閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光とドコモ光の違いやサービス内容を徹底検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

NTTドコモが提供する「ドコモ光」は1年半ほど前にインターネットサービスを開始しました。

NTT東日本やNTT西日本とNTTドコモはどれもNTT関連会社ですが、オプションサービスやキャッシュバック、おトクな割引キャンペーンなどサービス内容が違います。

ここでは気になるフレッツ光とドコモ光の比較からサービスの内容、料金の違いを徹底的に検証していきたいと思います。

フレッツ光とドコモ光 どうちがうの?

フレッツ光もドコモ光もインターネットの通信サービスを提供している会社です。

もともとNTT東日本とNTT西日本がお客様に提供しているフレッツ光の光回線が、他社でも提供できるようになった関係で、「NTTから光回線事業者、光回線事業者からお客様」という卸売的な構図が可能になったのです。
下記のような構図になります。

いままで:NTT(フレッツ光)→お客様
これから:NTT(フレッツ光)→お客様
NTT(フレッツ光)→光回線事業者→お客様

このとき参入してきた一社が「NTTドコモ」です。

NTTドコモは、いままでスマホやガラケーの携帯電話会社でしたが、モバイルWiFiルーターでの無線インターネット通信は可能でした。
その後光回線の卸売りが可能になったことにより、NTTドコモが独自で設定した料金やサービスでお客様に光回線を提供できるようになりました。

光回線の品質は同じですが、このことにより、料金やサービスにフレッツ光とドコモ光の違いはあります。

では、この料金とサービスの違いを見ていきましょう。

ドコモ光のお得な「ドコモ光パック」

フレッツ光を利用している場合、光回線「フレッツ光」、プロバイダー「OCN」、スマホや携帯電話「ドコモ」と3種類の会社と契約する必要があったわけですが、ドコモ光はプロバイダー込みなので、光回線、スマホをドコモにまとめればドコモとの契約で済むので、支払いが簡素化されます。

さらに光回線とドコモのスマホを契約すると「ドコモ光セット割」のプランが適用され月々のスマホ料金が割り引きになります。

さらにスマホを使った年数により「ずっとドコモ割」が適用され、さらにスマホ料金が割引になります。

フレッツ光とドコモ光の料金の比較

一番気になるのが月々いくらかかるかですよね。

ではフレッツ光とドコモ光、どちらが月額利用料金はおトクになるのか見ていきましょう。

フレッツ光・ドコモ光 月額料金比較
 契約プラン フレッツ光 ドコモ光
一戸建て 5,400円※別途プロバイダー料金 5,200円
マンション 3,726円※別途プロバイダー料金 4,000円

フレッツ光の場合は別途プロバイダー料金が900円~2,000円ほど追加でかかってきますので、ドコモ光の方が月額料金が安いのが分かります。

さらにここから公式サイト、代理店サイトのキャンペーンの割り引きを利用すればさらに安く抑えることができます。

初期工事料が無料?

初期費用
回線
初期工事費
契約手数料
 フレッツ光  18,000円  800円
 ドコモ光  18,000円  3,000円

フレッツ光、ドコモ光とも初期工事費は同じで、契約手数料が少し違います。

両者とも、初期工事費が分割で払えますので、初回の出費を抑えられます。

また、工事費が無料になるキャンペーンや、工事費分のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行っているときもありますので、この時期を狙ってお得に回線を開通するのもいいかも知れません。

フレッツ光とドコモ光の通信速度の比較

フレッツ光 速度(下り) 速度(上り)
ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼 最大1Gbps 最大1Gbps
マンション・スーパーハイスピードタイプ隼 最大1Gbps 最大1Gbps
ファミリー・ハイスピード 最大1Gbps 最大200Mbps
マンション・ハイスピード 最大1Gbps 最大200Mbps

※その他、フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプもデータ送受信上り下り最大1Gbpsです。
※NTT東日本エリア、NTT西日本エリア等、場所によって多少の誤差があります。

ドコモ光 速度(下り) 速度(上り)
タイプA/タイプB 最大1Gbps 最大1Gbps

フレッツ光とドコモ光ではデータ上は速度にあまり変わりがないようです。
フレッツ光では集合住宅向けのマンションタイプと戸建て向けのファミリータイプ、それぞれプランによって速度が変わります。

フレッツ光と比較してドコモ光のメリットとは

月額料金にポイント利用できます

ポイントはフレッツ光、ドコモ光とも料金として利用できます。

NTT東日本、NTT西日本から直接請求が来ているフレッツ光のお客様は、1ポイント=1円で1ポイント単位で料金のお支払ができます。NTTドコモはご存じのように、ポイントに強く利用年数が長くなるほど基本料金からの還元率も高いのが特長。

どちらも本当にトクをするなら利用開始後は乗り換えたりせず長期契約にしましょう。ドコモならDCMX GOLD(dカードゴールド)を持つゴールドクラスになることをおすすめします。

10年以上ドコモと契約しておくとかなりおトク感が。しかし、それくらいでなければポイント還元率が低下するデメリットがあり、あまりおトク感が感じられないかもしれません。

フレッツ光からドコモ光への転用ができます

フレッツ光からドコモ光へ乗り換えなら工事費も違約金も必要なく乗り換えられます。

ただし、ドコモ光からフレッツ光への乗り換えはできないのでご注意ください。

一度ドコモ光へ転用してしまうとフレッツ光に戻すことはできません。

また料金起算月から2年間の最低利用期間内の解約は違約金が発生する場合がありますから、転用申し込み受付に関しては慎重に。利用状況や提供エリアの確認を事前にしておくとスムーズです。

フレッツ光とドコモ光のプロバイタを比較してみました

フレッツ光とドコモ光、一番の違いはプロバイダ数です。

フレッツ光 ドコモ光
プロバイダー契約可能会社 全国300社以上 Aタイプ19社
Bタイプ 7社

「ドコモ光パック」がおトクなのもプロバイダが限定されているから、と言えるかもしれません。

「NTTドコモ」がすすめているのは「ドコモnet」。プロバイダと光回線が一体化して安くできる、というお得なプロバイダです。

他には、ぷらら、so-netなどがAタイプ。OCNに関してはBタイプのみに限られています。

ドコモ光のプロバイダーに関してはこちらで詳しく見れます!
>>ドコモ光のプロバイダの選び方とチェックポイント

一方フレッツ光のプロバイダは全国300社以上で、NTT東日本/西日本のホームページには、お住まいの地域から選べるよう検索できるシステムになっています。お好きなプロバイダがある場合は、フレッツ光を選んだほうがよさそうです。

また、フレッツ光を選択した場合、OCN接続プランを契約すると「2年割」が適用され、月額料金から割り引かれます。注意点としては利用開始日は申し込み日(新規にフレッツ光をご利用になるお客さまはフレッツ光利用開始日)の翌月1日となります。

フレッツ光、ドコモ光のまとめ

NTT東日本/西日本のフレッツ光。NTTドコモが提供するドコモ光。

どちらもNTTが提供しているインターネット接続サービス、光回線を使用しているということがわかりました。

どちらを選ぶかはご家族構成や引越しなど生活スタイル、現在お使いの携帯電話の会社はどこか。

よりおトクに利用できるのはどちらかを考えてお選びいただくことになるでしょう。とくにNTTドコモの一体型「ドコモ光パック」やスマホ新機種同時購入の「光コラボ」、家族みんなドコモの携帯電話の場合おトクになる「シェアパック」を利用するとぐっと安くインターネットが楽しめます。割引サービスの実施についても確認してみると良いでしょう。

ただし、プロバイタで考えた場合は、20数社に限定されるドコモ光より300社以上から選べるフレッツ光の方が自由度が高いのではないでしょうか。詳細につきましてはNTT東日本、NTT西日本、NTTドコモ、それぞれのコールセンター、サポートセンターへ問い合わせてみてください。

フレッツ光から「ドコモ光」へ!スマホ料金とネット料金をまとめておトク!

さらに500以上の光回線プランの中から1番最適プランをご案内します!

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気の光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。
人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼人気窓口の限定キャンペーン

ソフトバンク光でおすすめの人気窓口はこちら!

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,967円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼人気窓口の限定キャンペーン

auひかりでおすすめの人気窓口はこちら!!

【注目】今ならキャンペーンで初月無料でスタート

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼人気窓口の限定キャンペーン

NURO光でおすすめの人気窓口はこちら!

【注目】初期工事費が実質無料!超高速2Gbps!

固定回線で悩んでいる方必見!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

おすすめ窓口BroadWiMAX

https://wimax-broad.jp/
webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

▼この窓口からのお申込みがおトク

関連記事