閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光とOCN(プロバイダ) の組合せはやっぱりお得?

2015年2月に、NTT東日本/西日本のフレッツ光が「光コラボレーション」をスタートしました。

つまりフレッツ光の光回線を他社でも利用できるように卸売商品スタイルが可能になったというわけです。
そこでさまざまな会社がパソコンを利用するお客様に新インターネット接続サービスの提供をスタートして光回線マーケットを拡大。

大手のプロバイダ会社であるNTTコミュニケーション事業者のOCNプロバイダも参入し、「OCN光」が登場しました。

フレッツ光からOCNが光回線を借りて提供する方法です。
光回線を利用することで、インターネット回線だけでなく電話回線(ひかり電話)などの回線サービスも、プロバイダで契約できるようになりました。

このような新しいサービスや情報はたくさんありますが、このサイトでは光回線をNTT、プロバイダをOCNと別々に契約するベーシックで実績のある「OCN 光 with フレッツ」に注目します。
「OCN光」とどちらを選べばお得なのでしょうか。

OCNは個人向けサービスの他にも、法人向けOCN回線のサービスも提供していますが、特に個人契約向けのサービスについて詳しく説明していきたいと思います。

今回詳しくは説明しませんが、OCNでは、フレッツ光ギガラインタイプ・ギガスマートタイプ対応の固定IPアドレスサービスも行っており、法人向けサービスも充実しています。

【人気】フレッツ光の毎月の月額料金イメージがわかる!フレッツ光診断シミュレーション

OCN 光 with フレッツとは

「OCN 光 with フレッツ」に新規加入するとは、簡単にいうと、

お客様→OCN→NTT

つまり
「プロバイダのOCNさん、プロバイダーはあなたにします。でも回線はNTT東日本/西日本のフレッツ光にしますので、OCN側でそのようにNTTさんに申し込んでおいてくださいね」ということ。

プロバイダ契約お客様とOCN
光回線(フレッツ光)契約お客様とNTT東日本/西日本

ということになりますね。

これは新規契約のお客様に限ります。光回線が別会社の場合はご契約はできません。
光回線でパソコンを始めたいというときは、セットになっているこのタイプならあれこれ悩まずに済むというメリットがあります。

【特報!】フレッツ光×プロバイダOCNより、SoftBank 光へ乗り換えた方が断然おトク!

フレッツ光をお使いならSoftBank 光への乗換えがおトク!

SoftBank光ならプロバイダ込み月額2,800円~でスタート!しかもフレッツ光の回線をそのまま使用するから工事不要!今ならキャンペーンで、他回線違約金を満額負担&24,000分の商品券をプレゼント!さらに人気窓口なら最大60,000円キャッシュバック!・・・詳しく見る

よく似た名前のOCN光とは

「OCN光」はフレッツ光のような光回線の名前です。これは「OCN 光 with フレッツ」とはまったく違う回線サービス、と考えておいてよいでしょう。

NTT東日本/西日本のフレッツ光が、他社に光回線を卸売りするフレッツ光の「光コラボレーション」が始まって、携帯電話会社が参入して「ドコモ光」「auひかり」「ソフトバンク光」が登場したように、プロバイダ会社だったNTTコミュニケーションズが参入して「OCN光」が登場しました。

つまり「OCN」が「NTT」の回線をレンタルして、その回線にプロバイダサービスをセットにしてお客様に提供するOCNのオリジナル商品、ということになります。

OCN 光 with フレッツへのお申し込み

基本的にNTTコミュニケーションズとNTT東日本・NTT西日本、別々に申し込むことになるのですが、NTTコミュニケーションズに申し込めば、NTT東日本・NTT西日本に取り次ぎも可能です。

OCN 光 with フレッツの接続条件

NTT東日本/西日本のホームページにアクセスすると回線提供エリア情報がわかるため、自分で確認することができます。
お住まいのエリアが提供可能であるなら、次に設備状況や建物構内の配線方式の確認が必要ですが、その点については、お申し込み時に担当者にお問い合わせください。

インターネット接続環境(パソコン動作、ルータなど接続機器の能力、LANケーブルの規格ほか、伝送方式や電波の影響などさまざまな確認事項)がクリアになれば、初期工事日予約となります。

フレッツ光の対象エリアかどうかを確認してみましょう。

西日本の場合こちら
東日本の場合こちら

上記のページにアクセスして、エリア確認フォーム(ページ下部)を使って、お住まいの地域の郵便番号を入力して検索すると、確認することができます。
また専門コンサルタントのいる窓口なので、いろんな回線プランの中から選んでくれるようです。

OCN 光 with フレッツの各種プラン

ではどのようなOCN接続プランが選べるのでしょうか。また月額料金はNTT東日本とNTT西日本では差があるのでしょうか。

NTT東日本

戸建て向けファミリータイプ

タイプOCN月額基本料金フレッツ光(利用料)合計
フレッツ 光ネクスト
ギガファミリー・スマートタイプ
1,100円5,000円6,100円
フレッツ 光ネクスト
ファミリー・ハイスピードタイプ
1,100円4,500円5,600円

集合住宅向マンションタイプ

タイププランOCN月額基本料金フレッツ光(利用料)合計
フレッツ光ネクスト
ギガマンション・スマートタイプ
プラン2900円3,250円4,150円
プラン1900円3,650円4,550円
ミニ650円4,250円4,900円
フレッツ光ネクスト
マンション・ハイスピードタイプ
プラン2900円2,750円3,650円
プラン1900円3,150円4,050円
ミニ650円3,750円4,400円

NTT西日本

戸建て向ファミリータイプ

タイプOCN月額基本料金フレッツ光(利用料)合計
フレッツ 光ネクスト
ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼
1,100円4,300円5,400円

集合住宅向マンションタイプ

タイププランOCN月額基本料金フレッツ光(利用料)合計
フレッツ光ネクスト
マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼
プラン2810円2,850円3,660円
プラン1810円3,250円4,060円
ミニ810円3,950円4,760円

(料金表示は、特に断りがない限り消費税抜き価格で記載しています。)
戸建て向ファミリータイプに関しては、NTT東日本の方が少し高いですね。
一方集合住宅マンションタイプはNTT西日本が少し高い印象になっています。

※表は目安です。お住まいの地域により、対応プランやキャンペーンが変わりますので詳細はOCN 光 with フレッツ 料金シミュレーション・お申し込みhttp://service.ocn.ne.jp/hikari/wflets/charge/#で確認するとわかりやすいです。

フレッツ光ネクストスーパーハイスピードタイプ隼(NTT西日本)・フレッツ光ネクストギガファミリー/マンションタイプ・スマートタイプは定額料金プランサービスです。

最大通信速度1Gbps(1000Mbps)の高速インターネットの利用が可能で、通信料も定額制なので通信利用量を気にせずインターネットを楽しめるお得なプランとなっています。

【特報!】フレッツ光×プロバイダOCNより、SoftBank 光へ乗り換えた方が断然おトク!

フレッツ光をお使いならSoftBank 光への乗換えがおトク!

SoftBank光ならプロバイダ込み月額2,800円~でスタート!しかもフレッツ光の回線をそのまま使用するから工事不要!今ならキャンペーンで、他回線違約金を満額負担&24,000分の商品券をプレゼント!さらに人気窓口なら最大60,000円キャッシュバック!・・・詳しく見る

OCN 光 with フレッツの初期費用について

初期費用として必要なのは、フレッツ光を開通させるための「工事費」と「契約料」となります。初期工事費用の合計は税抜きで15,800円です。

内訳としては、

初期工事費用 15,000円
※屋内配線工事がない場合は7,600円となります。
※工事の日程を土・日・祝と指定した場合は+3,000円となります。
※なお、一括払い・分割払いが選べます。
一括払い= 15,000円
分割払い= 初回3,000円+(月400円 × 30回)=15,000円
契約料 800円
(料金表示は、特に断りがない限り消費税抜き価格で記載しています。)

【特報!】フレッツ光×プロバイダOCNより、SoftBank 光へ乗り換えた方が断然おトク!

フレッツ光をお使いならSoftBank 光への乗換えがおトク!

SoftBank光ならプロバイダ込み月額2,800円~でスタート!しかもフレッツ光の回線をそのまま使用するから工事不要!今ならキャンペーンで、他回線違約金を満額負担&24,000分の商品券をプレゼント!さらに人気窓口なら最大60,000円キャッシュバック!・・・詳しく見る

OCN with フレッツの接続方法

まずは、フレッツ光の初期工事が完了して開通していることが前提となります。

また、NTT東日本・NTT西日本の「インターネット(IPv6 PPPoE)接続機能」に対応した機器をご準備ください。
専用ルータになります。大型電気量販店でも購入できますが、レンタルも可能です。

使い方など事前にNTT東日本/西日本、またはNTTコミュニケーションズにご確認ください。

NTTコミュニケーションズから届いている「IPv6アドレス」をご用意ください。
まずはじめに「フレッツ光」回線が開通していることをご確認ください。

パソコン上にて対応機器の接続/設定を行い、正しく通信できているかご確認ください。

※IPv6インターネット接続に必要な情報は、[OCN会員登録証]もしくは[お申込内容のご案内]に記載。

 OCN 光 with フレッツからOCN光への転用する場合

これまで、光回線をNTT東日本/西日本と契約プロバイダをNTTコミュニケーションズと契約して「OCN 光 with フレッツ」を利用していたお客様がNTTコミュニケーションの「OCN光」にすると

光回線をNTTコミュニケーションズと契約
プロバイダもNTTコミュニケーションズと契約

することができるので転用するとOCNサービスで一本化、シンプルなシステムで利用できるというメリットがあります。
ただお客様サイドから見れば、光回線の名前が「フレッツ光」から「OCN光」に変わりましたということにすぎません。
転用手続きは簡単で同じ回線なので新たな開通工事などの必要もありません。

また、ひかり電話や固定電話の番号はほとんどの場合、そのまま引き継いで転用が可能です。(番号の引き継ぎはできない場合もありますので、詳しくはNTT東西でご確認ください。)

転用方法は簡単で、NTT東西(フレッツ光)から転用承諾番号を受取り、OCN光の申し込みをするだけです。

転用後は料金は安くなるのでしょうか?

それでは転用がおすすめかどうか、月額利用料金を料金一覧表で比較してみましょう。
ここではキャンペーン割引のメリット・デメリットを考えず、シンプルにパソコンでインターネット生活をするお客様を想定してみます。

OCN 光 with フレッツを利用している時

NTT
コミュニケーションズ
「OCN 光 with フレッツ」 基本料
光ネクスト
マンション・ハイスピードタイプ (プラン1)
950円
NTT東日本フレッツ光利用料(NマンションH1)3,250円
合計4,200円(税抜き)

OCN光に転用後

NTTコミュニケーションズOCN光 マンション4,700円
合計4,700円(税抜き)

割引キャンペーンなどを一切付けなかった場合のシンプルな月額費用比較ですが、この場合は転用した方が逆に高くなってしまいました。
転用してインターネット料金を安くするためには、いろんな割引サービスを上手に組み合わせることがポイントになります。

割引キャンペーンの中には、OCN光サービスとセットでOCNモバイルONEの契約をすることで、1契約あたり毎月200円割引が受けられる【OCN光モバイル割】といったキャンペーンなどがあります。

OCNモバイルONEでは、格安SIMのサービスも行っており、光回線利用者は、大変お得になります。
このように、OCNの他のサービスをセットで契約することで、インターネットサービス以外もお得に利用できる場合があります。

転用の際の注意事項として、フレッツ光の最低利用期間(最低契約期間)の確認を必ず行い、解約の際に解約違約金が発生しないかを確かめましょう。
最低利用期間とは、料金起算月から解約月までの期間のことを指します。

料金起算月は利用開始日を含む月です。利用開始日は、フレッツ光が開通した日となります。

特に、自動更新型割引を利用の際は、契約更新月の確認もしておきましょう。
自動更新により契約が延長されているとフレッツ光を長期間利用していても、割引適用期間内にを解約する場合、解約金がかかるため注意が必要です。

【特報!】フレッツ光×プロバイダOCNより、SoftBank 光へ乗り換えた方が断然おトク!

フレッツ光をお使いならSoftBank 光への乗換えがおトク!

SoftBank光ならプロバイダ込み月額2,800円~でスタート!しかもフレッツ光の回線をそのまま使用するから工事不要!今ならキャンペーンで、他回線違約金を満額負担&24,000分の商品券をプレゼント!さらに人気窓口なら最大60,000円キャッシュバック!・・・詳しく見る

光回線をフレッツ光、プロバイダをOCNにした場合のお得なサービスとは

現在、フレッツ光、NTTの回線を転用する光コラボレーションの契約での高額キャッシュバックや最新ゲーム機プレゼントなどの豪華キャンペーンは激減しました。
これは、恐らくNTTの回線(光コラボ含む)の加入者が飽和し、これ以上NTT回線への流入者が増加しないため打ち切られたものと思われます。

一方で法人限定でキャッシュバックなどのキャンペーンを行っている代理店もありますが、個人向けに高額なキャッシュバックはなかなか行っていないと見ていいでしょう。

OCN 光 with フレッツからOCN光へ転用したお客様の口コミや評判

フレッツ光とOCN光。アクセス回線は基本的には同じものですが、ネット上の口コミを見る限り、「OCN光」の回線速度に対するクレームが多い気がします。
回線とプロバイダが一体化して、割引キャンペーンなども利用して安く設定できたものの、さて、インターネットを開始すると通信速度に問題があった、という方が少なからずいらっしゃいます。

ただ、接続スピードが遅くなった理由がインターネット回線のせいなのか、その方々がお住まいの建物の問題なのか、接続機器の問題なのかはひとりひとり違うと思いますので、何が原因かを特定するのは困難です。

そこでカスタマーセンターへの相談が必要となります。違約金の問題もあるため、回線速度を上げるためにフレッツ光へ簡単に戻すことはできないので、ご注意を。一方、「OCN 光 with フレッツ」の評判は、「通信速度は快適」「問題ない」という声が多いので、やはりNTTの光回線フレッツ光と契約しておけば速度は安定しているような気がしますね。

転用をお考えのお客様は、利用者の口コミなどを参考にご検討されてはいかがでしょうか。

まとめ

インターネットを始めるとき、光回線を選ぶならやっぱり速度やサービスに安定性のあるNTT東日本/NTT西日本のフレッツ光、プロバイダは使いやすいNTTコミュニケーションズのOCN、がよさそうですね。
このふたつが一緒になったオーソドックスな「OCN 光 with フレッツ」を選んでおけば、快適な速度でネットライフを楽しめるのではないでしょうか。

転用するなら「OCN光」に手続きすることは簡単ですが、「OCN 光 with フレッツ」とはまったく性質の違うものですから、申し込みのときはしっかり確認してください。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

固定回線のお悩み解消!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAX申込み人気No.1「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクになっています!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る