閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光ネクストで料金を安くおさえる方法を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「フレッツ光ネクスト」は速さもおトクも兼ね備えたインターネット接続サービスです。

さらに「フレッツ光ネクスト」は月額料金もお手ごろです。

では「フレッツ光ネクスト」の料金はどのくらいで、どのようなサービスなのでしょうか?ここでは主に「フレッツ光が初めて」という方が、【フレッツ光ネクスト】でおトク・快適にインターネットを楽しむための方法をお教えします。

フレッツ光ネクストとは?

これまでのBフレッツなどをはるかに上回る、品質の高い安定した通信を実現したフレッツ光ネクスト。

特にNTT東日本のギガファミリータイプ、NTT西日本のスーパーハイスピードタイプ隼(はやぶざ)は、なんといっても最大通信速度1Gbps(技術規格上の最大値)の高速インターネットの速さとリーズナブルな料金が最大の魅力です。

通信速度や品質を保証する技術である「品質確保機能(Qos)」で、ひかり電話も動画もスムーズに楽しむことができます。

さらにインターネットを何時間利用しても通信料金が変わらない定額制で、動画やネットゲームなど、利用頻度が多い方向けのプランです。

もし現在「フレッツ光ライト」をお使いの方であれば、光ネクストへのご変更も手段の1つです。
屋内だけではなく、屋外では新幹線など、アクセスポイント(外出先で無線LAN接続)での利用を使って利用できます。

アクセスポイントについては、NTT東日本、NTT西日本で対応内容が違いますので、公式サイトでご確認ください。

また自分のネットワーク構成にあわせて固定IPアドレス(OCN ADSLアクセスIPなど)を1個割り当て、ダイヤルアクセスのアクセスポイントからもアクセス可能となる接続プランもあり、アクセスラインが充実しています。またフレッツ・VPN ワイドサービスを(フレッツ 光ネクスト、Bフレッツ、フレッツ・ADSL、フレッツ・ISDN)を利用して、複数の拠点を接続することが可能なVPNサービスもあり、ビジネス面においても最適です。

特徴1 なんといってもフレッツ光史上、最高スペック

フレッツ光ネクストの中でもNTT東日本のギガファミリー(マンション)スマートタイプ、NTT西日本のスーパーハイスピードタイプ隼の最大通信速度は、最大おおむね1Gbps(上り・下り、NTT西日本の場合は有線LAN接続の場合)※の高速インターネット接続となります。

今までの「フレッツ光ネクスト ハイスピードタイプ」のサービスの速度がおおむね200bpsですので、それと比べれば圧倒的なスピードです。

ここでポイントなのが、1Gbpsに対応したプロバイダー(ISP)を選んで申し込みすることです。

1Gbpsに対応しているかどうかについては、

NTT東日本の場合は こちら
NTT西日本の場合は こちら

から、まずお住いの地域でどのISPが利用可能かを調べて、1Gbpsに対応したISPを選ぶようにしましょう。※ただしベストエフォート型サービスなので、ご利用状況・環境などによって速度が下がる可能性があります。

特徴2 「Bフレッツ」・「フレッツ光プレミアム」からアップグレート可能

フレッツ光ネクストというサービスタイプが開始される以前には、「Bフレッツ」(2000年に開始されたサービス)・「フレッツ光プレミアム」(2005年からNTT西日本で開始されたサービス)というサービスタイプが提供されていました。これらのサービスタイプから移行したい!と考える人もきっといるでしょう。

特にNTT西日本のエリアであれば、今使っているBフレッツ・フレッツ光プレミアムから、「フレッツ光ネクスト ファミリー(マンション)・ハイスピードタイプ隼」への移行工事費は0円※。
またCLUB NTT-West(NTT西日本)会員であれば、今まで貯めていたポイントもそのまま引き継ぐことができます。

一方、NTT東日本ではBフレッツからフレッツ光ネクストへの移行に、移行工事費が発生しますので注意してください。

フレッツ光の戸建てプランへの移行工事費は18,000円、集合住宅の場合は15,000円となっています。

※ただし、変更の際に派遣工事を希望する場合は料金が発生するケースがあります。

特徴3 新規申し込みならさらにリーズナブルな気になる月額料金!

NTT東日本の場合 「ギガ推し!割引」に注目!

一番お得にフレッツ光ネクストを使うのであれば、「ギガファミリー・スマートタイプ(ギガライン・スマートタイプ)」をおすすめします。

またスマートタイプ限定の「ギガ推し!割引」とは、30か月のあいだ月額料金から300円(集合住宅向けの場合は200円)が割引されるサービスタイプです。さらに「にねん割」と組み合わせることで、お得に高速インターネットを利用できます。

フレッツ光ネクスト 回線タイプ にねん割 ギガ推し!割引 フレッツ光
メンバーズクラブマンスリーポイント使用(1年目)
月々の割引金額 割引後の月額基本料金
(割引後の料金にプロバイダ料金が加算されます)
ギガファミリー・スマートタイプ 700円 300円 100円 1,100円 5,700円→4,600円
ファミリー・ギガラインタイプ 700円 × 100円 800円 5,400円→4,600円
ファミリー・ハイスピードタイプ/ファミリータイプ 700円 × 100円 800円 5,200円→4,400円
ギガマンション・スマートタイプ(プラン1) 100円 200円 100円 400円 3,750円→3,350円
ギガマンション・スマートタイプ(プラン2) 100円 200円 100円 400円 3,350円→2,950円
ギガマンション・スマートタイプ(ミニ) 100円 200円 100円 400円 4,350円→3,950円
マンション・ギガラインタイプ(プラン1) 100円 × 100円 200円 3,450円→3,250円
マンション・ギガラインタイプ(プラン2) 100円 × 100円 200円 3,050円→2,850円
マンション・ギガラインタイプ(ミニ) 100円 × 100円 200円 4,050円→3,850円
マンション・ハイスピードタイプ/マンションタイプ(プラン1) 100円 × 100円 200円 3,250円→3,050円
マンション・ハイスピードタイプ/マンションタイプ(プラン2) 100円 × 100円 200円 2,850円→2,650円
マンション・ハイスピードタイプ/マンションタイプ(ミニ) 100円 × 100円 200円 3,850円→3,650円
条件①フレッツ光ネクストギガファミリー(マンション)・スマートタイプを「新規」で申し込むこと

いまフレッツ光で他の対応プランを利用中で、フレッツ光ネクストギガファミリー(マンション)・スマートタイプに変更した場合は、残念ながら適用されません。
フレッツ光ネクスト ファミリー(マンション)・ギガラインタイプについても対象外です。

条件②「にねん割」にも申し込みすること

2年間の継続利用をするという前提で、大幅割引を受けられるサービスタイプです。

「ギガ推し!割引」の適用を受けるのであれば、必ずこの「にねん割」にも申し込みをしてください。

なお、にねん割をご契約する場合、利用期間の途中(利用期間満了月の翌月<更新月>を除く)でフレッツ光を解約された場合、「にねん割」の解約金(戸建て向けサービスの場合9,500円、集合住宅向けサービスの場合1,500円)をお支払いすることになります。

条件③ 申し込み受付期間は2016年9月30日まで、開通は2017年3月31日までに。

申し込みの受付は2016年9月30日までとなっています。開通は2017年3月末となっていますが、申込から開通までに時間がかかる可能性があります。

どうしても割引の適用を受けたい!という人は、工事日はなるべく早めに設定して開通させておきましょう。また、NTT東日本では受付期間を延長する可能性があるとのことですが、「あくまでも可能性」なので、気になっている人はこの期間内の申し込みをおススメします。

またお申込される際は、確認事項として、平成24年6月以前のキャンペーンは、適用条件で最低利用期間(24ヵ月)を設定されています。自己都合で最低利用期間内に解約された場合、初期工事費割引金額の一部として8,000円をNTT東日本にお支払いしなければなりません。

ただしフレッツ光提供エリア外へ移転された場合(NTT西日本エリアへの移転などを含む)などにおいては対象外となります。また平成24年6月以降のキャンペーンについては、最低利用期間の設定はございません。お客さま宅内の配線設備等を再利用する場合は、金額が異なる場合がありますので、ご注意ください。

NTT西日本の場合「Web光もっと2割」に注目!

「Web光もっと2割」の割引サービスの適用で、おトクな月額料金で利用することが可能です。
戸建てにお住まいであれば「フレッツ光ネクスト ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼」と「Web光もっと2割」の新規の申し込みで月額料金3,810円という驚きの安さ!

またマンションにお住まいであれば「フレッツ光ネクスト マンション・スーパーハイスピードタイプ隼」が新規の申し込みで月額料金2,930円というのですから、本当に魅力的ですね。

フレッツ光ネクスト 回線タイプ 配線方式 通常料金 「Web光もっと2割」適用時の月額基本料金
1~6年目まで 7年目 8年目以降
ファミリー・スーパー・ハイスピードタイプ隼 5,400円 3,810円 3,710円 3,610円
マンション・スーパーハイスピードタイプ隼(プラン1) VDSL・ひかり 3,700円 2,930円 2,880円 2,830円
LAN 3,100円 2,330円 2,280円 2,230円
マンション・スーパーハイスピードタイプ隼(プラン2) VDSL・ひかり 2,530円 2,480円 2,880円 2,430円
LAN 2,600円 1,930円 1,880円 1,830円
マンション・スーパーハイスピードタイプ隼(ミニ) VDSL・ひかり 4,500円 3,420円 3,320円 3,220円
LAN 3,900円 2,820円 2,720円 2,620円

この割引サービス「Web光もっと2割」が適用されることで、月々の利用料金を下げることができるのです。

では、おトクに「フレッツ光ネクスト ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼」を月額料金3,810円(マンションタイプ月額料金2,930円)で利用するにはどんな条件を満たせばいいのでしょうか?

条件① Webから申し込みすること

Webから申し込みをすることが前提となっています。NTT西日本のWebサイトから「フレッツ光ネクスト スーパーハイスピードタイプ隼」
「Web光もっと2割」を同時に申し込みしてください。

条件② 「Web光もっと2割」の申し込みが「新規」であること

月額利用料金3,810円(マンションタイプ月額料金2,930円)という料金設定は、現在すでに提供されているフレッツ光の割引サービス「光もっと2割」の6年目の月額利用料金と同じ料金となっています。

つまり、申し込みをした時点で、6年間利用した際の割引料金が適用される!ということになります。この機会をゼッタイお見逃しなく!

条件③ 「フレッツ光」も、申し込みが「新規」であること。ただし移転は対象外。

今現在「フレッツ光ネクスト ファミリータイプ(マンションタイプ)」を利用している人が、「フレッツ光ネクスト スーパーハイスピードタイプ隼」へ移行するなど、新規ではない場合は適用されませんので、ご注意ください。

残念なのですが、お引越しなどの移転についても対象外となります。

条件④ 注意!申し込み受付期間は2016年9月末まで、開通は2016年12月末までに!

申し込みの受付期間は2016年6月1日から2016年9月30日までとなっています。また、2016年12月31日までに開通しなかった場合は割引の適用が受けられません。申し込みから開通までに時間がかかるケースもあります。

12月中の申し込み・開通予定の場合は特に注意しておきましょう。確実にこの「Web光もっと2割」の割引金額で利用したい!というのであれば、早めに申し込みをして開通させておくのが重要なポイントです。

フレッツ光よりも光コラボの方が断然おトク!?

★大人気★500以上の光回線プランの中からお客様に合ったプランをご提案します!

フレッツ光ネクスト注意しておきたい「料金」のこと

注意① NTT東日本「にねん割」の解約金について

「にねん割」の解約金は戸建て向けサービスタイプで9,500円、集合住宅向けで1,500円となります。
解約金が発生しない更新月(利用期間終了月の翌2か月間)などの契約内容は、ご利用明細・フレッツ光メンバーズクラブの会員サイト内で確認することができます。またコールセンターに確認していただくことも可能です。

注意② NTT西日本「Web光もっと2割」の解約金について

「Web光もっと2割」を使っている場合、解約した場合には解約金が発生します。

割引適用期間は、申し込みから2年間、それ以降は3年ごとの自動延伸となっています。
割引適用期間の満了する月とその翌月については解約金が発生しません。

申し込みをしたけれど、もしかすると移転などのやむ負えない事情で解約する可能性が少しでもあるようでしたら、必ず一度チェックしておきましょう。

また解約金は以下の表のとおり、利用年数によって変動します。

割引適用期間 2年間 3年間 3年間 3年ごと
利用年数 1年目 2年目 3年目 4年目 5年目 6年目 7年目 8年目 9年目以降
解約金 10,000 5,000 30,000 20,000 10,000 30,000 20,000 10,000 10,000

割引期間の満了月前の請求書(口座振替明細書)または、CLUB NTT-West会員メール、お知らせはがきにて、満了月を確認することができます。CLUB NTT-West会員サイトであれば随時、更新月を確認することが可能です。

注意③ プロバイダーの違約金

プロバイダーよっては違約金が発生する場合があります。プロバイダーごとに利用条件が異なりますので、解約時にどのようなデメリットがあるのかも、ほかのプロバイダーと比較して調べておきましょう。

注意④ 初期費用について

ファミリータイプ・マンションタイプともに初期費用が発生します。

NTT東日本の場合

「フレッツ光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ」の場合の初期費用は、契約料800円+工事費18,000円となりますが、分割払い(31回払)も選択できます。

「フレッツ光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ」の場合の初期費用は、屋内配線の工程がある場合は、契約料800円+工事費15,000円となり、屋内配線の工程がない場合は契約料800円+工事費7,600円となり、ともに分割払い(31回払)も選択できます。

NTT西日本の場合

「フレッツ光ネクスト ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼」の場合の初期費用は、契約料800円+工事費18,000円となりますが、分割払い(31回払)も選択できます。

「フレッツ光ネクスト マンション・スーパーハイスピードタイプ隼」の場合は、契約料800円+工事費15,000円(LAN方式の場合は7,600円)となり、分割払い(31回払)も可能となっています。

注意⑤ 土・日・祝日に開通工事をする場合はプラス3,000円

立ち合いがどうしても必要で、スケジュールの都合で土・日・祝日に開通工事をされるケースも多いのですが、この場合ファミリータイプ・マンションタイプともに②の初期費用にプラス3,000円が上乗せされます。

分割払いを希望した場合は、初回の請求時にこの3,000円をお支払いいただくことになります。少しでも初期費用を抑えたい場合は、平日に工事日を設定することも考えてみましょう。

注意⑥ 「ひかり電話」設置はインターネット接続工事と同じタイミングで!

ひかり電話を利用しようかどうか迷っている人もいるでしょう。ひかり電話の申し込みがインターネット回線工事と同じタイミングであれば基本工事費(1,000円)は無料となります。現在利用中の電話番号を引き続き利用したい場合は、交換機等工事・同番移行工事費が別途発生しますので、気になる人は事前に問い合わせするようにしましょう。

また利用中の電話番号が利用できないケース・利用できない機器(ISDN対応機器・G4FAXなど)もありますから、この点も一度確認されることを強くおススメします。

さらにNTT東日本のひかり電話対応機器はレンタルのみで販売はしておらず、機器利用料も戸建て、マンションや利用サービスタイプによっても金額が異なりますので、合わせてご確認が必要です。(ひかり電話の場合、機器工事費が1装置ごとで別途必要となります)

フレッツ光よりも光コラボの方が断然おトク!?

★大人気★500以上の光回線プランの中からお客様に合ったプランをご提案します!

フレッツ光ネクストは便利な料金シュミレーションを利用して申し込みしよう

おトクに「フレッツ光ネクスト ギガファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼」を利用開始するためには、フレッツ光をお申込できるサイトから料金シュミレーションを利用してから、利用料金の目安を確認してからお申込みする流れがおすすめです。

プロバイダーの選択・オプションサービスを追加するごとに、画面下に月額利用料金の合計金額が表示され、実際に利用する際にどれぐらい料金が発生するのか、シュミレーションすることができるようになっています。フレッツ光ネクストをおトクに利用開始したいと考えている人には、このシュミレーション機能は大変便利です。

「フレッツ光ネクスト ギガファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼」をおトクに利用開始したいあなたのために、ポイントや注意すべき点についてお話してきました。「Web光もっと2割」といった超おトクなキャンペーンが実施されている、この絶好のチャンスを逃さないように!あなたの快適でリーズナブルなインターネットライフを応援しています!

※ここでご紹介している利用料金や解約金などは税抜価格での表示となっており、実際には消費税が加算されます。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気の光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。
人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼人気窓口の限定キャンペーン

ソフトバンク光でおすすめの人気窓口はこちら!

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,967円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼人気窓口の限定キャンペーン

auひかりでおすすめの人気窓口はこちら!!

【注目】今ならキャンペーンで初月無料でスタート

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼人気窓口の限定キャンペーン

NURO光でおすすめの人気窓口はこちら!

【注目】初期工事費が実質無料!超高速2Gbps!

固定回線で悩んでいる方必見!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

おすすめ窓口BroadWiMAX

https://wimax-broad.jp/
webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

▼この窓口からのお申込みがおトク

関連記事