閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

3WiMAXの解約方法や注意点などを解説!

携帯できる小型のモバイルルーターで、エリア内ならいつでもどこでも通信できる3WiMAX。

月額料金も使い放題で3143円(税抜)からと安価であり、魅力的なサービスです。

WiMAXの利用にあたり、覚えておきたいのが解約方法や解約に関する注意点です。

解約のタイミングを間違えると、多額の違約金が請求されてしまう可能性もあります。

今回は、3WiMAXの解約について注意点も交えて詳しく解説します。現在契約中の方もこれから契約予定の方も、参考にしてみてくださいね。

3WiMAXの解約手順:3WiMAXの解約は、電話での受付に限られる


<出典:3WiMAX公式HP>

まずは3WiMAXを解約する流れについて解説します。WiMAXには様々なプロバイダがありますが、解約手順はそれぞれまったく違います。

3WiMAXの解約受付は、電話対応のみです。3WiMAXにはネット上で契約情報を確認できるマイページが用意されているものの、解約は電話窓口でのみの受付となっています。

なお電話の窓口は月曜日~土曜日の11時から18時まで開いています。

電話番号は、「0120-001-827」です。

日曜日は窓口が開いていないので気をつけましょう。受付時間もお昼から夕方までと短いので、昼間に働いている人は要注意です。

3WiMAX解約の注意点

続いて、3WiMAX解約における様々な注意点について解説していきます。

3WiMAXを無料で解約したい場合は、タイミングに注意しなければいけません。

3WiMAX解約を2年以内に行うと、解約金がかかる

3WiMAXは、2年契約のネット回線サービスです。そのため2年以内に解約手続きを行った場合は、解約金が発生することとなります。

3WiMAXを2年以内に解約すると必ず解約金がかかります。解約金について気をつけたいのは、1年目と2年目で解約金の金額が変わってくることです。

解約期間違約金
1年目19,000円(税抜)
2年目14,000円(税抜)

1年目は19,000円(税抜)、2年目は14,000円(税抜)の解約金がかかります。

3WiMAXの月額料金は、1~2ヶ月目が3,495円、3ヶ月目以降は4,130円。つまり3WiMAXの解約金は、月額料金の何ヶ月分もの金額になるわけです。

2年間24ヶ月の契約が終了すると、その翌月に契約更新月が発生します。

契約更新月の20日までに解約手続きを行えば、解約金0円で3WiMAXを解約できることを覚えておきましょう。

2年以上契約していても、契約更新月以外に解約手続きをすると解約金が発生する

3WiMAXは2年契約ですが、2年が過ぎればいつでも無料で解約できるわけではありません。

3WiMAXの契約は自動更新なので、契約更新月を過ぎるとまた2年間の契約がスタートします。つまり解約金も、また2年間発生し続けることとなるんです。

その場合、解約金は9,500円(税抜)となるため、2年目までと較べれば負担が小さくなります。もう3WiMAXを利用しないのであれば、解約手続きを行いましょう。

当月末に解約したい場合は、20日までに解約手続きを行おう

3WiMAX解約における注意点としてもうひとつ挙げられるのが、当月末に解約したい場合その月の20日までに解約手続きを行う必要があることです。

20日よりあとに解約手続きを行った場合は、翌月末の解約にずれ込んでしまいます。当然ながらその分の月額料金も発生するので、気をつけましょう。

解約受付の電話窓口は、20日が近くなると混雑する恐れがある

解約の電話をするタイミングは、できるだけ早めにした方が良いでしょう。なぜかというと、締め日となる20日近辺は窓口が混雑してしまうからです。

解約したいと思ったらすぐに手続きしてしまうのが、一番安心ですね。ただし日曜日は窓口が開いていないので、月土曜日に時間に余裕を持って電話をかけてみましょう。

次のネット回線を迷っている人は、auひかりもオススメ

ここまで、3WiMAXの解約について詳しく解説してきました。3WiMAXを解約するにあたり、検討しなければいけないのは次に契約するネット回線ですよね。

再びWiMAXを契約したり、あるいはY!mobile等で展開されているPocket Wi-Fiを契約したりといった方法がありますが、もう一つ注目してみたいのが自宅用の固定回線です。

固定回線の中でもオススメしたいのが、auひかりです。auひかりはWiMAXよりも速い、最大1Gbpsでの高速通信が可能です。

auスマホと合わせて利用すればauスマートバリューが適用されるため、スマホ代も2年間、1台につき月額最大2000円安くなります。

家族の携帯10回線まで適用できるので場合によってはかなりお得になる家庭も!?

また、WiMAXでauスマートバリューを利用していた人にもイチオシの回線です。

固定回線のauひかりには様々なメリットがあります。いくつか紹介していきますので、3WiMAXを解約する際は次のネット回線にauひかりも検討してみてはどうでしょうか。

固定回線の中でも料金が安い

auひかりは数ある光回線の中でも料金が安いです。

ホームタイプで月額4,350円、マンションタイプで月額2,550円から利用可能です。

更に、auユーザーだとauスマートバリューが適用できますので月額最大2,000円の割引も効かせることが出来ます。

キャンペーンで工事費も実質無料ですし破格の光回線となっています。

WiMAXでauのセット割を適用していた方にとってはうってつけの回線ではないでしょうか?

工事費無料キャンペーン 詳しくはこちら

キャッシュバック額が高額

少し前の家電屋さんなどで「フレッツ光に申し込むと○万円キャッシュバック!」とよく目にした方も多いと思いますが、今ではめっきり見なくなりました。

これは、フレッツ光の回線加入者が頭打ちになり、これ以上加入者が増えても回線が込み合ってしまいサービスの質の低下が危惧されているためということが言われています。

auひかりはNTTのフレッツ光やNTTの回線を使った光コラボと比べ、キャッシュバックがかなり高額に設定されています。

フレッツ光がキャンペーンをあまりやっていない今、KDDIがシェアを奪うにはもってこいだと言うわけですね。

フレッツ光がキャッシュバックが見当たらないのに対し、auひかりは70,000円ものキャッシュバックがあることを確認できます。

また、KDDI回線はNTT回線より加入者が少ないため、回線が混み辛いと言えるでしょう。

つまり、「安くて、速い」のがauひかりの最大の特徴です。

最大70,000円キャッシュバック詳細

auひかりは通信制限がない

WiMAXは、直近3日間の通信量が10GBを超えた際にその翌日の18時から翌々日2時までの間通信速度が制限されるしくみです。

この通りWiMAXは通信量の制限がありますが、auひかりなら通信量の制限がありません。

例えばauひかりでは、PS4などの10GBを超えるような大容量ゲームをダウンロードしたとしても、通信速度が制限されることはありません。

大容量のデータをやりとりする機会が多い人は、WiMAXではなくauひかりを次に契約すると良いでしょう。速度制限に悩まされることは無くなります。

auひかりは通信速度がWiMAXより速い

auひかりなら、最大1Gbpsの高速で通信をすることができます。

WiMAXの場合最新のルーター「W04」でも最大440Mbpsでの通信となるので、速度の速さを求める人はWiMAXよりauひかりを選んだ方が良いでしょう。

auひかりへの申し込みはこちら

まとめ

今回は、3WiMAXの解約について解説しました。

3WiMAXは電話窓口からのみ解約を受け付けていて、窓口の開いている時間は月~土曜日の11から18時と短いことに注意しましょう。

また解約タイミングについても、2年間の契約を終えた契約更新月以外には解約金がかかってしまうことに気をつけなければいけません。

3WiMAXを解約したら、次にまた別のWiMAXを契約するのも良いですが、固定回線であるauひかりという選択肢検討してみることをおすすめします。

auひかりは自宅でしか使えないデメリットこそありますが、代わりに自宅であれば高速通信を好きなだけ、WiMAX以上に高速で行えますよ。

月額料金が安い!auひかりおすすめNo.1窓口

おすすめ窓口25(トゥエンティファイブ)

月額12ヶ月間1,000円割引開催中!
この窓口の人気のヒミツは最大70,000円のキャッシュバック!申し込むなら絶対この窓口がおススメです!月額は格安なため、auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも人気!新規でもお乗換えでもおトクなauひかり!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る