閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

月額もお得でキャッシュバックももらえる光回線まとめてみました!

家電量販店でパソコン購入時に、フレッツ光に加入するとお得?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【話題ニュース】月額やキャンペーンがとってもおトクな光回線をまとめました!

おトクな回線まとめ

光回線を申込むならとにかくキャンペーンは大事!乗換えの場合は違約金が負担されたり、キャッシュバックで実質月額料金を安くで利用できたり、携帯とセットで毎月の割引が受けられたり・・・続きを見る

結論から述べると、光コレボレーションの台頭により、フレッツ光加入時に得られる特典の現在の状況はかなり変わりつつあります。インターネットの契約は大きめの家電量販店なら専用窓口があり、その場で契約手続きを行うことが出来ます。多くの場合は家電量販店でパソコンを購入すると積極的に勧誘してきて辟易したという経験のある人は多いのではないでしょうか?

あれは家電量販店のスタッフでは無く、店舗内に営業窓口を開かせてもらっているインターネット事業社のスタッフです。そういった外部のスタッフは店舗側にロイヤリティを支払って場所の提供してもらっているわけなので、元手をとるためにも営業熱心です。営業所によってはノルマのようなものも存在しているところもあるのでしょう。このような家電量販店でのインターネット営業はNTTによるフレッツ光が多く見られました。

現在は光コレボレーションの台頭でフレッツ光のお得感が薄れています

2015年の2月に光コレボレーションが始まり、フレッツ光の回線を別の事業社が流用できる仕様になりました。光コラボレーションの大きな特徴は、既存のNTT光回線をそのまま他の事業社に卸売りすることにより、利用者はNTTのフレッツ光から他の事業社に乗り換えても工事の必要が無いことです。
そして光コラボレーションによってNTTから回線を借り受けてインターネット回線事業を行う事業者は、一定のロイヤリティをNTTに支払う、このような仕組みでNTTはフレッツ光の自社回線を他事業者に使わせても収入を得ることが出来るわけです。この光コラボレーションは事実上のインターネット光回線の自由化です。
光コラボレーションに参入した事業者は10を超え、ソフトバンクが母体となる【ソフトバンク光】やUSENブロードバンドが母体となる【U‐NEXT】などの大手も参入しています。事実上自由化したことによって料金やサービス内容の競争が激化しました。

一方、NTTのフレッツ光も現役で光回線事業は行っていますが、光コラボレーションによるサービス競争には一歩出遅れているという印象です。フレッツ光の代理店といえば以前は高額な現金キャッシュバックキャンペーンを年中無休で展開していましたが、光コラボレーション以降は他事業者のロイヤリティをメインの収入源にしているのか、フレッツ光のサービス内容自体は薄れてきているのが現状です。今でも記憶に新しい家電量販店でのフレッツ光の非常に強気なキャッシュバック攻勢は多くの加入者獲得に成功し、一定の成果を収めたといえます。
しかしその全盛期ともいえる時期が過ぎた2016年現在、光回線加入時の特典はかなり控えめになったと言わざるを得ません。

光コレボレーション以降、フレッツ光のキャッシュバックは沈静化

ここまでの解説のように、以前までなら家電量販店でパソコンを購入した場合、その場でフレッツ光に申し込む、もしくは乗り換えるのがとてもお得でした。しかし2016年現在では以前のようなキャッシュバックはほとんどやっておらず、フレッツ光に契約するよりは光コラボレーションで参入した事業者のほうがサービス面で充実しています。そのため光コラボレーションによる事業社のサービス内容を吟味し、キャッシュバックではなくサービス内容で選ぶのが主流となりつつあります。NTTはフレッツ光による事業を縮小し、新たに光コラボレーションによるサービスを展開していくように事業転換しました。

フレッツ光よりも光コラボの方が断然おトク!?

★大人気★500以上の光回線プランの中からお客様に合ったプランをご提案します!

NTT以外の光回線のお得度は?

日本で光ファイバーを利用した光回線は光コラボレーション以前でもNTTのフレッツ光だけではありませんでした。以前までは光回線といえばNTTのフレッツ光とKDDIの光回線の二強状態であり、事実上、この二社によるお客の獲得合戦という状態でした。そのため大手家電量販店のパソコンコーナー近くには光回線の契約窓口があることが多く、どちらかといえばフレッツ光の勧誘が多かったように思いますが、KDDIの勧誘も目立ちました。わずかながらシェアで優勢だったのはフレッツ光です。フレッツ光は長年にわたって日本の光回線のトップシェアを占めており、KDDIがそれを猛追する形でした。
そのためKDDIもフレッツ光に負けないくらいの手厚いキャッシュバックキャンペーンを展開していましたが、上記で解説したような光コラボレーションへの事業シフトによりフレッツ光の強気な顧客獲得活動は沈静化、これに伴いKDDIも競合相手の鎮静化で勢いを失い、かつてのような家電量販店での積極的な営業は目立たなくなりました。このような経緯は、そもそも2015年に至ってインターネット加入者の増加率は全体で頭打ち状態だった点が大きいと思われます。
以上のような経緯で2016年現在、家電量販店でのパソコン購入時、同時に光回線契約はNTTにしてもKDDIにしても大きなメリットは感じられないような状況です。

他の、光コラボレーション事業者の加入特典は?

光コラボレーションによるNTTの光回線の卸売り解禁によって光回線を扱う事業者が一気に増えました。そのため以前のフレッツ光とKDDIの競合時代ほどではないですが、現在でも家電量販店では契約窓口が設置され、パソコンの購入者に対して、光回線の勧誘は見られます。

キャッシュバック率が高い事業社を一つ上げるなら、【ソフトバンク光】です。ソフトバンク光は現在でも最大4万円キャッシュバックキャンペーンを頻繁に行っています。しかしこれはソフトバンクのスマホを同時に新規契約することが条件にある場合が多く、やはり以前のフレッツ光ほどの旨味は感じにくいです。光コラボレーションまでの流れは、通信事業社がインターネットの普及からスマホの普及にシフトしたという大きな時代の転換も影響していると思われます。
現在では以前のフレッツ光のオプション契約なしでキャッシュバックする非常に魅力的なキャッシュバックや各種特典が無くなってしまい、光回線の契約全般のシェア争いが沈静化したため、それに伴い他者の特典も総じて依然と比べると質素になってしまった印象です。これは電話や訪問販売での加入、インターネットからの申し込みも同じような状況といえます。まさに、2000年代初頭から10年以上続いたフレッツ光バブルともいうべき光回線申し込みでの高額なキャッシュバック時代は終焉を迎えたと考えるべきでしょう。

フレッツ光を契約すると無料でPCが貰える【新品PCプレゼント】の仕組み

NTT東日本・NTT西日本共に、フレッツ光を契約する際の特典で現金キャッシュバックに並んで人気を博したのが、契約すればパソコン1台(ノートPC、デスクトップPC)を無料でもらえるという【0円パソコン】、【PC無料キャンペーン】のキャンペーンです。家電量販店でフレッツ光を契約した場合、その店舗にNTTから販売奨励金が配布されます。キャンペーンによってはオプションとして、ひかり電話の契約も必要な場合があります。その販売奨励金で現金キャッシュバックをしたり、店舗から無料キャンペーンでパソコンを進呈したりするわけです。
これがフレッツ光を家電量販店で契約する際に得られる手厚い特典の仕組みであり、NTT直営の契約では得られないメリットです。

PCキャンペーンで気になるのは無料パソコンのスペックですが、現金キャッシュバックの場合はおよそ3万円程度であるため、無料パソコンも3万円+α程度の価格帯のパソコンと考えるべきでしょう。CPUインテル®Celeron®Dual等が例です。海外メーカーが多いですが、国産PCもキャンペーンによっては選択することができます。付属品としてDVDスーパーマルチドライブやメモリーカードが付く場合があります。ミドルスペックよりもやや下回る程度のスペックと考えるのが妥当です。搭載されているものを確認し、CPUの処理速度、メモリーやハードディスクの容量により速度も変わるため注意しましょう。

パソコンのスペックは進化が激しいため、3万円+αがどの程度なのかは実際に店頭に並んでいる商品を参照するのが一番ですが、特に国産メーカーは通常価格と比べるとお得だと感じられると思います。一昔前と比べるとパソコンの低価格化は進んでいるためミドルスペックを下回る程度でもネットブラウジングや動画、音楽再生などは問題無いでしょう。

音楽編集や画像編集、動画編集といったクリエイティブな用途ではややスペック不足は否めないと思われるため、自分の用途をよく検討して0円パソコンか現金キャッシュバックかを選択すると良いでしょう。フレッツ 光ネクストやフレッツ光ライト、フレッツ・光プレミアムでは1台分のセキュリティ対策ツールが無料で利用できます。乗り換えの場合は違約金の発生についても確認することをおすすめします。PC使用時のPC利用月額料金(インターネット料金)はお客様負担となります。無料パソコンキャンペーンと公式キャンペーンを併用できるのが嬉しいですよね。

フレッツ光よりも光コラボの方が断然おトク!?

★大人気★500以上の光回線プランの中からお客様に合ったプランをご提案します!

フレッツ光の初期設定とWi-Fi設定

契約し、開通工事後すぐにパソコンが使えるわけではありません。回線工事は工事業者で行いますが、プロバイダの選択、パソコンの配線、接続設定、無線LAN設定はお客様自身で行うこととなります。接続方法がわからなくて不安な方も大丈夫ですセットアップツールの中のCD-ROMから簡単に設定することが出来ます。店頭や家電量販店にいるインターネット販売業者では配線、設定も承っていますが、別途料金がかかります。

設定方法が不明な場合、フレッツ光公式サイト各種サポートサービスにてPDF形式の詳しい説明書やお問い合わせ先、最新情報など確認することができます。有料オプションとしてリモートサービスもご利用いただけます。

現在のKDDI、【auひかり】の状況は?

フレッツ光時代からのNTTの競合相手ともいえるKDDI。このKDDIは現在、【auひかり】という光回線事業を展開しています。フレッツ光時代から光回線のシェア争いをしていただけあってKDDIは光コラボレーションには参入していません。このためauひかりも当然、光コラボレーションでは無いため、フレッツ光から乗り換える場合はKDDI回線移行の工事が必要となります。光コラボレーションに非参入のKDDIは(立場上参入できない?)現在でもNTT、及び光コレボレーションの競合相手として光回線のシェア争いを続けています。

フレッツ光、及び光コラボレーションのキャッシュバックがイマイチなら競合相手のKDDI【auひかり】はどうか?実はKDDIの光回線契約は家電量販店での契約で、3万円のキャッシュバックを結構見かけます。しかし以前のフレッツ光バブル時と比べるとやはりキャンペーン実施は散発的であり、とりあえず家電量販店に行けば遭遇する、というのは確率的に厳しいかもしれません。

auひかりのキャッシュバック特典を得るならインターネットからの申し込みが狙い目

狙い撃ちでauひかりのキャッシュバックキャンペーンを得たいならインターネットサイトからの申し込みを随時チェックしてみるのがオススメです。どちらかといえば現在はインターネットからの申し込みに力を入れている傾向にあります。この理由は、KDDIはフレッツ光からの【乗り換え】によるお客の奪取をある程度意識していると思われます。【新規】では無く【乗り換え】のお客です。新規の申し込みならそれまでインターネットを使える環境に無かったことが考えられるため、インターネットからの申し込みは少ないです。しかし乗り換えならば今までNTTの回線でインターネットを使っている状態が考えられるため、インターネットからの申し込みを狙って、キャッシュバックキャンペーンを展開するのが理に叶っているわけです。現在KDDIは家電量販店での乗り換え特典よりも、インターネットからの特典を重視している傾向にあるのは以上のような理由が考えられます。

一つauひかりの欠点を挙げるなら、フレッツ光に比べて対象のエリアが狭いことです。特にマンションタイプのような集合住宅へのエリア対象はフレッツ光と比べるとかなり少ないと思われます。自身の住まいがau光のエリア対象で、インターネットの導入を検討しているならば、光コラボレーションよりも、KDDIの【auひかり】申し込みでキャッシュバックを狙ってみるのが賢い選択かもしれません。

スマホの台頭により、光回線加入でお得な特典が得られる時代は終焉を迎えました

2000年初頭頃から2015年の光コラボレーション開始までの期間は、NTTのフレッツ光がシェア獲得のためにかなり強気な新規加入キャッシュバックキャンペーンを展開していました。実際にこの間に家電量販店でパソコンを購入した人の中には手厚いキャッシュバックに魅力を感じ、フレッツ光に加入した人は非常に多いと思われます。それにより、インターネットを新規で申し込むと高額なキャッシュバックが貰えるという印象を持っている人も多いと思います。実際にこの頃はNTTのフレッツ光が上記のような強気なキャッシュバックを展開しており、それを追随する形で競合相手のKDDIも負けずに手厚い特典キャンペーンを展開していました。まさにフレッツ光バブルです。しかしそれはNTTの光コレボレーションによる事業転換によって終焉を迎えました。

光コラボレーションの始まりはスマホの台頭による、通信事業社の大がかりな事業転換の象徴といえます。現在はパソコンよりもスマホの普及が著しいのは誰の目にも明らかです。新社会人がスマホやタブレットPCしか触ったことが無く、パソコンの使い方の説明を受ける際、モニターにタッチしたという冗談みたいな話もあります。時代はパソコンからスマホに移行したとはいえ、どちらもインターネットの下地は必須です。そのためNTTもKDDIもインターネット事業自体は今後も注力すると思われます。それはつまり、インターネットの重要性は今後も極めて高い位置を占めるという見解の表れであり、インターネットは今度更に生活に密着していく時代が予想されます。つまり顧客獲得のために以前のキャッシュバック攻勢のような魅力的な特典でシェア獲得を目指すというスタイルは踏襲される可能性が高いです。

ユーザにとってはインターネット契約の際に発生する手厚い特典は大きなメリットです。今後もインターネットの契約の際は、いかに自分に適した特典が得らえるかを注目し、自分なりよく調べてみるべきです。

フレッツ光よりも光コラボの方が断然おトク!?

★大人気★500以上の光回線プランの中からお客様に合ったプランをご提案します!

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気の光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。
人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

3,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼今開催中のおすすめキャンペーン

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,967円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼今開催中のおすすめキャンペーン

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼今開催中のおすすめキャンペーン

固定回線で悩んでいる方必見!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

おすすめ窓口BroadWiMAX

https://wimax-broad.jp/
webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

▼今開催中のおすすめキャンペーン!

関連記事