閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

Wi-Fi活用で通信料を節約しよう!利用別のルーターの選び方

Pocket

自宅Wi-Fiならこれがおすすめ!間違いない無線LANのご紹介

Wi-Fiはスマホの通信料金を節約できる強い味方です。Wi-Fiを使えば、速度制限も解消できます。

ですが、スマホの通信料金を正しく節約するには、Wi-Fiルーター選びに気をつけなければいけません。
スマホを使うシーンよって最適なWi-Fiルーターがあります。

今回は、頻繁に通信をするご自宅での最適なWi-Fiルーターのおすすめ、外出先での最適なWi-Fiルーターのおすすめをご紹介します。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

自宅で使う時のおすすめWi-Fiルーター

ご自宅でもスマホっていろいろなことができますよね!

例えば・・・

  • スマホゲーム
  • 動画視聴
  • ネットサーフィン

 などなど

有線だとその場から離れられずに、動くのも困難。そんなときは、無線ルーターが大活躍します。
ではおすすめ無線Wi-Fiルーターと家でWi-Fi環境を使う方法をご紹介します。

SoftBank air(ソフトバンクエアー)

ご自宅でWi-Fiをはじめる最適の無線Wi-Fiルーターはソフトバンクが提供するSoftBank air(ソフトバンクエアー)です。サイズ208×95×95mmのコンパクトでシンプルな人気の無線ルーターです。

SoftBank air(ソフトバンクエアー)のメリット

SoftBank air(ソフトバンクエアー)をおすすめする理由は3つあります。

  1. 通信制限なし
  2. 高速通信
  3. 簡単設定

一つづつ詳しく見ていきましょう。

通信制限なし

インターネットを存分に楽しむには、どのくらいのデータ通信量が使えるかが一番気になるところ。
SoftBank air(ソフトバンクエアー)は、どれだけインターネットを使っても通信制限はありません。

無線で高速回線

無線でのインターネットは有線のインターネット回線よりも通信速度が遅いイメージはありませんか?
SoftBank air(ソフトバンクエアー)の最大通信速度は350Mbpsと高速回線なので、光回線と同じスピードでインターネットが楽しめます。

一つの端末につき、同時に64台までインターネットに接続できるので、ご自宅中のパソコン、スマホ、ゲーム機すべてをWi-Fi環境でインターネットが楽しめます。

簡単設定

新しくインターネットはじめるとき、設定が難しいイメージもありますよね?
SoftBank air(ソフトバンクエアー)は、ルーターが届いたら電源をコンセントに指すだけで簡単にWi-Fi環境でインターネットがはじめられます。難しい設定がないので初心者の方にも安心です。

通常、有線のインターネットは、ケーブルを自宅内まで引き込む工事が必要になるのですが、SoftBank air(ソフトバンクエアー)はコンセントに差し込むだけなので工事費用がかかりません。

【関連】SoftBank Airが選ばれている理由と快適な使い方

おすすめ窓口最大80,000円
キャッシュバック
ACE
工事不要!
簡単にインターネット!
月額実質1,300円~で使い放題!?
スマホ料金が安くなるセット割引も!
最大80,000円キャッシュバック中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

光回線をWi-fi環境にするには

無線のLANルーターを使えばいま使っている光回線をWi-fi環境にできます。
光回線のケーブルを無線のLANルーターに接続すれば、無線のLANルーターが電波を飛ばしてくれます。

この無線LANルーターは、市販のもので安価なものは3,000円から家電量販店、ネットショップで販売していますが、値段を見る前に確認するべきことがあります。

無線LANルーターは選び方を失敗すると通信速度が思うように出なかったり、インターネットに繋がらなかったりするので注意が必要です。

無線LANルーターの選び方には、快適にWi-Fi環境でインターネットを楽しむためにも次にあげる3つの点に注意してみてください。

注意点① 周波数は5GHz帯を選ぶ

無線LANルーターの接続の際に使われる「周波数帯」には、2.4GHzと5GHzの2種類があります。それぞれの特徴を表にまとめたので、ご参考ください。

周波数帯別特徴
周波数特徴
2.4GHz障害物に強いので広い範囲に届く
・Bluetoothなどでも使われている周波数帯なので、電波干渉を受けてしまいがち
・屋外でも使える
5GHz障害物に弱いので2.4GHzよりも届く範囲が狭い
・5GHz帯を使っている機器は2.4GHzに較べて少ないため、電波干渉を受けづらい

2.4GHzは周りで使われているさまざまな機器の周波数と被っているので電波干渉を受け、速度が落ちてしまいやすいです。
5GHzは届く範囲が狭いという問題がありますが、代わりに電波干渉を受けづらいために2.4GHzに較べて高速で通信できます。

届く範囲が狭いといっても自宅内であれば許容範囲内ですので周波数帯は5GHzを選ぶことをおすすめします。

注意点① 無線LAN規格を選ぶ

周波数帯と同じく重要なのが、無線LANの5つの規格です。
規格ごとに通信速度が異なるので、どの規格に対応しているかでWi-Fiの通信速度も大きく変化します。

無線LANルーター5つの規格
規格名周波数帯最大速度
IEEE802.11b2.4GHz11Mbps
IEEE802.11g2.4GHz54Mbps
IEEE802.11n2.4GHz、5GHz2.4GHz:600Mbps
5GHz:600Mbps
IEEE802.11a5GHz54Mbps
IEEE802.11ac5GHz6.9Gbps

見てのとおり11ac以外はすべて、通信速度が光回線の主な最大速度である1Gbpsを大幅に下回っています。

ですので、光回線でのWi-fi環境構築には11acを選びましょう。
周波数帯も、規格も無線LANルーターのラベルやご説明書に記載があるのでかならず確認をしましょう。

無線LANもう一つの規格

ちなみに2017年7月現在、これら5つの規格に加えて実はもう一つ、11adという規格もあります。

11adでは60GHz帯という狭い範囲での高速通信に有利な周波数帯が使用されていますが、まだ対応する無線ルーターがほとんどありません。

そのため基本的には、無線ルーターには上記の5種類があると考えておいて良いでしょう。

注意点③ LANケーブルの規格

Wi-Fi無線ルーター以外にLANケーブルも回線速度に影響を与えます。

LANケーブル規格一覧表
規格名最大速度
CAT5100Mbps
CAT5e1Gbps
CAT61Gbps
CAT710Gbps

普段は気にしていない方も多いのではないかと思いますが、細いLANケーブルをよく見ると規格名が書いてあります。

CAT5など、古い規格のLANケーブルを使うと、1Gbpsの光回線を引いていても速度が出ない原因です。

CAT6以上の規格のLANケーブルだと高速通信に支障はありません。
もしCAT5以下のLANケーブルをお使いの場合、CAT6のLANケーブルを家電量販店で購入しましょう。

快適なWi-fi環境にするためのまとめ

ここまで、快適なWi-Fi環境にするためのご説明をしてきましたが、まとめるとこんな感じです。

  • 周波数は5GHz帯
  • 無線LAN規格は11ac
  • LANケーブルの規格はCAT6以上

外出先でのおすすめWi-Fiルーター

外出先でも意外に通信環境がほしいものですよね。

例えば・・・

  • 出張中の移動の中でのメール確認作業
  • 旅行中の移動中(電車など)
  • 車の中での動画視聴、音楽鑑賞、旅先のルート確認など

携帯でGoogleマップで地図を使っていると知らないうちに、通信料が増える・・・なんてことも
でも今は携帯キャリアによっては最大50GB/月など、いろんなプランがあります。

そのなかでもおすすめしたいのは「WiMAX」です。

モバイルルーターのWiMAX

WiMAXは「ポケットWi-Fi」とも呼ばれていて、その名前のとおりポケットにすっぽり収まる手のひらサイズの端末が人気のモバイルルーターです。

WiMAXのメリット

WiMAXをおすすめする理由は4点あります。

  1. どこでも持ち運びができる
  2. データ通信制限なし
  3. 無線で高速通信
  4. 月額料金が安い

一つづつ詳しく見ていきましょう。

どこでも持ち運びができる

WiMAXの最大の特徴は端末がポケットサイズなのでどこでも持ち歩けて、どこでもインターネットができることです。

注意点

一つ注意する点としては、WiMAXには使用できるエリアが限られていることです。随時エリアは拡大していて主要なエリアはカバーしているので問題はないと思います。
契約前には、お使いになる予定のエリアでWiMAXが使えるかどうかの確認は必要です。

【合わせて読みたい】WiMAX2+の対応エリアは確認必須!WiMAXを上手に活用する

通信制限なし

WiMAXにはデータ通信量の制限がありません。
ですので、データ量を気にすることなく使えます。

注意点

データ通信量の制限はありませんが、3日間のデータ使用量が10ギガを超えると翌日の18時から2時まで通信速度制限があります。
ですが、速度制限後もYouTubeの標準動画がスラスラ見られるくらいの通信速度はあるので、心配はいらないでしょう。

【関連】WiMAXの速度制限はプランで決まる。制限にかからずに利用するための方法

無線で高速通信

SoftBank air(ソフトバンクエアー)と同じくWiMAXも無線での通信ですが、有線のインターネット回線と同じく高速回線です。
最大速度が440GbpsとポケットWi-Fiルーターのなかでも最速です。

スマホの一般的な通信速度が300Mbpsほどなので、その速さがわかると思います。

月額料金が安い

WiMAXの月額料金は3,500円。
調べてみるとスマホの50ギガのプランが7,000円ほどなので、比べてみると月額料金で3,500円もおトクです。

【関連】WiMAXとスマホをうまく活用して月額料金を節約する方法

月額料金最安級

Wi-fiおすすめまとめ

SoftBank air(ソフトバンクエアー)もWiMAXも回線の品質は変わりませんが、それぞれにデメリットもあります。

SoftBank air(ソフトバンクエアー)は持ち運びができないので、外出より自宅向きです。
WiMAXは持ち運びができるのですが、通信制限があり、よりインターネットを使う自宅よりは外出向きといえるでしょう。

Wi-Fiは、自宅と外出と用途の違いで最適なWi-Fiルーターも異なりますので、メリット・デメリットを理解したうえで正しく選択しましょう。

今お使いの光回線をWi-fi環境にすることも無線LANルーターを使うことにより実現しますので一度試してみてください。

携帯と光のセット割引に注目!キャリア別おすすめランキング

光回線は、フレッツ光以外にも、SoftBank 光auひかりドコモ光NURO光コミュファ光など数十社を超える回線業者があります。

インターネットを利用すると、毎月の出費になるので、できるだけ料金をおさえて、速度が安定する高品質な光回線を選びたいですよね!

例えば、ソフトバンク光やドコモ光は、携帯キャリア業者の中でも「光コラボレーション」なので、フレッツ光と同じ回線を使い、速度や品質もフレッツ光と同じ。そして持っている携帯の月々の料金の割引が適用されます!

auひかりは、光コラボではなく、独自の光回線サービスとなりますが、速度の評判も良く、au携帯とのセットで割引するサービスがあります。

紹介した3大キャリアのインターネット回線に限らず、携帯と光をセットにすることで毎月の携帯料金を割引されることが安くさせるポイント!

ただインターネット回線は選択肢が多く、インターネットを申込む上で不安な気持ちになります・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

結果的に、光回線の選ぶポイントとして、「速度が安定するのか」、「料金は結局月々いくら支払うのか」、「解約金はいくらなのか」が重要です!

また「どのプラン」を利用するかで、無駄に払う料金をなくす方法ということもおさえておきましょう。これは申込む際に、窓口で念入りにプランの相談をすることが大切です。

フレッツ光ナビ運営局で、キャリアごとの「光回線・光コラボ」の料金・速度・キャンペーン・乗り換えで人気の回線」を調査し、評価順でランキングにしてみました!ぜひ参考にしてみてくださいね!

月額・キャッシュバックでお得

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプションホワイト光電話光テレビセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光のWeb申込・相談窓口

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

auひかり

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

実質2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりのWeb申込・相談窓口

【注目】最大135,500円大幅還元!

3位ドコモ光

2位

ずっとドコモ割プラスで毎月最大2,500円割引!

月額料金

4,000円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービスひかりTVセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ドコモ光のWeb申込・相談窓口

dポイント最大10,000円相当プレゼント

その他光回線・光コラボ一覧

固定回線は工事がめんどくさい!モバイルルーターで解決

光回線とモバイルルーターで迷ったことはありませんか?

もちろんモバイルルーターが欲しくて選ぶ方もいると思いますが、使いたい光回線が利用できないエリアであったり、マンションで使える光回線が決められているなど、希望に沿わない理由もあると思います。

また固定回線にしようか踏みとどまっている方の理由を聞くと・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

以上のことがデメリットで、光回線に申し込みができない・乗り換えできない方もいます。

そんな光回線の申込みへ不満を抱えた方の代替え案として、「家でも、外でも、高速インターネットが楽しめ、面倒なインターネット開通工事や手続きが必要がない「モバイル回線」が人気です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターはサイズも手のひらサイズのコンパクトで、持ち運びもラクラク!

さらに、通常の固定回線と違って専用の端末を持つだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!

また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないも嬉しいでよね!

おすすめはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器のサービスで口コミで広がっています。

Broad WiMAXの人気のヒミツは、魅力的なのは毎月2762円(税抜)と業界最安級の月額料金!

さらに一般的なモバイルWiFiルーターは月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できます。

無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度758Mbpsで、フレッツ光などの固定回線と速度を比較しても、ほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界でも最安級の月額料金の設定なので、WiMAXを上手に活用することで、月額のスマホ代を節約できたり、プランによっては容量を気にせずネットを使えます!

固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用もおすすめです!

WiMAX申込み人気No1「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みでおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクになっています!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事