閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

auひかりのホーム(S)プランの違いをどこよりも易しく解説!

auひかりの一戸建て向けサービスには、「ホーム」と「ホーム(S)」の2種類があることをご存知ですか?

今回は、この2つにどんな違いがあるのかをご紹介するとともに、ホーム(S)がどんなときに適用されるのか、料金プランや通信速度についても詳しく解説。

auひかりのホーム(S)って何?と気になるみなさん、ぜひ参考にしてくださいね。

auひかり「ホーム(S)」とは?

そもそもauひかりでは、一戸建てか集合住宅かという住居タイプによって次のようにサービスが分かれています。

  • 一戸建て:auひかり ホーム
  • 集合住宅:auひかり マンション

このうちマンションタイプのほうは、ひとつの建物内でいくつ回線が契約されているかによってさらに複数のタイプに分かれる…ということがなんとなく周知されているのですが、ホームタイプのほうは最初から1種類しかないと思い込まれがち。

でも実際には、冒頭でお話したように2つの種類があって、そのうちのひとつが「ホーム(S)」なんです。

「ホーム」と何が違うの?

(S)が付いているかいないかで、一体何が変わるのか…気になる違いは使用するインターネット回線にあります。

  • ホーム:KDDIのauひかり回線を使用
  • ホーム(S):NTTのフレッツ光回線を使用

「えっ?」と思いますが、ホーム(S)はauひかりのサービスでありながら実際に使用するインターネット回線はNTTのフレッツ光回線、というちょっと変わったスタイルになっています。

ホーム(S)=auひかりの未対応エリア

当然「なんでauなのにNTTの回線なの?」という疑問が湧いてくるところですが、その答えは単純明快。

ホーム(S)とは、ズバリauひかりがまだ自前では対応できていないエリアで提供されているサービスのこと。

auひかりが未対応でも、フレッツ光がすでに対応しているエリアに関しては、NTTにフレッツ光の回線を借りてカバーしているというわけですね。

そのため、ホームなのかホーム(S)なのかは契約するエリアによって自動的に決定し、自分で選ぶことはできません。

自分の住んでいる地域がどちらのエリアに属しているのかは、次のページから問い合わせることができます。

【エリア確認フォーム】

https://kddi-hikari.com/form-area/

残念ながらホーム・ホーム(S)ともに未対応のエリア=auひかりが利用できないエリアもあるので、auひかりを検討しているみなさんはまずここでチェックしておきましょう。

料金プラン・通信速度はどちらも同じ

ホームとホーム(S)は使用するインターネット回線が違うだけで、それ以外の部分はすべて同じです。

回線が違うということで通信速度が気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、auひかりもフレッツ光も最大速度は1Gbps。

料金プランも、ホーム・ホーム(S)ともに次の3つのプランから選ぶことができます。

  • ずっとギガ得プラン
  • ギガ得プラン
  • 標準プラン

ここからは、それぞれのプランの詳細を見ていきましょう。

3つの料金プランを比較

料金プラン月額利用料金自動更新違約金
ずっとギガ得プラン1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目以降:4,900円
3年15,000円
ギガ得プラン5,200円2年9,500円
標準プラン6,300円なしなし

「ずっとギガ得プラン」と「ギガ得プラン」は、契約に年単位の縛りがある分、月額利用料金がお得になっています。

ずっとギガ得プランでは3年単位の自動更新で、更新月以外に解約すると15,000円もの違約金が発生するので、「もう少し縛りがゆるいほうが良いなぁ」という場合2年契約のギガ得プランを、「更新月とか違約金とか考えるのが面倒なんだよなぁ」という場合は、割高になりますが標準プランを選ぶのもアリでしょう。

標準プランなら、どのタイミングで解約しても違約金は一切かかりません。

ただし、初期費用を分割で支払おうと思っているみなさんは少し注意が必要です。

解約の時点でまだ支払いが終了していない場合は、どのプランを選んでいても残りを一括で支払ってから解約するという流れになります。

初期費用は合計40,500円

auひかりを新規契約したときにかかる初期費用も、ホーム・ホーム(S)ともに同じです。

工事費用:37,500円 + 登録料:3,000円 = 合計:40,500円

このうち工事費用の37,500円は、月々1,250円×30回の分割払いにすることができます。

ここで「工事費用高いなぁ、何か割引とかないのかなぁ」と思った方は、ネットと同時に光電話(オプション:月額500円)に申し込めば、月額利用料金から毎月1,250円×30回の割引を受けることもできます。

そうすると実質工事費用が無料になるので、電話オプションで追加になった分(500円×30回=15,000円)を差し引いても、37,500-15,000=22,500円はお得にauひかりを使い始めることができるんですね。

元々電話も一緒に契約しようと思っていた方にとっては、工事費用分が丸々浮くことになるのでさらにお得です。

auスマートバリューも適用できる

ちなみに、もしみなさんが今お使いのスマホもauなら、ネット+電話とのセット利用でauスマートバリューを適用することができます。

auスマートバリューとは、「ネット+電話+auスマホ」の3つを同時に利用することで、スマホの月額利用料から毎月最大2,000円が安くなるサービスのこと。

これはホーム・ホーム(S)だけでなく、両方の未対応エリアでauひかりが利用できていなくても、対象のインターネット回線を利用していれば適用可能です。

しかも毎月最大2,000円は1人あたりの割引額で、auの携帯電話を利用している家族が他にいれば人数分割引になります。

対象のインターネット回線がどこなのかは、先ほどもご案内した「エリア確認フォーム」から問い合わせることができます。

auひかりが利用できなくてもauスマートバリューは利用したい!というみなさん、次のページで必要事項を入力してみてくださいね。

【エリア確認フォーム】

まとめ

auひかりの「ホーム(S)」は、KDDIの回線がまだ整備されていないエリアでもauひかりを利用できるようにするため、フレッツ光の回線をNTTから借りることでサービスを提供しているプランであることが分かりました。

回線以外の料金・通信速度などはすべて「ホーム」と同じなので、自分の住んでいる地域が「ホーム(S)」だったみなさんも、安心してauひかりを利用しましょう。

また、「ホーム」でも「ホーム(S)」でも、そのどちらのエリアでなくても、auスマートバリューを利用することは可能です。

対象のネット+電話+auスマホで適用されますので、通信周りをお得に使いたいみなさんはぜひ適用してみてくださいね。

月額料金が安い!auひかりおすすめNo.1窓口

おすすめ窓口25(トゥエンティファイブ)

月額12ヶ月間1,000円割引開催中!
この窓口の人気のヒミツは最大70,000円のキャッシュバック!申し込むなら絶対この窓口がおススメです!月額は格安なため、auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも人気!新規でもお乗換えでもおトクなauひかり!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る