閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする
更新

【回線別】プロバイダーの乗り換え方法│事前に知っておきたい4つの注意点

プロバイダ 乗り換え

インターネットプロバイダによって、利用できるサービスやキャンペーン・通信速度(回線の混雑具合)も変わります。

インターネット回線に不満がある場合、インターネット回線自体の変更は工事が必要となりますが、プロバイダの変更だけなら工事は不要で、手間もかかりません。

この記事では、回線別にプロバイダの乗り換え方法と注意点を紹介しますので、ぜひご活用ください。

プロバイダを乗り換える場合に注意すべき点5つ

インターネットプロバイダの乗り換え前に、次の注意点を必ずチェックしておきましょう。

  • プロバイダの利用料金が変わる
  • 回線速度が変わる
  • プロバイダメールアドレスが使えなくなる
  • 050で始まるIP電話が使えなくなる
  • プロバイダオプションの解約を忘れない

それぞれ詳しくチェックしていきましょう。

プロバイダ乗り換えの注意点1:プロバイダの利用料が変わる

プロバイダ料金が別途請求されるNTTのフレッツ光やプロバイダによって料金プランが変わるドコモ光を利用しているときは、プロバイダを変更することで毎月のインターネット料金が変わります。

プロバイダを変更して月々のインターネット料金がリーズナブルになるのは良いのですが、選択するプロバイダによっては毎月の負担が割高になることもあります。

かならず料金シミュレーションをして、プロバイダ変更後の料金を把握しておきましょう。

プロバイダ乗り換えの注意点2:回線速度が変わる

プロバイダによってはIPv6が利用できるv6プラスなどの接続方法を提供していることがあり、通信速度の大幅な改善につながることもあります。

新しくプロバイダを契約する場合は、IPv6接続やv6プラス接続が利用できるプロバイダの契約がオススメです。

プロバイダ乗り換えの注意点3:メールアドレスは変更するか別途契約が必要になる

大抵のプロバイダでは、自社ドメインでメールアドレスを提供しています。

プロバイダを変更すると、プロバイダが提供するメールアドレスは使えなくなりますので、仕事やプライベートでプロバイダ提供のメールアドレスを使っている人は困ってしまいますよね。

プロバイダを変更する前にメールアドレスを他のドメインに変更するか、プロバイダ解約後もメールアドレスが利用できるように別途契約する必要があります。

なお、メールアドレスのみの別途契約は月額200円程度です。

プロバイダ業者によっては、メールアドレスのみの契約ができないこともありますので、かならずプロバイダ解約前にチェックしてください。

プロバイダ乗り換えの注意点4:プロバイダを乗り換えると050で始まるIP電話は利用できなくなる

プロバイダが提供した050で始まるIP電話番号を使用している場合は、プロバイダを解約すると利用できなくなってしまいます。

メールアドレスのように、別途契約で解約後も使用できるようにするということはできませんのでご注意ください。

プロバイダ乗り換えの注意点5:プロバイダオプションの解約を忘れない

インターネットプロバイダによっては、プロバイダ自体の解約はできても、別途プロバイダオプションの解約をしなければオプション料金が発生し続ける場合があります。

プロバイダを乗り換える際は、利用していたプロバイダのオプション解約も忘れないよう気を付けましょう。

プロバイダの乗り換え手順(乗換方法)

インターネットプロバイダの乗り換え手続きは、次の2ステップです。

  1. 乗り換え先のプロバイダに新規申し込みを行う
  2. 乗り換え先のプロバイダの利用開始日が決まったら、利用開始日に合わせて利用中のプロバイダを解約

プロバイダから提供されている機器の返却方法について案内されますので、指定された方法で期日までに返却すればOKです。

プロバイダ変更費用が発生する場合もある

プロバイダによっては最低利用期間が決められており、最低利用期間内に解約すると違約金を請求されることがあります。

また、利用期間に関わらず変更手数料(解約手数料)が請求されることもあります。

プロバイダを変更しようか迷っているときは、まずは現在利用中のプロバイダのカスタマーサービスに電話をかけ、解約時の手数料と手数料発生条件について問い合わせしましょう。

プロバイダの乗り換えをする場合は設定変更が必要

プロバイダを変更すると、新たに契約したプロバイダからインターネット接続機器が送付されます。

同封されている説明書に沿って機器を取り換え、パソコンで接続設定も済ませてください。

プロバイダの乗り換え時は工事は必要ない

プロバイダの乗り換えは、工事不要で実施できます。

工事不要ですから立ち会いも不要ですので、忙しい方も気軽にプロバイダを変更できますね。

プロバイダ乗り換えがオススメなタイミング

プロバイダによっては最低利用期間が決まっていることがありますから、解約金が発生しないタイミングで乗り換えることをオススメします。

また、乗り換え先のプロバイダでお得なキャンペーンを実施しているときも、プロバイダ変更のベストタイミングです。

タイミングを見極めて、賢く乗り換え手続きをしてくださいね。

【インターネット回線別】オススメプロバイダと乗り換え方法

プロバイダによっては、さまざまなキャンペーンと提供しています。

プロバイダの乗り換え時は、お得なキャンペーンを比較して乗り換え先を選んでくださいね。

各プロバイダで実施しているキャッシュバックサービスとキャンペーンは以下のとおりです。

キャッシュバック
キャンペーン
auonenet
So-net
戸建てタイプ
最大76,300円還元or50,000円キャッシュバック
マンションタイプ
最大63,600円還元or30,000円キャッシュバック
戸建てタイプ
3年間3,500円で利用可能
マンションタイプ
2年間2,400円で利用可能
ASAHIネット
戸建てタイプ
49,000円割引
マンションタイプ
30,000円割引
@nifty
戸建てタイプ
55,060円割引
マンションタイプ
54,000円割引
BIGLOBE
最大50,000円キャッシュバック
戸建てタイプ
60ヵ月目まで月額625~825円の割引
マンションタイプ
24ヵ月目まで2,200円が割引され、総額では52,800円が割引
DTI
最大38,000円キャッシュバック
@TCOM

それでは、回線別にオススメのプロバイダ乗り換え先をご紹介します。

フレッツ光のプロバイダ変更方法

フレッツ光のプロバイダを変更したいときは、まずは乗り換え先のプロバイダに連絡して契約を申し込みましょう。

その後、現在利用中のプロバイダの会員ページから解約手続きを実施してください。

新規契約したプロバイダから送付されるIDとパスワードを使って、プロバイダ変更日以降に設定変更すれば乗り換え完了です。

フレッツ光のオススメプロバイダはBB.excite・Ocn・So-net・ASAHIネット

フレッツ光ではプロバイダ料金は別途請求されますので、月額料金がリーズナブルなプロバイダがお得です。

BB.exciteは戸建てでもマンションでも月額500円(フレッツ光の提携プロバイダ中、最安値)で使えますので、インターネット料金をもっともお得にできるプロバイダです。

料金にこだわる方は、BB.exciteを選びましょう。

また、人気があるということは、信頼性があるということです。

フレッツ光の提携プロバイダの中ではASAHIネット・OCN・So-netが人気を博しています。

以下の記事ではフレッツ光のオススメプロバイダについて紹介していますので、併せてご参考ください。

ドコモ光のプロバイダ変更方法

ドコモ光のプロバイダ変更手続きは、ドコモ光に電話またはドコモショップに変更を申し入れればOKです。

<ドコモ光のプロバイダ変更申込窓口>
局番なしの151
もしくは0120-800-000
9:00~20:00(年中無休)

ただし、単独プランからタイプA・タイプBのプロバイダに変更する場合以外、事務手数料として税抜き3,000円が請求されます。

ドコモ光のオススメプロバイダは速度が速くお得なGMOとくとくBB

ドコモ光 タイプAのプロバイダの中でも、v6プラスが無料で利用できるGMOとくとくBBがオススメです。

高速通信も期待できますので、速度に不満をお持ちの方も、ぜひ申し込みましょう。

auひかりのプロバイダ乗り換え手続き方法

auひかりでは、プロバイダだけを変更することは不可能です。

プロバイダをどうしても変更したい方は、auひかり自体を解約し、再契約する必要があります。

ソフトバンク光はプロバイダが1社のみのため変更できない

ソフトバンク光で利用できるプロバイダはYahoo!BBのみです。

そのため、プロバイダ変更は不可能です。

まとめ

プロバイダを変更することで、料金の高さや速度が改善されたりお得なキャンペーンの適用を受けることができます。

しかし、手数料や解約金が発生したり、速度低下が発生するリスクも考えられます。

速度に問題があるときや、プロバイダのお得なキャンペーンを見つけたときのみ、プロバイダ変更してみることをオススメします。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる?おすすめ光回線3選

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光などさまざまな光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)をさまざまな事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社さまざまなキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べばよいかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
わたしのネットであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション ホワイト光電話光テレビセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光のWeb申込・相談窓口

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

auひかり

auひかり

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

実質2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりのWeb申込・相談窓口

【注目】最大147,500円大幅還元!

ドコモ光

2位

ずっとドコモ割プラスで毎月最大2,500円割引!

月額料金

4,000円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービスひかりTVセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ドコモ光のWeb申込・相談窓口

dポイント最大10,000円相当プレゼント

固定回線は工事がめんどくさい!モバイルルーターで解決

光回線とモバイルルーターで迷いませんか?

もちろんモバイルルーターが欲しくて選ぶ方もいると思いますが、利用したい光回線がエリア外であったり、住んでいるマンションでそもそも使える光回線が決められているなど、希望に沿わない理由もあると思います。

また固定回線の利用を迷う方の理由を聞くと・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

以上のことがデメリットで、光回線に申し込みができない・乗り換えできない方もいます。

そんな光回線の申込みへ不満を抱えた方の代替え案として、「家でも、外でも、高速インターネットが楽しめ、面倒なインターネット開通工事や手続きが必要がない「モバイル回線」が人気です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターはサイズも手のひらサイズのコンパクトで、持ち運びもラクラク!

さらに、通常の固定回線と違って専用の端末を持つだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!

また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないも嬉しいでよね!

おすすめはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器のサービスです。

Broad WiMAXの人気のヒミツは、魅力的なのは毎月2762円(税抜)と業界最安級の月額料金!

さらに一般的なモバイルWiFiルーターは月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できます。

無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度758Mbpsで、フレッツ光などの固定回線と速度を比較しても、ほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級の月額!

WiMAX業界でも最安級の月額料金の設定で、WiMAXを上手に活用できれば、月額のスマホ代を節約できたり、プランによっては容量を気にせずネットを使えます!

固定回線で迷っている方は、WiMAXルーターを利用するのも1つの手段ですね!

WiMAXでおすすめは「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みでおトク!
多くの方に選ばれている「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクです!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

この記事を読んだ方にオススメの編集部イチオシ記事

よろしければ記事に関するご感想をお聞かせください。
※いつもたくさんのご意見・ご感想をお寄せいただきありがとうございます。他の方のご参考になる内容の場合、記事上に掲載させていただく場合がございますので予めご了承ください。(個人が特定されるお名前はなるべくお控えください。ニックネームでも可能です。)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)