検索 わたしのネット ロゴ

【2020年6月】VOD(動画配信サービス)徹底比較!最適なネット環境も解説!

vod-hikaku

VODとは、国内・海外ドラマ、邦画や洋画、アニメ、バラエティなど、さまざまなコンテンツが配信されている動画配信サービスです。

CMなどでもすっかり一般的になり、各社特徴のあるサービスが提供されています。

しかし、VOD(ビデオ・オン・デマンド)とも呼ばれるこのサービスは、「結局どこのサイトに登録すべきかわからない」「登録してみたけれど、スムーズに視聴できなかった」という声が多いのも現実です。

そこで今回は、厳選した10つのオススメVODサービスを比較し、各動画配信サービスの視聴にオススメなインターネット環境を紹介します。

(目次)この記事でわかること

動画配信サービス(VOD=ビデオ・オン・デマンド)とは?

vod
VOD(ビデオ・オン・デマンド)とも呼ばれる「動画配信サービス」とは、インターネット上で映画やテレビ番組などの動画を配信しているサービスの総称です。

動画配信(VOD)サービスには、4通りの料金形態があります。

  • 見放題サービス(SVOD):月額料金を支払うことで、配信動画が見放題となるサービス
  • 課金型サービス(PPV):作品ごとに課金して、購入またはレンタルできるサービス
  • 定額見放題+課金型:定額見放題作品と、課金型レンタル作品が配信されているサービス
  • 広告型動画配信サービス(AVOD):広告を配信することで、無料視聴が可能なサービス

各社VODサービスの違いと選び方

VODサービスを比較する際、とくに注目しておきたい特徴を、まずは抑えておきましょう。

  • 月額料金、課金形態
  • 無料お試し期間
  • 毎月もらえる無料ポイント数
  • 配信作品数、見放題作品数
  • ダウンロード視聴が可能かどうか
  • 画質、音質

サービスごとに大きく異なり、自分にとっての「使い勝手の良さ」や「コスパの良さ」に大きく影響します。

また、せっかく登録しても見たい動画がなかったり、視聴したい環境で視聴できなければ意味がありません。

視聴したいコンテンツのジャンル、動画コンテンツを視聴したい場所やデバイス、動画以外のコンテンツ(マンガ、音楽)なども、サービスを選ぶ際にチェックしておきたいポイントです。

ほとんどのVODサービスは、初回登録から2週間~1ヶ月程度の無料お試し期間を提供しています。まずは無料トライアルに登録し、自分に合ったサービスかどうか確認するのが一番のおすすめです。

わたしのネット編集部イチオシVODサービスはこれだ!

Amazon prime引用:Amazonプライムビデオ公式サイト

数ある動画配信サービスの中でも、私のネット編集部がイチオシのVODサービスはズバリ「Amazonプライムビデオ」です!

Amazonプライムビデオは、もともと通販サイトAmazonの有料会員「プライム会員」に対するサービスの一つです。年間プランに加入すれば月額ワンコイン以下で、VODサービスもネット通販も、そして音楽や書籍まで楽しめてしまい、間違いなくコスパの良さは最強です。

動画配信がメインサービスでないにもかかわらず、

  • 14,000本以上の動画が見放題
  • 4K作品配信
  • 同時視聴可能デバイス数3台

と、VODサービスとしてのスペックもバッチリ。

無料トライアル期間も30日間用意されているので、Amazonプライムビデオへの登録は、まず間違いなく誰にでもおすすめです。

Amazonプライムビデオ
30日間無料トライアルの詳細をみる

【2020年6月更新】VOD(ビデオ・オン・デマンド) / 動画配信サービス比較表

とはいえ、「見たい作品がなかった」「他の動画配信サービスにも無料登録してみたい」と思う方もいるはず。

そこで、厳選した10のVODサービスを比較表にまとめてみました。

月額料金(税別)課金形態 無料期間・ポイント ポイント数 作品数
U-NEXT 1,990円
SVOD+PPV
31日間・600円分 毎月1,200円分 180,000本以上
FODプレミアム 888円
SVOD+PPV
2週間・最大900円分 毎月最大1,300円分 40,000本以上
hulu 933円*1
SVOD
2週間 60,000本以上
TELASA 562円
SVOD+PPV
30日間・550円分 毎月550円分+キャッシュバック 10,000本以上
paravi 925円*2
SVOD+PPV
2週間 毎月500円分 非公開
Netflix 800円~*3
SVOD
なし 非公開
Amazonプライムビデオ 455円
SVOD+PPV
30日間 なし 14,000本以上
dTV 500円
SVOD+PPV
31日間 なし 120,000本以上
クランクイン!ビデオ 990円~*4
PPV
2週間・3,000円分 2,000円分~ 10,000本以上
ビデオマーケット 550円~*5
PPV+SVOD
登録初月・550円分 550円分 230,000本以上

*1 iTunes Store決済の場合は955円(税別)
*2 iTunes Store決済の場合は955円(税別)
*3 ベーシックプラン 800円、スタンダードプラン 1200円、プレミアムプラン 1800円 (税抜)
*4 月額プラン990円(2000ポイント)、月額プラン(プレミアム)1,650円(3,000ポイント)
*5 プレミアムコース 500円、プレミアム&見放題コース 980円 (税抜)

月額料金でVODサービスを選ぶなら、Amazonプライムビデオ・dTV

月額料金の安さでVODサービスを選ぶなら、月額ワンコインのAmazonプライムビデオまたはdTVがおすすめです。

Amazonプライムビデオ

Amazon prime引用:Amazonプライムビデオ公式サイト

Amazonプライムビデオの料金は、月額500円または年額4,500円(どちらも税込)、業界最安値です。10,000本の見放題作品を楽しめるだけでなく、ネット通販や音楽、電子書籍のサービスまで楽しめるのは、Amazonプライムだけ。

プライム会員限定で登録できる有料チャンネルや、オリジナル作品も多数配信されています。

dTV

dtv引用:dTV公式サイト

dTVの料金も、月額500円(税別)のワンコイン。Amazonプライムビデオを月額払いにするのであれば、dTVはほぼ同じ価格となります。

dTVの魅力は、12万本以上の多彩な動画が配信されていること。avexとNTTドコモが提携しているため、ミュージックビデオやライブ動画も提供されています。

前身のBeeTVから引き続き、dTVオリジナルコンテンツも充実です。視聴中の字幕・吹き替えの切り替えも可能で、アプリでは倍速再生も可能であるなど、視聴環境も整っています。

無料期間でVODサービスを選ぶなら、U-NEXT・dTV・ビデオマーケット

数あるVODサービスの中で、最も長い無料期間は「31日間」です。

U-NEXT

U-next引用:U-NEXT公式サイト

31日間の無料期間を楽しめるVODサービスの一つが、U-NEXT。U-NEXTは18万本以上、数あるVODサービスの中でも屈指の動画配信数を誇ります。

レンタル・購入に利用できるポイントが、無料期間中は600円分、月額料金発生後は毎月1,200円分もらえます。

新作などレンタル課金が必要なコンテンツも、月額料金内で十分に楽しむことが可能です。1契約で家族4人まで同時利用でき、家族利用にもおすすめです。

80誌もの読み放題の雑誌や、共通ポイントで購入できる電子書籍、余ったポイントは映画館でも利用できるなど、高価格帯に納得できる充実のサービスが提供されています。



dTV

dtv引用:dTV公式サイト

dTVでも、U-NEXTと同じく、31日間の無料期間が提供されています。

U-NEXTとの大きな違いは、無料ポイントがもらえないこと。レンタル課金が必要な最新作は、作品ごとに追加料金を払う必要があります。

また、複数デバイスでの同時視聴ができないため、家族間でアカウントをシェアしたい方などには不向きです。

低価格帯のサービスであるため、U-NEXTとはサービス内容に大きな差があるように感じます。

ビデオマーケット

ビデオマーケット引用:ビデオマーケット公式サイト

ビデオマーケットは、厳密にいうと「最大31日間」の無料期間となります。

初月無料の無料トライアルとなっており

  • 登録日~登録日が含まれる月の最終日:無料
  • 登録日翌月1日から課金が発生

という仕組みとなっています。

つまり、「1ヶ月が31日まである月の1日に登録すれば、無料期間が31日になる」ということです。たとえば、7月1日に登録すれば、7月31日まで31日間無料です。

  • 月額500円(税別)のプレミアムコース(レンタル課金(PPV)作品のみ)
  • 月額980円で、40,000本の見放題作品が楽しめるプレミアム&見放題コース

の料金プランで、無料トライアルに登録するならプレミアム&見放題コースがよりお得です。

もらえる無料ポイント数でVODサービスを選ぶなら、クランクイン!ビデオ

クランクインビデオ引用:クランクインビデオ

毎月もらえる無料ポイント数はクランクイン!ビデオが最大、かつ月額料金に対しての付与ポイント率も業界No.1です。

14日間の無料お試し期間だけでも3,000ポイント、毎月の付与ポイント数は

  • 月額プラン:月額900円(税別) 2,000ポイント
  • 月額プラン(プレミアム):月額1,500円(税別) 3,000ポイント

となっており、月額料金の倍前後ポイントがもらえる計算となります。

クランクイン!ビデオは、多くのVODサービスと異なり、課金型サービス(PPV)のみのサービスです。見放題作品がない分付与ポイント数が多いため、新作を沢山見たい方にオススメのサービスです。

見放題作品数でVODサービスを選ぶなら、U-NEXT

U-next引用:U-NEXT公式サイト

見放題作品数は、U-NEXTがダントツです。
U-NEXTの配信作品数は、以下の通りです。

動画 計20万本 見放題 18万本
レンタル 2万本
雑誌(読み放題) 80誌
電子書籍(購入のみ) 57万冊 マンガ 30万冊
書籍 23万冊
ライトノベル 4万冊

動画以外の配信コンテンツ数も充実しています。

追加課金なしの見放題動画作品数は、U-NEXTが業界内で圧倒的1位です。

配信作品数だけで見ると、ビデオマーケットの作品数にも注目したいところですが、ビデオマーケットはレンタル課金(PPV)作品が中心です。

ビデオマーケットの見放題プランは「韓流・アジアドラマ中心の4万本以上」の見放題に留まるため、見放題作品数で言えばU-NEXTにはおよびません。



ダウンロード視聴が可能かどうかでVODサービスを選ぶ

外出先で動画を視聴したい方にとっては、動画のダウンロード機能も重要なポイントです。視聴した作品を事前に端末にダウンロードができれば、外出先でも電波環境やギガ不足を心配せず動画を楽しめます。

2020年6月現在では、FODプレミアム以外ほぼすべてのサービスが、ダウンロード視聴可能です。

VOD ダウンロード視聴
U-NEXT
FODプレミアム ×
hulu
TELASA
paravi
Netflix
Amazonプライムビデオ
dTV
クランクイン!ビデオ
ビデオマーケット ○ (Androidアプリのみ)

画質でVODサービスを選ぶなら、4K対応作品をチェック

テレビや大画面のPCで視聴したい方など高画質にこだわる方は、対応している最高画質をチェックしておきましょう。

VOD 最高画質
U-NEXT フルHD / 4K
FODプレミアム HD
hulu フルHD
TELASA 4K HDR
paravi HD
Netflix プランにより4Kまで
Amazonプライムビデオ 4K UHD
dTV 4K
クランクイン!ビデオ 4K UHD
ビデオマーケット UHQエンコードによる高画質・高音質

4K対応作品は限られているため、4K非対応コンテンツのデフォルト画質も合わせてチェックするとよいでしょう。ただ、ほとんどのVODサービスがHD画質以上であるため、そこまで画質にシビアになる必要はありません。

無料お試し期間中に、視聴したいデバイスで再生し、画質を確認してみましょう。また、高画質・高音質の動画は莫大なデータ通信量がかかるため、安定して高速で通信できる光回線も同時におすすめします。

この作品が見たい!ジャンル別おすすめ動画配信サービス

配信コンテンツも、VODサービスごとに特徴があります。ジャンルごとのおすすめVODサービスをまとめてみました。

洋画・邦画など映画が見たい方は、U-NEXT・クランクイン!ビデオ・Amazonプライムビデオ

定番の旧作から話題の最新作まで、映画を楽しみたい方にはこちらのVODサービスがオススメです。

U-NEXT

U-next引用:U-NEXT公式サイト

6,054件の洋画、3,755件の邦画が配信されており、圧倒的な見放題本数です。他VODサービスでは配信されていないようなマイナー作品も多く、過去の名作も豊富にラインナップされています。

クランクイン!ビデオ

クランクインビデオ引用:クランクイン!ビデオ

無料期間も含み、毎月もらえるポイント数が多く、月額料金内で毎月視聴できる最新作が一番多いサービスです。2,575件の洋画、1,147件の邦画が配信されており、先行配信のラインナップも充実しています。

Amazonプライムビデオ

Amazon primeAmazonプライムビデオ

格安のサービスでありながら、約1,800本の映画が配信されています。洋画・邦画ともに安定的にラインナップされており、追加課金して最新作を楽しむこともできるため、映画好きにおすすめできるサービスです。

国内ドラマが見たい方は、hulu・FODプレミアム・paravi・TELASA・ビデオマーケット

国内ドラマは、各キー局のVODサービスが一番おすすめです。

  • hulu:日本テレビ系列
  • FODプレミアム:フジテレビ系列
  • paravi:TBS、テレビ東京、WOWOWが提携
  • TELASA:テレビ朝日系列

各社とも、放送中ドラマの見逃し配信はもちろん、過去作のアーカイブも充実しています。

また、ビデオマーケットはフジテレビ、TBS、テレビ東京、日テレ、テレ朝、NHKなどと提携しており、各キー局のドラマを横断的に視聴できます。PPV式ではありますが、特定の局に絞れない方にはおすすめです。

海外ドラマや韓流・アジアドラマが見たい方は、U-NEXT・hulu・ビデオマーケット

海外ドラマや韓流・アジアドラマは、U-NEXT・hulu・ビデオマーケットで充実した作品数を楽しめます。

U-NEXT

U-next引用:U-NEXT公式サイト

もともと配信本数が多いサービスでありながら、海外ドラマの独占見放題作品も多く配信しています。吹き替え作品や最新の海外ドラマも充実している上に、FOXチャンネルの視聴も可能です。

hulu

huluhulu公式サイト

日本では日本テレビが提供するサービスですが、もともとアメリカ発のサービスで、海外ドラマコンテンツが特徴的に多いです。最新の海外ドラマはもちろん、過去の名作も多数配信されています。

ビデオマーケット

ビデオマーケット引用:ビデオマーケット公式サイト

ビデオマーケットの「プレミアム&見放題コース」で視聴できる40,000本の動画は、韓流・アジアドラマがとくに多いです。ビデオマーケットでしか視聴できない作品も多く、韓流・アジアドラマ好きに支持されています。

アニメ作品や子ども向け番組が見たい方は、U-NEXT・Amazonプライムビデオ・Netflix

アニメジャンルに特化したサービスであるため、上記10選には入りませんでしたが、アニメ・子ども向け作品のみを見たい方には以下もおすすめです。

  • dアニメストア:約3,000作品以上、放送中アニメ50作以上が見放題
  • Disney+:ディズニー、マーベルブランドの公式サービス

U-NEXT

U-next引用:U-NEXT公式サイト

配信作品数が多いU-NEXTは、アニメ作品だけでも約3,700作品以上、放送中アニメも50作品以上の配信数を網羅しています。アニソンライブや2.5次元舞台、声優バラエティ・ライブ動画なども徐々に配信数が増えています。

Amazonプライムビデオ

Amazon primeAmazonプライムビデオ

放送中アニメの配信やアニメ映画なども多数配信されています。Amazonプライムビデオは「キッズカテゴリ」が用意されており、人気キャラクターや戦隊シリーズなど、局を問わずに子ども向け番組が充実しています。

Netflix

Netflix引用:Netflix公式サイト

独占配信やオリジナル作品が多いのがNetflix。最近では『泣きたい私は猫をかぶる』『攻殻機動隊SAC_2045』など、オリジナル作品見たさにネトフリに登録した…という声もよく耳にします。アニメに限らず、ここでしか見られない作品が多いVODサービスです。

テレビの見逃し配信が見たい方は、hulu・FODプレミアム・paravi・TELASA

テレビの見逃し配信は、各キー局のVODサービスに登録するのが一番です。

  • hulu:日本テレビ系列
  • FODプレミアム:フジテレビ系列
  • paravi:TBS、テレビ東京、WOWOWが提携
  • TELASA:テレビ朝日系列

広告が気にならないようであれば、TVerもおすすめです。民放各局の好きな番組を、番組終了から7日間無料で視聴できます。

こんなふうに楽しみたい!目的別おすすめ動画配信サービス

ライフスタイルに合わせ、VODサービスを選ぶことも重要です。目的別におすすめの動画配信サービスをまとめました。

テレビで動画を見たい方は、VODサービスの対応デバイスをチェック

テレビで動画を見たい方は、お手持ちのデバイスが対応しているVODサービスかどうか、必ず事前にチェックするようにしましょう。下記VODサービスは、高画質かつ、ほぼすべてのテレビ視聴方法に対応しています。

U-NEXT

U-next引用:U-NEXT公式サイト

スマートテレビやストリーミングデバイス、セットトップボックス、レコーダー・プレーヤー、ゲーム機など、あらゆるテレビ視聴端末に対応しています。画質もフルHDや4K作品が配信されており、テレビの大画面でもバッチリです。

hulu

huluhulu公式サイト

こちらもスマートテレビ、ストリーミングデバイス、ゲーム機、セットトップボックス、ブルーレイプレーヤーでの視聴が可能です。フルHDに対応しているため、テレビでも十分に視聴できる画質です。

Netflix

Netflix引用:Netflix公式サイト

プランによって最高画質を4Kまで上げられます。スマートテレビ、ストリーミングデバイス、ゲーム機、セットトップボックス、ブルーレイプレーヤーでテレビ視聴が可能です。

外出先で動画を見たい方は、ダウンロード機能のあるVODサービスを

外出先で動画を見たい方は、ダウンロード機能のあるVODサービスを選ぶのがオススメです。

VOD ダウンロード視聴
U-NEXT
FODプレミアム ×
hulu
TELASA
paravi
Netflix
Amazonプライムビデオ
dTV
クランクイン!ビデオ
ビデオマーケット ○ (Androidアプリのみ)

また、お手持ちのデバイスに対応したアプリがあるかどうかも、事前にチェックしておくとよいでしょう。

家族とアカウントをシェアしたい方は、同時視聴可能デバイス数を確認

家族とアカウントをシェアしたい方は、同時視聴可能デバイス数が多いVODサービスを選ぶのがオススメです。

U-NEXT

U-next引用:U-NEXT公式サイト

同時視聴可能デバイス4台、ペアレンタルコントロールも提供されています。幅広いジャンルの充実したラインナップが配信されており、家族でのアカウントシェアには一番オススメです。

Amazonプライムビデオ

Amazon primeAmazonプライムビデオ

同時に3台の視聴デバイスで視聴でき、ペアレンタルコントロール機能も用意されています。アダルトコンテンツの配信がなく、キッズのカテゴリも充実しており、家族利用におすすめです。

Netflix

Netflix引用:Netflix公式サイト

プランによって同時視聴可能デバイス数を増やせます。5つのプロフィールを作成でき、ペアレンタルコントロールをかけることも可能で、家族でのアカウントをシェアしたい方におすすめできます。

漫画・雑誌、音楽など、動画以外のコンテンツも楽しみたい方におすすめのVODサービス

動画以外のコンテンツを楽しみたい方は、次のVODサービスから選ぶのがおすすめです。

U-NEXT

U-next引用:U-NEXT公式サイト

80以上の読み放題の雑誌、共通のポイントで購入できる57万冊以上の電子書籍が提供されています。動画だけでなく雑誌や書籍も楽しみたい方にオススメです。

FODプレミアム

FODプレミアム引用:FODプレミアム

実は130誌以上の雑誌が読み放題で、マンガの電子書籍サービスも提供しています。対象マンガ作品無料のキャンペーンも。

Amazonプライムビデオ

Amazon primeAmazonプライムビデオ

プライムミュージック、プライムリーディングのサービスも利用できるのが、Amazonプライムビデオの特徴です。音楽も書籍も楽しみたいなら、Amazonプライム一択です!

視聴にイライラしたくない!動画配信サービスの視聴におすすめのインターネット環境は?

動画配信サービスの視聴には、インターネットの通信速度、とくにデータをダウンロードするための「下り速度」が重要です。
快適にVODサービスを視聴するためには、インターネット環境も最適化するのがおすすめです。

VODサービスの視聴に必要なネット環境

動画の再生に必要な「下り速度」の目安は、下記の通りです。

再生内容 インターネット速度
標準画質の動画再生 1.5Mbps~3Mbps
HD画質の動画再生 5Mbps~10Mbps
4K画質の動画再生 25Mbps

スマホなど小さい画面で視聴する場合、標準画質でも十分楽しむことが可能です。パソコンやテレビなどの大画面で視聴する場合は、少なくともHD画質以上を選択するとストレスなく視聴できます。

パソコン以上の大画面で視聴する際は、最低限「下り速度が5Mbps以上」が必要だ、ということです。かつ、回線が安定していないと、動画が再生途中で止まったり、ロードに時間がかかってしてしまいます。

自宅でVODの動画を楽しみたい方は、光回線(固定回線)がおすすめ

目安として、4K動画の再生には25Mbps、動画ファイルなど大容量のデータダウンロードには100Mbpsが必要となります。

パソコンやテレビなどの大画面で動画視聴をしたい、モバイル端末のダウンロード機能を活用して動画視聴をしたい方には光回線がおすすめです。

光回線とは「光ファイバー」というケーブルを用いたインターネット回線で、他の通信方法と比較すると圧倒的な速度を出せる回線です。

名称 概要 最高速度
光回線 光ファイバーを用いた回線 1Gbps~2Gbps
モバイル回線(Wi-Fi) 外出先で利用できる無線回線 758Mbps(WiMAX)
CATV ケーブルテレビのインターネット回線 1Mbps~300Mbps
ADSL 電話回線を使った古いタイプのネット回線 10Mbps

高画質な動画を視聴する場合、回線が混雑する時間帯であってもある程度通信が安定しており、どんなに利用しても通信速度がかからない光回線が一番おすすめです。

みんなのネット回線速度の「光回線の速度ランキング」に基づき、とくにおすすめしたい光回線をピックアップして紹介します。

【NURO光】:softbankユーザーにおすすめ

NURO光のオススメポイント

NURO光トップページ

最大下り速度

2Gbps

実質平均速度

373.71Mbps

月額料金
月額:1,900円~4,743円
キャッシュバック
キャッシュバック額:10,000円~45,000円
初期費用
事務手数料:3,000円

※価格は税抜

アパートでの料金が最も安く、速度も速いサービスです。

みんなのネット回線速度の「光回線の速度ランキング」では4位にランクインしています。

契約できるエリアや導入できる物件に条件がありますが、北海道・関東・東海・関西・九州と提供エリアが広いため、導入を検討しやすいサービスです。

ソフトバンクユーザーなら、「おうち割光セット」が適用され、スマホ1台あたり月500~1,000円割引されます。

下り速度が最大2Gbpsと他社回線に比べ2倍近く、通信速度が落ちやすいアパート住まいの利用者からも好評です。また、「ひかりTV for NURO」プランなら、NURO回線でひかりTVを楽しむことも可能です。

ソフトバンクユーザーでNURO光の提供エリア外の方や対応マンションでない場合、同じくおうち割光セットが適用される「ソフトバンク光」を検討するのがおすすめです。

【コミュファ光】:東海地方・auユーザーにおすすめ

コミュファ光のオススメポイント

コミュファ光|キャンペーンお申し込みサイト - トップ画像

最大下り速度

1Gbps (プランによって最大5Gbps/10Gbps)

実質平均速度

221.39Mbps

月額料金
月額:4,100~5,500円 (キャンペーン適用で3,949円)
キャッシュバック
キャッシュバック額:最大86,000円
初期費用
事務手数料700円

※価格は税抜

中部テレコミュニケーション株式会社が運営するコミュファ光は、みんなのネット回線速度の「光回線の速度ランキング」で最速値をマークした独自の光回線です。

東海地方(愛知・岐阜・静岡・三重)および長野県限定のサービスですが、東海エリアでは最速のサービスです。代理店NEXTからの申し込みで合計最大86,000円ものキャッシュバックを受けることができ、工事費用も無料となるため、実質無料で新規契約や他社からの乗り換えが可能です。

auスマホとセットで1台500~1,000円割引されるため、東海エリアのauユーザーにとくにおすすめの光回線です。

【eo光】:関西エリア・auユーザーにおすすめ

eo光のオススメポイント

eo光

最大下り速度

1Gbps (プランによって最大5Gbps/10Gbps)

実質平均速度

273.8Mbps

月額料金
月額:2,953円~5,419円
キャッシュバック
キャッシュバック額:商品券10,000円
+他社解約費用最大50,000円
初期費用
事務手数料3,000円
開通工事費27,000円(実質無料)

※価格は税抜

eo光は株式会社オプテージが提供している、高速光回線です。関西エリアで人気のサービスで、eo電気・eoガスとのセット割も展開されています。みんなのネット回線速度の「光回線の速度ランキング」では7位にランクインしています。

2020年6月現在「eo暮らしスタート割」で、月額料金の割引や、開通工事費・モデム購入・レンタル料金が実質無料の特典を受けられます。その他商品券プレゼントや、他社解約費用のキャッシュバックなども提供されています。

また、eo光は独自のVODサービスが契約に組み込まれているため、eo光の契約だけでVODサービスを楽しむこともできます。

auスマホとセットで1台500~1,000円割引となるため、関西エリアのauユーザーにオススメのサービスです。

【ドコモ光】:docomoユーザーにおすすめ

eo光のオススメポイント

ドコモ光なら GMOとくとくBB トップ画像

最大下り速度

最大1Gbps

実質平均速度

164.51Mbps

月額料金
月額:4,000円~5,400円
キャッシュバック
キャッシュバック額:最大20,000円
+最大5,000ポイント
初期費用
契約手数料3,000円
工事費用 通常18,000円(キャンペーンで無料)

※価格は税抜
ドコモ光は、フレッツ光回線とプロバイダの支払いが1つに纏まっている「光コラボ」の1つです。ドコモスマホと唯一セット割が利用できるため、ドコモユーザーにおすすめの光回線です。

20以上のプロバイダから選択することができ、選択するプロバイダによってタイプA・Bと料金が異なります。

ドコモ光の場合、フレッツ光や他社光コラボと回線を共有しているため、回線が混雑する時間帯があるため、「v6プラス」対応・利用料無料プロバイダ(GMOとくとくBBなど)の契約をおすすめします。

外出先でVODの動画を楽しみたい方は、ポケットWiFiがおすすめ

スマホのデータ通信のみでVODサービスの動画を見ようとすると、大量のギガを消費してしまい、すぐに通信制限にかかってしまいます。

外出先でVODサービスの動画を視聴したい方は、モバイルルーターを検討するのがおすすめです。

WiMAX(GMOとくとくBB)のオススメポイント

最大下り速度

1.2Gbps

実質平均速度

33.12Mbps

月額料金
月額料金:1~2か月目:3,609円
3か月目以降:4,263円
初期費用
事務手数料:3,000円

外出先でもVODサービスを楽しみたい方、工事をせずに高速インターネットを利用したい方には、WiMAXがおすすめです。

モバイルルーターの中でも高速で、直近3日以内に10GB以上通信しなければ速度制限もなく、使い放題です。対応エリアも広く、他社と比べても割安です。

3日=72時間で10GBの制限も、SD画質であれば問題ありません。

画質 1分あたりデータ量 10GB消費
超高画質 約22.6MB 約7時間
高画質(HD) 約12MB 約13時間
標準画質(SD) 約3.1MB 約47時間
低画質 約2MB 約83時間

WiMAXは、UQ WiMAX公式や家電量販店などでも契約できますが、GMOとくとくBBのプロバイダ経由での契約が最もお得です。

まとめ:ベストなVODサービスを、ベストなネット環境で視聴しよう

VODサービスもインターネット回線も、各社からさまざまなサービスが提供されていますが、いずれも自分に合ったサービスを選択することが重要です。

どんなジャンルが見たいのか?ひとりで楽しむか、家族で楽しむか?どの端末で視聴したいのか?など、自分のニーズに合ったサービスこそ、一番「コスパがいい」と感じるサービスであるはず。

自分のライフスタイルに合ったVODサービスを、ベストなネット環境でストレスフリーに楽しんでくださいね!

よろしければ記事に関するご感想をお聞かせください。
※いつもたくさんのご意見・ご感想をお寄せいただきありがとうございます。他の方のご参考になる内容の場合、記事上に掲載させていただく場合がございますので予めご了承ください。(個人が特定されるお名前はなるべくお控えください。ニックネームでも可能です。)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)