閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

月額もお得でキャッシュバックももらえる光回線まとめてみました!

フレッツ光の「ハイスピードタイプ」とは?「ギガ」や「隼」との違いを徹底調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【特報!】フレッツ光からの転用は「SoftBank 光」が今一番アツイ!!

フレッツ光をお使いならSoftBank 光への乗換えがおトク!

SoftBank光ならプロバイダ込みで安い! スマホ代もソフトバンクケータイをお持ちなら、おうち割適用で一人当たり毎月最大2,000円も割引! さらにいまならキャンペーンで、他回線解約時の解除料金・撤去工事費を全額負担! ・・・詳しく見る

NTT東日本、NTT西日本のフレッツ光には様々なプランが存在しますが、その中でも速度も料金もほどよいバランスの「フレッツ光ネクスト ハイスピードタイプ」というプランが存在します。

では、実際この「フレッツ光ネクスト ハイスピードタイプ」というプランは、現在NTTフレッツ光の主流プランであるNTT東日本の「フレッツ光ネクスト フレッツ 光ネクスト ギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプ」や、NTT西日本の「フレッツ 光ネクスト ファミリー/マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼」と比べお得なのでしょうか?また、一体何が違うのでしょうか?

今回は、NTT東西が提供するこの「ハイスピードタイプ」というプランが本当に契約すべきプランなのかどうか、他のプランと比較しながらNTT東日本・NTT西日本別にご紹介致します。

目次

「フレッツ光ネクスト ハイスピードタイプ」とはどのようなプラン?

まずは、「フレッツ光ネクスト ハイスピードタイプ」とは基本的にどのようなサービスなのかをご説明します。
最大通信速度がNTT東日本とNTT西日本で少し違いがありますので、お住まいのエリアの方をご確認下さい。

フレッツ光ネクスト ハイスピードタイプの概要

NTT東日本
サービス名 配線方式 速度
戸建て住宅向け ファミリー・ハイスピード ひかり配線方式 データ受信(下り) 最大200Mbps
データ受信(上り) 最大100Mbps
集合住宅向け マンション・ハイスピード プラン1 ひかり配線方式 データ受信(下り) 最大200Mbps
データ受信(上り) 最大100Mbps
プラン2
プランミニ
NTT西日本
サービス名 配線方式 速度
戸建て住宅向け ファミリー・ハイスピード ひかり配線方式 データ受信(下り) 最大200Mbps
データ受信(上り) 最大200Mbps
集合住宅向け マンション・ハイスピード プラン1 ひかり配線方式 データ受信(下り) 最大200Mbps
データ受信(上り) 最大200Mbps
プラン2
プランミニ

基本的に「フレッツ光ネクスト ハイスピードタイプ」とは、ひかり配線方式を採用し、かつ通信速度が最大200Mbpsのプランだという事が分かります。よく耳にする1Gbps高速通信のフレッツ光では無いという事ですね。
通信速度が1Gbpsに対応しているプランは、NTT東日本の「フレッツ光ネクスト フレッツ 光ネクスト ギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプ」や、NTT西日本の「フレッツ 光ネクスト ファミリー/マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼」のいずれかとなっており、それ以外のプランは最大通信速度が遅い分、料金が安くしたプランとして用意されているというわけです。

また、「フレッツ光ネクスト ハイスピードタイプ」は「フレッツ光ネクスト」シリーズと呼ばれ、定額制の料金サービスとなっています。定額制の料金サービスというのは、月々のインターネットの利用量に関係なく一定額のお支払いで使い放題なプランの事です。

この定額制の反対のプランとして、「フレッツ光ライト」や「フレッツ光ライトプラス」と言った2段階定額制サービスもあります。このプランの特徴は月々のインターネット通信料に応じて月額料金が従量課金され変動する点です。と言っても、上限額は設定されています。また、全く使わない月があっても通信料無料となるわけではなく、最低額の請求があります。下限額と上限額が設定されているため、2段階定額と呼ばれているわけです。

「フレッツ光ネクスト ハイスピードタイプ」はこのような2段階定額制のサービスではなく、純粋な定額制の料金サービスだとご理解下さい。

配線方式とは

上で出てくる配線方式ですが、実はマンションタイプのフレッツ光の場合、3つの方式に分かれます。上記ハイスピードタイプで利用されるひかり配線方式、既存の電話回線を利用したVDSL方式、敷設されているLANケーブルによるLAN配線方式です。
この中で、ひかり配線方式が唯一1Gbpsに対応できる方式なのですが、入居先によっては選べない場合などもありますので注意が必要です。万が一、入居先のマンションがVDSL方式やLAN配線方式の場合、そもそも「フレッツ光ネクスト ハイスピードタイプ」は契約できませんので、基礎知識として覚えておくとよいでしょう。

プランとは

また、上記に出てくるプラン1やプラン2、プランミニというのは、マンションタイプの月額料金の差に現れます。そのマンションの契約見込み数が応じて各3つのプランに分かれていて、見込み契約数の多いプランほど月額料金が安くなる設定となっています。
しかし、こちらはお客様側では選択する事が出来ず、基本的に入居先の集合住宅の規模で自動で決定いたします。これは、「フレッツ光ネクスト ハイスピードタイプ」に限ったことではなく、フレッツ光のプラン全体に言える事です。参考までに下記に各プランの決定基準をまとめましたのでおさえておきましょう。
プラン1:集合住宅内で8世帯以上の申し込みが予測される場合
プラン2:集合住宅内で16世帯以上の申し込みが予測される場合
ミニ:集合住宅内で6ユーザー以上の申し込みが予測される場合

【特報!】フレッツ光からの転用は「SoftBank 光」が今一番アツイ!!

フレッツ光をお使いならSoftBank 光への乗換えがおトク!

SoftBank光ならプロバイダ込みで安い! スマホ代もソフトバンクケータイをお持ちなら、おうち割適用で一人当たり毎月最大2,000円も割引! さらにいまならキャンペーンで、他回線解約時の解除料金・撤去工事費を全額負担! ・・・詳しく見る

「フレッツ光ネクスト ハイスピードタイプ」と他のプランとの料金の違いは?

ここまででハイスピードタイプの特徴(回線速度が200Mbpsしかでないなど)はある程度理解できたと思います。
では、実際他のプランと比べて具体的にどれくらい料金の違いにあるのかを見ていきましょう。

NTT東日本の場合

NTT東日本「フレッツ 光ネクスト」シリーズの料金一覧表
種別 ファミリータイプ マンションタイプ
プラン2 プラン1 プランミニ
条件分岐 戸建て 16契約以上
見込める場合
8契約以上
見込める場合
4契約以上
(西日本は6契約以上)
見込める場合
フレッツ光ネクスト
ギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプ
(速度:上下最大概ね1Gbps)
通常料金5,700円
⇒割引後4,600円
(割引内容:ギガ押し!割引 -300円、にねん割 -700円、フレッツ光マンスリーポイント -100円)
通常料金3,350円
⇒割引後2,950円
(割引内容:ギガ押し!割引 -200円、にねん割 -100円、フレッツ光マンスリーポイント -100円)
通常料金3,750円
⇒割引後3,350円
(割引内容:ギガ押し!割引 -200円、にねん割 -100円、フレッツ光マンスリーポイント -100円)
通常料金4,350円
⇒割引後3,950円
(割引内容:ギガ押し!割引 -200円、にねん割 -100円、フレッツ光マンスリーポイント -100円)
フレッツ光ネクスト
ファミリー/マンション・ギガラインタイプ
(速度:上下最大概ね1Gbps)
通常料金5,400円
⇒割引後4,600円
(割引内容:にねん割 -700円、フレッツ光マンスリーポイント -100円)
通常料金3,050円
⇒割引後2,850円
(割引内容:にねん割 -100円、フレッツ光マンスリーポイント -100円)
通常料金3,450円
⇒割引後3,250円
(割引内容:にねん割 -100円、フレッツ光マンスリーポイント -100円)
通常料金4,050円
⇒割引後3,850円
(割引内容:にねん割 -100円、フレッツ光マンスリーポイント -100円)
フレッツ光ネクスト
ファミリー/ギガマンション・ハイスピードタイプ
(速度:下り最大200Mbps)
通常料金5,200円
⇒割引後4,400円
(割引内容:にねん割 -700円、フレッツ光マンスリーポイント -100円)
通常料金2,850円
⇒割引後2,650円
(割引内容:にねん割 -100円、フレッツ光マンスリーポイント -100円)
通常料金3,250円
⇒割引後3,050円
(割引内容:にねん割 -100円、フレッツ光マンスリーポイント -100円)
通常料金3,850円
⇒割引後3,650円
(割引内容:にねん割 -100円、フレッツ光マンスリーポイント -100円)
フレッツ光ネクスト
ファミリータイプ/マンションタイプ
(速度:下り最大100Mbps)
通常料金5,200円
⇒割引後4,400円
(割引内容:にねん割 -700円、フレッツ光マンスリーポイント -100円)
通常料金2,850円
⇒割引後2,650円
(割引内容:にねん割 -100円、フレッツ光マンスリーポイント -100円)
通常料金3,250円
⇒割引後3,050円
(割引内容:にねん割 -100円、フレッツ光マンスリーポイント -100円)
通常料金3,850円
⇒割引後3,650円
(割引内容:にねん割 -100円、フレッツ光マンスリーポイント -100円)

※ 税抜価格での表示です。契約時期によって料金は変動します。

NTT西日本の場合

NTT西日本「フレッツ 光ネクスト」シリーズの料金一覧表
種別 ファミリータイプ マンションタイプ
プラン2 プラン1 プランミニ
条件分岐 戸建て 16契約以上
見込める場合
8契約以上
見込める場合
4契約以上
(西日本は6契約以上)
見込める場合
フレッツ光ネクスト
ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼/マンション・スーパーハイスピードタイプ隼
(速度:最大概ね1Gbps)
通常料金5,400円
⇒割引後3,810円
(割引内容:Web光もっと2割 -1590円)
通常料金3,200円
⇒割引後2,530円
(割引内容:Web光もっと2割 -670円)
通常料金3,700円
⇒割引後2,930円
(割引内容:Web光もっと2割 -770円)
通常料金4,500円
⇒割引後3,420円
(割引内容:Web光もっと2割 -1080円)
フレッツ光ネクスト
ファミリー・ハイスピードタイプ/マンション・ハイスピードタイプ
(速度:最大200Mbps)
通常料金5,400円
⇒割引後3,810円
(割引内容:Web光もっと2割 -1590円)
通常料金3,200円
⇒割引後2,530円
(割引内容:Web光もっと2割 -670円)
通常料金3,700円
⇒割引後2,930円
(割引内容:Web光もっと2割 -770円)
通常料金4,500円
⇒割引後3,420円
(割引内容:Web光もっと2割 -1080円)
フレッツ光ネクスト
ファミリータイプ/マンションタイプ
(速度:最大100Mbps)
通常料金5,400円
⇒割引後3,810円
(割引内容:Web光もっと2割 -1590円)
(VDSL/ひかり配線方式)
通常料金3,200円
⇒割引後2,530円
(LAN方式)
通常料金2,600円
⇒割引後1,930円
(割引内容:Web光もっと2割 -670円)
(VDSL/ひかり配線方式)
通常料金3,700円
⇒割引後2,930円
(LAN方式)
通常料金3,100円
⇒割引後2,330円
(割引内容:Web光もっと2割 -770円)
(VDSL/ひかり配線方式)
通常料金4,500円
⇒割引後3,420円
(LAN方式)
通常料金3,900円
⇒割引後2,820円
(割引内容:Web光もっと2割 -1080円)

※ 税抜価格での表示です。契約時期によって料金は変動します。

NTT東日本の全割引適用後の金額であれば、スマートタイプという通信最大速度1Gbpsのプランと比べ、戸建てのファミリータイプで月々200円、集合住宅のマンションタイプであれば月々300円しか違いがありません。
これは、一番推しているスマートタイプだけに特別な割引(ギガ押し!割引)を適用しているためです。

また、NTT西日本だけで見てみると、何と一番通信速度が速い隼シリーズと同じ月額利用料金になっています。しかも、割引適用前の基本料金から同じ設定となっているため、この料金サービスであればハイスピードタイプを選ぶ理由は無いと言えます。

単純に上記結果だけを踏まえるのであれば、「フレッツ光ネクスト ハイスピードタイプ」は、速度や提供サービスに比べ料金面でのメリットは極めて少ないと言えるでしょう。
しかし、1点だけ注意も必要です。NTT東日本の場合、料金の差が少なくなるのは、あくまで割引適用時の話です。割引適用前の料金だと、ファミリータイプもマンションタイプも共に月々500円の差となります。
そして、この割引の中にはにねん割などの定期契約割引があり、最低利用期間が設けられ、その期間内に解約をすると解約金が発生してしまう仕組みのものがあります。
つまり、短期の利用目的の場合は、割引を受けない方がお得な場合があるということです。
その場合、月々500円お得になるNTT東日本の「フレッツ光ネクスト ハイスピードタイプ」は速度に不満が無ければ有効な選択肢となるでしょう。

念のため下記ににねん割の最低利用期間と解約金についてまとめますので、短期ご利用目的の方は参考にしながらプラン選択の検討を行って下さい。

にねん割の最低利用期間と解約金

にねん割の割引適用期間は利用開始月か2年間となっており、解約をしない場合は自動更新されます。
そして、更新月とその翌月以外の解約では、戸建ての場合、9,500円、集合住宅の場合、1,500円の解約金が発生いたします。
にねん割の更新月と解約金

【特報!】フレッツ光からの転用は「SoftBank 光」が今一番アツイ!!

フレッツ光をお使いならSoftBank 光への乗換えがおトク!

SoftBank光ならプロバイダ込みで安い! スマホ代もソフトバンクケータイをお持ちなら、おうち割適用で一人当たり毎月最大2,000円も割引! さらにいまならキャンペーンで、他回線解約時の解除料金・撤去工事費を全額負担! ・・・詳しく見る

結局「フレッツ光ネクスト ハイスピードタイプ」は選ぶべき?

ここまでハイスピードタイプの概要から、他のプランとの違いを見てきましたが、実際ハイスピードタイプを選ぶメリットはあるのでしょうか。

NTT西日本のサービス提供エリアにお住まいの方であれば、ハイスピードタイプは選ぶべきではありません。
料金が全く同じであり、同じひかり配線方式なのであれば迷わず「スーパーハイスピードタイプ隼」を選びましょう。

NTT東日本のサービス提供エリアにお住まいの方は、短期の利用を目的としている、もしくは速度は200Mbpsで十分ということであれば、十分に検討する余地はあります。
月々200円からの差ではありますが、何年間も利用すれば大きな金額にもなりますし、また、後々スマートタイプに変更したい場合はサービスタイプ変更も可能なので、一旦ハイスピードタイプからという方法も得策かもしれませんね。

そんな方のために、NTT東日本のハイスピードタイプの新規のお申し込み方法から、ご利用中の方のプラン変更の方法、インターネット接続までにご用意すべきものまでをご紹介いたします。

【特報!】フレッツ光をお使いの方・お申込みを検討中の方は、SoftBank 光への乗り換えが断然おトク!

フレッツ光をお使いならSoftBank 光への乗換えがおトク!

フレッツ光だと別途「プロバイダ料」が発生していましたが、SoftBank光ならプロバイダ込みで安い!しかもフレッツ光の回線をそのまま使用するから工事不要!さらにいまならキャンペーンで、他回線解約時の解除料金・撤去工事費を全額負担! ・・・詳しく見る

NTT東日本の「フレッツ光ネクスト ハイスピードタイプ」への新規お申し込み方法

ハイスピードタイプに限らず、フレッツ光のお申し込み方法は大きく3つ存在します。
どれも同じフレッツ光のお申し込みになりますが、どの方法を選ぶかでお得さが変わってきますので、注意して下さい。

①NTT公式に電話するかwebフォームから申し込む

NTT公式に直接申し込む方法です。一見安心でいいように見えますが、実はあまり特典が無いのがこの方法です。NTT西日本の場合、月額料金が大幅に安くなる「Web光もっと2割」などの特典がありますが、それ以外は目立ったキャンペーンや特典が無いのが現状です。

②家電量販店で申し込む

よく家電量販店でフレッツ光の契約で○万円割引というものを目にしますが、こちらでもフレッツ光の申し込みが可能です。また、購入したい家電に対して割引が受けられることもあり、公式で申し込むよりお得感があります。
ただ、欲しい家電が無い場合、無理に製品を購入するはめになってしまう事もあるため注意が必要です。

③代理店サイトで申し込む

「フレッツ光 申し込み」などと調べたときに出てくる代理店のサイトで申し込む方法です。
現在、フレッツ光の販売代理店は多数存在しており、中には高額なキャッシュバックキャンペーンを行っているところもあります。
②の家電量販店のお申し込みに似てはいますが、こちらは現金でキャッシュバックを受けられるため、使い道が自由であり一番お得だと言えます。また時間も数分で完了します。

この中で、ハイスピードタイプを申し込むなら是非③の代理店サイトからのお申し込みがオススメです。
Web上の代理店サイトだと不安、、、と思うかもしれませんが、契約自体はNTTと行う事になりますので、安心です。また、代理店自体、NTT公式からの認可の下りている事業者なので下手な事業者はいないと考えていいでしょう。
ただ、キャッシュバックの条件が1年後などの場合もありますので、申し込み前に予めチェックしておく事を忘れないで下さい。

準備が整ったら、代理店サイトのWebフォームか電話から、ハイスピードタイプでの契約を依頼すれば簡単に契約が出来ます。

【話題ニュース】月額やキャンペーンがとってもおトクな光回線をまとめました!

おトクな回線まとめ

光回線を申込むならとにかくキャンペーンは大事!乗換えの場合は違約金が負担されたり、キャッシュバックで実質月額料金を安くで利用できたり、携帯とセットで毎月の割引が受けられたり・・・続きを見る

他のプランからハイスピードタイプへのサービス変更方法(NTT東日本)

現在、ハイスピードタイプ以外の「フレッツ光ネクスト」シリーズ、「フレッツ光ライト」や「フレッツ光ライトプラス」、「フレッツADSL」でご契約している方のハイスピードタイプへのサービス変更方法をご紹介致します。

「フレッツ光ネクスト」シリーズ、「フレッツ光ライト」や「フレッツ光ライトプラス」からの変更

サービス変更方法はいたって簡単です。
こちらのページの該当するプランの中の詳しくはこちらを押した先の電話番号に変更希望の旨を連絡するだけです。
ただし、現在集合住宅にお住まいで、VDSL方式やLAN配線方式でご利用している方の場合、ハイスピードタイプにするために工事が必要になりますので、マンションのオーナー様や管理会社に確認をする事を忘れないでください。

「フレッツ光ADSL」からの変更

この場合、ハイスピードタイプの契約は新規契約と同じとなり、新規契約者向けの各種割引や特典の適用が可能となります。その分、フレッツ光ADSLは解約扱いとなります。また、開通までにおおよそ3週間ほどかかりますので、利用したいめどがある場合は十分な余裕をもって乗り換えを行いましょう。

ハイスピードタイプ利用開始に伴い発生する可能性のある初期費用(NTT東日本)

新規契約の初期工事費用

ハイスピードタイプに限らず、フレッツ光を初めて契約する場合は初期工事費用が発生します。
この工事費用の支払いは一括だけでなく分割払いも可能で、分割料金分月額費用に上乗せされ請求されます。

内訳 戸建て向け 集合住宅向け
契約料 800円 800円
工事費 一括 18,000 15,000
工事費 分割の場合 初回3,000円+500円/月×30回(合計18,000円) 初回3,000円+400円/月×30回(合計15,000円)
初期費用合計 18,800円 15,800円

上記の料金に加え、土曜・日曜・祝日に工事を実施した場合は、通常の工事費に加算料3,000円が上乗せされます。
分割払いを指定している場合は、初回の支払い時に支払うことになります。また、夜間・深夜・年末年始については割増工事費が発生します。利用者が工事時間を指定できる「訪問時刻指定メニュー」を利用した場合も、追加料金が発生します。

【特報!】フレッツ光からの転用は「SoftBank 光」が今一番アツイ!!

フレッツ光をお使いならSoftBank 光への乗換えがおトク!

SoftBank光ならプロバイダ込みで安い! スマホ代もソフトバンクケータイをお持ちなら、おうち割適用で一人当たり毎月最大2,000円も割引! さらにいまならキャンペーンで、他回線解約時の解除料金・撤去工事費を全額負担! ・・・詳しく見る

品目変更工事費

フレッツ光ネクスト ファミリータイプ/マンションタイプから、ハイスピードタイプへのアップグレードの際には工事費が発生します。

変更前 フレッツ光ネクスト ファミリータイプからの変更 フレッツ光ネクスト マンションタイプからの変更(ひかり配線)
基本工事費 1,000円 1,000円
交換機等工事費 1,000円 1,000円
回線終端装置工事費
合計 2,000円 2,000円

※表はすべて税抜金額

【朗報!】SoftBank光なら、工事費無料!さらに他社からの違約金も全額負担!

工事費・違約金・全額負担!

ソフトバンク光ならなんと他回線解約時の解除料金・撤去工事費を全額負担!月額利用料3,800円~スタートできる!また人気のおうち割で携帯とのセットもおトク!さらに今お申込みで最大60,000円のキャッシュバック・・・詳しく見る

ハイスピードタイプ利用開始までに準備しておくべき機器

フレッツ光 ハイスピードシリーズを利用する場合に、NTT西日本からレンタルする機器・利用者が準備しなければいけない機器があります。

NTT西日本で用意してくれるもの

①回線終端装置(ONU)

光ファイバーからイーサーネット信号に変換します。

②ホームゲートウェイ

ブロードバンドルーター機能、マルチキャスト通信(データの一斉配信)のコンテンツ配信サービスを利用できます。

③ONU一体型ひかり電話対応ホームゲートウェイ

ひかり電話を契約される場合には、このONU一体型ひかり電話対応ホームゲートウェイを利用します。

利用者が準備するもの

①LANボードまたはLANカード

有線接続で利用する場合、利用するパソコンにLANポート(差込口)に1000BASE-Tのインターフェースが備えられていることが必要ですが、隼の場合は1000BASE-Tが推奨です。10BASE-Tでも利用できますが、最大通信速度は10Mbpsまで低下します。

②LANケーブル

フレッツ光ネクストでひかり電話と同時に契約した場合は、2mのLANケーブルが1本ついてきます。ひかり電話の契約がない場合・2m以上のケーブルが必要な場合は、1000BASE-T以上のケーブルを使用します。
カテゴリは5e以上となります。購入の際にこれらの規格がよくわからないのであれば、家電量販店などに問い合わせしてみるといいでしょう。

③電源タップ

雷防止機能付きの電源タップが推奨です。

おわりに

NTT西日本においては、あまりメリットが無い「ハイスピードタイプ」ですが、NTT東日本であればある程度メリットのあるプランだと言えます。
ご自身の利用用途に合わせ、無駄の無い契約内容にするための選択肢として、是非ご検討してみて下さい。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気の光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。
人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

3,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼今開催中のおすすめキャンペーン

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,967円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼今開催中のおすすめキャンペーン

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼今開催中のおすすめキャンペーン

固定回線で悩んでいる方必見!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

おすすめ窓口BroadWiMAX

https://wimax-broad.jp/
webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

▼今開催中のおすすめキャンペーン!

関連記事