT西日本
フレッツ光
戸建て:5,400円
マンション:3,200円~4,500円
戸建て:1,200円
マンション:950円
戸建て:6,600円
マンション4,400円~5,700円
ぷらら光
戸建て:4,800円
マンション:3,600円

※いずれも通信速度は最大1Gbpsのプラン
※割引前の月額基本料金の比較
フレッツ光のマンションタイプの料金は建物で見込める契約世帯によって料金が異なります。

回線名
契約解除料金(解約金)
NTT東日本
フレッツ光
にねん割
戸建て:9,500円
マンション:1,500円
NTT西日本
フレッツ光
光はじめ割
戸建て:10,000円
マンション:7,000円
ぷらら光
0円

フレッツ光のプロバイダ・ぷららの月額料金・割引キャンペーン

ぷらら光メイトwithフレッツとぷらら光の料金の違いは、回線料金とプロバイダ料金をまとめているかどうかで生じています。

ぷらら光メイトwithフレッツでは、月額料金にプラスしてぷららのプロバイダ料金が必要になるため、どうしても割高になってしまいます。

ただし、フレッツ光のプロバイダ料金は戸建て:平均1,000円・マンション:800~900円ですので、ぷららのプロバイダとしての料金はごく平均的なものです。

月額料金を安くぷららを利用したい方は、ぷらら光を選ぶ方が良さそうですね。

フレッツ光のプロバイダ・ぷららの割引キャンペーン

NTTのフレッツ光でプロバイダとしてぷららを利用すると、以下のキャンペーンが適用されます。

  • オプション料金が1,296円分無料になるフリーチケットを毎月配布
  • フレッツ光ADSL・ぷらら光の契約者は毎月7,000本のビデオ作品が見放題
  • セキュリティサービスが無料
  • IPv6接続サービスが無料

ひかりTVの利用料金を比較

インターネットサービスの利用料金だけ比較してもぷらら光の方が安いのですが、専門チャンネルが視聴できるひかりTVの料金を見ても、ぷらら光の方が安いです。

ひかりTVを手頃な料金で利用したいなら、ぷらら光を選ぶのがいいといえます。

ぷらら光メイトwithフレッツ(NTT東日本)
ぷらら光メイトwithフレッツ(NTT東日本)
ぷらら光
ひかりTV基本料金
2,700円
2,500円
900円
チューナーレンタル費
500円
500円
0円
合計
3,200円
3,000円
900円

※料金はいずれも税抜き表示です。チューナーは利用者が接続しますので、工事費は不要です。

フレッツ光のプロバイダ・ぷららの初期設定方法

ぷらら光メイトwithフレッツを利用する場合もぷらら光を利用する場合も、いずれもぷららのルーターを接続してインターネットサービスを利用します。

ぷららのユーザIDとぷららの本パスワードを確認してから、次の手順で初期設定を進めていきましょう。

  1. ルーターの設定画面を表示させます。
  2. ぷららのユーザIDと本パスワードを使ってログインします。

フレッツ光のプロバイダ・ぷららの速度についての口コミをチェック

光回線を検討する際に気になるのが通信速度についてですよね、

フレッツ光のプロバイダ・ぷららの速度について、口コミからチェックしてみましょう。

まっさきに出てきたのが、ぷららとフレッツ光の組み合わせで繋がらないという口コミでした。

実際の速度はどのくらいなのかはわかりませんが、全く繋がらないのは困ってしまいますね。

ぷらら光メイトwithフレッツ。やはり夜間は遅くなるようですね。

1Mbps以下のダウンロード速度では、まともな作業はできないといえますね。

ぷらら光メイトwithフレッツは遅いといった口コミがTwitterでは見られました。

しかしこれらの口コミのほとんどが2017年以前のもので、直近では速度が遅いといった口コミは全く見られませんでした。

これはどういうことかといいますと、おそらく2018年3月1日以降にぷららを申し込んだ方については、ぷららv6エクスプレスという高速の通信技術が標準装備されているからと考えられます。

IPoE接続を用いたぷららv6エクスプレス

ぷららv6エクスプレス

引用:ぷらら公式サイト

2019年1月現在のぷららは、IPoe方式のIPv6接続を採用しています。

以前からIPv6接続ではあったのですが、IPoEではなくPPPoE方式という接続方式を利用していたため、夜など時間帯によってはどうしても通信速度が遅くなるということがあったようです。

しかし2018年3月1日以降は、ぷららv6エクスプレスとしてPPPoE方式でのIPv6接続を標準で提供するようになったため、最近では速度が遅いといった声はほとんど見られなくなったのです。

ちなみにぷららv6エクスプレスは初期費用や月額利用料は無料。

また新たにぷららを申し込む方に標準提供しているだけでなく、2018年3月以前からぷららを利用している方に対しても、準備が整いしだい自動開通していっているので安心してくださいね。

フレッツ光(プロバイダ・ぷらら)が繋がらないときの対処法

ぷららは速度が2018年以前に比べて大幅に速度が速くなったといえますが、中にはぷららが遅いのではなく全く繋がらないといった人もいるのではないでしょうか。

通信速度が遅いのではなく、インターネット自体が利用できないときは、以下の4つの方法を試してください。

  • 機器を再起動してみる
  • 接続機器のSSID・パスワードを確認
  • 接続機器が機内モードなどに入っていないか確認
  • フレッツ光またはぷららで障害が発生していないか確認

また、2018/5/2~3の大規模な通信障害では、ぷららに原因がありIPv6接続ができなくなってしまいました。

速度改善が必要なときは、IPv6接続をオフにしてみるのも手段の一つです。

フレッツ光のプロバイダ・ぷららの乗り換え・解約方法

プロバイダをぷらら以外に変更したいとき、あるいは、フレッツ光の契約そのものを解約したいときは、次の手順で手続きを進めていきましょう。

フレッツ光(プロバイダ・ぷらら)のプロバイダ乗り換え方法

プロバイダの変更は、以下の手順で行います。

ぷららの解約時に解約違約金が発生することもありますのでご注意ください。

  1. フレッツ光で利用中のエリア・プランを確認する
  2. 新しいプロバイダを契約する
  3. 新しいプロバイダの接続設定を行う
  4. 以前のプロバイダの契約を解除する

フレッツ光 プロバイダ・ぷららから転用する方法

ぷらら光メイトwithフレッツから光コラボレーションに転用する手順は、以下のとおりです。

転用先でもプロバイダをぷららにし続けるならぷららの解約違約金は不要ですが、別のプロバイダに変更する場合は、解約違約金が発生することもあります。

<転用手順>

  1. 転用先の光コラボを決める
  2. フレッツ光の電話窓口や公式サイトで転用承諾番号を発行
  3. 光コラボ申込み時に転用承諾番号を入力
  4. 光コラボから書類が届けば転用完了

フレッツ光 プロバイダ・ぷららを解約する方法

光コラボレーション以外の他回線に乗り換える場合は、フレッツ光を解約しなくてはいけません。

次の手順に沿って、解約手続きを進めてください。

なお、解約タイミングによっては、フレッツ光とぷららから解約違約金が請求されることがあります。

<解約手順>

  1. 乗り換え先の光回線へ新規申し込み
  2. ぷららを解約(ぷららとの契約を料金無料で残しておく場合)
    または退会(今後すべてのサービスを使わない場合)を申し込む
  3. 契約中のNTTフレッツ光に解約を申し込む

まとめ

ぷらら光メイトwithフレッツとぷらら光は運営会社が違うため、月額料金・サービスなどさまざまな点に違いがあります。

ぷららは以前は遅いといった口コミが多く見られましたが、2018年3月1日以降は、ぷららv6エクスプレスとしてPPPoE方式でのIPv6接続を標準で提供するようになったため、今では速度の速い回線のひとつといえます。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる?おすすめ光回線3選

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光などさまざまな光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)をさまざまな事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社さまざまなキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べばよいかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
わたしのネットであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション ホワイト光電話光テレビセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光のWeb申込・相談窓口

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

auひかり

auひかり

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

実質2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりのWeb申込・相談窓口

【注目】最大147,500円大幅還元!

ドコモ光

2位

ずっとドコモ割プラスで毎月最大2,500円割引!

月額料金

4,000円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービスひかりTVセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ドコモ光のWeb申込・相談窓口

dポイント最大10,000円相当プレゼント

その他光回線・光コラボ一覧

固定回線は工事がめんどくさい!モバイルルーターで解決

光回線とモバイルルーターで迷いませんか?

もちろんモバイルルーターが欲しくて選ぶ方もいると思いますが、利用したい光回線がエリア外であったり、住んでいるマンションでそもそも使える光回線が決められているなど、希望に沿わない理由もあると思います。

また固定回線の利用を迷う方の理由を聞くと・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

以上のことがデメリットで、光回線に申し込みができない・乗り換えできない方もいます。

そんな光回線の申込みへ不満を抱えた方の代替え案として、「家でも、外でも、高速インターネットが楽しめ、面倒なインターネット開通工事や手続きが必要がない「モバイル回線」が人気です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターはサイズも手のひらサイズのコンパクトで、持ち運びもラクラク!

さらに、通常の固定回線と違って専用の端末を持つだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!

また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないも嬉しいでよね!

おすすめはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器のサービスです。

Broad WiMAXの人気のヒミツは、魅力的なのは毎月2762円(税抜)と業界最安級の月額料金!

さらに一般的なモバイルWiFiルーターは月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できます。

無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度758Mbpsで、フレッツ光などの固定回線と速度を比較しても、ほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級の月額!

WiMAX業界でも最安級の月額料金の設定で、WiMAXを上手に活用できれば、月額のスマホ代を節約できたり、プランによっては容量を気にせずネットを使えます!

固定回線で迷っている方は、WiMAXルーターを利用するのも1つの手段ですね!

WiMAXでおすすめは「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みでおトク!
多くの方に選ばれている「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクです!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る