閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光の速度が遅い!3つの主な原因の種類とそれぞれの改善策

フレッツ光は最大1Gbpsの超高速インターネット!

・・・のはずなのですが「フレッツ光の速度が遅い!」という声をよく耳にします。

フレッツ光の通信速度が遅い場合に考えられる主な原因は3つあります。

  1. 契約しているフレッツ光が原因のケース
  2. パソコンやルーターなどの機器側で解決できる問題が原因のケース
  3. 契約しているプロバイダで発生している問題が原因のケース

今回はフレッツ光の通信速度を遅くしている3つの主な原因の対処法をご紹介します。

フレッツ光の通信速度の遅さにいい加減イライラしてしまっているみなさん、ぜひ参考にしてくださいね。

フレッツ光が「まったく繋がらない」時の対処法は以下の記事をご参考くださいね。

【関連記事】フレッツ光が繋がらないときの対処法!

契約しているフレッツ光が原因のケース

まずは契約しているフレッツ光から疑ってみましょう。

契約しているフレッツ光のプランが”ギガ”に対応していない

あなたがNTTと契約しているプランは”ギガ”に対応したフレッツ光ですか?

一見何いってるんだ、と思われた方もいるでしょうが、フレッツ光のプランには東西含め多様な種類があり、通信速度も最大1Gbps~100Mbpsまで分けられています。

<最大1Gbpsの通信速度に対応しているプラン>

東日本・・・ フレッツ 光ネクスト ギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプ or フレッツ 光ネクストファミリー/マンション・ギガラインタイプ

西日本・・・ フレッツ 光ネクストファミリー/マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼

上記がフレッツ光で契約できる最速のプランです。

これ以外のプランはいくら光ファイバーの回線であるフレッツ「光」であっても、最大100Mbpsや200Mbpsまでしか速度が出ません。

<最大速度が”ギガ”に対応していないプラン名に見られる法則>

  • ファミリータイプ/マンションタイプのみ表記されているプラン名
  • “スーパー”ハイスピードタイプではなくハイスピードタイプと書かれている
  • Bフレッツと書かれている
  • プレミアムと書かれている
  • ライト/ライトプラスと書かれている

料金明細などから契約しているプランを確認してみて上記にあるようなプラン名だった場合、旧式のプランですので、最新のフレッツ光のプランにアップグレード工事をするのがおすすめです。

たとえば回線速度が最大100MbpsのBフレッツを契約していた場合、最大1Gbpsのフレッツ光ネクスト スーパーハイスピードタイプ 隼に変更するだけで約10倍も最大速度が向上することになります。

【関連記事】Bフレッツがサービス終了!フレッツ光ネクストへ乗換えるメリットとは

注意!マンションタイプは自分でプランを選べない!

マンションタイプでは建物全体が同じフレッツ光の回線(プラン)を使用しています。
つまり住んでいるマンションが上の項目で説明した旧式の回線を引き込んでいたなら、1つの部屋だけ速い回線には出来ないということです。

解決策としては、以下の4点が挙げられます。

  • 建物に引き込まれているフレッツ光の回線をアップグレードしてもらう。
  • 3階以下の建物に住んでいる方はauひかりのホームタイプの導入を検討する
  • 関東、関西、東海地方かつ、建物の7階以下に住んでいる方はNURO光の導入を検討する
  • 引越しをする

上から3つの選択肢は建物に穴を開ける工事が発生することが多いため、大家さんや管理会社に相談しなければなりません。

思い切って引越しをしてしまうのも一つの手ですね。
引越し先の建物に導入されている光回線も不動産屋さんに尋ねておくと○。

フレッツ光の回線で通信障害が起きている

たまたまフレッツ光で通信障害が起きている場合も考えられます。

インターネットがまったく繋がらなくなるだけでなく、極度に通信速度が低下することもあります。

障害ではないかと思われた方は、NTT東西の公式サイトからメンテナンス障害情報を見てみたり、Twitterなどで他に同じ状態の人がいないか調べてみるのも一つの手でしょう。

とはいえ通信障害は局所的なものですし、年に何回もあるわけではありませんので、一時的ではなくずっとインターネットが遅い方はあてはまりません。

以下の記事で通信障害かどうかの切り分けを行えるので気になった方はご覧ください。

【関連】フレッツ光の通信障害が起きたら試してみるべき対処法まとめ!

パソコンやルーターなどの機器側で起こっている問題と対処法

使っているパソコンや周辺機器によってもインターネットが遅いと感じることもあります。
パソコンとその他の機器で分けてみていきましょう。

パソコン側で確認しておきたいこと

まずはインターネットをしているパソコンについてです。
フレッツ光の速度が遅いと感じるとき、その原因が実はパソコン側にあることも珍しくありません。

パソコンのスペックに問題はないか

いくらインターネットの速度が速くても接続するパソコンのスペックがそれに見合っていない場合はページを処理するのに時間がかかってしまいます。

パソコンの寿命は約5年と言われています。

長くパソコン使っているのなら買い替えてみるのが一番の近道かもしれませんね。

まずは再起動

インターネットの通信速度が遅いなと感じたら最初に試してほしいのがパソコンの再起動です。

パソコンには「メモリ」と呼ばれる作業机のようなものがあって、基本的にあらゆる処理がこの机の上で進められています。

古い処理で使ったものが置きっぱなしになっていたり、複数の処理を並行していたりすると、机の上がいっぱいいっぱいで「もう新しい書類の置き場がない!」という状態になることがあります。

パソコンを再起動することは、一旦この机の上をきれいに片付けること。

普段からパソコンの電源を落とさず、スリープ状態にして利用する習慣のある人は特に、パソコンを再起動するだけでもサクサク動くようになることが多いですよ。

ディスククリーンアップでさらに整頓

メモリを徹底的に整理整頓したいみなさんは、「ディスククリーンアップ」を試してみるのもおすすめです。

これはWindowsのOSに元からついている機能で、実行すると、ネットサーフィンをしているときに一時的に作成されたファイルなどの不要なファイルを片っ端から削除してくれます。

ここではWindows10の場合の手順を簡単にご紹介しますので、気になる方は実行してみてください。

ディスククリーンアップの手順

  1. エクスプローラーを開きます。
  2. 左のリストから「PC」をクリックします。
  3. 「デバイスとドライブ」から「OS(C:)」を選択し、メニューバーの「管理」→「クリーンアップ」を続けて選択します。
  4. ダイアログが表示されるので、「システムファイルのクリーンアップ」ボタンをクリックします。
  5. 削除するファイルの一覧が表示されます。削除したくないものがある場合はここでチェックをはずしておきましょう。なければチェックはそのままで、「OK」ボタンをクリックします。
  6. 「これらのファイルを完全に削除しますか?」と表示されるので、「ファイルの削除」ボタンをクリックします。
  7. ディスククリーンアップが始まります。

ウイルス対策ソフトを見直してみる

ウイルス対策ソフトは今やインターネットに接続する上で必要不可欠な存在ですが、利用するソフトによってはパソコンのメモリ使用量が多く、パソコンの処理能力を圧迫している可能性があります。

利用中のウイルス対策ソフトがどれくらいパソコンのメモリを使用しているかは、Windowsのタスクマネージャーから確認することができるので、次の手順でチェックしてみてください。

メモリ使用容量確認(WIndows10の場合)

  1. デスクトップ画面で、メニューバーを右クリックします。(もしくは、Ctrl+Alt+Deleteを同時に押す)
  2. 「タスクマネージャー」を選択します。
  3. ダイアログの下部にある「詳細」をクリックします。
  4. 「メモリ」列で使用量が確認できます。

他のアプリケーションに比べて、ウイルス対策ソフトのメモリ使用量が飛び抜けて多い場合、今パソコンの処理が遅いのはウイルス対策ソフトのせいなのかもしれません。

周辺機器の規格が問題の場合の対処法

パソコン自体ではなく、パソコンの周辺機器に通信速度が遅くなる原因が潜んでいることもあります。

特に見落としがちなのは、周辺機器の「規格」です。

規格を確認するべきものとしては下記の3つになります。

  1. LANケーブル
  2. 無線LANルーター
  3. LANポート

①LANケーブルの規格をチェック

パソコンは買い替えても、「LANケーブルを買い替えたことはない…」というみなさんの場合、そのLANケーブルがインターネットの通信速度を遅くしている原因かもしれません。

「えっ、LANケーブルってどれも同じじゃないの?」と驚いた方もいらっしゃるかと思いますが、LANケーブルにも「CAT(カテゴリー)」という規格があって、それぞれの規格ごとに出せる最大速度は異なります。

気になるLANケーブル規格に対する通信速度は次の通り。

LANケーブル規格に対応する通信速度
規格最大通信速度
CAT5100Mbps
CAT5e1Gbps
CAT61Gbps
CAT710Gbps

たとえばせっかくフレッツ光で最大1Gbpsのプランを利用していても、使用しているLANケーブルがCAT5なら実際に出せる回線の最大速度は100Mbpsまで大幅に落ちてしまうんですね。

LANケーブル 配線
<引用:BUFFALO

上の図の白い線で表してあるのがLANケーブルです。
3本のLANケーブルが使われていますが、もしどれか1つでもカテゴリ5が使用されていた場合、そこから先の通信速度が最大100Mbpsに絞られてしまいます

規格はLANケーブルに小さい文字で印刷されているので、今すぐ確認してみましょう。

おすすめのLANケーブル規格はCAT6です。

CAT7は10Gbpsまで対応していますが、通信最大速度2GbpsのNURO光でもない限りそもそも速度が対応していないのでオーバースペックだと言えます。

フレッツ光では最大1Gbpsの通信速度に対応しているCAT6のLANケーブルを使っていれば問題ありません。

②無線LANルーターの規格をチェック

次はフレッツ光で利用しているWi-Fiが遅いときにチェックしてもらいたい機器である無線LANルーターについてです。

今は自宅でWi-Fiを利用するために無線LANルーターを設置している人がほとんどですが、無線LANルーターにも規格によって通信速度の上限があります。

LANルーター規格による対応通信速度
規格通信速度(最大)
IEEE802.11b11Mbps
IEEE802.11g54Mbps
IEEE802.11a54Mbps
IEEE802.11n600Mbps
IEEE802.11ad6.8Gbps
IEEE802.11ac6.9Gbps

この「IEEE802.11・・・」という規格は、ルーター本体に貼ってあるシールや取扱説明書、購入したときの箱などで確認することができます。

箱や取扱説明書には分かりやすく対応通信速度が「最大○○bps」と記載されていることもあるので、いずれかの方法で確認してください。

本体に書かれている商品名で検索しても簡単にわかりますね。

③LANポートの規格をチェック

LAN周りの規格でいうと、LANケーブルの差し込み口であるLANポートも要チェックです。

ケーブルと同じように、差し込み口にもいくつかの規格があり、それぞれに最大通信速度が違います。

LANポートの規格による対応通信速度
規格通信速度(最大)
10BASE-T10Mbps
100BASE-T100Mbps
1000BASE-T1Gbps

LANポートの規格は、自分のパソコンの型番が分かればパソコンのメーカーサイトで確認することができますし、型番が分からない場合は次の手順でもチェックできるので試してみてください。

ちなみに、有線で接続するLANポートがついていない無線LAN専用のパソコンでは、先ほどご紹介した無線LANルーターの規格とパソコンの無線LANアダプターの規格が見合っているかどうかを確かめます。

これもパソコンのメーカーサイトで確認できるほか、同じ手順でチェックできるので見ていきましょう。

LANポート規格の確認手順(Windows10の場合)

  1. エクスプローラー(何でも良いので適当なフォルダ)を開きます。
  2. 左のリストから「PC」を右クリック → 「管理」を選択します。
  3. 開いたダイアログの左のリストから「デバイスマネージャー」を選択します。
  4. 画面中央のリストから「ネットワークアダプター」を展開(左の「>」をクリック)します。
  5. 一覧に「Gigabit Ethernet」があれば1000BASE-T、「Fast Ethernet」があれば100BASE-T、「Ethernet」だけなら10BASE-Tです。
  6. 無線の場合は、「Intel(R)」などから始まるアダプター(パソコンによって違います)をダブルクリックし、開くダイアログの「詳細設定」タブを選択します。
  7. プロパティの一覧にある「802.11x」が、対応している規格です。

プロバイダの通信速度が問題の場合の対処法

フレッツ光のプランも問題なく、パソコンや周辺機器にも速度が落ちる要素がない・・・
そんな場合、残る速度低下の原因はプロバイダの利用が混雑しているケースです。

夜間など特定の時間に速度が低下するのはアクセスが集中しているから

仕事終わりや学校帰り、インターネットを楽しむ人が多いのはどうしても夕方~夜ですよね。
多くの人が一斉に利用するわけですから、当然プロバイダまでの回線は混み合いますので速度が低下する原因になります。

インターネットを利用する人の人口が増え過ぎているため、例えばOCNやPlala、So-net、BIGLOBEなどの大手のプロバイダでも設備の増設が追いついていない状態です。

プロバイダが原因で速度の低下に悩まされている方に是非試していただきたいのが「IPv6」通信です。

IPv6を使って通信する

IPv6とは簡単に言ってしまうと混雑していない道を通って通信する新しい技術です。
多くのプロバイダでこの通信方式を取り入れているところが増えてきています。

今使っているプロバイダがIPv6に対応しているかどうか確かめるのに手っ取り早い方法はプロバイダのサポートサービスに直接電話して聞くことです。

今契約しているプロバイダがIPv6に対応しているか確認したい方は以下の記事をご覧ください。
タイトルにドコモ光、とありますが、ドコモ光で契約できるプロバイダはフレッツ光でも契約できるので気にせず読み進めてください。

【関連】ドコモ光のプロバイダのおすすめは結局ドコ?ズバッと解決します!

どうしても通信速度が遅い場合

「プロバイダは前に乗り換えたことがあるけど、やっぱり遅い」「プロバイダの乗り換えだけで本当に変わるのか不安」な人は、光回線自体を乗り換えてみることもおすすめします。

最終手段:インターネット回線ごと乗り換える

フレッツ光からの乗り換えのおすすめ光回線を2つご紹介します。

auひかり

フレッツ光から乗り換えるなら、中でもおすすめはauひかりです。

フレッツ光もauひかりも最大速度は1Gbpsで同じです。
しかし、auひかりはKDDIの独自の回線を使用していてNTTフレッツ回線と比べると利用者数が少ないため回線が込み合うことが少ないです。

回線事業者シェア率
株式会社MM総研 > ブロードバンド回線事業者の加入件数調査

フレッツ光の速度の遅さで悩んでいる人は、ぜひauひかりを検討してみてください。

auひかりスタートサポートでフレッツ光の違約金を還元してくれて、さらに初期工事費用は月額料金から割引きになるので実質工事費が無料になります。

さらに、以下の代理店なら最大82,000円のキャッシュバックがもらえます。

おすすめ窓口最大82,000
キャッシュバック!
月額料金が12ヶ月間
1,000円割引

新規でもお乗換えでも人気を集めるauひかり!auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも携帯ごとauにしてしまうほどの人気ぶり!auひかりは月額が格安なのも魅力的です!この窓口限定で最大82,000円キャッシュバック

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

NURO光

NURO光は、通信速度最大2Gbpsを誇る高速回線です。
フレッツ光の約2倍ですね。

NURO光もSo-netの独自の回線を使用しているので、回線が込み合うことがなく、いつでも高速通信を楽しむことが出来ます。

NURO光のサービス提供エリアは関東、関西、東海地方限定になっています。

該当エリアでも一部利用できない地域も存在しますので、一度サービスエリアの確認をしましょう。

NURO光はサービスエリア内の人にはダントツでおすすめの光回線です。

おすすめ窓口窓口限定!
最大120,000円お得!
光とセット割で
スマホの料金がおトク!

格安で下り最大2Gbpsの高速インターネット!オンラインゲームや動画もサクサク動く!プロバイダ料込みで4,743円(税抜)でストレスなくネットを楽しめる!この窓口限定で最大120,000円おトクなキャンペーン中!

まとめ

フレッツ光でインターネットを利用していて通信速度が遅く感じる時に考えられる原因は大きく分けて次の3つです。

  1. 契約しているフレッツ光が原因のケース
  2. パソコンやルーターなどの機器側で解決できる問題が原因のケース
  3. 契約しているプロバイダで発生している問題が原因のケース

今回は、それぞれの問題に対応した対処法をご紹介してきました。
困ったときには最初から順番に試してみて、どこに原因があるのかを突き止めてみましょう。

この記事に載っている改善策を試してみてもフレッツ光の通信速度が遅い場合は光回線自体を変えてみるのもおすすめの対処法です。

快適にネットを楽しむためにも、問題が解消されないときには思い切って乗り換えてみてくださいね。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

固定回線のお悩み解消!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAX申込み人気No.1「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクになっています!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る