閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

フレッツ光のバックアップを利用して快適なネット環境を構築しよう!

フレッツ光のバックアップを利用して快適なネット環境を構築しよう!

フレッツ光の回線がなんらかの原因で利用できなくなった場合に…、バックアップが欲しいと感じる場合があるでしょう。

しかし、フレッツ光のバックアップは高速回線での代替が必要となり、高額になってしまいます。

ここでは、フレッツ光のバックアップ回線を確保するためにはどのような手法があるのかをご紹介します!
また、フレッツ光のオプションメニューには、どのようなデータバックアップ手法があるのかも併せて紹介していきます。

フレッツ光の回線に障害が発生した場合

通常自宅で便利に利用できる高速回線であるフレッツ光。

もしもフレッツ光の回線に障害が発生してしまった場合には、どのようなリスクが生じるのでしょうか。ユーザー単位で利用方法は異なりますが、見ていきましょう。

インターネットへのアクセスができない

フレッツ光の回線に障害が発生した場合には、パソコン、タブレットなどからのインターネットへのアクセスができなくなります。

仕事でインターネットを利用している場合には仕事ができずに困ってしまうことでしょう。

趣味などでネットショッピングをしたい、動画を見たいなどのニーズを満たせなくなってしまいます。

ひかり電話やひかりテレビなどのオプションサービスが利用できない

回線自体に障害がある場合には、各種オプションサービスが利用できなくなります。

パソコンのみの不具合ではないため、「おかしいな」と感じたら、ひかり電話やひかりテレビの通信状態を確認してみてください。

ネットの通信に不具合が発生した場合の確認方法

インターネットにアクセスできないため、どこに不具合が生じているのか、自分ではなかなか切り分けができないかもしれません。

パソコンの再起動を行ったり、ケーブルの抜き差しを行う人もいることでしょう。

回線障害の場合には、携帯電話の通信網を利用した確認を実施してみてください。

NTT東日本、西日本どちらのフレッツ光にも障害発生確認のホームページが存在します。

フレッツ光の回線の障害の場合には、指定URLをチェックすることで障害箇所や範囲の情報を入手することが可能です。
NTT東日本:https://flets.com/customer/const2/
NTT西日本:http://www.info-construction.ntt-west.co.jp/info-report/ku010/kU010010/

最大94,000円キャッシュバック!

ソフトバンク光がお得なポイント

  • 月額実質1,800円~
  • おうち割適用で毎月最大1,080円割引
  • 他社回線から乗換え違約金を10万円まで満額負担
  • 最大94,000円キャッシュバック
  • Webフォームからの申し込みで10,000円キャッシュバック増額中

フレッツ光回線のバックアップの種類

フレッツ光の回線に障害が発生した場合には、携帯電話のテザリングや、DSL接続、ISDN接続などでバックアップ回線を確保できます。

また、複数のプロバイダーと契約することでセッション(インターネットとの接続)を確保することが可能です。
ただし、ひかり電話やひかりテレビなどのオプションサービスは利用できません。

携帯電話のテザリングを利用

今すぐにインターネットにアクセスしたい場合には、手元に持っている通信機器や回線網でも回線バックアップを確保することは可能なので試してましょう。

携帯電話のテザリング機能をonに設定することで、パソコンを携帯電話経由でインターネットに接続できます。

ただし、この方法では、携帯電話の通信料金が発生してしまいます。

また、パソコン側の接続先の設定を一時的に携帯電話に変更する操作が必要です。

もしも、フレッツ光の回線が復旧した場合には、また接続先を変更する必要があったりと、少々の手間が発生するやり方であるため、緊急の時の対応策として考えることをオススメします。

DSL(電話回線を利用した広帯域デジタル通信)を利用したバックアップ回線を確保

あらかじめ、フレッツ光回線の障害を想定して、高品質なDSL回線(電話回線を利用した広帯域デジタル通信。速度の速い電話回線)をバックアップにしておくことも一つの手段です。

以前はプロバイダー各社によって、光回線のバックアップ回線プランが提供されていました。

バックアップ回線プランでは、光回線の代わりに旧アッカネットワークスのDSL回線を用いて障害時に回線を提供するものでした。

通常は、光回線とDSL回線を各家庭に引き込む場合には、ブロードバンドルーターと、DSLのモデムが必要になり、自身で切り替え操作を行うことで(もしくは事前の複雑な設定を行うことで)回線の切り替えが可能です。

しかし、この旧アッカネットワークスのバックアップ回線プランを利用すれば、プロバイダー各社から、回線自動切り替え機能付きのルーターを貸し出しされ、ユーザーは意識することなしに、光回線の障害発生時にバックアップ回線を利用ができたのです。

現在、旧アッカネットワークスはソフトバンク株式会社と吸収合併しています。

NTTコミュニケーションズ、IIJ、ソフトバンク、KDDI各社からバックアップ回線プランが提供されていましたが、現在はサービスを終了しています。

また、旧アッカネットワークスのADSL網を利用した回線サービス全般が2017年3月で終了する予定で、違うDSLを利用したバックアップソリューションは現在のところないのが現状です。

DSL回線をバックアップとして利用するためには、別途、フレッツADSLなどのDSL回線を新規に申し込み、バックアップ回線として利用するほかございません。

前述のバックアップ回線プランと比較すると、月額料金が割高ですし、障害時には切り替え操作が発生してしまいます。

ですが、もしも、フレッツ光のバックアップ回線が不可欠で速度をできる限り保ちたいと考えるお客様にはオススメです!

デュアルセッションで違うプロバイダーにつないでバックアップ

ルーターの機能によっては、IPセッション(プロトコルレベルでのインターネットとの接続)が切断した場合に、デュアルセッションで自動的に違うプロバイダーに接続することが可能なものがあります。

こちらもバックアップとして利用する方法のひとつです。

ただし、物理的な回線は一つのため、物理層レベルの障害には対応できません。
また、2つのプロバイダーとの契約が必要となるため、割高です。

ISDN(デジタル式電話回線)を用いたバックアップ回線

フレッツ光回線ほどの回線速度は出ませんが、緊急時の暫定策として、フレッツISDNなどのISDN回線(デジタル方式の電話回線。現代の一般家庭にある電話回線)をバッックアップ回線として利用もできます。

ただし、速度が比較的低速であること、バックアップ回線に、月額費用が発生することなど、デメリットも存在します。障害時のリスクと鑑みて、検討してみると良いでしょう。

別キャリアのひかり回線をデュアルで引き込む

フレッッツ光と同じ光回線を引き込んで、障害時にはバックアップ回線として利用することも可能です。

ご自身が住んでいる地域に他の回線キャリアがないか確認してみてください。ケーブルテレビの光回線などが利用できる場合が多いでしょう。

ただし、障害発生時にはお客様での切り替えの操作が必要です。

事前に設定することで、スイッチングハブへのケーブルの差し替えなどで接続先の光回線網を変更できるようにしておくと便利です。金額的には、光回線を2回線引き込むことになり割高です。

回線バックアップ手法のメリットデメリット
メリット デメリット
携帯電話でテザリング 現在あるリソースで手軽にバックアップを確保可能

比較的割安で実現できる

携帯電話の通信費がかかる

(障害時だけと考えると安い)

光回線ほどの速度は保てない

切り替えオペレーションが発生

DSL接続 光回線ほどではないが速度が速い 別契約が必要で割高

別途機器が必要

デュアルセッション IPレベルの障害では有効 別プロバイダーの契約が必要

割高

ISDN 既存の電話回線が利用できる 速度が劣る

別契約が必要

光回線の冗長化 速度が保てる 別光回線の契約が必要

別プロバイダーの契約が必要

割高

最大94,000円キャッシュバック!

ソフトバンク光がお得なポイント

  • 月額実質1,800円~
  • おうち割適用で毎月最大1,080円割引
  • 他社回線から乗換え違約金を10万円まで満額負担
  • 最大94,000円キャッシュバック
  • Webフォームからの申し込みで10,000円キャッシュバック増額中

フレッツ光のオプションサービスを利用してデータをバックアップする方法

前項までにフレッツ光の光回線に関するバックアップについて紹介してまいりましたが、インターネットやパソコンを利用する上で、データについてのバックアップも重要な課題となってくるでしょう。

こちらでは、そんなときに便利なNTT東日本フレッツ光のバックアップオプションサービス「フレッツ・あずけ~る」について紹介していきます。

データの重要性

自宅のパソコンや、タブレット、携帯電話には、大切な写真や動画、仕事の書類など、さまざまなデータがあることでしょう。しかし、個人のパソコンなどではディスク容量が少なく、データ管理に困ったことはありませんか?

また、普段は利用しないデータで、保管しておきたい大切なデータも多々あることでしょう。

そんな大切なデータはストレージサービスを利用して保管しておくと便利です。
個人のパソコンにハードディスクやメモリなどの容量を追加するのは、手間がかかる上に高額な場合もあります。

また、限られた容量までしか追加できないものです。個人のパソコンが壊れた場合には、大切なデータを失ってしまう危険性もあります。

NTT東日本フレッツ光のオプションサービス「フレッツ・あずけ~る」

「フレッツ・あずけ~る」サービスは、ストレージサーバーに大切なデータを預けることができるオプションサービスです。

ストレージサーバーには、パソコンからはもちろん、スマートフォンや、タブレット端末からもアクセスが可能で、データを一元管理できます。

また、ストレージ側で自動バックアップを取得してくれるため、もしもの障害時にもデータを復元することが可能です。

ファイル共有ができるため、家族や遠方の両親などとも写真などのデータを共有して閲覧できます。

SNSへの投稿も、ローカル端末にダウンロードせずにストレージエリアからダイレクトに投稿することが可能です。

また、タイムカプセルという面白い機能が付いているところもオススメのポイントといえるでしょう。

タイムカプセルでは、年月日を指定することで、未来の自分が閲覧できる機能です。動画などを子どもや未来の自分に残すことができます。

なお、NTT西日本にも同様のデータバックアップに関するオプションサービスの「クラウドサービス」があります。

フレッツ光の回線のバックアップは、ご自身のインターネットの利用用途に合わせ、必要かどうかを検討してみてださい。24時間常時接続を願うなら、必要です。

データのバックアップに関しては、パソコンやタブレット端末の破損に備えて、クラウド上に保管できるオプションサービス「フレッツ・あずけ~る」の利用をオススメします。

【最新】おすすめインターネット回線特集

インターネット回線の種類別にサービス特徴や選ぶポイントをご紹介していきます! フレッツ光だけでなく、利用シーンに合わせて月々ネット料金を安くおさえたり、回線速度を上げれたり・・と知っておいても損がない情報を集めました! また併せて各回線ごとにわたしのネット編集部が調査してわかったおすすめの窓口を紹介ていますので回線選びのご参考にしていただければと思います!

光コラボレーションでおすすめ

光コラボといえば、フレッツ光と回線を使っているのでフレッツ光と同品質で安心!さらに下記では携帯とセットでお得になる回線をピックアップ!

\ 【最新】光コラボレーションでおすすめ /
☞ 詳細記事はこちら「2019年最新版・光コラボの比較一覧表!料金・速度・キャンペーンを比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

エリアは限られているけど利用できるなら使いたい光回線

現在はフレッツ光だけではなく、独自回線を展開しているサービスがあります。キャンペーンも窓口によってさまざまです!口コミでも速度に定評のある光回線をまとめました!

\ 【最新】光回線で総合的におすすめ /
※東海エリアであればコミュファ光がおすすめ!(auユーザーは割引あり)
☞ 詳細記事はこちら「【2019年最新】オススメの光回線はどこ?人気回線10社を大比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

モバイル回線(Wi-Fi)でおすすめ

持ち運びできるWi-Fiや自宅で使うホームルーターなど利用する状況に応じて選ぶことが大事です!選ぶポイントは選びは「月額料金」「データ量」「通信速度」に注目!

\ 【最新】Wi-Fi選びで迷われている方へ /
※ソフトバンクユーザーであればネクストモバイルもおすすめ(20GB 2,760円~)!
☞ 詳細記事はこちら「2019年にオススメしたいポケットWi-Fiは?全9社の総合評価を比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

よろしければ記事に関するご感想をお聞かせください。
※いつもたくさんのご意見・ご感想をお寄せいただきありがとうございます。他の方のご参考になる内容の場合、記事上に掲載させていただく場合がございますので予めご了承ください。(個人が特定されるお名前はなるべくお控えください。ニックネームでも可能です。)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)