閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

本当に無料?フレッツ光の無料キャンペーンの落とし穴と注意点まとめ

このページをお気に入りに追加する

このページをお気に入りから削除する

本当に無料?フレッツ光の無料キャンペーンの落とし穴と注意点まとめ

フレッツ光関連のwebページを見ていると、「無料」という言葉がしばしば目に留まります。

これから「フレッツ光」のご契約をお考えの方、あるいは今利用中の方で「光コラボレーション事業者(例えばドコモ光やOCN光など、NTT東西の回線を転用したサービスをしている他事業者)」への乗り換えを検討している方など、特に気になるところではないでしょうか。

「無料」という言葉で考えると、大きく分けて3つ、「月額利用料の無料」、「工事費の無料」、「無料パソコンの提供」がありますが、やはりどれも魅力的に映るものです。

同時に、「本当に無料なの?」という疑問も湧くのではないでしょうか。

この記事では、フレッツ光に関して「無料」とされるキャンペーンや特典などについて取り上げ、皆さまの疑問にお答えするような形でその内容をご紹介します!

なお、フレッツ光の契約を検討している人には、フレッツ光と同じ通信品質で、フレッツ光よりも格段にお安くなる光コラボもオススメですよ!

  • ドコモユーザーにオススメ「ドコモ光」
     →Webフォームからの申し込みだとオプション不要!翌月末に15,000円キャッシュバック
  • auユーザーにオススメ「So-net光」
     →3年間の合計で最大72,000円割引!毎月の料金が安い
  • ソフトバンクユーザーにオススメ「ソフトバンク光」
     →オプション不要で最短2ヵ月後に33,000円キャッシュバック

光コラボはフレッツ光よりお得!

光回線をフレッツ光よりもお得に利用したい人にオススメなのが、「光コラボ」です。

光コラボ(光コラボレーション)とは、フレッツ光の回線を利用してフレッツ光とは違った独自のインターネットサービスを提供している回線事業者のことをいいます。

光コラボレーションのメリットとしては下記があげられます。

  • 次世代通信規格「IPv6」で混雑を回避し通信速度が安定する
  • スマホのセット割が適用され、端末の利用料金が毎月割引される
  • フレッツ光より料金が安くなる
  • 高額キャッシュバックなど窓口限定のキャンペーンを受けられる
  • 他の光コラボ回線やフレッツ光に工事無料で乗り換えできる

その光コラボレーションの代表的な事業者としてソフトバンクが提供するソフトバンク光があります。

ソフトバンク光とフレッツ光の月額料金比較
ソフトバンク光(プロバイダ料金込み)
フレッツ光(プロバイダ料金別)
5,200円
5,800円

フレッツ光に関しては、上記の料金からプロバイダ料金が1,000円前後加算されます。

見ていただいてわかるように、ソフトバンク光は、フレッツ光をプロバイダASAHIネットで利用するよりも月額料金が2,000円近く安くなることがわかります。

ソフトバンク光には、販売代理店が存在します。

販売代理店では、独自のキャンペーンを行っており、さらに月額料金が割引きです。

ソフトバンク光とフレッツ光の月額料金比較
ソフトバンク光(販売代理店)
フレッツ光(プロバイダ料金別)
4,200円
5,800円

月額料金の割引きの他にも、キャッシュバックキャンペーンも行っております。

ここでオススメするソフトバンク光の正規代理店「株式会社NEXT」では、最大33,000円ものキャッシュバックがもらえます。

また、ソフトバンク光以外にも、ドコモ光やSo-net光など他社光コラボでも窓口独自のキャンペーンを実施しています。

それぞれの光コラボのキャンペーン情報は、以下のリンクからご確認いただけますよ。

  • ドコモユーザーにオススメ「ドコモ光」
     →Webフォームからの申し込みだとオプション不要!翌月末に15,000円キャッシュバック
  • auユーザーにオススメ「So-net光」
     →3年間の合計で最大72,000円割引!毎月の料金が安い
  • ソフトバンクユーザーにオススメ「ソフトバンク光」
     →オプション不要で最短2ヵ月後に33,000円キャッシュバック

フレッツ光「月額利用料無料」キャンペーン

フレッツ光 3か月無料キャンペーン出典:NTT西日本公式サイト

NTT西日本の例を取ると、2016年6月1日から同年9月30日までを申込受付期間とした「まるまる三カ月無料」という料金サービスがあります。

ただし、こちらは2018年4月30日をもって新規の申し込みを終了しています。

「まるまる三カ月無料」のポイント

このキャンペーン(料金サービス)のポイントは、契約品目が「フレッツ光ライト」であることです。

簡単にいうと、インターネット利用の通信量に応じて、月額利用料が決まる二段階定額サービスを契約される方が対象です。

以下のような通信量と料金設定がなされています。

フレッツ光ライト ファミリータイプ
(戸建て住宅向け)
マンションタイプ
(集合住宅向け)
基本料金
(320MBまで)
2,300円でスタート 2,200円でスタート
従量料金
(320MB超~1,320MB未満)
320MBを超えた場合、
10MBにつき28円を追加
320MBを超えた場合、
10MBにつき28円を追加
上限料金
(1,320MB以上)
5,100円を上限 4,400円を上限

※ 税抜価格で表示しています。「光ライト割」(料金サービス)適用時の利用料金です。

さて、このような従量制という性質があるため、この段階で「なぁ~んだ、じゃあウチは無理だな。だって、四六時中接続してるもん。」という声が聞こえてきそうです。

たしかに、常時接続している方であれば、すぐに上限料金に達してしまい、あまり旨みがないかもしれません。

しかし、単純にそうとは言い切れない理由もあります。

「まるまる三カ月無料」を「フレッツ光ライト」以外でも活用できないの?

直接的には不可能ながら、間接的には活用可能といえます。

考えてみたところ、NTTの「フレッツ光」には「フレッツ光ライト」の他に、「フレッツ 光ネクスト」などいくつかのサービス品目が存在します。

そして、品目変更を希望すれば(例えば「フレッツ光ライト」から「フレッツ 光ネクスト」へ変更するなど)、NTTの局内工事のみで面倒なく乗り換えることが可能となっています。

ちなみに、工事費用は、お客様センター 0120-116116への電話問い合わせで、税抜2,000円との回答を得ました。

ということは、三か月間の無料期間は「フレッツ光ライト」で好きなだけインターネットを無料利用し、それ以後に現在主流となっている「フレッツ光 ネクスト」に「光もっと2割」を適用させるような形で乗り換えれば良いのです。

これで、「フレッツ 光ネクスト」を元来の目的としつつも、間接的に「契約当初三カ月間はインターネットを無料にできます。

「フレッツ 光ネクスト」に品目変更する時、「光もっと2割」を適用できるの?

「光もっと2割」は、もともと新規契約ではなく、何かしらの「フレッツ光」の契約をしているユーザー向けの料金サービスです。

区分けとしての「フレッツ光の利用期間が2年未満の場合」に該当しているため、「フレッツ光ライト」から「フレッツ 光ネクスト」へ品目変更する時に「光もっと2割」が適用できないということはないと思われます。

ただし、よく似た料金サービス「web光もっと2割」については、フレッツ光の新規契約者が対象となっているため、「web光もっと2割」を適用させて「フレッツ光ネクスト」に乗り換えることはできないはずです。

結局は「フレッツ光ネクスト(web光もっと2割)」で新規契約する方がお得

新規契約時に「フレッツ光ライト」の「まるまる三か月無料」を利用し、三か月後に「フレット光ネクスト(光もっと2割)」に乗り換えて継続利用していくべきか、あるいは新規契約時から「フレッツ 光ネクスト(web光もっと2割)」で契約して長期的に利用していくべきかどうかは、両者の割引額の違い(料金体系)に因ります。

ということで、この両者を料金で比較してみましょう(例としては、ファミリータイプの料金体系で見ています)。

「webもっともっと割」と「もっともっと割」の比較表出典:NTT西日本公式サイト

最終的に同額の月額利用料に落ち着くとはいえ、この差額を計算すると、特に1、2年目は月額で約500円の開きがあります。

これは年間約6,000円の違いになることから2年分の差額だけでも約12,000円です。

この金額は、契約当初の三か月の利用料金(フレッツ 光ネクストで「webもっと2割」を適用して新規契約した場合の三か月間の利用料金)をまかなえますので、わざわざ「フレッツ光ライト」の「まるまる三か月無料」を利用して新規契約し、その後に「光もっと2割」で「フレッツ 光ネクスト」にスライドするまでもないことがわかります。

厳密に見てみましょう。

【「Web光もっと2割」と「光もっと2割」の料金の差額(ファミリータイプ)】

1年目 2年目 3年目 4年目 5年目 6年目 7年目 8年目 9年目以降
差額 490円×12
5,880円
490円×12
5,880円
300円×12
3,600円
200円×12
2,400円
100円×12
1,200円
0円 0円 0円 0円
合計 「Web光もっと2割」が18,960円割安

三か月間の無料分を勘案する必要もありますので、両者の差額18,960円から「Web光もっと2割」の三か月分の料金を差し引いて計算します。

18,960円-(3,810円×三か月)=7,530円

結果的に、新規契約時に「フレッツ光ライト」の「まるまる三か月無料」を利用し、三か月後に「フレット光ネクスト(光もっと2割)」に乗り換えて継続利用するよりも、初めから「フレッツ光ネクスト(web光もっと2割)」で新規契約する方が、6年間で考えた場合、7,530円お得ということがわかりました(ファミリータイプの例)。

「フレッツ光ライト(まるまる三カ月無料)」で契約するオススメの条件とは

では、「まるまる三か月無料」はあまり価値がないのかと言われれば、そうともいえません。

本来の「フレッツ光ライト」のターゲット層(もともとネットのヘビーユーザーでなく、メールと週末のネットサーフィン程度というライトユーザー)には、この「まるまる三か月無料」の「フレッツ光ライト」契約はもちろんオススメです!

また、長期的には「フレッツ 光ネクスト」で継続利用していくつもりが当初からある場合であっても、例えば引っ越ししたばかりで当初数カ月は出費をおさえたい場合などには役立ちます。

その他にも、三か月の無料後、2年のみ「フレッツ光ネクスト(光もっと2割)」を利用し、「光もっと2割」の解約金の発生しないタイミングで契約解除するのであれば、ほとんど両者に金額的な差額はないということが計算できます。

三か月×0円 + 二十四か月 ×4,300円 ≒ 二十七か月×3,810円

つまり、2年程度のお試し感覚の利用なら、「フレッツ光ライト(まるまる三か月無料)」からの「フレッツ光ネクスト(光もっと2割)」移行も手段として悪くない選択だといえそうです。

フレッツ光「工事費無料」キャンペーン

フレッツ光の「工事費無料」は現在大きく分けて2種類あります。

新規契約時の「初期工事費無料」と「移行(旧「フレッツ・光プレミアムからフレッツ 光ネクストなどへのアップグレード)工事費の実質無料」です。それぞれ分けて解説します。

なお、移転や転居に伴った工事費割引(実質半額)については、こちらの記事が関連していますのでご参照ください。

① 新規契約時の初期工事費無料

以前は「フレッツ光」の新規契約において、初期工事費無料という言葉を色んな所で目にができたように思います。

現在では、エリア普及率95%にも到達していることから、こういったNTT東西側の「回線普及」に向けた初期工事費無料キャンペーンはめっきり見なくなりました。

また、2015年より「光コラボレーションモデル(NTT東西ではない別の他事業者が、フレッツ光回線を転用して独自にサービス展開するもの)」がスタートしています。これに伴い、かつては代理店に任せていた新規契約獲得を、この他事業者の企業努力に委ねるような形にシフトチェンジさせています。

このような時代背景も相まって、現在「フレッツ光」関係で「初期工事費無料」とされるものは、光コラボレーションに参入した他事業者(例えば「ドコモ光」や「ソフトバンク光」など)の独自の顧客取り込みキャンペーンなどとなっています。

以下のような例があります。期間限定のキャンペーンが主流ですので、契約のタイミングには注意を要します。

光コラボレーション以外に、独自の回線を利用してインターネットサービスを提供している事業者も存在します。

その代表格がauひかりです。

auひかりはスマホのキャリアとしても有名なauが提供している人気のインターネットサービスです。auひかりでも初期工事費用が無料になるキャンペーンを実施しており、インターネットをはじめるにあたり候補として入れておきたい回線です。

auひかりには、以下のようなメリットがあります。

  • 新規契約者向けに最大55,000円キャッシュバック
  • 次世代規格「IPv6」に対応した独自回線でサービスを提供
  • 最大10Gbps・5Gbpsの高速サービス「auひかりホーム10ギガ・5ギガ」のプランも設定
  • 他社回線の解約で発生した違約金を最大30,000円負担

なお、最大55,000円キャッシュバックは受け取りまで8ヶ月かかりますので、すぐにキャッシュバックを受け取りたい方には、オプション不要で最大52,000円が最短翌月末にキャッシュバックされるキャンペーンがオススメです!

auひかりのキャンペーン情報は、以下からご確認いただけます。

※このボタンからお得な特典をチェック

② フレッツ光の移行(アップグレード)に関わる工事費無料

フレッツ光の移行(アップグレード)とは、旧品目の「Bフレッツ」や「フレッツ・光プレミアム」を最新の「フレッツ 光ネクスト」へアップグレードすることを指します。NTT東西の「フレッツ光」の持代推移については、簡単にまとめると次のようなものです。

時期 品目名称 ポイント
2000年~2012年 Bフレッツ 初代のフレッツ光
2005年~2019年終了予定 フレッツ・光プレミアム 西日本のみの提供品目
2008年~ フレッツ 光ネクスト 最新式の次世代ネットワーク

さて、次のような告知がNTT西日本公式サイトに出ているように、光回線の設備自体が次世代ネットワーク(NGN=Next Generation Network)へと移行していく中で、旧品目で契約されている各ユーザー側には機器設備面でアップグレードが求められています。

フレッツ光・プレミアム終了の告知出典:NTT西日本公式サイト ※「フレッツ・光プレミアム」は西日本限定で提供されているものです。

このお知らせは重要な案内で、2019年3月末頃の「フレッツ・光プレミアム」のサービス提供終了後は「そのままの利用機器ではインターネット接続ができなくなる」ことを意味します。

詳しくはNTT西日本の公式サイトのこちらで確認してみてくださいね!

ここでは「工事費無料」というものにスポットを当てて見ていますので、この「フレッツ・光プレミアム」の終了に伴った「移行(品目変更)工事費」について確認してみましょう。

品目変更工事費割引(西日本)出典:NTT西日本公式サイト

この案内を見てみると、「無料」という言葉はどこにも見つからず「割引」という言葉が使われています。

それでも旧タイプ「フレッツ・光プレミアム」はNTT西日本側の意向で強制的に終了させているわけですから、おかしな話です。

そう思い詳しく中身を確認すると、やはりこの移行(品目変更)工事費は「実質的には無料」といえる内容となっていました(詳しくはこちらのページから確認)。

簡単にいうと、工事と呼ばれるものについては、この場合ご自身で古い機器を外し新しい機器を繋ぐだけというものです。

よって、基本的には派遣工事などではなく、ご自分で調整するレベルの簡単なものとなっており、通常は工事費用などが発生しません。

接続設備によっては担当者派遣による工事が必要になる場合もありますが、この場合も無派遣工事(ユーザーの自宅調整)が実施不可能な条件でなられる派遣工事であれば、その費用負担は必要ないようです。

ただし、自己調整できる条件下で、それでも担当者を呼んで依頼するということであれば、派遣工事費2,000円(税抜)が必要です。

中には「私さっぱりわからないから」と言って、とりあえず工事担当者を呼ぶようなことも起こりうるため、「工事費無料」でなく、「工事費割引」という言葉が選ばれたのだろうと思われます。

なお補足ですが、旧品目「Bフレッツ」や「フレッツ・光プレミアム」を「フレッツ 光ネクスト」へ移行する場合、月額利用料についてはそれまで通り「同額の利用料」です。

よって、デメリットとなるようなことは何も想定できませんので、該当の方はすぐにでも変更手続きされることをオススメします。

無料パソコンご提供キャンペーン

「無料パソコンご提供キャンペーン」といった新規顧客の取り込みも、以前は代理店などを中心として数多く行われていました。

現在でもインターネットで検索をかけると、「無料パソコン」を提供している代理店を見つけることができます。

ただし、その数は減ってきているといえます。

インターネット上で確認できたものの中で2つの例をあげます。

それぞれNTT東西日本の代理店コードは明記されているサイトですが、キャンペーンの中身については、自己判断、自己責任でお願いします。

代理店でのパソコン無料キャンペーン出典:株式会社エフプレインホームページ

代理店でのパソコン無料キャンペーン
出典:BBNブロードバンドナビ(株)ホームページ

このように、最近では流行りのAll in One PCなども対象プレゼントとなってきているようで、消費者心理をくすぐります。

キャンペーンの適用条件や、パソコンなどが提供される時期、オプションサービスの加入義務などについてはそれぞれ設定がありますので、どれだけお得になるかはお電話での相談などを活用し、ご自身の目と耳で慎重に検討ください。

月額料金が無料に?キャッシュバックキャンペーン

「無料」ではありませんが、キャッシュバックキャンペーンもはずせません。

キャッシュバックの金額を月額の利用料金に当てれば、月額料金を実質無料にもできます。

フレッツ光といえばキャッシュバック!と言われるほど高額のキャッシュバックキャンペーンを実施していました。

しかし現在では、法人契約の場合と個人契約の場合でキャッシュバックキャンペーンの状況が大きく変わってきています。

法人契約ではキャッシュバックキャンペーンを実施していますが、 個人契約ではキャッシュバックキャンペーンをほとんど実施していません。

フレッツ光の販売代理店などでデカデカと表示されているキャッシュバックの金額はキャッシュバックの受け取り条件が法人契約の場合がほとんどです。

法人契約の場合のキャッシュバックキャンペーン

昔ほどキャッシュバック金額は高額ではありませんが、法人契約ではまだまだキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

キャッシュバックキャンペーンには大きく分けて2通りあります。

  1. キャッシュバックの金額が低いけど早くもらえる
  2. 受け取りまでの期間が長いけど高額のキャッシュバックがもらえる

それぞれのキャンペーンの特性を持った代理店をご紹介します!

1.キャッシュバックを最短でもらいたい

もらえるものは早くもらいたいという人には株式会社NEXTがオススメです!

株式会社NEXTはフレッツ光の代理店のなかでも最短でキャッシュバックがもらえると評判です。

※個人向けにも最短キャッシュバックを実施していましたが、最近法人向けのみになったようです。

契約条件によりキャッシュバックの金額が前後しますが、最大45,000円のキャッシュバックが契約から最短2ヶ月でもらえます。

2.時間がかかってもいいから高額のキャッシュバックをもらいたい

株式会社ネットナビはフレッツ光の代理店のなかでも高額のキャッシュバックがもらえます。

高額のキャッシュバックがもらいたい人にはオススメです!

キャッシュバックが受け取れる時期は契約より12ヶ月後ですが、最大で70,000円もの高額キャッシュバックがもらえます。

ただし、指定のオプションにすべて加入する必要があるため、注意しましょう。

法人契約での高額のキャッシュバックキャンペーンを狙っている人は下記のオススメ記事も参考にしてくださいね!

【オススメ】フレッツ光を法人で利用する場合のキャンペーン活用術

個人契約の場合でのキャッシュバックキャンペーン

個人契約の場合でのキャッシュバックキャンペーンはもらえる金額も、取り扱っている店舗も激減しています。

というよりも、個人向けにはキャッシュバックキャンペーンは行っていないといったほうが良いかもしれません。

高額のキャッシュバックを受け取りたい場合は、フレッツ光以外の光回線での契約がオススメです!

参考までに、ソフトバンク光では最大33,000円のキャッシュバック、So-net光では3年間で最大72,000円割引、ドコモ光では最大15,000円のキャッシュバックがもらえます。

  • ドコモユーザーにオススメ「ドコモ光」
     →Webフォームからの申し込みだとオプション不要!翌月末に15,000円キャッシュバック
  • auユーザーにオススメ「So-net光」
     →3年間の合計で最大72,000円割引!毎月の料金が安い
  • ソフトバンクユーザーにオススメ「ソフトバンク光」
     →オプション不要で最短2ヵ月後に33,000円キャッシュバック

フレッツ光以外のキャッシュバックを詳しく知りたい人は下記のオススメの記事を読んでみてください。

【オススメ】どうする?フレッツ光のキャッシュバックが激減!お得方法は3つ!

ひかり電話の無料キャンペーンはあるの?

結論から言いますと、現在フレッツ光にはひかり電話についての無料キャンペーンはありません。

過去の情報を見てもひかり電話の料金が割引になるといったキャンペーンはありませんでした。

ですのでおそらく今後もそういったキャンペーンは期待できないかもしれませんね。

ですが、ひかり電話の魅力はなんといっても基本料金や通話料金の安さです。

キャンペーンはたしかにありませんが、これら料金が安く済むといった点で十分ひかり電話を契約する価値はあるのではないでしょうか。

【関連】フレッツ光のひかり電話のまとめ!サービス内容から解約方法まで

また代理店のほとんどがキャッシュバックの条件としてひかり電話の加入をあげています。

ですので、電話料金が安くなってお得、かつキャッシュバックももらえるひかり電話は、とも加入しておいた方がいいサービスだといえます。

【オススメ】フレッツ光でビジネスフォンはメリットだらけ?導入までの流れ

まとめ

いずれにしても、時代背景として、「光コラボレーションモデル」がスタートしていることにより、NTT東西日本の新規顧客取り組み戦略は大幅に方向転換しています。

今後は、NTT東西との契約によるキャンペーンではなく、各光コラボレーション事業者への新規契約に関連して、こういったキャンペーンが展開されていくと予想されます。

光回線を利用するなら、お得な光コラボもオススメですよ!

  • ドコモユーザーにオススメ「ドコモ光」
     →Webフォームからの申し込みだとオプション不要!翌月末に15,000円キャッシュバック
  • auユーザーにオススメ「So-net光」
     →3年間の合計で最大72,000円割引!毎月の料金が安い
  • ソフトバンクユーザーにオススメ「ソフトバンク光」
     →オプション不要で最短2ヵ月後に33,000円キャッシュバック

【最新】おすすめインターネット回線特集

インターネット回線の種類別にサービス特徴や選ぶポイントをご紹介していきます! フレッツ光だけでなく、利用シーンに合わせて月々ネット料金を安くおさえたり、回線速度を上げれたり・・と知っておいても損がない情報を集めました! また併せて各回線ごとにわたしのネット編集部が調査してわかったおすすめの窓口を紹介ていますので回線選びのご参考にしていただければと思います!

光コラボレーションでおすすめ

光コラボといえば、フレッツ光と回線を使っているのでフレッツ光と同品質で安心!さらに下記では携帯とセットでお得になる回線をピックアップ!

\ 【最新】光コラボレーションでおすすめ /
☞ 詳細記事はこちら「2019年最新版・光コラボの比較一覧表!料金・速度・キャンペーンを比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

エリアは限られているけど利用できるなら使いたい光回線

現在はフレッツ光だけではなく、独自回線を展開しているサービスがあります。キャンペーンも窓口によってさまざまです!口コミでも速度に定評のある光回線をまとめました!

\ 【最新】光回線で総合的におすすめ /
※東海エリアであればコミュファ光がおすすめ!(auユーザーは割引あり)
☞ 詳細記事はこちら「【2019年最新】オススメの光回線はどこ?人気回線10社を大比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

モバイル回線(Wi-Fi)でおすすめ

持ち運びできるWi-Fiや自宅で使うホームルーターなど利用する状況に応じて選ぶことが大事です!選ぶポイントは選びは「月額料金」「データ量」「通信速度」に注目!

\ 【最新】Wi-Fi選びで迷われている方へ /
※ソフトバンクユーザーであればネクストモバイルもおすすめ(20GB 2,760円~)!
☞ 詳細記事はこちら「2019年にオススメしたいポケットWi-Fiは?全9社の総合評価を比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

このページをお気に入りに追加する

このページをお気に入りから削除する

光回線窓口ランキング 2019年11月28日更新

※こちらのランキングは「キャッシュバック額」「受け取りやすさ」「受け取り時期」「手続き」方法で判定しています。

モバイルWiFiルーター窓口ランキング 2019年11月28日更新

ホームルーター窓口ランキング 2019年11月28日更新