閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光へXi(クロッシィ)から乗り換えのメリットはある?

スマートフォンの普及率が高くなり、スマホユーザーの中で大きな問題になっているのが「パケット通信量」です。

この上限を超えると通信速度に制限がかかり快適な通信ができなくなり、低速回線での接続で我慢するか、新たにパケットを購入することで速度を回復させることになります。

業界最大手の「NTTドコモ」が提供している「Xi(クロッシィ)※のモバイルルーター」は、その中でもスマホやタブレットに対して快適な速度と通信量を提供できるモバイルインターネットとしてシェアを拡大してきました。
※Xi(クロッシィ)は、NTTドコモが提供するLTEを使用した携帯電話・タブレット・データ通信向け通信サービスのブランド名称。

ですが、その反面、月間の通信量が7GBを超えると制限がかかってしまうのでパケットの追加購入を余儀なくされるユーザーも少なくありません。

Xiのモバイルルーターは外出先でも快適な通信を、でリリースされましたが、実際この7GBの通信料上限はどれくらい使えるものなのでしょうか?

今回は、Xiのモバイルルーターが実際どれだけ使えるのか、フレッツ光と比べた場合どちらが優れているのかについて見ていきましょう。

実際にかかるパケットの目安

現在、スマホには様々なアプリがリリースされています。

その中でもシェアの高いものは「ツイッター」「フェイスブック」「LINE」「SNSゲーム」「ユーチューブ」「ニコニコ動画」などになります。

ではこれらの通信での通信制限は実際にどれくらいで来るのでしょうか。

意外に少ない無料通話の制限

ツイッター、フェイスブックなどは頻繁なツイートや更新をしても通信制限に引っかかることはほとんどありません。国内であればほぼ問題はないでしょう。

現在無料通話での強みを出している「LINE(ライン)」に関しても、無料通話を1日3時間20分ほど1か月利用すれば7GBまで達することもありますが実際問題に毎日3時間の通話はまずありません。

LINE同様に無料通話が海外ともできる「Skype(スカイプ)」もほぼ同じ条件です。

では、様々な社会現象を引き起こしているSNS(ソーシャルネットワークサイト)のゲームはどうなるのでしょうか?です。こちらはLINEなどよりもはるかに通信料が少なく済みます。廃ゲーマーと言われる人たちでも通信制限に至ることはほぼありません。

LINEやSNSゲームでは通信料よりもバッテリーの減りのほうが大きな問題でもあり、制限が来ることはないと考えてもいいでしょう。

では、動画サイトはどうなのでしょうか?。

意外な落とし穴、ユーチューブ

動画サイトは落とし穴が潜んでいます。
スマホなどから動画を見た場合30分の高画質動画でもあっという間に通信制限にかかります。

これは他の動画サイトでも同じであり、この通信制限地獄からの対応策として再注目を浴びたのが、通信量上限のない固定インターネットでの「wi-fi」接続になります。

音楽などの再生だけでも通信制限にかかることが多いため、重量コンテンツの利用の際は、自宅のwi-fiにつなぐということが一般的になってきました。

もちろん、Xiなどのモバイルルーターを自宅wi-fiとして利用することもできますが、結局上記のようにすぐに7GBの壁に突き当たり速度制限にかかるでしょう。

つまり、ユーチューブなどの利用用途がある場合は、Xiなどのモバイルルーター系のインターネットでは不十分だと言えます。

フレッツ光とXiではどう違うのか?

Xiの特徴は【エリア圏内であれば快適なネットができる】ことです。これは関東などの一部では快適に動くことができても地方になると難しいという側面も含んでいます。

モバイルルーターとしてスマホと連動させて安くなる、というメリットはありますが回線の速さや安定性はフレッツ光と比べると見劣りしてしまいます。

また、モバイルルーターとしては若干高めの金額で、単体で見てもフレッツ光とさほど変わらない料金となっているためお得感は少ないと言えるでしょう。

現在は、自宅での利用の際はwi-fiと連動させることが主流となりつつあります。

これは、外では通信量上限のあるキャリア回線の通信を極力抑えて利用し、自宅でのスマホの作業の際に速度制限や容量制限のないフレッツ光を利用し、快適かつ料金を抑えたネット環境の利用ニーズが増えているからと言えます。

自宅でのパソコンでの速度制限などはほとんどの人が考えたことがないと思いますが、Xiにはそのような落とし穴もあります。

フレッツ光は回線工事が必要ですがそれを終えた後は快適なネットライフが楽しめるだけではなく、携帯の通信料金などのコストカットにもつながると言えるでしょう。

自宅でのXiのメリット・デメリット

Xiを導入する際のメリットは「回線工事が不要」ということです。
これは一人暮らしなどで実家を離れた際にも即ネットができるのが売りになります。

とは言え、フレッツ光も回線工事は必要なものの、事前にアパートやマンションで誰かが回線を引いている場合は早目の開設も可能であり、また、入居日がわかってる場合はその近辺でフレッツの工事を事前に予約することも可能です。

なので、本当に急な利用目的が無い限り、Xiの「回線工事が不要」という事に関してはあまり大きなメリットとは言えないでしょう。

それよりもやはり、デメリットである7GBの通信量上限の課題の方が大きいと言えます。

外出先などでスマホやタブレットの通信に利用し、パソコンを経由した動画サイトの観覧などをするだけであっという間に回線の通信量は7GBに到達してしまい、速度制限がかかってしまいます。FullHD動画などの観覧では速度制限が即来ると考えてもいいでしょう。

これでは、自宅Wi-Fiとしての安定性を確保できるとは言えません。

料金の差異

Xiは爆発的にユーザーを獲得しましたが現在は新規受け付けはできない状態です。

ですが、プランの改正というものはあまり見ない部分もあるのでそのまま高額な通信料を払っていることも多々あります。

Xiとフレッツ光を比べた場合、外出先では格安SIM、自宅ではフレッツ光を利用という条件であれば「Xiに払う料金>フレッツ光+格安SIM利用料」という場合もあります。
(フレッツ光のマンションタイプなどで長期割引の場合など)

光回線やプロバイダについてお気軽にご相談ください。

お客様のご利用イメージに合わせて、おすすめの光回線や最適なプロバイダ選びをご提案します!

スマホ(格安SIM)の台頭とフレッツ光

日本のインターネットを大きく支えてきたものの一つが「オンラインゲーム」です。従来はパソコンでプレイするものですが、最近ではコンシューマー顔負けのゲームがスマホでもリリースされています。

有名なゲームのナンバリングタイトルの新作がスマホでリリースされたりなどもあり、自宅でも簡単にゲームができるようになりました。

スマホのメリットは「スマホ一つで完了する」であり、ゲームのハードを準備してソフトを購入して、などの手間が省けます。

スマホでこのようなハイクオリティーゲームをやるにはある程度の速い回線が必要です。
スマホをゲーム専用端末にしている人は少なく、通話や通信にもパケットは使用します。

実際のところ、ゲームをするのは自宅という人も多く、自宅ではwi-fiを経由したフレッツ光で快適にプレイし、外では時間の空いた時などにプレイするという形にすることで他の通信に影響することなくスマホライフを楽しむことができます。

また、格安SIMの場合は「2GB」など少量の通信量プランで契約している場合が多く、これを超えた場合は速度制限に入るか通信料が高額になるかになります。

もちろん事前に通知や告知はきますが、この2GBで出来ることと言えばLINEやFacebook、メールなどのやり取りぐらいだけであり、LINEなどでも動画を送り合ったり、シェアをするものならすぐに速度制限にかかってしまうでしょう。

そういった現状から、自宅ではフレッツ光をWi-Fi接続し通信量や速度制限を気にせず快適な速さと安定性を手に入れたいユーザーが増えています。

Xiからフレッツ光に乗り換えるには?

Xiからフレッツに光に乗り換える場合は初月だけは価格が少し二重になってしまいます。これはXiの解約とフレッツ光の契約を同時にすることでネットの使用できない期間を防ぐためです。

Xiから通常のパケットプランのどれかに契約し直し、同時にフレッツ光の契約をすることになりますが、事前にフレッツ光の代理店に電話などで「乗り換えをしたいこと」「工事が必要なのかどうか」「どれくらいで乗り換えができるのか」を問い合わせておくことでスムーズに工事や回線手続きが進みます。

Xiはリリース当時は画期的なプランであり、携帯とパソコンのネットなどの料金を一つにできるお得さがありました。

ですが、ネットの普及、スマホの普及率。これらによっておこされるネット回線の混雑、微弱性、価格の高さなどを浮き彫りにしてしまいました。

格安SIMの台頭のきっかけにもなった「自宅wi-fi」も少しでもこの通信料を安くしたい、自宅にいるときもガッツリとスマホで遊びたい、というユーザーの声の形です。

安定した速さを提供できるフレッツ光は利用上限なしで使える面もあり、格安SIMの台頭とともに普及率が広がっています。

今後、スマホ業界の中では格安SIMをはじめMVNOなどで顧客の奪い合いが激化することが予想されます。

自宅でのwi-fiも一緒に設置できることもあり、フレッツ光への乗り換えが多くなっているのも納得いく出来事と言えます。

光回線やプロバイダについてお気軽にご相談ください。

お客様のご利用イメージに合わせて、おすすめの光回線や最適なプロバイダ選びをご提案します!

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

固定回線のお悩み解消!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAX申込み人気No.1「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクになっています!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る