閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

自宅Wi-Fiならこれがおすすめ!間違いない無線LANのご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

自宅で光回線を使っている人も多いでしょう。

自宅に固定回線がある場合、スマホやタブレットなどWi-Fiが必要な機器が増えてきているため、無線LANが使えるルーター無線ルーターを使っているのではないでしょうか。

しかし、もしかしたら今使っている無線ルーターでは仕様や設定が原因で、契約している回線の本来の実力を発揮できていない可能性もあるんです。

今回は、自宅にWi-Fi環境を整えられる無線ルーターはどんなものを使うのがおすすめかについて解説します。

使っている無線ルーターを確認しよう

今使っている無線ルーターは、どんな機器でしょうか。

NECBuffaloなど様々なメーカーから無線ルーターが販売されていますが、どれも基本的には「自宅でWi-Fiが使える」のが特徴です。

家電量販店などで見てみてもよくわからず、とりあえず安いものを購入してしまった方も多いでしょう。

あるいは、契約しているネット回線のオプションとしてモデムなどの貸し出される機器に無線ルーター機能が搭載されているのでそれを使っている場合もありますよね。

なんとなくで使っているのであれば、Wi-Fiをより速いスピードで快適に使うために今一度、無線ルーターの性能を確認してみる必要があります。

1Gbpsの通信速度が出るということで契約しているのに、スマホやタブレットからスピードテストをしてみると20Mbpsやそれ以下で全然速度が出ていない・・・

それはもしかしたら、無線ルーターに原因があるかもしれません。まずは無線ルーターの名前を確かめて、検索して商品紹介のページを開いてみてください。

これから紹介する規格に対応しているかどうか確認し、設定を見直したり場合によっては買い換えたりすることで、Wi-Fiを便利に使っていきましょう。

無線ルーターの規格とは

それでは、無線ルーターで使われている周波数帯の意味や5つの規格の内容について解説していきます。

周波数帯や規格について理解することで、それに応じた接続設定をしたり新しい機器を買ったりしてWi-Fiを高速で利用できるようになりますよ。

無線LANには2.4GHz帯と5GHz帯という周波数帯がある

無線ルーターでは、無線を使ってスマホやタブレット、ゲーム機などの機器をインターネットに接続します。

接続の際に使われる「周波数帯」には、2.4GHzと5GHzの2種類があります。それぞれの特徴を表にまとめたので、ご覧ください。

周波数 特徴
2.4GHz 障害物に強いので広い範囲に届く
・Bluetoothなどでも使われている周波数帯なので、電波干渉を受けてしまいがち
・屋外でも使える
5GHz 障害物に弱いので2.4GHzよりも届く範囲が狭い
・5GHz帯を使っている機器は2.4GHzに較べて少ないため、電波干渉を受けづらい

2.4GHzは周りで使われている様々な機器の周波数と被っているので電波干渉を受け、速度が落ちてしまいやすいです。

5GHzは届く範囲が狭いという問題がありますが、代わりに電波干渉を受けづらいために2.4GHzに較べて高速で通信できる場合が多いですね。

まずはお持ちの無線ルーターが、5GHz帯に対応しているかどうかを確認してみましょう。

無線LANの5つの規格がある

周波数帯と同じく重要なのが、無線LANの5つの規格です。
規格ごとに通信速度が異なるので、どの規格に対応しているかでWi-Fiの通信速度も大きく変化します。

規格名 周波数帯 最大速度
IEEE802.11b 2.4GHz 11Mbps
IEEE802.11g 2.4GHz 54Mbps
IEEE802.11n 2.4GHz、5GHz 2.4GHz:600Mbps
5GHz:600Mbps
IEEE802.11a 5GHz 54Mbps
IEEE802.11ac 5GHz 6.9Gbps

見ての通り11ac以外はすべて、速度がフレッツ光やauひかりの最大速度である1Gbpsを大幅に下回っています。

ルーターがもしも11acに対応していないなら、まずはルーターを11ac対応のものに買い換える必要がありますね。

光回線などの契約と合わせて借りられるルーターでも、11acに対応していない場合は大いにありますよ。

また11acに対応しているだけでは、高速通信の体勢を整えるには不十分です。

無線ルーターは機器ごとに最大速度が違っているので、ものによっては11acに対応していても866Mbpsなど1Gbps以下の速度でしか通信できないんです。

例えば1Gbpsが出る固定回線を契約していてそれに近い速度を出せるようにしたいなら、1Gbps以上で通信できる無線ルーターを選びましょう。

そしてもしも11acに対応しているのに速度が低速だったとしたら、11acで接続されていない可能性があります。

11acは5GHz帯。無線ルーターの背面や説明書には5GHz帯で接続するためのSSIDが記載されているので、接続したい機器の設定から該当するSSIDを見つけて接続しましょう。

ちなみに2017年7月現在、これら5つの規格に加えて実はもう一つ、11adという規格もあります。

11adでは60GHz帯という狭い範囲での高速通信に有利な周波数帯が使用されていますが、まだ対応する無線ルーターがほとんどありません。

そのため基本的には、無線ルーターには上記の5種類があると考えておいて良いでしょう。

LANケーブルの規格

もちろん、無線ルーターを繋いでいるLANケーブルも回線速度に影響してきます。

規格名 最大速度
CAT5 100Mbps
CAT5e 1Gbps
CAT6 1Gbps
CAT7 10Gbps

普段は気にしていない方も多いのではないかと思いますが、細いLANケーブルをよく見ると規格名が書いてあります。

CAT5など、古い規格のLANケーブルをお使いの方だと、1Gbpsの光回線を引いていても速度を殺してしまう原因となります。

CAT6以上の規格のLANケーブルだと高速通信に支障はありません。
もしCAT5以下のLANケーブルをお使いの場合、CAT6のLANケーブルを家電量販店で購入しましょう。

逆にCAT7は10GBまでの速度に対応していますが、まだ1Gbpsより速い回線の普及が追いついていないため最大2Gbpsで通信できるNURO光でもない限りオーバースペックだと言えます。

携帯できる手軽なWi-Fi

最後に、携帯できる手軽な無線Wi-Fiルーターを紹介します。

ここまで紹介した無線ルーターはいずれも自宅の光回線などで使うためのもので、外に持ち運んで使うことはできませんでした。

しかし「WiMAX」なら、ポケットに入るサイズの小型ルーターであるため気軽に外に持ち出せます。

家でも外でもWi-Fiの高速通信を使えるのが、WiMAXの魅力

WiMAXは単体でネットに接続できるため、自宅での工事が必要ありません。

契約しWiMAXのルーターを手に入れれば、エリア内であれば家でも外でもスマホやタブレットなどの機器をネットに接続することができるんです。

ルーターごとに速度が違っていますが、下り最大440Mbpsの高速通信に対応しているので、固定回線と遜色ないスピードで通信できるのがWiMAXの魅力です。

WiMAXには様々なプロバイダがありますが、Broad WiMAXは月額料金が業界最安級で初めの3ヶ月間は2,726円(税抜)、それ以降も3,411円で使い放題となっています。

月額料金が安く設定されているため、自宅で固定回線を契約している場合でも比較的契約しやすいですね。

また、auのスマホ割も効きますのでauユーザーの方にも強くおすすめできます。

Broad WiMAXへの申し込みはこちら

ただし、「3日制限」には注意が必要

WiMAXは、「ギガ放題」で契約すれば通信量が無制限となります。

つまり固定回線と同様にいくらでも通信できるのですが、一つ注意点があります。

WiMAXは、直近3日間での通信量が10GBを超えてしまった場合超えた翌日の18時から深夜2時まで速度が低速に制限されてしまいます。

夕方から夜にかけて通信する機会がかなり多い人は、WiMAXの契約についてじっくり検討した方が良いでしょう。

最も、1ヵ月あたり100GBのデータ通信量を使い切るのは至難の業だと思いますが・・・

まとめ

自宅でWi-Fiを使用する場合、まずは自宅で使っている無線ルーターで使われている規格をしっかり確かめましょう。

電波干渉を受けづらい5GHz帯の高速通信規格「11ac」に対応している無線ルーターであれば、1Gbpsなどの高速通信が可能な固定回線の実力を発揮することができます。

またWi-Fiを自宅だけでなく外でも活用したい場合は、WiMAXの契約もおすすめです。

通信量に関する制限には注意が必要ですが、どこでも高速通信ができるので便利ですよ。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気の光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。
人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼期間限定キャンペーン

ソフトバンク光のお申し込み・ご相談はこちら!

新規でも乗換えでもおトク!Webなら24時間受付!

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,967円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼期間限定キャンペーン

auひかりのお申し込み・ご相談はこちら!

新規でも乗換えでもおトク!Webなら24時間受付!

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼期間限定キャンペーン

NURO光のお申し込み・ご相談はこちら!

新規でも乗換えでもおトク!Webなら24時間受付!

固定回線で悩んでいる方必見!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

おすすめ窓口BroadWiMAX

https://wimax-broad.jp/
webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

▼この窓口からのお申込みがおトク

関連記事