閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

フレッツ光とぷらら光の違いを知っておこう!転用する時の注意点

ぷらら

フレッツ光とぷらら光はどう違うのでしょうか。
ややこしいですが、ぷらら光メイト with フレッツというフレッツ光のプランもありますが、ぷらら光とは別物です。

「月額料金はどちらが上?ぷらら光はフレッツ光と比べて速いの?遅いの?」
正直よくわかりませんよね。

今回は、フレッツ光とぷらら光で違う点や、転用した後の注意点をご紹介します。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

フレッツ光とぷらら光の3つの違い

NTT東西が運営するフレッツ光ではインターネットに接続するためにプロバイダ契約が必要です。
そのプロバイダ会社の1つにNTTのグループ企業である、NTTぷららがあります。

そのNTTぷららがフレッツ光の回線を借りてサービス提供しているのが、光コラボレーションであるぷらら光です。
同じ回線を使っているため、通信の品質は同等と言われています。

「フレッツ光と同じ回線を使っているならフレッツ光+プロバイダPlalaとぷらら光は一緒じゃないの?」と思う方もいるかと思いますが、大きく分けて3つの違いがあります。

光コラボは安くてお得!まずは料金シミュレーション

光コラボ料金シュミレーション

光コラボレーションならネット代、携帯代が安くなる!フレッツ光からの転用なら工事費不要!さらに高額キャッシュバックも!・・・詳しく見る

月額料金はフレッツ光よりぷらら光のほうが安い

フレッツ光はNTT東西と契約している各プロバイダの2社に料金を支払います。
一方でぷらら光はNTTぷららの1社にのみ料金を支払います。

<戸建ての場合>

光回線インターネット月額料金プロバイダ月額料金
(Plalaの場合)
合計月額料金
NTT東日本
フレッツ光
戸建て:5,700円
マンション:3,250円~4,250円
戸建て:1,200円
マンション:950円
戸建て:6,900円
マンション:4,450円~5,450円
NTT西日本
フレッツ光
戸建て:5,400円
マンション:3,200円~4,500円
戸建て:1,200円
マンション:950円
戸建て:6,600円
マンション4,400円~5,700円
ぷらら光
戸建て:4,800円
マンション:3,600円

※いずれも通信速度は最大1Gbpsのプラン
※割引前の月額基本料金の比較
フレッツ光のマンションタイプの料金は建物で見込める契約世帯によって料金が異なります。

ぷらら光の方が料金の仕組みがシンプルなことがわかりますね。

ご覧の通り、ぷらら光の方がフレッツ光よりも安いですが、大型のマンション(契約戸数が16以上見込める建物)にお住まいの場合は、キャンペーンなどによって、フレッツ光の方がぷらら光よりも安くなる場合もあります。

フレッツ光から無料で転用!

光コラボレーションがお得なポイント

  • ネット料金月額2,800円~!
  • 携帯代金最大2,000円割引!
  • フレッツ光からの転用なら工事費不要!
  • さらに高額キャッシュバックも!

ひかりTVとのセット割

ぷらら光ではインターネットと同時にひかりTVに申し込むことによって、セット割が適用できます。
セット割で月額600円割引、さらににねん割を適用することで合計割引額は月額1,600円です。

テレビをよく視聴する家族にはうれしいセット割ですね。

NTTぷららはひかりTVの提供元でもあるので、映像サービスに力を入れているのです。

【関連】ひかりTVを使いたい!料金プランとメリット!

ぷらら光の初期費用

ぷらら光を新規で申し込む場合、以下の初期費用が発生します。
フレッツ光で発生する初期費用と同額です。

<新規でぷらら光を申し込む初期費用>

  • 契約事務手数料・・・3,000円
  • ホームタイプ工事費・・・18,000円
  • マンションタイプ工事費・・・15,000円

マンションによっては前の入居者が光コンセントの取り付け工事をしていることもあるので、15,000円よりも安くなる場合もあります。

一方で、フレッツ光からぷらら光に転用する場合は無料です。

<フレッツ光からぷらら光に転用する場合の初期費用>

  • 工事費・・・0円
  • 事務手数料・・・0円
  • 転用手数料・・・0円
転用とは?

転用とはフレッツ光の回線設備はそのままに光コラボレーション回線へ乗り換えることです。
転用の場合、フレッツ光の解約金は発生しません

他の光コラボレーションだと、工事費は無料でも事務手数料の3,000円が発生するのが一般的なので、非常に良心的な価格設定でしょう。

次の記事ではぷらら光も含めた光コラボレーションへの転用方法やメリット・デメリットもまとめてあります。
併せて見てくださいね。

【関連】フレッツ光から光コラボへ転用はお得?メリット・デメリットを調査!

解約金にも大きな差が

回線名契約解除料金(解約金)
NTT東日本
フレッツ光
にねん割
戸建て:9,500円
マンション:1,500円
NTT西日本
フレッツ光
もっともっと割
戸建て:5,000円~30,000円
マンション:3,500円~10,500円
ぷらら光0円

フレッツ光をはじめとする、インターネット回線は基本的に自動更新の定期契約プランで契約することが多いです。
なぜなら、定期契約することで月額料金が安くなるためです。

そして、自動更新のプランにはもれなく契約解除料金(俗にいう解約金、違約金)が設定されています。

更新月に解約できれば、解約金はかかりませんが、2、3年に一度の期間でめぐってくる更新月はどうしても忘れがちです。

フレッツ光であっても数万円の解約金がかかるケースもあります。

しかし、ぷらら光には契約期間が設定されていません

期間に縛られることなくインターネットを楽しめる点はぷらら光の非常にすばらしいメリットですね。

光コラボは安くてお得!まずは料金シミュレーション

光コラボ料金シュミレーション

光コラボレーションならネット代、携帯代が安くなる!フレッツ光からの転用なら工事費不要!さらに高額キャッシュバックも!・・・詳しく見る

ぷらら光はキャッシュバックを実施中!

回線名キャッシュバック額
フレッツ光キャッシュバックなし
(法人名義のみ最大70,000円キャッシュバック)
ぷらら光新規:55,000円(インターネット+ひかりTVセットで申込み)
転用:30,000円(インターネット+ひかりTVセットで申込み)

フレッツ光と比べると、ぷらら光のキャッシュバックは非常に魅力的です。

ひかりTVをセットで契約すると、追加で20,000円もらえるため、もともとテレビを申し込む予定だった方は見逃せない内容になっています。

ぷらら光よりもおすすめ?携帯セット割がある光回線

料金もフレッツ光よりも安く、解約金もない、キャッシュバックも多い!・・・とぷらら光の魅力は伝わったでしょうか?

しかし、実はぷらら光よりも場合によってはおすすめな光回線があるんです。

それはズバリ、携帯とのセット割のある光回線です。

使っている携帯がdocomoの方はドコモ光、auの方はauひかり、SoftBankの方はソフトバンク光と各携帯会社とそろえることによって、携帯代が大きくおさえられます。

【スマホとのセット割引】

  • ドコモ光(ドコモ光パック)・・・主回線の料金から最大3,200円割引
  • auひかり(auスマートバリュー)・・・それぞれの携帯端末、1回線につき最大2,000円割引
  • ソフトバンク光(おうち割光セット)・・・それぞれの携帯端末、1回線につき最大1,000円割引

携帯料金から月額割引されるので、一家で同じ携帯キャリアを利用している場合、ぷらら光よりも断然お得に利用できます。

また、当サイトが案内している窓口から契約することで以下のキャッシュバックを受けることができます。

【オンライン窓口限定キャッシュバックキャンペーン】

どの回線もショップや公式サイトから申し込むよりもお得に契約できるので、気になった方はね。

ぷらら光に転用するときの注意点

フレッツ光からぷらら光への転用は無料でできることがわかりましたね。
しかし、ぷらら光にすることで起こることは良い事だけではありません。

もちろんぷらら光を満足して使っているユーザーもいますが、そうでない方もいるのが現状です。

ここからはフレッツ光からぷらら光に転用する前におさえておきたい注意点をご紹介します。

ひかりTVの解約金に注意!

先述の通り、ぷらら光のインターネット接続サービスでは最低利用期間は定められておらず、解約金は発生しません

しかし、ひかりTVのにねん割という割引サービスには2年間の最低利用期間が定められており2年以内での解約、もしくはにねん割適用外プランへ変更する際は、10,000円の違約金が発生します。

ぷらら光は違約金がかからないと思って解約したのに違約金がかかった!という声はよく耳にしますので、覚えておきましょうね。

ぷらら光に転用して速度が低下することがある

同じ回線を使っているならフレッツ光とぷらら光は同じ回線速度だよね!
と契約したものの、いざぷらら光にしたらフレッツ光のときよりも遅くなった!という方がいらっしゃいます。

回線変更後の回線速度はどうなるのかは正直わかりません。
しかし、同じ品質であるはずなのですから、納得はいきませんよね。

ぷらら光との相性が悪かったといってしまえばそれまででしょう・・・

こちらの方は速度が向上したようです。

フレッツ光に戻すには再契約が必要

もしも、ぷらら光からフレッツ光へと戻したい場合には簡単にはいきません

光コラボレーションからフレッツ光にするには再度新規契約が必要です。

新しく工事費がかかる他、光電話をいったんNTTのアナログ電話に変更しておかなければ、慣れ親しんでいる電話番号が違う電話番号へと変わってしまいます

忘れないでおきましょう。

まとめ

フレッツ光とぷらら光の違いや転用するときの注意点についてお伝えしました。

  • ぷらら光にすると料金が安くなる点
  • ぷらら光には解約金がない点
  • ぷらら光を契約するとキャッシュバックがある点

以上3点がフレッツ光とぷらら光の違いです。

ぷらら光はフレッツ光よりも安価で、ひかりTVとのセット割にも力を入れています。
安くはなりますが注意点を覚えておかなければ、損をしてしまうこともありますのでよく理解してから契約へ踏み切ることが重要です。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

固定回線のお悩み解消!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAX申込み人気No.1「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクになっています!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事