閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

月額もお得でキャッシュバックももらえる光回線まとめてみました!

フレッツ光一戸建て住宅向けプランのファミリータイプとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
708

【話題ニュース】月額やキャンペーンがとってもおトクな光回線をまとめました!

おトクな回線まとめ

光回線を申込むならとにかくキャンペーンは大事!乗換えの場合は違約金が負担されたり、キャッシュバックで実質月額料金を安くで利用できたり、携帯とセットで毎月の割引が受けられたり・・・続きを見る

フレッツ光とはNTTが提供しているインターネット接続のためのサービスです。
NTTのフレッツ光には、家庭で利用するような個人向けサービスコースと店舗・事業者向けのビジネス向けサービスコースがあります。
NTTフレッツ光の個人向けサービスには、【ファミリータイプ】や【マンションタイプ】といったプランがあり、プランよって月額料金が変化します。
フレッツ光のプランは住まいの状況や利用環境、つまり場所や建物の種類によって決まります。
本ページではフレッツ光でインターネット利用契約をする場合のプランの解説、特にフレッツ光のプランの一つである【ファミリータイプ】について詳しく解説します。

覚えておきたい、Bフレッツとフレッツ光ネクストの違い

フレッツ光が最も初期の段階で提供していたインターネット接続サービスが【Bフレッツ】であり、その後に登場した【フレッツ光ネクスト】です。フレッツ光とはこれらのサービスの総称です。
2000年代初め頃にフレッツ光を契約してそのまま使い続けている人は未だにBフレッツである可能性はあります。

Bフレッツは単純にインターネットを接続するためのプランですが、後発のフレッツ光ネクストはNGN網という電話の公衆回線網も含めてネットワーク化したもので、電話回線、テレビ回線、インターネット回線をひとまとめにしたものです。
あくまでインターネット接続のみならばBフレッツのままで問題ありませんが、NTTが提供する【ひかり電話】や【ひかりTV】のオプションサービスを利用する場合はフレッツ光ネクストにプランを変更する必要があります。

Bフレッツ(ファミリー100タイプ、マンションタイプ、ビジネスタイプ、ベーシックタイプ)は2017年11月30日をもってサービスを終了することが発表されました。それに伴い、Bフレッツの新規契約は終了しています。
NTTはBフレッツからフレッツ光ネクストへの完全移行(品目変更)を進めており、光ネクスト対応回線のエリアでまだBフレッツをご利用の方に対して、光ネクストへのコース変更を呼びかけています。利用中の加入電話の電話番号がひかり電話でもそのまま利用可能であったり、移行に必要な工事費が0円(料金サービス)になったりと、品種変更にかかる手間や費用の負担は大変軽くなっています。移行の手続きは、NTT東西のホームページで申し込みが可能です。

現在の利用回線接続サービスをご確認して頂き、Bフレッツをご利用の方は、Bフレッツのサービス提供終了までに後継サービスであるフレッツ光ネクストなどへの移行を済ませましょう。

フレッツ光のプランの種類

フレッツ光には本稿で言及する一戸建て住宅向けの【ファミリータイプ】と、マンションやアパートなど集合住宅向けの【マンションタイプ】の2種類のインターネット接続プランに大別されます。集合住宅以外の一戸建てに住んでいる場合には、もし一人暮らしだとしてもファミリータイプのプランに該当します。
ちなみにマンションタイプのほうはさらに【プラン1】、【プラン2】、【ミニ】といったように3種類にプランが細分化されます。
マンションタイプのプラン1とは大規模の集合住宅、プラン2は中規模の集合住宅、ミニは小規模の集合住宅になり、集合住宅の規模に応じて自動的に選別されます。
このプラン1、2とミニで料金が変わります。
現在契約中で、自分がどのプランなのか確認したい場合はNTTに問い合わせる必要があります。
まとめると、フレッツ光のプランは一戸建てなら【ファミリータイプ】、マンションやアパートなら【マンションタイプ】となり、マンションタイプはさらにプラン1、プラン2、ミニ、と細分化されます。

一戸建ての場合は自動的にファミリータイプ

上記の解説でおわかり頂けるように、一戸建ての場合は自動的に【ファミリータイプ】となり、ファミリータイプはマンションタイプと比べると料金はやや割高になります。
しかし接続工事は野外の電線を家屋に引き込むだけで済むため比較的容易であり、ほぼ例外なく最新のギガ回線を利用することができます。
一方、マンションタイプの場合は場所によっては古い回線しか選べない場合があります。

フレッツ光のお悩みごとをすぐに解決!

フレッツ光やその他光回線について、わからない事があれば私たちプロがサポートいたします!

NTT東西で違う月額料金

フレッツ光を提供するNTTは、NTT東日本とNTT西日本で事業社が異なります。インフラ事業はその提供エリアによってコストなどが変わってくるため全国規模でサービスを展開するNTTもNTT東日本エリアとNTT西日本エリアで事業所を分ける必要があるようです。
利用する側が関係する一番のポイントは料金です。つまり同じフレッツ光でもNTT東日本と契約するのとNTT西日本で契約するのではNTT月額利用料金が異なります。

NTT東日本のフレッツ光の料金

NTT東日本では、現在(2016月9月)下記のファミリータイプのサービス提供が行っています。

  • フレッツ光ネクストファミリー・ギガラインタイプ
  • フレッツ光ネクストファミリー・ハイスピードタイプ
  • フレッツ光ネクストファミリータイプ
  • フレッツ光ネクストギガファミリー・スマートタイプ
  • 光ライト
  • 光ライトプラス

【月額利用料比較表】

料金プラン 光ネクストファミリー・ギガラインタイプ 光ネクスト
ファミリー・ハイスピードタイプ
光ネクストファミリータイプ 光ネクスト
ギガファミリー・スマートタイプ
光ライト 光ライトプラス
月額基本料金 5400円 5200円 5200円 5700円 2800円(200MB)~5800円(1200MB) 3800円(3000MB)~5500円(10000MB)
料金サービス形態 定額プラン 定額プラン 定額プラン 定額プラン 2段階定額プラン 2段階定額プラン
最大通信速度 1Gbps
(1000Mbps)
200Mbps 100Mbps 1Gbps
(1000Mbps)
100Mbps 100Mbps
Wi-Fiルータ提供の有無 無し 無し 無し 有り 無し 無し

料金一覧表の月額基本料金は、各種割引適用前の料金です。
表示金額は、特に断りが無い限り税抜きとなっております。
上記の月額基本料金の他に、プロバイダサービス月額利用料や工事費が別途かかります。
通信速度は、回線終端装置や回線の混雑状況などによって変化します。

光ネクストギガファミリー・スマートタイプは、唯一Wi-Fiルータ(ホームゲートウェイ)のレンタルサービスがついているプランとなっています。インターネットの接続に、必要な接続機器をレンタルできるのでコースサービス開始日から、簡単にインターネットを楽しむことができます。(ギガマンション・スマートタイプもあり、マンションタイプの方でも、Wi-Fiルータレンタルサービスを受けることができます。)

光ネクストファミリー・ハイスピードタイプと光ネクストファミリータイプは、月額料金は同じですが、利用地域によってプランが決まります。

フレッツ光のお悩みごとをすぐに解決!

フレッツ光やその他光回線について、わからない事があれば私たちプロがサポートいたします!

NTT西日本のフレッツ光の料金

NTT西日本では、現在(2016年9月)下記のファミリータイプのサービス提供を行っています。

  • フレッツ光ネクストファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼
  • フレッツ光ネクストファミリー・ハイスピードタイプ
  • フレッツ光ネクストファミリー
  • フレッツ光ライト

【月額利用料比較表】

料金プラン 光ネクスト
ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼
光ネクスト
ファミリー・ハイスピードタイプ
光ネクスト
ファミリー
光ライト
月額基本料金 3810円
(Web光もっと2割)
3810円
(Web光もっと2割)
3810円
(Web光もっと2割)
2300円~5100円
(光ライト割適用)
料金サービス形態 定額プラン 定額プラン 定額プラン 2段階定額プラン
最大通信速度 1Gbps
(1000Mbps)
200Mbps 100Mbps 100Mbps

料金表の月額基本料金は、各種割引適用後の料金です。
表示金額は、特に断りが無い限り税抜きとなっております。
上記の月額基本料金の他に、プロバイダ料金や工事費が別途かかります。
通信速度は、回線終端装置や回線の混雑状況などによって変化します。

契約した各種割引(利用サービス)の割引適用期間に解約する場合は、解約金(~30000円)がかかります。フレッツ光のキャンペーンは継続利用のお客さま向けのサービスが多いので、契約時に最低利用期間の確認をしておきましょう。最低利用期間とは、利用開始月から解約月までの期間のことを指し、利用開始月は利用開始日を含む月です。利用開始日は、フレッツ光が開通した日となります。

特におすすめしたいプランは、フレッツ光ネクストファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼です。
フレッツ光ネクストファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼は最高回線速度1Gbpsで、サクサクと動く快適なインターネット環境を手に入れることができます。
平成24年10月に月額利用料が大幅値下げされたことにより、同じ定額サービスプランのファミリーハイスピードタイプやファミリータイプと変わらない月額費用で、高速インターネットサービスを利用できるようになりました。

あまりインターネットを使わない方におすすめ【フレッツ光ライト】

月額定額料金サービスのフレッツ光ネクストに対して、フレッツ光ライトは2段階定額料金サービスとなっています。

定額サービスは、通信料がどれだけ多くなっても、月額料金は変わりらないので、インターネットをたくさん利用する方にはお得なサービスと言えるでしょう。
しかし、インターネットをあまり利用しない人には、毎月の回線使用料は少々高く感じるかもしれません。
そんな人にオススメのサービスが【フレッツ光ライト】です。

フレッツ光ライトとは

このフレッツ光ライトはフレッツ光の契約者が任意で選べるプランです。
2段階定額サービスとなっており、普段あまりインターネットを利用しない時は低価格で、基本利用量を超えた場合は、従量料金制で超過した分のみ料金が加算されていきます。上限額が設定されているので、たくさん使ってしまった月でも上限金額以上の月額使用料を請求されることがないので安心です。

インターネットの使用頻度が少ない人に最適のプラン

フレッツ光ライトの料金は以下になります。
まず月額の最低料金は2,300円です。これは320MBまでの料金です。例えば契約したけど一ヶ月間、全くインターネットを利用しなかったらこの料金になります。
そして利用した通信量が320MB〜1320MBまでの範囲だったら4,600円です。
そして1320MB以上使うと一律で5,100円となります。
フレッツ光ライトというプランのポイントは320MB〜1320MBの場合の4,600円です。これは通常のフレッツ光、ファミリータイプと同じです(NTT東日本の場合)
フレッツ光ライトなら制限ありで4,600円ですが、フレッツ光のファミリータイプなら使い放題で4,600円です。
つまりフレッツ光ライトはインターネットの使用頻度が少なく、毎月、最安の2,300円に収まる見込みが大きいという人には最適のプランといえます。

インターネットを日頃からたくさん使う人に最適なプランは

逆に、頻繁にこれを超えるようであれば通常の、フレッツ光ファミリータイプにしておくのが無難です。
データ通信は、インターネット接続するとき(例えばホームページ閲覧、電子メールの送受信など)に発生します。
320MBまでがどの程度なのかを一概に説明することは難しいですが、かなり少ない通信量といえます。
インターネットを1日1時間使っていたら余裕で超えます。
感覚的には、家のPCを開いてインターネットを利用するのが週に1回くらい、というスタンスの人なら、月額320MBで収まる可能性はあります。
これはかなり感覚的に個人差がある話なのであくまで参考程度に受け止めて頂ければ幸いです。
確実にいえることは、フレッツ光ライトはその名の通り、インターネットにほとんど依存していない、ライトユーザー向けのプランです。
ちなみにフレッツ光ライトはマンションタイプ(ライトマンション)とファミリータイプ(ライトファミリー)があります。

フレッツ光のお悩みごとをすぐに解決!

フレッツ光やその他光回線について、わからない事があれば私たちプロがサポートいたします!

集合住宅だけどファミリータイプで契約する場合もあります

集合住宅が必然的にマンションタイプになるのは、その集合住宅の管理者側がフレッツ光のマンションタイプの契約を出来るようにしているからです。
集合住宅でも稀に管理側がその契約をしておらずフレッツ光のマンションタイプを契約できない場合があります。
この点は賃貸情報に記載されているはずです。そのため集合住宅でインターネットを利用したい場合はその賃貸がマンションタイプの契約が可能かどうかを確認する必要があります。
このようなケースは昨今では非常に少ないと思われますが、稀に存在するケースです。その場合は個人で一戸建てのプランであるファミリータイプに契約することが出来ます。

ファミリータイプの契約が不可能な場合も

しかしその集合住宅の環境によってはファミリータイプの契約も不可能な場合もあります。この点は入居前によく確認しておく必要があります。
以上のように、集合住宅だけどマンションタイプのインターネット契約ができない場合は、フレッツ光のファミリータイプに個人で契約できる可能性はありますが、NTT以外の回線で個人で契約するのはできないことが多いのが現状です。
こういった点からもNTTは回線業者として一日の長があることが伺えます。

まとめ

NTTが提供するインターネット接続サービスの【フレッツ光】はプランによって細分化されています。
ファミリータイプ、マンションタイプ、そしてマンションタイプにはプラン1、プラン2、ミニ、と細分化され、一見非常に複雑な印象があります。
しかしこれらのプランは契約者が選ぶわけではなく、契約者の住まいの状況によって決まります。
一戸建てならばファミリータイプ、集合住宅ならマンションタイプです。さらに集合住宅の規模によってプラン1、プラン2、ミニ、に区別されます。
それぞれのプランによって接続環境によるコストが変わるため料金も変わります。

NTT東日本かNTT西日本かで料金が違う

NTT東日本と西日本では異なるインターネット接続サービスを提供しています。そのため、NTT回線の月額利用料金も違います。
また、月額料金割引サービスなどのキャンペーンもNTT東西で違うので、受けられる割引プランも異なります。
お住まいの地域に合った回線業者(NTT西日本・NTT東日本)のホームページで、利用可能なサービスやコース料金を確認しましょう。
集合住宅の管理者側がマンションタイプに接続できる設備を整えていない場合、マンションタイプは契約できず、集合住宅でも個人でファミリータイプの契約となる場合もあります。
どのプランでも従量制となる【フレッツ光ライト】というプランが任意で選べます。このプランは使った通信量に応じて料金が変わるという従量制です。しかし通常のファミリータイプと比べてお得になるのは最安値の場合だけであり、その通信量は極めて少ない量です。
よほどのライトユーザーでもない限りは従来の定額制にすることをおすすめします。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気の光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。
人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

1,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼今開催中のおすすめキャンペーン

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,967円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼今開催中のおすすめキャンペーン

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼今開催中のおすすめキャンペーン

固定回線で悩んでいる方必見!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

おすすめ窓口BroadWiMAX

https://wimax-broad.jp/
webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

▼今開催中のおすすめキャンペーン!

関連記事