閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

更新

Wi-Fiの接続方法をデバイス別で解説|繋がらない場合の対処法

Wi-Fiを利用すればスマホやタブレットだけでなく家電もより便利なアイテムに変わりますが、気になるのが接続方法ですよね。

この記事では、iPhone・android・タブレット・PC(Windows・Mac)・テレビ・プリンターなど、デバイス別でWi-Fi接続方法を解説していきます。

また、Wi-Fiがつながらないときの対処法も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

Wi-Fiの接続で出来る事8つ

Wi-Fiに接続すると、以下8つができるようになります。

  • スマホやパソコンをインターネットに接続できる
  • 通信制限を気にせずにスマホやタブレットが利用できる
  • 画像や動画、音楽を家族で共有できる
  • 録画したテレビ番組を他の部屋のテレビで視聴できる
  • オンラインゲームが遊べる
  • スマホでもプリンターを使って印刷できる
  • スマホでテレビやレコーダーをリモート操作できる
  • パソコンに保存した音楽を別の部屋にあるスピーカーやスマホで聴ける

そして、Wi-Fiを利用する最大のメリットは、通信制限を気にせずにスマホやタブレットを利用できる点です。

Wi-Fiは使い放題のインターネット回線を無線化した電波なので、スマホで利用すれば通信制限を気にせず好きなだけホームページや動画が見られます。

また、テレビやチューナーをWi-Fiにつないで他のテレビで録画した番組を見たり、プリンターをWi-Fiにつないでスマホで撮った写真も簡単に印刷できなど、家電製品の機能性を向上したい人もWi-Fiは見逃せません。

Wi-Fi接続に必要なもの

Wi-Fiを使うためには、固定回線の契約と無線LANルーターが必要です。

WG1900HP

無線LANルーターは、インターネット回線を無線化してWi-Fiを飛ばしてくれる機器です。

<無線LANルーターの仕組みのイメージ>

光回線でiphoneをWi-Fi接続する
引用:バッファロー公式サイト

インターネット回線を契約してWi-Fiを使うには、モデムに無線LANルーターをつなぐ必要があります。

SSIDやパスワードはどこで確認する?

Wi-Fiに接続するときは、スマホやパソコンの設定画面でSSIDを選択してパスワードを入力しなければいけません。

選択するSSIDと入力するパスワードは、用意した無線LANルーターに貼られているシールを見て確認するのが基本です。

SSIDとパスワードの確認

無線LANルーターに貼ってあるシールを剥がしてしまっても、すでにWi-Fiに接続しているスマホやパソコンがあれば以下の方法で確認できます。

  • 設定ツールを使う
  • パソコンのコントロールパネルやキーチェーンアクセスを使う

すでにWi-Fiに接続したスマホがある場合、利用している無線LANルーター専用の設定ツールを使えばSSIDとパスワードが見られます。

Windows10のパソコンでSSID・パスワードを確認する方法

また、すでにWindows10のパソコンをWi-Fiに接続している場合、コントロールパネルを開いてネットワークの状態とタスクを表示を選べば利用しているWi-FiのSSIDを確認できます。

コントロールパネルを開いてネットワークの状態とタスクを表示を選択した画面

さらに、右側に表示されているSSIDをクリックして、次に表示されるウィンドウでワイヤレスのプロパティを選択してセキュリティタブをクリックすればパスワードを確認できます。

ワイヤレスのプロパティ

MacOSのパソコンでSSID・パスワードを確認する方法

MacOSのパソコンでは、アプリケーションフォルダを開いて、ユーティリティに進むと利用できるキーチェーンアクセスを起動して、利用しているWi-FiのSSIDを選択すればパスワードを確認できます。

デバイス別のWi-Fi接続方法

Wi-Fiに接続する方法は、利用するデバイスの種類で変わります。

上記6点のWi-Fi接続方法を解説していきますので、ぜひチェックしてくださいね。

iPhoneのWi-Fi接続方法

iPhoneをWi-Fiに接続するときは、以下の手順を行います。

  1. 接続する前にSSIDとパスワードを確認する
  2. 設定アイコンをタップしてWi-Fi設定メニューを開く
  3. 表示されるネットワークの一覧から確認したSSIDを選ぶ
  4. パスワードを入力する

より詳しい設定方法は、次のページで紹介しているので、あわせて参考にしてください。

AndroidのWi-Fi接続方法

AndroidのスマホをWi-Fiに接続する方法は、次のとおりです。

  1. 接続する前にSSIDとパスワードを確認する
  2. 設定アイコンをタップしてWi-Fi設定メニューを開く
  3. 表示されるネットワークの一覧から確認したSSIDを選ぶ
  4. パスワードを入力する

なお、AndroidではWPS方式でのWi-Fi接続も利用できます。

WPS方式を使えば、無線LANルーターのWPSボタンを押してSSIDの選択とパスワードの入力をせずにWi-Fiに接続できます。

WPSボタン

WPS方式でAndroidのスマホをWi-Fiに接続する方法は、次のとおりです。

  1. 設定アプリを開いてWi-Fi設定メニューに進む
  2. 右上の点のアイコンをタップして詳細設定を選ぶ
  3. WPSプッシュボタンを選択
  4. 無線LANルーターのWPSボタンを押す

タブレットのWi-Fi接続方法

タブレットをWi-Fiに接続する方法は、次のとおりです。

  1. 接続する前にSSIDとパスワードを確認する
  2. 設定アイコンをタップしてWi-Fi設定メニューを開く
  3. 表示されるネットワークの一覧から確認したSSIDを選ぶ
  4. パスワードを入力する

なお、Surfaceシリーズなど、Windowsが内蔵されたタブレットでは、パソコンでのWi-Fi接続方法を利用する必要があります。

パソコンのWi-Fi接続方法

パソコンのWi-Fi接続方法も、スマホやタブレットと同じく、次の手順を取ります。

  1. 接続する前にSSIDとパスワードを確認する
  2. 設定アイコンをタップしてWi-Fi設定メニューを開く
  3. 表示されるネットワークの一覧から確認したSSIDを選ぶ
  4. パスワードを入力する

次の項目から、WindowsとMac別にWi-Fi接続方法をご紹介します。

Windows7・8・10のWi-Fi接続設定方法

まずはデスクトップ画面の右下(タスクバー)にあるWi-Fiマークをクリックします。

PCのWi-Fiマーク

次に、利用できるネットワークの一覧が表示されるので、接続したいWi-FiのSSIDを選択して接続をクリックします。

利用できるネットワークの一覧

すると、セキュリティキーが求められるので、無線LANルーターを見て確認したパスワードを入力して「次へ」をクリックしてください。

パスワード入力画面

以上で設定は完了です。

なお、Windows8では電波マークをクリックしたときにWi-Fiのオン/オフ切り替え画面が出るので、オンにしておきましょう。

MacのWi-Fi接続設定方法

MacOSのパソコンをWi-Fiに接続する場合は、まず画面上部にあるWi-Fiマークをクリックします。

MacでのWi-Fi接続設定方法1
引用:ZAQ

すると、利用できるネットワークの一覧が表示されるので、接続したいWi-FiのSSIDを選んでください。

MacでのWi-Fi接続設定方法2
引用:ZAQ

次の画面でパスワードを入力すれば設定は完了です。

MacでのWi-Fi接続設定方法3
引用:ZAQ

テレビをWi-Fiに接続する方法

Wi-Fi機能が内蔵されているテレビは、設定画面でSSIDを選択してパスワードを入力すればWi-Fiに接続できます。

テレビにWi-Fi機能が内蔵されていない場合、無線LAN子機かAndoirdTVを用意すればWi-Fiが利用できますよ。

プリンターをWi-Fiに接続する方法

プリンターは以下3つの方法でWi-Fiに接続できます。

  • 簡易接続機能
  • 手動設定
  • Wi-Fi Direct機能

簡易接続機能では無線LANルーターのWPSやAOSS、らくらく無線スタートなどの機能と連携して簡単にプリンターをWi-Fiに接続できます。

手動設定の場合は、次の手順です。

  1. 簡易接続機能
  2. 手動設定
  3. Wi-Fi Direct機能

Wi-Fi DirectはプリンターがWi-Fiを飛ばしてスマホやパソコンと連携する機能です。

しかし、Wi-Fi Directを使う場合、わざわざスマホが接続しているWi-Fiを切り替えなければいけないのでおすすめはできません。

Wi-Fiに接続できない・接続状況が悪い場合の対処法

Wi-Fiの通信状態が悪いときはさまざまな原因が考えられます。

次の対処法を紹介していきますので、順にチェックしてみてくださいね。

  • デバイスと無線機器の距離を近くし障害物を取り除く
  • モデムやルーターのランプを確認してみる
  • 機器を再起動してみる
  • Wi-Fi接続の再設定を行う
  • LANケーブルを利用し有線接続をしてみる

また、上記の方法で解決できない場合は、Wi-Fiが接続できない場合の対処法をより詳しく説明した、次の記事をご参考ください。

デバイスと無線機器の距離を近くし障害物を取り除く

Wi-Fiの強度は無線LANルーターから離れるほど弱まります。

Wi-Fiのつながりが悪いと感じたときは、無線LANルーターの近くで接続し直してみてください。

無線LANルーターに近づいてもつながりが悪いと感じたときは、ルーターの周りに障害物がないかも確認してみましょう。

また、電子レンジやテレビの近くに無線LANルーターを置いていると、Wi-Fiの通信状態が悪くなります。

電子レンジやテレビが発する電磁波はWi-Fiと干渉しやすく、通信状態を妨げるからです。

無線LANルーターを置くときは、近くに電子レンジやテレビがない場所を選んでください。

モデムやルーターのランプを確認してみる

Wi-Fiの接続応対が悪いときは、モデムやルーターのランプを見てみましょう。

モデムやルーターのランプは正常に作動しているか、インターネットに接続できているかを表すバロメーターです。

モデムやルーターのPOWERランプが点灯していないときは、電源が入っているかの確認が必要です。

ルーターのINTERNETランプの挙動がおかしければ、接続設定に間違えがないか確認してみましょう。

また、モデムやルーターを再起動させてランプの状態が正常に戻る場合もあります。

Wi-Fiの接続状況が不安定な場合はデバイスを再起動してみる

Wi-Fiの通信状態が悪いときは、デバイスを再起動してみるのも1つの方法です。

スマホやパソコンは電源を切らずに使い続けると、動作ログが溜まって不具合が起こり、インターネットに接続できなくなる場合があるからです。

再起動をさせれば動作ログが消去されるので、正常な動作を取り戻してWi-Fiの通信状態が向上します。

デバイスのWi-Fi接続の再設定をしてみる

デバイスと無線LANルーターの通信状態をリセットするために、Wi-Fi接続を切って再接続してみる方法もあります。

また、デバイスに保存しているWi-Fi接続情報を削除して、再度設定すると通信状態が安定する場合があります。

LANケーブルを利用し有線接続をしてみる

パソコンでWi-Fiを使って通信状態が安定しない場合、接続方式を有線に変えてみましょう。

有線接続はWi-Fiよりも安定性が高いので、利用すると通信状態が良くなる可能性があります。

有線接続に切り替えてもつながりが悪い場合は、通信障害などが起きているかもしれないので、契約している回線やプロバイダに問い合わせてください。

固定回線がなくてもモバイルルーター・ホームルーターでWi-Fi接続ができる

固定回線が自宅にない場合、工事不要でWi-Fi環境を作りWi-Fi接続ができる、モバイルルーターやホームルーターの契約がおすすめです。

特に、モバイルルーターがあれば外でもWi-Fi接続ができますよ。

自宅にWi-Fi環境がある方も、モバイルルーターを契約すれば、外出先でもWi-Fi接続ができるようになり、携帯電話の通信制限を受けるリスクが少なくなります。

また、モバイルルーターを契約するなら使い放題が利用できる製品の契約がおすすめですよ。

【番外】フリーWi-Fi接続アプリ「タウンWi-Fi」でギガを節約!

フリーWi-Fi接続アプリ

外でフリーWi-Fiを利用する場合、提供元の公式サイトでIDとパスワードを発行してログインしなければいけません。

しかし、IDとパスワードの発行手続きは面倒ですよね。

IDとパスワードの発行手続きをせずにフリーWi-Fiを使いたい人は、タウンWi-Fiアプリがおすすめです。

タウンWi-Fi(App store)

タウンWi-Fi(Google Play)

まとめ

Wi-Fiを利用すればスマホやタブレットの通信制限を避けられるだけでなく、テレビやプリンターと連携させて家電の機能性を向上できます。

大抵のデバイスは、次の手順でWi-Fi接続が行えますよ。

  1. 接続する前にSSIDとパスワードを確認する
  2. 設定アイコンをタップしてWi-Fi設定メニューを開く
  3. 表示されるネットワークの一覧から確認したSSIDを選ぶ
  4. パスワードを入力する

デバイスをWi-Fiに接続する方法も簡単なので、スマホやタブレットを思う存分使いたい人や、テレビやプリンターをより便利に使いたい人はぜひWi-Fiの導入を検討してください。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる?おすすめ光回線3選

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
わたしのネットであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション ホワイト光電話光テレビセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光のWeb申込・相談窓口

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

auひかり

auひかり

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

実質2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりのWeb申込・相談窓口

【注目】最大147,500円大幅還元!

ドコモ光

2位

ずっとドコモ割プラスで毎月最大2,500円割引!

月額料金

4,000円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービスひかりTVセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ドコモ光のWeb申込・相談窓口

dポイント最大10,000円相当プレゼント

その他光回線・光コラボ一覧

固定回線は工事がめんどくさい!モバイルルーターで解決

光回線とモバイルルーターで迷いませんか?

もちろんモバイルルーターが欲しくて選ぶ方もいると思いますが、利用したい光回線がエリア外であったり、住んでいるマンションでそもそも使える光回線が決められているなど、希望に沿わない理由もあると思います。

また固定回線の利用を迷う方の理由を聞くと・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

以上のことがデメリットで、光回線に申し込みができない・乗り換えできない方もいます。

そんな光回線の申込みへ不満を抱えた方の代替え案として、「家でも、外でも、高速インターネットが楽しめ、面倒なインターネット開通工事や手続きが必要がない「モバイル回線」が人気です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターはサイズも手のひらサイズのコンパクトで、持ち運びもラクラク!

さらに、通常の固定回線と違って専用の端末を持つだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!

また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないも嬉しいでよね!

おすすめはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器のサービスで口コミで広がっています。

Broad WiMAXの人気のヒミツは、魅力的なのは毎月2762円(税抜)と業界最安級の月額料金!

さらに一般的なモバイルWiFiルーターは月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できます。

無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度758Mbpsで、フレッツ光などの固定回線と速度を比較しても、ほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界でも最安級の月額料金の設定で、WiMAXを上手に活用できれば、月額のスマホ代を節約できたり、プランによっては容量を気にせずネットを使えます!

固定回線で迷っている方は、WiMAXルーターを利用するのも1つの手段ですね!

WiMAXでおすすめは「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みでおトク!
多くの方に選ばれている「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクです!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る