閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

更新

フレッツ光の速度が遅い場合の対処法を徹底解説!快適に利用する方法は?

フレッツ光の速度が遅い!試してほしい3つの方法!

フレッツ光の速度が遅くて困っていませんか?

今使っているフレッツ光の速度はスピードテストで確認可能です。

速度が遅かった場合は、原因を特定することで高速通信ができるようになります。

本記事では速度が遅い場合の原因7つと対処法について紹介します。

どうしても速度が改善されない場合のオススメの乗り換え先についても、紹介していますので参考にしてくださいね。

なお、契約前だけど、フレッツ光がどの程度速度がでるのか知りたい、という方のために、フレッツ光の速度評判も紹介します。

現在フレッツ光を契約している人もこれから契約する人も、速度について知りたい人はぜひ本記事をご覧ください。

フレッツ光の平均速度を確認しよう!

フレッツ光の平均速度は、「みんなのネット回線速度」の情報だと、以下のとおりです。

フレッツ光の平均速度
引用:みんなのネット回線速度

※2019年3月20日時点

みんそくで測定している22回線中17番目の結果なので、他の回線と比べると遅めと考えられますね。

フレッツ光は、上下最大1Gbpsの光回線です。

光回線の前に主流だったADSL回線は最大速度が50Mbps前後だったので、最大速度は大幅に向上していますが、実測値は実のところADSL時代の最大速度から2倍程度までしか向上していません。

また、上記はあくまで平均速度のため、利用時間や利用環境によってはさらに速度が遅い場合がありますので注意してくださいね。

そしてフレッツ光は、ベストエフォート制を採用しています。

ベストエフォートとは、「仕様通りの速度が出るように努力する」といった意味で、要するに最大速度が出ること自体は保証されていません。

実際の利用者たちにおけるフレッツ光の速度評判を、60件程度調査してみました。

以下の口コミでは、戸建て住宅や集合住宅におけるフレッツ光の速度について語られています。

1つ目の口コミでは、戸建住宅において下り5Mbps以下しか出ていなかったと説明されています。

プロバイダの変更で速度を改善できたと語られていますが、大手プロバイダであるSo-netだと速度が遅いケースもあるということで、速度には注意が必要と考えられますね。

2つ目の口コミは、大手プロバイダのSo-netでフレッツ光回線を使用し、上下90Mbps台が出ていると説明されています。

仕様が上下1Gbpsなので、10分の1未満の速度しか出ていないのは残念ですが、4K動画の再生やPS4のゲームダウンロードなどの大容量通信でも十分快適に利用できる速度です。

※2019年3月 Twitter調べ

一方3つ目の口コミは500Mbps台で、フレッツ光でありながらも他の口コミと異なる圧倒的高速です。

ルーターの無線LAN機能を一時的にきったところ速度が向上したと説明されています。

有線接続で速度が遅いと感じている場合は無線LAN機能がオフになっているか確認してみてくださいね。

速度が遅い?フレッツ光の通信速度を計測する方法!

フレッツ光を利用していて、通信速度を知りたくなったら、速度計測サイトを利用すれば簡単にチェックできます。

主な2つの通信速度計測サイトを紹介するので、活用してみてくださいね。

簡単操作で速度計測をしたいなら【わたしのネット】

わたしのネットでは、画面に表示された「スタート」ボタンを押すだけで速度を確認できますよ。

簡単操作でありながら、上下速度やPing(応答速度、オンラインゲームをする際は数値が小さいほど画面と操作のズレが少なく快適)、そしてジッター(伝送速度のゆらぎで、誘致が小さいほど有利)まで確認できますよ。

信頼性がある老舗の速度計測サイトなら【Radish Network Speed Testing】

Radish Network Speed Testingは、老舗の速度計測サイトです。

必要に応じて回線情報を登録して測定を行い、スピードを確認できますよ。

信頼性の高い老舗サイトで、具体的な数値を確認したい場合は、わたしのネットのスピードテストと合わせて活用してみてくださいね。

フレッツ光の通信速度が遅いといわれる原因と対処法

フレッツ光の通信速度が遅いと言われてしまう原因は、主に以下の6つです。

  • 回線・プロバイダの混雑
  • 契約しているプランが1Gbpsに非対応
  • マンションタイプを利用している
  • 周辺機器の規格が古い
  • プロバイダの帯域制限
  • 通信障害が起きている
  • パソコンに原因がある

回線が遅い原因が上記のどれにあたるか調査し、原因にあった速度改善法を試してみることで、通信速度の向上が期待できます。

以下は、フレッツ光の通信速度が遅い原因と対処法について、それぞれ解説します。

回線・プロバイダが混雑しているため速度が遅い

回線事業者のシェア割合
引用:ブロードバンド回線事業者の加入件数調査(2018年3月末時点)/MMRI

フレッツ光と光コラボは、それぞれの回線を使っている人すべてが、同じNTTの光回線を利用するため、回線が混み合って速度が低下しやすいです。

プロバイダも同様で、回線が違っても同じプロバイダを利用するユーザーが多いため、速度が遅くなりやすいです。

また夜間など毎日特定の時間に速度が低下する理由は、アクセスが集中しているからと考えられますよ。

夜の場合は、学校や仕事が終わって自宅のインターネットを使う人が増えるため、結果的に回線が混み合って速度の低下に繋がってしまっています。

v6プラス対応プロバイダを利用する

フレッツ光回線・プロバイダ混雑を対処する方法は、v6プラス対応プロバイダでv6プラスのサービスを活用することです。

v6プラスを利用すれば、回線の混雑を避けて通信できるので、結果的に通信速度も上がります。

v6プラス対応の主要プロバイダは、以下のとおりです。

  • GMOとくとくBB
  • So-net
  • インターリンク
  • @nifty
  • BIGLOBE
  • gaming+
  • かもめインターネット
  • DTI
  • ちょっパヤ!ネット
  • ic-net

大手であるBIGLOBEやSo-netなども対応しているので、非対応プロバイダを使っている方は必要に応じてプロバイダを変更・v6プラスを利用してみてください。

また、上記のプロバイダを利用していてもv6プラス(またはv6プラス準拠のサービス)を申し込まなければ、既存のIPv4という通信を行っているため、混雑に巻き込まれる恐れがありますよ。

まだv6プラスを申し込んでいない人はプロバイダへ申し込みましょう。

フレッツ光の速度プランがギガに対応していない

フレッツ光の契約プランには、1Gbpsのプランのほかにも最大200、100Mbpsのプランもあります。

下り最大200Mbps
下り最大100Mbps
東日本
戸建てプラン
フレッツ光ネクストファミリー・ハイスピードタイプ
フレッツ 光ネクスト ファミリータイプ
マンションプラン
フレッツ 光ネクスト マンション・ハイスピードタイプ(光配線方式)
フレッツ 光ネクスト マンションタイプ
西日本
戸建てプラン
フレッツ光ネクストファミリー・ハイスピードタイプ
フレッツ光ネクストファミリータイプ
フレッツ 光ライト
マンションプラン
フレッツ光マンションハイスピードタイプ
フレッツ光ネクストマンションタイプ
フレッツ 光ライト

プラン名に「ギガ」や「スーパーハイスピード」と入っている場合は最大1Gbpsのプランなので、プラン変更をする必要はありません。

最大速度が大きいプランほど速度値の上がり幅も大きくなるため、100Mbpsプランを契約している可能性がある場合は、契約プランの確認を行いましょう。

1ギガ対応プランに変更する方法

フレッツ光の速度が遅いと感じた場合、100Mbpsや200Mbpsのプランから1Gbpsのプランに変更することで速度が改善されます。

フレッツ光のプランを1Gbps対応のものに変更する方法は、以下のとおりです。

  1. 利用中のプロバイダが、1Gbps対応か確認する(非対応なら変更する)
  2. 0120-116-116」(9時〜17時受付、年末年始休業)へ問い合わせるか、Webサイトからプラン変更を申し込む
  3. 3週間程度で工事が行われる(立会いが必要な場合もある)
  4. 機器が変更になった場合は、再設定を行って手続き完了

なお、プラン変更ができるWebサイトは以下のとおりです。

また、フレッツ光のプラン変更には工事費がかかるので、ご注意ください。

2段階定額プランである、フレッツ光ライトからフレッツ光ネクストの最大1Gbps対応のプランへ変更する際に発生する料金は、以下のとおりです。

工事費(税抜)
戸建タイプ→フレッツ光ネクストの戸建タイプ
2,000円(ギガファミリー・スマートタイプへの変更は7,600円)
戸建タイプ→フレッツ光ネクストのマンションタイプ
15,000円(LAN方式のみ7,600円)
マンションタイプ→フレッツ光ネクストの戸建タイプ
18,000円
マンションタイプ→フレッツ光ネクストのマンションタイプ
ギガマンション・スマートタイプ、マンションタイプ・LAN方式:7,600円
マンション・ギガラインタイプ、マンション・ハイスピードタイプ:2,000円

マンションタイプは1本の光ケーブルを最大32軒で分け合うため速度が低下しやすい

→画像で記載
フレッツ光のマンションタイプは、1本の光ケーブルを最大32軒で分けあって使っています。

たくさんの人数(部屋)で同じケーブルを使う関係上、回線が混雑・速度が低下してしまいやすいのがデメリットです。

またマンションだと配線方式によっても、最大速度が変わります。

  • 光回線方式:最大1Gbps
  • VDSL方式:最大100Mbps

VDSLなら最大100Mbpsを最大32軒で分け合って使うので、さらに混雑時の速度は下がりやすいことにご注意ください。

光回線方式を選べれば最大1Gbpsであるため、VDSL方式と比べて多少速度が改善されますが、配線方式はマンションによって違っていて、自分では選べません。

どうしてもマンションで速度を改善したい場合は引越しをするか、管理会社に相談して配線方式を変える工事を行ってもらわなければいけないのです。

周辺機器が原因で速度が遅い可能性がある

フレッツ光でインターネットを使うために使用しているさまざまな周辺機器が原因で、通信速度が下がってしまっている可能性もあります。

  • LANケーブル
  • 無線LANルーター
  • パソコン等のLANポート

主に以上の3つが、速度低下の原因として考えられますよ。

LANケーブルの規格をチェック

パソコンは買い替えても、LANケーブルを買い替えたことはない(同じLANケーブルをずっと使っている)場合、LANケーブルが速度低下の原因かもしれません。

「LANケーブルってどれも同じじゃないの?」と驚いたかもしれませんが、LANケーブルにもCAT(カテゴリー)という規格があって、それぞれ最大速度が異なります。

気になるLANケーブル規格に対する通信速度は、以下のとおりです。

LANケーブル規格に対応する通信速度
規格
最大通信速度
CAT5
100Mbps
CAT5e
1Gbps
CAT6
1Gbps
CAT7
10Gbps

たとえばせっかくフレッツ光で最大1Gbpsのプランを利用していても、使用しているLANケーブルがCAT5なら実際に出せる回線の最大速度は100Mbpsまで大幅に落ちてしまいます。

規格はLANケーブルに小さい文字で印刷されているので、今すぐ確認してみましょう。

オススメのLANケーブル規格は、上下最大1Gbps対応でより新しい「CAT6」です。

CAT7は最大10Gbps対応ですが、通信最大速度2GbpsのNURO光でもない限り光回線側の速度が対応していないので、オーバースペックです。

フレッツ光では、最大1Gbpsの通信速度に対応しているCAT6のLANケーブルを使っていれば問題ありません。

無線LANルーター(Wi-Fiルーター)の規格をチェック

次はフレッツ光で利用しているWi-Fiが遅いときにチェックしたい機器・無線LANルーターについてです。

今は自宅でWi-Fiを利用するために無線LANルーターを設置している人がほとんどですが、無線LANルーターにも規格ごとに通信速度の上限があります。

LANルーター規格による対応通信速度
規格
通信速度(最大)
IEEE802.11b
11Mbps
IEEE802.11g
54Mbps
IEEE802.11a
54Mbps
IEEE802.11n
600Mbps
IEEE802.11ad
6.8Gbps
IEEE802.11ac
6.9Gbps

IEEE802.11からはじまる規格は、ルーター本体に貼ってあるシールや取扱ご説明書、購入したときの箱などで確認できます。

箱や取扱ご説明書にはわかりやすく対応通信速度が最大○○bpsと記載されていることもあるので、いずれかの方法で確認してください。

本体に書かれている商品名で検索しても、簡単に確認できます。

LANポートの規格をチェック

LAN周りの規格では、LANケーブルの差し込み口である「LANポート」も要チェックです。

ケーブルと同じように、差し込み口にもいくつかの規格があり、それぞれに最大通信速度が違います。

LANポートの規格による対応通信速度
規格
通信速度(最大)
10BASE-T
10Mbps
100BASE-T
100Mbps
1000BASE-T
1Gbps

フレッツ光で1Gbpsプランを利用している方は、「1000BASE-T」を利用してくださいね。

なお、LANポートの規格は、自分のパソコンの型番がわかればパソコンのメーカーサイトで確認可能、型番がわからない場合は以下にまとめた手順でチェックできますよ。

ちなみに、有線で接続するLANポートがついていない無線LAN専用のパソコンでは、先ほど紹介した無線LANルーターの規格とパソコンの無線LANアダプターの規格が見合っているかどうかを確かめます。

これもパソコンのメーカーサイトで確認できるほか、同じ手順でチェックできるので見ていきましょう。

<LANポート規格の確認手順(Windows10の場合)>

  1. エクスプローラー(何でも良いので適当なフォルダ)を開きます。
  2. 左のリストからPCを右クリック、管理を選択します。
  3. 開いたダイアログの左のリストからデバイスマネージャーを選択します。
  4. 画面中央のリストからネットワークアダプターを展開(左の>をクリック)します。
  5. 一覧にGigabit Ethernetがあれば1000BASE-T、Fast Ethernetがあれば100BASE-T、Ethernetだけなら10BASE-Tです。
  6. 無線の場合は、Intel(R)などから始まるアダプター(パソコンによって違います)をダブルクリックし、開くダイアログの詳細設定タブを選択します。
  7. プロパティーの一覧にある802.11xが、対応している規格です。

プロバイダの帯域制限により速度が遅い

契約中のプロバイダによっては、使いすぎや使用するソフトが原因で通信制限がかかってしまうこともあります。

心配な場合は、利用するプロバイダに問い合わせたり、実際に制限に該当する使い方をして制限がかかるかどうか確認したりしてみましょう。

対処法としては、制限解除まで待つか、今後に備えて速度制限のないプロバイダに乗り換える方法が挙げられます。

通信量における速度制限がかからないプロバイダには、例えばOCNが挙げられます。

OCNは過去には帯域制限があったものの、2019年3月現在は廃止済みです。

フレッツ光・プロバイダで通信障害が起きている

フレッツ光で通信障害が起きている場合も考えられます。

インターネットがまったく繋がらなくなるだけでなく、極度に通信速度が低下することもあります。

障害ではないかと思われた方は、NTT東西の公式サイトからメンテナンス障害情報を見てみたり、Twitterなどで他に同じ状態の人がいないか調べてみるのも一つの手ですよ。

とはいえ通信障害は局所的なものですし、年に何回もあるわけではありませんので、一時的ではなくずっとインターネットが遅い方はあてはまりません。

なお、こちらの記事で、フレッツ光の通信障害が疑われる際の注意点を解説しているので、気になった際は参考にしてください。

パソコンが問題で通信速度が遅い

パソコン側に問題があり、通信速度が低下している可能性もあります。

以下の4つを確認、実施してみてくださいね。

<パソコンのスペックに問題はないか>
パソコンが古いとスペックが最新の高速通信に対応しておらず、高速通信ができない場合もあります。

LANポートや無線LAN機能のスペック上限以上は出ませんし、機種が古くて性能を100%発揮できなくなっているケースもあります。

パソコンが古い場合は、最新機種へ買い替えてみるのもオススメですよ。

<パソコンの再起動>
パソコンの電源をつけたままにしていると、メモリ容量が圧迫されて動作が重くなり、高速で通信できなくなるケースもあります。

例えば「昨日から丸一日以上パソコンを使っている」など、ずっと使っている場合はいったn再起動してみましょう。

再起動によりメモリ容量の圧迫が抑えられて、スムーズに動作するようになることもありますよ。

<ディスククリーンアップ>
WindowsPCの場合は、「エクスプローラー」のCドライブを右クリック・ディスクのクリーンアップやシステムファイルのクリーンアップを行えば、メモリ容量を整理できます。

クリーンアップで余計なデータを削除して、動作が改善しないか試してみてください。

<ウイルス対策ソフトを見直してみる>
ウイルス対策ソフトは、パソコンにウイルスを入れないために重要ですが、メモリをたくさん使って、結果的に動作を重くしてしまうこともあります。

ウイルス対策ソフト自体の変更や、設定の変更を行うなどして、速度が改善されないか試してみてください。

どうしてもフレッツ光の速度が遅い場合は乗り換えよう!

フレッツ光から他社へ乗り換えるなら、速度が速い独自回線の契約がオススメです。

ここまでに解説したとおり、フレッツ光は同じ回線・プロバイダを使う人が多いので、乗り換えても速度が大幅に改善されない可能性もあります。

しかし、独自回線なら回線を共有する人数が少なかったり、そもそもの対応速度がフレッツ光より早かったりするので、速度の改善に大きな期待ができますよ。

ここからは、フレッツ光からの乗り換えにオススメの独自回線を紹介します。

最大2Gbpsを誇るNURO光!

速度の速い光回線として、下り最大2Gbps・上り最大1GbpsのNURO光が挙げられます。

NURO光は独自回線を利用していて、大手光回線の中で唯一、通常プランで下り2Gbpsの最大速度であることを公言しています。

20件程度調査してみたところ、実際に「速い」という評判がありました。

1つ目の口コミでは下り946.74Mbpsも出ていて、速度自体も安定していると語られていました。

900Mbps以上出ていれば、オンラインゲームや動画再生など、あらゆる場面で速度に悩まされることはありません。

※2019年3月 Twitter調べ

2つ目の口コミでも下り900Mbps以上出ていて、投稿者の方が満足していることがわかりますね。

速度についてさらに詳しく知りたい方はNURO光の速度に関する記事もあわせてご覧ください。

速度が速いことからNURO光へ乗り換えたいという方も多いと思いますが、実は提供エリアが狭いという弱点もあります。

NURO光は関東、関西、東海地方でしか利用できず、建物・地域によってはエリア内でも契約できない場合があります。

NURO光には10ギガ・6ギガプランもありますが、エリアはさらに狭くなり、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の中の一部エリアでしか利用できません。

提供エリア内に住んでいる方は、NURO光を検討してみてください。

なお、こちらの記事で、NURO光のエリアについて詳しく紹介していますので参考にしてください。

独自回線を利用しているauひかり・コミュファ光・eo光

auひかりやコミュファ光、eo光も独自回線を利用していて、同じ回線を利用するユーザーはフレッツ光回線に比べて少ないため、混雑が起きづらく速度も速いです。

いずれも速度は、上下最大1Gbps対応ですよ。

また、3回線とも最大1Gbpsのプランだけではなく、最大5Gbps・10Gbpsのプランも用意されています。

<auひかり>
auひかりについて30件ほどの口コミを調べた結果、速度に満足している声が見つかりました。

1つ目の口コミでは、上下100Mbps以上の高速通信ができています。

※2019年3月 Twitter調べ

2つ目の口コミは下り600Mbps以上で、さらに速いですね。

<コミュファ光>

コミュファ光の口コミも、20件ほど調べてみました。

1つ目の口コミは上下約400Mbpsも出ていて、「非常に速い」と判定されているのがわかります。

動画・音楽・ゲームなど、何をするにも大満足の速度でしょう。

※2019年3月 Twitter調べ

2つ目の口コミも下り700Mbps台など高速、利用者の方も「速度かなり出る」と満足しているのが伺えますね。

<eo光>
eo光は30件程度調査した結果、速いとの口コミがありました。

1つ目の口コミでは下り500Mbps台などが出ていて、1Gbps対応回線としては十分なスピードですね。


※2019年3月 Twitter調べ

2つ目の口コミも下り758Mbpsで、仕様である上下1Gbpsに対して半分以上の高速が出せています。

auひかり、コミュファ光、eo光の通信速度についてさらに詳しく知りたい人は、以下の記事もあわせてご覧ください。

なお、コミュファ光、eo光もエリアが限定されていますので注意してください。

auひかりは全国で利用できます。

他の独自回線よりもエリアが広いため契約しやすく、契約したい回線がエリア外の場合にもオススメの回線といえます。

また、コミュファ光やeo光は、地域限定の光回線で、それぞれ以下の地域でのみ契約できます。

<コミュファ光の提供エリア>

  • 愛知県
  • 岐阜県
  • 三重県
  • 静岡県
  • 長野県

<eo光の提供エリア>

  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
  • 福井県

また、10Gbps・5Gbpsのプランを契約したい人は、上記の提供エリアよりもさらに狭い地域のみの提供となっていますので注意してください。

なお、それぞれの回線のエリア確認方法については以下の記事で説明しています。

エリア外だった場合は、他の光回線を検討してくださいね。

光コラボであるソフトバンク光・ドコモ光・ビッグローブ光

光コラボは全国で利用可能ですが、フレッツ光や光コラボと同じ回線を利用するため、変更しても速度が変わらなかったり、場合によっては低下したりする場合もあります。

主な光コラボである、ソフトバンク光やドコモ光、ビッグローブ光の評判をチェックしてみました。

<ソフトバンク光>

ソフトバンク光の口コミを20件ほど調査したところ、速度が遅くて困っている人が見受けられました。

上記口コミは下り1Mbpsどころか、1Mbpsの10分の1である0.15Mbpsとなってしまっています。

動画再生は低画質でも困難、ゲームプレイや音楽の再生なども厳しいでしょう。

※2019年3月 Twitter調べ

2つ目の口コミは下り60Mbps台など、1つ目よりは高速ですね。

ただしソフトバンク光では、光BBユニットをレンタルすることでIPv6接続を利用でき、速度の改善も期待できますよ。

こちらでソフトバンク光の速度改善法を紹介していますので参考にしてください。

<ドコモ光>
ドコモ光の口コミも、速度について20件ほど調べてみました。

下り25.5MbpsなどでもHD〜フルHDの動画は問題なく再生可能、ネットサーフィンなども快適にこなすことはできますが、比較対象になっているNURO光と比べると、かなり差があります。

※2019年3月 Twitter調べ

2つ目の口コミ評判では、他社から乗り換えた結果速度が大幅に下がってしまったと落胆してしまっています。

ただし、ドコモ光ではv6プラス接続を利用できます。

v6接続を利用すれば、利用者が多く混雑するIpv4接続ではなくIPv6接続も利用できるようになるため、速度の改善が期待できます。

こちらで、ドコモ光のv6プラス対応プロバイダや利用方法について紹介していますので参考にしてください。

<ビッグローブ光>

ビッグローブ光の速度に関する口コミ評判も20件ほど調べてみました。

下り44Mbps台で、ネットサーフィンや動画再生などの実用上は十分快適と考えられますが、やはりNURO光などに比べるとちょっと結果はイマイチです。

※2019年3月 Twitter調べ

2つ目の口コミでは、上下200Mbps台の好調な結果が出ています。

ちなみに、ビッグローブ光でもv6プラス接続が利用できますが、規受付は終了しています。

これから申し込みをする場合は、v6+と同等のIPv6オプションの契約ができますので高速通信を行いたい方はぜひビッグローブ光の契約も検討してくださいね。

I
光コラボでも、混雑を緩和して通信できる「v6プラス」を利用できるプロバイダを契約すれば高速で通信できるので、他社回線を利用できない場合は検討してみてください。

まとめ

フレッツ光の通信速度は、回線・プロバイダの混雑や機器のスペックなどが原因で低下します。

フレッツ光の速度が遅い時は、まずは今回解説した機器の変更や設定などの対処方法を試してみてください。

どうしても速度が改善されなかった場合は、NURO光やauひかり、コミュファ光やeo光などの他社回線への乗り換えを検討してみましょう。

他社回線を利用できない場合は、v6プラスに対応する光コラボへの乗り換えにより、速度を改善できる可能性がありますよ。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる?おすすめ光回線3選

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光などさまざまな光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)をさまざまな事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社さまざまなキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べばよいかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
わたしのネットであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション ホワイト光電話光テレビセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光のWeb申込・相談窓口

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

auひかり

auひかり

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

実質2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりのWeb申込・相談窓口

【注目】最大147,500円大幅還元!

ドコモ光

2位

ずっとドコモ割プラスで毎月最大2,500円割引!

月額料金

4,000円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービスひかりTVセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ドコモ光のWeb申込・相談窓口

dポイント最大10,000円相当プレゼント

固定回線は工事がめんどくさい!モバイルルーターで解決

光回線とモバイルルーターで迷いませんか?

もちろんモバイルルーターが欲しくて選ぶ方もいると思いますが、利用したい光回線がエリア外であったり、住んでいるマンションでそもそも使える光回線が決められているなど、希望に沿わない理由もあると思います。

また固定回線の利用を迷う方の理由を聞くと・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

以上のことがデメリットで、光回線に申し込みができない・乗り換えできない方もいます。

そんな光回線の申込みへ不満を抱えた方の代替え案として、「家でも、外でも、高速インターネットが楽しめ、面倒なインターネット開通工事や手続きが必要がない「モバイル回線」が人気です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターはサイズも手のひらサイズのコンパクトで、持ち運びもラクラク!

さらに、通常の固定回線と違って専用の端末を持つだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!

また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないも嬉しいでよね!

おすすめはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器のサービスです。

Broad WiMAXの人気のヒミツは、魅力的なのは毎月2762円(税抜)と業界最安級の月額料金!

さらに一般的なモバイルWiFiルーターは月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できます。

無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度758Mbpsで、フレッツ光などの固定回線と速度を比較しても、ほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級の月額!

WiMAX業界でも最安級の月額料金の設定で、WiMAXを上手に活用できれば、月額のスマホ代を節約できたり、プランによっては容量を気にせずネットを使えます!

固定回線で迷っている方は、WiMAXルーターを利用するのも1つの手段ですね!

WiMAXでおすすめは「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みでおトク!
多くの方に選ばれている「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクです!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る