閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

Wi-Fiをはじめよう!使う前におさえておきたい基礎知識まとめ!

自宅のネット回線でWi-Fiに接続するにあたり、接続方法がわからず困ってしまうことってよくありますよね。

Wi-Fiへの接続は一度初期設定さえ済ませてしまえば簡単ですが、その初期設定は慣れていないとどうすればいいのかわからず困ってしまうものです。

そこで今回はWi-Fiの基礎知識として、無線ルーターの初期設定からスマートフォン、ノートPCなどへの接続方法までを解説していきます。

Wi-Fiへの接続方法について知りたい人は、参考にしてみてくださいね。

また、記事の後半では簡単に使えるモバイルルーターもおすすめしていますのでご覧ください。

はじめてのWi-Fi初期設定


<参考:BUFFALO公式HP>

まずはパソコンから無線ルーターの初期設定を行い、Wi-Fiが使える状態にするまでを説明します。

初期設定さえ無事に終えられれば、あとは簡単に各端末をインターネットに接続できますよ。

まずは契約したプロバイダの書類を用意する

ネット回線契約時に合わせて契約したプロバイダから送られてきている書類には、「認証ID」や「パスワード」といったネットが使えるようにするために必要な情報が記載されています。

無線ルーターを使ってネットに接続できるようにするにはこれらの情報が必要となるので、設定を始める前に用意しておきましょう。

無線ルーターを接続し、プロバイダ情報を入力すれば初期設定は完了

ネット回線をWi-Fiを使って複数の機器で利用できるようにするためには、まずONU回線終端装置やモデムといった機器に所有する無線ルーターを接続しましょう。

電源ケーブルを本体に接続してコンテントに直結させたらLANケーブルを使ってONU等に接続することになりますが、機器によっては接続できる端子がたくさんあります。

端子が多いと場所で迷ってしまいがちですが、「WAN」「Internet」と書かれたポートに接続すればOKです。

そして無線ルーターのLANポートから、パソコンにもLANケーブルを繋げましょう。
配線の接続が終わったら、あとはその無線ルーターの説明書の指示に従って接続設定を進めていくこととなります。

基本的には付属するCD-ROMから起動できる設定ソフトやブラウザを通して、設定画面を開くという流れになります。

設定画面を開いたら、プロバイダの書類に記載されている「認証ID」や「パスワード」などを入力すればOKです。

一度設定して情報を保存してしまえば、あとはプロバイダを変更しない限りそのままずっとWi-Fiを使えますよ。

要注意:電源がちゃんと入っているか、ケーブルが奥まで刺さっているかを確認する

設定をしようとしても無線ルーターの電源が入らなかったり設定に進めなかったりする場合は、壊れているのではないかと不安になりますよね。

もし設定を始められない場合は、ちゃんとONUやモデムと無線ルーターを接続し、電源ケーブルもつながっているか確認しましょう。

特にLANケーブルは、「カチッ」と音が鳴るまで差し込むのが基本です。ちゃんとLANケーブルが刺さっていなければ、無線ルーターをネットに繋げられないので注意しましょう。

端末との接続方法

続いて、無線ルーターでWi-Fiが使えるようになった状態から様々な端末へ接続する方法を解説します。

なお同じタイプの機器でも機種やOSによって細かい設定メニューの名前や手続きの流れは異なっているので、注意が必要です。

Wi-Fi接続をするためには、その無線ルーターにおけるSSIDの名前とパスワードを確認しておかなければいけません。

無線ルーター本体の背面や側面、あるいは説明書などの付属品に必ず記載があるので、用意してから接続を初めましょう。

ノートPCへの接続

ノートPCにWi-Fi機能がある場合は、Macなら画面上部のWi-Fiメニュー、Windows10なら「設定」→「ネットワークとインターネット」からWi-Fiをオンにしましょう。

Wi-Fiをオンにして検索し、使っている無線ルーターのSSIDが見つかったら、選択して接続します。この際にパスワードの入力を求められるので、入力しましょう。

無事に接続されれば、もう準備は完了です。これからはWi-Fiでインターネットを使えますよ。

スマートフォンへの接続

iPhoneやAndroidスマホでWi-Fiに接続する場合は、まず設定アプリを開きましょう。

iPhone・Androidスマホ共に「Wi-Fi」という項目があります。開くと近隣を飛び交っているWi-FiのSSIDが表示されるので、自宅の無線ルーターを選択してパスワードを入れます。

無事に設定が完了すれば、スマートフォンでWi-Fiを利用してインターネットができるようになります。

ゲーム機への接続3DS

最後はゲーム機への接続です。ここではニンテンドー3DSを例に挙げて説明します。

「本体設定」から「インターネット設定」を選び、「インターネット接続設定」に進みます。そして「接続先の登録」→「自分で設定する」と進んでいきましょう。

あとは「アクセスポイントを検索」でSSIDを見つけ出し、パスワードを入力すればWi-Fiに接続されます。

どうしても設定がわからない場合の対処法

最後に、どうしても設定がわからない場合の対処法や「ネット回線の設定はよくわからないので、もっと簡単なネット回線を契約したい」という場合の対策方法を解説します。

契約しているプロバイダに、設定について聞く

今回紹介した手順に従って設定をしてもまったくネットにつながらない場合は、プロバイダのサポートセンターに問い合わせを行いましょう。

プロが的確に判断し原因を突き止めてくれるので、最終的には無事にWi-Fiに接続できますよ。

WiMAXなら細かい初期設定が不要で、わかりやすい

自宅で様々な固定回線を使うのも良いですが、ここまで説明してきたような初期設定を自分で行うのは大変です。

工事の際に初期設定を合わせて行ってもらえば悩まずに済みますが、初期設定の代行料金を取られてしまう場合も多いですよね。

複雑な手順をすべてすっ飛ばして、スマートフォンやノートパソコンなどとの接続のみを設定すればネットを使える便利なサービスとして、WiMAXが挙げられます。


<参考:Broad WiMAX公式HP>

WiMAXなら契約して家に届いたら、あとはSIMカードを挿入し起動してSSIDに接続するだけでネットが使えてしまうんです。

持ち運び可能な小型のルーターですので、契約すれば家の中だけでなく外にも持ち出せます。

Wi-Fiの接続設定は面倒。でも自宅でも外でもWi-Fiを使って、スマホの通信量を節約したいという場合は、WiMAXを検討してみるのも良いでしょう。

通信速度は440Mbps。スマホがauなら、オプションのハイスピードモードが無料になり更にauスマホ割も適用されます。

WiMAXの中でもBroad WiMAXは月額2,726円~と、業界最安級の料金でWiMAX人気No.1です。

Broad WiMAXのみ最短即日発送で、1~2日で届きますので他のWiMAXと比べて良質なサービスをしているといってもいいでしょう。

簡単にネットに接続できるだけでなく、利便性も高いのがWiMAXのメリットですね。案内窓口はこちらです。↓

Broad WiMAXへの申し込みはこちら

まとめ

自宅でのWi-Fi接続は、無線ルーターとONUやモデムといった装置を接続してから初期設定を行うことで利用可能になります。

一度設定してしまえば後は簡単ですが、その一度の設定が少々複雑で難しいのが難点です。

WiMAXなら、細かい初期設定が必要ありません。初期設定は煩わしいと感じる場合は、今後WiMAXの利用を検討してみても良いですね。

WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

実際にいろいろなWiMAX事業者を調べても結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに事業者によっては数年後に一気に料金が上がり思っていたよりも高くなることを知ってあきらめる方も多いようです。

ちゃんと選べば断然おトクなWiMAXがあるのにもったいない…!

そんなあなたのために、今一番お得にWiMAXを申し込める窓口をご紹介致しましょう!

  • 月額費用が安くてお得!
  • 月間No.1の申し込み数!
  • 安心のアフターフォローサービス!

いいことづくしのそんなWiMAXは本当にあるのでしょうか?それは、、、、あります!
現在人気急上昇中のBroad WiMAXです!
では、安い安いと言っても実際どれくらい安いのでしょうか?

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

月額、、、、2,726円!??
これは本当に安い、、、!従来のWiMAXは月額3,800円~5,000円前後が相場ですから、圧倒的にお得という事になります。それでいて、ギガ放題プランという月間データ量制限無しのプランという事らしく、まさに使い放題天国という事になります。 嘘だと思う方は、是非下記リンクよりサイトを確かめて、驚愕して下さい!知らなきゃ損ですよ!

おすすめ窓口BroadWiMAX

月額最安級の新プランも登場!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る