閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

フレッツ光の移転手続きの流れと費用|エリアによっては転用や乗りかえもオススメ

ネットの引越し

フレッツ光を契約中に引越しをする場合、転居先のエリアによっては移転手続きができます。

フレッツ光はNTT東日本・NTT西日本によって提供エリアがわかれているので、引越しがきまったらまずは転居先のエリアを確認しましょう。

同一エリア内での引越しは、転居先での工事費が半額になる移転手続きがオススメです。

ただし、NTT東日本またはNTT西日本でエリアをまたぐ場合は、現在の契約を解約し、新しい住所で新規契約をしなくてはいけません。

NTT東西のエリアをまたぐ引っ越しは、現在のフレッツ光の違約金が発生する可能性や、転居先での初期工事費も発生します。

転居先が現在のエリアと違う場合は、同じフレッツ回線を使った光コラボへの乗りかえや、工事費無料キャンペーンが受けられる他社回線に乗りかえがオススメですよ。

今回は同一エリアでの移転手続きの手順や注意点、エリアをまたぐ場合に引っ越し先でフレッツ光を新規契約する方法や乗りかえ方法を解説していきます。

フレッツ光を契約中で、近々引越しを控えている方はぜひ参考にしてくださいね。

フレッツ光の引越しはまずエリア確認から!

フレッツ光契約中の引越し手続きは、転居先のエリアによって2つのパターンにわかれます。

  • 同一エリア内での移転手続き
  • エリアをまたぐ場合は解約して新規契約

フレッツ光は全国エリアカバー率99%を誇るサービスですが、東日本・西日本エリアで運営している会社が違い、提供エリアが2つにわかれます。

NTT東日本・西日本エリアマップ
引用:NTT東日本・西日本サービス提供地域について

フレッツ光東日本・西日本それぞれの運営会社と提供エリアを、一覧表で確認してみましょう。

エリア 東日本エリア 西日本エリア
運営会社 NTT東日本 NTT西日本
提供エリア 【北海道】北海道
【東北】青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県
【甲信越】山梨県、長野県、新潟県
【関東】東京都、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県
【北陸】福井県、石川県、富山県
【東海】愛知県、岐阜県、三重県、静岡県
【関西】兵庫県、京都府、滋賀県、大阪府、奈良県、和歌山県
【中国】島根県、鳥取県、岡山県、山口県、広島県
【四国】愛媛県、香川県、高知県、徳島県
【九州・沖縄】福岡県、大分県、宮崎県、佐賀県、長崎県、熊本県、鹿児島県、沖縄県

もし、引越し先の都道府県がフレッツ光の提供エリア内だったとしても、一部の地域や建物によっては、フレッツ光が利用できない場合もあります。

フレッツ光を契約中に引越しが決まったら、まずは新しい住所が提供エリア内かを確認しましょう。

フレッツ光のくわしい提供エリアは、NTT東日本とNTT西日本のサイトから調べられます。

同じエリア内での引越しの場合、転居先でフレッツ光の工事が可能ならば、移転手続きをしてフレッツ光の契約を引き継げます。

フレッツ光の移転手続きの費用や手順については、同一エリアでのフレッツ光の移転手続き|メリットや手続き方法の項目でくわしく説明します。

しかし、NTT東日本とNTT西日本でエリアをまたぐ引っ越しやフレッツ光が未対応の物件だった場合は、現在のエリアでフレッツ光の契約を解約し、新たなエリアでインターネット回線を新規契約しなくてはいけません。

フレッツ光を解約し、再度フレッツ光を新規契約する場合の手続き方法や、引っ越しを機に他社回線に乗りかえる方法については、エリアをまたぐ場合のフレッツ光の引越し手続き|解約新規と転用の項目でくわしく説明します。

同一エリアでのフレッツ光の移転手続き|メリットや手続き方法

引っ越し先の住所が現在の契約住所と同一エリアで、フレッツ光の提供可能物件だった場合は、移転手続きができます。

移転手続きを申し込む際は、以下の窓口を利用しましょう。

<フレッツ光東日本 移転手続き窓口>

<フレッツ光西日本 移転手続き窓口>

フレッツ光東日本・西日本ともに電話、もしくはインターネットから移転手続きができます。

移転手続きは24時間いつでも対応可能なインターネット窓口がオススメですよ。

インターネットで移転手続きをするときは、フレッツ光のお客様IDと契約者ページのパスワードが必要です。

フレッツ光で移転手続きをするメリット

フレッツ光を契約中に引越しをする際、移転手続きをするメリットは以下のとおりです。

ただし、デメリットとしてプロバイダなどの新規契約キャンペーンが適用外になる、半額とはいえ移転工事費がかかるという点も理解しておきましょう。

フレッツ光の移転手続きをするメリットについて、項目ごとにくわしく解説していきますよ。

移転工事費が新規工事費の半額

移転のメリットとして費用面について考えると、まず「移転工事費割引」があげられます。

移転工事費割引
引用:フレッツ西日本 移転工事費

フレッツ光の移転手続きをすると、新たな住所でフレッツ光の開通工事が行われます。

工事内容としてはフレッツ光の初期工事とまったく変わりませんが、移転工事費はNTT東日本・西日本ともに「移転工事費割引」が適用され、新規工事費の最大半額です。

フレッツ光は新規工事費に対するキャンペーンがありませんので、移転手続きをしてフレッツ光の開通工事を行えばお得です。

移転工事費の具体的な金額についてはのちほど、移転工事費用の項目で紹介します。

解約金が免除される

引越し時にフレッツ光の移転手続きをして継続利用する場合は、本来フレッツ光の解約で発生する以下の料金がかかりません。

  • フレッツ光の解約金
  • 初期工事費の未払い分の清算
  • プロバイダの違約金

フレッツ光で契約期間を定めるプランを申し込んでいた場合は、契約更新月以外の解約で解約金が請求されます。

契約種別 戸建て向け契約 集合住宅向け契約
にねん割(NTT東日本)の解約金 9,500円 1,500円
光はじめ割(NTT西日本)解約金 10,000円 7,000円

価格は税抜

また、フレッツ光の初期工事費を一括でなく毎月分割で支払っている場合は、解約時に残債分を一括清算する必要があります。

フレッツ光の戸建て・集合住宅の基本工事費と分割払い時の料金は、以下のとおりです。

契約内容 工事費 分割払い(31回払い)
戸建て住宅 18,000円 1か月×3,000円 30か月×500円
マンション ・フレッツ光ネクスト ・プレミアム
(LAN方式)
7,600円 1か月×1,600円 30か月×200円
マンション ・フレッツ光ネクスト ・プレミアム ・ライト
(LAN方式以外)
15,000円 1か月×3,000円 30か月×400円

価格は税抜

フレッツ光を解約する場合は、工事費の残債を一括で請求されるので、一度に高額の費用を支払わなくてはいけません。

しかし、移転手続きの場合は工事費の残債もそのまま引き継がれ、分割払いで今までどおり支払えるので安心です。

フレッツ光を解約するときには、基本的に契約しているプロバイダも解約しなくてはいけません。

解約時にはプロバイダの違約金も発生する場合があります。

フレッツ光で人気のプロバイダ10社の違約金を、確認しておきましょう。

プロバイダ 解約金 解約金がかかる期間
ASAHIネット 2,000円 1年以内
WAKWAK 4,500円 23か月
plala 6,600円~11,000円 1年以内
@nifty 3000円 2年以内
hi-ho 10,000円 2年以内
BIGLOBE光withフレッツ 5,000円 2年以内
OCN 2,400円 2年以内
So-net 長割 for フレッツ 3,000円 契約更新月以外 (2年間の自動更新)
DTI 光 with フレッツ 3,000円~10,000円 2年以内
BB.excite (プロバイダのみ) 4,000円 1年以内
BB.excite光 with フレッツ (フレッツ光プロバイダパック) 6,000円 2年以内

価格は税抜

移転手続きをすれば、フレッツ光で契約しているプロバイダもそのまま引き継げるので、違約金はかかりません。

ただし、地域限定プロバイダを契約していた場合、まれに同じNTT東日本・西日本エリア内でもプロバイダを解約しなくてはいけない場合もありますので、ご注意ください。

長期割引の年数やポイントが引き継げる

フレッツ光は東日本・西日本ともに、長期利用割引サービスを用意しています。

<フレッツ光東日本 にねん割>

にねん割
引用:フレッツ光東日本代理店 ネットナビ にねん割

<フレッツ光西日本 光はじめ割>

光はじめ割
引用:フレッツ光西日本代理店 ネットナビ 光はじめ割

長期利用割引は継続してフレッツ光を利用すればするほど、割引金額が大きくなります。

また、NTT東西の会員制プログラムでも、フレッツ光の継続利用期間が長いほど、貯められるポイント数も多くなっていきますよ。

<フレッツ光東日本 フレッツ光メンバーズクラブ>

フレッツ光メンバーズクラブ
引用:フレッツ光メンバーズクラブ

<フレッツ光西日本 CLUB NTT-West>

CLUB NTT-West
引用:CLUB NTT-West

フレッツ光を移転手続きで継続利用すれば、「割引サービス」や「ポイント付与」の高水準も維持できるので、お得が続きますね。

プロバイダが引き継げる

フレッツ光の契約をお引越し先でもそのまま引き継げるので、基本的にプロバイダ変更も必要ありません。

プロバイダが引き継げるということは、これまで使用してきたプロバイダメールアドレスの変更の必要もなく、プロバイダオプションなども継続して利用できますよ。

フレッツ光を移転する際には、プロバイダへの住所変更届けが必要です。

プロバイダへの住所変更届けは、プロバイダのカスタマーサービスセンターへの電話や、契約者ページで受け付けています。

フレッツ光の移転工事後、接続設定をする際はプロバイダのIDやパスワードが必要ですが、住所変更に伴い新たなIDやパスワードが発生する場合もありますので、引越し前に契約先のプロバイダへしっかり問い合わせておきましょう。

フレッツ光で移転手続きをする注意点

フレッツ光の移転手続きはメリットも多いですが、いくつか注意してほしい点もあります。

フレッツ光の移転手続きを行う上で、注意点は以下の3つです。

  • ひかり電話の番号が変わる場合がある
  • 引越しを機に契約内容が変わる場合もある
  • 引越し先が新築の場合は時間がかかることも!

それぞれのポイントをくわしくチェックしておきましょう。

ひかり電話の番号が変わる場合がある

フレッツ光の移転手続きを行うと、契約しているひかり電話などのオプションも引き継げます。

ただし、フレッツ光で利用しているひかり電話の番号が、変更になる可能性がありますよ。

NTT東日本の公式ホームページには、以下の記載がありました。

電話番号が変わるケース
引用:NTT東日本 よくあるご質問(Q&A)

ひかり電話やNTTのアナログ電話は、基本的に市や県などが変われば電話番号が変わってしまう可能性が高いです。

引越しによりひかり電話の番号が変わるか問い合わせたい方は、以下の窓口で確認してください。

フレッツ光東日本・西日本共通
0120-116116(受付時間=9時~17時)

引越しを機に契約内容が変わる場合もある

現在住んでいる住居タイプが引っ越しに伴い変わる場合は、プラン変更が必要です。

集合住宅から戸建て住宅に引っ越す場合は、引越し後の月額料金が今までよりも高くなります。

逆に戸建て住宅から集合住宅に引っ越した場合、マンションタイプは月額料金が安くなりますよ。

住居タイプが変更になる場合は工事内容なども変わるので、移転手続き時にフレッツ光のオペレーターなどへ伝えましょう。

引越し先が新築の場合は時間がかかることも!

フレッツ光の移転手続きは、申し込みが完了してから約2週間~4週間で完了すると公式サイトには記載されています。

引越し期間
引用:NTT西日本 よくあるご質問(Q&A)

ただし、引越し先が新築住宅の場合は予定よりも時間がかかる場合もあるようです。

Yahoo!JAPAN知恵袋には、新築住宅へ引っ越すフレッツ光ユーザーからの質問が残されていました。

<フレッツ光 引っ越し手続き 1か月以上待ち>
この度新築に引っ越しすることになり、フレッツ光のサイトに「引っ越し手続き1~2週間要します」みたいな内容があったな・・と思いながら、引っ越し日の2週間前に手続きを行いました。
いざTELにて引っ越し手続きを行うと、新興住宅地との理由で工事日が1か月半も先になるとのお返事がありました。これ以上工事日が早まることもないとのこと。
(中略)最悪フレッツ光解約して、他に乗り移ってもいいと考えていますが、今からの新規契約は同じように1か月半もかかるのでしょうか。
引用:Yahoo!JAPAN知恵袋

新築住宅への移転の場合、時間がかかる理由として、新しく建物が建った場所の住所登録が済んでいない可能性があります。

新築の住宅やマンションが建つ前は更地や空き地などで番地がついていない場合、NTTは住所登録が済むまで工事に取り掛かれません。

まずは引越し先の役所などに、新居の住所登録が完了しているか確かめましょう。

フレッツ光の移転手続きでかかる費用

フレッツ光の移転手続きを行う場合、以下の費用が発生します。

  • 移転工事費用
  • 移転工事に伴う追加工事費

NTT東日本・西日本の移転工事費や、追加で工事費が発生するケースをみてみましょう。

移転工事費用

フレッツ光の移転工事費は移転工事費割引が適用され、最大で新規工事の半額です。

2.移転工事費(NTT東日本)PNG
引用:フレッツ東日本 移転手続き

移転工事費は工事の内容や、引越し前後に契約していたプランによっても異なります。

具体的な移転工事費用は、以下のとおりです。

【フレッツ光東日本 移転工事費】

NTT東日本 移転工事費
引用:フレッツ東日本 移転工事費

【フレッツ光西日本 移転工事費】

NTT西日本 移転工事費
引用:フレッツ西日本 移転工事費

ちなみに、移転手続きの際の契約事務手数料はかかりません。

移転工事費に追加工事費が請求される3つのパターン

フレッツ光の移転工事を行った際に、追加でさらに工事料金が発生する場合があります。

移転工事費の他に追加工事費が発生するケースは、以下のとおりです。

工事内容 戸建て工事費 集合住宅工事費
引越し前に「Bフレッツ」を契約→移転先でフレッツ光ネクストにプラン変更する場合 最大18,000円 最大15,000円
土日祝日に工事をする場合 工事費+3,000円
夜間(17時~22時)・年末年始に工事を行う場合 (工事費の合計額-1,000円)×1.3+1,000円
深夜(22時~8時30分) (工事費の合計額-1,000円)×1.6+1,000円
ひかり電話移転工事 2,000円〜10,000円

価格は税抜

フレッツ光を引越し前のプランから移転を機に変更する場合も、基本的には追加工事費はかからず、引越し先の住居タイプごとの移転工事費のみです。

  • フレッツ光ネクストハイスピードタイプ→フレッツ光ネクスト ギガラインタイプ
    移転工事費=6,500円~9,000円
  • フレッツ光ネクストマンションタイプ→フレッツ光ネクストファミリー
    移転工事費=6,500円~9,000円
  • フレッツ光ライト→フレッツ光ネクスト
    移転工事費=6,500円~9,000円

ただし、引越し前に「Bフレッツ」を契約していた方は、移転先でフレッツ光ネクストに変更する場合、工事費は通常どおり請求されます。

また、時間外の工事や契約しているオプションも移転させる場合は、追加工事費が必要ですよ。

フレッツ光で移転手続きを行う流れ

フレッツ光の移転手続きを行う前に、以下の情報を用意しておきましょう。

  • 引越し先の住所
  • 利用中のNTTの加入電話かひかり電話の番号と契約者名義
    もしくは、フレッツ光のお客様IDと契約者名義
  • 工事の希望日

フレッツ光のお客様IDは、開通時にNTTから郵送された「開通のご案内」に記載されています。

「開通のご案内」が見当たらない場合は、フレッツ光東日本・西日本ともに0120-116116(受付時間=9時~17時)に問い合わせて、再度郵送してもらいましょう。

移転手続きに必要な情報がそろったら、以下の手順で移転手続きを行います。

  1. フレッツ光の移転手続きは電話かインターネット
    電話:0120-116116
    インターネット:フレッツ光東日本フレッツ光西日本
  2. プロバイダに登録住所の変更を申し出る
  3. 引越しをする
  4. 引越し先でフレッツ光の移転工事を行う
  5. フレッツ光の接続・設定を行う

フレッツ光の移転手続きは申し込みから移転完了まで、約2週間~4週間かかると公式サイトに記されています。

しかし、工事の込み具合や引越し先の物件の状況によっては、開通工事まで1か月以上かかる場合もありますので、引越しが決まったらできるだけ早く手続きを始めましょう。

1.フレッツ光の移転手続きは電話かインターネット

フレッツ光の移転手続きは、電話かインターネットで行います。

<フレッツ光東日本 移転手続き窓口>

<フレッツ光西日本 移転手続き窓口>

インターネットなら受付時間を気にする必要もなく、24時間好きなタイミングで移転手続きができるので、オススメですよ。

2.移転手続きに伴う工事の日程を調整する

フレッツ光の移転手続きを申し込んだら、引越し先でフレッツ光の開通工事を行う日程をNTTの工事業者と調整しましょう。

フレッツ光の移転手続きは基本的に、立ち会いが必要です。

引越し先の物件の引き渡し日以降で、設定しましょう。

また、現在の住所に引き込んだフレッツ光の回線撤去工事が必要な場合は、回線撤去工事の日程も打ち合わせておきましょう。

フレッツ光の回線撤去は、契約者が希望しない限り行われません。

わざわざ回線撤去工事を行う必要はありませんが、賃貸物件やマンションなどで管理会社から回線の撤去を要請された場合は、フレッツ光の移転手続き時にその旨を伝えましょう。

ちなみに、フレッツ光の回線撤去工事に料金は発生しません。

3.プロバイダに登録住所の変更を申し出る

フレッツ光の移転手続きをすると、プロバイダも含め、基本的に契約はそのまま引き継がれます。

しかし、フレッツ光の移転手続きと同時に、プロバイダへ登録住所の変更を申し出なくてはいけません。

住所が変わると、新居でのフレッツ光の接続・設定に必要なプロバイダのIDやパスワードも変更になる場合がありますので、プロバイダへの手続きも早めに済ませておきましょう。

4.引越し先でフレッツ光の移転工事を行う

引越しをしたら、新居でフレッツ光の移転工事を行いましょう。

基本的にはフレッツ光の初期工事と工事内容は変わりません。

フレッツ光の工事内容については、フレッツ光の戸建てタイプ・マンションタイプの工事内容をまとめた記事をご覧ください。

1時間ほどでフレッツ光の移転工事が終了しますよ。

5.フレッツ光の接続・設定を行う

フレッツ光の移転工事が完了しても、フレッツ光はまだ利用できません。

フレッツ光の工事後は、ホームゲートウェイやWi-Fiルーターの接続・設定を行わなくてはいけませんよ。

基本的にフレッツ光の接続・設定は、契約者が行います。

戸建て 工事
引用:NTT東日本 フレッツ光 開通工事レポート

工事業者は新居の光コンセントまでフレッツ光の回線を引き込み、ホームゲートウェイやONUを設置するまでで作業を完了します。

フレッツ光の接続・設定については、パソコンやスマホでフレッツ光の設定をする方法を紹介した記事を参考にしてください。

もし、自分で接続・設定をするのが面倒だったり、自信がなかったりという場合は、フレッツ光のセットアップサービス(基本料金3,000円)を移転手続き時に申し込んでおきましょう。

セットアップサービスは専門のスタッフが開通工事の際に、フレッツ光の接続・設定まで代行してくれるというものです。

フレッツ光のひかり電話を移転する方法

フレッツ光でひかり電話も利用している場合は、以下のサイトから手続きをしましょう。

上記のサイトから移転手続きをすれば、フレッツ光とひかり電話を一緒に引越しすることができますよ。

フレッツ光のひかりTVを移転する方法

フレッツ光のひかりTVは、引越し先の開通工事が完了すれば、視聴できる環境が整います。

しかし、ひかりTVサービスの住所変更手続きや、チューナーの再設定が必要ですよ。

ひかりTVを移転する手順は以下のとおりです。

  1. フレッツ光の移転手続き
  2. ひかりTVの住所変更手続き
  3. フレッツ光の移転工事
  4. ひかりTVのチューナーを再設定する

ひかりTVの住所変更手続きは、ひかりTVのホームページ内にあるMyひかりTVで行います。

フレッツ光の移転工事後、ひかりTVのチューナーの再設定、つまり初期設定を行います。

初期設定方法は設定マニュアルに記載されていますが、わからない場合はひかりTV[ひかりTV対応チューナーの初期設定方法がわかりません]をご覧ください。

エリアをまたぐ場合のフレッツ光の引越し手続き|解約新規と乗りかえ

フレッツ光の同一エリア内で引越しする場合は、移転手続きができます。

しかし、フレッツ光のエリアをまたぐ場合は、フレッツ光を一度解約して、転居先での新規契約が必要です。

現在のフレッツ光を解約するので、移転先でまたフレッツ光を契約する人や、引越しを機に他社回線へ乗りかえる人など、それぞれです。

フレッツ光を契約中にエリアをまたいで引越しをする場合は、大きく3つの選択肢がありますよ。

目的 契約手順 必要な費用
フレッツ光をまた使いたい フレッツ光を解約し、転居先でフレッツ光を新規契約 フレッツ光・プロバイダの違約金、工事費残債、初期工事費用
引っ越しを機に他社へ乗りかえたい フレッツ光を解約し、転居先で光コラボを新規契約 フレッツ光・プロバイダの違約金、工事費残債、初期工事費用
※回線によってはキャッシュバック特典あり
フレッツ光を解約し、転居先で他社回線を新規契約 フレッツ光・プロバイダの違約金、工事費残債、初期工事費用
※回線によってはキャッシュバック特典あり

それぞれにメリットとデメリットがありますので、ご自分にとってどの方法がぴったりなのか、よく検討して決めましょう。

また、キャッシュバックや特典を目当てに他社回線や光コラボへ乗りかえるなら、以下のルールに当てはまっているかを前提に契約先を決めましょう。

新規契約工事費 + 解約金額 < キャッシュバック額

キャッシュバックや他社解約違約金負担キャンペーンなどには、適用条件が細かく決められていることもあります。

フレッツ光から引越しを機会にせっかく乗りかえるのであれば、期待通りのキャンペーンや特典が受けられるか事前にしっかり確認しておきましょう。

フレッツ光の解約新規|メリットとデメリット

現在契約中のエリアのフレッツ光を解約し、転居先のエリアのフレッツ光を新規契約するメリットとデメリットを紹介しましょう。

フレッツ光を解約新規するメリットは、とくにありません。

理由としては、フレッツ光を解約することに変わりはないので、違約金や工事費の一括請求されるほか、転居先での初期工事費に対する割引サービスなどもないからです。

ただし、引っ越しが理由でフレッツ光西日本を解約し、また東日本で新規契約する場合は、光もっと2割と光はじめ割の違約金が原則発生しません。

また、フレッツ光は新規契約へのキャンペーンがありませんが、他社回線や光コラボなら回線によって、高額のキャッシュバックが受け取れたり、転居先での工事費が割引・無料になる特典が受けられたりしますよ。

とはいえ、フレッツ光は国内シェアNo.1の人気回線事業者ですし、長年使ったサービスをまた利用できるのは安心と感じる方には、解約新規はオススメといえるでしょう。

フレッツ光の解約新規の費用

フレッツ光の解約新規で必要な費用を、一覧表で確認しておきましょう。

NTT東日本で解約 NTT西日本で解約
フレッツ光の違約金 戸建てタイプ=9,500円
マンションタイプ=1,500円
戸建てタイプ=10,000円
マンションタイプ=7,000円
※6か月以上利用後、引越しを理由にNTT東日本を契約する場合は免除
プロバイダの違約金 最大10,000円
フレッツ光の工事費残債 戸建てタイプ=(30か月-利用月数)×500円
マンションタイプ=(30か月-利用月数)×200円~400円
フレッツ光の初期工事費 戸建てタイプ=18,000円
マンションタイプ=15,000円

価格は税抜

フレッツ光から違うエリアのフレッツ光へ契約する場合でも、転居先での初期工事費用は割引されません。

フレッツ光の解約新規の方法

フレッツ光を解約新規する方法は、以下のとおりです。

  1. プロバイダの解約手続き
  2. フレッツ光の解約手続き
  3. フレッツ光の新規契約
  4. 引越しをする
  5. フレッツ光の開通工事
  6. フレッツ光の接続・設定

解約については、フレッツ光の解約に関する費用やくわしい手順を紹介した記事を参考にしてください。

ちなみに、フレッツ光の代理店・アウンカンパニーから新規申し込みを行えば、個人契約で5,000円のキャッシュバックが受け取れますよ。

アウンカンパニーのキャンペーンをみる

引っ越しを機にフレッツ光から光コラボへ乗りかえたい|メリットとデメリット

引越しを機にフレッツ光を解約し、光コラボへの乗りかえもオススメですよ。

フレッツ光を解約し、引越し先で光コラボを新規契約するメリットは以下のとおりです。

  • キャッシュバックなどの特典が受けられる場合がある
  • 初期費用が安くなる
  • プロバイダ料金が月額料金に含まれる
  • 支払い先が一社にまとまる
  • スマホとのセット割が適用される

フレッツ光の移転手続きができる同一エリアでも、光コラボへ乗りかえたほうがお得になる場合がありますよ。

光コラボはフレッツ光と同じ回線を使ってサービスを提供しているので、回線自体の品質や速度はフレッツ光と変わりません。

しかし、フレッツ光と違いプロバイダ料金が月額料金に含まれるので安くなったり、契約中の携帯電話キャリアによってはセット割が適用されたりすることもあります。

光コラボ各社では引越し先で行う初期工事費用が実質無料になるキャンペーンや、フレッツ光で発生する違約金を負担してくれるキャンペーンを実施している会社もあるので、初期費用を抑えられますよ。

また、光コラボを代理店から申し込めば、キャッシュバックキャンペーンを実施している場合があります。

ただし、フレッツ光から光コラボへの乗りかえに関してはデメリットもありますので、チェックしておきましょう。

  • フレッツ光・プロバイダの違約金が発生する
  • 初期工事費用がかかる
  • フレッツ光のひかり電話番号が引き継げないことがある
  • フレッツ光より料金が高くなる場合がある
  • フレッツ光のポイントが消滅する

フレッツ光から光コラボへ乗りかえて月額料金が安くなったという人は多いですが、フレッツ光での契約内容やプロバイダ料金によっては、光コラボの方が月額料金は高いというケースもあります。

同じNTT回線を引き込む開通工事ですが、フレッツ光よりも初期工事費用が高い光コラボ事業者もありますよ。

光コラボへの乗りかえ前には、料金などの比較をしっかりと行いましょう。

フレッツ光で契約しているひかり電話の番号も、フレッツ光の解約で消滅してしまいます。

ただし、同エリアで市外局番が変わらない地域での引越しなら、今のフレッツひかり電話の番号を、フレッツ光から他社に乗りかえても引き継げる可能性がありますよ。

フレッツ光のひかり電話で使っている番号が、もともとNTTの加入電話で発番した番号だった場合は、アナログ戻しという手続きで引き継ぎをしましょう。

くわしくはひかり電話番号が引き継げケースと引き継げないケースを解説した記事をご覧ください。

フレッツ光や光コラボの料金の違いについては、人気光回線の料金を比較した記事をご覧ください。

引っ越しを機にフレッツ光から光コラボへ乗りかえる費用

フレッツ光を一度解約し、光コラボで新規契約をする費用は、以下のとおりです。

NTT東日本で解約 NTT西日本で解約
フレッツ光の違約金 戸建てタイプ=9,500円
マンションタイプ=1,500円
戸建てタイプ=10,000円
マンションタイプ=7,000円
プロバイダの違約金 最大10,000円
フレッツ光の工事費残債 戸建てタイプ=(30か月-利用月数)×500円
マンションタイプ=(30か月-利用月数)×200円~400円
光コラボの初期工事費 戸建てタイプ=18,000~30,000円
マンションタイプ=15,000円~27,000円

価格は税抜

フレッツ光を解約して光コラボへ乗りかえる際に発生する違約金や初期工事費用ですが、光コラボ事業者によってはキャッシュバックなどで還元してくれる会社もあります。

のちほど、キャンペーンやキャッシュバックが豊富な光コラボ3社をご紹介しますね。

引っ越しを機にフレッツ光から光コラボへ乗りかえる方法

フレッツ光を一度解約し、光コラボで新規契約する方法は以下のとおりです。

  1. 引越し先の住所がフレッツ光提供エリアか調べる
  2. 乗りかえ先の光コラボに新規契約を申し込む
  3. プロバイダの解約手続き
  4. フレッツ光の解約手続き
  5. 引越しをする
  6. 光コラボの開通工事
  7. 光コラボの接続・設定

光コラボはフレッツ光と提供エリアが同じですので、新たな住所はフレッツ光の提供エリアかを調べれば、光コラボが契約できるかわかります。

光コラボで新規契約を申し込んで引越し先で開通工事をするまでの期間は、1か月~2か月ほどかかる場合もありますので、早めに手続きを開始しましょう。

オススメの乗りかえ先|ドコモユーザーならドコモ光

ドコモのスマホ・携帯電話をお使いの方が引越しを機に光コラボへ乗りかえるなら、ドコモ光がオススメです。

ドコモ光ではフレッツ光にはない、携帯電話契約とのセット割が適用されますよ。

ドコモユーザーがセット割を受けられる回線は、現在のところドコモ光のみですので、ぜひ検討しましょう。

ドコモ光のセット割については、ドコモ光セット割の割引額や適用条件をまとめた記事でくわしく説明していますよ。

また、ドコモ光では2019年6月時点で25社のプロバイダから、自由に選んで契約ができます。

フレッツ光で利用中のプロバイダもそのまま使えることが多いですので、違約金が発生しない場合もありますよ。

ドコモ光の月額料金は、以下のとおりです。

月額料金 (戸建て) 月額料金 (マンション) プロバイダ料金
フレッツ光(西日本) 5,400円 3,200円 +500円~2,000円
フレッツ光(東日本) 5,200円 3,350円 +500円~2,000円
ドコモ光 5,200円~5,400円 4,000円~4,200円 込み(25社から選択)

価格は税抜

ドコモ光は選ぶプロバイダによって、月額料金が戸建て・マンションともに200円変わることも覚えておきましょう。

ドコモ光では新規契約で以下のキャンペーンが受けられます。

  • 初期工事費用無料
  • dポイント10,000円分プレゼント
  • ドコモ光セット割が適用
  • (代理店限定)転用で15,000円キャッシュバック

ドコモ光では現在、初期工事費用無料キャンペーンを実施していますが、基本工事費用が一切かからない完全無料キャンペーンなので安心です。

ドコモ光の代理店サイトネットナビで申し込めば、15,000円キャッシュバックが受け取れますよ。

ドコモ光で受けられるキャンペーンについては、ドコモ光を契約するメリットやオススメの申込窓口をまとめた記事をご覧ください。

オススメの転用先|ソフトバンクユーザーならソフトバンク光

ソフトバンクユーザーはソフトバンクのスマホ・携帯電話とのセット割が利用できる、ソフトバンク光への乗りかえがオススメです。

ソフトバンク光の月額料金は以下のとおりです。

月額料金 (戸建て) 月額料金 (マンション) プロバイダ料金
フレッツ光(西日本) 5,400円 3,200円 +500円~2,000円
フレッツ光(東日本) 5,200円 3,350円 +500円~2,000円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円 込み

価格は税抜

ソフトバンク光を新規契約して受けられるキャンペーン内容をみてみましょう。

  • 初期工事費用実質無料キャンペーン
  • 他社解約違約金負担キャンペーン
  • おうち割光セットが適用
  • (代理店限定)36,000円キャッシュバック

ソフトバンク光の魅力はソフトバンクのセット割以外に、初期費用がとことん抑えられる点です。

ソフトバンク光ではあんしん乗り換えキャンペーンとして、フレッツ光やプロバイダを解約した際に発生する違約金を全額キャッシュバックしてくれますよ。

また、ソフトバンク光は初期工事費用の分割金同額を月額料金から割引く、初期工事費実質無料キャンペーンも用意しています。

ソフトバンク光の代理店サイトS&Nパートナーで契約すれば、36,000円のキャッシュバックも受け取れます。

ソフトバンク光への乗りかえについては、ソフトバンク光の新規契約キャンペーンやお得な窓口を紹介した記事をご覧ください。

オススメの転用先|auユーザーならSo-net光

auユーザーが光コラボでお得になるのは、So-net光です。

So-net光の月額料金は以下のとおりです。

月額料金 (戸建て) 月額料金 (マンション) プロバイダ料金
フレッツ光(西日本) 5,400円 3,200円 +500円~2,000円
フレッツ光(東日本) 5,200円 3,350円 +500円~2,000円
So-net光 5,980円 4,980円 込み

価格は税抜

So-net光の月額料金はプロバイダSo-netの料金が含まれており、契約キャンペーンとして月額料金割引も適用されるので、フレッツ光と比べると、契約から3年間は戸建てタイプで2,000円以上安い3,980円、マンションタイプで1,000円前後安い2,980円です。

auのスマホや携帯電話が1台あたり500円~1,000円割引されるauスマートバリューも適用されるので、乗りかえで通信費の節約が可能です。

So-net光では新規契約で以下のキャンペーンが受け取れます。

  • 月額料金大幅割引キャンペーン
  • So-net光電話オプション料金最大12か月無料
  • v6プラス対応ルーターレンタル料金最大12か月無料
  • リモートサポート「So-net 安心サポート」無料
  • くらしのサポート「くらしのお守り ワイド」最大12か月無料
  • セキュリティサービス「カスペルスキー」無料
  • auスマートバリュー適用

So-net光では契約キャンペーンとして、大幅な月額料金割引が受けられます。

So-net限定キャンペーン割引で受けられる割引額を、一覧表にまとめましたので参考にしてください。

戸建てタイプ マンションタイプ
0か月(契約初月) 月額料金無料
1~36か月 2,000円割引
37~48か月 400円割引 500円割引
48~60か月
合計割引額 81,600円 78,000円

So-net光の初期工事費は、戸建てタイプ・マンションタイプともに24,000円と、フレッツ光より高い工事費が発生し、分割払いで支払います。

しかし、月額料金から大幅な割引が受けられるので、工事費を差し引いても、戸建てタイプでは57,600円、マンションタイプで54,000円がプラスです。

代理店サイトではキャッシュバックが受けられる会社もありますが、公式サイトのSo-net限定キャンペーン割を受けたほうがキャンペーン総額はお得ですよ。

So-net公式サイトで詳しくキャンペーンを見る場合はこちらから

So-net光への乗りかえについては、So-net光のオススメポイントや評判をまとめた記事も参考にしてください。

引っ越しを機にフレッツ光から独立回線に乗りかえ|メリットとデメリット

同一エリア間の引越し、またはNTT東日本・西日本をまたぐ場合の引越し問わず、転居先でフレッツ光回線ではない独立回線を契約するのもオススメです。

フレッツ光を解約して、独立回線に乗りかえるメリットをみてみましょう。

  • 独立回線で高速通信が期待できる
  • キャッシュバックなどの特典が受けられる場合がある
  • 初期費用が安くなる
  • フレッツ光より月額料金が安くなる可能性がある
  • スマホとのセット割が適用される

フレッツ光や光コラボは同じ回線を利用するので、ユーザー数が多く、夜間や週末などはアクセスが集中するので速度が低下しがちです。

一方独立回線は基本的に自社回線のユーザーだけが利用するので、比較的回線が混み合いにくく、高速通信が期待できますよ。

独立回線によっては、独自の技術でフレッツ光の最大通信速度1Gbpsよりも高速の最大10Gnpsの速度を提供するプランも用意しています。

速度にこだわりたい方は、独立回線も選択肢として検討してみましょう。

また、初期工事費無料キャンペーンや他社解約違約金がある独立回線に乗りかえれば、引越しで発生する費用を抑えられますし、高額のキャッシュバックが受けられる場合もありますよ。

しかし、独立回線に乗りかえる際には以下のデメリットも理解しておきましょう。

  • 提供エリアが限られる
  • フレッツ光・プロバイダの違約金が発生する
  • 初期工事費用がかかる
  • フレッツ光のひかり電話番号が引き継げないことがある
  • フレッツ光のポイントが消滅する

くわしくは、光回線の乗りかえのポイントや失敗しないための注意点を解説した記事をご覧ください。

引っ越しを機にフレッツ光から独立回線に乗りかえる費用

フレッツ光を解約し、独立回線を新規契約する際に必要な料金は、以下のとおりです。

NTT東日本で解約 NTT西日本で解約
フレッツ光の違約金 戸建てタイプ=9,500円
マンションタイプ=1,500円
戸建てタイプ=10,000円
マンションタイプ=7,000円
プロバイダの違約金 最大10,000円
フレッツ光の工事費残債 戸建てタイプ=(30か月-利用月数)×500円
マンションタイプ=(30か月-利用月数)×200円~400円
他社回線の初期工事費 戸建てタイプ=18,000~40,000円
マンションタイプ=15,000円~40,000円

価格は税抜

フレッツ光やプロバイダを解約するタイミングが契約更新月だった場合は、違約金が発生しません。

しかし、引越しのタイミングと契約更新月を合わせることは難しいので、解約違約金負担キャンペーンや高額キャッシュバックが受け取れる回線を選びましょう。

引っ越しを機にフレッツ光から独立回線に乗りかえる方法

フレッツ光を解約して、引越し先で独立回線を新規契約する流れは以下のとおりです。

  1. 引越し先の住所で契約できる回線を調べる
  2. 乗りかえ先の回線に新規契約を申し込む
  3. プロバイダの解約手続き
  4. フレッツ光の解約手続き
  5. 引越しをする
  6. 他社回線の開通工事
  7. 他社回線の接続・設定

引越し先でスムーズに他社回線でインターネットを利用するためには、早めに他社回線で手続きをしておくことが肝心ですよ。

まずは乗りかえたい回線に申し込んで、引越し先で新規契約したい旨、伝えましょう。

工事ができる時期の目安などを教えてくれますよ。

また、フレッツ光や光コラボで利用するNTTの回線を使わない独立回線の場合は、提供できるエリアも限られています。

契約前には必ず、引越し先の住所で乗りかえ先の回線が契約できるか提供エリアの確認をしましょう。

他社回線の提供エリアについては、光回線各社の提供エリアと確認方法をまとめた記事を参考にしてください。

オススメの乗りかえ先|auひかり

フレッツ光から独立回線に乗りかえる際は、KDDIが敷設する独立回線のauひかりがオススメです。

auひかりでは、最大通信速度1Gbps、5Gbps、10Gbpsのプランが契約できます。

auひかりの提供エリアは、以下のとおりです。

回線名 戸建てタイプ マンションタイプ
auひかり 関西地方・東海地方・長野県以外 全国

auひかりでは新規契約で以下のキャンペーンが受け取れます。

  • 初期工事費実質無料キャンペーン
  • 他社解約違約金最大30,000円負担
  • 指定プラン契約で月額料金が36か月500円割引
  • auスマートバリュー適用
  • (代理店限定)最大52,000円キャッシュバック

auひかりでは、フレッツ光やプロバイダで発生した解約金を最大30,000円まで還元してくれます。

さらに、auひかりの代理店サイト・フルコミットから申し込めば、違約金負担キャンペーンの上乗せキャッシュバックとして、さらに25,000円が増額ですよ。

また、初期工事費として戸建てタイプで37,500円、マンションタイプで30,000円がかかりますが、工事費分割払いと同額分を月額料金から割引されるので、実質無料で工事ができます。

auひかりは月額料金もプロバイダ料金込みでフレッツ光より抑えられるほか、auスマートバリューも適用されます。

月額料金 (戸建て) 月額料金 (マンション) プロバイダ料金
フレッツ光(西日本) 5,400円 3,200円 +500円~2,000円
フレッツ光(東日本) 5,200円 3,350円 +500円~2,000円
auひかり 5,100円
auひかり ホーム1ギガ ずっとギガ得プラン
3,800円 込み(7社から選択)

価格は税抜

auひかりの代理店サイトフルコミットから申し込めば、最短で開通の翌月にキャッシュバック最大52,000円が振り込まれますよ。

auひかりについては、auひかりとフレッツ光の料金や速度を比較した記事もご覧ください。

オススメの乗りかえ先|NURO光

関東・東海・関西エリアに引っ越しをする方は、通常プランの最大通信速度が2GbpsのNURO光がオススメです。

NURO光はNTTのダークファイバーを独自の技術で独立回線として利用し、通常プランでも最大通信速度2Gbps、さらに6Gbps、10Gbpsのプランも提供している、速度自慢の回線事業者です。

NURO光の月額料金は、以下のとおりです。

月額料金 (戸建て) 月額料金 (マンション) プロバイダ料金
フレッツ光(西日本) 5,400円 3,200円 +500円~2,000円
フレッツ光(東日本) 5,200円 3,350円 +500円~2,000円
NURO光 4,743円 1,900円~4,743円 込み

価格は税抜

NURO光を契約して受けられる特典は、以下のとおりです。

  • 初期工事費実質無料キャンペーン
  • おうち割光セットの適用
  • リモートサポートor訪問サポート1回無料
  • 35,000円キャッシュバック

NURO光は初期工事費が戸建て・マンションタイプともに40,000円ですが、月額料金から工事費相当額が割引されるので、実質無料です。

NURO光の特設サイトから申し込めば、オプションの加入などの厳しい条件なしで、35,000円のキャッシュバックが受け取れますよ。



NURO光のキャンペーンについては、NURO光のキャンペーンの適用条件や受け取り方法をまとめた記事もチェックしてくださいね。

まとめ

フレッツ光を契約中に引越しをするときは、まず転居先の住所が現在のNTTエリアと同一か、東日本・西日本をまたぐエリアかを確認しましょう。

転居先が現在のフレッツ光と同じNTTのエリアだった場合は、移転手続きができます。

移転手続きをすれば、フレッツ光の契約やプロバイダなどをそのまま引き継げるほか、移転工事費が通常工事費の半額ですよ。

ただし、NTT東日本・西日本のエリアをまたいで引越しをする場合は移転手続きができず、フレッツ光を一度解約して転居先で新規契約するか、他社回線へ乗りかえるしかありません。

  • 引越し先がNTTの同一エリア=フレッツ光の移転手続きが可能
  • 引越し先がNTTのエリアをまたぐ=フレッツ光を解約して、転居先で新規契約

フレッツ光を契約中に引越しをするなら、これを機会にフレッツ光を解約して光コラボや独立回線への乗りかえもオススメです。

フレッツ光の移転手続きや解約新規より、他社回線を新規で申し込んだ方が、キャッシュバックや工事費割引が受けられてお得な場合もありますよ。

引越しの際はメリットとデメリットを検討して、自分にぴったりの方法を選びましょう。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる?おすすめ光回線3選

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光などさまざまな光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)をさまざまな事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社さまざまなキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べばよいかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
わたしのネットであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション ホワイト光電話光テレビセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光のWeb申込・相談窓口

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

auひかり

auひかり

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

実質2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりのWeb申込・相談窓口

【注目】最大147,500円大幅還元!

ドコモ光

2位

ずっとドコモ割プラスで毎月最大2,500円割引!

月額料金

4,000円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービスひかりTVセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ドコモ光のWeb申込・相談窓口

dポイント最大10,000円相当プレゼント

固定回線は工事がめんどくさい!モバイルルーターで解決

光回線とモバイルルーターで迷いませんか?

もちろんモバイルルーターが欲しくて選ぶ方もいると思いますが、利用したい光回線がエリア外であったり、住んでいるマンションでそもそも使える光回線が決められているなど、希望に沿わない理由もあると思います。

また固定回線の利用を迷う方の理由を聞くと・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

以上のことがデメリットで、光回線に申し込みができない・乗り換えできない方もいます。

そんな光回線の申込みへ不満を抱えた方の代替え案として、「家でも、外でも、高速インターネットが楽しめ、面倒なインターネット開通工事や手続きが必要がない「モバイル回線」が人気です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターはサイズも手のひらサイズのコンパクトで、持ち運びもラクラク!

さらに、通常の固定回線と違って専用の端末を持つだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!

また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないも嬉しいでよね!

おすすめはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器のサービスです。

Broad WiMAXの人気のヒミツは、魅力的なのは毎月2762円(税抜)と業界最安級の月額料金!

さらに一般的なモバイルWiFiルーターは月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できます。

無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度758Mbpsで、フレッツ光などの固定回線と速度を比較しても、ほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級の月額!

WiMAX業界でも最安級の月額料金の設定で、WiMAXを上手に活用できれば、月額のスマホ代を節約できたり、プランによっては容量を気にせずネットを使えます!

固定回線で迷っている方は、WiMAXルーターを利用するのも1つの手段ですね!

WiMAXでおすすめは「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みでおトク!
多くの方に選ばれている「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクです!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る